シリア:イドリブ県での石油パイプライン破壊事件の続報

前の記事。ようやくSANAが報道した。

犯行グループは、パイプラインに穴を開けて、中身を抜き取り、イドリブのSadcop(燃料販売会社)に売った。犯人多数を逮捕した。写真を見ると、地上に穴がいくつも開いている(パイプラインは地下を走っている)。

・・・(原油を持ってこられても、燃料販売会社は困るだろう。前回記事は石油としか書かれていなかったが、今回の記事ではdieselという単語が1回だけ登場するので、パイプラインは原油用ではなくディーゼル用で、泥棒がディーゼルを抜き取り、ディーゼル販売会社に転売したという意味なのだろう。よくわからん連中から商品を仕入れる会社も困りものだ。)

読者が書き込めるニュースサイトを見たら、「パイプラインの近くに住んでいるが、このところ毎晩武装集団がやってきて、何やら作業していた」という書き込みがあった。眺めてるんじゃねーよ。気付いていたら通報しろっつーの(笑)。

マーケットで品薄の商品を、運送途中に抜き取って高値で転売したということなら、外国スパイによる破壊行為というより、カネ目的の強盗の類なのかもしれない。治安が緩んでいるという意味では差はない。



A terrorist group armed assaults on the line to carry oil east Sracb Idleb and the competent authorities to arrest a number of saboteurs
http://www.sana.sy/ara/336/2011/10/17/376179.htm
2011.10.17

An armed terrorist groups used on the line to carry oil east of the hand Saraaqib in Idlib countryside and investigations revealed a branch fuel Idlib the presence of dozens of drilling, which targeted oil pipelines and the theft and destruction of its contents online in several locations.

The technical workshops in the branch fuel line to the rehabilitation and restoration of the holes caused by the act of vandalism was also able to the competent authorities of the arrest of a number of terrorists who attacked on the line and stole its contents and confiscated large quantities of diesel fuel stolen and handed over to the branch institution Sadcop Idlib.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • シリア:武装集団がホムスで石油パイプラインに発砲、炎上

    Excerpt: 内陸部デールッズールで産出した原油を沿岸のバーンヤースに運ぶパイプラインが、ホムス精油所の北西部で武装集団から攻撃を受け、炎上した。消防隊が駆けつけ消化した。原油は代替ルートで正常に流れている。前の記.. Weblog: 日々の感想 racked: 2011-12-09 09:14