フランス政府は首切りヌスラ戦線(アル・カーイダ)を公式に承認していた「彼らは良い仕事をしている」 米国テロ組織指定にも真っ向から反対

シリア戦の初期に各地で突然始まった首切り惨殺処刑の嵐。これを実行したヌスラ戦線(アル・カーイダ)を、米国国務省はテロ組織に指定したが、2012年末当時のフランス外相(ロラン・ファビウスLaurent Fabius)は「彼ら(ヌスラ)は良い仕事をしている」として反対表明しただけでなく、「テロ組織に該当しない」とまで言い切った。

フランス政府は2013年、ヌスラ支持のデモを実行した人物を、シリア反体制派の正式な代表として公認した。

The Simple Truth Behind the Crisis in French-Russian Relations Over Syria
16:48 GMT 15.10.2016
https://sputniknews.com/middleeast/201610151046371176-french-russian-relations-crisis-over-syria/

(前略)
Moreover, Gashkov recalled that in 2013 it was revealed that France began supplying Syrian jihadists with weapons in late 2012, before the EU officially lifted the ban on such deals. "At the end of 2012, French Foreign Minister Laurent Fabius [even] stepped out in support of the Nusra Front jihadists, which at the time concealed their status as the Syrian branch of al-Qaeda. According to Fabius, Nusra was "doing a good job on the ground," and did not deserve being labeled as terrorists. In 2013, Paris officially recognized Moaz al-Khatib, one of the organizers of mass actions in support of Nusra, as an authorized representative of the Syrian opposition, even after the group became listed a terrorist group by the State Department."
(後略)

Syrians take French FM Fabius to court for 'encouraging' al-Nusra
07/09/2015 - 15:38
https://www.rfi.fr/en/france/20150907-syrians-take-french-fm-fabius-court-encouraging-al-nusra

Pression militaire et succès diplomatique pour les rebelles syriens
Les Amis de la Syrie, réunis à Marrakech, au Maroc, ont officiellement reconnu la Coalition nationale de l'opposition syrienne.
Par Isabelle Mandraud (avec Gilles Paris)
Publié le 13 décembre 2012 à 12h51
https://www.lemonde.fr/proche-orient/article/2012/12/13/syrie-pression-militaire-et-succes-diplomatique-pour-les-rebelles_1805889_3218.html

・・・フランス政府が首切り処刑を公式に奨励した。フランス本土にて良い仕事を沢山していただくのが筋です(爆)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント