「家賃支援給付金」支給は申請の1割以下…確認多く

「家賃支援給付金」支給は申請の1割以下…確認多く
8/20(木) 17:39配信
テレビ朝日系(ANN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/7161300afa37f4a0563943f831c968bcd5938b92

 売り上げが著しく減少した中小企業などへの「家賃支援給付金」の支給が申請の1割以下にとどまっていることが分かりました。

 家賃支援給付金は新型コロナウイルスの影響で収入が減った中小企業などに最大600万円を半年分の家賃として支給するものです。4日から支給が始まりましたが、約32万件の申請に対し、これまでに支給が行われたのは約3万件、270億円にとどまることが分かりました。経済産業省は確認する書類が多いことなどから「持続化給付金の目安である2週間よりも時間がかかる」としてきましたが、実際に申請を受け付けた後に追加の確認が発生する場合が多く、時間がかかっていると説明しています。



(ヤフコメ)
buycwlni
1日前

サポート会場なるもので申請しようとした者ですが、
更新の書類がいるんですね。

自動更新なんで、当たり前のように何もありません。たぶんこれが普通。
これで大家の所に行かなければならないとのこと。更新の証明書と支払いの証明書を書いてもらわないといけない。

そのために大家に電話したら、もう亡くなってた。今は息子が引き継いでいた。

証明書を息子に書いてもらったら、契約書が亡くなった方名義なので、
新契約書のかわりになるものを書いてきてくださいとのことでまた大屋家にリターン。

それを書いてもらってまた会場に行ったら、時間がたちすぎたので支払いの証明書を大屋から取りなおしてくださいででまたリターン。(月が変わってしまった)

大屋にはぶちぶち文句を言われ、次来ても書かないと最後通告を突きつけられた。

誰が申請できるんだこれと思った。
次行ってまた大屋にリターンならもう申請不可です。



表示出来ません
1日前

契約時と名義が変わっていた場合の確認書類は双方の自署でなければならないなんて、申請書類があまりにも煩雑すぎる。

一部上場企業の代取の自署なんか総務で門前払いだし、ゴム印代表印で出来ないか事務局に聞いても申請不可とは実情に合っていない。だから申請できないなんて形だけの支援策。

現場を知らない官僚が作った無策な支援策で、持続化給付金より使えない。



ohj*****
1日前

家賃支援金申請しました。契約書に不備があった場合を考えて、10件の契約で申請しました。

そのうちの3件の契約が自動更新になっているのでに賃貸主の証明書が必要とのこと。そこで賃貸主に証明書を郵送で依頼しました。

3件のうち1件が、請求書を発行しているのでそちらで契約が継続していることがわかるはず、代表取締役の自署などもらえませんとの一点張り。

仕方がなくそのことを事務局に話しても、対応してもらえません。

そもそも自動更新になっていない契約でけでも600万の満額になっているのだからそれで対応してくださいと頼んだがシステム上それもできないとのこと。

このようなシステムや対応はおかしいと思う



wd7*****
1日前

21年前に契約した自宅兼事務所兼倉庫。
確定申告でもずっと5割が経費として認められているので
給付金申請したら更改時の契約書が必須だと。

家主に相談したら「不動産屋と話して作成してくれ」と
当然不動産屋はボランティアではないから手数料が発生する。

通るやら通らないやらわからない補助金のために
さらに持ち出しが増えるってこの制度自体おかしいぞ。



ama*****
1日前

自動更新の契約書で、直近3ヶ月の家賃支払い証明があるのに、更に現在も更新していることの証明を大家に書いてもらわないといけない。

経産相の役人は法律を知らんのか?



・・・自動更新は大家に不利で店子に有利な制度だとばかり思っていたが、給付金のときには店子にとり足かせになるわけだ。良い勉強になった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント