シリア:公認政党第1号は「シリア民主党」

少し前に、書類を提出したり、問い合わせただけでは、法に基づき政党が認可されたことにならないという、当たり前のお触れが発せされていた(苦笑)。晴れて第1号の認可証を得たのは、Syrian Democratic Partyシリア民主党その2)。

この政党がどんな政党であるかについては、何も書かれていない。

追記)公式webpageを見たら、まず役員の名前が北っぽいなーと感じ、住所を見たら、アレッポのal-Jamiliyyahだった。この一等地に自社ビルを持てる(貸し事務所は法律で禁止されている)のだから、相当な金持ち集団。結局、こういう人たちが政治を動かしていくんですよ。画用紙にスローガンを書いて、田舎町で毎晩デモをしている集団は、何の影響力もない。

政治面では、戒厳令の解除など民主化を求める。

経済面は、国家統制を地下資源投資に限定し、それ以外は全て民間に任せる。自由主義経済を主張(アレッポの財界がバックにいることを示唆)。

教育面は、小中学校での政治プロパガンダ教育を廃止し、国歌と祖国神聖化のみに限定する。科学研究の結果だけを教えるのではなく、思考を教える。

司法面では、三権分立の徹底。判事を、政治志向と無関係に、弁護士会の各支部から登用する。裁判所の就職条件を高卒以上とし、職員の水準を上げる(笑)。(追記終了)



Parties law in place ... the first political party, complete licensing requirements
http://jamahir.alwehda.gov.sy/_View_news2.asp?FileName=31601893420111011214456
http://backupurl.com/6ttdh1
Wednesday 12 - 10-2011

Political reform in Syria is an important issue and an opportunity to stabilize the country and that the reform package announced by the President are going at an accelerated pace, including the law of parties, which put its implementing directives in place of what constitutes the law essence of the process of reform and a strong momentum for its comprehensive program, which reflects the consensus of the demands of the masses and their aspirations

As pointed out by Mr. Ahmed al-Kousaa Secretary General of the Syrian Democratic Party as the first party completed the required conditions for the establishment of the party after the issuance of the law the parties, the party have received number one from the Parties Affairs Committee Date 05/10/2011. . .

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック