サウジ石油施設へ無人機攻撃=親イランのイエメン武装組織

ふうん。サウジの大規模油田施設の周囲には計画的に複数の米軍基地が配置されており、ありとあらゆるレーダー、センサー、防御システムが24時間体制で稼働しているのに、どうやって攻撃できるのかね?

フーシー側が犯行声明を発表していることになっているものの、にわかに信じることができない。

サウジの石油施設を攻撃できるのは世界でただ一つ、米軍だけです

(2019/09/15追記)
事件の前、9日(月)に、ロシア中銀が、2020年の原油価格は25ドルにまで下落し得るという見通しを発表していた。供給面では米国のシェール・オイルを中心に供給過剰が続くのに対し、需要面では米中対立の影響で世界経済が低迷するから。それで、高油価が続かないと国家経済が成り立たないサウジがどのように対応するか注目されていた。

OPEC総会を開いて正攻法で議論しても、加盟国にとっては減産=歳入減少にしかならないから、なかなかまとまらない。

しかし、サウジ自身が施設を爆破するならば、話は違ってくる。特に今回のように生産量のきれいに半分をマーケットから消すことができればインパクトは大きく、油価はすぐ跳ね上がる。産油各国の歳入見通しは大幅変更。また市場から消えた油を穴埋めする代替供給源をどこに求めるかという議論も浮上するから、政治の議論も方向転換する。

爆破犯は、政治の流れを変えたい米国かもしれないし、サウジかもしれないし、近々実現するかもしれない米国・イラン直接交渉を何としても阻止したいイスラエルかもしれない。



サウジ石油施設へ無人機攻撃=親イランのイエメン武装組織
9/14(土) 16:11配信
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000062-jij-m_est
(火災現場の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=sz58GyPoY3o

 【カイロ時事】サウジアラビア国営通信によると、ペルシャ湾に近い東部アブカイクなどにある国営石油会社サウジアラムコの施設2カ所が14日未明(日本時間同日午前)、無人機による攻撃を受けた。

 サウジが内戦に軍事介入しているイエメンの反政府武装組織フーシ派が犯行を主張した。

 施設では火災が起きたが、既に鎮火されたという。フーシ派は系列メディアを通じ「サウジによる侵略と包囲が続く限り、今後も作戦を拡大させる」と警告した。



Russia Considers Possibility Of $25 Oil Next Year
By Julianne Geiger - Sep 09, 2019, 4:00 PM CDT
https://oilprice.com/Energy/Energy-General/Russia-Considers-Possibility-Of-25-Oil-Next-Year.html

Russia is considering the notion that oil prices may be as low as $25 per barrel in 2020, the country’s central bank said in its new forecast published on Monday, as cited by Reuters.

Russia’s Central Bank has forecast in its macroeconomic forecast that oil could possibly hit that low due to falling demand for oil and oil products worldwide, as well as from disappointed global economic growth.

The doom and gloom scenario was just one proposed by the bank. If that risk scenario actually materializes, Russia’s inflation could increase to 7% or 8% next year, on the back of falling gross domestic product to 1.5%– 2%.

Russia is perhaps uniquely positioned to withstand low oil prices, although $25 per barrel is pretty bleak.

One of the reasons why Russia is more impervious to low oil prices compared to its competition is that its currency weakens when oil prices fall. This provides some type of a cushion—at least to some extent—for its lower oil revenues. Russian oil companies can pay their expenses in this weaker ruble, but still rakes in US dollars for its oil exports. Further allowing it to withstand lower prices, are that Russia’s oil company’s taxes are designed to be less as oil prices fall.

So much so is Russia’s ability to adapt to lower oil prices, that it actually struggles with higher oil prices, which dent demand for its oil. Russia’s budget for 2019 was based on $40 oil. Meanwhile, Saudi Arabia needs $80—some say even $85—per barrel.

In August, Russia said its 2019 budget breakeven was at a Urals price of $49.20—the lowest breakeven in more than a decade. This has Russia and Saudi Arabia—colleagues in the current production quotas designed to rebalance the market—at odds, and likely working toward perhaps different goals.