コロナ後の経済見通し 日本のCEOはL字型(回復しない)を予想 The Conference Board調査

米国、EU、中国のCEOはU字型回復を予想しているが、日本と湾岸アラブはL字型を予想。

shape-of-economic-recovery-survey-ceos.jpg

Shapes of Recovery: When Will the Global Economy Bounce Back?
September 16, 2020
Iman Ghosh
https://www.visualcapitalist.com/shapes-of-recovery-when-will-the-global-economy-bounce-back/

元記事
CEOs around the globe not optimistic about speed of recovery
https://conference-board.org/topics/natural-disasters-pandemics/CEOs-around-the-Globe-Not-Optimistic-about-Speed-of-Recovery

・・・日本の有名なシンクタンクは、全産業が壊滅する「悪夢のシナリオ」を発表してますよね(笑)。中国を叩きのめす前に日本が滅びる(爆)。

コロナ否定論者や規制を守らない人を拘束、ホテル強制収容へ オーストラリア・ヴィクトリア州が法制化

コロナ否定論者、麻薬常習者、精神異常者など自宅待機命令を守らない人・守れない人を、州政府が職権で身柄拘束し、ホテルなどの専用施設に収容することを可能とする法案が提出された。

People who refuse to self-isolate could be detained under proposed Victorian law
For our free coronavirus pandemic coverage, learn more here.
By Paul Sakkal
September 15, 2020
https://www.theage.com.au/national/victoria/people-who-refuse-to-self-isolate-could-be-detained-under-proposed-victorian-law-20200914-p55vm0.html

・・・「ただの風邪」と言っている私など真っ先に強制収容ですね(苦笑)。

死者数はほとんどの国で低位横ばいだが、PCR検査を増やした結果コロナ感染者数は世界中で増えている。

日本は規制を緩める話をしているが、感染者増の部分だけに着目して、基本的人権無視の規制強化をしている国が出てきている。ラリアのほかイスラエル、イギリスなど。他にもあるかもしれない。

コロナ規制を各家庭が守っているかどうかを確認するとき、警察が捜査令状を必要とせず、現場の判断でドアを叩き壊して中に入って良いとしている国もあるのだが、日本のマスコミは取り上げない。

ボリビア世論調査で国民のモラレス支持が明らかに また米国の嘘がバレた

大統領選を前にした世論調査で、先に米国が追い出したモラレスが40%超、その前の大統領Mesaが26%、誰にも選ばれていない現職のアネス暫定大統領が10%であることが判明した。

国民の前で恥を掻かされたアネスは選挙戦からの撤退を突如表明(笑)。

Bolivia’s ‘interim president’ withdraws from upcoming election, one day after poll shows pro-Morales candidate in the lead
18 Sep, 2020 01:37
https://www.rt.com/news/500990-bolivia-interim-president-drops-race/

・・・先の大統領戦において不正開票などなく、米国政府が指摘した「不正開票」がいちゃもんであったことが明らかになった。Mesa票とAnez票を足しても最大36%だから、勝てませんね。

米国が世界に広げているはずの自由と正義と民主主義は、一体どこにあるのか。

米国に対する同盟国13ヶ国の評価が過去最低

米国に対する好評価
2000年から半減
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-01.png

コロナ対策について
米国の政策に対する支持率は全調査国で最低。
自国の政策に満足している国が多い。
中国の政策について、日本人の評価が極端に低いが、他国は高く評価している。
WHO批判が強いのは日本と韓国の2ヶ国だけ。
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-02.png

左側は、米国に対する好評価
右側は、トランプに対する信頼
トランプを一番信頼しているのは日本人。しかし25%に過ぎない。
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-03.png

英独仏西のトランプに対する信頼度は最低
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-04.png

トランプ、習近平、プーチンの順で嫌われている
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-05.png

調査対象はEU 8ヶ国、イギリス、カナダ、日本、韓国、オーストラリアの13ヶ国。
U.S. Image Plummets Internationally as Most Say Country Has Handled Coronavirus Badly
Ratings for Trump remain poor
September 15, 2020
By Richard Wike, Janell Fetterolf and Mara Mordecai
https://www.pewresearch.org/global/2020/09/15/us-image-plummets-internationally-as-most-say-country-has-handled-coronavirus-badly/

東エルサレム「神殿の丘」に対する主権をイスラエルに譲渡することが米国中東和平案の隠された目的 国際法違反

【国際法の解釈】
「誰でも『神殿の丘』(al-Haram al-Sharif)を訪問できるが、礼拝できるのはムスリムだけである」。

【米国、イスラエル、UAE、バハレーンが調印した協定書】
「全てのムスリムはアル・アクサー・モスクを訪問し礼拝することができ、その他のエルサレムの聖地は、全ての信仰者の平和的礼拝のため解放されるべきである」。

【注目点】
(1)「神殿の丘」が、「アル・アクサー・モスク」と「その他のエルサレムの聖地」に分解されている。

(2)ムスリム以外の異教徒が、モスクの外側ならば敷地内のどこでも平和的に礼拝することができると変更されている。

(3)しばらく前から、ユダヤ教の極右が「神殿の丘」通行権を主張し、ヨルダン政府が任命している門番が、理由があって門を閉めている日に、警察が門をこじ開けて中に入る示威行動を繰り返し、地元パレスチナ人との間で摩擦が続いている。

(4)「神殿の丘」の内部に、古いユダヤ教の遺跡があるとされており、ユダヤ教徒側から発掘調査と神殿の再建を求める声が従来からある。

(5)米国の和平案・協定書では、「神殿の丘」の主権に関して明確に触れられていないが、ムスリムの主権がモスクだけに矮小化されているように読める。国際法の解釈が上記1、2に変更されると、「エルサレムのその他の聖地」(=モスク以外の領域)の主権が、事実上ムスリム(実務上ヨルダン)からイスラエルに移行する可能性も想定される。

(6)上記5が実現すると、3が常態化し、4が違法でなくなるので、「神殿の丘」の形が変わる。

(7)中東戦争をしていたとき、UAEとバハレーンはどちらも貧しい漁村であり、過去の長い歴史で両国がイスラム世界の指導的地位にあったことはないのに、国際法解釈の変更を、地元ムスリムとヨルダン政府の頭越しに、イスラエルと勝手に合意した。



Israel normalisation may partition Al-Aqsa: Analysts

A clause in the UAE-Bahrain accords with Israel leaves 'door wide open' to Jewish prayer at holy site, analysts say.
by Mersiha Gadzo
14 Sep 2020 01:59 GMT
https://www.aljazeera.com/news/2020/09/israel-normalisation-partition-al-aqsa-mosque-analysts-200913185257276.html

A statement embedded in the United Arab Emirates (UAE) and Bahrain normalisation agreements with Israel, brokered by the United States, may lead to the division of the Al-Aqsa compound because it violates the status quo, analysts say.

According to a report by NGO Terrestrial Jerusalem (TJ), the statements mark a "radical change in the status quo" and have "far-reaching and potentially explosive ramifications".

Under the status quo affirmed in 1967, only Muslims can pray within al-Haram al-Sharif, also known as the Al-Aqsa Mosque compound, which consists of 14 hectares (35 acres).

Non-Muslims can visit but cannot pray at the site. Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu affirmed this status quo in a formal declaration in 2015.

However, a clause included in the recent accords between Israel and Gulf Arab states indicates this may no longer be the case.

According to the joint statement between the US, Israel, and the UAE released on August 13 by US President Donald Trump: "As set forth in the Vision of Peace, all Muslims who come in peace may visit and pray at the Al-Aqsa Mosque and Jerusalem's other holy sites should remain open for peaceful worshippers of all faiths."

Bahrain follows UAE to normalise ties with Israel

But Israel defines Al-Aqsa as the structure of the one mosque, as does the statement, the TJ report clarified.

"According to Israel [and apparently to the United States], anything on the Mount that is not the structure of the mosque is defined as 'one of Jerusalem's other holy sites' and open to prayer by all - including Jews," the report said.

"This choice of terminology is neither random nor a misstep, and cannot [be] seen as anything but an intentional albeit surreptitious attempt to leave the door wide open to Jewish prayer on the Temple Mount, thereby radically changing the status quo."

The same statement was repeated in the accord with Bahrain, announced on Friday.

Joint Statement of the United States, the Kingdom of Bahrain, and the State of Israel pic.twitter.com/xMquRkGtpM
— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) September 11, 2020

Khaled Zabarqa, a Palestinian lawyer specialising in Al-Aqsa and Jerusalem affairs, told Al Jazeera the statement "very clearly says the mosque is not under Muslim sovereignty".

"When the UAE accepted such a clause, it agrees and gives a green light for Israeli sovereignty over Al-Aqsa Mosque," Zabarqa said.

"It's a clear and massive violation for the international and legal status quo of Al-Aqsa Mosque [conceived] after the occupation of Jerusalem in 1967, which says everything inside the walls is under Jordanian custody."

'This is not innocent'

Palestinians have long been concerned over possible attempts to partition the holy mosque, as was the case with Hebron's Ibrahimi Mosque(関連記事その2).

Over the years, there has been a growing Temple Movement, mostly led by "the extreme nationalistic religious Jewish right" that seeks to change the status quo, the report by TJ said.

Some call for Jewish prayer on the holy compound, while others aim to build the Third Temple over the ruins of the Dome of the Rock, which according to messianic belief would usher the coming of the messiah.

The Israeli NGO Ir Amim has published numerous reports over the years warning of this once-fringe group, which today is part of the political and religious mainstream and benefits from close ties with Israeli authorities.

These activists believe allowing Jewish prayer at the compound and dividing the holy site between Muslims and Jews would be a step towards asserting sovereignty, and eventually attaining their ultimate goal of building the temple.

In recent years, an increasing number of Jewish visitors have been attempting to pray at the site in violation of the status quo.

Daniel Seidemann, an Israeli attorney specialising in the geopolitics of Jerusalem, told Al Jazeera he is "deeply concerned about what is happening".

"What we're witnessing in Jerusalem is the ascendency of the religious factions that weaponise religion. We're on a trajectory that will lead us to a conflagration.

"We know these clauses are worked out together, every single word in a joint team of US and Israel. The transition from the term Haram al-Sharif to the term Al-Aqsa Mosque is not an accident," Seidemann said.

'Written with malice'

A more blatant statement was included in Trump's "deal of the century" plan for the Middle East, unveiled in late January alongside Netanyahu at the White House.

Jared Kushner, Trump's son-in-law and senior adviser, has been the main point person on the proposal, and Ron Dermer, Israel's ambassador to the US, has been linked to the wording of the deal.

The plan stipulated "the status quo at the Temple Mount/Haram al-Sharif should be continued", but in the following sentence it also said: "People of every faith should be permitted to pray on the Temple Mount/Haram al-Sharif."

The clause was met with controversy, prompting US Ambassador to Israel David Friedman to walk it back at a press briefing on January 28. "There's nothing in the plan that would impose any alteration of the status quo that's not subject to agreement of all parties," he said.

A senior US official - familiar with both the parties and the issues - told Al Jazeera he had "no doubts that the language in the Israel-UAE statement was written with malice of forethought by the Israeli side, without a clear understanding from the Emirates, and with the complicity of a clueless American team".

"The rapid walk-back by Friedman of what was in the Trump plan attests to this: Dermer likely inserted it, Kushner didn't have a clue," the official said, speaking on condition of anonymity.

"The fact that it was Friedman who walked it back, rather than the White House, also means the Trump plan language is still official and determining if push comes to shove... Even if the Kushner-Friedman dolts understand the ramifications, it is clear they don't care."

Tension at Al-Aqsa compound as Muslim, Jewish festivals overlap

Eddie Vasquez, senior adviser and spokesperson at the US Department of State, in an email to Al Jazeera referred to a fact sheet published after the "deal of the century" was released, which said the status quo will be preserved.

"All Muslims are welcome to peacefully visit Al-Aqsa Mosque," one of the points said. But there was no clarification as to why the term Al-Aqsa Mosque was used instead of Haram al-Sharif in the accords with the UAE and Bahrain.

'Israeli sovereignty over Al-Aqsa'

The normalisation agreements come as Israeli authorities recently installed loudspeakers on the eastern and western side of the Al-Aqsa compound last week, without the permission of the Waqf.

The holy compound is administered by the Islamic Waqf, seated in Jordan. According to the status quo, Israel is only responsible for security outside of the gates.

"The Israel police said it's for security reasons, but we don't really see this security reason," Omar Kiswani, director of the Al-Aqsa compound, told Al Jazeera.

"We consider this action an attempt to impose control over the Al-Aqsa Mosque and to undermine the Waqf's role in the mosque," Kiswani said.

Zabarqa said Jordan, as the custodian of the site, has "no power to deal with the occupation [authorities]".

"I believe Jordan needs to make a change and make new allies such as with Turkey. It has to use the financial and diplomatic relations with Israel as a card to put pressure, but it seems it's weak enough to stand beside the Americans," Zabarqa said.

TJ noted in its report that there was no mention in the accord of the Waqf and its autonomous role.

"The Muslim claims to Haram al-Sharif/Al-Aqsa are being transformed from one of proprietorship to that of 'welcome guest' with the right to visit and pray at Al-Aqsa," it said.

'A landmine'

Zabarqa said the clause is "groundbreaking for the Israeli-American narrative" and believes "the UAE accepted to be the spearhead of it".

Zabarqa noted in 2014 that the UAE was involved in the transfer of more than 30 buildings to illegal Israeli settlers in Silwan in occupied East Jerusalem.

"This shows us the clear role the Emirates play in changing the status quo term to another one that recognises Israel sovereignty over Al-Aqsa," Zabarqa said.

Seidemann said when the Emiratis and Bahrainis take part in the ceremony on Tuesday hosted by Trump at the White House to sign a "historic declaration of peace" with Israel, they should demand clarification to be assured the status quo is intact.

"All you would need is for Kushner and Netanyahu to say: 'I continue to believe what I said in 2015.' They've been asked to do that for the last two weeks, they haven't done that. This is not innocent," Seidemann said.

"This is a landmine the Trump administration and Netanyahu are leaving for the next administration, the next Israeli government. They're tinkering with Haram al-Sharif/Al-Aqsa/Temple Mount. It will light a fuse," Seidemann said.

"The fuse may be a long fuse, but it will blow up and it's not too late to prevent it from blowing up."



エルサレムの国際的地位に関する国連報告書(PDF)
https://www.un.org/unispal/wp-content/uploads/2016/07/The-Status-of-Jerusalem-Engish-199708.pdf

国際法違反の敷地に立ち入る示威行動をするユダヤ人極右の入植者たちの映像
https://www.youtube.com/results?search_query=+%D9%85%D8%B3%D8%AA%D9%88%D8%B7%D9%86%D9%8A%D9%86+%D8%A7%D9%84%D9%85%D8%B3%D8%AC%D8%AF+%D8%A7%D9%84%D8%A3%D9%82%D8%B5%D9%89
2020年9月17日の映像
https://www.youtube.com/watch?v=UJnJo63QsjE

・・・イスラエルは国際法違反の軍事占領をしておきながら、1円の賠償金も支払わずに(←昨日私が指摘したように)、土地の主権を横取りするという実に腹黒い企画。

エルサレム問題を真正面から取り組むと、1秒で論破され議論が持たないので、「今からエルサレム問題について交渉を開始します」と宣言しない方法を、米国とユダヤは必死に編み出した。

「世界中の人が自由に礼拝、観光できるようになって良かったね」と日本人は思いがちだが、そういう安っぽい話ではない

世界中がコロナ騒ぎに翻弄されているから、エルサレム問題が無視されている。「ただの風邪」に過ぎないコロナで馬鹿騒ぎする理由がわかろうというもの。

コロナだ、外出規制だ、テレワークだ、米国全土で暴動だ、放火だ、像が倒された、ベイルート港で大爆発だ、ベラルーシで民主化運動だ、中国が悪いと次々にニュースが発生し、世間が右に左に振り回されている。生活が破綻した人もいるだろう。

ところが、ふと気付いてみれば、イスラエル、ユダヤだけは「失う物なしで、無償で全てを手に入れる」。

本来ならば自分でかなりの汗を掻いて面倒な外交交渉をまとめ上げなければならないが、イスラエルの場合、面倒な部分は全て米国の外交官が肩代わりしている。ユダヤ人ほど気楽で楽しい人生はない。

イスラエル、UAE、バハレーンが米国ワシントンで国交樹立協定書に調印

Full text: Netanyahu’s address at signing of Israel-UAE-Bahrain peace accords
‘Let us put all cynicism aside,’ urges Israel’s PM at the Abraham Accords ceremony. ‘Let us feel on this day the pulse of history’
By TOI staff 15 September 2020
https://www.timesofisrael.com/full-text-netanyahus-address-at-signing-of-israel-uae-bahrain-peace-accords/#gs.fouqql

Full text: UAE foreign minister’s speech at the Abraham Accords signing ceremony
Abdullah bin Zayed al-Nahyan tells White House crowd that a better path is being created for the region with the signing of a pact to establish ties with Israel
By TOI staff 15 September 2020
https://www.timesofisrael.com/full-text-uae-foreign-ministers-remarks-at-abraham-accords-signing-ceremony/#gs.fourbr

・・・たいしたことは書かれていない。単に記録のため。こういうのは、公表されない裏協定が重要なんですよ。



英語ではAbraham Accord of PeaceとかAbraham Peace Accordなどと宣伝されているのだが、アブラハムって聖書に出てくるあのアブラハムのこと?なんでこのシチュエーションで出てくるの?とか、

9月は毎年ユダヤ教の新年であり、イスラムにとっても今年はたまたま9月が新年なので、両者にとり縁起が良いタイミングであるというような話をする人は、日本ではいないんですかね。



中東戦争におけるイスラム教徒とキリスト教徒の被害者は、膨大な被害リストを持っていて、被害金額の合計にインフレ率を掛けた数字を毎年改訂し、イスラエルに対し損害賠償請求している

これまでにイスラエルと平和条約を結んだエジプトとヨルダンは、イスラエルに対する損害賠償請求権を外圧によって放棄させられたので、イスラエルはこれまでに1円だって支払っていない。

エジプト人もヨルダン人も「啓典の民」であるから馬鹿ではなく、紙に書かれたこと、契約、賠償には神経過敏なくらい執着する。少々のことでは絶対に譲歩しない。賠償金なしでは解決しない。

そこで、日本政府がエジプトとヨルダンに対しては毎年、他の多くの途上国向けとは異なる特別待遇で援助を拠出している。それを単年度でおしまいにせず、何十年もこんなことを続けている。当のイスラエルが支払わないから、日本が代理弁済しているようなものだ。あなたに対しては増税して

日本は第2次大戦の後始末である損倍賠償問題に何十年も時間を掛けてきた。大方が片付くまで国連復帰は許されなかった。韓国との間は条約上は解決済みのはずだが、韓国独自の事情でまだくすぶり続けている(苦笑)。北朝鮮の分は、戦後70年以上経過して、未だ手つかずのままである。

あなたは、米国が進めている今の中東和平案に賛成なんですか?ふうん。だったら新規に発生する対パレスチナ援助の財源を確保するため、あなたに対して増税し、あなたが受け取る予定の社会保障費を削る方向性に反対してはいけません。エジプトとヨルダンが受け取る枠を減らさずに、パレスチナ向けの枠を増設するんですから。

日本人の多くはこういうことを知らずにパレスチナ問題のことを語っている。

アブラハムについては、ユダヤ教とイスラム教(とキリスト教)に共通する父祖ということでアブラハムを引っ張り出してきて友好を演じているわけだが、イスラエルと直接戦争していないUAEとバハレーンが「はいはい、何十年も前の古い話は今日でおしまい」と軽々しく語ってもらっては困りますね。

ドイツが10億ユーロで米国産LNG輸入ターミナル2基建設と米国に伝達 もしNord Stream 2関連の制裁を撤回するならば ロシア

Germany offers US billion-euro LNG investment deal to lift sanctions from Russia’s Nord Stream 2 gas pipeline – report
16 Sep, 2020 11:15
https://www.rt.com/business/500822-germany-offers-us-deal/

Berlin has offered to invest €1 billion in US liquefied natural gas (LNG) if Washington lifts sanctions against the Russia-led Nord Stream 2 gas pipeline project, newspaper Die Zeit reported on Wednesday.

According to the paper’s sources, Berlin is ready to invest in the construction of two terminals in Germany to receive American LNG. “In response, the United States will allow the unhindered completion and operation of Nord Stream 2,” Die Zeit said, citing a letter (sent on August 7) from German Vice-Chancellor and Finance Minister Olaf Scholz to US Treasury Secretary Steven Mnuchin.
(後略)

アイスランド教会がイエス・キリストをLGBT化 スカート履いて胸があるレインボー(笑)

F8AA4C45BC02B22910932099864D2401943591CCF964A072D31BAF5F5FEFDD49_713x0.jpg

Iceland Church Shocks Public With Big-Breasted Rainbow Jesus in New 'Diversity' Campaign
05:16 GMT 16.09.2020
by Igor Kuznetsov
https://sputniknews.com/society/202009161080470520-iceland-church-shocks-public-with-big-breasted-rainbow-jesus-in-new-diversity-campaign/

記事原文(アイスランド語)
Skiptar skoðanir um aug­­lýsingu fyrir Sunnu­daga­­skólann: „Allt í lagi að Jesú sé skeggjaður og með brjóst“
Atli Ísleifsson skrifar 5. september 2020 09:10
https://www.visir.is/g/20202008497d/skiptar-skodanir-um-aug-lysingu-fyrir-sunnu-daga-skolann-allt-i-lagi-ad-jesu-se-skeggjadur-og-med-brjost-

・・・信仰なんてどうでもいいってことですね。

聖母マリアの奇蹟はどのように取り扱いましょうか?「LGBTのカップルの間に自然に子供ができた。これは神の奇蹟だ」という話に書き換えましょうか?(苦笑)

「父なる神」という表現はLGBTの世界ではどのような取り扱いになっているのだろうか?今まで考えたこともなかったが。誰が神を父と決めつけたのかと糾弾対象にすべきでは?

WTOパネル 米国の対中関税制裁を違法判断 中国

WTO Sides With China in Tariff Row With US
14:16 GMT 15.09.2020
by Tim Korso
https://sputniknews.com/world/202009151080465355-wto-sides-with-china-in-tariff-row-with-us-findings-say/

・・・最初から結論は見えていて、その通りの裁定が出てきた。しかし、だからといって米国に言うことを聞かせることは簡単ではない。

米国と何を約束しても、平気で契約違反を犯すので、WTOやWHOのような国際機関を大切にすることが日本の利益に直結するのだが、ヤフコメを眺めていると、この点に気付いていないか、知らないか、わかっているが意図的に触れないようにしている人が圧倒的に多い。ネット工作員が多いから、意見が偏るんでしょうけど。

大丈夫なんでしょうかね、この国の運営。

レバノン新内閣の人選 マクロンが期限を延長 フランス

صحيفة: بعد انقضاء المهلة...ماكرون يتخذ قرارا بشأن لبنان
GMT 08:01 16.09.2020
https://arabic.sputniknews.com/arab_world/202009161046557132-%D8%B5%D8%AD%D9%8A%D9%81%D8%A9-%D8%A8%D8%B9%D8%AF-%D8%A7%D9%86%D9%82%D8%B6%D8%A7%D8%A1-%D8%A7%D9%84%D9%85%D9%87%D9%84%D8%A9%D9%85%D8%A7%D9%83%D8%B1%D9%88%D9%86-%D9%8A%D8%AA%D8%AE%D8%B0-%D9%82%D8%B1%D8%A7%D8%B1%D8%A7-%D8%A8%D8%B4%D8%A3%D9%86-%D9%84%D8%A8%D9%86%D8%A7%D9%86/

・・・フランスなんか、レバノン復興国際協力基金の3分の1も出さないのに、あたかもフランスのおかげでレバノンの将来が保証されるみたいな立ち振る舞い。どこまで高慢なんだって話。

宗派主義廃絶がキーワードならば、ドゥルーズ派のワリード・ジュンブラートこそ真っ先に切り捨てなければいけないんじゃないんですか?

トルコにおける外国人の不動産所有 イラン、イラク、ロシア、アフガニスタン、アゼルバイジャンの順

دولة عربية تتصدر قائمة الأجانب المتملكين عقارات في تركيا
GMT 07:41 16.09.2020
https://arabic.sputniknews.com/arab_world/202009161046557021-%D8%AF%D9%88%D9%84%D8%A9-%D8%B9%D8%B1%D8%A8%D9%8A%D8%A9-%D8%AA%D8%AA%D8%B5%D8%AF%D8%B1-%D9%82%D8%A7%D8%A6%D9%85%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%A3%D8%AC%D8%A7%D9%86%D8%A8-%D8%A7%D9%84%D9%85%D8%AA%D9%85%D9%84%D9%83%D9%8A%D9%86-%D8%B9%D9%82%D8%A7%D8%B1%D8%A7%D8%AA-%D9%81%D9%8A-%D8%AA%D8%B1%D9%83%D9%8A%D8%A7/

ユダヤ教の極右過激派2500人がベラルーシとウクライナの国境地帯で立ち往生 巡礼目的の押しかけ

こんなオッサンが2500人も押しかけ好き勝手されたら迷惑だがな。5f60f23085f54054280757d9.JPG

コロナ規制を守らないユダヤ教極右過激派の入国について、ウクライナ政府は断固拒否の姿勢を公式にイスラエル政府に通告しているが、宗教の教義のためなら公然と法律違反を犯すユダヤ教極右過激派(←米国、イスラエルのメディアは、「超正統派」という表現を使うことで、事の本質をごまかしている)は、そんなことお構いなしに、様々なルートからワラワラと集まってくる。

しかも、彼らは、ユダヤ人の中でコロナ感染率が極端に高い集団(規制を全く守らないから)。ウクライナ政府にとり迷惑千万なのである。

ベラルーシの国境検問所は出国自由なので問題なく出ることができるが、ウクライナ側の国境検問所では重装備の警官隊を配備し、入国を拒んでいる。前の記事

‘Humanitarian crisis’ unfolds on Ukraine-Belarus border as Jewish pilgrims left stranded after Kiev tightens Covid-19 restrictions
15 Sep, 2020 18:46
https://www.rt.com/russia/500778-orthodox-jews-ukraine-belarus/

・・・この集団がパレスチナ人だったら、イスラエルの官憲は容赦なく殴る蹴るの暴行を働くのに、ユダヤの極右過激派が同じ行動をしても、イスラエル政府は彼らの機嫌を損なわないよう、実に慎重に対応する。

この人たち、何かエラいの?

イエメン市民殺戮への関与で米国政府高官が海外休暇中に逮捕される危険がこれまでになく高まっている 米国議会、国務省が警戒

War Crimes Risk Grows for U.S. Over Saudi Strikes in Yemen
Amol Rajput
2020/09/14
https://eminetra.com/war-crimes-risk-grows-for-u-s-over-saudi-strikes-in-yemen/74606/

・・・悪いことをしていることを本人が自覚しているというやつ。

本社勤務を再開したJP Morgan 早速コロナPCR陽性を出す(笑)

A number of JPMorgan Chase traders have been sent home after employees tested positive for COVID-19, less than a week into the bank’s push to start bringing its workers back into the office
KEN SWEET AP Business Writer
September 15, 2020
https://abcnews.go.com/Business/wireStory/jpmorgan-traders-catch-covid-bank-reopens-offices-73029082

・・・忙しいね。前の記事

シリア・ハサケ県 クルドが学校の93%を占領 少数派クルド語教育の強要への反発に対する報復 米国 米軍

県内の公立学校(高校以下)2582校のうち、これまでに2285校が占領済みで、9月13日に占領したのは高校118校(以上93%)。

現在、教育局(教育省の県出先機関)の管轄下にあるのは179校のみ(7%)。

影響を受けている生徒数は10万人。前の記事

لليوم الثاني.. “قسد” تمنع 100 ألف طالب وتلميذ في الحسكة من حقهم في التعليم
15-أيلول-202014-أيلول-2020
http://newspaper.albaathmedia.sy/2020/09/15/%d9%84%d9%84%d9%8a%d9%88%d9%85-%d8%a7%d9%84%d8%ab%d8%a7%d9%86%d9%8a-%d9%82%d8%b3%d8%af-%d8%aa%d9%85%d9%86%d8%b9-100-%d8%a3%d9%84%d9%81-%d8%b7%d8%a7%d9%84%d8%a8-%d9%88%d8%aa%d9%84%d9%85%d9%8a%d8%b0/

・・・クルドはハサケ県においても少数派である。密入国者・難民出身者に甘い対応をしているとこうなるという良い事例。隙を突き、外国勢力と結託して占領する。

レバノン新首相が組閣リストを提出できず 与党筋「クーデターは未遂に終わった」

新首相に指名されたムスタファー・アディーブが組閣リストを提出する期限が到来し、大統領府を訪れたが、アウン大統領にリストを提出することができなかった。

FPM(アウン)、アマル、ヒズボラ筋は、(直近の選挙結果を上書きして彼らを政権から追い出し、フランス系人材とフランス企業で政治経済の利権を押さえる)クーデターは未遂に終わったとコメントした。

استعراض قواتي «شبه عسكري» من الأشرفية إلى ميرنا الشالوحي: سقوط حكومة الأمر الواقع
الثلاثاء 15 أيلول 2020
https://www.al-akhbar.com/Politics/293892/%D8%A7%D8%B3%D8%AA%D8%B9%D8%B1%D8%A7%D8%B6-%D9%82%D9%88%D8%A7%D8%AA%D9%8A-%D8%B4%D8%A8%D9%87-%D8%B9%D8%B3%D9%83%D8%B1%D9%8A-%D9%85%D9%86-%D8%A7%D9%84%D8%A3%D8%B4%D8%B1%D9%81%D9%8A%D8%A9-%D8%A5%D9%84%D9%89-%D9%85%D9%8A%D8%B1%D9%86%D8%A7-%D8%A7%D9%84%D8%B4%D8%A7%D9%84%D9%88%D8%AD%D9%8A-%D8%B3%D9%82%D9%88%D8%B7-%D8%AD%D9%83%D9%88%D9%85%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%A3%D9%85%D8%B1-%D8%A7%D9%84%D9%88%D8%A7%D9%82

・・・テクノクラートで構成される実務内閣を作ると宣伝すれば聞こえは良いが、借地借家住まいの人が、国土の大半を支配している大家さんに逆らうことなど所詮無理な話なのです。なんでお前が俺の財布に手を突っ込むんだ、お黙りなさいという話。重石にならないアディーブでは、全方向から入る横やりに耐えることができない。

フランスの中東研究は水準が高く、何でも知っていると思っている日本人は多いですよね。

マクロン大統領の直轄案件に格上げし、フランス情報部の最高幹部がとりまとめ役になって介入すれば、レバノンみたいなちっぽけな国をひねり潰すことなど簡単でしょうか?フランスが打ち出す次の一手は何なのか。フランスの中東研究の水準を、じっくり観察させてもらいましょう。私たちに一体何を見せてくれるのでしょうか。ワクワクします。

シカゴ大学英語学科 黒人問題を専攻する学生だけ入学許可します BLM 米国

Diversity of thought much? University of Chicago English program accepts applicants ONLY if they seek to work in ‘black studies’
14 Sep, 2020 23:03
https://www.rt.com/usa/500701-chicago-english-black-studies-only/

シカゴ大学英語学科(2020年7月発表)
https://english.uchicago.edu/

For the 2020-2021 graduate admissions cycle, the University of Chicago English Department is accepting only applicants interested in working in and with Black Studies. We understand Black Studies to be a capacious intellectual project that spans a variety of methodological approaches, fields, geographical areas, languages, and time periods.

石油需要のピークは2030年 2050年に最大で70%減少する BP統計最新版 コロナ

脱炭素化の進展具合が現状程度、進む、ネットでゼロ達成の3つのシナリオを設定。

コロナ後に2018年の需要を上回ることなく推移し、2030年が石油需要のピーク。
現状シナリオ:2050年に石油需要は2018年比で7%減少。
脱炭素化が進むシナリオ:50%減少。
ネットでゼロ達成シナリオ:70%減少

2050年までの間に天然ガスの需要は減少しない。

End of Oil Era? BP Predicts Almost 70% Drop in Crude Demand Over Next 30 Years
19:08 GMT 14.09.2020
https://sputniknews.com/business/202009141080455566-end-of-oil-era-bp-predicts-almost-70-drop-in-crude-demand-over-next-30-years/
BP統計
https://www.bp.com/en/global/corporate/energy-economics/statistical-review-of-world-energy.html

テレワークで生産性と創造的燃焼が低下 JP Morgan分析 トレーダーに本社出社を命令 コロナ 米国

At JPMorgan, Productivity Falls for Staff Working at Home
2020/09/14
https://www.msn.com/en-us/money/companies/at-jpmorgan-productivity-falls-for-younger-employees-at-home/ar-BB191zJt

(Bloomberg) -- A troubling pattern emerged as most of JPMorgan Chase & Co.’s employees worked from home to stem the spread of Covid-19: productivity slipped.

a building with a metal tower and blue umbrella: Scaffolding covers a construction site for JP Morgan Chase & Co. headquarters in New York, U.S., on Monday, June 8, 2020. Completion is still years away, but the ramping up of construction on high-rise office towers like JPMorgan's — which will be one of the largest in Manhattan, rise some 70 floors and be capable of housing roughly 15,000 employees — comes at what suddenly feels like an odd time. © Bloomberg Scaffolding covers a construction site for JP Morgan Chase & Co. headquarters in New York, U.S., on Monday, June 8, 2020. Completion is still years away, but the ramping up of construction on high-rise office towers like JPMorgan's — which will be one of the largest in Manhattan, rise some 70 floors and be capable of housing roughly 15,000 employees — comes at what suddenly feels like an odd time.

Work output was particularly affected on Mondays and Fridays, according to findings discussed by Chief Executive Officer Jamie Dimon in a private meeting with Keefe, Bruyette & Woods analysts. That, along with worries that remote work is no substitute for organic interaction, is part of why the biggest U.S. bank is urging more workers to return to offices over the coming weeks.

“The WFH lifestyle seems to have impacted younger employees, and overall productivity and ‘creative combustion’ has taken a hit,” KBW’s Brian Kleinhanzl wrote in a Sept. 13 note to clients, citing an earlier meeting with Dimon.

The bank has noticed the productivity decline among “employees in general, not just younger employees,” JPMorgan spokesman Michael Fusco clarified in an emailed statement, adding that younger workers “could be disadvantaged by missed learning opportunities” by not being in offices.

JPMorgan’s findings provide a data point in the debate over whether employees perform as well at the kitchen table as they do in the workplace, showing extended remote work may not be all it’s cracked up to be, at least for some job functions. While pre-pandemic studies found remote workers were just as efficient as those in offices, there were questions about how employees would perform under compulsory lockdowns.

JPMorgan last week told its most senior sales and trading employees that they would be required to return to their offices by Sept. 21, the strongest move yet by a U.S. bank to restaff its workplaces. Workers in other functions are also being encouraged to return, up to a maximum building capacity of 50% in New York.

“Overall, Jamie thinks a shift back to the office will be good for the young employees and to foster creative ideas,” Kleinhanzl wrote.

・・・ということは東京一極集中が再燃という見方でよろしいでしょうか?(笑)

シリア・ハサケ市 クルド民兵が高校を占領して事務所として使う 新年度開始なのに

0:23で、生徒が憤慨している。
#الحسكة... ميليشيا "قسد" تمنع طلاب ثانوية المتفوقين من الدخول إليها وتعتدي عليهم
2020/09/13
https://www.youtube.com/watch?v=1CBcq_J8VZI

・・・米国は自由と民主主義を世界に広げるわけではなく、武器支援しかしないからね。

イスラエルはパレスチナ独立国は通貨発行権、徴税権、軍隊保有を認めるのか

A lot can happen between now and 2024
Palestinians have a real chance at a state if they seize the moment with creativity and strategy, which won't happen under their current leadership
Sep 14, 2020, 3:26 PM
Bishara A. Bahbah
https://blogs.timesofisrael.com/a-lot-can-happen-between-now-and-2024/

・・・ユダヤの使い走りである筆者は、「今の無力なパレスチナ指導部は」という表現を連呼して今の自治政府を無能呼ばわりし、あたかもイスラエルと米国政府に言われるがまま和平交渉すれば、その先に明るい未来が待っているかのように論じている。

これを読んだ多くの人は、騙されてしまう。なぜなら、彼の作文には以下の視点が意図的に隠されているからだ。

イスラエルは、今のパレスチナ自治政府から通貨発行権、徴税権を取り上げている。

パレスチナ人が、イスラエルが設定している有形無形の障壁をやっとこさ乗り越えて、ささやかな輸出をしても、関税はイスラエル政府が横取りしており、パレスチナに渡さない。

パレスチナの国庫はいつも空っぽで、独自の経済政策、金融政策を営むことができない。公務員の人件費遅配が年中行事である。あるはずの収入がイスラエルが邪魔して入ってこないのだから、政府が何もできなくて当たり前じゃないですか。悪いのはイスラエル。

ガザ沖には海底油田、海底ガス田が存在する可能性が極めて高い。

イスラエル側の海域では既にガス生産が始まっている。現状では低品質高価格のイスラエル産ガスを買う国がないので、弱い立場のヨルダンに無理矢理押しつけて買わせている。ヨルダンは、高品質低価格のガス購入契約を破棄させられ、足りない外貨をイスラエルに献上する不条理を強いられている。

ガザでもガス田開発が進めば、まとまった金額の外貨収入源が獲得できる可能性がある。しかし、ガス田の設営に絶対欠かせない要素がある。

軍隊と、敵地攻撃能力である。日本で今議論されているものと同じ敵地攻撃能力である。

ベイルート港爆破で笑うのはイスラエル・ハイファ港 シリアへの目先の影響は軽微 レバノン

シリア経済省の話。以前と異なり、今のシリアはベイルート港への依存度は小さい。輸入は8~9%、輸出は20%→14%→12%と減少傾向。

ヨルダン(Nasib)、イラク(al-Bu Kamal)との検問所が開通したので、こちら経由の流通が増えた。

ベイルート港に荷揚げされるイラン、イラク、湾岸アラブ向け貨物の代替港の候補はイスラエルのハイファ、トルコのメルシン。

シリアのラタキア港、タルトゥース港も競争に乗り遅れないよう、能力拡張、手数料体系の見直しを急ぐべき。

ما بعد انفجار مرفأ بيروت: مقاربة سورية للخسائر والفرص
زياد غصن

https://www.al-akhbar.com/Syria/293830/%D9%85%D8%A7-%D8%A8%D8%B9%D8%AF-%D8%A7%D9%86%D9%81%D8%AC%D8%A7%D8%B1-%D9%85%D8%B1%D9%81%D8%A3-%D8%A8%D9%8A%D8%B1%D9%88%D8%AA-%D9%85%D9%82%D8%A7%D8%B1%D8%A8%D8%A9-%D8%B3%D9%88%D8%B1%D9%8A%D8%A9-%D9%84%D9%84%D8%AE%D8%B3%D8%A7%D8%A6%D8%B1-%D9%88%D8%A7%D9%84%D9%81%D8%B1الإثنين 14 أيلول 2020

・・・シリア経済省の話なのでシリアにも希望があるみたいな書きぶりなのだが、そうではない。

メルシン港で荷揚げした貨物を、わざわざシリアを通して湾岸に仕向けるかという話。イランとイラク北部向けに限定されるだろう。だから、選択肢はハイファしかないのである。

おりしも、湾岸アラブはイスラエルと国交樹立する方向なので、以前のようにハイファ港をボイコットする必要性はない。イスラエル優遇にヨルダン人は強く反発するが、アル・アクサー・モスクの管理権も手放すハーシム王家に気概などなく、国王を1回呼び出して恫喝すれば黙る。

GCC 6ヶ国の需要は、世界貿易全体から見れば小さな数値で、特に重要な経済地域とはみなされていないが(石油、ガスが重要なだけ)、イスラエルのような小国にとっては、とてつもなく巨額の商売が突如成立することになる。

イランガー、ヒズボラガー、ISガー、レバノンの政府腐敗ガーとマスコミが騒ぐのに釣られて、ついついイスラエルの方向を見ないで日々を過ごしてしまうが、気付いてみればイスラエルが地域全体の利益を独り占めする事態が発生しているのである。

ほらねというやつ。誰得という観点でベイルート港爆破事件の真犯人を考察すると、イスラエルである可能性が一番高い。

「死ねばいいのに!」 負傷した警官2人が入院する病院にデモ隊が押しかけ叫ぶ ロサンゼルス 米国

'We hope they die': Protesters at hospital jeer deputies shot in ambush
Valerie Richardson - The Washington Times
Sunday, September 13, 2020
https://www.washingtontimes.com/news/2020/sep/13/los-angeles-deputies-shot-protesters-block-hospita/

Protesters blocked the entrance to the hospital where two Los Angeles sheriff’s deputies were in critical condition after being shot Saturday in an ambush, shouting, “We hope they die,” according to the department.

The Los Angeles County Sheriff’s Department described the scene in a late Saturday tweet and warned protesters late Saturday to clear the access to the emergency room at St. Francis Medical Center in Lynwood.

“To the protesters blocking the entrance & exit of the HOSPITAL EMERGENCY ROOM yelling ‘We hope they die,’ referring to 2 LA Sheriff’s ambushed today in #Compton: DO NOT BLOCK EMERGENCY ENTRIES 7 EXITS TO THE HOSPITAL,” tweeted the department. “People’s lives are at stake when ambulances can’t get through.”
(後略)

・・・トランプはこの件について、犯人を死刑に処すべきとコメント。

ますますワイルドな動物になっていく米国人。どちら様も自分が正しいと信じる道を突き進んで下さい。

イスラエルによる西岸併合を米国が認めないのは2024年1月まで UAEに約束 パレスチナ

US assured UAE it won’t back Israel annexation before 2024 at earliest, ToI told
UAE prioritized receiving assurances from Washington, sources say, given that Netanyahu has made clear he won’t advance controversial move without US support
September 13, 2020
https://www.timesofisrael.com/us-assured-uae-it-wont-back-israel-annexation-before-2024-at-earliest-toi-told/

・・・イスラエルは失う物が何もなく全てを得るから、これで嬉しい。パレスチナは面白くない。UAEは全然仲介していないのに、自分が仲介したかのように発言している。自分の直接の問題じゃないから「そんなこと、どーでもいーよ」という態度。米国は、中東和平交渉なるものを3年ほどやるつもり。