外国人登録における朝鮮と韓国の違い(1952年)

15-参-法務委員会-5号 昭和27年12月12日

○政府委員(鈴木一君) ・・・昭和二十二年(注:1947年)に外国人の登録を始めました際に、日本におきましては韓国という言葉はその当時使つておりませんので、全部朝鮮ということで統一して、国籍欄に朝鮮の人は朝鮮と書くようにということでやつておつたのでございますが、二十五年(1950年)の登録の切替のときに、たまたま大韓民国が日本にいわゆるミツシヨン、代表部を置くことになりまして、そうして大韓民国からの司令部を通じての曾つての要請で、大韓民国という国ができているのに、日本ではどうして朝鮮という名前を使うか、これは一つ韓国という字を使つてくれということで非常な要望があつたのでございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック