シリア中銀総裁:シリポンのレート安定が全てを物語っている

世界には五大陸あり、シリアには多くの取引先がある。シリアが吸う酸素を止めることができるかのように思っているのかもしれないが、シリア・ポンドの(対ドル公定レート)安定が事実を物語っている。

市中銀行の金利設定に幅を持たせ、各行に判断させるようにした結果、消費者は自分に有利な銀行を選ぶことができる。

シリポンの偽造紙幣が出回っているとの噂が広まっているが、銀行の各支店、各両替所に偽造対策の専任が常駐しており、もちろん中銀も対策を取っており、心配ない。

(注)公定レートは、危機前の47に対し、19日終値は49.67。闇レートは10月17日(月)が53.30、18日(火)が54.50(下落スピードが速い)。

1980年代のように、必需品以外の輸入に必要な外貨をブラック・マーケットで調達するよう政策変更したので、闇の対ドル・レートがドル買い・シリポン売りに傾いている。80年代の最悪は1986年だったと思うが、公定レート11に対し、闇レートは40台に乗せた。90年代に入り、公定の11を闇レートに合わせて47とし、今日に至る。



Mayyaalah: They are jealous of the stability of the lira, even if they could cut off oxygen to have done
http://thawra.alwehda.gov.sy/_archive.asp?FileName=31699465020111017223701
http://backupurl.com/6rm675
Tuesday 18/10/2011
Mazen Jalal Khair Bakk

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック