五輪開会式作曲担当の小山田圭吾氏 辞任へ

五輪開会式作曲担当の小山田圭吾氏 辞任へ
7/19(月) 19:02配信
日本テレビ系(NNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/16e28d2248fef4a2f2a5ef9afe42f90d4125f533?tokyo2020

東京オリンピックの開会式に作曲担当として参加している小山田圭吾さんが、辞任する意向を関係者に伝えたことが分かりました。

東京オリンピック・パラリンピック関係者によりますと、開会式に作曲担当として参加している小山田圭吾さんが19日、関係者に対し担当を辞任する意向を伝えたということです。

小山田氏をめぐっては、学生時代に同級生や障害者をいじめていたと雑誌などのインタビューで発言していたことを問題視する声が上がっていました。

組織委員会は、小山田氏が、自身の公式サイトなどに謝罪文を掲載したことから、「引き続き最後まで準備に尽力して頂きたい」としていました。



Japanese composer axed from Olympics opening ceremony after boasts about abusing disabled classmates revealed
By Ben Bloom, Athletics Correspondent, Tokyo
19 July 2021 • 12:44pm
https://www.telegraph.co.uk/olympics/2021/07/17/composer-forced-disabled-classmates-eat-faeces-masturbate-will/

(前略)
He described locking a disabled classmate in a box, taping a cardboard box around his head and pouring chalk inside, wrapping him in a mattress and kicking him, making him eat his own faeces, and forcing him to masturbate in front of other students.
(後略)



(感想1)
辞任させたまではいいが、この大規模イベントの音楽を担当してもらえる人を、今から探すのは大変ですね。予行練習もできなさそう。

貴重な人生の決して短くない時間を、無駄なことをして潰されるサラリーマンが沢山いる。あなたもその中の一人だったら、早く抜け出して下さい(爆)。

(感想2)
経産の若手キャリア2人が給付金詐欺を働いた先日の事件では、この2人組が学生時代から、他人から1000万単位のお金をだまし取る投資詐欺事件を複数回起こしていたことが報じられた。中央官庁が幹部候補生を採用するのに人物調査をせず、テストの点数と短時間の面接だけで決めている。

皇室では、秋篠宮家が、暴力団員と親しい関係のある家柄の人と縁談を決め、多くの国民が反対意見を伝えているにもかかわらず、聞こえないふりをし続けている。問題の所在自体を認めない姿勢を取り続けており、二人が結婚できないのは国民が誤解しているからだ、と国民のせいにしている。皇族、警察を含む当事者が犯したミスは最初から存在しないものとして本件を収めようと必死になっている。皇族と警察に責任を取らせるほか、収めようがないと思いますが。

今はどこでも人物調査をしないんですねぇ。

トヨタ、国内で五輪関連CM放送せず…「色々なことが理解されない五輪に」

トヨタ、国内で五輪関連CM放送せず…「色々なことが理解されない五輪に」
7/19(月) 11:58配信
読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/29eb18c22249c6022a450750d97dd9dbdbb34035

 東京五輪・パラリンピックで、最高位の「TOPスポンサー(ワールドワイドパートナー)」を務めるトヨタ自動車は19日、国内では五輪に関するテレビCMを放送しない方針を明らかにした。

 トヨタの長田准執行役員が、オンラインで報道陣の取材に答えた。大会に対するトヨタの考え方などを伝えるCMを作成していたが放送しない。豊田章男社長を含むトヨタ関係者は、開会式などへの出席も見送る方針だ。長田氏は、「色々なことが理解されていない五輪になりつつある」と述べた。

 一方、大会運営への支援では、関係者を運ぶ車両など計3340台を提供する。このうち、燃料電池車(FCV)の「ミライ」や自動運転機能を持つ電気自動車(EV)「イー・パレット」などの電動車が9割を占め、二酸化炭素(CO2)排出量の低減につなげる。

 長田氏は、「アスリートが集中し、ベストなパフォーマンスができることを一番に考えたい」とも強調した。東京五輪とパラリンピックには、トヨタに所属するなど関係するアスリート計約200人の出場が内定している。自社メディア「トヨタイムズ」で取り上げて、アスリートを応援していくという。



(オーサー・コメント)
小沢コージ 認証済み | 5時間前 自動車ジャーナリスト 報告

2015年にトヨタが自動車メーカーとしては初めてトップスポンサー契約を結び、10年間の長期契約で定かではないがスポンサー料は年間約200億、総額2000億円とも言われている。その上トヨタは五輪の選手村、会場などでMaaS専用の自動運転EV「eパレット」などの実験であり、お披露目もする予定だった。他にも超低速で少人数の電動モビリティの使用も予定していた。もちろんそれらは一部は実際に使われるとは思うが、無観客では実験の意味や、告知効果も薄まり、本当に踏んだり蹴ったりの状態だと思われる。ただ、それをトヨタとしてはなかなか五輪側に実損害は問えない。今回五輪はここまで来たらやるしかないだろう。ただ、今後の五輪参加に対する日本としての立ち位置は明確にして欲しいし、損害請求なども可能な限りしていただきたいもの。人のいい、泣き寝入り五輪は避けたい。政治的、経済的にしぶとい交渉能力を持つ日本人求む! である



・・・今回はたまたま疾病が新型コロナだったというだけで、感染症はコロナだけではなく種類が多い。事前の対策などできない。

それだけではない。理由はコロナでなくても何でもいいから、人々に行動規制を強要しなければならないとする意見すら浮上している。

温暖化を回避するには、コロナのようなロックダウンを2年おきに実施する必要がある Nature誌掲載のイギリス研究

従来型のイベント業はもうおしまいだ。スポンサーは、恐くて資金提供できない。