神戸市教育委員会が「我が国」を禁止用語に 民団スパイがマニュアル執筆

神戸市教育委員会が、市立学校の教員向けに配布するマニュアルで、なんと「我が国」という言葉を不適切用語に指定した。これは決定事項です。教育委員会は、マニュアルの編集委員に民団のスパイを任命していた。

在日は日韓地位協定に明記された「外国人」です。在日は、公権力を行使しない(=在日が物事の方向性や結論を決めない)という大前提で、下位の公務員職に採用されているだけです。それがいつの間にか、日本人より上のポストに任命され、日本人教員全体の言動を拘束する規則書を執筆している。

神戸市役所は、日本国政府の下部組織であるという基本を忘れ、大韓民国政府の支配下に入りました。「日本列島は、日本人だけの所有物ではありませんから!」というルーピー鳩山の発言が、まず神戸市で実現しました。

  • 世界には、「我が国」という言葉を禁止している国はありません。
  • 外国人団体ごときがこのような申し入れをするなど、外国ではありえないことです。
  • 教員マニュアルを外国人に作らせる国は、世界に1ヶ国だって存在しません。
  • ましてや、教員マニュアルを密入国者の子孫に作らせるなど、ありない失態です。

    在日とは、公文書を持たずに集団で裏口から密入国し、(個人としてではなく)民族として反政府暴動を起こし、今日に至るまで様々な治安事件を引き起こしている連中です。日本の未来を担う子供たちを、密入国者の子孫に預けることができますか?法を破った事実を反省せず、密入国者をかばう心を内に秘める異民族集団に、あなたの大事な子供を任せられますか?無理に決まってる。

    日本人が在日=密入国者の言動を規制することはあっても、その逆はありえません。密入国者に指導を受ける国など、世界に存在しません。役所のあらゆるポストから、在日を公職追放しなければなりません。保守派を挙げて、厳重抗議しましょう。

    神戸市長(メール・フォーム)
    https://www.ssl.city.kobe.lg.jp/cgi-bin/mayor/index.cgi

    神戸市教育委員会
    http://www.city.kobe.lg.jp/child/education/index.html
    (↑ページの一番下に、お問い合わせへのリンクあり)
    教育委員会の住所・連絡先
    〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所3号館8階
    電話:078-322-5760
    Fax:078-322-6145

    神戸市議会の議員リスト
    http://www.city.kobe.lg.jp/information/municipal/shikaikousei/kaiha.html

    関連情報:ここまでひどい「多文化共生」の売国性



    神戸市教委「指導手引き」改訂 編集委員に同胞教員ら
    http://megalodon.jp/2011-0223-2234-09/www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=14043
    http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=14043
    2011.2.23 民団新聞

     【兵庫】神戸市教育委員会は、外国人児童生徒の人権に配慮した教育を推し進めるための指針ともいうべき「在日外国人児童生徒にかかわる指導の手引き」を大幅に改訂した。今回の改訂は98年3月の旧版作成以来10数年ぶりのこと。市教委では近年、増え続ける「新渡日外国人」の増加や社会経済状況の変化に対応したと話している。

     今回の10年度版では、公立中学校教員の韓裕治さんをはじめとする在日外国人教育実践者・当事者などを編集委員に加えたのが目新しい。また、「兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会」など各団体から「排外を助長する」と批判されていた「我が国」「京城」などの「不適切用語」も是正した。

     教材例を見ると、多文化共生の視点から小学校低学年「生活」に韓国、ベトナム、インドネシアなど6カ国のジャンケン遊びを図解入りで紹介している。中学生向け「社会・総合」では、「私たちのまち『神戸』と在日外国人」のなかで川西市役所副主幹の孫敏男さんを取り上げ、一部自治体では外国籍者が管理職に就く道が開けていることを紹介している。

     各市立学校では新しい「指導の手引き」に則った具体的な取り組みが始まっている。
  • ブログ気持玉

    この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。

    気持玉数 : 500

    なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
    面白い 面白い 面白い 面白い
    ナイス ナイス ナイス ナイス
    ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
    かわいい かわいい かわいい

    この記事へのコメント

    神戸市民
    2011年02月26日 01:40
    「氏名」も禁止用語???

    ↓「第5次神戸市基本計画」(原案)に対する市民意見の募集結果について
    http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/masterplan/iken.html
    ↓意見募集の結果について(6ページ)
    http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/masterplan/img/kihonkeikakuiken_kekka.pdf

    (意見の概要)
    一部の団体が「『氏名』という表記は、
    氏を持たない韓国朝鮮人に対する差別である。」と主張しており、
    神戸市がその圧力に屈服して、学校現場を中心に「氏名」を「名前」に
    言い換える取り組みを進めていると聞いたが、
    法令(民法、戸籍法、住民基本台帳法等)で定められた用語を否定する
    行為であり、重大な問題である。

    (→意見に対する考え方)
    本市では、多文化共生の観点から、法令・条例等に基づく場合を除き、
    可能なものについては「名前」という表記を用いるなど、
    状況に応じた配慮を行っております。

    ・・・・「一部の団体」って、「兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会」???
    hibikan
    2011年02月26日 03:13
    これは、貴重な情報をありがとうございます。大阪・兵庫はひどいとは聞いていますが、密入国者の分際でここまで口を出すとは。反撃キャンペーンを張らないといけませんね。

    なお、「氏名」に関する指摘はPDFの6ページではなく、9ページ目でした。
    神奈川県民
    2011年02月26日 10:34
    神戸の日本人は何してんの?
    IWD1@PhotoshoP
    2011年03月01日 18:12
    【神戸市教育委員会に電凸しました】
    ①教師向け冊子に「我が国」禁止の文字無し
    ②市立学校の外国人生徒も差別なく接しなさいの内容
    ③在日団体からの圧力無し
    ④委員は全員日本人
    ⑤結論=ブログがデマでは?

    教員指導書の冊子は12年前からあるんですが、年数がたってきたのでそろそろ改訂しようということでした。
    外国人の生徒でも楽しく学べるようにという指導書です。
    担当者のおっちゃんは「同じような内容での電話が多くて困ってるんです」と言うてました。

    ブログのソースは「民団新聞」です。
    あの“息をするように嘘を吐く”韓国人の新聞です。こちらがそもそも虚偽記事だったのでは。
    ブログの筆者は抗議先を乗せてるけど、抗議や確認はしたのかなあ??
    hibikan
    2011年03月02日 06:06
    IWD1@PhotoshoPさん

    電凸、お疲れ様でした。ご報告いただいたことの「文字面だけ」を拝見して、それに対する私のコメントを申し上げます。

    (1)教員指導書に「我が国を禁止する」と書かれていなければ大丈夫という話ではありません。

    不適切用語に指定するということの問題点は、「我が国」という言葉を消し去った(その疑いがある)こと。特定の単語を使わないこと。また、日本人が遠慮する相手が外国人であるという点。

    公立学校は、日本人を育てる場所であって、外国人を育てる場所でありません。外国人には公立学校に通う「当然の権利」はなく、日本流の教育をそのままの形で受け入れるという大前提で、恩恵として通学を許可しているだけです。

    その公立学校で、小さな日本人が、外国人に遠慮して「我が国」と発言しないように、あるいは「我が国」という言葉を全く聞かないで時を過ごすとしたら異常です。

    教員指導書はその性質上、公開しない文書なので、私たちが簡単に実物を手にとって検証できないことも問題。検証とは、どのような立場の人がチェックしても「確かにそうである」と確認できる作業のことをいいます。

    受益者である民団が「そうなった」と言っているのですから、日本人の疑いが神戸市に向かうのは当然です。

    (2)は、差し障りのない役人発言。この発言を批判する人は1人もいないでしょう。

    (3)過去の各種事件を見ればわかるとおり、役人というものは「圧力があった」とは口が裂けても言わないので、信用できません。検証できないものは、全て信用できません。

    受益者である民団が「そうなった」と主張しているのですから、「確かにそうでない」ことが確認できるまで、電話口での役人の発言を信用するわけにはいきません。
    (続く)
    hibikan
    2011年03月02日 06:06
    (続き)
    (4)「全員日本人」と返事をいただいたそうですが、民団の認識は、在日が編集委員に参加したという認識である。(韓という名の人は帰化人なのかもしれませんが、民団は自分たちの延長と考えている。自分たちの仲間が編集委員の資格で作業に参加したことを誇示している。)

    民団新聞が嘘を掲載かもしれないことについて、私たち日本人は一切の責任を取らなくていいです。

    民団が被害者であることを主張しているとき、主張に嘘があったら、「あの民団がまた嘘を付いた」と嘲笑にし、日本人は安心すればいいです。

    しかし、今回のケースでは、民団は受益者・成功者であると主張しているのであり、私たちは(少なくとも私は)検証できるまで安心できません。

    (5)従って、5については、なお保留です。

    日本に力の空白ができたとき、在日は日本各地で暴れましたが、ご存じの通り、大阪と兵庫で一番激しい暴動を起こしました。ですから、役所が政治的圧力を受けていないはずがないのです。

    その良い証拠が、このページで一番最初にコメントいただいた方の報告です。神戸市役所作成のPDFにて、「氏名」という単語を極力使わないようにしていると白状しています。

    役所の書式と外国人が合わないときに、記入を工夫すべきは外国人であって、日本の役所ではありません。こんなことは世界共通です。

    私自身が先進国、途上国、言語も文化も異なる複数の国で滞在経験があり、また言語により氏名を構成する要素が多様であるという知識を持っていますが、外国人の分際で役所がどのような用語を使うべきが指図し、修正させたという事例を知りません。

    しかし、神戸市役所ではそうなっていない。世にも不思議な内部規則を作るメカニズムは何であるのか、思いをはせるべきだと思います。
    神戸市民
    2011年03月11日 01:14
    (1)在日団体の圧力はものすごい。兵庫在日外国人人権協会、兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会をはじめとした在日団体から、とんでもない要求を突きつけられているらしい。神戸市が「氏名」を禁止用語にしているのもそのため。
    (2)「韓裕治」で検索したら、彼が在日であることは明らか。彼は在日の団体の活動にも熱心で、学校の勤務時間中に「印刷物やホームページに氏名表記を用いている官公庁や公的団体」に対して抗議活動をしているらしい。
    (3)神戸市は同和団体(解同)と同じように、在日団体にも密室で吊るし上げにあっているらしい。情報公開請求してみたら面白いかも。
    hibikann
    2011年03月11日 03:41
    貴重な追加情報をありがとうございます。「兵庫在日外国人人権協会」「兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会」を今検索してみましたら、かなり活発に活動しているようですね。

    売国法案の一つである「外国人住民基本法」は、神戸市教育委員会が認可した在日系の財団法人が作成したものです。過激集団なのに、市が認可しちゃっているんですよ。

    「韓裕治」氏の立ち振る舞いは、地方公務員というより、外国政府のスパイ・活動家です。毎回食ってかかってくるから、周囲はやりくいでしょう。だから外国人を公務員にしてはいけないのです。公務員は国家を体現する仕事だから、外国人は公務員になれないというのは、世界共通のルール。日本政府は何を遠慮したんでしょうかねぇ?

    兵庫県と大阪は戦後一番荒れた場所だから、当時結んだヤミ協定書が沢山あって、役所は在日・部落に対して強く出られないはずです。在日はそれを知っているから、強い態度に出る。日本社会のガンです。

    彼らを排除するには、日本が戦争当事国になって思想統制する(締め付ける)か、夕張市みたいに財政破綻して全てを切り捨てるかどちらかしか方法がないと思っています。大阪の橋下さんみたいに財政改革しようとするのは逆効果。
    神戸っこ
    2011年03月23日 08:30
    神戸の服飾小売店や飲食店は在日の方が幅をきかせており日本人が逆に肩身が狭い思いをしてる様な気がいたします
    徒党を組み日本人に対しては差別感情むきだし、しかし利用出来そうならどんな嫌いな奴でもすり寄っていく様な奴ばかり裏ではボロカスですが。
    感覚や良識や道徳観としてかなりの違いやギャップを感じるので生活している中で出会うと簡単にわかります。
    経験からいって共栄共存は不可能だと感じます
    筋がね入りの厚かましさと品の無さ日本人は恥の文化があります
    彼らはそれが無い

    息をする様に嘘をつき立ち回る
    みんな知ってる
    でもめんどくさいからなあなあにしてる日本人も問題。事なかれ主義の日本人の性質をよく理解した上で大きな声で吠える。
    もうたくさんだ!!
    立ち上がろう日本人!!
    ここは俺たちの国だ!!!






    神戸市民
    2011年08月19日 00:33
    神戸市会会議録 http://wwwa1.city.kobe.jp:8002/
    2011.03.08 : 平成23年予算特別委員会〔23年度予算〕(総括質疑) 本文

    ◯委員(坊 やすなが)
    ・・・次に,教育委員会の関連であります。
     近ごろ教育委員会においては,従来使用しておりました氏名という言葉を使わずに名前という言葉を使うよう各学校長への指導を行っているとの話を仄聞をしております。なぜあえて名前という言葉へ変更する必要があるのか,私には理解ができず,このような指導には非常に違和感を覚えております。
     今,行財政改善等で今も選択と集中ということがありましたが,しないといけないことはたくさんあるはずでありますのに,わざわざしなくてもいいことを一生懸命やっているというふうに私たちの目には移るわけでございます。このほかにも,卒業式においては,従来は男女ごとの卒業証書を授与していたものを現在は男女混在で授与するという方法に変更している点など,わざわざなぜ変えるのかという違和感を覚える例はたくさんあるわけでございます。
     今後,我が会派においても,もちろん選挙を経てでございますが,もう1度議席をいただきましたら,この調査をしっかりと行いまして事実関係をただしていきたいというふうに思っておりますけれども,もしこういうことがあるのであれば,そういう余計なことに力を割くのではなく,給食費の未払い等そういう市民が望むようなことにしっかりと力を入れていっていただきたいというふうに思います。

    がんばれ、自民党!
    凡人
    2011年09月12日 14:36
    日本の公教育は日本人自身が日本を将来にわたって支えていく人材を育てる為のものです。
    外国人団体の圧力で出来た「マニュアル」等は全部無効です。

    Sakura
    2011年09月15日 22:40
    友人からこの記事を教えられました
    転載させていただきます
    とおりすがり
    2012年01月11日 17:55
    >市立学校の教員向けに配布するマニュアルで、なんと「我が国」という言葉を不適切用語に指定した。

    気になりますね。
    blog主さん、公文書開示請求されてはいかがでしょうか?。
    神戸在住じゃなくともできますよ。
    n_k
    2012年01月15日 09:38
    朝鮮人の民団もひどいけど
    そのワガママを突っぱねられずにここまで侵食を許した神戸の住民も問題だ。
    いままで何やってたの? といいたい。
    中部の人
    2012年01月23日 21:42
    神戸市民何やってる?大丈夫か?
    かけだし@川崎
    2012年01月29日 12:51
    はじめまして。私は全国屈指の在日タウン川崎にすんでいます。
    神戸がいろいろ在日にやられてることは動画やニュースで知ってましたが、これも酷いです。
    下記ブログにて拡散&凸依頼をさせていただきます。
    不都合ございましたらコメント欄からでも結構ですのでご一報ください。
    神戸も川崎も大規模除鮮が必要ですね。
    http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi
    文句言い
    2012年02月04日 16:01
    神戸市民はぼやぼやしないで
    声を上げて欲しい
    「お上品」だけでは済まされないですよ
    kakasi
    2012年02月10日 21:15
    そうだったのか!?だから川崎で仕事した時
    ガラの悪い下品なおばさんが多いなと思ったのは
    在の衆だったのか・・・・・納得
    憂国
    2012年06月06日 10:17
    こんにちは.貴重な情報有り難うございます. 差し出がましいようで申し訳ありませんが,神戸市長への手紙のリンクが,どうやら下記のものに代わった模様です.
    https://www.ssl.city.kobe.lg.jp/mayor/form_confirm.cgi

    この記事へのトラックバック