日本政府が確保したイギリス製コロナ・ワクチン 副作用で死んでも補償なし

コロナは「ただの風邪」ではなく、「インフルエンザの親戚」でもなく、「未知の病だから恐い」という大前提で皆で騒いでいるんでしょう?(←嫌味です・苦笑)。

既知の病のいずれとも関係ない未知の病のために新規開発したワクチンが無害であるなんて、正統的な教育を受けた専門家であれば誰も断言できるはずがない。

開発が始まってわずか数ヶ月のワクチンを市場に流通させるということは、所定の安全確認試験など何もしていないということ。

安全確認に2年かけた新薬だって、死者を沢山出した事件がいくつもあるのに、こんな危ないワクチンを打てるかって話

製薬会社は補償しないので、国の制度でどこまで救済されるかという話になるが、日本政府は現時点で補償するとは一言も言っていない。



ワクチン1億2千万回分を供給へ アストラゼネカと合意
8/7(金) 20:20配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2bcf46d8464716f5484d3e52fb39333aa2ab3f97

 新型コロナウイルスによる感染症の予防ワクチンについて、加藤勝信・厚生労働相は7日、英製薬大手アストラゼネカ社から日本国内向けに1億2千万回分の供給を受けることで基本合意したと発表した。開発が成功すれば、来年1~3月にまず3千万回分が供給されるという。

 厚労省によると、ワクチンは原液を輸入するほか、国内メーカーに原液の製造を委託し、国内で供給するという。
(後略)



副作用で重篤な障害が発生し生涯苦しめられたり、死亡したりしても、製薬会社はただの1円も賠償しない「免責条項」が、販売契約に盛り込まれている。

Bubble indemnity: Big Pharma firms will NOT be held accountable for side effects of Covid vaccine
31 Jul, 2020 17:48
https://www.rt.com/news/496801-pharma-not-accountable-vaccine-effect/



製薬会社は利益なしで供給責任を果たす(数量を供給する)ので、それと引き替えに免責条項が必須となる。
https://uk.reuters.com/article/us-astrazeneca-results-vaccine-liability/astrazeneca-to-be-exempt-from-coronavirus-vaccine-liability-claims-in-most-countries-idUKKCN24V2EN



なお、ワクチン拒否派に対してはこのような仕打ちをすべく詳細を詰めているそうです。
コロナを口実にワクチンを強制摂取させたい勢力の動きその2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント