眞子さまの「複雑性PTSD」状態 診断した精神科医の文書全文 ←憲法第1条違反の疑いあり Complex PTSD cPTSD

眞子さまの「複雑性PTSD」状態 診断した精神科医の文書全文
毎日新聞 2021/10/1 17:31
https://mainichi.jp/articles/20211001/k00/00m/040/161000c?inb=ys

 宮内庁は1日、秋篠宮家の長女眞子さまが「複雑性PTSD」(複雑性心的外傷後ストレス障害)の状態にあると発表し、診断した精神科医の秋山剛・NTT東日本関東病院品質保証室長の文書を明らかにした。全文は以下の通り。(原文まま)

 【「複雑性PTSD」の診断】

 眞子内親王殿下は、ご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとを、長期にわたり反復的に体験された結果、「複雑性PTSD」(複雑性心的外傷後ストレス障害)と診断される状態になっておられます。

 PTSDでは、強い恐怖を感じるトラウマの体験のために、トラウマを想起させる出来事の回避、何らかのきっかけによるトラウマの再体験、些細な刺激で強い脅威を感じるといった症状が起こります。

 「複雑性PTSD」は、ICDの第11版で、2018年に新しく導入された診断名です。この診断名は、PTSDと診断されていた方の中で、長期的に反復する、逃れることが難しい人為的なトラウマを体験していて、「自分には価値がないと思い込む」「感情が不安定になる」「他の人との関係を避けてしまう」といった持続的な症状のみられる方を特徴づけるために導入されたものです。「複雑性PTSD」は新しい診断名ですので、現在PTSDと診断されている方の中にも、実際には、「複雑性PTSD」の診断に該当する方がかなりおられると思います。

 「複雑性PTSD」は、言葉の暴力、例えば、ネット上の攻撃、いじめ、ハラスメントなどでも起こります。こういったトラウマを体験すると、どなたでも「複雑性PTSD」になる可能性があります。ネット上の攻撃、いじめ、ハラスメントなどのために、尊い生命が失われていることは、みなさまよくご存じの通りです。

 【症状と経過】

 眞子内親王殿下は、ご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する、誹謗中傷と感じられるできごとが、長期的に反復され、逃れることができないという体験をされました。このため、2018~19年頃から、誹謗中傷を正すことが難しい、状況を変えることが困難であるという無力感を感じる状態で、ご自分達の人間としての尊厳が踏みにじられていると感じ、また、結婚後、平穏で幸福な生活を送りたいという願いが、不可能となってしまう恐怖を感じるようになられたと伺っています。このため、ご自分を価値がないものと考えられたり、感情が揺さぶられたり、以前に比べると他の人との関係を避けてしまうことがおありになったようです。

 後には、誹謗中傷と感じられる内容を目にした場合はもちろん、例えば、特定の文字をみると、実際には関係のない内容であっても、恐怖感を再体験(フラッシュバック)することがあったと伺っております。ある時期からは、誹謗中傷と感じられるできごとに関する刺激は、できる限り避けていらっしゃるとのことです。加えて、人生が壊されるという恐怖感が持続し、悲観的になり、幸福感を感じるのが難しい状態になっていらっしゃいます。このため、些細な刺激で強い脅威を感じられたり、集中困難、焦燥感、無気力といった症状も、おありのようです。皇族のお立場として、公的なご活動には精一杯の力を尽くしておられ、私的なご勤務なども継続されていましたが、日常的に、非常な苦痛を感じられることが多いと伺っております。

 【「複雑性PTSD」の状態とご結婚について】

 眞子内親王殿下におかれましては、公的な活動等もなさっていらっしゃるように、判断力には影響が生じておりません。結婚の準備を進めることにも支障はありません。

 結婚されることで、眞子内親王殿下のご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとがなくなれば、「複雑性PTSD」の改善が進むと考えられます。ご結婚について、周囲の方々からの温かい見守りがあれば、ご健康の回復がさらに速やかに進むものと考えられます。

※ICDは世界保健機関(WHO)による国際疾病分類



眞子さま「複雑性PTSD」今日発表の理由
10/1(金) 15:15配信
日本テレビ系(NNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d57ad7c8316cb150a5e8aaaf3301846b0032889

 宮内庁の加地隆治・皇嗣職大夫、永井良三・皇室医務主管、精神科医の秋山剛氏が1日、眞子さまの結婚について発表した記者会見のやり取りは次の通り。

     ◇

 加地大夫「眞子内親王殿下と小室圭氏は10月26日に結婚される。納采(のうさい)の儀や結婚式等の家と家との儀式や行事はされない。一時金は内親王殿下のお考えで辞退される。法的に問題はない」

 秋山氏「眞子さまの診断を担当した。結婚に関するご自身とご家族、お相手とそのご家族に対する誹謗(ひぼう)中傷と感じられる出来事を長期にわたり反復的に体験した結果、複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断される状態。2018~19年頃から無力感を感じ、幸福な生活を送ることが不可能になる恐怖を感じるようになられた。誹謗中傷がなくなれば改善が進む。結婚について周囲の温かい見守りがあれば、回復はさらに進む」

 ――複雑性PTSDと診断されたのはいつか。

「診断がいつといった説明は控えたい」

 ――なぜ今発表されたのか。

「公的な活動に影響がなかったので発表は見送っておられた。結婚との関連が出てくるので結婚発表のタイミングでとお決めになった」

 ――結婚の発表が10月1日になった理由は。

「COVID―19(新型コロナウイルス)や結婚に至る準備のほか、行事や公的な活動もあり、総合的に勘案して本日の発表になった」

 ――結婚に関して小室さんの感想は。

「眞子さまに伺っていない」

 ――眞子さまが複雑性PTSDと診断されたことへの受け止めは。

「結婚はうれしく思うが、同時に複雑な思い。大変心が痛み、お支えが十分だったのかと申し訳ない思いだ」

 ――診断を聞いた時の秋篠宮ご夫妻のご様子は。

「両殿下は今までも内親王殿下のご健康を気遣われてきた。今回も大変心配をなさっているとお見受けする」

     ◇

 続く西村泰彦・宮内庁長官との一問一答は次の通り。

 ――一時金を支給しない決定は長官の判断か。

「そうだ。支出する責任は宮内庁にある。宮内庁の長たる私が支出をしない決定をした」

 ――皇室経済会議の開催が必要がないと判断した理由。

「(眞子さまの)ご意向を踏まえて支出しないという結論があるので当然皇室経済会議を開く必要もない」

 ――複雑性PTSDの診断に対しての長官としての受け止めは。

「精神的なご負担が大きかったのだろうと感じた。お支えする宮内庁長官としては申し訳ない気持ちだ」

 ――ご結婚に対しての長官の受け止めは。

「内親王殿下には、様々な公的ご活動に心を込めて取り組まれ、秋篠宮皇嗣同妃両殿下のご活動も真摯(しんし)にお支えになるなど、誠心誠意務めを果たしてこられた。新しい門出にあたり、今後のご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げる」

 ――結婚に関して天皇陛下の受け止めやお気持ちは。

「皇室の一員として、様々な公的ご活動に真摯に取り組んでこられたことを心からねぎらわれ、今後幸せな人生を歩んでいかれることを願っておいでだ」



Complex PTSD

(前略)
During long-term traumas, the victim is generally held in a protracted state of captivity, physically or emotionally, according to Dr. Herman (1). In these situations, the victim is under the control of the perpetrator and unable to get away from the danger. Examples of such traumatic situations include: concentration camps, Prisoner of War camps, prostitution brothels, long-term domestic violence, long-term child physical abuse, long-term child sexual abuse, and organized child exploitation rings.
(後略)

U. S. Department of Veterans Affairsの解説から
https://www.ptsd.va.gov/professional/treat/essentials/complex_ptsd.asp



9月30日に岐阜県で美濃焼のご公務。
正常に原稿を読み上げ、笑顔まで見せた証拠。
cPTSD患者がこんなことできるの?
MakoPublicDutyAfterCPTSD.png
https://news.yahoo.co.jp/articles/d40ec9bd800c5080834c7103f5bf68b8f94abc08

10月5日、在京パラグアイ大使館にて勲章授与式。
入室から受賞まで、いたって正常。
MakoParaguayMedal.png
https://news.yahoo.co.jp/articles/1279d49d67b6fb90c6aaa9e9b592958535d9ab79



さあ、また新たな疑惑が、結婚の発表とともに浮上しました。

まずは形式的な部分をチェック。

秋山という方。医師免許を持っておられることは確認できたが、病院という巨大組織のなかで臨床研究部門から管理部門に出世(異動)して長いので、最新の学会動向から遠ざかっている部分があるのではないか?そんなことはどこにも書いてないが、私の想像。

文書は、記者会見用に用意された「紙」であり、診断書は存在しないとのこと。あれ、私たち騙されてない?

複雑性PTSD(cPTSD)は、イラク戦の過酷な環境からから帰還した兵士、グアンタナモやアフガニスタン等にあり、いかなる種類の法規制も受けない拷問施設(←いずれも米軍が設営しているという・笑)に拉致監禁されていた被害者とか、DV親に自宅で虐待を受けた、売春宿に監禁され逃げ出せなかったなど、閉鎖空間で長期間繰り返し肉体的・精神的虐待を受けた人に現れる症状である。

広く静かな御所の中で、周囲には自分より下位に位置する召使いしか存在しない環境に身を置き、原因としてやり玉に挙げられた「ネット上のマコ批判へのアクセス」は自らの自由意志で実行したお姫様に適用される病名ではない。

ネットでは早速、↑文末の強調した部分が「言論弾圧に当たる」として炎上した。精神疾患の患者や詳しい人たちは、PTSD患者が「結婚という重大な決断を下す」ことや「米国に移住して環境を変える」ことなどは、治療の基本方針に逆行する行為だから、病名と一致しないと批判した。もし本当にPTSD患者であれば、むしろ結婚を延期すべきであり、日本に留まるべきであるというのである。

ふと憲法第1条を振り返ると、

第1章 天皇
第1条
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく
https://home.hiroshima-u.ac.jp/ujima/html_viewer/textbook/kojima/kojima/kenpo/01.htm

憲法では、「国民の総意」が天皇に優越するものとして明示的に位置づけられている。皇族が気に入るように国民が調子を合わせるのは憲法第1条違反なんですよ。

もし眞子が仮病、詐病であれば、憲法第1条違反の大罪を犯したということになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント