シリア問題:フランスが変化? 反体制派に対話を呼びかけ

フランス外相がロシアを訪問。外電記事を読むと、それぞれ従来の主張を繰り返し、意見がすれ違ったまま終わったように思えるが、コピペ記事によると、フランス・ロシア両国は、シリアの全ての国内勢力が早期に対話を開始すべきであるという点で一致した模様。

対話するなと言っていた影の張本人はフランスなので、フランスが折れた?かに思える。恥ずかしさを隠すため、対シリア強硬姿勢をメディアに騒がせているのか?そういうことであれば、こちらの記事の意味がわかる。

なお、この日、ロシア外相とシリア外相が電話会談した。



Syria must start dialogue – Moscow, Paris
http://english.ruvr.ru/2011/09/07/55805205.html
Sep 7, 2011 17:03 Moscow Time

Russia and France oppose initiatives to isolate the governing regime in Syria. They also believe all sides in the conflict in that Arab country must start up a dialogue as soon as possible.

Foreign Ministers Sergei Lavrov and Alain Juppe were speaking about this Wednesday after emerging from Moscow talks. Lavrov warned of another Libya if the Syrian regime is deliberately ostracized.

Calls for and end of violence and a national dialogue are contained in a Russian-tabled Security Council resolution on Syria. The draft also says the Syrian government must be given time to implement promised reforms.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック