バハレーンもイスラエルと国交樹立へ

Bahrain to follow UAE in normalizing relations with Israel, Trump announces
11 Sep, 2020 17:19
https://www.rt.com/news/500506-israel-bahrain-relations-trump-us/

Bahrain agrees to normalize relations with Israel, Trump announces
The Bahraini foreign minister is expected to participate in the ceremony at the White House together with Netanyahu and the UAE's foreign minister.
By REUTERS, OMRI NAHMIAS
SEPTEMBER 12, 2020 15:43
https://www.jpost.com/israel-news/trump-expected-to-announce-historic-bahrain-israel-normalization-agreement-641961

・・・記事内容は、トランプが発表。バハレーンも自分のこととして何か語るべきだと思うが、特に語っておらず、トランプが発表という記事をコピペしてあるだけ。15日のUAEとの国交樹立セレモニーに、バハレーンも参加して一緒に調印するという内容のみ。記事の数が多いだけで中身はない。

バハレーンはBAPCOがアラブ湾岸産油国で最大の石油会社だったときは良かったが、もう60年?70年?も前の話。その後は原油が枯渇し、サウジから融通してもらうことで、かろうじて飯を食っている情けない状態。1980年代以降は頼みの金融市場も衰退し、湾岸アラブの金融市場といったらバハレーンという評価もさっぱり聞かなくなって久しい。

イスラエルの立場から見れば、バハレーンからは新規投資を期待できないので、その方面の言及は皆無(苦笑)。ユダヤの反応は実利だけで、とてもわかりやすい。

UAEイスラエル国交樹立報道を受けて開かれたアラブ連盟外相会議で、パレスチナ代表はイスラエル非難の文言を声明に盛り込もうとしたが、普段は後列でおとなしくしているバハレーン代表が、このときばかりは必死に邪魔して回ったという話が入っている。バハレーン自体は小国だが、ユダヤの小間使いとして利用価値がある。

バハレーンは人口7割がシーア派の国で、多数派のシーア派を弾圧することで国が成り立っている。サウジ東部の油田地帯も同様。残虐すぎる弾圧をしているので、最近では報道がすっかりなくなってしまったくらい。中国共産党によるウイグル弾圧を問題視する人たちは、バハレーン、サウジのシーア派弾圧のことは何も言わない。人権のことを語っているふりをして、政治的主張を展開しているにすぎない。

バハレーンは昔は貧弱な警察しか持っておらず、イスラム革命後のイランがバハレーン首長暗殺事件未遂を王宮内で起こしたとき、犯人はイラン大使館に逃げ込み、翌日外交官パスポートを持って堂々とテヘランに向けて出国。翌日から、テヘランで反バハレーンのラジオ放送を彼が始めたという、嘘のような本当の話がある。バハレーンがイランの意向をガン無視できるようになるまで40年近く要した。

ところで、対米追従が外交原則の日本は、トランプを応援しなくていいんですか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント