アラブ連盟外相会議の続報(その2)

前の記事

(1つ目)国内の反体制派いくつかが、外相会議の声明(決議)を歓迎。

(2つ目)外相会議前に、カタール首相兼外相がシリア代表を抜きにして開いた昼食会にて、カタールがシリアの資格停止を提案したが、アルジェリア、オマーン、イラク、レバノンが、シリアに対する内政干渉に反対し、サウジアラビアがシリアの資格停止につながるいかなる計画にも反対すると表明した。そのため、カタールは、提案を降ろさざるを得なくなった。

・・・シリアも外交的に孤立しているが、カタールの孤立も表面化しましたね(笑)。いろいろ頼まれるものだから、少しのぼせ上がって、アラブ連盟はカタールのための組織ではないことを忘れてしまったんでしょうね。

(3つ目)国内反体制派(共産主義)のカドゥリー・ジャミール「海外組は愛国的でなく、彼らと対話することに反対。シリア反体制派の名を汚す」。(笑)

政治解説者「イスタンブールで結成された国民評議会を促進する(に活動の場を与える)動き」。

(3つ目)ロシア専門家の話。アラブ連盟外相会議の決議は妥当だが、シリアの反体制派(海外組)は政府と真逆のことを主張しており、接点がない。決議を履行できる可能性がない。

国連安保理で、ロシア・中国の2ヶ国が、代替案を提示せずに拒否権を行使したことで、シリアへの内政干渉反対を明確にすることができた。

イエメン、バハレーンの内政も荒れているのに、シリアに対してだけ制裁措置を適用し、この2ヶ国を放置するのは、西側のダブル・スタンダード(二重基準)だ。シリアの反体制派海外組を支援し、バハレーンの反体制派を無視するには、ダブル・スタンダードが不可欠だが、それでは、シリアの他の反体制派、さらにはアラブ大衆の権利を保証できない。

シリア政府は実に難しい立場に置かれ、パニックに陥っている。政府は、アラブ連盟の案を受け入れないだろう。ロシアは徐々に立場の変更を余儀なくされ、シリア政府に迅速な改革を求めるため、制裁に踏み切る。

(4つ目)トルコ首相がアサド大統領に電話をし、国内で暴力が続いている件について「自重するように」と伝えた。またシリア駐在のトルコ大使がシリア首相と会談。



Internal oppositions welcomes Arab League statement
http://www.alwatan.sy/dindex.php?idn=110639
http://backupurl.com/2ecm9y
10/18/2011



Arab diplomatic sources in Cairo Syrian Arab relations would weave based on what happened at the Arab League
http://www.alwatan.sy/dindex.php?idn=110640
http://backupurl.com/73l525
10/18/2011

Likely Arab diplomatic sources in Cairo said that the re-spun Syrian Arab relations on the basis of what happened in the Arab League meeting two days ago.

Sources said the lunch banquet held by Prime Minister of Qatar, the Arab foreign ministers with the exception of Syria and the dispute has broad and sharp in some cases led to the decline in the Qatari demand for suspension of Syria at the Arab League and its Abolition.

The sources said that more than one Arab country defended defense fierce from Syria to prevent any external interference in its affairs, including the Sultanate of Oman, Algeria, Iraq and Lebanon when Saudi Arabia refused any project to suspend the membership of Syria forced the Qatari Prime Minister to withdraw the proposal and replace it with the Commission and the Ministerial and the need for dialogue between the opposition and established for the future of Syria. The source believes that the re-Syria weave relations with the Arab building on the attitudes of Arab States was established in the future to put forward projects for the restructuring of the Arab League, which, according to sources, are under the influence of Gulf specific trying to impose its will, but Sunday's meeting was enough to put an end to the ambition of «other» to impose his decision on all Arab countries.



Syrians show mixed reactions towards reservation over AL decision
http://news.xinhuanet.com/english2010/world/2011-10/18/c_131196717.htm
English.news.cn 2011-10-18 03:19:37



Erdogan relation with President al-Assad
http://www.aksalser.com/index.php?page=view_news&id=3e5a1fefc3c1f9e5ff6cd2ff67322c72&ar=544822087
Tuesday - October 18 - 2011 - 9:12:52

Conducted Recep Tayyip Erdogan, Prime Minister of Turkey, a telephone call Monday with President Bashar al-Assad in which he addressed the current situation in Syria.

A statement issued by the Office of Prime Minister Erdogan held a telephone conversation with the President urging him to "show restraint" and called for an end to the campaign of violence against demonstrators demanding reforms in Syria, according to the site, "the world."

The statement also added that a meeting took place between the Turkish ambassador in Damascus and the Prime Minister Adel Safar, where the ambassador expressed "deep concern and sorrow of Turkey because of the loss of lives of many confrontations in Syria."

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック