米国のレバノン2議員制裁は、イスラエルとの国境画定交渉でレバノンから譲歩を引き出すため

海底油田、ガス田の開発を睨んだレバノン・イスラエル国境画定交渉について、7月の時点で米国も納得の上で合意が成立していたが、米国案で確定してしまっては迷惑なイスラエルがちゃぶ台返しを始めた。

2議員に制裁を受けるまでもなく、既に8月に駐レバノン米国大使から、国境線をイスラエル有利に変更して合意することがレバノン経済危機脱出の鍵になる、と恫喝されていた。

اتفاق على آلية التفاوض... لا على الترسيم: في انتظار رد العدو
ميسم رزق الجمعة
11 أيلول 2020
https://www.al-akhbar.com/Politics/293725/%D8%A7%D8%AA%D9%81%D8%A7%D9%82-%D8%B9%D9%84%D9%89-%D8%A2%D9%84%D9%8A%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%AA%D9%81%D8%A7%D9%88%D8%B6-%D9%84%D8%A7-%D8%B9%D9%84%D9%89-%D8%A7%D9%84%D8%AA%D8%B1%D8%B3%D9%8A%D9%85-%D9%81%D9%8A-%D8%A7%D9%86%D8%AA%D8%B8%D8%A7%D8%B1-%D8%B1%D8%AF-%D8%A7%D9%84%D8%B9%D8%AF

・・・前の記事で、アマルのナビーフ・バッリー議長が、「これはレバノン全体に対する敵対行為だ。我々は絶対に権利を手放さない」と力説していたが、その意味がわかった。

蓋を開けてみれば、ほらねという話です。CIAの下部組織であるマスコミを使って「レバノン政治の腐敗」「ヒズボラはテロ組織」と連呼しているが、米国が本当の要求は「石油、ガス」と「イスラエル、ユダヤ」である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント