地方参政権:民団が手続きを経ずして綱領を変更

先ほどの記事の中で、民団の綱領の一文「在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します」を引用しようとしたら、民団HPの文章が書き換えられていたことに気付いた。

プライドの高い韓国国民のくせに、「韓国国民」という文言を消してやんの。(↓新旧対照表を参照)

文言をいじくったところで、在日=外国籍であって、日本国籍でないという法的事実に何の影響も与えません。私たちの主張に変更はありません。

↓こちらが、今現在の綱領
民団の綱領(私が2010.03.04に確認、最新版)

民主党が推進している参政権その他の朝鮮法案に関連して、日本国籍からの反発が強かったので、民団も狼狽して大切な一行を修正し、自分たちが外国籍である点を曖昧にし、さも日本社会の一員であるかのように見せかける作戦だろう。

私は、在日が日本社会の一員である点にいささかの疑問も持っていません。しかし、外国籍である在日があたかも日本国籍であるかのように主張し、私たちを威嚇し、隙あらば日本を支配しようと画策する(例:外国人住民基本法)のであれば、私は一切の容赦をいたしません。

この人たちマヌケです。よく探したら、彼ら自身のサーバーの中に昔のHPデザインが残っており、原文もそのままでした(笑)。
民団の綱領(昔のHPデザイン)



ご参考までに、民団綱領の新旧対照表を掲載しておきます。

【新旧対照表】
(すみません、なぜこの空白↓が生まれるのかわかりません。)
















前書き
(無し)
民団の基本的な政策・方針を示したもので、5つの柱で成り立っています。
・大韓民国の国是を遵守する
在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します。
国是とは、国民が認めた一国の政治の基本的な方針のことです。私たちは韓国の国是である自由と民主主義、祖国の平和統一を支持し、その実現に向け在外国民の立場から努力していきます。
・在日同胞の権益を擁護する
在日韓国人の法的、政治的、社会的権益を擁護し、日本社会と日本政府の差別政策を是正していきます。
日本で生きていく上で必要不可欠な基本的人権に根ざした生活権を獲得し、守ります。
・在日同胞の経済発展をめざす
在日韓国人の生活土台である、同胞経済を発展させるために、商工会議所、信用組合などの育成・強化していきます。
在日同胞社会を維持し、繁栄させる土台となる経済発展に寄与します。
・在日同胞の文化向上を図る
民族的主体性の確立へ、民族教育、民族文化を発展させ、日本文化の発展にも寄与していきます。
韓日両国の間で生まれ、育まれた「在日」独自の文化を開花させるとともに、民族教育の振興に寄与します。
・世界平和と国際親善を図る
日本人と日本社会で共生共栄を実現し、海外韓民族とも紐帯を深め、国際化時代に能動的に対処する親善活動を強化していきます。
韓日友好親善の架け橋的存在として「多文化共生」と「人権尊重」の理念で国際化時代に寄与していきます。



憲法に相当する大切な「綱領」を民団に操作されても、私たちがあとから情報チェックできるよう、過去のキャッシュへのリンクを貼り付けておきます。
民団の綱領(archive.orgの保存キャッシュ)(昔のHPデザイン)
リンク先のカレンダーから日付をクリックしてください。その日付の記録が表示されます。

民団の綱領(archive.orgの保存キャッシュ)(今のHPデザイン)
リンク先のカレンダーから日付をクリックしてください。その日付の記録が表示されます。

民団の綱領(archive.orgの保存キャッシュ)(今のデザインで2008.06.03付けのページ)
↑つい1ヶ月ほど前までこれだった。



(追記)
民団が綱領を書き換えたのは、参議院で民団のことが話題に上った2月9日のことのようです。綱領を変更するのに中央委員会の決議を経ず、民団新聞にて発表をせず、幹部数人のヒソヒソ話だけで文言をいじくるとは、信じがたい暴挙です。

手続きを踏まない綱領の変更は無効です。

民主主義の基本を平気で踏みにじる60万人もの韓国朝鮮人集団を、大切な日本の政治に参加させるわけには参りません。


筋違いな在日の要求には、本当に警戒しなければならない、頭ごなしに否定しなければならないとの認識を新たにしました。

情報源はこちらの2件です。ありがとうございました。
安易な帰化促進は危険だというわかりやすい事例(ぼやきくっくり2010.02.15)
国民に知らせ隊(2010.03.03)
いずれも長文なので、「綱領」という単語を検索してください。



自民党の高市早苗議員が2月9日の衆議院予算委員会で、韓国憲法の遵守をうたい、韓国国防義務への忠誠を誓っている民団とその配下にある在日に対し、日本の参政権を与えて大丈夫なのか?という質問を、国防大臣にしていました。

我らがさなえちゃんの鋭い質問と、国防大臣のピント外れな回答を以下でご覧ください。

高市早苗議員の質問をYoutubeで見る(6分割の6つ目)

あるいは
衆議院予算委員会(2010.02.09)高市早苗を選ぶ

かわいそうな人が要求する物は何でも差し上げたいと答弁する国防相には、即刻辞めていただきたいと思いました。第一、本当にかわいそうな人たちかどうか随分怪しいです。

奈良県の選挙民の皆さん、さなえちゃん支持をよろしくお願いします。

"地方参政権:民団が手続きを経ずして綱領を変更" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント