慰安婦問題、新たな基金創設を提案 半分朝鮮人の前原

さすが民主党。韓国に対応するときの、この迅速さと細かな気配り。国内向け政策は後回しで、増税一筋なのに。

責任がない日本がわざわざ設立した慰安婦基金を受け取らなかったのは、独立国・韓国の自由意思による判断。救済しなくてよろしい。生活に困っているというなら、困らせておけ。

そもそも、日韓の議題にすること自体が気にくわない。

親子3代が日本人でないと公務員・政治家になれない法律を作って、日本の政治から外国スパイをパージすべき。



慰安婦問題、新たな基金創設も視野 韓国外相と会談の前原氏
産経2011.10.10 17:02 [歴史認識]

 【ソウル=杉本康士】韓国を訪問している民主党の前原誠司政調会長は10日昼、ソウル市内のホテルで金星煥(キム・ソンファン)外交通商相と会談し、慰安婦問題について「人道的な観点から考える余地がないか、お互い知恵を出し合い静かな環境で議論したい」と述べた。韓国政府が求める慰安婦の請求権協議に関しては「政府の考え方は不変だ」と否定的な見解を示した。

 会談後の記者会見で前原氏は、平成19年に解散した「女性のためのアジア平和国民基金」を挙げ、「韓国政府は否定的な考え方をしているが、それは以前の話であって李明博(イ・ミョンバク)政権ではない」と指摘。新たな基金創設も選択肢になることを示唆した。

 金外相との会談では、前原氏は交渉が中断している日韓経済連携協定(EPA)の締結交渉について、李明博政権での締結を要請。金外相は「米国とのFTA(自由貿易協定)交渉が一段落するので実務的に余裕ができる」と応じた。また、李大統領の国賓としての年内来日に関して、金外相は「外交通商部(省)としても早く判断はしなくてはいけない」と答えるにとどめた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック