主要都市4割で地価下落 コロナで需要減、四半期調査 国交省

主要都市4割で地価下落 コロナで需要減、四半期調査 国交省
8/21(金) 18:03配信
時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/4d36bebb1fce6aaa9aa076032d86e4a28670a376

 国土交通省は21日、全国主要都市100地区を対象とした2020年第2四半期(4月1日~7月1日)の地価動向調査の結果を発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うホテルや店舗の需要減退と取引の停滞が影響し、下落は前回調査の4地区から38地区へ増加。上昇は73地区から1地区へ激減し、緩やかに続いてきた上昇傾向にブレーキがかかった形だ。

 下落地区が上昇地区数を上回るのは12年第2四半期以来。用途別では住宅地に比べて商業地で、地域別では地方圏に比べて三大都市圏での下落が顕著で、名古屋圏では対象9地区すべてが落ち込んだ。



・・・報告書の原文を見たら、東京で下がっているのは、上野、銀座、新宿という商業主体の繁華街だけ。中小のIT企業がまとめて脱出している渋谷は、本報告書では横ばいだった。人・店が抜けてもすぐ埋まっている間は、地価は下がらない。

大阪、名古屋は観測地点の全てで下落だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント