長男殺害容疑の元農水次官「迷惑かけたくなかった」 川崎殺傷事件の影響

「悪かったのは私の周囲です。私自身は全く悪くないんです」というのは、役所に勤めて最初に身につける基本的な思考。皆さん、こんな言い訳を「そうだね。辛かっただろうね。市民で集まり減刑を請願しよう」と受け止めるの?

私なんかは、「出た~。役人が責任を息子に転嫁www」と思ったよ(爆)。
関連記事2



川崎殺傷事件の影響、供述 長男殺害容疑の元農水次官「迷惑かけたくなかった」
毎日
6/3(月) 11:15配信

 東京都練馬区の自宅で無職の長男を刺したとして元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者(76)が殺人未遂容疑で逮捕された事件で、熊沢容疑者が川崎市で児童ら20人が殺傷された事件に触れて「長男も人に危害を加えるかもしれない。周囲に迷惑をかけたくなかった」との趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で判明した。事件の数時間前には、近所の小学校の音を巡って長男とトラブルになっており、警視庁練馬署は動機を慎重に調べている。

 同署は3日、熊沢容疑者の容疑を長男の英一郎さん(44)に対する殺人容疑に切り替えて送検した。

 捜査関係者によると、英一郎さんの刺し傷は上半身を中心に十数カ所あった。また、自宅からは英一郎さんへの殺意をほのめかすメモが発見された。

 一方、元々別の場所に暮らしていた英一郎さんが5月下旬に実家に戻り、両親と同居を始めていたことも判明した。しかし熊沢容疑者は「長男は仕事もなく、部屋にこもることが多かった。家庭内暴力もあり、妻も暴力を受けていた」という趣旨の供述をしている。

 事件は1日午後3時半ごろ、熊沢容疑者が「息子を刺し殺した」と110番して発覚。英一郎さんは搬送先の病院で死亡が確認された。事件の数時間前、熊沢容疑者は「近くの小学校の騒音がうるさい」と腹を立てていた英一郎さんを注意しトラブルになっていた。【山本佳孝、最上和喜】

BSE問題で引責辞任、退職金8874万円満額支給、天下り…息子殺人容疑で逮捕の元農水次官

役所を退官したときの退職金が9千万円だったというだけで、それに追加して、天下り先から退職金をもらってるでしょ。事務次官まで勤め上げると、格も報酬額も高い天下り先を斡旋される。

普通のサラリーマンの退職金は、「退職時の月額基本給×勤続年数(20年とか)」だが、
天下りの退職金は、「月額報酬額×勤続月数(24ヶ月)」だからね。

2年ごとに2000万円もらえるとよく言われるが、月100万円で2年勤めると、月額報酬の2年分2400万円+退職金2400万円になる。かつ、それを何度も繰り返す。次官経験者なら、報酬額は当然高くなる。

もの凄~く控えめに見積もっても、退職後だけで2億円くらい当たり前に受け取っている(←こんな少額であるはずがないけどね)。家庭内に問題があったとしても、何かできたでしょう。ニュースを最初に見たときから、私はしらけている。

国民の皆さん、政府は増税すると言ってますよ。
関連記事



BSE問題で引責辞任、退職金8874万円満額支給、天下り…息子殺人容疑で逮捕の元農水次官
スポーツ報知
6/2(日) 19:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000198-sph-soci

 東京都練馬区の自宅で1日、長男(44)を包丁で刺したとする殺人未遂容疑で現行犯逮捕=後に殺人容疑に切り替え=された元農林水産事務次官・熊沢英昭容疑者(76)とは、どんな人物なのか。

 1943年、岐阜県可児市生まれ。東大法学部を卒業した67年、農林省(現農水省)に入省した。食品流通局や畜産局などで昇進を重ね、95年に畜産局長に。経済局長、農林水産審議官を経て、2001年1月に事務方のトップとして大臣を支える要職である事務次官に就いた。

 官僚のエリートコースを駆け上がったが、就任直後の2月、有明海のノリ不漁問題で諌早湾干拓事業の工事現場で漁業者が座り込みの抗議行動を断行すると「実力行使のような混乱した状態は残念だ」と発言し物議を醸した。さらに、同年9月に国内初のBSE感染牛が確認されると省内は大混乱に陥り、対応は後手後手に回った。同年6月の定例会見で「日本ではあり得ない」とし、危険度が高いとした欧州委員会の評価には「ぬれぎぬを着せられたようなものだ」と反論していただけに、責任追及の声が上がった。

 また、感染源となる肉骨粉の輸入禁止や供与禁止について、畜産局長時代の96年に専門家から指摘されながらも行政指導に留めていたことも発覚し、2002年に退官に追い込まれた。

 一方で、辞任に際して満額支給された退職金8874万円を全て受け取っただけでなく、業界団体に天下りしていたことが発覚すると、霞が関を揺るがす猛烈な批判にさらされた。

 その後、2005~08年に駐チェコ大使を務めた。