ドイツ内務省が衝撃の報告書 コロナは騒ぎすぎ 危険な病気ではない

報告書のタイトルは「危機管理分析」。全93ページ。内務省に任命された科学パネルが取りまとめた。執筆者は、省外のドイツの大学で医学を専門とする学者複数。

【要旨】
新型コロナの危険性は過大評価されており、通常のウィルスが及ぼす危険性を超えない。

新型コロナ死亡者は、基本的に終末期にある人たちで、私たちの身の回りを浮遊している約150種のウィルスに対する抵抗力をもはや失っており、コロナがなくても今年中に亡くなる予定だった。

2017/18年のこの時期のインフルエンザ死者が世界で150万人だったのに対し、コロナ死者は25万人に過ぎない。

新型コロナの危険性は、明らかに他の多くのウィルスと同程度である。

コロナ期間中の政府は、最大のフェイク・ニュース発信者であったと、将来批判されることだろう。



原文(ドイツ語)
https://www.ichbinanderermeinung.de/Dokument93.pdf



German Official Leaks Report Denouncing Corona as ‘A Global False Alarm’
May 29, 2020
Pozzati Daniele
https://www.strategic-culture.org/news/2020/05/29/german-official-leaks-report-denouncing-corona-as-global-false-alarm/

Germany’s federal government and mainstream media are engaged in damage control after a report that challenges the established Corona narrative leaked from the interior ministry.

Some of the report key passages are:

The dangerousness of Covid-19 was overestimated: probably at no point did the danger posed by the new virus go beyond the normal level.
The people who die from Corona are essentially those who would statistically die this year, because they have reached the end of their lives and their weakened bodies can no longer cope with any random everyday stress (including the approximately 150 viruses currently in circulation).
Worldwide, within a quarter of a year, there has been no more than 250,000 deaths from Covid-19, compared to 1.5 million deaths [25,100 in Germany] during the influenza wave 2017/18.
The danger is obviously no greater than that of many other viruses. There is no evidence that this was more than a false alarm.
A reproach could go along these lines: During the Corona crisis the State has proved itself as one of the biggest producers of Fake News.

So far, so bad. But it gets worse.

The report focuses on the “manifold and heavy consequences of the Corona measures” and warns that these are “grave”.

More people are dying because of state-imposed Corona-measures than they are being killed by the virus.

The reason is a scandal in the making:

A Corona-focused German healthcare system is postponing life-saving surgery and delaying or reducing treatment for non-Corona patients.

Berlin in Denial Mode. The scientists fight back.

Initially, the government tried to dismiss the report as “the work of one employee”, and its contents as “his own opinion” – while the journalists closed ranks, no questions asked, with the politicians.

But the 93-pages report titled “Analysis of the Crisis Management” has been drafted by a scientific panel appointed by the interior ministry and composed by external medical experts from several German universities.

The report was the initiative of a department of the interior ministry called Unit KM4 and in charge with the “Protection of critical infrastructures”.

This is also where the German official turned whistleblower, Stephen Kohn, work(ed), and from where he leaked it to the media.

The authors of the report issued a joint press release already on Mai 11th, berating the government for ignoring expert advise, and asking for the interior minister to officially comment upon the experts joint statement:

“Therapeutic and preventive measures should never bring more harm than the illness itself. Their aim should be to protect the risk groups, without endegearing the availibilty of medical care and the health of the whole population, as it is unfortunately occurring”

“We in the scientific and medical praxis are experiencing the secondary damages of the Corona-measures on our patients on a dialy basis.”

“We therefore ask the Federal Ministry of the Interior, to comment upon our press release, and we hope for a pertinent discussion regarding the [Corona] measures, one that leads to the best possible solution for the whole population”

At the time of writing, the German government had yet to react.

But the facts are – sadly – vindicating the medical experts’ worries.

On Mai 23 the German newspaper Das Bild titled: “Dramatic consequences of the Corona-Measures: 52,000 Cancer Ops delayed.”

Inside, a aeading medical doctor warns that “we will feel the side-effects of the Corona crisis for years”.

Shooting the Whistleblower. Ignoring the Message.

As Der Spiegel reported on Mai 15th: “Stephen Kohn [the whistleblower] has since been suspended from duty. He was advised to obtain a lawyer and his work laptop was confiscated.”

Kohn had originally leaked the report on May 9th to the liberal-conservative magazine Tichys Einblick one of Germany’s most popular alternative media outlets.

News of the report went mainstream in Germany during the second week of Mai – but already in the third week media and politicians alike stopped discussing the issue by refusing to comment upon it.

Emblematic was the approach taken by Günter Krings, the representative for Interior Minister Horst Seehofer – the whistleblower’s boss:

Asked it he would treat the document seriously, Krings replied:

“If you start analyzing papers like that, then pretty soon you’ll be inviting the guys with the tin foil hats to parliamentary hearings.”

Men in tin foil hats – Aluhut in German – is a term used to describe people who believe in conspiracy theories.

Indeed one article by Der Spiegel adressing the Corona protest movement and the consequences of the leaked report contained the word “conspiracy” no fewer than 17 times!

And no discussions of the issues raised by the report itself.

Outside Germany the news has virtually gone unreported.

The Protest Movement – or “Corona-Rebellen”.

Germans begun demonstrating against Lockdowns as early as April.

And thousands of citizens keep showing up at demos every week-end, even as the government is easing the restrictions.

The demos are not merely against restrictions, which have actually been comparatively mild compared to many other Western countries.

The demos question the entire Corona Narrative, and even more its principals, especially the role Bill Gates is playing, as the WHO second biggest donor (the first one since Trump suspended U.S. contribution).

Indeed the biggest such demos took place in Stuttgart on May 9th, where tens of thousands people assempled to say no – to the NWO.

Germans are saying no to any orwellian solution the government might one day impose out of a questionable “emergency status”, from mass surveillance Apps to mandatory vaccinations.

The leaked report has proved their fears to be well founded.

At least as far as the fake nature of the “Corona pandemic” is concerned.

The rest might soon follow.

賞与が3分の1「泣きそう」 医療者、コロナで待遇悪化

こういうのは微妙。戦争に対応していると思えば、「睡眠時間も削って通常の何倍も仕事したが、手取りは僅か」というのはよくある話。

そもそも、たいして死なない=危険度の低い病気を、大げさに「感染症だ、外に出るな、家にこもっておれ」と連呼していたのは医学会でしょ。言い出しっぺが生活に困ったという話に、下々の私たちが同情しないといけないわけ?当人たちが主張を変えれば、この状況は明日にでも変わる。

経済あっての医学・医療ですよ。その逆じゃない。全ての経済を止め、経済の力が落ちているときに自分達の収入が減ることは、当然じゃないですか?



賞与が3分の1「泣きそう」 医療者、コロナで待遇悪化
5/30(土) 18:39配信
朝日新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/319e921e5e4e3de0cc77d1a214989b93383db2fc

 新型コロナウイルスで、医療や介護の働き手の待遇が悪化している。感染対策のコストがかさみ、患者や利用者が減って、経営が揺らいでいるためだ。

■給料やボーナス、カットが続出

 一時金をカットせざるを得ない病院や施設も相次ぐ。国は医療・介護従事者へ最大20万円を配る予定だが、減収分を補うのは難しい。一部では雇い止めや、休みを指示する一時帰休などもみられ、雇用をどう守るかも課題だ。

 医療機関のコンサルティングを手がけるメディヴァによると、一般の患者が感染を恐れて受診を控える動きがめだつ。同社が全国約100の医療機関に感染拡大の前後で患者数の変化を聞いたところ、外来患者は2割強、入院患者は1~2割減った。首都圏では外来は4割、入院は2割減。とくにオフィス街の診療所では、在宅勤務の定着で会社員らの患者が落ち込む。

 メディヴァの小松大介取締役は、医療機関の経営が苦しくなると、医師や看護師らに影響が及ぶと指摘。「非常勤医師の雇い止めも出ている。夏のボーナス支給見送りを検討している施設も散見される」と話す。

 実際、看護師らの給料や一時金が下がるケースが続出している。日本医療労働組合連合会(医労連)が28日にまとめた調査では、愛知県の病院が医師を除く職員の夏の一時金を、前年実績の2カ月分から半減させることを検討。神奈川県の病院では夏の一時金カットに加え、定期昇給の見送りや来年3月までの役職手当の2割カットなどを検討しているという。

 医労連の森田進書記長は「職員の一時金1カ月分(月例給)はだいたい30万円。コロナ患者を受け入れている医療機関の勤務者には最大20万円が支給されることになったが、賃下げ幅が上回る可能性がある」と話す。

 職員の夏の一時金を、当初想定していた額の3分の1に引き下げる病院もある。埼玉県済生会栗橋病院(同県久喜市、329床)は、新型コロナの入院患者も受け入れている。短時間で結果がわかる検査方法も採り入れ、積極的に治療にあたっている。4月の病院収入は前年同月より15%減で1億2千万円減った。新型コロナの対応に集中するため、良性の腫瘍(しゅよう)の手術など急を要しない治療を延期している。受診控えもあって、4月に入院した患者は前年同月比25%減の450人ほど。1日あたり約600人だった外来患者は520人ほどまで減った。院長は経営環境について「つぶれるんですか、というレベルだ」と打ち明ける。

 看護師や臨床検査技師ら職員の夏のボーナスについて、感染拡大前に想定した額の3分の1にまで減らさざるを得ないという。コロナと向き合う職員らからは「泣いちゃいそうです」という声も上がっている。院長は「命を張って業務にあたってくれているのに申し訳ない。辞める人も出てくるかもしれない」と話す。



コロナ専門病院で働く「裏方」労働者の悲痛な訴え
幸田泉 | ジャーナリスト、作家
5/30(土) 11:30
https://news.yahoo.co.jp/byline/koudaizumi/20200530-00181033/

 新型コロナウイルス禍の4月半ば、大阪市の松井一郎市長は突如、大阪市立十三市民病院(大阪市淀川区)を「コロナ専門病院する」と発表。入院患者や出産予定者は急きょ、別病院に転院しなくてはならず対応に追われた。コロナ専門病院になることは事前に病院関係者に周知されておらず、現場では戸惑いが広がった。専門病院の設置は専門家からも評価する声が出ているが、十三市民病院で働くスタッフの話からは、医療現場の抱える矛盾が浮かび上がる。

■病院を支える裏方に危険手当はない
コロナ専門病院となった大阪市の十三市民病院=大阪市淀川区、筆者撮影

 昨年5月から十三市民病院で働く50代の女性は「重要なことが事前に何の説明もなく、テレビニュースで知らされる」と嘆く。5月22日には松井市長は「ワクチンが開発されるまでは十三市民病院はコロナ専門病院にする」との方針を示したが、これも病院関係者の多くは寝耳に水の話だった。「病院で働く人間のことを全く考慮していない。中でも直接、患者の治療には携わらない裏方の私たちは本当にないがしろにされていると感じる」

 この女性は、手術で使用するハサミやホルダーなどの医療器具を洗浄して滅菌する仕事をしている。まず、患者の体内に置き忘れなどがないかを確認するため、手術前と同様の器具がそろっているかチェックする。手洗いするもの、機械に入れて洗浄するもの、超音波を使って汚れを取るものなど器具によって洗浄方法が違い、食器洗いのような単純な作業ではない。「ある程度の専門的知識と経験がなければできない仕事。病院を支える裏方として誇りを持ってやってきた」と話す。

 十三市民病院ではこうした医療器具の洗浄をはじめ、寝具などの洗濯、院内清掃、事務、警備など医療行為以外の仕事は「すべて業務委託で行われている」と女性は言う。松井市長は4月17日、新型コロナウイルス患者を受け入れている大阪市立総合医療センターや十三市民病院の医師や看護師ら医療従事者に1日当たり4000円の危険手当を支給すると発表した。しかし、病院の裏方業務に当たるスタッフは手当支給の対象ではない。「どうして私たちに手当がつかないのか納得できない。トイレ、エレベーター、食堂、売店はみんな共有している。同じ病院の中で働いているのだから、誰にでも感染の危険はある」とし、さらに「看護師たちには研修が何度も行われているのに、裏方には何の研修もない。自分で考えて感染から身を守れということなのか」と憤る。

 4月後半、院内の警備員が体調が悪くなって保健所に相談し、検査で新型コロナウイルスに感染が判明したという話を聞き、不安は現実味を帯びた。寝具などの洗濯の仕事をしていた人は、「病室に入らなければならないのに、危険手当もないなんてやってられない」と辞めてしまったという。

■雨合羽を集めた松井市長は「ないよりまし」

 松井市長は4月半ば、医療現場でウイルス感染を予防する防護服が不足していることから、「使用していない雨合羽(レインコート)がある人は、大阪府、大阪市に提供を」と呼び掛けた。その結果、30万着もの雨合羽が集まり、マスメディアはこぞって美談として取り上げた。

 コロナウイルス禍を受けて結成された「コロナ生活補償を求める大阪座り込み行動」のメンバーは、「医療従事者を雨合羽で働かせるな」と訴える。雨合羽はウイルスが付着していると脱ぐ時に飛び散る危険があり、決して万全ではない。行政がやるべきことは雨合羽の提供を募るのではなく、一刻も早く感染防止用のアイソレーションガウン(防護服)をメーカーに発注するなどして医療機関に提供するべきだと主張してきた。

 5月11日、「コロナ生活補償を求める大阪座り込み行動」のメンバーが大阪市役所を訪れて医療現場の改善要望をしていたところ、5階の廊下で松井市長の記者会見に遭遇。「雨合羽で働かせないでください!」と訴えるメンバーに、松井市長は「なりよりましです」「仕事の邪魔をしないでください」と言い放ち、会見場からさっさと姿を消した。この対応に抗議したメンバーは怒り心頭だったところ、5月22日に吉村洋文・大阪府知事が記者会見で「大阪府市は雨合羽で治療しているというのはデマだ。医療物資は必要な供給量は確保できている」と述べたのが火に油を注いだ。アイソレーションガウンが入手できず、雨合羽で対応していた医療機関は実際に存在していた。それを「デマ」と言うなら、何のために雨合羽を集めたのか意味不明である。

 「コロナ生活補償を求める大阪座り込み行動」のメンバーは5月25日、大阪市健康局を訪れ、「大阪府市の首長は雨合羽を『ないよりまし』と言ったり、『医療現場では使ってない』と言ったり、ふざけるな」と怒りを吐露した。
大阪・梅田の繁華街で新型コロナウイルス禍の補償を訴える街宣行動=大阪市北区で、筆者撮影

 前述の十三市民病院で医療器具の洗浄をしている女性は「医療現場のことが分からない知事や市長の思い付きで現場は振り回されているし、同じ病院内でも医師、看護師らと私のような裏方とでは取り扱いが差別的だ」と話す。大阪府は4月末、「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」を創設し、5月25日時点で20億円を超える寄付が集まっている。吉村知事は5月12日、「新型コロナウイルスの感染者を受け入れた病院やホテルの従業員に、この基金から応援金としてクオカードを配る」と発表した。

 「新型コロナウイルス禍では、これまで業務委託で働く者はひどい扱いを受けてきたので、私たちは応援金の対象から外されるのではと思ってしまう。危険手当もなく、何の説明も受けられず、感染防止の研修すら受けさせてもらえない。これではクオカードだって『ないよりまし』と言いたい」

 この女性は10代後半から30年以上、ロンドンで生活してきたという。

 「ロンドンで今の大阪と同じことをやったら、絶対にストライキか暴動が起こっている」とコメントした。

トルコがシリア・ハサケ県の穀倉地帯に放火、小麦5トン、大麦7トンを焼失

動画
https://www.youtube.com/watch?v=hKj4o_6TOGI
関連記事



The fires affected almost 7000 hectares of wheat and barley fields in Hasaka
30 May، 2020
https://sana.sy/en/?p=192750

Hasaka, SANA_ Some 6600 hectares of agricultural land cultivated with wheat and barley in Hasaka province have been damaged by fires.

Most of the fires that erupted in the province’s western countryside have resulted from the acts of vandalism committed by the Turkish occupation and its mercenaries in that area with the aim of starving the farmers and putting more pressure on the Syrian government.

2500 hectares of the area affected by the fires were planted with wheat, while 4,100 hectares were planted with barley, Head of Hasaka Agriculture Directorate Rajab Salameh said in a statement to SANA.

These areas, he added, are located in the southern and western countryside of Hasaka.

5000 tons of wheat and 7000 tons of barley were destroyed as a result of these fires, according to Salameh

He urged farmers to implement specific safety instructions in order to prevent such fires from occurring.

ロシアが在シリアの空軍・海軍基地を拡張へ

先日、妙な人事が発表された理由は、これだったのですね。



Russian military, diplomats to negotiate agreement with Syria on more facilities & maritime access
29 May, 2020 17:27
https://www.rt.com/newsline/490172-russia-syria-air-facilities/

President Vladimir Putin ordered Russia’s defense and foreign ministries on Friday to hold talks with Damascus, with a view to Moscow obtaining additional facilities and maritime access in Syria.

A protocol could be signed to the agreement with Syria on deploying Russia’s air task force, which stipulates the transfer of additional facilities and water area to the force, according to the president’s instruction posted on the government’s legal information web portal.

The ministries were instructed to hold negotiations with the Syrian side and, upon reaching an agreement, sign the protocol on Russia’s behalf, allowing minor amendments to be made to the draft with the Russian government’s approval, TASS said.

Russia and Syria had earlier inked an agreement for a term of 49 years on deploying the air task force at the Hmeymim air base in the Latakia province. Russia, a close ally of Syria, also has a naval facility at Tartus, in the Mediterranean.

ミネアポリス黒人暴動 番外編 白人警官の妻は美人コンテスト優勝者 活躍する妻たち

【Yahoo Newsコメントから】前の記事
rai***** | 13時間前

NY在住ですが、Twitterを見ていると現地の人たちから、この暴動の発端はプロテスターたちではなく覆面警察が起こしている、という話が回ってきます。実際に白人の黒尽くめで黒い傘をした男性が、順番にお店の窓を割っていき、それをプロテスターたちが止めに入る動画が回っており、元妻によってどの警察官かも特定されているようです。真偽は不明ですが、警察側もプロテスターへの攻撃を正当化するために、窓を割ったり、建物を燃やしたりしているのかもしれません。アメリカの組織はそういうこと平気でするので怖いです。

Are WHITE SUPREMACISTS causing mayhem in Minneapolis? Minnesota governor says YES, citing unconfirmed reports and ‘suspicions’
30 May, 2020 08:49
https://www.rt.com/usa/490219-walz-minneapolis-white-supremacists-riots/

・・・元妻が「店の窓を壊しているこの男は、私の元夫です」と証言したのですね。元妻はどの国でも最強ですね(笑)。



システム破壊者 | 4時間前

主要メディアが全国ネットで取り上げる
あからさまな怪しい事件を鵜呑みにして
感情的になったり暴徒化するべきではない。

人種差別の歴史が刷り込まれているので
偽旗ひとつでこうも激しいものになる。
暴徒化すれば、国民側にも体制側の人間
が入り込み事を荒だてる事は香港を観て
いればわかることだろう。

暴徒化を始めた奴らの中にも焚きつけ
役として反政府側の人間が侵入している
かも知れない。巻き込まれないように。
感情煽られそうな時ほど、まず冷静に。

あの被害者が本当に死んだかどうだか、
皆んなは正確に確認することはできない。
あの警察官と被害者は、以前に同じクラブ
で働く同僚であったとの情報もある。

暴徒化する前に確認すべきことが沢山ある
よ。暴力は何も生まない。

・・・私が読んだ英語記事では、同市内にあって今は閉店したクラブの女性経営者が登場して証言。警官はクラブの屋外警備をしていて、殺された黒人は同じクラブの室内警備員だった。同じ時期に雇っていたが、シフトはそれぞれ別に回しており、両者の間に面識があったかどうかは承知していない。



HSM | 5時間前

フロイド氏死去10分後から暴動が始まったらしいですが、どうしてそんなに大勢の暴徒がその情報を得て集まることができたのか。

略奪者の大半は州外から来た者達だとミネアポリス市警トップが発表してます。
勘のいい方はこれでお分かりだと思います。

クライシスアクター
資金提供ジョージソロス

被害者のジョージ・フロイド氏とこの警官は元警備員として長い間同僚だったらしいですね。全身黒づくめの白人男性がオートゾーンという店のガラスを割って入り、放火したのが火災の発端だったと地元の目撃者が証言しています。



黒人を殺した白人警官の妻は、2018年のミセス・ミネソタ・コンテスト優勝者。殺人事件を受け、この妻は離婚を申し立てた(笑)。

Pageant queen wife seeks DIVORCE from Minneapolis cop charged with murder of George Floyd
30 May, 2020 11:39
https://www.rt.com/usa/490231-kellie-chauvin-cop-wife-divorce-george-floyd/

A week that saw Derek Chauvin play a disturbing role in the death of unarmed black man George Floyd has ended with the cop behind bars and now facing divorce proceedings as his wife seeks to have their marriage dissolved.

Lawyers for Kellie Chauvin have announced that the former Mrs. Minnesota has filed for divorce from the ex-police officer who was her husband for around a decade.

「あなたの立場でアタシの経歴を汚さないでよ!」
とでも言い放ったのでしょうか?縁切るの早っ(笑)。
5ed245b42030270cd513f8b7.jpg