アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日々の感想
ブログ紹介
zoom RSS

シリア情勢:アレッポでゲリラが成果、ロシアが動揺、シリアは動じず

2013/02/18 16:03
残念ながら時間がないので、要点のみ。

FSAのIdreesイドリース司令官が米国に対し、3種類の軍事訓練、6種類の装備提供を要請。ここ数日、ゲリラがAleppoでJarraah空軍基地、第80防空基地、al-Thawrahダムを占拠し、アレッポ国際空港も陥落寸前である(注:という状況を受け、この要請を検討しても良いのではないか、とまでは明記していないが、そう言いたげ)。2月14日付け、David Ignatiusの寄稿。
http://www.dailystar.com.lb/Opinion/Columnist/2013/Feb-14/206366-as-rebels-gain-new-ideas-to-help-syrias-opposition.ashx

(軍事情勢の変化を受け、米国陣営のあちこちから、一時はなりを潜めたアサド退陣要求が、再び聞こえてくるようになった。)

2月17日付けでこんな写真が出回っていますけど。
緑が政府軍。赤がゲリラ。
左上の緑が、アレッポ国際空港+ナイラブ空軍基地。
画像

2月14日、Bogdanovロシア外務次官の話。シリア情勢が急速に悪化しており、国が分裂し、影響が国境の外に溢れる危険がある。できるだけ早く、サウジ、イラン、エジプトも参加する形で、国際会議を開くべき。(注:以前の語り口とは、随分異なる。)
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/607716/

同日、外務報道官の話。シリア国内情勢は悪化している。ゲリラ同士の衝突もある。対話に入ることが重要で、いつ・どこでという話は二の次。もし開催地としてモスクワがよければ、場所を提供する用意がある。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/607732/

(まもなくモスクワを訪問するシリア外相とNCSORF議長は、それぞれ相手方と面会する予定はないと発表した。政権と対話する用意を表明したNCSORF議長は、その後、内部の会議で吊し上げられ、アサド、および流血に関係した人物が残る政府とは対話しない点を再確認した。)



最近の情勢について、バアス党内部の見解は、概ね以下の通り。

米国陣営は、シリア国内の混乱が続けば、軍がアラウィー派とスンニー派に分裂するか、少なくとも軍部が大統領と距離を置くと想定していたが、いつまで経ってもそうならないので、次の作戦へ進むことができずにいる。執拗にアサド退陣と叫ぶのは、作戦が頓挫した焦りの現れ。米欧の研究者は、シリア内政の基本的な部分について理解していないようだ。

米国は、単にシリア国内の対話開始にとどまらず、ロシアとの外交的解決にまで言及している。米国にとっては、シリア問題を解決することが大事なのであり、時間を潰す目的で交渉開始を呼びかけているのではない。米国は弱い。

従って、3月末までに米ロ間で成立する外交の大枠に沿って、米国の下にぶるさがっている反体制派海外組は、前提条件なしの交渉に入ることを余儀なくされる。米ロ合意は、シリア人が国内対話で将来の体制について協議できるよう、外国干渉を一切排除する環境作りである。現時点では、海外組が、あれこれ前提条件をつけているが、実際に対話に入る段階で、前提条件は全て切り捨てられる。無駄なことをしている。

ケリー国務長官が、アサド大統領に退陣する必要性を悟らせたいと語った件について。普通は、外交で解決しない問題を軍事力に訴えるのであって、軍事解決はないと結論付けられたシリア問題について、外交でアサド退陣を説得すると発言するケリーは、馬鹿なのではないか(笑)。

アレッポ、ハサケ、デール県において、ゲリラが基地を占拠している。今後、この動きが激化することが予想されるが、外国籍、および武装解除して外国干渉否定を宣言しないシリア人ゲリラには、国内対話への参加権がなく、国内対話の内容と結論に何ら影響をもたらさない。従って、ゲリラの背後にいるカタール、サウジは、新生シリアに何の影響力も行使することができない。

ゲリラ戦に参加しているFSAは、少ない。死体を数えると、ヌスラ 5、FSA 1の割合。

戦死者の割合は、政府軍 1:ゲリラ 15。(注:だから政府軍は力を温存していると言いたいのか、苦しい言い訳なのか、不明。)

同胞団に政権を取らせたチュニジアとエジプトの両方が、現在大混乱している。同胞団は使えないとの認識が、広がっている。一般のシリア人にとり、反面教師になっている(笑)。同胞団政権は、シリア人が望むモデルではない。



ゲリラがアレッポ空港(市街地の南東すぐ外)周辺の防空基地を押さえている間、政府軍はどこにいたのかと思ったら、東郊外と西郊外で仕事をしていた。ようやく空港周辺に兵力を集めた様子だが、今から始めてどこまで挽回できるだろうか。

アレッポ市内では、2月14日から、Bab al-Nasrバーブン・ナスル攻略が始まった。今でも続いている。西のバーブル・ファラジュに戦車を配置し、東のバーブン・ナスル方向に戦車砲を撃ち込んでいる様子。現場を東西に走る大通り(の西側)で、これまでに市民6人が狙撃され死亡。繁華街にも弾が飛んできている。

バーブン・ナスルの内側のすぐ西にある、由緒あるシナゴーグ(1948年に破壊)を潰す形で攻撃しているのか、神経質に温存する形で攻撃しているのか、興味がある。



燃料、パン、小麦の値段が、この1週間で2割ほど下がった。ガスボンベの値段も、わずかだが下がった。流通が改善したようには見えない今の状況で、どのようにして供給を増やしたのか疑問。



2月15日。シリア国営テレビの映像。18:17から、南東郊外al-Shaikh Sa'eedで軍がゲリラを征伐、遺体の映像。18:53から、市内西部Salah al-Dinとal-Idhaa'ahで、政府軍支持デモ。久々に規模が大きく、大統領の写真を掲げる人も多い。「FSAは盗賊」と叫ぶ。
http://www.youtube.com/watch?v=6etZzRmW-G8



全体として、ゲリラがアレッポ空港に大手をかけたことで、米国陣営はupbeatし、ロシアは動揺したように見える。シリア政府は、最後は自爆攻撃して世界に迷惑をかける覚悟ができているので、で〜んと構えている。

政府軍は、これまでもアレッポの産業地帯を守る素振りすら見せず、悪意があるのか・ないのか不明だが、ゲリラが工場を壊すのを黙認していた。アレッポ市内は最低限の面積しか守っていない。

最近は、むしろホムス県の掃討に力を入れ、成果をあげている様子。

フリーゾーンを安全な地区に移転するという昨日の報道を見ると、政府はアレッポを半分見捨てており、むしろ交通の要衝であるホムスの守りを重視しているのかもしれないと感じる。

世の中が混乱したおかげで、軍にとり、アレッポとホムスのどちらが重要か、明らかになった形。軍が守らない都市には財界人は絶対に戻らないので、アレッポの復興は難しくなるだろう。アレッポが復興しないと、ホムス、ラタキア、イドリブ、ラッカ、ハサケ、デールの経済も、沈下したまま浮上しない。



2月13日、レバノン南部再建の仕事をしていた、イラン革命防衛隊幹部が暗殺された。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Feb-13/206372-a-senior-iranian-commander-reportedly-killed.ashx
ダマスカスからベイルートへ移動中に。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Feb-14/206467-iran-mourns-slain-senior-military-commander.ashx

2月16日、暗殺事件について、イスラエルに復讐すると発表。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Feb-16/206732-iran-vows-to-avenge-guard-commanders-killing.ashx

2月16日、暗殺された、レバノン南部再建本部長(革命防衛隊)は、アレッポで再建プロジェクトに参加していた。アレッポからダマスカスに戻る途中で(つまりシリア国内で)暗殺された。駐イラン大使が、イスラエルを非難。
http://english.irib.ir/news/political4/item/106872-%E2%80%98assassination-of-shateri-proves-tel-aviv-concern-over-resistance-movement%E2%80%99

彼は、この仕事をしていたのだろうか?
アレッポ大学空爆事件で破壊された学生寮9号棟が修復された。
この空爆事件の死者は400人を超えたそうだ(教会筋)。
画像



イランは、シリアが欲しいだけ小麦を供給すると語った。

2月16日。イスラエルは、ゴラン高原の検問所に運ばれた、負傷したシリア人7人のうち、5人をイスラエルの病院で治療したと発表。イスラエル戦略問題担当大臣は、負傷者が民間人か戦闘員かは明らかにしなかった。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/607910/
2月17日。治療した負傷者はFSAゲリラ。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/607977/
(公然と密接な関係を見せつけて、何をしたいのだろうか。)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 8


シリア:政治改革プログラム(英語全文)

2013/02/13 18:02
政治改革の手順を示した政治改革プログラムが、2月13日に配布された。(SANA記事、MS Word文書英語アラビア語



SYRIAN ARAB REPUBLIC
MINISTRY OF INFORMATION

The Ministry of Information in the Syrian Arab Republic extends to your Excellency all esteem and respect, while it encloses with this letter the statement of the Syrian Government in which it has ratified the mechanisms and executive steps of the Political Program launched by Mr. President Bashar al-Assad, President of the Republic, for solving the crisis in Syria in his speech dated 06 January 2013.

We hope to circulate this Political Program over all those concerned in the career of politics, information, press and television and workers in the diplomatic corps to enable them all be acquainted with the details of the Syrian initiative for politically solving the crisis under the leadership of Syria and with the participation of all Syrians keen on the future of their country.

With thanks and esteem.

Ministry of Information



THE GOVERNMENT STATEMENT
For Executing the Political Program for Solving the Crisis

Based upon the instructions of Mr. President of the Syrian Arab Republic to the Government to formulate the mechanisms and executive steps of the Political Program for solving the crisis in Syria, the Council of Ministers, in its two specific sessions dated 8 & 9 January 2013, states the following:

1) Ratifying the Political Program for solving the crisis in Syria (enclosed with this statement) which clarifies the tasks the Syrian Government is seeking to accomplish till adopting the National Covenant by the people, after agreeing upon it in the National Dialogue Conference, in a way guaranteeing stress upon political multiplicity and the basic principles related to the sovereignty of Syria, its unity, integrity of its lands, the unity of its people, denial of external interference and rejecting violence and terror of all forms.

2) Forming a ministerial work team under the presidency of the Prime Minister and membership of:

• Deputy Prime Minister for Economic Affairs;
• Minister of Transportation;
• Minister of Information;
• Minister of Industry;
• Minister of Justice;
• Minister of State for National Reconciliation Affairs;
• Minister of State for Red Crescent Affairs;
• Minister of State for People Assembly Affairs;

For implementing the tasks to be incumbent upon this Government in the enclosed Political Program.

3) Calling the regional and international states and bodies connected with the armed groups to cease financing, arming and sheltering them, and calling these armed groups to abide by immediate cease of violence of all forms for preventing bloodshed and safeguarding the homeland and its unity, sovereignty and independence, a matter facilitating the return of Syrians who have left because of such events to their original residence places; as soon as such armed groups and their supporters observe ceasing violence and all military supply operations, the military operations on the territories of the Syrian Arab Republic would come to an end, while the army and the armed forces reserve the right to defend themselves, the citizens and the public and private properties.

4) Calling the international society, with all its bodies, organizations and states, to support the political solution of the crisis in Syria, to combat terror of all forms, and to abide by implementing the related UN resolutions, including banning exporting arms to the terrorist groups and stop their financial, political and informative support.

5) Entrusting the Ministry of Foreign Affairs & Expatriates to carry out regional and international contacts for demonstrating this initiative, calling for its support and making consultations about the mechanism that could be applied for monitoring the implementation of the above-mentioned points, control of borders in particular, especially as the initiative has been based upon the principles and objectives of the UN Charter, the International Law and Geneva Declaration dated 30.06.2012.

6) Entrusting the specialized governmental committees to convene intensive meetings for speeding up the implementation of the necessary succor plans with a view to treating the consequences of events, especially repair of defects resulting from terrorist sabotage operations of utilities and rehabilitating infrastructures in energy, water and other sectors, securing consumer supplies, combating monopoly, controlling economic status and making decisions concerning the claims of people damaged by events and compensating them, as well as dealing with situations of those displaced inside and outside.

7) Entrusting the Supreme Relief Committee to provide humanitarian aids and facilitating their reach to eligible people in cooperation with local activity groups, civil society organizations and the concerned international organizations inside and outside Syria.

8) Entrusting the Ministry of State for National Reconciliation Affairs to provide support for the national initiatives launched in some provinces and circulating them over other provinces of the country.

9) Entrusting the Ministry of Justice to cooperate with other concerned bodies for taking the necessary actions for speeding up referral to the judiciary and taking decisions in suitcases under hearing due to the current events, setting free persons whose incrimination has not been proved and settling the situations of anybody handing in his weapon to the concerned bodies and not pursuing him due to that.

10) Calling the National Opposition inside and outside, all political parties, leaderships and trends and other Syrian society components to start open dialogues with a view to making preparations, along with the governmental team, for holding a National Dialogue Conference, after providing sufficient guarantees for persons wishing to enter into, stay in and leave the country without pursuit or detention.

11) Carrying out everything necessary for holding the National Dialogue Conference with a view to formulating the National Covenant pinpointing the landmarks of the constitutional and judicial system, and the political and economic features of the state.

12) As soon as the National Covenant is sanctioned by the people through a general referendum, the existing government's mission would come to an end, and an expanded government with wide executive powers would be formed, as per the constitution rules, representing the Syrian society components and entrusted with the task of forming a constituent assembly for drawing up a new draft constitution in implementation of what has been agreed upon in National Dialogue Conference, and then such a draft constitution would be put forth for people referendum for approval. Then the government would sanction laws agreed upon in the conference for completing issuing them in accordance with the new constitution; perform parliamentary elections based upon the new election law, followed by forming a new government, convening the National Reconciliation Conference and issuing a general amnesty for crimes committed during the events while preserving civil rights of the related persons.

The Government calls the great people of Syria with all its components to support this program and to earnestly participate in implementing it to save the homeland, protect its capabilities and guard it against encompassing dangers.



The Political Program for Solving the Crisis

Starting from the principles and objectives of the UN Charter, the International Law, the related UN resolutions and the Geneva Declaration issued on 30.06.2012 ascertaining the sovereignty, independence, unity and territorial integrity of the states and non-interference in their internal affairs, and believing in the necessity of dialogue among the Syrian people under the leadership of Syria, and for drawing up the political future of the democratic Syria on the basis of political multiplicity, and with a view to creating a safe and stable climate based upon ceasing all forms of violence, the Political Program for solving the crisis in Syria will be as follows:

Firstly- The Preparatory Stage:

1. The abidance of all territorial and international states and parties by stopping financing, arming and providing refuge for the armed groups;

2. The abidance of all armed groups by immediately ceasing all forms of violence;

3. The abidance of the army and the armed forces by ceasing military operations except in cases of defending themselves, citizens and public and private properties;

4. Finding a mechanism ensuring the abidance of parties by ceasing violence and control of borders;

5. Facilitating the reach of humanitarian aids to those deserving them;

6. Starting rehabilitating infrastructures and paying compensations to damaged citizens;

7. Providing the necessary guarantees for the Syrian citizens who have left because of the events, and facilitating their return through the border inlets;

8. Providing guarantees for all Syrian opposition movements to enter, stay and leave the country without pursuing or detaining them for the purpose of participating in the national dialogue;

9. Entrusting the Ministry of Justice to cooperate with other concerned bodies for taking the necessary actions for speeding up referral to the judiciary and taking decisions in suitcases under hearing due to the current events, setting free persons whose incrimination has not been proved and settling the situations of anybody handing in his weapon to the concerned bodies and not pursuing him due to that;

10. Carrying out extensive contacts by the Government with the national opposition, parties, all political powers and civil society bodies, including social, religious and economic bodies, to immediately start open dialogues for holding the comprehensive National Dialogue Conference.



Secondly- The Transitional Stage, starting after finishing the Preparatory Stage,
This includes the following:

1. The Government calls for holding a comprehensive National Dialogue Conference aiming at drawing up a National Covenant based upon the following:

a. Adherence to the sovereignty of Syria, and the unity and integrity of its lands and people;

b. Denial of all forms of external interference in the Syrian affairs;

c. Rejection of all forms of violence and terror;

d. Drawing up the political future of the democratic Syria and agreeing upon the constitutional and judicial system and the political and economic features on the basis of the political multiplicity and the rule of law, adhering to the civil status of the state, ascertaining equality among citizens irrespective of race, religion and ethnics, freedom of opinion, respect of human rights, combating corruption, developing administration, agreeing upon new laws for parties, elections, local administration and information, and other matters to be agreed upon in the conference.

2. Putting the National Covenant before people referendum for approval.

3. Forming an expanded government with wide executive powers, as per the constitution rules, representing the Syrian society components and entrusted with the task of forming a constituent assembly for drawing up a new draft constitution in implementation of what has been agreed upon in National Dialogue Conference about the constitutional and judicial system and the political and economic features of the renovated Syria.

4. When the constituent assembly finishes its work, the draft constitution would be put forth for referendum to be approved by the people.

5. After accrediting the constitution, such an extensive government would adopt the laws agreed upon in the Dialogue Conference as a preliminary step toward issuing them as per the new constitution.

6. Performing the parliamentary elections based upon the new election law and in accordance with the constitution rules.



Thirdly- The Third Stage:

1. The new government is to be formed in accordance with the new constitution.

2. The National Reconciliation Conference is to be convened with a view to restoring firm bonds among Syrian citizens starting from the nationalistic and ethical concepts that have characterized the Syrian citizen.

3. Issuing a general amnesty for crimes committed during the events, setting free detainees and stopping pursuing any citizen as a result of those events, while preserving civil rights of the related persons.

4. Completing and speeding up works of rehabilitating infrastructures, rebuilding and compensating citizens damaged by these events.
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 0


シリア情勢メモ 2月11日まで

2013/02/12 06:09
治安
【アレッポ県】
2月11日。武装集団が、北郊外Brad村にあるマロン派教会を襲撃し、破壊。マロン派総司教のシリア訪問直後。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-02/11/c_132164734.htm

【イドリブ県】
2月10日。Jabhah al-Nusrahが厳格なイスラムを押しつけるので、各地で地元民がヌスラに抵抗し始めた。ヌスラ司令官の一人を捕まえ、縛って、口に手榴弾をくわえさせ、ヒゲをそり落とした上で、送り届けた・・・などいくつかエピソードを紹介。AFP記事。
http://megalodon.jp/2013-0211-1500-16/goo.gl/cRE7Z

2月11日、Bab al-Hawaaバーブル・ハワー検問所のトルコ側で自動車爆弾。7人死亡、うち5人シリア人。30人以上が負傷。自動車15台が損傷。記事と動画。
http://www.aksalser.com/index.php?page=view_articles&id=cce95e7249315869a80a463aec523e44&ar=658223430
死者9人(うち4人はシリア人)が死亡。記事と動画。
http://rt.com/news/turkey-syria-explosion-bomb-932/
その他の動画



【反体制派・海外組】
2月8日、NCSORF議長がIsrael紙に語る。新生シリアは、イスラエルの敵にならない。武器をきちんと管理し、ヒズボラに渡らないようにする。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/02/08/466182.htm
(注:相手から何も引き出していないのに、相手が主張していることを、そのままの表現で発言するとは、「私は外国スパイです」と白状しているも同然。)

2月11日、NCSORF議長が、シリア政府との面会条件を変更。(1)逮捕者釈放→逮捕者リストの提出。(2)シリア北部の解放区での面会。

2月11日、NCSORF議長は、期限(02/10)が過ぎたが、政府と対話したいと語った。(基盤のない人物が、外国政府にそそのかされて政治家活動をすると、表面を取り繕うことばかりで、辛いですねぇ・笑)
http://rt.com/news/opposition-talks-syria-deadline-877/

2月11日、シリア政府のAli Haidar国民和解大臣が、The Guardian紙に語った。NCSORF議長と、外国のいかなる都市でも面会する用意がある。(現職大臣の自分は)EUの入国禁止制裁が適用されるが、ジュネーブが適当だと思う。(記者の書き足し:)議長の対話提案が、内部からの反対で潰されないよう、政府が助け船を出した
http://megalodon.jp/2013-0212-0338-11/www.guardian.co.uk/world/2013/feb/11/syrian-minister-meet-opposition-leader

2月11日の記事。NCSORFとSNC幹部が、ローマ法王との面会を求めたが、法王庁は、バチカンの見解は、マロン派総司教の見解(=対話による解決)から遠くなく、武力侵攻を叫ぶ者とは面会しない、と断った。レバノンal-Akhbarの記事。



外交:国際社会
【ロシア】
2月10日、国連代表の発言。米国が、シリア反体制派に武器支援していないと表明したからといって、シリアで起きていることと、武装集団の行為について、米国が免責されるわけではない。米国は、主に武器支援しているカタールに対し大きな影響力を持っており、厳格に方針を適用するならば、武器支援は発生しない。英語インタビューの書き起こし。
http://rt.com/news/churkin-syria-weapons-us-862/
(注:先日は、誰だったか高官が、米国は対シリア政策を変更すべき、と記者会見で語った。米ロの立場が、これまでと逆転した。ロシアが強気になっている。)

2月10日、プーチン大統領の発言。国際社会におけるロシアの地位は、外交力のおかげで高まった。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/02/10/466438.htm

【米国】
2月7日、ペルシャ湾を空母1隻体制に。予算削減の影響。
http://english.ruvr.ru/2013_02_07/US-reducing-war-ships-in-Persian-Gulf/

2月9日、Syria Belarus China Venezuela Iran Sudanの、軍事物資を扱う会社を制裁リストに追加。
http://www.aksalser.com/index.php?page=view_news&id=4dcd1c8dec9bda8432268e5b9304ce95&ar=999601403

【ブルガリア】
2月11日。先日ブルガリアが、爆弾テロについてヒズボラの犯行と断定した件について、ロシア人専門家のコメント。
米国の標的は、ヒズボラでもシリアでもなく、イランである。

最初シリアを標的にしてみたが、新生シリアの内政に、親欧米勢力を潜り込ませることができないことが、明白となった。そこで、親イラン勢力のうち、一番弱いヒズボラに標的を変えた。

米国は、2014年のアフガン撤退を前に、大中東構想の実現に躍起になっている。とはいえ、直接対決する勇気はないので、制裁強化と直接交渉呼びかけを混ぜ合わせて対処している。そしてその目的は、イランから同盟国と傀儡を奪うことである。
http://english.ruvr.ru/2013_02_11/Syria-Hezbollah-No-the-target-is-Iran/

【アゼルバイジャン】
2月10日。シリアのアルメニア人がNagorno-Karabakhに移住していることについて、アゼル活動家が懸念表明。
http://megalodon.jp/2013-0211-1514-59/todayszaman.com/news-306592-azeris-worried-about-presence-of-syrian-armenians-in-karabakh.html

【バチカン】
2月11日、法王が突然、退位を発表。健康上の理由。ロシア人専門家は、法王は名誉職でもあり、高齢で仕事ができなくなったからといって、退位しないのが通例。スキャンダルか、内部で評判が悪いのだろうとコメント。
http://english.ruvr.ru/2013_02_11/Benedict-XVI-quits-Vatican-confused/



外交:周辺国
【エジプト】
2月10日、エジプト紙複数が、同胞団政権崩壊は不可避との記事を掲載
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/02/10/466409.htm

【イスラエル】
2月11日付け。イスラエルによるダマスカス空爆に関する、ロシア専門家の解説。
大々的に報じられた割に、空爆の被害は小さく、死者は2人だけだった。

イスラエルは、ミサイルのヒズボラへの移転をしきりに警戒するが、ミサイルだけ引き渡しても意味がない。ロシア人かイラン人の専門家も一緒に移動する必要があるが、ロシアはそのようなことはしない。イラン人が死亡した形跡はない。

事件後、シリア政府は、反体制派とイスラエルの密接な関係を指摘し、批判した。反体制派は、事件について明確な反応は示さなかった。

これまでシリア批判の先頭に立ってきたトルコは、180度態度を変え、イスラエルを非難した。

爆撃前に、駐ロシアのイスラエル高官がロシア紙に語ったところによると、イスラエルはロシア政府に、近く力の行使をすると伝えた。この情報が、事前にロシアからシリアに伝えられた可能性がある。

イスラエルにとってのメリットは、(先の総選挙で議席を減らした)首相が、強い指導者を演じることができた。
http://arabic.rt.com/news_all_news/analytics/69272/
(注:シリア危機の方向性を変えるため、関係国が裏で連絡を取り合って実行したのだ、と言いたげ。)

【レバノン】
2月10日、避難民265,000人。UNHCRの話。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-02/10/c_132163427.htm

【トルコ】
2月3日、トルコ首相が、イスラエルによるシリア空爆を非難。同時に、イランは対シリア政策を再考すべきとも発言。
http://megalodon.jp/2013-0212-0256-56/todayszaman.com/news-305994-erdogan-slams-israel-iran-after-syria-attack.html

2月9日。軍上級幹部の15%が裁判。数百人が辞職。
http://rt.com/news/erdogan-turkish-army-beheaded-799/

2月10日付け。シリア危機に関係する各国が政策を修正したため、武力行使にこだわるトルコが孤立した。シリア人同士の対話を拒否しているのは、今やトルコだけ。ここで引くと、トルコが最大の敗者であることを認めることになるので、ムキになっている。しかし、トルコが拒否したところで、流れを変えることはできない。トルコの傷口を広げるだけである。親シリアの軍事評論家Ameen Hutaitの解説。
http://megalodon.jp/2013-0211-1556-09/thawra.alwehda.gov.sy/_kuttab.asp?FileName=88934307920130211015007

2月11日。Yurt紙。軍高官を次々に逮捕している首相が突然、病院に元副参謀長を見舞に行ったのは、シリア政策をはじめ各種政策の失敗が明らかになり、路線転換を図るため。事態が急展開する可能性がある。別の記者の見解。首相の見舞は偽善である。首相は、政府の各機関を隷属化し、21世紀のオスマン皇帝になろうとしている。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/02/11/466721.htm



【経済】
2月11日。CBS銀行が、3月から融資再開。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=67&id=34723

2月11日、電力大臣がインド代表団と会談。停電による国民経済の損失は218bilシリポン(1シリポン=1円)。インド代表団との会談で明らかにした。電力部門の死者81人、負傷者175人、誘拐29人。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2013/02/11/466696.htm

2月9日。アレッポ(市?)で賃貸の家賃が、危機前の水準に戻った。ハマー、ダマスカス郊外県でも家賃上昇。原文に詳細。(断水・停電なのに、5万円の家賃を請求されるのだろうか?)
http://megalodon.jp/2013-0210-2153-18/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=133009

2月9日、(ハマー県?)al-Ghaab地区(ハマー県ならば、西の山岳丘陵地帯)で酪農家が激減(数字なし)。エサ1袋が以前は600シリポンだったのが、今は2300に値上がりしたため。
http://megalodon.jp/2013-0210-2157-49/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132999

2月11日、自然災害救済基金が、タルトゥース県32村の農民440人に、13.5milシリポンの補償金を支払い。
http://www.sana-syria.com/ara/151/2013/02/11/466564.htm

2月8日、金職人協会がSaarji会長を解任。後任にGhassaan Jazmaati事務局長を選出。解任の理由は不明。
http://www.aksalser.com/index.php?page=view_news&id=03f16fcd3a0d5b3579ee1a3eb451e524&ar=746891739
2月11日、金細工協会が、新執行部を選出。前会長の不正行為について、2つの調査委員会を立ち上げ。
http://www.syrianow.sy/index.php?d=3&id=71495

【株価指数】
1月2日 769.3(最安値)
1月22日 789.8(一旦ピーク)
2月11日 773.56(その後ジリ安で、最安値に近づいている。)

【外国為替】2月11日付け
対ドル闇レート 94(注:危機前は47)
公定レート 80.95(注:2月5日に80の大台に乗せた。)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


シリア情勢メモ 2月8日まで

2013/02/10 04:13
治安
【ハサケ県】
2月3日、Tall 'Adas油田(ガス田?)をクルドYPGが占領。政府軍がいると、FSAから攻撃を受けるとの理由で、しばらく前からYPGが攻撃を仕掛けていた。増援が来ないので、兵士が逃げ出した。
http://www.kurdwatch.org/index.php?aid=2748&z=en&cure=1009

【全体】
2月8日、周辺国に毎日5千人が脱出。1月の避難民総数は、対前月比で25%増えた。現在、計70万人以上。UNHCRの報告。(注:政府は国民対話を呼びかけているが、実際には毎日5千人が逃げ出しているという皮肉。)
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/607216/

【アレッポ市】
2月5日、パスポート・オフィスが業務停止。パスポートに張り付ける透明シールの在庫がなくなった。陸路・空路でダマスカスから補充することができない。

2月5日、中央広場を取り巻く通りで、通行人が狙撃され、1人死亡。7日には3人死亡。ゲリラが周辺の建物に潜り込んだ。広場に行かないようにというお触れが、7日に発せられた。(注:早く片付けてもらわないと、危ない兆候になる。)

2月6日、政府軍が制圧したBustan al-Qasrの大通りに、国営テレビのカメラが入る。35:53から。51:58からは、Homs市内西端al-Inshaa'aatの賑わう商店街。
http://www.youtube.com/watch?v=0xOt7UJlEck

2月8日、al-Qaaturji(城の東)金曜礼拝後の反政府デモに、FSAアレッポ軍事評議会の幹部'Ugaidiが来て演説。(皆の間でこうして話すことができて嬉しい、みたいな差し障りのない挨拶に終始しており、特に変わった発言はしていない。こういうのが好き勝手に出入りしているということは、政府が管理できていないということ。)
http://www.youtube.com/watch?v=tBaGvY4Q82w

今回の収録期間、市内東部は放置プレーされているのか、好き勝手している動画がアップされている。北端al-Hullakはドンパチやっていて、住民が大挙して避難している大変な光景がアップされていた。市内西端の軍アカデミーすぐ脇で事件が発生したりしていて、あまり関心しない状態。電気・水道・通信は、相変わらず頻繁に切れる。Upbeatな報告はない。

政府軍は、東郊外al-Sufairah攻略を宣伝している。まもなくJabhah al-Nusrahに対し、大攻勢をかけるとのこと。

2月9日、国営テレビのニュース(現地時間の夜9時17分頃)は、入隊希望者で賑わっているアレッポの徴兵事務所を取材していた。出身地を尋ねていたが、Salah al-Din、Hayyaanなどだった。普通っぽく見える青年が多く、動画で見るFSA戦士の体格のほうが、がっしりしている。今から体力作りをするのに、何ヶ月かかるのかな?(苦笑)



【物価・流通】
パン不足が解消
2月5日、ハサケ県でパン不足は終わった。75シリポン。
http://www.sana-syria.com/ara/151/2013/02/05/465522.htm
2月8日、アレッポ市では この1週間で、パンの値段が200 - 250シリポン→100 - 125シリポンに下落した。アルメニア正教司祭の話。
http://armenpress.am/eng/news/707667/bread-shortage-not-so-urgent-in-aleppo-as-before.html

(注:ガソリン価格も、2月4日以降、少し下がった様子。ニュースを読んでいると、治安が回復したようには思えないが、価格が下がったということは、まとまった量の物資を輸送することができたということ。)



【体制派の現状認識】
2月6日、体制派の専門家Ghaalib Qindeelガーリブ・キンディールが、シリア国営テレビで話した。
米国のPetraeus CIA長官は、対シリア戦の陣頭指揮をとり、トルコ南東部に設置したテロ支援室と直接コンタクトしていたが、シリア戦に負けたので失脚した。彼にはいくつかスキャンダルがあるが、最大の失敗はシリア戦での敗北である。後任に指名されているブレナンは、対テロ戦の専門家であり、米国の政策の優先順位がテロ封じ込めに転換したことを示している。

クリントン国務長官も、シリア戦の失敗が原因で退任した。政界引退まで発表した。

新国務長官John Kerryは、アサド大統領と個人的に良好な関係を確立しており、米国が直接交渉するつもりならば、最適な人物である

(参考記事:ケリー新国務長官は、アサド大統領とこんなに仲良し。その1その2(日本語)

シリア軍の疲弊と経済破壊は、イスラエルを資する。

チュニジア、エジプトでは政治が混乱している。エジプトでは、同胞団に厳しい世論が向けられている。

イランの治安訪問団がトルコを訪問し、首相と会談。トルコ首相は、現在の情勢を受け止めるのに時間がかかっている。武器を送る側と、受け取るテロリスト側との調整に時間がかかる、と説明。

レバノン'Arsaal事件は、ハリーリーにブーメランが戻るだろう。
http://www.youtube.com/watch?v=jdkIe_LvIbA



Ghaalib Qindeel氏、2月4日の解説「破綻した対シリア戦」。マリ戦が始まったフランスでは、シリアの優先順位が落ちた。フランスとトルコは、米国大統領選さえ終われば、オバマが対シリア強硬姿勢に出るとの期待を有していたが、見事に裏切られた。置いてきぼりにされたトルコ外相は、国際社会の無関心をぼやくしかなかった
http://www.rtv.gov.sy/index.php?d=100244&id=113108



(2月12日15時追記
【内政】
2月7日、アレッポで県レベルの国民和解会議を開催。
http://www.sana-syria.com/ara/345/2013/02/07/465854.htm
動画。国旗の前で直立し、国歌斉唱から始まる。革命家の居場所はなさそうです(苦笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=BRQ6Iwah6Gs

2月10日。大統領が、内閣を一部改造。社会問題・労働省を2つに分割。名前リストと経歴。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/02/10/466206.htm
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/02/10/466201.htm
(追記終了)



【天然ガス】
1月27日。ギリシア沖海底油田・ガス田の権益をめぐり、米国、トルコが動いている。ロシアへの影響。

ギリシアの債務整理問題で、ドイツは、同国に融資する条件として、ギリシャ国営石油・ガス会社の民営化を要求している。ギリシア政府は会社を手放しても、権益の許認可権を有しているので、全くコントロールできなくなるわけではない。

ギリシャのガス権益の20%をギリシャが、20%をトルコが、60%が米国のNoble Energy社が分けるとする報告書もある。

Noble Energyは、イスラエル沖で海底ガス田の開発を行っており、またキプロス沖でも掘り当てた。クリントン元大統領は、Noble社のロビイストである。

イスラエルは、南キプロス経由でギリシャに海底パイプラインを敷き、EUに輸出しようとしている。
http://www.globalresearch.ca/the-new-mediterranean-oil-and-gas-bonanza/29609



2012年10月11日付けの長い文章。前半は読む必要なし。
シリアには、カタールに匹敵するか、それよりも大きいかもしれない天然ガスが眠っているとされる。

イラン・イラク・シリア・ガス・パイプラインは、イラン産とシリア産の天然ガスを、タルトゥースからEUに輸出するプロジェクトである。このプロジェクトが完成すると、カタールとトルコの立場が弱くなるので、両国は必死でシリアに干渉している。アサド体制が倒れれば、カタールのガス・パイプラインは、ヨルダン、シリア経由で、トルコまで延長される。

対EUガス輸出国としてのイスラエルは、競合相手となるシリア、イランがいないほうが都合が良い。ここに、イスラエルがシリアに干渉する理由がある。しかし、イスラエル打倒を叫ぶ同胞団の過激派が支配するシリアの登場は、イスラエルにとり困った事態になる。手加減が難しい。

もしアサドが生き残れば、シリアのガス開発でロシアが決定的な地位を獲得する。ロシア・イラン・イラク・シリアのガス権益が、ロシアの手中に収まる。トルコは既に、ロシア産ガスに依存している。

仮にこうなると、イスラエルの選挙結果次第ではあるが、イスラエルとイランの間で一定の和解が不可能ではなくなる。
http://www.globalresearch.ca/syria-turkey-israel-and-the-greater-middle-east-energy-war/5307902



【政府】
2月8日、中国訪問中のシリア外務次官の話。対話の呼びかけは無条件でなければならない。NCSORF議長に対し。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/607201/



外交
【ロシア】
2月9日。ロシアが、シリア政府と反体制派を説得中。シリア外相とNCSORF議長が、近くモスクワを訪問する。シリア政府は、反体制派の各派と個別に交渉し、合意が成立した地区から順に「非発砲ゾーン」に変えていくつもり。
http://english.ruvr.ru/2013_02_09/Russia-presses-for-a-negotiated-solution-to-the-Syrian-conflict/

【米国】
2月1日。アサド退陣を迫ったクリントン国務長官が去り、アサドが残った前の記事

2月2日、クリントンが任期中のシリア政策について、NYT紙に語る。アサド後を睨んだ反体制派の育成、アル・カーイダの台頭、ロシアとの関係など。自分は政治から引退する。
http://www.nytimes.com/2013/02/03/us/politics/interview-with-hillary-clinton.html?pagewanted=all

2月2日。クリントンは2012年、CIA長官と個人的に合意したうえ、シリア反体制派は将来シリア国内の対米協力者になるのだから、武装させるべきと大統領に進言したが、選挙戦への悪影響を恐れたオバマがその意見を採用しなかった。
http://www.nytimes.com/2013/02/03/us/politics/in-behind-scene-blows-and-triumphs-sense-of-clinton-future.html

2月7日、Panetta国防長官が、シリアの反体制派に武器を提供する考えを支持していたと語った。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Feb-07/205505-panetta-his-unit-backed-arming-syrian-opposition.ashx
http://www.nytimes.com/2013/02/08/us/politics/panetta-speaks-to-senate-panel-on-benghazi-attack.html?_r=0

2月7日、国務省報道官の話。ケリー国務長官とロシア外相が電話会談、シリア問題で相違を克服することで合意。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/607066/

【EU・イラン】
1月31日、欧州裁判所は、イランのBank Mellatに対する制裁解除を命令。
http://english.irib.ir/news/economy/item/105951-eu-court-annuls-ban-on-iran-bank-mellat
2月6日、欧州裁判所が、イランのBank Saderatに対する制裁解除を命令。EUは同行に対し、全ての損害賠償と裁判費用を支払う(笑)。
http://english.irib.ir/news/economy/item/106325-eu-removes-iran-s-bank-saderat-from-sanctions-list

(これはお笑いニュース。EUは一体何やってんだか。シリアも2年半裁判すれば、経済制裁を解除できるかもしれない。)



【アルメニア】
2月5日、SyrianAirがダマスカス、ラタキアとイェレバンの定期便を、この日から運行。アレッポ空港が閉鎖されたままなので、ラタキア便を追加。
http://armenpress.am/eng/news/707205/damascus-latakia-yerevan-regular-flight-due-february-5.html

【ブルガリア】
2月5日、2012年7月のイスラエル観光客殺人事件の犯人を、ヒズボラと断定。(注:ヒズボラは濡れ衣と反発。)
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Feb-05/205156-bulgaria-says-hezbollah-behind-deadly-july-bomb-at.ashx



【イラン】
2月5日、イラン大統領が、国交断絶後初めて、エジプトを訪問。
http://english.ahram.org.eg/NewsContent/1/64/64126/Egypt/Politics-/Irans-Ahmadinejad-is-kissed,-scolded-on-firstever-.aspx
イランがエジプトに融資を申し出。
http://english.ahram.org.eg/NewsContent/3/12/64171/Business/Economy/Iran-says-ready-to-lend-Egypt-muchneeded-funds.aspx

2月7日、カイロで開かれているOICサミットのかたわらで、イラン、エジプト、トルコ大統領が3者会談。イラン外相はMENAに、シリア政府は反体制派と交渉する用意があると語った。
http://rt.com/news/syrian-leadership-talk-opposition-605/
2月7日、イラン・エジプト接近を、サウジは快く思っていない。カイロで4者会談する話があったが、サウジはOICサミット終了後、さっさと帰国した。カタールは、未だに対シリア武力解決を目指しており、アサド政権の再浮上など考えていない。
http://megalodon.jp/2013-0208-1658-07/www.assafir.com/article.aspx?EditionId=2380&ChannelId=57242&ArticleId=721

2月7日、イラン外務省報道官の話。2月3日にミュンヘンでイラン外相とNCSORF議長が会談したとき、議長は、シリア安定のためイランが支援するよう要請した。
http://english.irib.ir/news/middle-east/item/106363-%E2%80%98khatib-urges-iran-to-help-stabilize-syria%E2%80%99



【イスラエル】
イスラエルによるダマスカス空爆事件の真相について解説する、シリアの記事。2月3日付け。

(注:これが事実なのか、プロパガンダ小説であるのか、定かではない。シリアの公式説明では、空爆されたのは車列ではなく軍研究所とされているので、シリア政府寄りメディアの中では、車列に対する空爆を認めた、珍しい記事に仕上がっている。)

先のダーライヤー戦で、イスラエルのモサド要員4人を逮捕し(注:1月27日報道)、取り調べの結果、イスラエルが、シリアの化学兵器貯蔵庫を攻撃する計画を持っていることが、明らかになった。イスラエル、フランス、トルコ、サウジ、カタールが年始に会合を開き、イスラエル軍とトルコ軍を国境地帯に集結させることでシリア軍を引き寄せ、ゲリラが活動しやすい環境を作り出すことにした。

ダーライヤー戦では、西側・湾岸アラブの軍人、パイロット、武器、資金、機材を逮捕・押収し、これら諸国の関与が明白となった。押収品の中には、イスラエル製の手榴弾の化学兵器があった。彼らはこれを使い、シリア軍が化学兵器を使ったと宣伝するつもりだった。

シリアとヒズボラは共謀し、イスラエルをだますことにした。軍研究所のあるジュムラーヤーとレバノン国境の間で、通常とは異なる動きをした。数日後、イスラエル政府は、シリアの脅威を語り、国民にガスマスクを配布した。テルアビブ市場の株価は、軍事作戦の2日前から下落した。

イスラエルは(日付不明)午後5時、レバシリ国境のSa'sa'サアサア村の上空に戦闘機4機を飛ばし、シリアの防空システムが機能していないことを確認した。ジャムラーヤー軍研究所の広場に駐車してある14台の車列を破壊すれば、毒ガスが溢れ、ダマスカスの人口の半分が死亡し、その結果シリア軍の精鋭部隊が消滅し、(化学兵器を理由に)トルコが軍事介入して、化学兵器貯蔵庫を占領し、ミサイル基地を破壊する。そして、武装ゲリラが全土を支配する。米国がなし得なかったことをイスラエルが実現し、地域で指導的な地位を確立する予定だった。

イスラエルは1月30日午前0時、空爆を実施した。毒ガスが拡散するよう、発火性の強いミサイル8発を発射した。イスラエルとその同盟国は、情報確認のため数時間待機した。ところが、火災は消火され、死者はわずか2人で、化学兵器の痕跡は確認されなかった。イスラエルは幻想を爆撃し、恥をかいた。

ゴラン兵力引き離し協定は終了したとみなされ、シリアは、適当な時期にイスラエルに対し報復攻撃をする権利を、合法的に獲得した。
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=6&id=25217



(イスラエル続き)
2月3日。アサド体制崩壊後、シリア領内に安全保障地帯を設置する案を、ネタニアフ首相に提出。匿名筋の話としてThe Sunday Timesが報道。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-02/04/c_132148341.htm

2月7日。ダマスカス空爆事件。Channel 2が、米国社から購入した衛星写真を分析し、Jumraayaa研究所は壊されていないと報じた。事件の2日後に撮影した写真と比較。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/607090/
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Feb-07/205387-research-center-sound-satellite-shows.ashx

2月7日、Saamir Iliyaas(レバノン人?)の分析。ダマスカス空爆事件後、イスラエル空軍機が毎日レバシリ国境上空を飛行し、シリアとヒズボラの間の輸送を監視している。事実上の飛行禁止空域ができており、将来小規模な衝突が発生する可能性がある。(注:記事全体は、イスラエルが長年実行したかったことが、シリア危機で全て実現した。それもシリア人自身の手によって・・・という内容。イスラエルが得したことが全て書かれているので、引用するのに便利な文章)
http://arabic.rt.com/news_all_news/analytics/69268/



【レバノン】
2月6日、Franjiyyah議員の話。'Akkar, 'Arsaalの事件について、al-Haririを非難。次期選挙で自身は出馬せず、息子に譲る。
http://www.syrianow.sy/index.php?d=2&id=71144
2月7日FranjiyyahがOTVで、大統領がフランスで法的問題を抱えており、弱みを握られていることが、彼の政治姿勢につながっていると語った。検察が、テレビ局に対し、映像コピー提出を求めた。大統領は、証拠を提出してみよと反論。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Feb-07/205450-prosecutor-requests-copy-of-franjiehs-comments-abo.ashx

(注:アサド残留が確定したので、この人も強気に戻ったのだろう。)

2月9日、マロン派総司教がダマスカス訪問。現地時間夕方に、国営テレビがミサを中継した。シリアで被災しているキリスト教徒および国民との連帯、平和回復を祈った。総司教のシリア訪問は、長年の懸案になっており、教会の中では大きな出来事。マロン派の信者も外国に流出している様子で、聖歌隊がわずか数人だった。

(2月12日15時追記
2月9日、マロン派総司教がシリア訪問。1943年以来70年ぶり。被災者との連帯、政治改革支持、平和回復を祈る。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/02/09/466336.htm
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/02/10/466326.htm
マロン派総司教がシリア訪問。就任したばかりのギリシア正教総主教も、一緒に来訪。
http://megalodon.jp/2013-0210-2142-40/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=133034
ミサをする前なのか、ホールで来訪者に挨拶している様子。末尾で、シリア国営テレビに語る。(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=rHMpF5o9Ajs
ダマスカスの教会でミサ。まず、15:05から先日選出されたばかりのギリシア正教総主教を取り上げる。マロン派総司教は16:09から。
http://www.youtube.com/watch?v=PrWqcZoz_30

2月10日、先日選出されたギリシア正教総主教が、ダマスカスの教会で、就任式。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/02/10/466397.htm
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/02/10/466370.htm
到着したときのニュース(動画)。
http://www.youtube.com/watch?v=_lv5uGmGddc
就任式(動画)。06:00から19:00まで。
http://www.youtube.com/watch?v=ZYoG0GPk5EM
総主教の説教。
http://www.syrianow.sy/index.php?d=34&id=71324
2月11日、アサド大統領がギリシア正教総主教と会談。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/02/11/466702.htm

2月10日付けal-Safir紙の記事。わざわざこの時期を選んだ、マロン派総司教とギリ正総司教のダマスカス訪問は、政治的メッセージ。「外から押しつけた改革は駄目」。
http://megalodon.jp/2013-0212-1433-49/www.assafir.com/Article.aspx?EditionId=2382&articleId=962&ChannelId=57280
同じ趣旨のSami Kulaib論説。
http://megalodon.jp/2013-0211-2119-47/www.assafir.com/Article.aspx?EditionId=2382&ChannelId=57280&ArticleId=963&Author=%D8%B3%D8%A7%D9%85%D9%8A%20%D9%83%D9%84%D9%8A%D8%A8
(追記終了)

【トルコ】
2月5日。アンカラ米国大使館爆破事件の犯人はDHKP/Cで、トルコ警察ではなく米国権益を狙ったということは、シリアが関与している可能性がある。検察出身のトルコ人評論家の話。
http://news.xinhuanet.com/english/indepth/2013-02/05/c_132152717.htm

2月8日。シリア人避難民向け支出総額600milドル。国際社会からの支援は35milドル(5.8%)に留まっている。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Feb-08/205614-turkey-says-has-spent-600-mln-on-syria-refugees.ashx

2月8日、大統領の話。シリア問題解決で大国が役に立たないので、地域諸国で解決すべき。カイロで開かれたOICサミットからの帰路で語った。
http://megalodon.jp/2013-0209-0229-41/www.todayszaman.com/news-306484-.html

2月8日。シリア人避難民数177,387人。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-02/08/c_132160558.htm



【経済】
2月4日、繊維工業公団、2012年輸出額の計画達成率は15%。国内売上は計画の57%
http://megalodon.jp/2013-0209-1602-33/goo.gl/IjpFP

2月5日。たばこ製造販売公社の2012年生産高は、計画の72%。生産額は計画の105.6%。原文に銘柄ごとの詳細。
http://megalodon.jp/2013-0209-1601-42/goo.gl/edbsO

2月6日、医薬品の5〜40%値上げを正式決定。
http://megalodon.jp/2013-0207-2138-58/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132953

2月7日、外国貿易大臣が、貿易金融を扱う民間銀行の新設に同意。政府が30%出資する。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=67&id=34683
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


シリア:政府軍に関する評価5つ

2013/02/05 06:42
2月3日。ロシアのニュース・サイトwww.nakanune.ruの記者が、最近ダマスカスから帰国した、モスクワ国立大学経済学教授で、ニュース分析サイトANNA編集長のMurat Musinにインタビュー。

政府軍の被害は、外国人ゲリラの被害よりずっと小さい。軍が道路を常時監視しているわけではないので、軍がいないときにやってきて襲撃するが、軍が近づくと逃げる。以前は、ゲリラが近づくと、軍は被害を小さくするため後退していたが、最近は、武装集団を全て排除する方針に変わった。

シリア危機が重要な転換点にある背景は、米国の外交方針が劇的に変わった点にある。イスラエル首相のようなタカ派が、オバマ政権から排除され、対イラン開戦に反対する人物が、CIA長官に任命された。彼は、別の国々でも米軍の存在を縮小することを示唆している。新国防長官も、ほぼ同意見である。オバマ政権の新しいメンバーは、総じて軍事解決より交渉を好む。

ただ、米国外交は戦術が変わっただけで、戦略は以前のままである。以前は、ロシアのガズプロム社に打撃を与え、アサド政権を軍事的に転覆し、南方のガス資源を欧州に届ける計画だった。最近の報道によると、そう遠くない将来に、イラン・イラク・シリアのガス・パイプラインを欧州に接続することで、米国・イランが合意に達した。そうなると、ガズプロムが打撃を受ける。

1期目のオバマ政権は、フランス、イギリス、カタールに、アサド政権打倒の軍事作戦を担当させた。前CIA長官が、作戦立案者である。しかし、これは実行不可能であることが判明した。

シリア正規軍は、静かに、しかし着実に外国人ゲリラを一掃している。だから、米国国務省は、シリア国内のワッハーブ集団への資金提供を止めた。今でも資金援助しているのはカタールだけだ。

シリアは、あと6〜9ヶ月間我慢しなければならない。大変厳しい期間となる。反体制派は今、自爆攻撃に頼っており、冬の燃料輸送ルートを混乱させている。人々からパンを奪い、政府に負担を強いている。春になれば、人々は表に出てくる。シリア当局は、このゲームをよく理解している。

1月6日の大統領演説は、素晴らしい演説だった。強者の立場から語っていた。内容は明確で、万人にわかりやすかった。人々は支持している。シリア内政への外国干渉の規模が、はっきりとわかるからだ。
http://arabic.rt.com/news_all_news/analytics/69257/



2月4日。レバノン人軍事評論家アミーン・フタイト氏(親シリアのコメンテーター)

ゲリラ支配地区が、16→8地区に半減。ゲリラ側の死者多数。米国の1月29日付け報告でも、ゲリラ支配地区が3週間で40%減少した。

この時期にイスラエルが空爆した理由は、
(1)地上での敗北が確実で、不可逆であるため、米国の政策の失敗を世界の目から隠すような話題作りが必要だった。あわよくば、シリアに反撃させ、話の流れを変えたい。

(2)イスラエルからの支援を見せることで、国内ゲリラの士気回復を図る。

(3)国内のゲリラ戦で負けた結果を、米国は簡単に受け入れないという意思表示。

イスラエルの空爆計画を米国が了承した(gives green light to)のではなく、米国にとっては実行しなければならない作戦だった。

今後の展望。
(1)シリアは挑発に乗らないから、米国の期待通りにならない。

(2)政府軍の士気には何ら影響はなく、ゲリラ掃討を着実に進める。

(3)シリアとヒズボラの(反米)抵抗運動は続く。

(4)ロシアは高い見地から行動し、ミュンヘンでの4者協議をひっくり返した。仰天した米国は、NCSORF議長をロシアへ派遣することに同意した。NCSORFは、アサド体制とは協議しない、国連憲章第7条を発動してシリアを武力制圧せよと叫んでいた組織である。

まとめると、イスラエルの空爆で、流れを変えることはできない。米国の期待通りにはならない。シリアの将来はシリア人が決める。(外国政府の手先にすぎず)自分の意見を持たないNCSORFに、居場所はない。
http://megalodon.jp/2013-0204-1554-08/thawra.alwehda.gov.sy/_kuttab.asp?FileName=89383590020130204013703



2月4日。The Guardian紙の取材。

Deir県の防空基地勤務だった人物の話

2007年にイスラエル空軍機が原発を爆破したとき、緊急連絡用の電話で、司令部から反撃するなと言われて仰天した。

記者の作文

直近のダマスカス空爆でも、シリアの防空システムは機能しなかった。シリア政府は、公式には、イスラエル機が超低空を飛行したため、レーダーで捕捉できなかったと説明しているが、NATOのレーダーはもちろん、レバノンの民間用の航空管制塔でも、攻撃態勢をとっている10機を捕らえていた

アレッポの話

ゲリラが12月に占領した歩兵学校は、主要な訓練所であったはずだが、設備は質量ともに低く、がっかりさせられる水準。敷地の内側に生えていた、これまで目隠しとなっていた木々は、暖房用の薪にするため切り倒された。シリア軍は中東最強というのは幻想だった。我々は恐怖心を植え付けられていただけで、実際には弱い。ゲリラにとり、恐いのは戦闘機だけ。
http://megalodon.jp/2013-0205-0544-08/www.guardian.co.uk/world/2013/feb/04/syrian-rebel-raids-military-strongholds



シリア国防大臣が2月4日、国営テレビで会見。(2月5日16時30分追加修正、6日01時30分追加)

イスラエルから空爆された件について

イスラエルは、シリア国内のゲリラに指示を出している。防空基地が攻撃されない日はない。設備を、本来あった場所から、安全な場所へ移動して稼働させている。そのため、カバーしきれない地域が発生した。イスラエルはその地域を知っている。

(注:こういう話をされると、かえって不安になる。)

事件について発した軍声明に、「しかるべき時期に報復する」という決まり文句が欠けていた点について。シリア軍はなぜ反撃しないのか、という疑問に対し。

シリア軍は、(イスラエルとつながった)武装集団と戦っているのであり、シリア軍が上げている成果に対し、イスラエルが反撃したのが、今回の爆撃だ。

(注:なるほど、このような解釈であったか。)

基地をゲリラに奪われたとする報道が相次いでいる点について

単に中継点として使っているだけの基地、基地防衛に人員を割くことができない基地については、日々の補給時に犠牲者が出るコストも考慮し、撤退している。主要な基地については、別の態勢をとり守っている。

電気、水、ガス、食料の供給が長期間止まっているとの苦情について

現在シリアが直面している危機は、いかなる対外戦争よりも難しい。軍の主任務は、ゴランでイスラエルと対峙すること、その他の国境も含め国境を守ることである。武装集団に対する対処は、基本的には軍の主任務ではない、基本的には。しかし、武装集団の規模が非常に大きい場合は、軍がそれらに対応する。

集落の一つ一つ、電柱の1本1本に部隊を張り付けることはできない。軍がゲリラを排除したあと、再び数人が地区に入り込み、体勢を立て直し、再び蜂起している。問題人物が地区に侵入したとき、住民は中立的な態度を取らず、勇気を持って武装集団に立ち向かってほしい。国家存立の問題、自分の家が壊されるという問題を前に、中立はないはずだ。

軍が問題地区に入ってから、安全宣言を出すまで時間がかかりすぎとの苦情について

軍は、ゲリラを一気に殲滅する手段を持っているが、それを使うと全てが破壊されてしまい、再建が大変になる。地区内にいる住民まで死んでしまう。

アレッポ大学爆撃事件について、軍が事情を説明する声明を発したが、諸外国のメディアが、その後も軍が爆撃したと報じ続けている点について

当時、アレッポ大学で試験をしていたことを軍も承知しており、軍が大学を空爆したということはない。

誘拐された軍人・兵士の扱いについて

殉職者に対しては、敬意を表する。規定に沿って処遇する(遺族恩給など)。誘拐された者について、犯人が接触してきた場合は、釈放を実現すべく交渉する。そうでなく、行方不明の状態が1年続いた場合は、殉職と同じ扱いとする。

ダマスカスのアル・ヤルムーク・パレスチナ・キャンプには、政府軍は決して入っていない。

・・・など。

http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/02/04/465499.htm
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/02/05/465506.htm
http://www.youtube.com/watch?v=5N4blc40HEc
http://www.youtube.com/watch?v=78-gNiw5xjw

(注:軍に寄せられている各種の苦情・疑問に答えている印象。)



(2月5日15時10分追記
イスラエルのダマスカス空爆に関してレバノン人(?)専門家アリー・リズクの話。

イスラエルが、シリアの化学兵器がヒズボラに渡ることを恐れているという話題は、重要だとは思わない。シリアからヒズボラへの物資搬送は毎日やっていることであり、今回重要なことは、イスラエルがトラックを特定した点である。多国籍のFSAとモサドの間に、諜報活動の連携ができあがっている可能性がある。

イスラエルは、アル・カーイダが支配するシリアを好ましく思っていない。アサドがいないシリアは都合が良い。アサドさえいなければ、イラン・ヒズボラのつながりを切ることができるからだ。イスラエルは、アサドを追放したいと考えている。

シリア危機について現状打開の展望が見えてきたと同時に、イスラエルが空爆したということは、たとえ米国・ロシア・イランが合意しても、イスラエル・カタール・サウジ・トルコ連合が、別の利害追及の観点から、妨害に入る可能性があることを示唆している。
http://www.youtube.com/watch?v=keg6SmJOZFs
(追記終了)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 2


シリア:意味もわからず「自由が欲しい」と答える子

2013/02/04 03:46
アレッポ市北郊外アアザーズで、ある一家を取材。母が小麦粉を手でこね、屋外にある釜で焼いている。その横で、幼い子供にインタビュー。シリア侵略に加担しているアル・アラビーヤの映像(2月1日アップ)。01:30から。
http://www.youtube.com/watch?v=f5AeGRkF_SY



記者:「なぜパンがないの?」
子:「(政府軍が)空爆するから、町中のパン焼き工場が閉まっている」。

記者:「何を思う?」
子:「悲しいのは、お兄ちゃんたちが死んじゃったこと」。

記者:「つらいね。どうしてそうなったの?」。
子:「自由が欲しかったから」。

記者:「あなたはどうしたいの?」
子:「自由が欲しい」(顔つきが怪しくなる。)

記者:「何で泣いているの?」
子:(言葉にならず、泣き崩れる。)
記者:「何で泣いているの?」(この記者、しつこい。)



恐らくゲリラとして戦っており、その場にはいない父親から、他人から質問されたら自由が欲しいと答えろ、と言われているから、そう答えているに過ぎない。自由の意味を理解したうえで主張しているわけではない。

「何が欲しい?」だけ見ると、相手の自由意志で答えさせている疑問文だと勘違いしてしまうが、そうではない。相手が「自由」以外の答えを返さないよう、圧力を掛けている。「何が欲しい?」「自由」が定型化されたやりとりになっており、相手に服従を強いている。人間の欲求は多様であるはずなのに、「自由」と答えない人はリンチされ、場合によっては殺される。自由シリア軍の支配地区は、実はこの上なく不自由であり、民主主義からほど遠い状態にある。

映像冒頭では、燃料が入手できないため、農家が、収入源であるオリーブの木を切り倒してしまった光景。ということは、この農家には、来年の収入がない。

トルコのスパイにそそのかされて蜂起してみたものの、トルコ政府は、責任を取るつもりなどサラサラない。子供たちは教育を受けず、貧困の坂道を転げ落ちていく。トルコ政府にだまされた。

アレッポの金持ちは、さっさと海外の別邸に避難し、子供たちに良い教育を受けさせている。政治の仕組みを知らない田舎者が立ち上がってみたところで、世の中の上下関係は変わらないのである。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0


遺伝子組み換え作物の安全性検査に欠陥。有害な遺伝子が出回っている

2013/02/03 00:34
欧州食品安全局による遺伝子組み換え作物の安全性検査に、人体に有害なたんぱく質をつくる遺伝子(Gene VI)の検査が抜け落ちていることが明らかにされた。指摘した学者は、市場に流通している遺伝子組み換え食品の全てをリコールする必要があると語っている。



Uncovered, the 'toxic' gene hiding in GM crops: Revelation throws new doubt over safety of foods

* EU watchdog reveals approval for GM foods fails to identify poisonous gene
* 54 of the 86 GM plants approved contain the dangerous gene
* Gene found in food for farm animals producing meat, milk and eggs
* Biotech supporters argue there is no evidence that GM foods are harmful

By Sean Poulter, Consumer Affairs Editor

PUBLISHED: 23:20 GMT, 21 January 2013 | UPDATED: 11:03 GMT, 24 January 2013
http://megalodon.jp/2013-0203-0023-47/www.dailymail.co.uk/news/article-2266143/Uncovered-toxic-gene-hiding-GM-crops-Revelation-throws-new-doubt-safety-foods.html
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0


シリア情勢メモ 2月2日まで イスラエル戦闘機がダマスカスを空爆

2013/02/02 22:52
治安
【アレッポ】
1月29日、市内Bustan al-Qasr地区を流れるQuwaiqクワイク川で、遺体多数が見つかった。当初48人と報じられたが、80人を超え、最終的に108人になりそうとの話。

al-Jazeerahの映像。
http://www.youtube.com/watch?v=rq6WCKiBXbo
遺体を水中から引き上げ、土手に並べている。RTの映像。
http://www.youtube.com/watch?v=plEyKHGhdDs
土手にずらっと並べられた遺体の映像。頭を拳銃で撃ち抜かれた遺体が多い。
http://www.youtube.com/watch?v=jnfiORZtnes
シリア国営テレビのニュース映像。少し上流にあるキリスト教徒の高級住宅地でインタビューしている、的外れな取材。水量が少ないから、政府軍が支配している上流で投げ込まれた遺体が、現地まで流れ着いたのではない、遺体は現地で捨てられたと主張したいらしい。
http://www.youtube.com/watch?v=pkjUtjYnQ6c

反体制派は、政府軍が虐殺したと発表。政府は、殺されたのは数ヶ月前から誘拐されていた人たちで、やったのはJabhah al-Nusrahと主張している。

この地区は長らくヌスラ戦線の拠点だった。私が気付いた範囲では、8ヶ月前の2012年6月4日に、黒い覆面をした男が地位を確立していた。(リンク先を「黒い覆面」で検索。)

政府軍は、このところBustan al-Qasrの表通りを制圧しつつあり、ちょうど虐殺事件の前日には、Bustan al-Qasrと東隣al-Kalaasahの両地区を管轄する警察署を、半年ぶりに政府軍が奪還した。追い詰められたヌスラが、処理に困った囚人を殺したという説も考えられるが、個人的には、遺体の多くが、両腕を後ろ手に縛られており、頭を撃ち抜かれているので、典型的な情報部の手口かな〜と感じている。地区の新しい支配者が誰であるかを示した。

見せしめとして儀式的な殺し方をし、遺体をさらすのは、アラブ世界、地中海沿岸(イタリアのマフィアなど)ではよくある光景で、珍しいことではない。レバノン内戦のときは、余計な記事を書いた記者が誘拐され、遺体で発見されたが、くりぬかれた右目が、左手に握られた状態でポケットに入っていた(注:見てはいけないものを見たことに対する制裁)とか、右手の指の骨が全部折れていた(注:余計なことを書いたことに対する制裁)などという話がある。

サミール・ジャアジャアのLF(エリー・フバイカの時だったかもしれない)は、50人くらいを誘拐し、殺さなかったが、両耳を切り落としてAUB病院(アメリカン大学)に送り届けた。病院はすぐに縫合手術をしようとしたが、耳100個が混じった箱から、一人ずつの左右の耳セットを組み合わせるのに苦労したなどというエピソードが転がっている。

話を元に戻すと、土手なら米国の軍事衛星からよく見えるし、Bustan al-Qasrのヌスラはこれで退治しましたよ〜、というシリアから米国に対するメッセージだったかもしれない。

素朴そうに見える住民が、凄惨な現場を見ながら、誘拐された身内だと語っている点は、あながち嘘ではないだろう。過去にテレビで自白したテロリストが、脅迫されたり誘拐されてゲリラ組織に加入したと語っている。今回は、一家で13人死亡したというケースもある。お気の毒だけれども、今のような政治状況下では仕方がない。



1月28日、重要な政府機関多数が集まっている、中央郵便局裏al-Jameeliyyah地区に、武装集団が殴り込みをかけ、地区内の睡眠細胞も表に出てきて威嚇したため、パニックに陥った。軍隊が出動して鎮圧。

2月1日、アレッポ南西郊外al-Shaikh Sa'eedに、武装集団多数が侵入し、住民を追い出した。数日前に政府軍が押さえたばかり。

アレッポ空港については、1月29日付けで、空港の全方角を制圧したという情報が入っている。そんなことをしたところで、対空砲が届かないほど広い面積を制圧しないかぎり、運行再開にはつながらない。昨日もキリスト教徒地区に砲弾が飛んできたというような状況では、再開は無理そう。



ゲリラも結構立派なIDカードを持つようになった。
左がFSA系列のIDカード、右がヌスラ戦線系列のIDカードと旗。
画像 画像



【他県】
ハサケ県
2月1日、Ra's al-'Ainでは、停戦が48時間続いている。トルコが検問所を閉鎖し、ゲリラの帰還を禁じている(シリア国内で死ねということか?)。ゲリラは徐々に町から出ると言っている。破壊した車両の中に、トルコのナンバープレートを付けた、トルコとフランスの救急車があった。

トルコ正規軍の関与なしに持ち込むことが
できない戦車が写っている。1月28日。
シリア内戦ではなく、トルコによる対シリア侵略戦争。
画像

クルド活動家の話。トルコがムスリム・ゲリラを送り込み、まずアラブ地区を占領。クルド地区には入らないことで合意が成立していたが、それに反して侵攻してきたため、追い出した。トルコ政府は、国境に沿って10km圏のベルトを作ろうとしており、今後も侵略を止めないだろうが、シリア・クルド人は、トルコ勢力を排除する決意ができている。ハサケ県で政府が押さえているのはアル・カーミシリーだけ。他からは撤退した。

イドリブ県
1月24日、Binnishビンニシュ(イドリブ市を出てすぐ東にある小さな町)。Jabhah al-Nusrahが、マリのムスリムと連帯し、フランスを批判するデモ集会を開いている。フランスを繰り返し罵倒している。
http://www.youtube.com/watch?v=RZlE37QHrSk

ダマスカス郊外県
1月28日、東郊外にいるゲリラとの投降交渉が70%終了した。



ヌスラ戦線は米国人の組織?
1月28日。イギリス紙記者の取材。Jabal al-Kurudで出会った戦士は米国なまりだった。こんな山奥で米語を聞くとは思いもしなかった(笑)。ヌスラは、キリスト教徒は殺さないし、教会もなるべく破壊しないようにしているが、アラウィー派はつかまえて殺す。(注:この人の宗教はユダヤ教かもしれない。)
http://megalodon.jp/2013-0130-0108-31/www.guardian.co.uk/world/2013/jan/28/war-syria-mountains



【反体制派・海外組】
1月30日、NCSORF議長が声明発表。(1)囚人16万人が釈放され、(2)海外在住シリア人のパスポートを少なくとも2年間延長(再発給?)すれば、カイロ、チュニス、イスタンブールにいずれかで、政府高官と面会する用意がある。シリア人(反体制派)への支援が不足しており、これ以上の侮辱に耐えられない。支援を約束しておきながら、全く提供しない国がある。戦場へ行けと言うが、戦闘の途中で見捨てる人々がいる。ソファーに座りながら、攻撃しろ、交渉するなと言う人がいる。(←外交の舞台裏を暴露してくれた。)

SNCが直ちに反発。NCSORFは、犯罪体制とのいかなる交渉も拒絶しており、彼の声明は、NCSORFの立場を表明していない。

議長は、先ほどの声明は個人的なもので、31日に改めて公式の立場を表明する、と釈明。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-30/204326-khatib-says-ready-for-dialogue-with-assad-regime.ashx
05 Russia0131 外務報道官の話。NCSORF議長の、政府と対話する発言を歓迎。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/606526/
02 NCSORF0201 議長が発言を撤回。いかなる対話も、アサド退陣なしに行わない。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/606553/

(シリア人専門家の話いくつか)
米欧が政治解決を急いでいる。米欧は、軍とバアス党を解体したあとイラクが混乱した失敗を繰り返すことを恐れており、シリアのイラク化を防ぐため、NCSORFを見捨ててでも政治改革の話をまとめたいと考えている。NCSORFは見捨てられるという焦燥感にかられており、広く反体制派の間にも、誰が反体制派を代表してアサドと交渉するのか、という問題が浮上している。あちこちで会議が開かれているが、反体制派のスタンスはまとまらない。

EU(実質的にフランス)はNCSORF議長を推しているが、米国が拒否している。議長が体制との対話を示唆したことで、米国が彼を受け入れる道が開かれた。ロシアも、前向きな姿勢が見えると評価している。3月に予定されているプーチン・オバマ会談を前に、二国間で調整が進められている。

ミュンヘンでは安保会議が開かれており、その舞台裏で、米国バイデン、ブラヒミ、ロシア外相、NCSORF議長の4者協議が開かれるという情報が、米国筋から流されたが、即座にロシア外相が否定した。

米ロ間には、シリア問題のほかに解決しなければならない懸案が山積みであり、金融危機に対応しなければならないオバマ大統領には、面倒な問題に関わっている暇はない。ロシアがスタンスを変えた、あるいはロシアはスタンスを変えなければならないとする情報が、執拗に米国筋から流されるのは、米国政府に余裕がないことの表れである。

ミュンヘンで、ブラヒミが、米国バイデン、NCSORF議長、ロシア外相と個別に会談するが、急遽4者会談が開かれる可能性は否定されていない。



外交:国際社会
【ロシア】
1月30日、Lavrov外相の発言。ジュネーブ合意に明確化・(追加)説明は必要ない。ロシアは、危機の包括的解決を探っており、体制転覆ではない。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/30/464604.htm

1月30日。シリア沖海軍演習の意味は、ロシアが未だ超大国の一つであり、アサド政権は正当で、米欧による一方的措置は許さないというメッセージ。ロシア軍事専門誌編集者の話。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/606436/

【米国】
1月28日。オバマ大統領が、対シリア政策で頭を悩ませている。(本人インタビュー)
http://www.undispatch.com/obama-expresses-uncertainty-on-syria-intervention-but-heres-what-the-usa-can-do

2月1日、ヘーゲル次期国防長官の発言。シリア反体制派への武器支援を支持しない。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/606546/

【フランス】
1月29日。EU軍事委員会委員長(フランス人)が、危機終了後のシリアにおける経済プロジェクトを守るため、2千人規模の軍隊を派遣したい意向を表明。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-29/204220-eu-could-deploy-peace-force-in-post-conflict-syria.ashx

1月29日、外相が、外務省職員に対し、アサド大統領について触れるとき、「アサド」と呼ぶことを禁じた。この日、外相は「バッシャール」と呼んだ。

2月2日、フランス外相の話。手が血で汚れた人(←アサド)に、暫定政府で役割はない。
(注:落ちぶれたフランスにできることは、この程度のことしかないのである・笑)

(パリ会議に関するシリア人専門家の話いくつか)
1月30日。パリでNCSORF支援国会議。(1)フランス外相が、暫定政府の経費を質問したら、NCSORFは300億ドルと返答。サウジとカタールは、予算上限は3億ドルで、月1億ドル×3ヶ月と返答。(2)米仏は、NCSORFに対し、解放区とJabhah al-Nusrahを制御せよと迫った。NCSORFは、ヌスラの保護なしにシリア領に入ることはできない、武装集団がやってきて、徐々に圧倒されたと返答。バアス党筋の話。

2月1日。パリの反体制派会議は失敗。前回マラケシュ会議では100ヶ国以上参加したのに、パリ会議は50ヶ国余り。数が集まらなかっただけでなく、代理出席ばかり。同胞団の主要人物やNCSORF議長すら参加しなかった。何も決まらなかった。

湾岸アラブは、資金拠出の条件として、世俗派の参加を求めているが、同胞団が嫌がっている。世俗派は、NCSORFが今のままでは、ターリバーン政権を認めるようなものと反発している。

フランスは、Haitham Mannaa'が主催したジュネーブ会議を邪魔しようとして一部参加者のビザ発給を拒否させたが、EU加盟国との二重国籍者も多く、全ての入国を阻止することはできなかった。彼らは、ジュネーブ合意に沿った解決を決議し、マンナーアはその後モスクワへ向かった。

NCSORF議長は、アサドと交渉する用意を表明した。外圧でアサドを引きずり下ろす作戦は、明らかに失敗した。

アサドが残るか否かの優先順位は、もはや高くない。アサドが任期を全うすることは、何も悪いことではない。ヨルダン国王は、先日のダボス会議で、アサド大統領は少なくとも今年上半期は存続すると語った。米欧は、アサド退陣要求を取り下げていないが、流布されている情報は、ジュネーブ合意に基づき、アサド政権と政治解決を模索できる反体制派を探していることを示している。

【スイス】
1月27日、Haitham Mannaa'らが企画した反体制派のジュネーブ会議に参加するシリア人100人のうち66人のビザを、スイス外務省ではなく内務省が発給拒否。フランス政府による妨害だという。企画者に国連職員が含まれており、スイス政府の許可なしに会議を開催する権利を持っている。また参加するシリア人には、EU国籍所持者も多数含まれ、彼らの入国を拒否することは、国際条約上できないので、会議は予定通り開催された。28日、ジュネーブ合意に基づき政治解決することを決議した。

【国連】
1月29日、ブラヒミが安保理に報告。非常任理事国の外交官によると、ブラヒミは、ジュネーブ合意に基づく安保理決議を希望しているが、アサドについては退陣すべきとの立場。
http://www.innercitypress.com/syria5brahimi012913.html
ジュネーブ合意の5〜6ヶ所修正を提案。ロシア代表が明かした。持ち帰って検討する。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/606394/
ブラヒミ発言。アサドは残ることができるが、国は分解する。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/606387/

2月1日、ブラヒミ特使の提案(6項目)
http://www.syrianow.sy/index.php?d=34&id=70818
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/606539/



外交:周辺諸国
【レバノン】
2月1日、対シリア国境の'ArsaalにFSAが展開し、軍と衝突。軍の死者4人。

【カタール】
1月28日。カタールが、リビアの化学兵器をシリアのHomsで使う案を検討。ウクライナ人を使って動画を撮影し、ロシアとシリアを罠にはめる計画。イギリス国防関連企業Britamのサーバーから入手した文書。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/606249/
詳しい内容。
http://www.strategic-culture.org/news/2013/01/31/britamgate-staging-false-flag-attacks-in-syria.html

【トルコ】
2月1日、在アンカラ・米国大使館前で自爆テロ。ガードマン1人と犯人の2人が死亡。
http://rt.com/news/explosion-us-embassy-ankara-245/

【UAE】
1月28日に明らかにされた情報。シリア副首相が最近、UAEを極秘訪問し、数日間滞在した。詳細は明らかにされていないが、経済通商関係について協議したと観測される。GCC諸国との関係に変化の兆し。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/606276/



【イスラエル】
1月30日。ダマスカス北西郊外すぐJumraayaaジュムラーヤー。イスラエル戦闘機が、軍研究所を爆撃。2人死亡、5人負傷。シリアからレバノンに向かっている車列を狙ったというニュースは嘘。軍の声明。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/30/464736.htm
現場の映像。シリア国営テレビ2月2日。
http://www.youtube.com/watch?v=iUuSsO5iSaY
映像と職員インタビュー。
http://www.youtube.com/watch?v=uGSXdblVXsY

(2月4日23時45分追記
冒頭の映像では、火の玉(戦闘機のエンジン)が面白い形で飛行している。そのあと、事件を伝える各国のニュースを集めたコレクション。
http://www.youtube.com/watch?v=cpf3yvgilak
(追記終了)

ロシア、中国、イラン等が事件を非難。アラブ諸国の中では、アラブ連盟、レバノン、エジプト、イラクが何らかの声明を出したが、それ以外の国は無視している様子。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/31/464753.htm

(反体制派の説明)
FSAが、120ミリ砲を6発発射した。現地住民によると、建物の1つに10発ほどロケットが当たった。施設では、ミサイル開発を行っている。また化学兵器の施設もある。
(おわり)

イスラエルのラジオ局が、実行犯はFSAで、120ミリ砲6発を発射したと報じた。この研究所では化学兵器を扱っており、ロシア、イラン、ヒズボラのスタッフもいる。

1月31日、シリア外務省がUNSCに書簡送付。イスラエルによる空爆は、国際法・兵力引き離しの国際合意違反。Jabhahが攻撃できなかった場所を、イスラエルが攻撃した。シリア危機の受益者はイスラエルだ。UNSCが明確な対イスラエル非難決議を採択するよう求める。UNDOF司令官を呼び出し、かかる行為を繰り返さないようよう、必要な措置を取ることを要求。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/02/01/464901.htm

2月1日、国連安保理。議長国パキスタン外交官は、シリアの書簡は、安保理開催を求めておらず、安保理が責任を取るよう求めている、と語った。シリア代表は、緊張を表明したものであり、軍事的反撃もありうる、と解説した。2月の議長国は韓国。
http://www.innercitypress.com/syria1misreport020113.html

(ロシア専門家の話)
存在しない大量破壊兵器の危険を執拗に繰り返し、最終的に軍事制圧したイラク・シナリオだ。

(レバノン人専門家の話)
米国は、ロシアとイランの反応を見ている。

見れば分かる。中東においてイスラエル、米国、さらにその同盟国が表立って共同行動をとる日も近いかもしれない。
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_03/103417815/

(シリア人専門家の話)
これは軍事的な攻撃ではなく、心理的・政治的効果を狙った攻撃。敵の作戦が失敗し、武装勢力が崩壊寸前のタイミングで、ゲリラに対しイスラエルが付いていることを示した。

イスラエルが、一連のシリア危機の受益者であることが、本件ではっきりした。地上のテロリストでできない作業を、イスラエル空軍が肩代わりして実行した。シリア国内にいる武装集団は、革命家でも、抑圧された可哀相な国民でも何でもなく、シオニストの手先である。

シリアがイスラエルに対して開戦するかどうか、米国が試してみた。あれこれ画策したところで、シリア戦で負ける運命のNATOに援軍は来ない。

1月30日は、兵力引き離し協定が破綻した日。イスラエルが沈黙を守っているのは、明確な国際法違反であり、国際的批判を受けることが確実だから。イスラエルが責任追及されないよう、ヒズボラへのトラックを爆撃したという捏造情報を流した。

爆破された研究所は、長距離ミサイルの開発をしていた場所。化学兵器は貯蔵していない。化学兵器の話は、世間の関心を本質からそらすための目くらましに過ぎない。過去の一連の暗殺事件も、ミサイル開発担当者を狙ってきた前の記事を「功績」で検索、その2)。イスラエルの狙いは、シリアにミサイル開発をさせないこと。シリアは、直接イスラエルに対して報復しないが、ヒズボラに武器を供与する形で報復しようとするだろう。

ゲリラから押収したイスラエル製の高度機器が、この研究所に保管されていた。FSAが攻撃を仕掛けてきたが、撃退した。そうしたら、イスラエル戦闘機がやってきた。イスラエルは、この機器が、ロシアまたはイランへ送られることを阻止したかったに違いない。

イスラエルが(実際にはイスラエルは発言しておらず、米欧メディアが)、シリアからレバノンへの武器運搬トラックを空爆したと言い張る理由は、兵力引き離し協定の枠組みを変更したいから。シリアからヒズボラへの高度兵器移転を、何としても阻止したい。レバシリ国境地帯のレバノン側'Arsaalで、突然FSAが騒ぎを起こした理由も同じで、シリア問題で敗戦色濃いNATOが、レバシリ国境管理の問題を、議題の一つに加えたいから。そうならないよう、ビカーア(ベカー高原)にはレバノン政府軍が展開し、厳戒態勢を取っている。

ロシアは、シリアに対し自制するよう求めたが、イスラエルに対しては懸念表明するだけで、自制を求めなかったロシア外務省声明)。

米国が中東から撤退するタイミングで、シリア危機が、予定に反してアサド健在のまま終わる。2期目のオバマ政権は、イスラエルの存在が米国にとり重荷であると考えるスタッフで発足する。爆撃は、米国を中東戦争・世界大戦に引きずり込もうとするイスラエルの焦りの表れである。戦争するつもりがない癖に戦争シナリオを浮上させるのは、シリア危機が終了し、新世界秩序の中でNATOが負け組になることの証しである。

(これは一片のニュース)
2月1日、イスラエルに空爆された軍研究所勤務のナノテクノロジー研究者を、シリア軍情報部が逮捕。重要な情報をSNCに渡そうとしていた。イドリブ県Kafr Takhaareemカフル・タハーリーム出身。

(注:防空網をかいくぐられた点は重大な問題であるはずだが、この点に関する考察はすっかり抜けている。)

(2月3日11時00分追記
【イラン】
2月2日。
イラン外務報道官の話。シリアは、危機の段階を脱した
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/02/02/465125.htm
(追記終了)



【経済】
1月26日。いくつかの県の商業会議所では、会員の4分の3が国外に避難しており、本来の活動の90%しか実施できない。国内在住者の中から役員を選ぶべき。Damas商業会議所メンバーの発言。
http://megalodon.jp/2013-0202-1746-00/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=48&id=34547
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0


シリア情勢まとめ(周辺諸国) 1月27日まで

2013/01/29 04:49
周辺諸国
【アルジェリア】
1月8日、Qatarと3.2bilドル相当の経済協力協定に調印。海運、石油・ガス探査、石化、アルジェリア東部での製鉄所建設など。シリア問題についても協議。
http://megalodon.jp/2013-0109-0549-16/www.middleeastmonitor.com/news/middle-east/4954-qatar-and-algeria-sign-industry-agreements-worth-32-billion

1月14日、空港で、カタールから持ち込まれたスパイ機材600点を押収。
http://www.youtube.com/watch?v=T-_VjntqUN8

【エジプト】
1月25日、反ムスリム同胞団政権の大規模デモ。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/26/463764.htm

【イラン】
1月14日、シリアで釈放されたイラン人人質の身元について、イランのウェブサイトが、何人かは革命防衛隊の現役または退役司令官であると認めている。帰国セレモニーで顔がバレた人もいる。
http://megalodon.jp/2013-0116-0143-54/www.guardian.co.uk/world/iran-blog/2013/jan/14/pilgrim-iranian-kidnap-syria-revolutionary-guards

1月14日、シリア首相がイラン訪問。al-Watan記事、バーター貿易Oil for Foodの英訳。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/16/c_124235500.htm
1月15日、シリア首相が、イラン大統領、第1副大統領、外相らと会談。経済各分野の協力拡大、政治情勢について協議。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605146/
1月15日、イラン最高国家安全保障評議会議長の話。我々は、シオニストとその支援者たちの目的をいらだたせるため、シリアの抵抗を全面支援すべき。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/16/c_124235429.htm
1月15日、イラン大統領の話。包括的な関係強化を呼びかけ。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/16/c_124235499.htm
1月15日、イラン第1副大統領の話。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/16/c_124235438.htm
1月15日。経済、貿易、医療、電気、石油分野について協議。(IRNAによると、イラン第1副大統領の招待。)
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/15/461871.htm
1月16日、イラン輸出開発銀行が、シリアCBS銀行(中銀ではなく、国営のシリア商業銀行)に10億ドルの信用供与。エネルギー輸送と電気機器に関する7つの契約に調印。シリア沿岸部に出力650MWの火力発電所建設、50milユーロ。資金はイラン持ち。シリア電力部門に500milドルの融資。出力50 - 100MW規模の風力発電所を含む複数の投資計画で合意。イランMabna社が請け負う。イランからシリアへ送電できるよう、イラクと調整する。ガスとgasoilの貿易についてフォローアップする。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/16/462182.htm
1月17日、シリア首相がイラン石油相と会談。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2013/01/17/462289.htm
1月17日、シリア首相の訪問、最後の会合。まとめ記事。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/17/462173.htm

1月23日、シリア大使が、イラン商工会議所会頭と会談。貿易促進について協議。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/23/463464.htm

1月16日、イラン第24艦隊を地中海に3ヶ月間、派遣する。
http://www.presstv.ir/detail/2013/01/16/283890/iran-deploys-24th-fleet-to-mediterranean/

1月26日、シリアに対する攻撃は、イランに対する攻撃とみなす。Velayati最高指導者顧問の発言。
http://goo.gl/ammVl

(バアス党筋の話、1月17日)
イラン・カタール・トルコ3者協議の内容。
(1)カタールは、拠出した資金のうちシリア国内に届いた割合が10%にも満たないことを、不満に感じている。

(2)トルコは、国内の宗派・民族対立が気になり始めた。

(3)イランは、制裁を受けても、対シリア支援を止めない。

(4)イランは、問題が複雑で調整が付かない場合は、停戦と選挙実施の2点だけで合意する方法があると提案。

(5)カタールは、アサドが退陣する可能性を尋ねた。イランは、選挙で負ければ退陣すると返答。

(6)トルコは、バアス党が勝った場合の組閣について尋ねた。イランは、獲得した議席に応じて、反体制派も参加できると返答。

(7)その後、カタール、トルコ両国から返事がない。会談内容は米国にも伝えられた。

(注:閣僚ポストの比例代表制を考えているのだろうか?)
(バアス党筋おわり)

1月22日、首相が閣議で、イラン訪問の成果を報告(大部分は既報の内容)。イランが、シリア中銀に外貨預金する。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/22/463247.htm

【エジプト】
1月23日、外相の話。シリアに関する4者協議にイランの存在は重要だ。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605829/

1月24日、'Amr Mousa元外相が、エジプトはアサドの亡命受け入れを提案すべき、と語った。エジプト政府は、シナイ半島を掌握していない。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605922/

【イスラエル】
1月22日、FSAゲリラが、イスラエル側ゴランにいることを示す動画。al-Mayadin TVの映像。
http://megalodon.jp/2013-0123-1438-48/www.syrianow.sy/index.php?d=34&id=70187

1月27日、イランの核開発を遅らせるため、米国の「手術用メス」を使い外科手術をする手法がある。(イスラエルが自ら戦闘行為に参加しない。)バラク国防相の話。
http://rt.com/news/barak-surgical-strike-iran-825/

(注:シリアは、テルアビブに精度の悪いミサイル2発が落ちただけで、作戦変更して慌てて停戦合意に走るイスラエルに、イランを攻撃する勇気はない。威勢が良いのは口だけ、と見ているよう。)

1月27日、ヒズボラがシリアの化学兵器を入手したら、先制攻撃を行う計画を立てている。副首相の話。
http://english.ruvr.ru/2013_01_27/Israel-vows-Syria-strike-at-any-sign-of-chemical-arms-transfer/

1月27日、北部国境にIron Domeを最近配備した。IDF広報官の話。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/27/c_124285264.htm

【ヨルダン】
1月17日、もしアサド政権が倒れたら、特殊部隊を派遣し、シリア領内に避難民のための安全地帯を設置する。既に285千人を受け入れており、これ以上は無理。シリア政府とはここ数週間コンタクトがない。首相の話。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-17/202626-jordan-fears-refugee-exodus-if-syrian-regime-falls.ashx

1月20日、Iraq Syriaの民間部門と工業の協力を考えるフォーラムを、アンマンで開催。
http://www.petra.gov.jo/Public_News/Nws_NewsDetails.aspx?Site_Id=1&lang=2&NewsID=97396&CatID=13&Type=Home&GType=1

1月21日、シリア・ヨルダン合弁セメント会社の経営について、シリア工業省が24日に訪問団をアンマンに派遣する。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=47&id=34501

1月23日、UAEがヨルダン中銀に10億ドル預金(ようやく届いた国際収支支援)。
http://www.aksalser.com/index.php?page=view_news&id=8f01004d55fce09e8b17b55f47728d17&ar=991609157

1月24日、総選挙の結果。部族勢力が勝利。同胞団はボイコット。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-24/203585-tribal-lawmakers-to-dominate-jordans-parliament.ashx

1月25日、24日の日中に避難民4400人、夜に2000人、25日朝までに合計6400人が越境。1月だけで3万人を突破。UNHCRの話。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-25/203755-record-number-of-syrian-refugees-in-jordan.ashx

【レバノン】
1月15日、レバノン北部から船で北キプロスへ行き、飛行機でトルコ本土に渡り、シリア北部へ密入国するルートがある。TallKalakhからの潜入が困難になったため浮上した代替ルート。

1月17日、スンニー派大ムフティーQabbaniの発言。シリア人避難民を最大限受け入れるべき。シリアの体制は残虐。自国民を殺す政府を見たことがない。(注:とうとうこの人もアサド批判を始めた。)
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-17/202637-mufti-says-lebanon-should-support-syrian-refugees.ashx

1月17日、イラン大使が、シリア人避難民の面倒を見ると申し出。(レバノン政府は非公式に帰国を求めているよう。シリア大使は、国内の安全な場所で引き受けるとレバノン政府に伝えた。しかし実際には、シリアからの流入が止まっていない。)
http://english.irib.ir/news/middle-east/item/105234-%E2%80%98iran-ready-to-help-syrians-in-lebanon%E2%80%99

1月17日、最近実施された3D調査の結果、沿岸に近い海底に油田が存在する兆候が確認された。陸上にも調査を広げることになった。早ければ2014年にも、フランス企業が探鉱を始める見通し。
http://www.dailystar.com.lb/Business/Lebanon/2013/Jan-17/202542-bassil-oil-prospects-off-lebanese-coast-can-reduce-energy-imports.ashx

1月18日、ガス田開発の地質調査データの売上が90milドル。
http://www.dailystar.com.lb/Business/Lebanon/2013/Jan-18/202707-companies-lining-up-to-buy-lebanons-gas-data.ashx

1月19日、大統領が南部視察の際に発言。(将来期待されている)石油・ガス権益を守るための国防5ヶ年計画策定を、軍に指示した。その計画が実現するまでの間、抵抗勢力(ヒズボラ)所有の武器が役に立つ。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-19/202885-sleiman-calls-for-defense-strategy-to-protect-oil-wealth.ashx

1月18日、青少年大臣Faisal Karamiの車列が発砲を受ける。暗殺未遂。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-19/202902-gunmen-strike-at-karami-convoy-wound-11-people.ashx

1月23日、首相がサウジ訪問、サウジ皇太子と会談。ミーカーティー内閣は「ヒズボラ内閣」と揶揄されており、サウジ訪問は首相就任後、初めて。関係改善を示唆。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-23/203437-mikati-breaks-ice-with-saudi-crown-prince.ashx
1月26日、al-Akhbar紙。首相のサウジ訪問は、サウジがハリーリーに代わる新しい協力者を必要としていることを示唆している。ハリーリーに見切りを付けた。ヨルダン国王がサウジに対し、同胞団・サラフィー支援を止めるよう強く求めた。応じない場合は、国境をアル・カーイダに開放すると通告。クウェートとUAEは、サウジがサラフィー支援を止めないならば、GCCから脱退すると通告。
http://english.al-akhbar.com/content/saudi-looks-lebanon-regional-boost

1月24日、Junblatの話。シリアの戦争を激化させている大国がいくつかある。イランの核開発問題が、米国の(中東地域における)関心の中心であり続ける。米国は、シリア問題を、イランを経済的に疲弊させるためにやっている。シリアを、イラン・米国対立の屍にしてはならない。シリアは中東におけるつながりの中心にあり、統一を保たなければならない。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-24/203540-us-using-syria-to-get-at-iran-jumblatt-says.ashx

1月24日、ヒズボラ事務次長の話。ターイフ合意は、優れたレバシリ関係を規定している。西側がそれを壊そうとしたが、うまくいかず焦燥している。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/24/463709.htm

1月26日、今週だけで避難民8000人を登録。登録者総数155千人。非登録者を含め223千人にUNHCRが支援提供している。
http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/2013/Jan-26/203822-unhcr-8000-refugees-register-in-lebanon-in-just-on.ashx

1月17日、改正選挙法で、全国区1つで比例代表制を採用するOrthodox Gatheringの提案に、マロン派のLFとal-Kataa'ibが賛成。スンニー派HaririのFutureは(winner-takes-all systemを主張しており)反対。March 14の結束が乱れる。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-17/202563-lf-kataeb-employ-electoral-tactics.ashx
1月26日、Franjiyyah(レバノン議員で、アサド大統領の友人)の話。HaririのFutureが比例代表制に反対しているが、彼らはスンニー全体を代表しているわけではない。大統領が(比例代表制は閣議決定に反するとして)反対しているのは、彼の本心がフランス・カタール寄りだから。彼は、シリア、フランス、カタールに支持されて大統領に就任したが、シリアの影響力が弱まったため、彼の本心が露呈した。シリアが勝てば、レバノンでMarch 8が勝ち、比例代表制が採用される。シリアが負ければ、March 14が勝つ。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-26/203839-franjieh-says-future-concerns-do-not-represent-sun.ashx

【カタール】
1月15日、Hamad首相の話。リビアのように、シリアも新しい国を始められるよう、アサド大統領とその仲間に退くよう、公に伝えた。ロシアが解決の一部であり、西側とカタールも解決の一部となるよう望む
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605121/

【サウジ】
0106 サウジ情報部がアサド演説(1月6日)の直前、シリアを訪れた。別途エジプト情報部も。レバノンal-Safir紙。
http://megalodon.jp/2013-0109-0341-54/goo.gl/116Pc

1月14日、東部州知事とマディーナ州知事を更迭。
http://megalodon.jp/2013-0115-2103-39/www.bloomberg.com/news/2013-01-14/saudi-king-asks-saud-bin-nayef-to-run-oil-rich-province.html

1月22日、外相の話。自国をじゅうたん爆撃している人物と、交渉を通じた解決をすることは、我々には考えられない。UNSCが責任を果たすよう、UNGAで働きかける。アラブ経済開発サミット後の記者会見で語った。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-22/203337-saudi-says-negotiated-syria-settlement-inconceivab.ashx
1月22日、外相の話について、SANAは、サウジが危機への関与を認めた、と報道。国連憲章第7条の発動を求める発言をしたとき、「戦闘に勝つため、ほかに何ができるだろうか」と語った。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/24/463565.htm

1月21日、al-Hariri家が経営するゼネコン大手Saudi Ogerが、従業員のレイオフを続けている。現時点で400人で、その数は増える見込み。1年前から経営危機に直面していた。(注:シリアの政府系新聞は、2年前からハリーリーが破産寸前とはやし立てていた。)
http://english.al-akhbar.com/content/saudi-oger-employees-without-future

1月25日、Turki al-Faisal王子がダボス会議で発言。反体制派は、(ヌスラ戦線を倒し、政府軍と対等になるため)高度兵器を与えられるべき。
http://megalodon.jp/2013-0126-1644-33/ara.reuters.com/article/topNews/idARACAE9B29C320130125

【トルコ】
1月15日、アサド後のシリアは、北部に武装クルド地区ができ、対トルコ暴動を起こすから、トルコはそれに備えなければならない。リビアとシリアの軍隊は、比較的装備が良かったのに、小火器を使った暴動で安定を失った。対ゲリラ戦で必要な装備はミサイルではなく、兵力である。トルコ軍人の寄稿。
http://megalodon.jp/2013-0116-0131-21/www.todayszaman.com/news-304139-turkeys-troubles-with-syria-answer-requires-men-not-missilesby-lt-andrew-self-.html

1月15日、トルコ経由で、イスラエル製兵器と商品がAleppoに流入しているとして、エルドアン首相を非難するSANA記事。
アレッポで流通しているイスラエル製チョコレート。
画像

http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/15/462046.htm

1月17日、南東部の経済団体3つが、シリア人避難民のうち熟練労働者を活用するため、労働規制を解除するよう求めている。
http://megalodon.jp/2013-0122-0226-57/www.todayszaman.com/news-304333-eastern-businesses-eye-integration-of-syrian-workers.html

1月17日、トルコの人権団体「現代弁護士連盟」が、シリアの対トルコ(政府)の訴訟を引き受ける。証拠収集、裁判事務など引き受け。ダマスカスに連絡事務所を開設する。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/17/462465.htm
1月20日、トルコの人権団体「現代弁護士連盟」会長が、シリア訪問後、トルコ当局によって逮捕された。(←これが自称・民主主義国家トルコの実態。)
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/20/462903.htm
1月23日、現代弁護士協会が、家宅捜索をしたトルコ政府を批判する会見。同協会は、トルコ政府による対シリア侵略を訴える準備をしている。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/23/463345.htm

1月18日、首相府の統計。避難民数157,490人。副首相の今週初めの発言。避難民の世話にかかる毎月のコストは40milドル。トルコが国際社会から受け取った支援は30milドル。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/18/c_132112981.htm

1月20日、首相がGaziantepで演説。米国のイラク占領が正当化されるならば、トルコのシリア介入も正当化される。(←出たぁ)
http://megalodon.jp/2013-0121-0424-21/www.todayszaman.com/news-304641-pm-says-victory-near-for-syrian-armed-insurgents-against-regime.html

1月22日、全てのシリア人(自活している人を含む)に無料で医療を提供する。
http://megalodon.jp/2013-0123-1437-42/www.todayszaman.com/news-304850-turkey-offers-all-syrians-free-health-care.html

1月22日、世論調査で、AKP政権の外交政策に対する支持率が、2011年末71%→2012年末53.3%へ下落。その他の項目。
http://megalodon.jp/2013-0123-1438-08/www.todayszaman.com/news-304819-poll-peoples-support-for-govt-handling-of-foreign-policy-economy-melting.html

1月23日、外相の話。シリア体制の行動は、戦争犯罪に等しい。
http://megalodon.jp/2013-0124-0524-18/www.todayszaman.com/news-304930-davutoglu-syrian-regimes-actions-equal-war-crimes.html

1月23日、世論調査の結果。AKPに対する支持は盤石。
http://megalodon.jp/2013-0124-0525-12/www.todayszaman.com/news-304922-credibility-productivity-social-aid-keep-ak-party-powerful.html

1月23日、外相の話。PYD(PKK)に対し、武器を置き、シリア政府と距離を置くよう呼びかけ。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/23/c_132123511.htm

米国、イギリス、トルコが方針を大転換
1月25日、外相がダボス会議で発言。もしシリア人がいかなる外部からの挑発も受けず、シリア人だけで放置されたら、最も近代的、平和的で全ての勢力を含む政治システムを打ち立てるだろう。現在のシリアの国土に、アラウィー国、クルド国を作ることは可能でない。(アサド大統領が暫定政府に残るかどうかについて)トルコ、米国、イギリスのいずれもそれを決めない。シリア人だけが決める。なお、国内の暴力についてはアサド大統領だけを非難。
http://megalodon.jp/2013-0127-0403-06/todayszaman.com/news-305155-a-divided-syria-is-impossible-says-davutoglu.html
(注:ということで、アサド大統領の指導のもとで暫定政府を作る、という国際合意ができた模様です。アサドが残留する暫定政府など考えられないとしてきた国々が、折れた。)

1月26日、Bab al-Hawaの陸運(貿易)が90%減。al-Jazeerahがトルコ側とシリア側で撮影。シリア側検問所に政府官吏がいないため、法律で輸入禁止されている車種(ブルガリア製が多いそう)を持ち込むことができるようになった。しかし、ガソリンが入手できないため、持ち込んだ車を走らせることができない。
http://www.youtube.com/watch?v=Y-0PBe8yFdM

1月27日、パトリオットの最初の部隊が稼働開始。
http://rt.com/news/nato-turkey-patriot-missile-807/



【経済】
テロ被害の金額、
農業・工業生産がこんなに落ちたという数字、
景気を下支えするため、(そしてイランから金融支援を得られたので)輸入規制を撤廃する、
ガソリン価格と交通運賃の値上げ、
・・・など細かな話は沢山あるが、時間がないので割愛する。

国内の雰囲気を一番顕著に現しているのは、株価だと思う。底なし沼かと思われた株価が、大統領演説の翌日から反発した。

1月6日(日):アサド大統領が政治改革プログラムを発表
(ユリウス歴を採用しているギリシア正教、シリア正教、アルメニア正教のクリスマス・イブにあたる。)
1月7日(月):株価指数が底(768.37)。翌日から上昇。
1月9日(水):政治改革を準備する閣僚委員会が発足。
1月22日:株価指数789.8(底から2.8%上昇。一旦ピークを付けた。)
1月28日:株価指数785.04(反落)

対ドル闇レートは94.50前後。公定レートは79.83(1月27日)。(危機前は47だった。)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0


シリア情勢まとめ(外交・国際社会) 1月27日まで

2013/01/29 04:46
国際社会
【ロシア】
1月15日、Aleppoのロシア領事館を閉鎖。アレッポ大学爆撃事件の前に発表された。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605123/

1月16日、モスクワで、PKK系の武器商人が暗殺された。
http://megalodon.jp/2013-0122-0226-37/www.todayszaman.com/news-304217-kurdish-gang-leader-with-alleged-links-to-pkk-murdered-in-moscow.html

1月16日、軍参謀総長の発言。シリア問題への外国軍事介入は、壊滅的な結果をもたらす。パトリオット配備に関するロシアの条件は、紛争地域への武器集結は、リスクを高める。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605214/

1月17日、IraqのWest Qurna-2油田からパートナーStatoil(ノルウェー)が撤退したため、Lukoil(ロシア)は中国の会社に声をかけている。
http://megalodon.jp/2013-0129-0115-33/www.bloomberg.com/news/2013-01-17/lukoil-pares-iraq-oil-output-target-others-talk-on-similar-cuts.html

1月18日、連邦麻薬取締機関の長の話。湾岸アラブの銀行が、アフガンの麻薬栽培に便宜供与している。麻薬販売で得た利益をマネロンしている。アフガンでは小麦栽培は融資対象ではないが、ケシ栽培は融資対象。その融資を湾岸アラブ銀行が提供している。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/18/462569.htm

1月19日、黒海と地中海で海軍演習を開始。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605455/

1月19日、内相が、初めてイランを訪問。
http://goo.gl/kojJ8
1月21日、ロシア・イラン内相会談。反テロ、麻薬と人身売買取り締まり等で協力を確認。
http://goo.gl/WUHrV

1月20日。ロシア艦隊の演習とタイミングを合わせ、米国が政策を転換する。米国は、シリアのサラフィー勢力への支援を停止する。しかし、サウジとカタールが追随することを意味しない。ロシア演習の規模を大きくした理由は、米国の軍事政策の失敗を明白にするため。シリア領空は防空システムで堅固に守られている。ロシア海軍は、テロの中心であるカタール、サウジ、イギリスの頭を冷やさせるため、シリア沖に派遣された。今後数年で、米ロ関係と米国・イラン関係は改善する。ロシア専門家の話。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605536/

1月21日、緊急事態省がベイルートに飛行機2機を派遣する計画。シリアからのロシア人救出作業を行う。
http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/2013/Jan-21/203194-russias-emergency-ministry-sending-two-airplanes-to-beirut-to-help-russians-leave-syria---interfax.ashx
1月22日、シリア在住ロシア人を、飛行機でロシアへ移送するのは、政府による救出ではなく、個人の希望で帰国するもの。希望者が約100人いるうち、76人が国境を越えレバノン入りした。家を壊されるなどしたロシア人。
http://rt.com/news/russia-planes-beirut-syria-442/

1月21日、SyrianAirの航空機調達の商談で、シリア側は1機あたり28.5milドルの最終提案を出したが、ロシア側が納得しなかった。SyrianAir総裁は、この交渉が決裂したときには、代替案があると語っている。(注:これだけロシアにお世話になっているのに、シリア政府は値切り交渉をしている・笑)
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=52&id=34506

1月22日、中東専門家出身で、外相、大統領まで務めたPrimakovが、ロシアのラジオ局に語る。圧倒的多数のシリア人が、アサド大統領を支持している。シリア政府は合法政権である。
http://english.irib.ir/news/middle-east/item/105511-overwhelming-majority-of-syrians-support-syrian-president

1月22日、パトリオットはロシア向け。元空軍司令官の話。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605668/

1月23日、Lavrov外相の話。反体制派に交渉するよう勧めているのはロシアだけ。SNCは体制転覆と叫ぶだけ。米欧は、反体制派が結束すれば建設的な役割を果たすことができると主張するだけで、交渉するよう説得しない。体制転覆は、ジュネーブ合意に反する。地中海でのロシア軍演習は、地域の安定に役立つ。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605775/
(追加記事)在ダマスカス・ロシア大使館はフル稼働。スタッフ数を削減する予定はない。その他、対米関係など。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605826/
記者会見まとめ。(日本語)
http://japanese.ruvr.ru/2013_01_23/102104642/

1月23日、Lebanon大統領がロシア訪問。ロシアが、避難民支援を検討する国際会議の主催してもいいと提案。
http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/2013/Jan-23/203471-putin-says-russia-may-offer-lebanon-financial-huma.ashx

1月23日、シリア人と連帯するロシア委員会副会長の話。
多くの専門家が、あと1年で危機は終わると語っているが、シリア政府は最初の6〜9ヶ月は困難に直面する。

2期目のオバマ政権が方針を固めるときに、状況は変わる。対イラン制裁を緩和する。カタールを重用し、サウジを見捨てる。米国は911事件を恨みに思っており、サウジを許さない。サウジは、のちに4地方に分割され、米国から見捨てられるだろう

米国は、経済危機が予想以上に深刻であるため、EU、ロシア、中国など他国を弱体化させる必要性に直面している。ガス戦争は、ロシアの権益を直撃するものだ。ヨーロッパのガス輸入元を、値段の高い北のロシアから、値段の安い南の資源に切り替えさせようとしている。そのためには、カタールからシリア経由のパイプラインが必要で、そうすることでガズプロム社を追い落とす。

米国はまずエジプトに手を付け、米国籍を持つ同胞団のモルシを大統領に据えた。そして、エジプト経済の面倒をカタールに見させた。

カタールは、スエズ運河にLNGプラントを建設するかもしれない。もう一つの可能性は、イランのガス(輸出を解禁して)をロシア産ガスと競合させるかもしれない。

こうした環境に、中国が、そしてロシア・イラン・シリア連合がどのように対応していくのか。

米国は、シリア軍にサラフィー・ワッハービーの排除作業をさせている。

シリア軍は最新装備を備えているため、NATOは軍事攻撃を考えておらず、政治的解決が求められている。ゲリラは、社会経済インフラへの攻撃を続け、シリア人困窮化策を進める。

シリア国民は、大統領の回りに結束している。しかし、最新兵器は、ゲリラに対して有効でなく、(今のままでは政府軍は)勝つことは難しい。

カタールは、対ゲリラ資金援助を続けているが、米国が政策転換を明らかにすれば、カタールの姿勢もかわる。(自然な帰結として?)米国がカタールをテロ支援国リストに掲載することが考えられるが、それは起きない。
http://arabic.rt.com/prg/telecast/657944/

1月24日、Gatilov外務次官が長いインタビュー。反体制派の、キリスト教徒とアラウィー派追放を叫ぶスローガンを懸念している。少数派を守る法的保証が必要。イラン、サウジも参加するワーキング・グループ会合を提案しているが、西側パートナーから芳しい返答が得られない。世界各地で変動が起きているが、ロシア外交の重点は安定維持に置かれる。(注:発言の大半は、従来からのスタンスの再確認)
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605919/

1月26日、国防大臣の発言。ロシアの近くに紛争地がある。世界大戦にも万全の準備で臨まなければならない。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/26/463904.htm

1月27日、Medvedev首相がCNNに語った(ロシア首相府がまず発表)。アサドはもっと早く政治改革すべきだった。恐らく致命的な過ちを犯した。彼が権力の座に残るチャンスは日に日に縮小している。(注:Medvedevは当初からシリアに冷たかった。)
http://megalodon.jp/2013-0128-0127-32/www.reuters.com/article/2013/01/27/us-syria-crisis-russia-idUSBRE90Q08P20130127
CNNの記事。
http://edition.cnn.com/2013/01/27/world/europe/russia-syria/?hpt=hp_t3

【ウクライナ】
1月17日、誘拐された女性記者の身代金要求が、50milドルから20milドルへと引き下げられた。ほかに、200人の釈放を要求している。彼女の父の話。
http://en.rian.ru/world/20130117/178842617/Syria_Rebels_Reduce_Ransom_for_Ukrainian_Reporter.html

【国連】
1月16日、シリア代表が国連安保理で、、アル・カーイダのテロについて演説。トルコ、カタール、サウジのテロ支援を非難。トルコによるアレッポの工場略奪を批判(注:このところ、シリアのメディアは連日批判している)。トルコ首相は、帝国主義によるアフリカの資産略奪を批判したが、トルコ自身がその犯罪を犯している。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/16/462094.htm

1月18日、シリア経済に関するESCWA報告書。2年間でGDPが35%減少(年率マイナス18%)。2012年の政府歳入は、対前年比25%減。(注:新しい話ではない。)
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605368/
1月22日、シリアに関する経済報告の内容。失業率37.3%。危機が2015年まで続けば、失業率は58.1%まで上がる。その他。(2回に分けて報じるとしているが、2つ目の記事はまだ。)
http://megalodon.jp/2013-0123-1641-49/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132389

1月23日FAO報告書。シリアの小麦・大麦生産が4 - 4.5milトン→2milトンへと半減。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-23/203463-syrian-farm-sector-in-tatters-due-to-ongoing-confl.ashx

【米国】
1月16日、国務省政策立案局長の話。シリアの体制転覆計画を実行したが、失敗した。しかし、プライドが邪魔して失敗を認めることができない。(注:元の記事がどこにあるのか、探すことができなかった。)
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/16/462228.htm

1月22日、オバマが2期目就任演説で、アラブ指導者の誰にも言及せず。
http://www.syrianow.sy/index.php?d=35&id=70163

1月23日、クリントンの話。シリアの戦士は、カダフィーの武器庫から入手した武器を使っている。
http://www.theglobeandmail.com/news/world/terrorists-supplied-from-libya-clinton-says/article7658401/
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605845/

1月24日、John Kerryが、シリア問題解決でロシアの協力が必要と語った。
http://blogs.defensenews.com/intercepts/2013/01/live-blog-sen-kerrys-own-foreign-relations-panel-examines-his-secstate-nomination/

【フランス】
1月20日、フランス諜報部が政府に対し、反体制派への武器支援を縮小するよう求める報告書を提出。武器が望まない勢力に渡っており、害が大きい。米国はシリア問題から手を引く。al-Watanがフランスのメディア筋から入手した情報。
http://megalodon.jp/2013-0121-1703-00/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132295

1月26日、レバノンal-Safir紙。
マリへの軍事介入が始まり、ファビウス外相の様子が変わった。対シリア政策の優先順位が下がった

フランスは来週、支援国会議を開く予定だが、前回のマラケシュ会議でNCSORFへの資金拠出を決めた国の大半が、実際には拠出を拒否している。108ヶ国のうちコアの48ヶ国がフランス外務省に集まり、対策を練っている。NCSORFは10億ドル欲しいと言っている。

フランス外務省は、NCSORFの準備もまだ足りないと考えている。NCSORFのメンバーの70%を占めるSNCは、選挙で選ばれていない。

フランスは暫定政府を作りたいと考えているが、米国は必要ないと考えている。馬がいないのに馬車を作るようなもの、と形容した。2期目のオバマ大統領は、まだ新外交政策を打ち出していないし、米ロ間の合意も成立していない。

反体制派に対する外交・資金・武器支援について、米・欧・湾岸アラブ・トルコの間で調整が取れておらず、ばらばら。

武装集団がシリア国内に結成した地域別の5軍事評議会の活動は、実際には統制が取れていない。

フランス外交官は、シリア政府の基盤は、ダマスカス、ホムス、ダルアー3県とアレッポの一部に限定されており、面積にして30%に過ぎない(注:なぜか他県の全面積が反体制派支配地区として計算されているよう)。アレッポ市の政府支配地区は30%に満たず、状況はかなり悪い。政府の統制は確実に弱まっていると見ている。北部の国境沿いは反体制派が支配しており、デール県も軍事基地を除いて反体制派が支配している。基地へ補給は空路で行っている。
http://megalodon.jp/2013-0127-1440-09/goo.gl/gpZXW

ほぼ重複する話。al-Sharq al-Awsatの1月28日付け記事。NCSORFは、解放区で国内のシリア人から支持され、統治能力があることを示さなければ、国際支援を受けることはできず、(存続が?)危ぶまれる。
http://megalodon.jp/2013-0129-0518-55/aawsat.com/details.asp?section=4&issueno=12480&article=714961&feature=

【イタリア】
1月24日、イタリアの駐レバノン大使が会見。アサド大統領が権力に固執していることが、危機解決の主な障害。(シリアが弱体化している今、)レバノンは対シリア依存から解放される歴史的チャンスにある。この時期に、安定的な政府を作るべき。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-24/203530-italy-envoy-assad-in-way-of-syria-peace.ashx
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0


シリア情勢まとめ(政府) 1月27日まで

2013/01/29 04:44
1月15日、外務次官が、アサド提案、外交交渉について記者団に語る。アサド大統領は、暫定期間中に大統領を務め、2014年の選挙に、他の候補者とともに出馬する。投票箱で決める。西側諸国とトルコを、テロ支援していると非難。・・・など。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/15/461861.htm

1月19日、外務大臣が国営テレビで発言。
米国に先導されたQatar, Saudi Turkeyが、テロリストに資金・武器支援している。彼らがテロ支援を止めるとは思っていないが、暴力が止まらないからと言って、包括的国民対話が開かれないことにはならない。

現行内閣は、対話の準備内閣であり、暫定政府が対話の結果生まれる。対話の結果、国民協約が作成される。この政治計画は、ジュネーブ合意に関するシリアの解釈である。

この計画の外にいる誰とも議論しない。

ブラヒミは、米国の姿勢に同調し、本来の任務から外れた。

(問題の)枠組みを作ったのは米国であり、本当に暴力を止めたければできる。

トルコは、シリア問題担当施政官を任命したことで、その真意が暴かれた。

テロは最終的に、テロを作った当人に向かう。Jabhah al-Nusrahは、シリアで戦闘に従事している29ヶ国から構成されるゲリラ組織である。米国がJabhah al-Nusrahをテロ組織に認定したのは皮肉であり、不十分な措置。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/20/462770.htm
アラビア語。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/20/462772.htm
動画(1:09:28)。非常に長い話で、SANA記事も、ところどころ省略しながらまとめてある。先のシャルア副大統領の発言・提案を全否定したような内容に仕上がっている。
http://www.youtube.com/watch?v=xK7LKXaeyaU

1月23日、技術高専の学生を、軍事教練免除とする大統領令。
http://megalodon.jp/2013-0129-0049-21/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=50&id=34528

1月23日、Daraaでの国民和解会議の様子。出席者の話など。
http://www.youtube.com/watch?v=CH0crn8Gf8g

1月24日、内務省から声明2つ。(1)様々な理由で合法・違法に出国した国民に対し、空港および陸路の検問所7ヶ所から帰国するよう呼びかけ。ステータスを正常化する。(住宅がない人に対しては)指定検問所にて赤新月が世話する。(2)政治対話に参加したい国民は、ダマスカス空港および陸路の国境4ヶ所から入国するよう呼びかけ。検問所にて、赤新月が世話する。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/24/463706.htm

1月24日、ムハンマド生誕祭の礼拝に参加したあと、自ら車を運転して帰るスマートなアサド大統領。護衛を付けていないように見える(11:00から)。Homs市Baba 'Amruにおける礼拝の様子(11:37から)。
http://www.youtube.com/watch?v=UksNBIteBy8

1月25日、Jihad Maqdisiジハード・マクディシー外務報道官がDamasにいるとの情報。

1月27日、高等法務委員会が、国民対話に参加する全ての反体制派に対する法的追及停止を発表。
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=6&id=25079
政治犯、武器所持などは参加できるが、殺人犯には適用されない。(注:恩赦の基準と同じ。)
http://megalodon.jp/2013-0128-1619-56/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132498

1月27日、共和国ムフティーMufti Hassounが、イランで開催されたイスラム統一会議で、シリアの立場を演説。わかりやすい話。会場の様子。
http://www.youtube.com/watch?v=mpXrp9P2t98
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0


シリア情勢まとめ(治安) 1月27日まで

2013/01/29 04:42
【アレッポ県】
アレッポの治安掌握について、1月上旬に政府系メディアに楽観論が広がった(前回報告分)あと、ゲリラ側が一斉に攻撃を再開させた。市内のいつもの場所で、いつものような衝突が伝えられた。キリスト教徒地区にも殴り込みをかけたり、砲弾が落下したりした日もあり、相変わらずの様子。停電、断水、通信遮断も続いている。アレッポ空港は閉鎖されたまま。

日々の戦闘はずっと報道されており、登場する地名も同じなので、膠着状態が続いているように感じているが、al-Watan紙は、軍は特に市内の南部戦線で成果をげたと繰り返しており、市内におけるJabhah al-Nusrahの拠点であるBustan al-QasrとKallaasahで、軍が検問所を設置したと報じている。

1月13日には気温が最低2度、最高10度と平年並みに戻った。上旬に襲った寒波は去った。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/13/461532.htm
1月24日になり、気温が上がってきた(注:シリアでは2月は春に分類される。)。ダマスカス5-16度、沿岸部14-21度、北部(Aleppo)3-15度、Deir 3-14度、Hasakah 5-15度、Homs砂漠4-17度。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/24/463359.htm

1月17日、FSAとJabhah al-Nusrahの路線対立が、Aleppoで深刻化。今では共闘していない。ある司令官は、体制が倒れたら、翌日からJabhahと戦うと語る。主な対立点は、(1)Jabhahはイスラム国家樹立を目指す。FSAは世俗。(2)Jabhahは公的機関からの略奪品をトルコで売って稼いだカネを独り占めするが、FSAはそれはいけないと考えている。
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jan/17/syrian-rebels-jihadist-hijack-revolution

1月17日、同じ記者による2つ目の記事。今では県北のあちこちに戦闘員が配置されているだけでなく、町の中心部にJabhahがオフィスを構えている。日常の様々な問題を解決する窓口になっている。男は、Jabhahに加入すると、町の女の子と結婚できる特典あり。ある村では、シリアでは伝統的な墓が、華美であるとして破壊された。あちこちで価値観の相違が表面化しており、FSAの指導者の何人かは、最終的には衝突に発展すると予想している。無駄に長い文章。
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jan/17/syria-crisis-alqaida-fighters-true-colours

笑える6コマ漫画
画像

1月18日、al-Kallaasahからal-Muhaafazah(地名が示すとおり重要な政府施設もある高級住宅街)へミサイル発射。マンションが半壊(注:全壊2棟、半壊2棟という情報あり)。写真あり。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/18/462562.htm
動画。
http://www.youtube.com/watch?v=6tGMn9Pt22o

(注:反体制派は、マンションを全壊させるようなミサイルは持っていなかったと思う。アレッポ大学爆撃事件の直後でもあり、何となくわざとらしく感じるのは私だけだろうか?

ちなみに、アレッポ大学爆撃事件については、タルトゥース郊外出身の空軍パイロットの兄弟を殺した犯人が、アレッポ大学学生寮に避難し、のうのうと生活していることがわかったので、当該パイロットが怒りの復讐をしたという話が、私のところに回覧されてきた。本当かどうかわからないが。

2日前だかのル・モンド紙に、ゲリラが発射したミサイルが、戦闘機から放たれたミサイル避けの熱気球でコースがズレてしまい、大学に落下したという政府の説明は嘘で、空軍戦闘機が爆撃したという証言を掲載していた(同様の報道は、事件直後から散見される)。政府は当初、爆発の規模があまりに大きかったので、自動車爆弾のせいにしようとしていたが、皆が見ていて隠しきれないので、ゲリラが発射したミサイルのせいにした、と報じていた。

この報道は正しい。自動車爆弾説を必死に主張するメールと、ゲリラ発射説を必死に主張するメールと、正直に空軍発射説を伝えるメールが、事件直後から入り乱れて私のところに送られてきており、議論がぐちゃぐちゃになった挙げ句、隠しきれないと早期に悟ったあとは、強引にゲリラ発射説にまとめていった。その無理矢理な過程が、私の手元に保存されている(笑)。最後は軍総司令部の声明として統一見解を出し、異論が噴出しないよう蓋をした。

2日後には、国営テレビに事件の瞬間を見たとするアレッポ大の学生20人くらいを招待し、ゲリラ発射説を説明させ、イスラムとキリスト教の聖職者には、シリアが今戦っている敵が誰であるのか、語らせていた。追悼番組のつもりだったのかもしれないが、あまり追悼になっていない(?)感じ。

アラブの春で政権が倒れたチュニジア、リビア、エジプトのいずれも、幸せな社会を実現できていないので、こんなに理不尽で辛いことがあっても、シリア人は反乱を起こさない。政治の大きな流れの中にあって、これは本流の議論ではなく、小さな事件なのだ。米欧についても、彼らが関心あるのは天然ガスであって、シリア人の幸せなどこれっぽっちも考えていないので、敢えて取り上げて非難しない。)

1月19日、北郊外シーア派の町Nubbulとal-Zahraa'は、まだ包囲されている。7ヶ月目。

1月20日、レバノンal-Diyar紙。トルコ軍兵士がアレッポに残した文書から、FSAと共にアレッポ市内に入ったトルコ軍の部隊が、軍隊のみで使用される、良く燃える物体を使い、アルメニア人の店舗と住宅を狙って放火していたことが判明した。アレッポ県の人口400万人のうち、アルメニア人が25万人(注:多すぎる数字。10万人くらいだと思う)いるが、うち10万人をアレッポから追放し、スンニー派を優位に立たせることが、その目的だった。
http://megalodon.jp/2013-0127-0634-02/diyar.charlesayoub.com/index.php/aldiyar-topic-article/5264/19215

1月20日。軍は、市内の東部戦線より南部戦線を優先。進展あり。
http://megalodon.jp/2013-0121-1657-19/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132308

1月22日、Jabhah al-Nusrahの拠点Bustan al-Qasrとal-Kallaasahに軍の検問所を設置。(ようやく!)
http://megalodon.jp/2013-0123-1625-36/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132418

1月22日、市街地の北と西の出口を完全封鎖して厳戒態勢。(このあと、市街地西端にある軍アカデミーの塀のすぐ外までゲリラがうろついた。西郊外すぐにある警察学校も襲撃される。)
http://megalodon.jp/2013-0128-2340-51/goo.gl/VBKNs

1月25日。Nairab軍用空港で、ゲリラがヘリ1機を撃墜の情報。

1月26日。軍の北部司令部によると、県内で徴兵に応じた若者は46千人で、2月には倍増する見込み。治安委員会の軍筋によると、国家防衛軍への志願者は、市内・県内から25千人で、特に東郊外が多い。

(注:バアス党筋によると、徴兵登録所に殺到したのは、Tall Rif'at, A'zaaz, Madeenah al-Babなど反政府地区出身者なので、これでは信用できない。入隊前にしっかりとフィルターをかける必要があるのではないか、とのこと。)

1月26日、政府軍が、まもなく新兵器を投入する。(注:この手の話が繰り返し登場するが、そろそろ目に見える成果を出して欲しい。)

1月27日、市内の西部・南部・東部戦線で、軍が住民の協力を得て、成果を上げている。ゲリラの作戦は、ダマスカスに次いで阻止された。
http://megalodon.jp/2013-0128-1619-48/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132533



【ラタキア県】
1月14日、防空部隊が、ラタキア沖の領空にスパイ気球を発見し、撃墜。潜水夫が残骸を回収した。トルコから飛来したと思われる。

1月23日、港湾総局総裁の話。違法な動きに対する監視を強化している。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2013/01/23/463483.htm

【イドリブ県】
1月16日、イドリブ市内2ヶ所で自動車爆弾。(軍人・民間人あわせ)22人死亡、30人負傷。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/16/462154.htm
1月16日、政治治安部前で自動車爆弾。RTが確認したところ、30人死亡。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605190/

【ラッカ県】
1月19日、武装集団が、綿繰り工場にある綿花100トンに放火。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/19/462697.htm

【ハサケ県】
1月17日、Ra's al-'AinでPKKとFSAが交戦。8人死亡、FSAの40人が負傷、PKKも数不明だが負傷。
http://megalodon.jp/2013-0118-0242-21/www.todayszaman.com/news-304366-fights-between-syrian-opposition-and-pyd-forces-drags-on-8-militants-dead.html

1月17日、司祭からの報告。市内の公道を、Jabhah al-Nusrahが練り歩き、キリスト教徒を殺害したり、誘拐して身代金を要求したりする。彼らは、兵役年齢に該当する1990〜92年生まれを探しており、見つけると殺す。毎日午後3時になると、ゴーストタウンのようになる。ハサケ(市?)には、Syriac, Chaldean, Armenianを中心に25千人のキリスト教徒がいる。停電は1日23時間、燃料不足、水も断水気味で、Jabhahが攻勢をかけたら、キリスト教徒は大脱出すると予想される。
http://megalodon.jp/2013-0129-0011-29/www.fides.org/aree/news/newsdet.php?idnews=33070&lan=eng

1月19日、Ra's al-'AinでJabhah al-Nusrahが攻勢、無差別砲撃。クルドKNC同市支部が、トルコ、SNC、NCSORF、FSAに対し、攻撃を止めさせるよう要請。AFPによると、Jabhahは17日、戦車3両をトルコから持ち込んだ。クルドを抑えるため、トルコ政府がJabhahを利用していると観測されている。(注:戦車をトルコ側から持ち込んだということは、トルコ正規軍が支援していることを示している。)
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-19/202956-kurds-demand-support-from-syria-opposition-as-rebels-attack.ashx

1月19日、ハサケ市内で、少女が家族の前でレイプされた。病院に運び込まれたが、顔を含む全身が鋭利な刃物で切られている。トルコSol紙。
http://megalodon.jp/2013-0120-0549-26/goo.gl/gfuhm

1月19日、イラクKRGのバルザニからal-Qaamishliに届いた支援物資。
http://www.youtube.com/watch?v=jYauOKUbEYE

1月22日、Ra's al-'Ain人民委員会と地元部族が合同委員会を結成し、地元民以外(Jabhah al-Nusrah)は出て行くよう声明を発表。
http://megalodon.jp/2013-0123-1435-56/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132419

【ハマー県】
1月21日、al-Salamiyyahで自動車爆弾。25人(al-Watanは32人)死亡、多数負傷。写真あり。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/22/463223.htm

1月23日、イスマーイール派Agha Khanアガ・ハーンが、外国の陰謀と戦うシリアに対し支持表明。Hama県al-Salamiyyah爆破事件を非難。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/23/463553.htm

1月27日、'Aqrabアクラブ住民が自宅に戻った(12月上旬の事件の続報)。他県の事件まとめ。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=43&id=34562

【ダマスカス県】
1月27日Daaraiyaaダーライヤーの戦いで、米国、欧州、トルコ、イスラエル、湾岸アラブのスパイを多数逮捕した。(注:別情報では、モサド4人を逮捕。まことしやかに名前まで伝えられている。)
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=6&id=25069

【クナイトラ県】
1月26日、Golanの軍情報部で爆破、8人死亡。ロンドン観測所が発表。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-26/203826-car-bomb-attacks-kill-eight-in-golan-heights.ashx

【スワイダー県】
1月8日、以前は静かだったスワイダー県でも事件が増えている、とする記事。2012年12月からの年表と動画へのリンクあり。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-08/201228-swaida-resistance-in-quiet-part-of-syria.ashx

1月14日、ゲリラを撃退したら、押収品からイスラエル製の包帯が出てきた。00:38から。
http://www.youtube.com/watch?v=RMYgGd1uW3M



【全体】
1月27日、死者合計50,009人。ロンドン観測所の発表。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-27/203902-activists-say-syria-toll-more-than-50000.ashx

1月18日、主な小麦備蓄センターは厳重警備だが、地方の小さなセンターが狙われている。(シリア産小麦は高品質で高値で取引されるのに、)トルコ側で、国際価格の半値で売りさばかれている。戦略備蓄は400万トンあり、半年分
http://www.syrianow.sy/index.php?d=34&id=69904

1月18日、情報筋によると、国家防衛軍(National Defence Force)を新設する計画。規模は(全国で?)1万人で、軍事教練を受けた人民委員会等で構成する。軍を補完し、町の警備を担当。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605343/
動画。
http://www.youtube.com/user/NDForces/feed?filter=2
1月23日、国家防衛軍、女性部隊の動画。
http://www.youtube.com/watch?&v=_QaNfAAZaX8
1月21日、国家防衛軍について、ロンドン観測所は、イランが訓練していると主張。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-21/203174-syria-builds-paramilitary-force-aided-by-iran-activists.ashx
1月23日、国家防衛軍に関するレポート。中年女性も参加している。Homsでは18 - 50歳の志願者。昼間は普通の仕事に従事。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-23/203464-women-join-ranks-of-assad-forces-in-syrias-homs.ashx

1月20日。様々な専門家の判断は、情勢は政府優位に転換で一致。国内軍事、外交の両面で。al-Watan紙。
http://megalodon.jp/2013-0122-2106-45/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132357
1月21日。軍は、対イスラエル部隊、防空部隊を維持しながら、対ゲリラ戦に対応できている。国民が、ゲリラの居場所を軍に通報している。ロシアとイランのアサド支持は揺るがない。政権の基盤は固い。al-Safir紙コメンテーター。
http://megalodon.jp/2013-0122-2257-51/goo.gl/O5cNi

1月22日、考古学博物館局の話。遺跡被害について流布されている情報は正しくないとして、被害を受けた場所の地名・内容のリストを発表。博物館の内部は問題なし。
http://www.sana-syria.com/eng/28/2013/01/22/463302.htm
1月23日。考古学遺跡局の話。Hasakah県北の遺跡は、地元民が監視しており、被害なし。県南は治安が悪く、調査不能。RaqqahのJa'bar城は安全(被害なし)だが、しばらく閉鎖。Deir県では、Dora Oropes博物館で、レプリカが盗まれたが、現物は安泰。ほかの遺跡は大丈夫そう。Idlib県ではEbla遺跡で2012年12月末までに盗掘が活発化した。Hama県ではApameaの被害が大きい。Homs県でも盗掘。Aleppo県ではSam'aan山のal-Diriya洞窟が略奪された。
http://www.sana-syria.com/eng/35/2013/01/23/463531.htm

(番外編)
1月22日。シリア電子軍が、ネットから秘密文書を入手。カタールがロシアに対し、ロシア軍基地をFSAの攻撃から守ると提案。モルシ・エジプト大統領が、製鉄所をカタールに売却した・・・など。HP上でQatarLeaksとして公開。
http://www.syrian-es.org/
レバノンal-Akhbar紙もQatarLeaksのページを設けた。
http://www.al-akhbar.com/node/176123



1月20日、避難民の数。近隣4ヶ国に45万人(注:1月10日のUNHCRによると、59.8万人)、遠くの外国に5万人、国内350万人、合計400万人。



【反体制派】
1月21日、NCSORF議長がQatarを訪問。Qatarが20milドルを渡した。

NCSORFは、暫定政府にRiyad Hijab元首相を選出しようとしたが、激しく反発され、収拾が付かず、そのまま解散。暫定政府の樹立に失敗
http://rt.com/news/guest-syria-opposition-talks-376/
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


ロシアがシリアに最新型戦車を供与の情報

2013/01/16 06:39
ロシア海軍が軍事演習をするためシリア沖に集結しているが、その際、T-92型戦車(T-92は存在しないので、T-90の間違いか?)150両を引き渡す。破壊された戦車を補充する。価格は1両3milドル。

今回の調達は総額2bilドルで、戦車以外の調達品は、戦闘機・ヘリコプター・戦車用の弾薬多数。支払いは10年分割ローン。

演習では、沖合に浮かべた古い船を標的とする、ミサイル発射訓練を行う。そのため、シリア沿岸から6マイルが危険海域として宣言される。

米国が、ボスポラス海峡でロシアの船を通さないようトルコ政府に要請したが、プーチンはエルドアンに対し、もし海峡を閉鎖したら、戦争が始まると警告した。

レバノンal-Diyar紙の1月14日付け記事。
http://megalodon.jp/2013-0116-0253-58/diyar.charlesayoub.com/index.php/aldiyar-topic-article/5148/19099

・・・T-92という幻の戦車(笑)が紹介されているので、ガセネタかもしれないが、シリア政府がやけに強気になっている時期にあり得ない話ではないので、一応記録しておく。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


シリア:アレッポ大学にロケット2発、死者220人。犯人は・・・

2013/01/16 06:31
1月15日、アレッポ大学に砲弾2発。市街地北西端al-Lairamounから発射された。試験期間中で、死傷者が発生(死者88人、負傷者160人)。(写真あり。破壊力が強いので、ゲリラお手製のミサイルではなさそう。Military-gradeのミサイルだろう。)
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/15/461940.htm
写真多数。
http://www.sana-syria.com/ara/336/2013/01/15/461966.htm
シリア国営テレビの映像。
http://www.youtube.com/watch?v=l5DtdLf-akQ

(1月17日21時45分追記
事件について、軍参謀本部が声明を発表し、政府の見解を統一。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/16/462197.htm

がれきの処理を進めるにつれ死傷者の統計が増えた。死者220人、負傷者2000人以上

学生寮は、家を失った人の収容センターとして使われているが、危険を感じて退去した人が3000人いる。その数は、現在も増えている。

・・・約1万人の避難民が学生寮に収容されているわけだが、2000人以上の死傷者を出すような爆撃をされたら、真冬とはいえ、出て行くのだろう。この集団は今晩、どこかの壊れたビルにでも身を寄せるのだろうか?
(追記終了)

・・・場所は、IT学部という話と建築学部という話が流れているようだ。学生寮っぽくみえる建物も写っている。避難民の収容センターとしても使われているので、皆さん大丈夫だったのでしょうか?

ところで、私のところに、空軍戦闘機が、al-Lairamounに落とすべき爆弾を、間違ってアレッポ大に落としたという報告が入っていますけど(汗)。

バッシャールが、直ちにアレッポ大修復を約束したので、きっとそういうこと(誤爆)なのでしょう。被害者と遺族には、バッシャールが補償すると思います。

(1月18日15時15分追記
普通のテロ事件は、その日だけニュースにしておしまいなのに、政府系メディアでは、アレッポ大虐殺事件として18日朝(現地時間)も大きく扱い続けている。

死亡した学生については、それぞれの専攻の卒業証書を発行する方向で検討しているそうだ。こういう動きを見ると、やはり政府がミスを取り繕っていると感じる。
(追記終了)

ちょww これ対空砲でできた穴じゃないだろww
画像 画像 画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0


シリア情勢まとめ(外交) 1月13日まで

2013/01/15 06:00
国際社会
【ロシア】
ロシアはシリアの化学兵器管理に、直接関与している。Ha'aretz紙1月10日。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604596/

トルコ外務次官が1月8日、ロシアを訪問し、Bogdanov外務次官と協議。Anatolia通信は先週、トルコがロシアに新しい提案をすると報じた。同じ人物が来週、米国を訪問する予定。
http://megalodon.jp/2013-0111-0514-12/www.todayszaman.com/news-303565-top-turkish-diplomat-set-for-syria-talks-in-moscow-washington.html
同じ人物が来週、米国を訪問する予定。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604499/
ロシア・トルコ外務次官が1月10日、流血を止めるため、ジュネーブ合意の早期適用で合意。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/10/c_132094408.htm

ロシア国防省が1月11日、1月末にシリア沖で実施する軍事演習について声明。1
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604697/
声明。2
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604685/
1月11日、シリアへ大型戦車揚陸艦をさらに1隻派遣
http://japanese.ruvr.ru/2013_01_11/100692296/

米ロ・ブラヒミ会談について

ブラヒミが1月9日、BBCに語った。人々が言っていることは、40年の家族支配は長すぎるということだと思う。従って、変化は本当のものでなければならない。私は、アサド大統領が国民の気持ちに抵抗するのではなく、率先して応えることができると思う。アサドは、明らかに暫定政府のメンバーではない。アサド提案は、過去に失敗した提案の繰り返しで、(現行?)より宗派主義的である。・・・など。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-10/201607-brahimi-hints-its-time-for-assad-to-go.ashx
ブラヒミは1月9日、口が滑ったと釈明。
http://www.aljazeera.com/news/middleeast/2013/01/20131922372247765.html

シリア外務省は1月10日、ブラヒミ発言について声明発表。任務を逸脱した発言はおかしい。(外国人が)シリア国民の名で物事を語ることはできない。(記事前半)
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/10/461212.htm
元駐サウジ・ロシア大使が1月10日、ブラヒミを批判。暫定期間中のアサドの役割について、ブラヒミ発言は、安保理重要メンバーであるロシア、中国その他の意向を反映していない。結論を急がず、本来の調停任務に専念すべき。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604633/

1月11日、ジュネーブで米ロ・ブラヒミ会談。会談後のブラヒミの話。軍事解決はないことで合意。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604722/
進展はなかった。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-11/201873-brahimi-all-sides-stress-for-political-not-military-solution-to-syria-crisis.ashx
1月12日、米ロ・ブラヒミ会談後に、ロシア外務省が声明発表。ジュネーブ合意遵守、外圧なしでシリア人が決める、国際法遵守が原則。ブラヒミの活動を支持。全てのコミュニティーが、シリア国内と、立法において平等が保証されなければならない
(↑突然ロシアが新しい条件を持ち出した。平等の定義が問題になる。宗派主義的な議席割り当て数という意味なのか、少数派が拒否権を持つという意味なのか、何なのか。)
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604779/
国連事務総長の1月12日発言。米ロ・ブラヒミ会談で進展があったと聞き、嬉しい。(←具体的なことは不明。)
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604771/
ロシア外相の1月13日の話。アサド退陣という前提条件は、達成不能。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604903/

(バアス党筋の話)
米国が対シリア戦で設定している条件は、(1)世界大戦は不可、(2)アフガン化、ソマリア化(=混沌とした状態)は不可(=アサドだけ排除し、統治機構を残しつつ、すみやかに新体制に移行する)、(3)アル・カーイダ跋扈は不可。

シリア叩きは世界大戦につながるから、軍事解決はない。

政治解決については、アサド大統領の同意が必須だ(=米国は、非現実的なアサド退陣要求を取り下げなければならない)。

アサド提案では、軍事介入を叫び、外国政府とつながった反体制派を切り捨てているので、政府と反体制派海外組との対話は、現実的でない。アサド提案は、もっと広範な対話を想定している。前の記事

ロシアは、排除される反体制派海外組が、(ブラヒミなり第三国の外交官を通じて)シリア政府と間接対話する参加方法があると提案し、米国とブラヒミが興味を示した。
(注:シリアの政治対話に、外交官はオブザーバーとして参加し、発言することができるが、採決に参加することはできない)。

暴力停止とは、諸外国がテロ支援を止めることである。シリア政府には関係ないこと。前の記事(リンク先の冒頭の下線部)

国民対話→選挙→組閣→新憲法制定は、スケジュールを逆算して決まった既定路線。3月末までにテロ撲滅したら、国連(停戦?)監視団、独立の選挙監視団、国民対話への外国オブザーバー参加などが予定されている。
(バアス党筋おわり)

(米ロ・ブラヒミ会談の話題おわり)

1月11日。シリア反体制派が、ロシア人、ウクライナ人、ベラルーシ人を雇い、ロシア人傭兵がシリア政府軍を助けているとする捏造動画を、トルコとヨルダンで撮影し、(ネットにアップ?)しようとしている、とロシア軍事・外交筋が批判。
http://english.ruvr.ru/2013_01_11/Provocation-against-Russia-being-prepared-in-Syria/

(注:シリアに、カタールのガス・パイプラインが通り、EUが、ロシア産ガスとカタール産ガスを天秤にかけて価格交渉するようになったら、ロシアは大変な収入減に見舞われるので、必死。親分であるロシアのため、シリアが体を張って踏ん張っている。とにかく何をしてでも動きをブロックすれば、それがシリアにとっての勝利。ブロックしすぎて、国土が随分荒廃してしまったが、それは子分の宿命というもの。)



【国連】
WFP 1月8日の発表。食糧支援を必要とする人250万人、飢餓100万人。治安が悪く、スタッフをHoms, Aleppo, Tartousから引き上げており、支援を必要とする人に届けることができない。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604422/

1月6日、UNHCR登録の避難民数。トルコ150,906人、レバノン135,361人、ヨルダン128,628人、イラク69,048人、エジプト13,192人、北アフリカ5,059人、合計597,240人。
http://data.unhcr.org/syrianrefugees/regional.php
1月10日、UNHCR登録避難民数612,134人。12月11日509,550人と比較して、102,584人増えた。Jordan 176,600, Lebanon 200,000, Turkey 153,000, Iraq 69,000, Egypt 13,000, North Africa 5,000以上。ヨルダン政府は28万人としている。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-11/201841-syrian-refugee-numbers-soar-by-100000-un.ashx

UNHRC 1月9日。OHCHRが回答:3社の中からBenetechを選んだ。公開入札ではない。・・・回答を得られたことは結構だが、事前の説明と異なる。前の記事
http://www.innercitypress.com/ohchr5benetech010913.html

【米国】
1月11日、米国の2012年対シリア人道支援の総額は210milドル。
http://en.rian.ru/world/20130111/178703769/US_Provided_Syria_Humanitarian_Aid.html

国防長官の1月12日発言。もしアサド体制が平和的移行に合意するならば、ペンタゴンは(化学兵器を管理する?撤去する?)部隊を派遣することができる。シリアに地上軍を派遣することはない。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-12/201894-us-willing-to-help-damascus-secure-wmd.ashx

【フランス】
パリで1月10日、PKKの女性活動家3人が暗殺された。PKKの共同設立者を含む。
http://rt.com/news/kurdish-women-killed-paris-683/
トルコ首相の1月11日発言。PKKの幹部3人暗殺事件は、内部の粛正かもしれない。トルコとの和平交渉を快く思っていないグループが、内部にいる。
http://megalodon.jp/2013-0112-0241-03/www.todayszaman.com/news-303715-erdogan-evidence-suggests-paris-killings-could-be-inside-job.html
クルド人活動家暗殺事件に関するまとめ記事。The Guardian 1月11日付け。
http://megalodon.jp/2013-0115-0127-02/www.guardian.co.uk/world/2013/jan/10/kurdish-activists-assassination-peace-talks
1月12日。暗殺事件について、PKKが早期真相究明を要求。トルコは、フランス大統領と暗殺されたPKK幹部との定期会合について説明を求める。
http://rt.com/news/kurdish-turkey-protest-hollande-861/



周辺諸国
【GCC】
サウジ情報部がJabhah al-Nusrahを作った。レバノンに後方支部隊がいる。フランスIntelligence Onlineの1月11日付け記事。
http://www.sana-syria.com/ara/191/2013/01/11/461317.htm

UAE Dubai警察庁長官の1月9日発言。GCCがムスリム同胞団を受け入れたのは、認識不足による大きな過ちだった。今では、政府・社会のあちこちに分子が入り込んでしまった。
http://topnews-nasserkandil.com/topnews/share.php?sms_id=36126
同日、Dubai警察庁長官の話。UAEの過激派細胞は、Yemenのアル・カーイダと関係がある。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-09/201505-uae-militant-cell-linked-to-yemens-al-qaeda-police-chief.ashx
UAEが逮捕した60人以上の同胞団関係者に資金提供していたのは、クウェート人。クウェート首長がclosed meetingで議員たちに明かした、とクウェート紙が1月11日報道。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-11/201870-kuwaitis-financed-brotherhood-members-held-in-uae-media.ashx
Dubai警察庁長官の1月12日発言。逮捕した同胞団分子は、紙幣偽造をしていた・・・など。

【イラン】
12月28日から1月2日まで海軍軍事演習。
http://www.presstv.ir/detail/2012/12/30/280834/iran-drills-held-to-counter-enemies/

1月6日、シリアとバーター貿易の枠組みで合意。シリア側は貯蔵販売公社。イラン側はSafir Nour社が窓口になる。輸出側が経費負担する。ユーロ建て。文書の言語はアラビア語。
http://megalodon.jp/2013-0107-1611-02/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131721

駐レバノン・イラン大使の1月6日発言。シリアにおける軍事衝突は、膠着状態に達した。イランの6項目提案に注目するよう呼びかけ。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/07/c_132084432.htm

1月9日。イランは、イラク向けに天然ガス輸出を2013年3月までに開始できる予定。パイプライン建設。
http://www.presstv.ir/detail/2013/01/09/282649/iran-plans-iraq-syria-gas-pipeline/

イラン副大統領1月8日の発言。実験用核融合発電施設の建設を開始。
http://goo.gl/DMXN7

1月13日。EU諸国は、寒波を受け、直接・間接にイラン産原油の購入を求めている。そのため数倍の料金を支払う。
http://goo.gl/hI70C
06 Iran0113 制裁があっても石油輸出に問題なし。石油省報道官の話。
http://english.irib.ir/news/economy/item/104988-no-problem-in-selling-oil-iran
(注:これは本日最大のニュース。どうりで最近イランが強気だと思った(笑)。世の中は米国の思い通りに動かないのであった。)

石油大臣の1月13日発言。経済制裁が続くなら、石油産業に必要な機材を国産する。

【イラク】
イラク政府は1月11日、南部の石油開発鉱区を、トルコ企業から取り上げ、クウェート社に与えた。
http://megalodon.jp/2013-0112-0359-18/www.hurriyetdailynews.com/kuwaiti-firm-replaces-turkey-in-iraqi-field.aspx?pageID=238&nID=38825&NewsCatID=348

【レバノン】
1月5日、トルコから、衛星通信できる通信機3台を持ち込もうとしたシリア人を、ベイルート空港で逮捕。
1月8日、トルコから通信機3台を持ち込もうとしたNCSORF所属のシリア人を、当局が釈放。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-08/201375-lebanon-releases-member-of-national-syrian-coalition.ashx

1月5日発表。レバノン大統領が1月22〜23日、ロシアを訪問する。ロシア正教総主教の招待だが、プーチン大統領とも会談する。ロシアに武器支援を要請する。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-05/201015-soliciting-russian-military-aid-on-sleiman-agenda.ashx

レバノン内相が1月5日、al-Safirに語った。レバノンの辺境地に、シリア反体制派に属する武装テロ集団を訓練するキャンプがある。トルコとヨルダンは、シリア・パレスチナ人が、レバノン経由で入国することを禁じた。(シリア避難民増加が原因で)窃盗・殺人が50〜60%増えた。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/05/460325.htm

マロン派総司教が1月6日、武器は政府軍に限定されるべき、と発言。ヒズボラの件。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-06/201106-rai-says-arms-should-be-limited-to-the-state.ashx
マロン派司教会議が1月9日、シリア人とパレスチナ人避難民の急増に懸念表明。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-09/201502-maronite-bishops-reiterate-call-for-new-cabinet.ashx

1月7日、米国から兵員輸送車200台、ヘリコプター2機などの引き渡しを受ける。
http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/2013/Jan-07/201181-us-gives-lebanon-200-armored-vehicles.ashx

1月9日。UAEの不動産王Habtoorが、レバノンの5ツ星ホテルとショッピング・モールを売却する意向であることを、経済誌The Arabian Businessに明らかにした。レバノンの政治・経済情勢が悪いため、この先数年間は、直接投資が落ち込む恐れがある。
http://www.dailystar.com.lb/Business/Lebanon/2013/Jan-09/201401-habtoor-considers-selling-assets-in-lebanon.ashx

Cyprus大統領が1月10日、レバノン訪問。EEZの境界線問題について協力することで合意。海底天然ガス田開発。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-10/201655-cyprus-lebanon-sign-bilateral-agreements.ashx

1月11日、テロ行為関与の多国籍集団530人を、当局が逮捕。
http://www.youtube.com/watch?v=8EQ5w8sbEk4

シリアから逃げてきたパレスチナ人避難民が約20,500人いる。シリア危機のパレスチナ人死者数885人。Hamasの1月12日発表。
http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/2013/Jan-12/201943-over-20000-palestinians-from-syria-remain-in-lebanon-hamas.ashx

1月12日。ベイルート港が好調。コンテナの年間取扱量は40万〜45万個を想定しているが、2年連続で100万個を超えた。シリア危機の影響で、本来ならばシリアの港で取り扱うべき貨物が、ベイルートに回ってきた。ベイルート港からの輸出も、2012年に27%増加。拡張工事が進められている。
http://www.dailystar.com.lb/Business/Lebanon/2013/Jan-12/201926-beirut-port-expansion-ongoing-as-syria-conflict-redirects-trade.ashx

【トルコ】
1月7日。避難民数152,051人。キャンプは5 in Hatay, 2 in Sanliurfa, 3 in Gaziantep, 1 in Osmaniye, 1 in Kahramanmaras, 1 in Adiyaman, 1 container city in Kilis。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/07/c_132086715.htm

1月8日発表。避難民が、キャンプ代表を選ぶ選挙を1月17日に実施する。
http://megalodon.jp/2013-0115-0205-11/www.todayszaman.com/news-303454-syrian-refugees-in-turkish-camp-to-vote-in-taste-of-democracy.html

1月9日。トルコが、LNG輸入を増やす計画。カタールと長期契約を結ぶ。可能であれば米国からも買う。ガスの対ロシア・イラン依存度を下げる
http://megalodon.jp/2013-0111-0514-09/www.todayszaman.com/news-303537-.html

1月9日。PKKとの和平交渉のロードマップ。
http://megalodon.jp/2013-0111-0513-45/www.todayszaman.com/news-303508-.html

トルコは、アサドが残留する暫定政府を受け入れなければならないかもしれない。ロシアがスタンスを変えないから。元外相でシンクタンク理事長の1月11日の話。
http://megalodon.jp/2013-0112-0228-38/www.todayszaman.com/news-303794-.html

1月12日。イドリブ県北Haarimの住民によると、トルコ政府は、対シリア国境を一時的に閉鎖。トルコが応援していたタウヒード旅団が一時期の影響力を失い、Jabhah al-NusrahがBab al-Hawaa検問所で、「シリア・イスラム国」のハンコを押している。国境の南側に、ターリバーンのような地域ができ、世俗トルコを背信として攻撃し始めることを恐れているのではないか。シリアal-Watan紙。
http://megalodon.jp/2013-0114-0206-38/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131947
(注:もしこの情報が事実であれば、トルコが、シリア政府からの国境封鎖要求に応えた動きとして、興味深い。ゲリラ掃討の動きが加速されることにつながる。外交交渉がどんどん動いている。前の記事

1月13日付けAsharq al-Awsat紙。トルコ国内にいるシリア避難民と、シリア国内のゲリラ支配地区を統括する施政官(Wali)を任命。Gaziantepに駐在。(注:取りあえず援助物資を配布するだけと発言しているようだが、言動によっては立派な内政干渉に発展しうる。)
http://megalodon.jp/2013-0114-0151-42/www.aawsat.com/details.asp?section=1&issueno=12465&article=712811
http://megalodon.jp/2013-0114-0151-34/www.aawsat.com/details.asp?section=4&article=712849&issueno=12465

シリア危機のトルコ経済への影響。1月13日付けToday's Zaman記事。
生産能力を(トルコによって)破壊されたシリアは、今や基礎物資に至るまで、トルコのハタイとガジアンテプから輸入しなければならない。両県のいくつかの工場は、反体制派が支配するシリア国内の地域向けだけのために生産している。

(注:シリアの政治解説者も、アレッポ県で壊す対象の工場が無くなったと語っている。)

ハタイに避難してきているシリア人富裕層が、トルコの銀行に預けている金額は、15億ドルを超える。

ハタイ商工会議所(BİRSİAD)会頭は、次のように語る。運輸業と観光業が問題に直面しているものの、トルコ人とシリア人の距離が、今ほど近づいたことはなかった。危機が終われば、シリアの復興事業は、トルコの建設業にとり大変有望である。シリア人富裕層は、全預金をハタイに持ち込んでいる。

アンタクヤのバザールの有力商人の一人も、そのような意見に同調する。時折ハタイでデモをして叫んでいる商店主を気にする必要はない。彼らのビジネスはうまくいっている。政治的、思想的理由でデモをしているだけだ。

地主と不動産業も、避難民流入のおかげで潤っている。国境沿いReyhanlıレイハイルでは、家賃が1000トルコ・リラ(5万円)以上になった。しかも、シリア人富裕層は、1年分を前払いする。

シリアの良質の労働者が、国境沿いの県に流入した。中には、医師やエンジニアまで含まれる。国境沿いのトルコ人は、アラビア語を理解するため、言語の問題はない。トルコ企業にとり、シリア人労働者は、重要な代替労働力供給源になった。

シリア反体制派は、医療サプライの全てをハタイ県から入手している。ある医療サプライ会社は、シリア危機が始まってから、売上が30%増えた。外科用サプライからベビーフード、ドリンク剤に至るまで、何でも売れる。

従って、シリア危機が国境沿いの県の経済に悪影響を与えているとするプロパガンダに反し、実際には好影響を与えている。しかし、ハタイ県民は、事情はどうであれ、危機が終わることを望んでおり、平和に交流したいと語る。

悪影響を受けている分野は、輸出業者、運送業者、トラック運転手である。レバノン、ヨルダン、サウジ、UAE、イエメン向けに、陸路で輸出することは、最早できない。ハタイの輸出業者は、中東以外の市場を探しているという。その被害額は、2億ドルに達した。

Cilvegözüジルヴェギョズュ(バーブル・ハワーのトルコ側)検問所を通過した車両数は、2011年7月には1万5千台だったのに、2012年7月には3023台に激減した。2012年8月にはわずか30台だった。

2011年7月にハタイ県を訪れた観光客数(大半はシリア人)は28万人だったが、2012年7月には5万5千人だった。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1


シリア情勢まとめ(治安、軍事、政府) 1月13日まで

2013/01/15 05:44
【アレッポ】
1月8日。アレッポ市内のアサド支持率は70%。FSAが認める。FSAは行いが悪いので、市民から嫌われた。(注:残虐なアサドは嫌われていなければいけないのに、おかしいですねぇ。ロイターがこのような記事を配信したということは、やはり国際政治の流れが変わったのではないだろうか?)
http://megalodon.jp/2013-0115-0106-25/www.reuters.com/article/2013/01/08/us-syria-crisis-rebels-idUSBRE9070VV20130108

国防省は1月10日、アレッポ県民が治安維持活動に参加することを許可。志願者は、バアス党学校で登録し、訓練を受けたうえ、バアス旅団に配属され、共和国防衛隊の指揮下に入る。(注:その後、応募多数という報道あり。2万人という数字も。)
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=6&id=24773

1月12日、市内の大モスクから城にかけて、ゲリラを退治したと報告する、シリア国営テレビのニュース映像。街並みが見事に壊されている。いやはや。06:53から。
http://www.youtube.com/watch?v=TkVx1Ee6bcM
そのTVレポーターによる、衝撃の写真集。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.194783337332617.59528.150902318387386&type=1
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.194779663999651.59527.150902318387386&type=1
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.194768610667423.59524.150902318387386&type=1

1月13日、西郊外Khan al-'Asal でトルコ兵5人を逮捕。空港を襲撃するグループに、トルコ兵がいる。アレッポ市のバアス旅団募集に多数の応募。その他、他県も含め様子まとめ。
http://megalodon.jp/2013-0114-1627-10/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132014



【他県】
1月9日、ゲリラがイドリブ県Taftanaazタフタナーズ軍用空港の大半を占拠。ロンドン観測所が発表。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-09/201542-jihadists-seize-parts-of-syria-military-airport-activists.ashx
1月11日、軍筋によると、ゲリラ側死者1476人→Binnishの反体制派。空港は、政府軍が押さえている。陥落情報は捏造。空港周辺に、Latakia, Hama, Tartousのミサイル基地から、ミサイルを数十発、落としている。
1月12日、軍筋の話。アレッポ、イドリブ両県から、Jabhah al-Nusrahが7500人を集めた。シリア軍は困って撤退するふりをし、ゲリラを基地内に誘い込んだ直後、攻撃を仕掛け、5000人を殺害した。これまでにシリア全土で始末したゲリラ総数は30万人(注:3万人の間違いでは?)。

(注:このところ、一旦基地を明け渡し、ゲリラが中に入って喜んでいるところに集中砲火を浴びせ、全滅させる手法を繰り返しているので、別に珍しい展開ではない。)

(バアス党筋の話)
1月10日。外国情報部(注:トルコと思われる)がFSAを数ヶ所に集めたところを、シリア政府軍が一網打尽にする作戦が実行された。代表的なものが、イドリブ県Taftanaazとアレッポ県Minghの両軍用空港に対する襲撃報道である。軍は両地点でミサイルを使い、ゲリラ1万人(注:少し大げさ?)を始末した。軍側の死者は30人である。アレッポ市内al-Sukkariの80%を軍が制圧した。市全体の制圧が完了する日は近い。

(注:トルコ情報部とシリア軍が、武装集団を始末する目的で、裏で連絡を取り合った、という意味なのかどうか?)
(バアス党筋おわり)

NATOは1月10日、1月2、3,10日に、シリア軍が、北部地帯にスカッドミサイルを落とした、と発表。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-10/201660-short-range-missile-was-launched-in-syria-on-wednesday-nato.ashx
(注:命中率の低いミサイルで、そんなにきれいに始末できるものなのか疑問があるが、このような話が流れている。私がチェックしている範囲では、スカッドが使われたとするNATOの発表と、シリア筋の話が一致したのは、今回が初めて。)

1月10日。政府軍は、狙撃手の位置を正確に捉え、厚さ70cmのコンクリートの壁を突き破る、強力なミサイルを導入している。

1月11日。情報筋によると、テロリスト一掃のため、世界水準の対ゲリラ戦の訓練を受けた精鋭部隊が投入される。様々な現場に対応する最新の訓練を施しており、シリアでは初。

1月12日。空港攻撃はフランスの作戦、防空基地攻撃は米国の作戦。空港は防御が堅牢で成功しないので、防空基地攻撃に切り替えた。al-Manarの記事。
http://megalodon.jp/2013-0112-2231-34/www.syrianow.sy/index.php?d=34&id=69498
http://english.irib.ir/news/middle-east/item/104986-%E2%80%98us,-france-plan-raids-on-syria-airports%E2%80%99

デール県で1月13日、小麦サイロと石油パイプラインを襲撃していたテロ集団を征伐した。他県の事件。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/13/461567.htm

人民議会事務局長の1月12日発言。衝突は今後も続く。軍が文字通り全土で戦うことは、得策ではない



【寒波到来】
1月7日、全国的に、この冬一番の寒さ。アレッポでは最低1度、最高7度。山では雪。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/07/460787.htm
1日8日、アレッポで最低気温マイナス1度、最高気温3度。シリア各地で雪。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/08/460814.htm
1月9日、シリア各地で積雪。ダルアー県のある村では65mmも。写真あり。
http://www.sana-syria.com/ara/373/2013/01/09/460964.htm
1月11日、アレッポで最低気温マイナス2度、最高気温6度。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/11/461264.htm
1月12日、過去数日間、シリア全土で低温・豪雪。早くも年間平均降雨量を達成した町がいくつかある。
http://megalodon.jp/2013-0114-0243-06/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131923
1月13日。シリアで降雨量が一番多いのはタルトゥース県だが、大きなダムが1つ、小さなダムが3つあるだけ。降雨量は多いのに、ほとんど海に流れてしまう。給水車で水を運ばなければならない村がある。
http://megalodon.jp/2013-0114-1818-03/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131974
1月13日、アレッポで気温が平年並みに戻る。2/10度。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/13/461532.htm
(注:テントで難民生活している人たちは大変だったと思う。)



【反体制派】
最近シリア政府系メディアにも取り上げられるようになったHaitham Mannaa'ハイサム・マンナーアが1月8日、レバノンal-Safir紙に語った。アサド演説は、真の問題解決を示しておらず、傲慢。このところ軍事作戦が成功しているので、解決を押しつける姿勢を改めなかった。自分が勝つ手法ではなく、他人を負けさせる手法だ。

アサド大統領が演説で、「国家存立の問題であり、対決相手はテロであって、革命ではない」と語ったあと、国内の雰囲気が変わった

ダルアー県Ma'ribahとBusraa al-Shaamの住民代表が先日、Jabhah al-Nusrah司令官に面会に行き、ヨルダンに避難させられるのは迷惑なので、家から出て行って欲しいと申し入れをした。司令官は、「ここは君たちの土地ではない。聖戦の土地だ。我々とともに聖戦に参加するか、さもなくば去れ」と言われ、追い払われた。
http://megalodon.jp/2013-0109-0448-25/goo.gl/UjJnT

1月5日。アレッポ県北'Afreenで、クルド人がPeshmerga旅団を結成。
http://www.youtube.com/watch?v=XZAKvvvQyVo

NCSORF議長の1月10日発言。アサドは、裁判なしで出国できない。
http://megalodon.jp/2013-0111-0516-02/www.todayszaman.com/news-303616-opposition-leader-assad-cant-leave-syria-without-trial.html
1月10日、NCSORFが、国連とアラブ連盟からシリアを追放し、反体制派が設立する暫定政府に議席を与えるよう要請。シリア政府の資産凍結についても協力要請。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-11/201859-opposition-eyes-syria-seat-at-un-arab-league.ashx

SNCが1月9日、NCSORFに対し、ゲリラ支配地域に暫定政府を樹立するよう提案。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-09/201533-syria-opponents-propose-transitional-government.ashx



【体制派】
テヘラン会議で設立された国民会議準備委員会は1月8日、今から1ヶ月後(2月上旬)に会議を開くことを決定。5小委員会(メディア、規制、法務、社会、経済)を設置。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/08/460916.htm

Amin Hutaitアミーン・フタイト(シリア政府に近いレバノン人戦略家)の1月10日寄稿。
(1)イラン海軍演習は、イランには十分な攻撃能力があり、イラン抜きのシリア問題解決は許さないという恫喝。

(2)ロシアの総合軍事演習は、成功しているシリア政府軍のゲリラ掃討と、アサド提案を守るという意志表示。
http://megalodon.jp/2013-0110-1749-15/thawra.alwehda.gov.sy/_View_news2.asp?FileName=62775492120130110012302

Amin Hutaitの1月11日寄稿
(1)SNCは、武装勢力の30%未満しか結集していない。(だからアサドは海外組を切り捨てた。)

(2)シリア戦が失敗した今、これまで共闘関係にあったサウジ(サラフィー支援)とカタール(ムスリム同胞団支援)の路線対立が表面化する。サウジに近いUAEが、同胞団を大量逮捕したのは、その始まり。

(3)EUが反体制派への武器供与を解禁するが、これまでも供与してきたので、新たな変化ではなく、単なる情報戦。EUはシリア問題に発言権を確保したいのだろうが、彼らに議席はない。

(4)米国の中東支配構想は失敗した。

(5)人質が釈放されたので、イランの行動の自由は広がる。

(6)シリア国民全体が陰謀に気付いたので、国民全体が軍を支持し、社会全体で治安を回復していく。

(7)ブラヒミは、(米国に近い)国連事務総長に任命された人物で、レバノン、イラク問題にも関与しており、宗派別分割の賛成派。彼の発言に今さら驚かない。シリアの勝利を覆すことはできない。
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=51&id=24775



【政府】
政府は1月13日、治安・国防の必要性から、スワイダー県のヨルダン国境沿い15村の30mベルト地帯を国有化することを、急ぎ決定。前の記事
http://megalodon.jp/2013-0115-0118-31/goo.gl/zvZew

先日、爆弾で暗殺未遂にあった内務大臣が1月8日、久々にテレビに登場(職務復帰)。テロは、安定回復の障害・・・などと語る。右手首から先は包帯でぐるぐる巻き(注:前回の暗殺未遂のあとも、右手をぐるぐる巻きにしていた)。左手も、手のひらから指にかけて、白い布を当てている。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/09/460953.htm
Addounia TVのニュース映像。
http://www.youtube.com/watch?v=r1WWPTOx9aM

Faaris al-Shihaabiアレッポ工業会議所会頭の1月8日発言。トルコは、トルコ企業と競合関係にある工場を狙って、放火したり、商品を盗んだり、製造機械をトルコに持ち出したりした。国境のトルコ税関は、不信な動きだと知りながら、全て通した。盗賊は、タダで仕入れたものをトルコで値段を付けて売り、莫大な利益を得た。工場略奪に関するトルコ政府関与の実態を、国連を入れて調査し、安保理決議でもって、トルコ政府に対し損害賠償請求して欲しい。シリア政府は、トルコが賠償するまで、トルコ製品を(アラブ連盟の)イスラエル・ボイコット・リストに載せるべき。
http://megalodon.jp/2013-0109-1457-15/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131809
http://megalodon.jp/2013-0114-0250-50/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131905
その他記事。

(記事後半)シリア外務省が1月10日、安保理と国連事務総長に書簡送付。アレッポの工場破壊・略奪、違法持ちだし、トルコで売却したことは、海賊行為であるとして、トルコを名指しで批判。安保理での対応を求めた。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/10/461212.htm

(注:常識的には、シリアから何か言われて賠償金を支払うトルコだとは思えないが、わざわざこのような話が出てくるということは、裏で進められている外交交渉で、一つの議題になっている可能性がある。)
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0


トルコがゲリラ支援から手を引き始めた シリアでイラン人など人質交換

2013/01/10 18:44
(バアス党筋の情報)
(1)イランはトルコに対し、イラン人人質(リンク先の文末)を解放するまで、トルコ向けガス輸出を停止し、再開しないと圧力をかけた。

(2)ブラヒミ国連特使はシリアに対し、和平のため、まとまった数の恩赦を要望。

(3)トルコはシリアに対し、イラン人釈放交渉を促進するため、まとまった数の釈放を要望。

(4)シリアはトルコに対し、最近逮捕したトルコ職業軍人引き渡しの条件として、ゲリラの不法越境を防ぐため、徐々に国境を閉鎖することを要求した。

(5)以上で合意が成立し、年末に釈放する段取りだったが、土壇場でシリア政府が年始に持ち越した。

(6)1月6日のアサド演説が終わったタイミングで、政府軍は、トルコ国境沿いに点在するゲリラ拠点をまとめて攻撃し、いくつも潰したのに、、米欧メディアは全く報道していない。

・・・ゲリラに対する支援が細っているという情報とも一致する。プーチンが面白いと評価したトルコの提案は、これなのかもしれない。



注:以下の記事で、CNNが表現するところの「民間人」とは、武装ゲリラのことです(笑)。



シリア政府、イラン人解放と引き換えに民間人2130人を釈放
2013.01.10 Thu posted at 11:16 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35026716.html

イスタンブール(CNN) シリア政府は、同国反体制派が拘束していた48人のイラン人の解放と引き換えに、アサド政権が拘束していた反体制派2130人を釈放した。トルコの慈善団体が明らかにした。

釈放されたのはいずれも民間人で、うち76人は女性だという。この捕虜交換はアサド政権との3カ月にわたる交渉の末、実現した。

イラン国営ファルス通信は9日、釈放されたイラン人は「シリアで8月にテロリストに誘拐された」巡礼者だと報じた。イラン政府はアサド政権を支持、シリアの反政府勢力について言及する際は常に「外国の支援を受けたテロリスト」と表現している。

反体制派「自由シリア軍」の広報担当者は今回の釈放を「大きな勝利」だとした。釈放された2130人にはトルコ人4人とパレスチナ人1人も含まれており、首都ダマスカスの刑務所と情報機関の施設に収容されていたという。

今回、解放されたイラン人について反体制派はイランの革命防衛隊のメンバーだったと主張。イラン政府はシーア派の聖地に向かっていた巡礼だとしてこれを否定している。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1


アサド大統領演説に対する評価 シリアが勝利宣言

2013/01/08 04:43
1月6日のアサド演説(アラビア語英語日本語
動画。アラビア語。
http://www.youtube.com/watch&v=LiBNS4dyy80
動画。イランPressTVによる英語の同時通訳。
http://www.youtube.com/watch?v=JGeGHVAjG5c&noredirect=1

【アサド大統領が示した、政治和解のロードマップ】
(1-1)地域および国際社会の関係諸国が、武装集団への資金、武器、潜伏先の提供の停止を遵守し、それと並行して武装集団がテロ活動を停止すること…。そのうえで我々の軍武装部隊が…報復権を保持しつつ、軍事作戦を停止する。

(1-2)このこと、とりわけ国境管理をすべての当事者が遵守するための仕組みの案出。そして第3に現政権が、政党などシリア社会のすべての当事者と集中的に連絡をとり、国民対話大会開催に向けた公開対話を運営する。

(2-1)シリアの主権、統一、国土保全、内政干渉拒否、テロと暴力の拒否という姿勢を強化する国民憲章の採択に至るために、現政府が包括的国民対話大会の開催を呼びかける。すなわち、政府は各党および社会集団にこの大会の規格を確定することを呼びかける…。国民憲章は、シリアの政治の将来を描くもので、憲政、司法、政治・経済体制を提示し、政党法、選挙法、地方行政法などの新法に関する合意をめざす。

(2-2)国民憲章を国民投票にかける。

(2-3)シリア社会の各構成要素を代表する拡大政府を発足し、国民憲章実施を付託する。

(2-4)(新)憲法を国民投票にかけ、憲法承認後に拡大政府が、国民対話会合で合意された法律と新憲法…に準じ、新議会選挙を実施する。憲法などの法律にかかる事柄はすべて「もし…なら」、すなわちこの大会で合意がなされればということになる。

(3-1)新憲法に沿って新たな政府を発足することである。

(3-2)国民和解総会を開催し、市民権を保持する…逮捕者の恩赦を行うことである。

(3-3)インフラ、復興、被災者補償のための準備を行うことである。
(青山先生の翻訳を引用)



ニュースとして流れている反応は、「新味なし」「反体制派が拒否」「米欧政府が酷評」というものばかり。たとえば、CNN日本語の記事



シリア政府お抱えの政治評論家の意見は、だいたい以下の8点に集約される。(注:政府系メディアには、「やった、勝った」みたいな論説が溢れている。)

(1)シリア戦を、「アラブの春」と区別することに成功した。

(2)シリア戦を、ロシア・中国・イラン・アジア全体の安保問題と結びつけ、国際政治の均衡を維持することに成功した。

(3)シリア戦続行が不可能であること、紛争の軍事解決が不可能であることを、敵に認めさせた。

(4)共通の課題が反テロ戦争であることを、敵に認めさせた。

(5)(アサド排除を要求する)敵に対し、(アサド大統領のもとで政治改革を進める)独自の解決案を突きつけた。しかも、アサド案以外に、選択肢はない。

(6)1月6日のアサド演説は、国内向けであると同時に、敵国の指導者に向けたものである。これにより、SNC(イスタンブール会議)とNCSORF(ドーハ会議)の役割は終わった。外国政府の手先に過ぎない反体制派海外組に、出番はない。

(7)アサド大統領による勝利宣言である。

(8)アサド演説に対する敵国(諸外国)の初期反応は、否定的なものばかりだが、他に選択肢はないのだから、近く予定されている米ロ・ブラヒミ3者会談で、米国は折れる



これと関連しているのか、いないのか、以下の未確認情報が飛び交っている。
(1)ダヴトォル・トルコ外相の将来は長くない。

(2)カタールのハマド・ビン・ジャーシム首相兼外相が、シリア問題の担当から外れる。

(3)イランがトルコに対し、いつでも国境で軍事紛争が発生しうると恫喝した。

(注:そういえば、昨年11月半ばにドーハでNCSORFを発足させた時、平行して開催していたGCCかアラブ連盟の記者会見の席で、ハマドが「成果が上がらない活動に、いつまでも公金を支出し続けることはできない・・・とブツブツ話していたので、この人物も反省することがあるのかなぁと感じたことを思い出した。

もちろん、シリアの天敵であるトルコとカタールの両外相に消えて欲しい、というシリアの願望を表現したに過ぎない情報かもしれない。)



サウジがスタンスを変えたか?

エジプト外相が1月5日、サウジを訪問。両国外相は共同記者会見で、平和的な権力移行を呼びかけ。
http://english.ahram.org.eg/NewsContent/2/8/61846/World/Region/Saudi,-Egypt-call-for-peaceful-Syria-solution.aspx

SANAは、今までテロ支援と武力介入を公言していたサウジが、主張を取り下げた、と論評した。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/05/460499.htm

サウジの大ムフティーが1月6日、聖戦のためシリアへ行くことは適切ではない、とするファトワを発した。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604279/

(1月8日15時35分追記
Khalid al-Faisalメッカ州知事(サウード外相の兄弟)が、アラブの春を批判。民族差別、宗派差別を広め、部族主義を復活させ、アラブ人にパレスチナ問題を忘れさせた。
http://megalodon.jp/2013-0108-1531-21/gate.ahram.org.eg/News/292230.aspx
(追記終了)



ワシントン・ポスト紙David Ignatiusの寄稿。The Syrian Support Group(CIAの一部)が、ロンドンの法律事務所の支援を受け、政権中枢からの離反者を増やし、法秩序を保ちながら体制転換を実現する計画を策定した。イタリアで開催される次回「シリアの友人会議」で採択を働きかける。国際社会は、この計画を全面支援すべきである。

A Syrian way out of the civil war
David Ignatius
January 5, 2013
http://www.washingtonpost.com/opinions/david-ignatius-a-syrian-way-out-of-the-civil-war/2013/01/04/4bd67e20-5619-11e2-bf3e-76c0a789346f_story.html

(↓魚拓が取れないので、下に記事コピペあり。)

しかし、イグナティウスのこの記事について、The Guardianの外交コラムニストは、(対シリア戦の報道を引率していた)彼が、「真実と和解」の過程を語り始めたということは、(アサド追放と体制転覆を目標にしていた米国陣営が)シリア戦に負けたことを示している、アサドが勝利を主張するには理由がある、と論評した。

(この記事が説明するところのアサドが勝利を主張する理由は、シリアの御用評論家が説明する理由(前述↑)と同じ。)

Syria: why Assad may yet claim victory
Simon Tisdall
7 January 2013
http://megalodon.jp/2013-0108-0359-07/www.guardian.co.uk/commentisfree/2013/jan/07/reality-syria-intervention-unlikely

「現実から乖離しているのは、アサド大統領ではなく、オバマとヘイグのほう」。(導入部分)



A Syrian way out of the civil war

By David Ignatius,
Jan 05, 2013 12:51 AM EST
The Washington Post

To help oust Syrian President Bashar al-Assad, an opposition group has drafted a plan for a transitional justice system that would impose harsh penalties against die-hard members of his inner circle but provide amnesty for most of his Alawite supporters.

The goal is to provide a legal framework that reassures Alawites this isn't a fight to the death and that they will have a place in a post-Assad Syria. The plan would also encourage the rule of law in areas that have been liberated from Assad's control, stemming the growing trend toward warlordism and revenge killings.

To me, this legal transition plan is the best idea advanced so far by the Syrian rebels because it addresses not just the brutality of the Assad regime but the real danger that Syria will descend into a chaotic failed state as the war continues and hatreds deepen. The U.S. and British governments support the ideas of accountability and reconciliation in general but haven't endorsed any specific formula for Syria.

The plan was prepared by the Syrian Support Group, which backs moderate elements within the Free Syrian Army, with help from international lawyers. The proposal has been communicated to leaders of the National Coalition of Syrian Revolutionary and Opposition Forces, the umbrella organization for anti-Assad rebels. Advocates hope that the international community will also endorse the plan at the next Friends of Syria meeting in Italy.

The idea is similar to the "truth and reconciliation" process that helped resolve bitter conflicts in South Africa, Rwanda and Northern Ireland. "It sends a strong positive signal to the people of Syria that victory for the rebels is inevitable" and that the new government "will deliver justice, compensate victims and be compassionate towards all," explains a legal memo prepared by McCue & Partners, a London firm that is advising the Syrian Support Group.

The transition process would begin with the identification of 100 regime insiders whose defection could accelerate Assad's fall. Some of these Assad supporters might be offered partial amnesty if they agreed to cooperate. The sooner they defected, the more leverage they might have under a future government. As part of the political transition, a compensation fund would be created to aid victims of the war.

Alawites who aren't in the inner circle would be offered "safe passage," explains a Syrian Support Group memo outlining the plan. "Our intelligence reports show that many Alawites are standing with Assad for their own survival, because of misunderstanding of [opposition] plans for [a] post-Assad transitional justice system. Many feel they will be executed wholesale. . . . This fact is helping Assad militarize the whole sect in a life and death fight [for] Damascus, with potential mass destruction of Damascus and gross loss of life."

Unless Alawite fears about communal survival are addressed directly, "this issue will not be solved necessarily by Assad leaving power, and will create a major risk for Syria's future stability in years to come," the Syrian Support Group memo warns.

To implement the plan, the opposition would gather a team of Syrian legal experts. Among the possible names suggested are Suhair al-Atassi, a prominent human rights activist and vice president of the opposition coalition; Haitham al-Maleh, a former judge and longtime dissident; and leaders of Free Syria legal groups in Turkey and Jordan.

By using modern legal tools for asset tracing and recovery, Syrian lawyers would have both carrots and sticks for regime change. A targeted individual could save his dignity (and perhaps some of his fortune) by breaking with Assad and obtaining partial amnesty; he could lose it by clinging to the dictator. The tribunals for judging guilt of regime loyalists would resemble traditional Syrian legal systems.

As with everything affecting Syria, time is running out before the country collapses into an anarchic failed state. As rebels take control of areas, such as the northern suburbs of Aleppo, some brigade commanders are already taking the law into their own hands. "Some Free Syrian Army are acting more like the shabiha they used to fight," says one Syrian source.

U.N. envoy Lakhdar Brahimi warned last week that without a political settlement, Syria would be "transformed into hell."

What Syria needs urgently is a path to a new government based on the rule of law. The plan prepared by the Syrian Support Group is the best road map I've seen, and the international community should embrace it quickly.

davidignatius@washpost.com
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 3 / コメント 1


シリア情勢まとめ(経済) 1月4日まで

2013/01/06 03:14
【経済:官】
工業省が12月12日、サービス担当副首相に提出した被害報告書。(2011年3月15日から?)2012年10月31日までに受けた直接被害の一次集計と推計。調査が完了していない地域の数値は含まない。

直接被害

化学工業公団1.4bilシリポン(1シリポン=0.94円)
タバコ公団177.38milシリポン
砂糖公社46.95milシリポン
エンジニアリング工業公団423.79milシリポン
セメント・建設資材公社1.55bilシリポン
綿繰り・販売公団3.5bilシリポン
食品工業公団34.55milシリポン
工業局(省の地方出先機関)3milシリポン
その他の行政事務所5.8milシリポン

直接被害合計7.23bilシリポン(注:計算が合わない。)

間接被害

セメント・建設資材公団2.5bilシリポン
化学工業公団1bilシリポン
エンジニアリング工業公団1.9bilシリポン
砂糖公団650milシリポン
タバコ公団557milシリポン
繊維工業公団3.2bilシリポン

間接被害合計9.85bilシリポン(注:計算が合わない。)

被害額総計17.093bilシリポン(注:計算が合わない。)
http://megalodon.jp/2012-1213-2036-17/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130933



07 電電公社1223(注:12月23日の意) 2012年の固定電話契約数440万契約で人口の20%、ADSLは人口の1%、携帯は60%。
http://megalodon.jp/2012-1225-1656-01/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=66&id=34208

07 外国貿易省1223 が、豆類の輸入を2013年5月31日まで許可。市場価格が2〜3倍に値上がりしているため。
http://megalodon.jp/2012-1225-1655-10/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=47&id=34204

07 重油1222 15千トンがバーンヤース港に到着。更に、今週中に15千トン×2隻が到着する。
http://megalodon.jp/2012-1225-1655-26/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=46&id=34197

07 石油省1222 2013年度予算の開発支出5.416milシリポン。原文に会社ごとの割り当て。
http://megalodon.jp/2012-1225-1655-42/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=46&id=34191

07 小麦作付け1225 Hama県al-Ghab(西側)の冬小麦作付け面積は、対前年比4000ha増(7%増)の55,855ha。
http://megalodon.jp/2012-1226-1801-05/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131359

07 救済高等評議会1227 年末までに、人道支援NGO 140団体に120milシリポンを給付。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/27/459352.htm

07 外国貿易省1227 製造から3年以内の新車輸入を許可。内需に応える。(注:ドル高要因になる)
http://www.sana-syria.com/ara/4/2012/12/27/459328.htm

07 不動産銀行1227 2013年投資計画では、工業地区ホムス県Hasyaa', アレッポ県al-Shaikh Najjaar, ダマスカス郊外県'Adraaの支店を拡充する。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=67&id=34256
07 不動産銀行0102 2013年の投資計画17milシリポン。3工業地区に支店を開設する。2012年の投資計画達成率は60%。
http://megalodon.jp/2013-0105-2323-22/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=67&id=34295

07 財務省1229 'Adraa工業地区で操業する会社に対し、所定の手続きが完了する前に外貨を売ることに同意。「所定の手続きが完了」の部分の法律を管轄している地方行政省が、法律改正する。
http://megalodon.jp/2013-0105-2319-20/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=49&id=34262

07 中銀1230 9月のインフレ率は、対前月比で16.42%。2005年を100とした指数の県別を見ると、アレッポ260.29で最も高く、以下デール230.74、ラッカ229.78、ハサケ224.85、ハマー222.24、ダルアー221.64、クナイトラ220.28、スワイダー219.93、タルトゥース217、イドリブ216.39、ホムス214.98、ラタキア214.52、ダマスカス201.31、ダマスカス郊外198.69。(注:社会が混乱していると物価が高くなるので、この統計は現在の治安状況を示しているとも言える。)
http://www.sana-syria.com/ara/4/2012/12/30/459634.htm

07 失業率1230 2009年8.1%、2010年8.6%、2011年14.9%(労働人口580万人、2012年3月発表)。以後、政府は数字を発表していない。専門家は、今の失業率を30〜40%程度と推計している。特に産業が破壊されたアレッポでは高いと思われる。
http://megalodon.jp/2013-0101-0321-56/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131532

07 首相1231 が、経済危機対策について、国会に報告。友好国とディーゼル油輸入契約に調印したので、需要の75〜80%は確保できた。

小麦備蓄は本日から377日分。砂糖、米の備蓄は安定している。小麦、砂糖、米の輸入がまもなく届く。

国立病院124のうち25がテロ被害。医療センターの1921のうち111が被害。

Aleppo, Damas, Homsで製薬工場25がテロ被害。しかし、大半の医薬品は国内で製造可能であり、医薬品不足の報道は嘘である。

学校2326校がテロ被害に遭い、うち2000が使用不能。1600学校をシェルターにしている。

政府部門で雇用2万5千を創出した。

官民の施設・不動産被害総額は、査定できた範囲で855bilシリポン。まだ査定していない範囲の被害推定額は2000bilシリポン

衣食住等の支援を受けている家族は624千家族(約312万人)。家を追い出された人のうち、これまでに10万人が自宅に帰還。

政府が用意した補償金2bilシリポンのうち、1.3bilが実際に支払われた。さらに30bil拠出する。

政府の債務比率は低く、外準は十分ある。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/31/459734.htm

07 首相1231 が、経済危機対策について、国会に報告。(同じ記事で詳細、原文アラビア語)
12月30日から、石油製品を、近隣の友好国からハサケ県、ダマスカス郊外県、ホムス県に、タンクローリーで輸入し始めた。これで、内需の75〜80%を満たすことができる。

小麦粉の内需が1日あたり7000トンのところ、生産能力は日量8000トンある。しかし23の製粉工場がテロで破壊されたため、現在の生産能力は5000〜5500トンで、1日あたり1500トン不足している。これがパン危機の背景である。先週、小麦粉10トンを、アレッポを除く各県に緊急手配した。アレッポ県にはパンを空輸した。

テロリストは最近、県と県を結ぶ高圧電線を狙っている。本日、アレッポ県で供給が725MW=75%まで、全国レベルでは65%まで復旧した。

有線電話の中継局700のうち170ヶ所(24%)、無線通信アンテナ塔6000のうち1700(28%)が破壊され、被害額は9.5bilシリポン。

製薬工場72のうち、アレッポ、ダマスカス郊外、ホムスにある25工場(35%)がテロ被害にあった。今でも内需をほぼ満たしているが、足りない分は友好国から支援受け入れまたは輸入している。

小中高の開校率は、アレッポ県で11%と低いが、全国平均では公立学校75%、私学91%。大学については、デール県のユーフラテス大学以外は、全て開校している。学生は、全国のどの大学の授業にも出席でき、どこでも試験を受けられるよう、緊急措置を取った。

自家用車がテロ被害に遭った人は、関税免除で輸入することができる。

人口増加率は(何年?)2.8%から(何年?)2.4%まで低下したが、まだ不十分なので、さらに増加率を抑えたい。

(最後から3段落目)議会に国民和解委員会を設置し、役員3人を選出した(原文に人名、委員長はクルド人)。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/01/459728.htm

07 Tartous港1231 12月20日までの収入は2,255bilシリポン。入港船舶数1346隻。
http://www.sana-syria.com/ara/349/2012/12/31/459787.htm
07 Tartous港0102 の2012年収入は2.3bilシリポン。入港船舶1355隻、貨物7240milトン。
http://www.sana-syria.com/ara/4/2013/01/02/460061.htm

07 外国貿易省1231 が、輸出の障害を24時間以内に解決する迅速介入室を設置。中銀、CBS銀行、農業省、厚生省、経済団体の代表で構成される。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=47&id=34285

07 財務省0101 が食品加工会社Katakeet社(本社ダマスカス)経営者Mahmoud 'Anzarouti氏に反テロ法を適用。動産・不動産を凍結。同社はチョコ、ビスケット、ジュースなどを製造し、アラブ諸国、欧州に輸出している。
http://www.dampress.net/?page=show_det&category_id=8&id=24596

07 Hama0102 県内の地方行政省関連のテロ被害総額330milシリポン。設備、家具等は含まず。
http://megalodon.jp/2013-0103-1818-14/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131580

07 外国貿易省0103 民間が、自己資金で、外国の複数ルートからガス・石油燃料を購入することを許可。2013年6月30日まで。
http://www.sana-syria.com/ara/4/2013/01/03/460223.htm

07 農業省0103 2012年の活動報告書。中程に、いくつかの産物の生産量。
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=6&id=24639

07 Tartous0103 経済・外国貿易局が2012年2〜12月期に発行した輸入許可993件、1148bilドル。うちホムス県の分224件、387milドル。アレッポ県の分31件、34milドル。
http://megalodon.jp/2013-0105-2325-21/goo.gl/JTefJ



【経済:民】
アレッポの様子
01 Aleppo1221 から、市の給水車が断水地区を巡回している。

08 Aleppo1223 ガソリン210シリポン、灯油180、重油は不足、薪30,ガスボンベ4500、パン100、小麦粉80。

01 Aleppo1223 市内南西部で断水が解消。

08 Aleppo1224 皆が暖房のため木を切るので、あと10日ほどで市内から緑が無くなる。ガソリンは250シリポンだが、それでも不足。断水。

08 Aleppo1225 市内の50〜55%に水道が復旧。

08 Aleppo1226 ガソリン300シリポン、灯油220、重油70、薪25、ガスボンベ5000、小麦粉80。

08 Aleppo1226 Halab al-Jadeedahで断水が5日連続。給水車は来るが、(量不明)1万シリポンする。払えるわけがない。

08 Aleppo1227 キリスト教徒地区の経済。電気とパンの状況は改善。パンは100シリポン。ガソリン300。薪35。灯油250。闇ドルは94。

08 Sham Bank1227 Aleppo支店をRazi通りからFaisal通りへ200m移転。人通りが絶えない。駐車スペースがある。
http://megalodon.jp/2013-0105-2331-37/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=67&id=34252

03 Aleppo1228 ガソリン300シリポン、パン250。

08 Aleppo1228 ガソリン330シリポン、ドル闇レート87。

08 Aleppo1229 電気、水、ガス、パン、電話がないと怒っている市民。
http://www.youtube.com/watch?v=SK6sYs5jKTY

08 Aleppo1229 ガソリン270シリポン、灯油220、重油70、薪25、水1000リットル2500シリポン、ガスボンベ5000、パン100、小麦粉80。

08 Aleppo1228 旧市街のスークを破壊された商人が、新市街の路上に露店を与えられ、営業を続けている。
http://www.youtube.com/watch?v=S-LsqVOCfsg

08 Aleppo1230 夜、火力発電所のタービン2つが再稼働、500MWを供給開始。

08 Aleppo0101 物価、前日までキロ80シリポンだった小麦粉価格が、60シリポンに下がる。他は変わらず。

08 Aleppo0101 もう1ヶ月も停電が続き、今年はろうそくの火で新年を迎えた。政府の復旧は口約束ばかりで、実現しない。ハマー県のMuhardah発電所は、事故後72時間で復旧したのに、という苦情。

08 Aleppo0101 壁の落書き「アサドの電気は要らない。神の光で十分」。(注:反体制派の強がり)



他県
08 外国為替1223 Damas Aleppoでは、ドルが市場から消え、購入できない。ユーロはある(買える)。(注:ドルの闇レートが吊り上がっているので、最高値で売って稼ぎたい業者が、売り惜しみをしている。)
http://megalodon.jp/2012-1224-2056-40/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131341


08 Qunaitirah1225 種、肥料が足りない。自力でも手配しているが、全然足りない。
http://megalodon.jp/2012-1226-1804-01/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131358

08 繊維大手2社1227 Sham Company for ClothesとDamastexが、工場設備を外国に移転。
http://megalodon.jp/2013-0105-2333-17/goo.gl/cQY8b

08 Hama1225 道路の安全が確保されてきたため、県内の会社・工場は、止まることなく、中程度の生産能力で稼働している。県内の会社・工場数は1000で、25千人を雇用している。
http://megalodon.jp/2013-0105-2334-34/goo.gl/IsufU

08 民間航空会社Nourヌール社の詳細1229。2012年10月24日に投資庁から第42号として認可された民間航空会社Nourの投資家Taahir Bahloulターヒル・バフルール氏が語ったもの。現在は、会社設立の手続き中。まずは3ヶ月以内に、6機で国内線・国際線を運行開始する。経営が軌道に乗れば、最大32機(122bilシリポン)、雇用200人まで拡大する。既存の国営Syrianair、民間Sham Wingsとは競合関係にせず、協力関係を作る。営業所は、まずダマスカス県とアレッポ県に、それぞれ2ヶ所ずつ設け、次第に全県に広げていく。
http://megalodon.jp/2012-1231-0500-52/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=52&id=34261

08 外国為替1229 シリポン闇レートは、じきに75あたりまで落ちる。闇ドルが100以上を付けた直後から、アレッポの両替商が、保有ドルを一気に売り始めた。銀行筋は、市場へのドル供給が増えていると説明。金細工組合長も同意見。シリア民間の金保有高は、政府の金準備より多く、彼の推定では300トン。
http://megalodon.jp/2012-1231-0005-17/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131485

08 ミクロ・ファイナンス1229 外為が67のときに設定した融資が、レート90になった今、ドル建ての資産価値が25%減少し、融資する側としては非常に困っている。
http://megalodon.jp/2012-1231-0013-26/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131482

08 養鶏業1230 シリア農業会議所連合会の技術アドバイザーの話。鶏卵生産2008年3.28bil個、2009年3.65bil、2011年3.8bil、2012年2bil(対前年比47%減)。2012年の年初と年末で、飼料生産コストは53.5%増加したが、卵1皿の値段は6.8%しか上がっていない。飼料のとうもろこしは39%値上がりした。大豆は136%値上がり。生産コストの70%は飼料代。養鶏製品の国内消費の60〜80%が観光分野であり、現在消費が低迷している。国民の購買力も低下。生産と消費の両方が減少したので、市場には商品が行き渡っている。
http://www.sana-syria.com/ara/82/2012/12/30/459628.htm

08 Damas1230 ダマスカス県の墓の値段は、一般的には2万シリポン以下だが、景色の良い場所など一部では数百万シリポンを超える場合もある。公営墓地の並みの墓は5千シリポン。良い景色なら.2.5千(25千の間違い?)から。モザイク墓は約10千。石の墓14千。大理石の墓16千。1千シリポン以下の墓もある。良い墓地の中の良い場所では、700千シリポンを超える墓もある。Bab al-Sharqiのキリスト教徒墓地では、実際に800千シリポンで勝った人もいる。葬式にも、1ツ星から、全てお任せ(遺体戦場、会場手配、案内状発送など)の5ツ星まである。「上級かつお急ぎコース」は250千シリポン。並みは60千。墓掘りの価格は1千シリポンのはずだが、実際には高額のチップを支払わないとやってくれない。墓地の値段は過去10年で3倍になった。県内にはもう土地はないので、行政が主導して新しい墓地を確保する必要がある。
http://megalodon.jp/2013-0101-0237-29/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131534

08 Qunaitirah1230 県の作付け計画達成率。非灌漑の小麦44.5%、灌漑の小麦54%、大麦41%。種子、肥料、トラクターなど農機具、燃料等が不足している。酪農については、飼料が足りない。ダマスカス郊外県にある飼料集積センターにおいては、量は確保できているが、地方に配送するルートが確保できない。
http://megalodon.jp/2013-0101-0334-25/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131527

08 社会問題労働大臣0101 避難民支援NGOに予算を振り込んだ。対象は40万家族(100万人)。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/01/459916.htm

08 Hama0102 Food basket 245,000個を配布(約100万人分)。

08 Damas0102 物価。柑橘類は安い、肉は高値安定で羊肉キロ300シリポン、じゃがいも40〜50、なす40、インゲン120〜140、砂糖キロ80シリポン、卵250〜300、エジプト米80・・・など。
http://megalodon.jp/2013-0105-2344-54/goo.gl/j2hBQ



hr>
【外国との経済関係】
05 Ukraine1225 小麦輸入契約を、ウクライナ、Iranと結んだ。
http://megalodon.jp/2012-1226-0427-01/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=47&id=34227

05 Ukraine1226 シリア石油鉱物資源省とリン鉱石公社の合同使節が、近くウクライナを訪問する。80万〜100万トンの輸出契約を目指す。
http://megalodon.jp/2013-0105-2354-55/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=46&id=34239

05 Philippine1228 港湾運営会社ICTSIが、Tartous港の運営事業から撤退。2006年締結の10年契約を破棄。年間使用料+経費4milドルに対し、違約金が1.2milドル。フィリピン人従業員は既に国外退去させた。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-28/200152-philippine-port-operator-pulls-out-of-syria.ashx

05 France0102 港湾データによると、シリアがフランスから25千トンを買い付けた。1月3日にルーアン港を出港する予定。去る12月19日に、黒海(ウクライナ)から100千トン買い付けと報じられたが、量を確保することができず、不足分をフランスから調達することになったと見られる。
http://blogs.aljazeera.com/topic/syria/france-set-export-first-cargo-wheat-syria-season-port-data-shows

05 Russia0102 Stroytransgas社が、シリア中部のガス開発に意欲を示す書簡を、シリア石油鉱物資源省に送付。
http://megalodon.jp/2013-0104-1828-06/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=46&id=34296

06 Egypt1225 シリア石油大臣がエジプト訪問。OAPEC会議に出席。シリア・ガス田の共同開発、アラブ・パイプラインを通じたガス輸入の増大なども協議する。
http://megalodon.jp/2013-0105-2357-32/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=57&id=34226

06 UAE1228 DubaiとLatakia空港をSyrianAirが結ぶ。毎週土曜17:10ドバイ発。

06 Iraq1226 シリア輸出振興機構総裁の話。バグダードにオフィス開設。調査の結果、イラクはシリア製品の継続的な市場になりそうにないことがわかった。直に輸出額は減少するだろう。イラク市場の可能性を模索しつつ、代替市場を探す。
http://megalodon.jp/2013-0106-0000-24/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=49&id=34241

04 首相0102 がイラン大使と会談。貿易拡大について協議。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2013/01/02/460014.htm

06 Iran0102 Iran, Iraq, Syria石油相会議を、1月にバグダードで開催する、とイラン石油相が発表。(この日、シリア大使と会談したような書きぶり。)
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/02/459993.htm



【社会、教育、医療】
09 遺跡記録する前に遺跡が破壊されている1223。
http://megalodon.jp/2012-1224-2059-47/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131304
01 Syria1229 考古学品の略奪と、トルコ、レバノンへの密輸出についてUNESCOが懸念。FTの記事。

09 厚生省1223 Aleppoのガン化学療法専門病院を、テロリストが破壊した。取りあえずal-Raaziに担当させたが、新たな病院を用意する。必要な医薬品等は友好国から調達する。省内で会議開催。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2012/12/23/458711.htm

09 Aleppo1226 アルメニア正教会系の私立学校を26日から再開。
http://armenpress.am/eng/news/703900/armenian-schools-reopened-in-aleppo-reisian.html

09 人工透析設備1226 19セット、57milシリポン相当が届いた。Damasと郊外県、Hasakah, Deir, Daraa, Suwaidaに提供する。
http://www.sana-syria.com/eng/36/2012/12/26/459195.htm

09 美人コンテスト1226 2012年Miss Arab Worldはシリア人。
http://english.ruvr.ru/2012_12_26/Syrian-beauty-named-Miss-Arab-World-2012/

09 Aleppo1231 アレッポに広く出回っているトルコ製食用油と牛乳が原因で、B型肝炎(注:A型肝炎ではないか?)が流行していることが、検査の結果判明した。産地をよく確かめて買い物するように、というお触れ。

09 Qunaitirah0103 県で(A型?)肝炎が流行。11月に18件、12月に50件の発症報告。厚生局は休暇で機能していない。
http://megalodon.jp/2013-0103-1816-22/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131581
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0


シリア情勢まとめ(外交) 1月4日まで

2013/01/06 03:09
外交:国際社会
【ロシア】
05 Russia1231 黒海艦隊がシリアに向かう。
http://japanese.ruvr.ru/2012_12_31/99769147/
(詳細)
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/603906/
05 Russia0102 1〜2月に、核弾頭搭載可能ミサイル100発以上の発射訓練を実施する。
http://www.dampress.net/?page=show_det&category_id=7&id=24613
05 Russia0102 北海、バルチック、黒海、太平洋艦隊が、1月末に地中海と黒海で合同演習。数十年ぶりの大規模な演習となる。国防省発表。
http://rt.com/news/russian-navy-major-exercise-211/
05 Russia0104 ロシア海軍の黒海・地中海総合演習は、ロシアの国際政治復帰と、米国による一極時代が終了したことを示している。レバノン人戦略家(親シリア派)Amin Hutaitのコメント。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604132/
05 Russia0104 ロシア海軍の総合演習は、ソ連崩壊後最大規模で、西側に対する政治的・軍事的メッセージである。ロシア専門家。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604179/

【ベネズエラ】
 キューバでのがん手術後の肺感染症で呼吸困難に陥っている南米ベネズエラのチャベス大統領(58)が10日に迎える4期目の就任式について、同国のマドゥロ副大統領は1月4日、国営テレビで、欠席しても職務は継続可能との見方を示し、チャベス氏が帰国できない可能性を強く示唆した。

 ベネズエラ憲法は、新大統領が就任式に欠席した場合、30日以内に新たな選挙手続きが行われると定めているが、マドゥロ氏は「憲法には柔軟性がある」と指摘。最高裁判所が必要に応じて日程や場所を決められると主張した。

 チャベス氏は先月11日にキューバで手術を受けた後、依然として重篤な状況が続いており、就任式が延期されたり、最高裁長官らがキューバに出向いたりして行われるとの見方が出ている。(共同)

Russia Todayの記事。
http://rt.com/news/chavez-health-crisis-succession-394/

(注:チャベス死後は、誰が跡を継いでも、チャベスほど反米にはならないだろうから、ベネズエラとシリアとの関係も変わってくるかもしれない。)

【国連】
05 UNHRC1226 現在の登録避難民数54万人。2013年6月までに110万人に増えるかもしれない、とする報告書発表。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-26/199927-un-predicts-11-mln-syria-refugees-by-mid-2013.ashx

【米国】
05 US1225 米国を含むいくつかの西側諸国が「有志連合」を作り、外側から圧力を加える。(注:既にやっているので、新しい話ではない。)
http://news.xinhuanet.com/english/world/2012-12/25/c_132062801.htm

05 US1231 クリントン国務長官が、脳血栓で入院。(1月3日に退院。)
http://edition.cnn.com/2012/12/30/politics/hillary-clinton-hospitalized/index.html
05 US0102 クリントン入院のニュースは、リビア大使殺害事件の責任追及から逃れるため。Washington Postの記事。
http://www.washingtonpost.com/blogs/she-the-people/wp/2013/01/01/questioning-hillary-clintons-concussion-and-other-outrages/
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/02/460010.htm

05 US0102 専門家が、米国政府が「シリア危機から逃げる」言い訳を寄稿。
http://megalodon.jp/2013-0103-0348-15/www.todayszaman.com/news-302867-dont-blame-us-for-syrias-chaos-by-aaron-david-miller-.html

05 US0102 国務省報道官の話。(暫定期間にアサドが残ることに米国が同意したとする情報が流れているが、との質問に対し、)我々は、1年以上も前から明確である。アサドは去らなければならない。暫定期間に彼の役割を見ることはない。この点は変わっていない。
http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2013/01/202436.htm

02 US0104 米欧からシリア反体制派への武器・資金援助は口だけで、実際には細っている。湾岸アラブからの援助に限られている。空爆に弱いので、空軍基地襲撃に重点を置くようになった。
http://megalodon.jp/2013-0106-0410-30/www.guardian.co.uk/world/2013/jan/04/syria-rebels-arms-drying-up



外交:周辺諸国
【エジプト】
06 Egypt1229 駐レバノン大使の発言。エジプトは、レバノンにおける現実の政治・軍事勢力として、ヒズボラとの関係を追及する。シリアに、西欧的な民主主義は適さない。アサドは、暫定政府から排除されるべき。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-29/200288-new-egypt-warms-up-to-hezbollah-ambassador.ashx

【パレスチナ】
06 PLO1223 シリア危機当初からのパレスチナ人死者数700人以上。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-23/199687-700-palestinians-killed-in-syria-conflict-plo.ashx

【ハマース】
06 Hamas1229 Idlibで殺害したJabhah al-Nusrahゲリラの中に、Hamas 'Izz al-Din al-Qassaam所属のゲリラMuhammad Qunaitahが含まれていた。
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=6&id=24551
06 Hamas1231 Idlibで2日前にMa'arrah al-Na'maanで軍が殺害したHamasのゲリラMuhammad Qunaitahは、シリアと戦うため、Mish'alが3ヶ月前に派遣した人物。先にイスラエルTVがイドリブ県北に潜入取材したとき、道案内兼通訳として働いた。情報筋の話。

【イラン】
06 Iran1225 イランとヒズボラは、アサド体制崩壊後にテロ集団を送り込み、西側の計画を邪魔する計画である。DebkaFileの情報。
http://megalodon.jp/2012-1227-0400-13/www.debka.com/article/22634/Iran-Hizballah-setting-up-terror-squads-to-perpetuate-Syrian-war-post-Assad-

06 Iran1226 外相の話。イランは、シリア問題に対する外国の処方箋を決して許さない。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2012-12/27/c_132065534.htm

06 Iran1228 が、トルコのイズミール商業会議所に、バーター貿易を扱う合弁会社設立を提案。イランへの送金が米国制裁に触れるため。現在、貿易額は20bilドルで、半々ずつ。イズミール商工会議所会頭によると、金額を倍増させることも可能。
http://megalodon.jp/2012-1229-0245-54/www.todayszaman.com/news-302479-iran-proposes-joint-barter-company-to-evade-us-sanctions.html

06 Iran1229 大統領が、シリア大使と会談。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2012/12/29/459543.htm

06 Iran0105 シリア外務次官がイラン訪問し、イラン外相と会談。両者は、全ての分野に於いて両国関係が進展したことに安堵を表明。シリアが側は、最近の軍事作戦について説明。イランの協力に謝意表明。イラン側は、対米対決でシリアが達成したことに安堵表明。シリア外務次官は別途、イラン外務次官と協議し、二国間関係について協議。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/05/460461.htm
注:外交の裏舞台でGeneva 2が画策されている。先のジュネーブ合意ではイランが排除されていたが、Geneva 2ではイランを含める。最近再開された米国・イラン協議のあと、シリア問題へのイラン参加を、米国が了解した・・・という情報が流れている。


【イラク】
06 Iraq1224 Anbarで反首相デモ。財務相の警備9人逮捕に反発して。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-23/199646-protest-against-iraq-pm-blocks-highway-to-syria-jordan.ashx

06 Iraq1224 首相がヨルダン訪問。石油契約の話は無し。
http://megalodon.jp/2012-1225-1725-41/todayszaman.com/news-302092-iraqi-premier-in-jordan-no-oil-deal-announced.html

06 Iraq1224 首相派の新聞が、クルド独立容認の論説を掲載。
http://www.dailystar.com.lb/Opinion/Commentary/2012/Dec-24/199715-a-kurdish-state-is-being-established-and-baghdad-may-accept-it.ashx

06 Iraq1226 中部・西部で、スンニー派を念頭に置いた反テロ法に反対し、スンニー派が反首相デモ。シリア・ヨルダンに通じる道路を封鎖。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-26/199872-iraq-new-protests-break-out-in-sunni-heartland.ashx

06 Iraq1231 トルコによるイラク分割の動きに、イラクは黙っていない。首相発言。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2012/12/31/459714.htm

06 Iraq0102 クルド自治政府の指示を受け、Peshmergaが対シリア国境に鉄条網を設置している。
http://megalodon.jp/2013-0103-0555-46/haber.sol.org.tr/dunyadan/pesmergeler-suriye-sinirini-tellerle-kapatiyor-haberi-65443

06 Iraq0102 首相の話。スンニー派による反政府デモは、外国介入の前兆。

【イスラエル】
06 Israel1227 ネタンヤフ首相とJordan国王が、シリア化学兵器について協議。イスラエル報道。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-28/200121-israeli-pm-meets-jordan-king-on-syria-media.ashx
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/603610/

06 Israel0103 ヨルダンで、イスラエルとFSAが接触している。ゴランに近いシリア領内に拠点を作る計画を練っている。

06 Israel0104 ゴランに防護壁を建設。
http://rt.com/news/israel-wall-syria-border-305/

06 Israel0104 外務省の情報分析。イランが対イスラエル戦を始めた場合、シリアとヒズボラは参戦しない。シリアは国内に余裕がない。ヒズボラは、シリア経由の武器補給が受けられないため、参戦に二の足を踏む。また、国内から批判を受け、以後の政治的影響力を失う可能性が高い。悪の枢軸が事実上消えた
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-04/200896-weakened-syria-unlikely-to-join-iran-in-war-against-israel-report.ashx

【ヨルダン】
06 Jordan1225 過去10日で避難民8千人ほどが、戦闘に参加する目的でシリアに戻った。ヨルダン北部のアパートが、急に空室だらけになった。レバノン当局は越境を監視しており、トルコは以前から国境が明いているため、ヨルダンからの流入が突出して増加した。
http://megalodon.jp/2012-1226-0017-52/www.independent.co.uk/news/world/middle-east/thousands-of-syrians-leave-jordan-for-the-front-lines-8430996.html

06 Jordan1229 メディア担当国務大臣の話。ヨルダンは、シリアがいつも統一され続けることを望む。治安悪化はヨルダンの問題を増加させる。ヨルダンは、その国境と軍隊が、たとえ化学兵器を含むとしても、いかなる外部からの衝撃からも保護されることに真剣である。ヨルダンは、シリアの南西に干渉しないことに真剣である。ヨルダンは、独立し主権を持つパレスチナ国家の形成を完全に支持する。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2012-12/29/c_132071427.htm
06 Jordan1229 外相が、シリアで民族・宗派戦争が発生することに懸念表明。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/603787/

06 Jordan1231 国境で、非武装のシリア兵4人を逮捕。詳細不明で、取調中。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-31/200481-jordan-arrests-4-syrian-soldiers-near-border.ashx

06 Jordan0101 シリア離反者がElie Cohen(昔シリアで処刑されたイスラエル・スパイ)遺族と接触。ヨルダン部族会が非難。
http://www.dampress.net/?page=show_det&category_id=7&id=24597

06 Jordan0102 避難民総数250千人。うちキャンプ収容55千人。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-02/200615-syrian-refugees-in-jordan-clash-over-blankets.ashx

06 Jordan0103 al-Za'tariキャンプから、避難民135人がシリアに帰国。扱いが悪いため。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/03/460211.htm

【レバノン】
06 Lebanon1227 海底ガス開発の入札を2013年2月1日に受付開始。3月21日に参加企業名公表、5月2日に正式書類受付。石油行政委員会の報酬は月22milレバポン+住宅手当3mil(35milから25milへ引き下げ)。ちなみにテレコム規制委員会委員長の報酬は月1万レバポン。閣議決定。(1レバポン=0.06円)
http://www.dailystar.com.lb/Business/Lebanon/2012/Dec-28/200136-government-sets-offshore-drilling-tender-in-motion.ashx

06 Lebanon1227 農産物の対GCC輸出が好調。シリアのシェアが減った分を、レバノンが埋めている。海路でも輸出している。陸路のトラック通行許可手続きを、数日以内に完了するよう簡素化する。商人は儲けているが、農家は儲けていない。市場価格は昨年より低い。具体的な統計数字なし。
http://www.dailystar.com.lb/Business/Lebanon/2012/Dec-27/199941-lebanese-agricultural-exports-surge.ashx

06 Lebanon1228 軍司令部が発表。ネットから情報を集めたり、感染プログラムを配布したりする外国スパイ活動が発覚した。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2012/12/28/459409.htm

06 Lebanon1228 国内金融機関によるユーロ建て国債の購入額が22.2%減少。2012年3月末の統計を1年前と比較。金利が低い。
http://www.dailystar.com.lb/Business/Lebanon/2012/Dec-28/200113-investment-in-foreign-equities-plummets.ashx

06 Lebanon1229 ビカーア県北部Hirmil地区のオリーブ生産。シリア産は(1トンあたり?)5万レバポンに対し、地元産の損益分岐点は12万。価格の52%が人件費。人件費を抑えるため、政府は収穫機械の導入を決めたが、事務が滞って実行されない。国全体のオリーブ油生産量4万トンは、小国レバノンにとり生産過剰。2011年より生産を25%落としたが、それでも過剰。農民は、もし今年売れ残ったら、来年は木を全部切ると言っている。
http://www.dailystar.com.lb/Business/Lebanon/2012/Dec-29/200266-bekaa-farmers-hit-as-olive-oil-revenues-fall.ashx

06 Lebanon0101 シリア大使が社会問題省に対し、サラフィー集団がUNHCR支援物資を牛耳っており、避難民が反政府を表明し、革命に参加しなければ、物資を受け取ることができない、と抗議する書簡を2通提出した。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-01/200503-syria-files-second-complaint-against-lebanon-aid-to-refugees.ashx

06 Lebanon0102 総合情報部長官の話。シリア人避難民の人道的状況を見ると、国境を閉鎖することはできない。UNHRCの最新統計によると、レバノンに避難民170,637人。パレスチナ・キャンプから約1万人が流入。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-01/02/c_132076920.htm

06 Lebanon1224 HaririとSaqr両議員が、al-Akhbar紙を名誉毀損で告訴。しかし捏造録音を作ったメディアは訴えない。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2012/Dec-24/199774-hariri-saqr-sue-media-outlets-for-defamation.ashx
06 Lebanon1230 シリア国営TVが、Saqr議員の盗聴会話を放映。その内容。動画後半で、音声から声紋を取り、議員本人の声に間違いないと指摘。
http://www.youtube.com/watch?v=RHdJVyiUc6g

06 Lebanon0103 避難民のため、国際社会に180milドルの支援要請をすることを、閣議決定。アウン派は反対。国境は閉じない。
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Jan-04/200843-cabinet-green-lights-refugee-plan.ashx

06 Lebanon0104 al-Huss前首相の話。シリア危機がこれ以上長引けば、レバノンに飛び火しうる。ロシアは危機終結のため積極的に動いていない。レバノン選挙法改正について、選挙区は大きければ大きいほど良い。
http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/2013/Jan-04/200841-violence-in-syria-could-spill-over-into-lebanon-hoss.ashx

【カタール】
06 Qatar1228 al-Jazeerah TVが、アサドのVenezuela亡命情報についてベネズエラ人教授にインタビューしている時、彼の発言が気にくわなくて放送中断した。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2012/12/28/459427.htm

06 Qatar1224 al-Jazeerahベルリン特派員が抗議の辞任。カタール政府の干渉を受け、プロフェッショナリズムをかなぐり捨てた。
http://www.dw.de/suliman-al-jazeera-plays-the-piper-but-qatar-calls-the-tune/a-16477490

06 Qatar0103 シリア人避難民42人をカタールが引き取り。別の28人もまもなく来る。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-03/200755-qatar-provides-shelter-for-syrian-families-from-lebanon.ashx

【その他のGCC諸国】
06 Bahrain1223 シーア派が暫定政府への移行を要求。(注:シリアのマネをして「暫定政府構想」を持ち出した。)
http://rt.com/news/bahrain-protest-opposition-resignation-659/

06 Bahrain1223 ヨルダンにいるシリア人避難民5千人に、バハレーンが国籍を配布。スンニー派の人口を増やし、シーア派の民主化要求に対抗する。
http://megalodon.jp/2012-1224-2056-18/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131343

06 GCC1225 バハレーンで首脳会議。最終声明でイランとシリアに言及。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-25/199805-gulf-arabs-demands-end-to-iran-interference.ashx

06 UAE1226 シリア政府の、宗派主義的でない変化を支持する。NCSORF議長と会談後、外相が語ったもの。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-26/199854-uae-supports-non-sectarian-change-in-syria-fm.ashx

06 GCC1228 イギリス人研究者の本2冊。Christopher Davidsonは、意外と早く王制が崩壊すると見ている。Andrew Hammondは、いろんな事象は表面的なものであり、そう簡単には崩れないと見ている。
http://megalodon.jp/2013-0101-0003-52/www.guardian.co.uk/books/2012/dec/28/after-the-sheikhs-christopher-m-davidson-review

06 UAE0101 当局が、エジプトのムスリム同胞団につながるエジプト人グループ10人以上を逮捕。組織化しようとしていた。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/01/459904.htm

【トルコ】
06 Turkey1223 パトリオット配備の条件。NATOとイスラエルの協力に、トルコが拒否権を行使しないこと。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-23/199666-turkey-to-resume-nato-cooperation-with-israel.ashx
06 Turkey1228 外相の話。イスラエルのNATO活動参加は、パトリオット配備と無関係。報道はミスリーディング。
http://megalodon.jp/2012-1229-0245-52/www.todayszaman.com/news-302441-turkey-israels-participation-in-nato-not-related-to-patriots.html

06 Turkey1223 世論調査、AKP支持50.7%、CHP 27.7%。
http://todayszaman.com/news-302007-ak-party-would-come-first-if-election-held-survey-shows.html

06 Turkey1226 2012年の輸出実績は、2013年目標値を超えそう。トルコ輸出業者協会の話。
http://www.dailystar.com.lb/Business/Middle-East/2012/Dec-26/199903-north-africa-helps-turkish-exports-beat-targets-trade-group.ashx

06 Turkey1226 アサド残留のブラヒミ提案に、トルコは反対。トルコ政府が反対派を説得することはない。匿名外交筋の話。
http://megalodon.jp/2012-1227-1616-04/todayszaman.com/news-302291-turkey-objects-to-transition-with-assad.html

06 Turkey1226 トルコの偵察衛星の性能について、イスラエルが妨害。イスラエルを撮影できないよう、フランスの製造会社に圧力。
http://megalodon.jp/2012-1227-0418-02/www.todayszaman.com/news-302272-turkey-seeks-assurances-on-satellite-capabilities-despite-israeli-opposition.html

06 Turkey1226 シリアに撃墜された戦闘機パイロット遺族が、トルコ政府相手に訴訟。
http://megalodon.jp/2012-1227-1616-44/todayszaman.com/news-302334-families-of-slain-turkish-pilots-file-lawsuit-against-officials-for-negligence.html

06 Turkey1226 国家安全保障会議を開催。PKK、シリアと避難民、イラクなどについて協議。
http://megalodon.jp/2012-1227-1616-09/todayszaman.com/news-302331-turkeys-top-security-body-discusses-syria-counterterrorism-efforts.html

06 Turkey1226 避難民数148千人。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-26/199921-over-1000-syrians-flee-to-turkey-after-bakery-attack.ashx

06 Turkey1228 CHPが初めて、SNC議長と会談。
http://megalodon.jp/2012-1229-0245-30/www.todayszaman.com/news-302436-.html

06 Turkey1222 トルコにいるシリア避難民が、エルドアン首相とFSAを非難し、政府軍を讃えている。FSAのせいで腕に怪我をしたと訴えている。トルコ民間TVの取材映像。
http://www.youtube.com/watch?v=ssSew6RiXC4

06 Turkey1230 Kilisのキャンプに、プレハブ住宅3000戸、1万5千人分を増設した。Jordan外相が、Riyad al-Hijabと会談。
http://megalodon.jp/2013-0101-0234-50/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131562

01 Aleppo1230 al-Kuwairis空港の戦闘で、逮捕者の中にトルコ空軍パイロット2人がいた。アレッポ空軍情報部の話。
06 Turkey1231 参謀本部が、シリアでトルコ軍パイロット4人が逮捕されたとの情報を否定。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/603974/
06 Turkey0104 シリアで逮捕されたトルコ空軍パイロット4人の氏名と階級。
http://haber.sol.org.tr/devlet-ve-siyaset/suriyede-yakalandigi-iddia-edilen-turk-pilotlarin-isimleri-yayinlandi-haberi-65526

06 Turkey0101 初の空母建造へ。
http://megalodon.jp/2013-0103-0422-59/todayszaman.com/news-302785-major-turkish-companies-bid-for-countrys-first-aircraft-carrier.html

06 Turkey0102 2012年の輸出額は12.6%増。貿易赤字は27bilドル(26%)減少した。経済成長は、2012年4Qが(年率換算?)1.6%だったが、2013年は3%にまで回復する見通し。
http://megalodon.jp/2013-0103-0348-08/www.todayszaman.com/news-302861-.html

06 Turkey0102 年始の大使会議で、外相が講演。
シリアとイラクの統一は、トルコの統一と同じくらい重要である。イラク首相が、一部の勢力を排除せず、皆を含める政策を取るよう希望。シリア大統領が、真の友人の呼びかけを聞くよう希望。

トルコ外交は、地域の全ての宗教・民族について現状維持の原則の上に成り立っている。トルコ外交は宗派主義ではなく、我々は、アルメニア人、キリスト教徒、アレヴィー派を平等にみなしている。(←心にも無いことを!)
http://megalodon.jp/2013-0103-0348-12/www.todayszaman.com/news-302934-.html

06 Turkey1231 政府がオジャランと、PKK武装解除について交渉している。首相顧問長が明かした。
http://megalodon.jp/2013-0102-0220-47/todayszaman.com/news-302749-turkey-discussing-disarmament-with-pkk-leader.html

06 Turkey0103 FSAの連絡事務所がGaziantepに、訓練基地がAntakyaに、政治事務所がIstanbulにある。Yurt紙。

06 Turkey0104 パトリオット担当の米兵27人がGaziantepに到着。
http://rt.com/news/us-troops-turkey-patriot-345/

06 Turkey0104 トルコは1月中に、RussiaのBogdanovと会談し、シリア危機解決について提案する。包括的なもので、クルド問題も含む

【チュニジア】
06 Tunisia1228 米国のFBIが、チュニジア国内でチュニジア人を取り調べているのは、主権侵害である。チュニジア人権団体が非難。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2012/12/28/459435.htm

06 Tunisia1227 チュニジア人の若者を集め、軍事訓練を施した上、シリアに送り込む組織がある。チュニジアのTV局でジャーナリストが報告。
http://www.youtube.com/watch?v=tfOW_guuCog

06 Tunisia0101 al-Sharq紙が、騙されてシリアにゲリラとして送られた息子の母の訴えを報道。
http://www.sana-syria.com/ara/3/2013/01/01/459890.htm
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


シリア情勢まとめ(政府) 1月4日まで

2013/01/06 03:05
【体制派】
03 アル・バアス紙論説委員が、(シャルアの歴史的解決という言葉にかけて反論。
シリア指導部は、過去に於いても、また現在は少し緩んでしまったが、今なお、国家的生活のイニシャティヴを提供することができる。現在語られている歴史的解決とは、反動的西側とオスマン主義のエルドアンが、国家を分断し、中世のイスラム主義を広めることを目指している。

我々は、進歩的な世俗主義のもとに、共存社会を提供する。今起きていることは、内戦でも、宗派戦争でもない。外部に扇動された反乱であり、従って、政治解決も対話も拒否している。

シリアの武装反体制派は、そもそも国内の勢力ではなく、だから領土も支持者もなく、統治機構と法を有していない。大部分は、国際的なジハード運動の一部だ。
http://megalodon.jp/2013-0106-0044-02/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=53&id=34214

03 ギリ正1223 総主教がミサ。国民が気付いているおかげで、危機に対応できる。(注:大統領と同じ発言)
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/23/458752.htm

03 アラブ・プロテスタント1228 司祭の話。ガソリン300シリポン、パン250と物価が高く、生活環境が悪いため、今まで残っていたキリスト教徒まで移民してしまうことを恐れている。先に首相がアレッポに来て様々な支援を約束したが、実現していない。人々は待っている。

赤新月が配布したfood basketは21万個なので、(1家族5人で計算されているから、県内だけで)105万人が援助に頼っている。

フランスの責任者(サルコジ)が、中東のキリスト教徒は人口が少なく、欧州で受け入れ可能だと語った。ドイツは2万人のキリスト教徒受け入れを表明した。地域からキリスト教徒を無くす計画が進められている。

イスラエルが宗教に基づいた国だから、イスラムに基づく国があっていいと考える人もいる。

Jabhah al-Nusrahは、シリアに地盤を持っていない。
http://megalodon.jp/2013-0106-0045-36/goo.gl/6gdV3

03 Nabil Faiyaad0103 世俗派が、シリア救済愛国潮流(The Patriotic Trend for the Salvation of Syria: PTSS)をベイルートで結成。NCSORF関係者の発言とアル・カーイダとの関係を検証し、世界に訴えていく。シリア政府批判はしないが、2011年3月15日以前のシリアに戻すことには反対している。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-03/200751-syria-salvation-party-announced-in-beirut.ashx
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/03/460236.htm
03 PTSS0104 シリア救済愛国潮流は、エジプトの世俗は、カイロを訪問し、エジプトの世俗派(Amr Mousa, Muhammad Baradaiなど)と接触し、ムスリム同胞団に対する第2革命を目指す。同潮流に参加しているシリア・クルド人の議員の話。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604130/



【政府】
04 首相1224 内務次官'Abd al-Kareem Sulaimanを、内務大臣代行に任命。内相が治療を受けている間。
http://megalodon.jp/2013-0106-0049-18/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=43&id=34211

04 大統領1223 2013年度予算書を公布。別件で、アル・バアス大学の第2建築学部分校をal-Salamiyyah市に設置する。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/23/458649.htm
http://www.sana-syria.com/ara/2/2012/12/23/458640.htm

04 大統領1223 大臣補佐の任命と罷免。
http://megalodon.jp/2012-1225-1654-55/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=50&id=34209

02 外務報道官1224 CIAの支援で、ベイルートに脱出し、現在は米国に亡命していることを、The Guardian紙が確認。(注:しかし、詳細なストーリーは、何も記述されていない。)
http://megalodon.jp/2012-1225-1707-22/www.guardian.co.uk/world/2012/dec/24/syrian-official-us-intelligence-agencies
02 外務報道官1226 Asharq al-Awsat紙が米国務省に問い合わせたところ、彼の居場所を知らない、The Guardian報道を確認も否定もしない、との返答を得た。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-26/199883-us-unaware-of-whereabouts-of-syrias-makdissi-report.ashx

06 Lebanon1223 シリア内相は、集中治療室を出て、自分の足で歩いている。
http://www.dampress.net/?page=show_det&category_id=6&id=24458&lang=ar
04 内務大臣1226 レバノンでの治療から帰国。
http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/2012/Dec-26/199906-syrian-minister-heads-home-after-treatment-in-beirut.ashx

04 内務大臣代行1225 警察学校卒業式で訓辞。シリア人の覚醒が、敵の陰謀を失敗させた。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/26/459040.htm

04 首相1227 が議員団と会談。NPFとその他の愛国政党が協力して侵略を撃退することの重要性。その他広範な話題。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/27/459321.htm

04 大統領1227 人民議会の補欠選挙当選者を任命。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2012/12/27/459275.htm

04 Qadri Jameel0103 政治解決の環境は整った。全員が対話のテーブルに着くべきである。シリア国営テレビで語った。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/03/460127.htm

04 首相0103 がSCP(共産党)と会談。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/03/460159.htm

04 大統領0103 が、1月6日に重要な演説をする。

04 大統領府0104 特別室長(special director)が病死。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


シリア情勢まとめ(治安) 1月4日まで

2013/01/06 03:04
【アレッポ】
01 Aleppo1222(注:12月22日の意) Saif al-Daulahとal-Idhaa'ahに住民が戻る。
http://www.youtube.com/watch?v=NMTIdgUMvF4

01 Aleppo1223 軍が、al-Raqqahに通じる道路上にあるal-Duwainiyyah(東郊外20km)まで制圧。100km先まで制圧し、食糧・燃料の流通の安全確保を図りたい。その他、市内の戦闘。
http://megalodon.jp/2012-1224-2058-31/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131338

01 Aleppo1223 南西部外側、al-Ansaari, al-Mashhadに、住民が避難先から戻ってきた。

01 Aleppo1223 歩兵学校の戦いについてエピソード。校長が4百万ドルを受け取り、上層部に「学校が占領されたから空爆して欲しい」と依頼した。その情報を信じた空軍が空爆し、多数の兵士が死亡した。負傷者は、当時最も近くで安全な場所だった中央刑務所に搬送した。ゲリラが占拠したのは、広い敷地のうち、学生軍事教練用の建物と管理棟の一部だけで、6時間後には共和国警護隊によって排除された。占領時間は6時間。ネットに出回っている動画は、その6時間の間に撮影された。武器庫は最後まで守り通しており、ゲリラに触らせていない。(注:何やら運び出している動画があったような気がするが・・・。)

01 Aleppo1222 Jabhah al-Nusrahがアレッポ上空を飛行禁止空域に設定。撃墜すると警告。
http://english.al-akhbar.com/content/al-nusra-front-fighters-declare-no-fly-zone-over-aleppo-video
http://www.youtube.com/watch?v=n4Oz6lII240
01 Aleppo1224 Jabhah al-Nusrahがアレッポ上空飛行禁止措置を延期。今はできない、と。

01 Aleppo1225 Jabhah al-NusrahがTishreen綿繰り工場に砲火。

01 Aleppo1225 空港道路は全て安全。飛行機も予定通り離発着。
01 Aleppo1225 空港周辺でまもなく大規模作戦が始まる。

01 Aleppo1225 al-Mashhad, Bustan al-Qasr, al-FirdousにJabhah al-Nusrahが大勢入り、FSAを片っ端から逮捕し、郊外へ連れ去った。スローガンが「FSAは盗賊。我々はイスラム軍を欲する」に変わった。
http://megalodon.jp/2012-1226-1744-40/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131400

01 Aleppo1225 Aghyurアグユル地区の壊れた街並み。
http://www.youtube.com/watch?v=jpozA9HtxWA

01 Aleppo1226 夜、郊外Mingh軍用空港を包囲していたゲリラを片付けた。トルコから救急車が駆けつけている。

01 Aleppo1227 Aleppo-Raqqah道路の掃討が進む。Jibreen(城から東南東へ8.4km、空港のすぐ東にある集落), 火力発電所, Dair Haafir, al-Khafsah。al-Kuwairis軍用空港からDair Haafirを攻撃中。

01 Aleppo1227 al-Midanに安全宣言が出されてから2ヶ月経過したが、狙撃兵がおり、軍が立ち入りを禁止しており、全然安全でない。

01 Aleppo1227 Jabhah al-Nusrahがアレッポ上空をを飛行禁止に宣言

01 Aleppo1227 Mingh軍用空港は占領されていないが、戦闘は激化している。

01 Aleppo1227 南東郊外Jibreen村が、FSAを追い出した政府軍に感謝する。02:20の男は、FSAが家財を盗み、家畜を盗んだと訴えている。
http://www.youtube.com/watch?v=-xLYMqbSKkA

01 Aleppo1228 テロリスト(出身地はアレッポ県郊外とのみ記載)が自白。食事の用意に必要と言って、タウヒード旅団が妻・子供を誘拐し、妻をレイプしたので、仕方なく旅団に参加した。他人の家財道具を盗んで、資金を調達していた。また、Maari'マーリア村に、外国から支援が入っている。マーリアに本拠地があり、アフガン人やパキスタン人もいた。女が多数いた。マーリアに裁判所がある。連携しているJabhah al-Nusrahの指導者に、Qaadi 'Askar, Haumid, al-Shaikh Sa'eed出身者がいる。
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=6&id=24539

01 Aleppo1228 空港と道路は安全、近くで戦闘しているが、飛行機は離発着している。100%安全が確認されないと離発着させないので、運行は遅れて気味。

01 Aleppo1228 北郊外Handaraatから武装集団を追い出したあとの、パレスチナ・キャンプの様子。住民が、生活苦は武装集団のせい、と証言。
http://www.youtube.com/watch?v=4rtfRCLmUWc&feature=youtu.be

01 Aleppo1230 深夜0時から、空港周辺の半径10km以内が軍事地帯に設定され、掃討作戦が始まった。
01 Aleppo1231 空港は安全だが、1月1日まで離発着の予定は全てキャンセル。

01 Aleppo1230 東郊外の道路は、軍が制圧し、開いた。Shadi Halwah報告17:40。
http://www.youtube.com/watch?v=Y1kis53rsgo

02 Jabhah al-Nusrah1230 Alepppoではこのところ、JabhahがFSAを追放し、イスラム首長国を建設しようとしている。タウヒード旅団も随分やられている。タウヒードは、Jabhahの背後にいるサウジ、カタールに対し、2週間以内にJabhahを抑え込むと通告した。
http://megalodon.jp/2013-0101-0120-29/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131563

01 Aleppo0101 Jabhah al-NusrahがFSAに対し、イスラム首長国を宣言するので、10日以内にアレッポから出て行くように、と通告した。

01 Aleppo0102 Bustan al-Qasr入り口にシリア国旗がひらめいている。

01 Aleppo0103 al-Jameeliyyah(中央郵便局裏)に武装集団が侵入したとの噂が流れており、商店が閉まっている。

01 Aleppo0103 Bustan al-Qasr, al-Kallaasahの中央部に、シリア国旗が掲揚された。
01 Aleppo0103 Miyassar, al-Naqqaareen, al-Kallaasahで進軍中。al-Idhaa'ah, Saif al-Daulahに住民が戻りつつある。Bustan al-Qasrのあちこちにシリア国旗がなびいている。

01 Aleppo0103 Mingh軍用空港、アレッポ空港は安全。ゲリラ掃討は終わり、明日にも運行再開できる。第2次アレッポ戦は終了

01 Aleppo0103 ゲリラ掃討したあとのKhan al-Wazeerの様子。シリア国営テレビの映像(22:36から)。
http://www.youtube.com/watch?v=WIYs4hRknQA

01 Aleppo0104 空港は95%安全。旅客機に直接的な危険はなく、当局からの再開許可を待っている状態。

1月4日の金曜礼拝後の反政府デモは、全国レベルでは、政府軍によるホムス包囲突破を統一テーマにしていたが、
http://goo.gl/x6dLO
アレッポ県では、「我々は皆、ヌスラ戦線」を独自のテーマにしていた。FSAが追放され、Jabhah al-Nusrahヌスラ戦線が主導権を握っているとの報道を裏付けているように思われる。
http://goo.gl/Qd35J

01 Aleppo0105 SyrianAirが、アレッポ便再開を決定。霧が晴れ次第、運行再開する。Mingh軍用空港周辺で戦闘。



【他県】
01 Damas1222 ゲリラが、電子偵察隊を襲撃。戦闘の上、撃退したが、隊長が殉職。イスラエルの仕業。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2012/12/23/458580.htm
ゲリラが撮影した映像。
http://www.youtube.com/watch?v=49SRDlLgZxw

01 Damas1222 ゲリラ一掃は近い。軍筋がイランFars通信に語った。Dumaがゲリラ多数の拠点になっている。1回で倒せるので、封じ込めておけばよい。優先順位はYarmouk。近くDumaに総攻撃をかける。
http://www.dampress.net/?page=show_det&category_id=6&id=24445&lang=ar

01 Damas1222 Daaraiyaa ゲリラが四角い箱を投げてきた。黄色いガスが吹き出し、軍兵士6人が呼吸困難で死亡した。化学兵器だ。al-'Aalam TV
http://www.dampress.net/?page=show_det&category_id=6&id=24447&lang=ar

01 Damas1223 Yarmoukにゲリラが戻る。(ハマー県内の?)Aleppo-Hama道路を軍が押さえたので、軍の関心はアレッポ・ラッカ道路に向かっている。
http://megalodon.jp/2012-1224-2056-00/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131344



12月23日(遅くとも現地時間)04時以降、どのサイトもネットがつながらない。ドイツ経由でダマスカス(82.137.192.205)まで通じているが、返信がこない。

通じるのは、PCCW(中国社の米国回線)経由だけ。軍事作戦でもやっているのか?

同日、夜22時頃(?)、再開

12月24日、04時、不通。
12月25日、遅くとも19時20分、アクセスできた。しかし、すぐにつながらなくなった。Tracertは返事がある。ロードが重いのかもしれない。

12月26日、遅くとも07時、再開。



01 軍司令部1223 声明。経済施設・インフラへの攻撃激化は、国民が軍の回りに団結し、テロリストの目的が達成されない焦りの現れである。軍は、犯罪者に鉄拳を下す。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/23/458696.htm

01 Hama1225 ハマー・アレッポ道路の通過点Mourikムーリクで激しい戦闘。
http://megalodon.jp/2012-1226-1752-40/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131389

01 Hama1226 Muhardah火力発電所の敷地の外の高圧線鉄塔が破壊された。発電所は完全に稼働停止。ハマー県全域とアレッポ県の一部で停電。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2012/12/26/459189.htm

01 Hasakah1225 al-Shaddaadiの東40kmにある石油・ガス田GhounaaとHuwaiziyyahを占領しようとしたゲリラを撃退。
http://www.shukumaku.com/Content.php?id=55297

01 Hasakah1225 南西郊外Tall Gharrahの小麦サイロ(1万トン)が略奪された。
http://www.shukumaku.com/Content.php?id=55299

01 Idlib1225 FSAがHaarim占領を発表。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/603514/
http://www.youtube.com/watch?v=A6OKrEo5cvQ

01 場所不明1227 Erbakanエルバカン旅団が登場。トルコ初のイスラム主義政党の党首の名前。
http://www.youtube.com/watch?v=tjeZbYB8rwA

01 Damas1230 軍副参謀総長兼国防大臣が、部隊を視察。シリアからテロリストを一掃する国家的任務を遂行するようにと訓辞。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/30/459692.htm

01 Deir1231 デール市北のJuwaifガス田からHoms県al-Jubaisiyyahガス工場に通じる天然ガス・パイプラインを、武装集団が爆破。ガス田は生産停止。ホムスの肥料工場、火力発電所に影響。復旧に数日要する。デール県al-Taabiyahガス・パイプラインの復旧工事を、ゲリラが襲撃。ほか、他県の様子まとめ。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2012/12/31/459745.htm

01 Hama1229 Mourikは軍が制圧。Idlib Ma'arrah制圧も近い。

01 Hasakah 1229 Ra's al-'Ain郊外のTall Halaf村。テロリストがやってきて、保管してあった小麦、肥料に放火したり、略奪してトルコに売ったりした、と怒っている村人たち。トルコ民間TVの取材映像。
http://www.youtube.com/watch?v=LxrDnt0UjFw
(映像が少し長い。)ほかに鶏なども全部盗んだ28:45。収穫した小麦を保管しておいた倉庫は空っぽ29:00。犯人が壁に署名Kateebah Ghurabaa' Dair al-Zour 29:38。隣接する発電設備は、放火して破壊29:48。
http://www.youtube.com/watch?v=Y1kis53rsgo

シリア政治解説者(体制派)。12月に敵が仕掛けた作戦は、ことごとく失敗している。来年1月も、この勢いで前進する。

01 Raqqah1230 ワクフ局長を暗殺。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/30/459670.htm

01 軍アカデミー1231 卒業式
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/31/459811.htm

01 Damas0102 al-Yarmoukキャンプにおけるパレスチナ勢力の調整は全て失敗。新年に入り、ゲリラが再び攻勢を強めた。数日前と様相が異なる。Daaraiyaaも同様。Russia Today記者の報告。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604051/

01 Damas0102 記事の大半は、12月のダマスカス戦(Daaraiyaaなど)を、政府軍がどのように上手に戦ったかという自慢話。米国の分析によると、政府軍30%は各県に配備、30%が対イスラエル、10%がダマスカス配備、残り30%は離反・逃亡で崩れた
http://www.dampress.net/?page=show_det&category_id=6&id=24203&lang=ar

01 Hama0102 Muhardah火力発電所は、24時間停止しただけで、正常稼働している。ゲリラの襲撃は失敗した。Addounia TVの映像。
http://www.youtube.com/watch?v=BaDP4zleQ9I

01 Damas0103 軍参謀総長が部隊を査察。敵の陰謀は失敗した(注:最近、完了形が多い)。今後も国家的任務を続けるように。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/03/460230.htm

01 Deir0103 東方85kmにあるal-Qahhaar 109番油井から原油を盗んだあと、油井を放火。Hama Muhardah発電所周辺でテロ退治。Idlib Binnish等でテロ退治。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/03/460134.htm

01 Damas0103 Barzahのガソリン・スタンドで自動車爆弾。9人死亡。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/04/460262.htm

01 Damas0104 Daaraiyaaに安全宣言。

01 Hama0104 Mourikに安全宣言。

01 Idlib0103 Tatanaaz軍用空港で、Jabhah al-Nusrahに手痛い打撃を与えた。軍曹司令部が発表。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/04/460247.htm
何をやっても近づけないので、ゲリラは、爆弾を詰めたトラックを基地正門に向けて走行させ、正門前で爆発させた。ゲリラ内に配置させていたスパイが、事前に作戦を伝達してきたため、軍は正門から兵士を引き上げ、トラックが爆発したあと、ゲリラの陣地に総攻撃を仕掛け、大量に仕留めた・・・という自慢話が伝わってきている。



【反体制派:海外組】
02 al-Ataasi家1222 にまつわる暴露話。現在、パリで反政府活動をしているLamaとSuhairの青年期1965年に、彼らの叔父は、米国大使館から8000ドルを受け取り、軍の内部情報を渡し、スパイ罪で逮捕された。親の代から裏切り者一家である(3人が写っている写真あり)。(読者書き込み欄)アターシー家はトルコマン系で、トルコに利用されている。
http://www.dampress.net/?page=show_det&category_id=6&id=24444&lang=ar

02 東部部族長1224 とFSA司令官が、トルコで会議。会議後、al-Jazeerah Euphrates解放戦線を名乗るグループのメンバーが、声明文を読み上げ。
http://megalodon.jp/2012-1225-1725-38/todayszaman.com/news-302067-syrian-tribal-leaders-meet-to-discuss-roadmap-for-post-assad-era.html
(日本語)
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20121224_050601.html

02 NCSORF1227 アサド残留以外の解決案ならば受け入れる。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/603694/

02 Jabhah al-Nusrah1228 の指導者Abu Muhammad al-Jaulaaniのインタビュー。
http://www.aksalser.com/index.php?page=view_articles&id=ffe35634566d2a4a4fc29050d995ef32&h=%CD%E1%C8&ar=296722610
02 Jabhah al-Nusrah1228 声明を発表。米国がアサドの延命を助けている、と非難。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-28/200224-syria-jihadists-accuse-us-of-keeping-assad-in-power.ashx

02 FSA政治顧問が0102、化学兵器を製造可能と発言。(注:わざと嫌われる発言をして、どうしたいのだろうか?)
http://megalodon.jp/2013-0103-0345-54/www.todayszaman.com/news-302862-syrian-opposition-claims-they-can-produce-use-chemical-weapons.html

02 SNC議長の話0102。ブラヒミ特使は、真のイニシャティブなしに、あちこち訪問を繰り返しているだけ。時間の無駄。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604032/

02 Aleppo0105 アレッポ大学学長が、トルコに逃亡したとの情報。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1


「シリアの死者6万人」国連報告書は、米国政府によるやらせ

2013/01/03 16:32
12月26日に、ロンドンの人権団体(ムスリム同胞団系)が、死者合計45,000人と発表したばかりなのに、
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-26/199867-more-than-45000-killed-in-syria-conflict-activists.ashx

国連人権理が、2012年末までに6万人を超えたとする報告書を発表した。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-02/200611-nearly-60000-killed-in-syria-conflict-un.ashx

まず、4日で1.5万人増えること自体が、おかしい。何でも7つの情報ソースを合わせたというのだが、どうせ捏造情報も多く含まれる反体制派の情報を、単純に足し算しただけで、現地調査は一切していないだろうから、数はどうにでも膨れあがるくらいに受け止めていた。

すると、国連を取材している記者から、疑義の声が上がった。国連に依頼されて情報を集計したBenetech社は、米国政府から資金提供を受けて動いている下部組織だというのだ。かつ、国連がどのような手続きを経てBenetech社に業務を依頼したのか、明らかでない。

この記者は、根拠のない6万人という数字に、国連の権威を付け足し、以後の報道で「国連の報告書によるとシリアの死者6万人」と引用するための仕掛け(情報ロンダリング)だと指摘している。
http://www.innercitypress.com/ohchr1benetech010213.html
Benetechの報酬は25,000ドル。この会社を選定した過程については、説明せず。
http://www.innercitypress.com/ohchr4benetech010413.html

ということで、ニュースの少ない正月に打ち上げたネタと捉えるのが正しいようです。



シリア内戦の死者数は6万人超 国連調査
2013.01.03 Thu posted at 12:44 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35026458.html

(CNN) 国連は2日、シリア内戦による死者数が推計で6万人を突破したと発表した。

ピレイ国連人権高等弁務官は、「極めて衝撃的な数字で、恥ずべきことだ」と述べ、何ら有効な手を打てない国際社会を批判した。また「紛争を早急に解決しなければ」死者はさらに増えると指摘。死者数は予想を上回っていると語った。

シリア政府に対しては「当初は武器を持たない市民が平和的、合法的に行っていた抗議行動をシリア政府が武力で鎮圧しなければ、ここまで多くの死者は出なかった」と痛烈に批判した。

またピレイ高等弁務官は、実際の死者数は6万人を上回っている可能性が高いと指摘。「紛争がシリア全土に広がっているため、正確かつ信頼できるデータの収集が一層困難になっている」と述べた。

ピレイ氏によると、1カ月当たりの死者数は2011年夏には1000人だったが、7月から5000人以上に増加したという。特に死者が多いのは、ホムス、ダマスカス郊外、イドリブ、アレッポ、ダルアー、ハマーで、犠牲者の4分の3以上は男性、7.5%が女性だという。

国連以外にも複数の反政府組織が内戦による死者数を発表してきたが、数字はまちまちだ。シリア人権監視団は2011年3月以来の死者数は4万6000人以上としている。

ピレイ氏によると、国連の専門家の集計では、2011年3月から12年11月までにシリアで殺害された人数は5万9648人で、12月にも毎日多数の死亡が報告されたという。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 1


シリア問題で米ロ合意は間近か

2013/01/02 03:30
カタールのハマド首相兼外相が12月9日、語った内容。(2年間も殺戮が続いていることは受け入れられない、といつものように語ったあと、)米ロの間で合意が成立することを希望する。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/602048/

・・・このようなニュースが事前に流れており、同時期にトルコも、「米ロで決めて下さい。トルコはそれに従いますから」という主旨の発言をしていたので、シリア問題の焦点が、個々の事件報道から、外交の非常に高いレベルに上がっているとは感じていた。

そして、アサド大統領が残留する方向で決着するという方向性を示した12月31日付けの情報があった。

レバノンのal-Safirアッサフィール紙も12月31日、Sami Kulaibサーミー・クライブの署名記事で、以下のように報じた。

米ロの両方が、政府軍の存続、反テロ、反アル・カーイダ、暫定政府への広範な反政府勢力の参加で一致している。UAEとオマーンが近く、ムスリム同胞団ではない反政府勢力と会談する。米ロ交渉の焦点は、アサドの運命ではなく、暫定政府の構成に移っている。
http://megalodon.jp/2013-0102-0247-59/goo.gl/OWfuC

やれ虐殺、やれ化学兵器といくら騒いだところで、ゲリラより政府軍のほうが強く、地上の力関係をアサド不利に変えることはできない。NATOは軍事介入しないと決め込んでいるため、米国が折れる形で落とし所を探しているようだ。

あと、以下の参考情報を追加しておく。

12月29日付けal-Watan紙。シリア人の60〜70%を下らない割合が、SNC(イスタンブール会議)またはNCSORF(ドーハ会議)が自分たちの代表とみなされることを拒否している。(注:一体いつ世論調査したのか不明。唐突にこのように書かれた記事。逆に、国内の40%は、彼らを支持していることを、政府が認めたということか?)
http://megalodon.jp/2012-1230-2355-20/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131486

戦略家Amin Hateet氏の12月31日付け寄稿。国土を3つに分類して、最近の情勢変化を説明すると、
(1)政府支配地区30%→78%、
(2)要注意地区30%→10%以下、
(3)反体制支配地区40%→12%。

ゲリラの越境は、レバノン国境で85%減、ヨルダン国境で90%近く減、イラク国境はほぼゼロ。開いているのはトルコ方面だけ。シリア人の75%(西側の推計では56.7%)が、未だにアサド大統領を支持している。
http://megalodon.jp/2013-0103-0347-20/www.syrianow.sy/index.php?d=34&id=68759

・・・アサドは、多くの国民から嫌われていたので、半年で追放されました。残虐な独裁者がいなくなり、皆が清々しました、というシナリオにしたかったのに、物事はどうも残念な方向(笑)に進んでいるようです。
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0


決裂したアサド・ブラヒミ会談の重要性

2012/12/31 04:42
バアス党筋から面白い情報が回ってきたので、紹介する。一部“はったり”という感じがする情報が含まれている気もするが、事実と確認できる情報と付合している話も含まれており、頭ごなしに否定できない気がしている。

少なくとも、対米交渉、ブラヒミとの会談に臨むシリア政府の姿勢について、公式に報道されているスタンスと、以下の情報に書かれている内容は一致しているので、シリア政府の思考回路を知る一助にはなる。

また、米欧の主要メディアが、「ロシアがスタンスを変えた」という捏造情報を執拗に流す背景も、外交の裏舞台でこのような交渉をしているのであれば、理解できる。

ほかにも、体制内部にいる人たちの間では、「苦しいからと言って屈服するようでは、日本になる(=敗戦国の辱めを受ける)ぞ。苦しいときこそ、踏ん張り時だ。本当の戦いは、今から始まる。スターリニングラードの戦いだ」という、士気を鼓舞するメッセージが回覧されたりしている。

アレッポが、スターリニングラードに例えられている。妙なところで、悪い意味で、日本が引用されている。



決裂したアサド・ブラヒミ会談の重要性は、ジュネーブ合意を変更せよ、アサドは退陣せよという米国陣営の要求を、シリアという小さな国が拒否し、逆にシリアが米国に要求を突きつけた点にある。

国際政治のレベルでは、ソ連崩壊以降、長らく米国の言いなりになってきたロシアが復活し、米国に遠慮せず、独自の利益を主張し始めた。米欧の凋落と、中露の台頭が示された。

ロシアは、対シリア軍事介入阻止を決意した。ラブロフ外相は、米欧に対し、シリア軍は強く、NATOは軍事介入の準備ができていないと指摘した。仮に介入するならば、シリア軍は、彼らを打ち負かすことができると伝えた。

ロシアがシリア軍にてこ入れ
最新の防空システム、イスカンダル・ミサイルヨーロッパの大半が射程に入る中距離ミサイルを供与した。

(↑3番目は初めて見る情報で、これが本当なら、知らぬ間に軍事バランスが大きく変わっていたことになる。イスラエルが騒いでいないので、はったりという感じもしなくはないが。)

ロシア艦隊は、地中海で、武器と戦闘員のトルコへの流入を阻止し始めた

ロシアが提示する条件
プーチン大統領は、欧州指導者に対し、次のように伝えた。シリア危機は地域全体に影響を及ぼすため、ロシアの利益に反する。従って、シリア危機が解決するまで、欧州と戦略的な協定に調印することはできない。

ロシアは、EUの金融危機救済のため、4000億ドルの投資を約束している。中国は、8000億ドルの約束をしている。ロシアは、トルコに対し、貿易額を1000億ドルまで拡大すると約束している。しかし、これらは全て、ロシアの要求が受け入れられた場合に限られる

(注:平たく言えば、1兆2000億円が欲しかったら、EUはロシアの言うことを聞け、ということか?)

米欧は今、経済危機に直面している。ホワイトハウスでは、新年早々、職員への給与支払いが困難になる。欧州も、債務問題にあえいでいる。

シリア軍指導部は、最終決戦に備えている。12万の兵力とあらゆる兵器を動員し、3月までにテロリストを一掃する予定である。

シリアが提示する条件
シリアは、殺人犯とは交渉しない。(注:過去と現在のムスリム同胞団を排除。)
シリアは、離反者とは交渉しない。(注:リヤード・ヒジャーブ、マナーフ・タラースなどを排除。)
正規軍と武装集団を対等の要素として扱った議論は、相手にしない。

ロシアは現在、シリアが提示した条件について、米国と交渉している。ロシアが条件を提示し、米国がそれに従うことが求められている

シリア、イラク、イランの姿勢は堅固で、外国介入を許さない。

中国が提示する条件
ロシアが提示する条件に加え、
中国は、東アフリカと南アジアで利権を獲得する。

米国が提示する条件
ロシアがヨーロッパの安保に関与することは、許されない。
イスラエルの安保は、米国の安保の一部である。
湾岸アラブの体制を、力で変革しない。

解決の方向性
大シリアが復活する。総選挙が行われる。アサド大統領が再選される。

イランとエジプトの、地域政治における地位に変化なし。

トルコは、シリアへの内政干渉を禁止され、以前のトルコに戻る。

湾岸アラブ諸国は、シリアと同じ方法で、議会を作る。
湾岸アラブ諸国は、テロリスト派遣と、シリア内政への干渉が禁じられる。
(注:バハレーンで選挙するという意味なのか、GCC諸国全てで選挙するという意味なのか?現状の力関係で、ここまで話が進むのかどうか、怪しく思わないわけではない。)

イランは、平和的な原子力開発をする権利を認められる。
中東におけるイスラエルの核優位は、中和される。

(シリアと湾岸アラブの両方の?)選挙に、国際監視団が配置される。
どこで発生したテロについても、平等に取り締まる。テロ支援した国は、責任追及される。

プーチン・オバマ会談では、以上の線に沿って合意が成立しており、安保理決議となって、全関係国を拘束する。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0


シリア:アサド・ブラヒミ特使が会談 調停は失敗

2012/12/28 04:05
(注:情報を追加した上、12月30日04時に編集し直した。)
ブラヒミ国連特使がシリア訪問、アサド大統領と会談 12月24日
まずはSANAの記事。(ブラヒミ提案の具体的な中身は書かれておらず、シリア側の条件が綴られている。)
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/25/458802.htm



ブラヒミは3項目の提案をした。
(1)トルコ、カタール、サウジを含む停戦。しかしJabhah al-Nusrahを含まない。
(2)移行期間中は、権限を一部制限したアサドが残る。手放した権限は、NCSORF以外の反体制派から選ぶ首相が握る。
(3)アサドに、2014年の大統領選に出馬しない確約書提出を求める。

アサド大統領は、ブラヒミ提案の総論各論を完全拒否。アサドは逆に3項目の要求。
(1)外国介入を求める勢力の閣僚入りと対話参加禁止。
(2)ムスリム同胞団の対話参加を永久に禁止。
(3)全ての外国人ゲリラの撤退、彼らに対する武器・資金援助停止。

12月26日付け記事。
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=6&id=24503

・・・話がここで終わったら、会談が決裂したかのように思える。



(12月29日07時40分追記
シリアのal-Ikhbariyah TVの報道。
(注:常識的には、ブラヒミは、事前にシリア外務省に対し、提案内容を詳細に説明していたはずである。)

アサド・ブラヒミ会談で、アサドは一方的に話しまくり、ブラヒミは言葉を挟むことができなかった。アサドは最後に、「私はシリアの主権、統一、領土保全を重視している」と言って、会談は終了した。15分に満たなかった。

・・・ブラヒミは、大統領権限を全て委譲された暫定政府の樹立を提案したと報じられており、大統領は、(ブラヒミ提案のままでは、外国の影響を受けた人物が政府に入り込むとして、)それを全面拒否したと見られる。
(追記終了)



(12月28日09時40分追記
12月26日、トルコ匿名外交筋の話。アサド残留のブラヒミ提案に、トルコは反対。反体制派を説得することは難しい。もしどこかの国が説得するなら、新しいアイデアがあるのだろう(=トルコ政府が反対派を説得することはない、と間接的に表現している)。ダブリンでの米ロ合意(注:捏造報道)の内容。
http://megalodon.jp/2012-1227-1616-04/todayszaman.com/news-302291-turkey-objects-to-transition-with-assad.html

(注:トルコがジュネーブ合意に反対表明したのは、この日が初めて。)



関係者との協議を終えたブラヒミが12月27日、記者会見。彼が提案した内容の一端をうかがい知ることができる。これを読むと、ジュネーブ合意からブレないことで合意したかのように読める。規模の大きな国際監視団派遣構想について語っている。ここ数日、米英の主要メディアが報じている、ダブリンでの「米ロ合意」について、そのようなものは存在しないと否定した。
Brahimi: Geneva Agreement Includes Enough Ideas to Resolve Crisis in Syria, Not Need to Add Any New Points
Dec 27, 2012
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/27/459230.htm

(12月30日00時40分追記
注:ちなみに、ブラヒミは、ベイルート国際空港で離発着し、陸路でシリアに出入国した。ダマスカス国際空港は開いているが、安全を重視したと思われる。

こちらのニュースによると、ブラヒミとの会談終了後すぐ、モスクワに派遣されたシリア外務次官も、ベイルートからモスクワへ向かった。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/603548/
(追記終了)



(12月30日01時05分追記
12月28日。ロシア外相とシリア外務次官が、ブラヒミ提案について協議。
シリア外務次官の発言。諸外国はテロ支援を止めるべき。解決は、シリア人の手によらなければならない。

ラブロフ外相の発言。ロシアの姿勢に変化はない。

ロシア外務報道官の発言。ジュネーブ合意は差し替え不能
http://www.sana-syria.com/eng/22/2012/12/28/459339.htm
(追記終了)



(12月30日03時45分追記
12月29日、ブラヒミ特使がロシア訪問、ラブロフ外相と会談。
共同記者会見でラブロフ外相の話。辞職することを拒否しているアサド大統領の姿勢を、変えることはできない。国際監視団派遣は支持するが、(1)停戦の実現と(2)全ての関係者が同意すること、の2点が前提条件。ジュネーブ合意に基づき、政治解決を模索しなければならない。ロシアの立場は変化していない。

ブラヒミ特使の話。2つの選択肢しかない。1つは政治解決。もう一つは国際化で、シリア人と地域全体に深刻な結果をもたらす。

(文末で)ロシア専門家の話。ラブロフ・ブラヒミ会談で、新しい方向性は示されなかった。つまり調停は失敗した(=米国陣営が求める条件は、拒絶された)。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/603806/
(追記終了)



(12月30日04時00分追記
12月29日、国連報道官が、報道各社にメールで説明。
ブラヒミ特使は、アサド大統領が2014年まで権力の座に残るべきだとは、決して言及していない。特使は、(ジュネーブ合意に沿って)可能な限り早く暫定期間が始まるべきであり、可能な限り(暫定)政府が作られるべきであり、危機が2013年に解決されることを希望する、なぜならば、2014年まで待てないからだ、と言い続けている。

特使は、ダマスカスで27日に行われた記者会見で、「我々は、移行期間に全権力を握る政府を形成する必要がある。暫定期間が、国家機関の崩壊をもたらしてはならない」と語っていた。
http://news.xinhuanet.com/english/world/2012-12/29/c_132070025.htm
(追記終了)



(バアス党筋が説明するところの、政府提案の政治対話手順)

(1)何でも議題にできる。
(2)合意した点は文書化する。
(3)合意しなかった点は、選挙の争点にし、国民の信を問う。
(4)選挙後、獲得議席数に応じた憲法改正をする。
(5)大統領選に立候補するための要件「議員3分の2以上の支持」条項は、敷居を下げることを検討してもよい。
(6)新しい憲法に則り、大統領選を実施する。

(12月30日00時25分追記
(バージョンが少し異なる手順)

(1)国連の監視下で選挙を実施する。
(2)過半数を獲得した政党が、組閣する。
(3)議席の多い順に、全体の3分の2までの政党 議会内で3分の2の多数派工作ができた集団が、新憲法を起草する。
(4)議席の3分の1を獲得した政党が、憲法草案に拒否権を持つ。
(5)草案を国民に提示し、国民投票を実施する。
(6)新憲法下で総選挙を実施する。
(7)大統領選を実施する。

(追記終了)



変な記事が出回っている。シリア政府はジュネーブ合意を基本的に受け入れているのに、この記事では拒否したと捏造されている。態度を変えたのは、ロシア・シリアの側ではなく、米国陣営のほう。米英メディアは、何としてでもロシアが態度を変えた話に捏造したいようだ。もう米英の報道はめちゃめちゃ。米英の有名どころの記事がこれだけ徹底的に信用できない事態も珍しい。



国連特別代表とロシア、古いシリア和平案復活求めるが期待薄
2012年 12月 28日 08:55 JST
http://megalodon.jp/2012-1228-0939-43/jp.wsj.com/article/SB10001424127887324484504578206071104052916.html
英語原文
http://megalodon.jp/2012-1228-1001-42/online.wsj.com/article/SB10001424127887324669104578204962413182022.html

 【ベイルート】ロシアと国連は27日、シリア政府と反体制派がともに拒絶したことで実現していない数カ月前に提示されたシリア和平案を復活させることを求めた。 

 同提案による合意成立が、6月時点よりも高まっているとはみられていない。アサド政権は同提案を復活させようとの動きにはコメントせず、また、同政権追放を目指す反体制派で、この交渉に関わる人物は同提案は「筋が通らない」と批判した。

 自由シリア軍の調整役となっているトルコ在住のバッサム・アル・ダダ氏は「反体制派の誰もこれを受け入れられない。もし受け入れれば、シリア国民に拒絶されるだろう」とし、アサド軍は、どのような解決策においても大統領が一定の役割を果たせるようにするために、あまりに多くの人々を殺している、と話した。

 反体制派活動家によると、反アサド運動が2011年3月に始まってからこれまでに4万人以上が殺されたという。

 ロシアが反対したため、当初の案にはアサド大統領や現政権高官を新政権から追放することは明記されなかった。

 この案が最初に提示されてからシリア情勢は大きく変化した。反体制派が勢いを得て、支配地を増やし、同国北部で軍事施設を拡充している。また、首都ダマスカス周辺での支配地も拡大している。こうした状況を背景に、アサド政権の一部が存続するような案を反体制派が受け入れる公算はますます小さくなっている。

 政権側も譲歩の姿勢は見せておらず、反体制派の行動は大半が国を破壊するテロだと非難している。

 国連とアラブ連盟からシリア問題の交渉を任されたブラヒミ特別代表は27日、ダマスカスで、ジュネーブ提案はシリア内戦に終止符を打つ上で「適切な案だ」と述べた。同特別代表は「シリア国民は真の変革を求めている」とし、移行期が「国家あるいは国家機関の崩壊につながってはならない」と語った。また、当初案は修正が可能だとしながらも、具体的には言及しなかった。

 同特別代表はアサド大統領には言及せず、暫定政権は「完全な執行権限」を持つとし、これは「国家の全ての権限を暫定政府に持たせるということ」を意味するとしている。さらに、その後の政権がどのようなものになるか、提案に盛り込まれた選挙は大統領選なのか議会選なのかなどはまだ決まっていないと指摘した。

 一方、モスクワでは、ロシア外務省のアレクサンドル・ルカシェビッチ報道官が同国もジュネーブ提案を復活させようとしていると言明するとともに、アサド大統領の追放には反対であることを再確認した。ロシアは内戦が始まった時から大統領の最強の支持者であり、中国と並んでシリア軍に武器を売却し、反体制派弾圧に関する国連安全保障理事会の非難決議から大統領を守ってきた。

 ブラヒミ特別代表は今週末にロシアを訪問する。シリアのメクダド外務次官は27日、ブラヒミ氏の訪問前の地ならしのために、モスクワでラブロフ・ロシア外相と会談した。メクダド次官は別のロシアの上級外交官とも会う予定だ。

 シリアでは27日も戦闘が続き、反体制派は北部アレッポの警察学校と軍用飛行場を攻撃したほか、北部イドリブの政府軍基地でも同軍と交戦した。

(AP通信)
(追記終了)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 0


ラブロフ・ロシア外相のインタビュー シリア問題について

2012/12/28 03:52
(注:非常に長いインタビューなので、独断と偏見で短くしてある。外交の舞台裏が暴露されていて、面白い。)

(ロシアは、インドの安保理常任理事国入り支持を明確にしている。インドの参加により、安保理非難にどのような影響があると思うかを聞かれ)

外相:まず、批判はいつも根拠があるわけではないと申し上げたい。最も新しい批判の波は、安保理がシリアについて行動することができないという事実に関連している。批判者は、国連憲章7条に基づき、制裁と、究極的には軍事力公使をしたがっている。

ロシアと中国は、それは惨事になり、急な坂を転げ落ちる始まりになり、私たちが最早負担に耐えることのできないリビア・シナリオを引き起こし、地域も負担できないことを、100%確信している。

従って、安保理が効率的でないと語る者は、国際連合が、国際連盟の反省に基づき、5大国が重要問題について一致する仕組みを作ったことを、思い起こすべきである。

(以下、安保理改革について・・・割愛)

(シリアに対する軍事介入を、現時点ではロシアが阻止しているが、将来国連承認のもとで起こりうるか、と聞かれ)

外相:それはありうる。しかし、私は、シリア危機に介入したがっている者たちが、何らかの正当性なしに実行したくないと考えているとも感じている。我々は、国連憲章の解釈に固執している。これがシリアについて起きていることである。問題を国際化させ、暴力をシリア国境の外に広げたいと考えている者がいる。

他方、一つの司令部の下に統一されていない武装反体制グループのいくつかは、国際人権法に反する、受け入れ不能な手段に走っている。人質を捕り、テロ攻撃を仕掛けている。

安保理の西側パートナーが、シリアのテロは悪いが、全体の文脈の中で、なぜ人々がテロに走るのか考える必要があると言って、テロを非難することを拒否し始めたことには、とてもがっかりさせられる。それは全く受け入れ不能な考え方である。

もしそのような論理を使うならば、西側パートナーが、悪いテロリストと受け入れ可能なテロリストに区別し始めるならb、中東のみならず、世界の他の地域も危険にさらす。

(シリアが化学兵器を保有しているならば、外国が介入して良いという話が時々持ち上がる。シリアが化学兵器を使うと思うか、あるいは、それが介入の口実になるかどうかと聞かれ)

外相:私は、シリアが化学兵器を使用するとは思わない。もし使えば、政治的な自殺行為になる。シリアの化学兵器のニュースを聞くたび、我々は二重、三重に確認する。直接政府に問い合わせ、毎回、いかなる状況下でも決して使わないとの非常に固い確約を受け取る。

我々の情報は、それは米国が持っている情報と相互に関連していると理解しているが、シリア政府は、いろんな場所に分散されていた化学兵器を、守りを完全にするため2ヶ所に集約した。

また、最大の脅威は、反乱者が化学兵器を保有することであるという点で、西側を含む全ての者の意見が一致した。従って、西側の友人が、「もし反乱者が化学兵器を持ったとしても、全責任はシリア政府にある」と語るのは、非常に奇異な論理である。そのように語る人たちは、反乱者に対し、シリア政府と対話せず、武装闘争を続けるようそそのかし、武器・資金・精神的・政治的支援を与えている。

一般的に、「アサドとの交渉はありえない」とする論理は、容易に受け入れることができず、非常に危険である。我々は、シリア政府がしていることを正当化するつもりはない。彼らは多くの過ちを犯した。過度な力を使っている。治安部隊は、大衆のデモ、都市部や村における武装闘争に対応していない。彼らは、外国からの攻撃を想定して訓練を受けている。文明的な手法で法秩序を守るようには訓練されていない。

しかし反体制派も、政府を挑発している。テロ攻撃に走り、人質を捕り、この紛争に宗派主義の側面を取り入れている。これは非常に危険である。シリア社会は、スンニー派、シーア派、アラブ、クルド、その他の民族・宗派で複雑に構成されており、ひとたび混乱が発生すると、地域全体に影響を及ぼす。

話を現状に戻すと、「アサドとの交渉なし」と言い張る人々は、いかなる形であれ彼が去ることが第一の優先順位だと信じているようだが、彼らは、自分たちが代償を支払うことになることを理解しなければならない。シリア人の生命、シリアの民間人の生命が犠牲になる。

我々の第一の優先順位は、誰かの頭ではない。暴力と流血の停止である。もし、彼らがシリアとシリア人を救いたいと考えるならば、我々の中に参加し、前提条件なしで対話すべきである。アサドの運命は、シリア人が決めるべきことで、部外者や一部の反体制派が決めることではない。

(米国と同盟国が、シリアの物事を正そうとしているときに、ロシアが邪魔しているとの非難が、危機当初からある。もし、ロシアが1年前にアサドに退任を説得していたら、シリアの状況は変わっていたと思うか、と聞かれ)

外相:我々は、体制転覆のビジネスをしていない。地域のプレーヤーの何人かが我々に、このように言っている。「なぜあなたは、アサド大統領に去るよう言わないのか。我々が、彼の亡命地を用意する」。それに対する私の返答は簡単である。もし本当にそのようなことを考えているのであれば、彼らがアサド大統領に直接言うべきである。なぜ彼らは、我々を郵便配達人として使うのか?もしアサド大統領が興味を示せば、両者の間で直接協議すればよい。

アサド大統領は、自分はシリアで生まれ、シリアで死ぬと、メディアを通じて何度も表明している。彼の今後を決めるのはシリア人である。

2011年8月、ロシアの提案で、安保理は、全ての者は戦闘を止め、対話を始めなければならないとする声明を発表した。

2011年9月、ロシアと中国が、安保理で決議案を提案した。西側諸国は、反体制派が政府と同様に戦闘中止を求められることに難色を示し、決議は成立しなかった。

2011年12月、アラブ連盟によるシリア監視団が実施された。監視団が、政府軍のみならず、反体制派も残虐行為を行っているという客観的な報告書を提出した途端、アラブ連盟は監視団を解散してしまった。

コーフィー・アナン(前国連特使)提案による国連監視団が、(2012年4月に)実施された。国連監視団が配置された地域で、挑発行為が増大した。その目的は、監視団を続けられなくすることであった。(軍事衝突が激化し、とうとう)監視団は撤退を余儀なくされた。

しかし、私は、アナン提案は、安保理決議2042と2043に裏打ちされたものである、つまり安保理内で合意されたものであることを、強調したい。暴力は停止されなければならない。対話は始まらなければならない。

ジュネーブ合意は、常任理事国5ヶ国、EU、アラブ連盟、トルコ、国連が署名した合意である。そこで、我々が「では、皆で彼らに強いメッセージを送りましょう」と言ったら、署名した西側の友人たちは、「いや、これでは十分でない。国連憲章第7条を発動しなければならない。アサドも去らなければならない」と言って抵抗した。

ブラヒミ特使は、彼の活動の根拠がジュネーブ合意であると、何度も繰り返している。(先日)ロシア・米国が協議したとき、米国代表が「平和的解決」を望んでいると発言したことに、我々は満足している。

ドーハ会議で誕生した、反体制派のNCSORFは、政府転覆というよりも、政府解体を主目的にしている。「政府と対話しない」と表明した。これは、ジュネーブ合意に真っ向から対立する。このNCSORFを、西側、トルコ、湾岸アラブ諸国が支持している。

先日ダブリンで行われた米ロ外相会談で、どのようにしたらジュネーブ合意の原則と完全に対立する行動を取ることができるのか、とクリントン国務長官に問いただしたところ、彼女は、「現段階では、彼らを統一することが重要である。彼らが達成したいことの本質について、我々は正すことができる」と返答した。

それから1ヶ月が経過した。我々はほぼ毎週、彼らの本質を修正するため、米国がどんな努力をしたのが問い合わせ続けているが、返事はない。私は、反体制派に対し、もっと現実的になり、国を破壊しないよう説得している人は一人もいないと理解している。

(トルコのパトリオット配備問題について)

外相:トルコ・シリア国境で国境侵犯事件が発生した。越境砲撃が何度かあった。我々は、直ちにシリア側にこの問題を提起した。我々は、彼らが我々に説明したことが信頼できると考えている。(シリアによる)砲撃は、意図的ではなかった。彼らは、襲撃してきた反体制派を追跡していったら、国境の向こうに逃げた。

我々は直ちに、トルコとシリアに対し、事件が発生するたびにリアルタイムで直接協議できるチャンネルを作るよう提案した。シリア側は応じたが、トルコは、独自のチャンネルがあると返答してきた。その後、パトリオット問題が浮上した。

トルコには、自国の安全保障を考える権利があり、具体的にこの事象については、NATOの仕組みを使う権利がある。我々は、これ(配備)を与えられた環境として受け入れる。他方、一ヶ所に軍事ハードウェアを集積することは、リスク増大につながる。ある専門家は、シリアからの越境砲撃に対応するならば、少し違った配置の仕方をするだろうと語っている。

別の専門家は、この配置は、米国のMD計画の一部である米国のレーダーを守るのに有効であると語り、「イランの脅威」を指摘している。もしそうであるならば、リスクは更に大きい。多目的の配備ならば、さらに加熱させるからだ。

(ということは、シリアよりも、イランが標的か?と聞かれ)

外相:一部の専門家はそのように指摘している。そのように書いてある報道もある。

(以降は米ロ関係について・・・割愛)

Should India get a permanent UN Security Council seat?
インタビューは12月22日実施、24日放送。(言語は英語)
http://rt.com/politics/lavrov-interview-rt-syria-628/
動画
http://www.youtube.com/watch?v=wXP5bhIfagU
アラビア語記事
http://arabic.rt.com/prg/telecast/657902/



(バアス党筋の話)
ラブロフ外相は、フランス外相のお膳立てで、シリア反体制派5組織と会合を持った。

ラブロフ外相は、反体制派各派が、自分の組織内の異論を押さえる能力があるかどうか、選挙実施など民主主義の手順を部下に守らせる保証ができるかどうか、外交的な合意事項を確実に実施すると保証できるかどうかなどについて問いただした。

3時間協議したが、誰も保証できなかった。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


シリア情報大臣が記者会見 12月23日

2012/12/28 03:50
ロシアの立場は堅固で、シリアの主権尊重を含む諸原則に基づいている。ロシアは、誰かが政権を去ることや、選挙については協議していない。ロシアは、対話を通じた政治解決と、純粋にシリア人による民主的で国家的政治プロセスに到達するため、尽くしている。ロシアの立場は変化していない。

対話を拒否し、武装闘争を呼びかける者たちは、実は対話の結果を恐れている。

武器を置き、出頭したシリア人は、法に従い特定の方法(注:恩赦)で処理される。外国人の戦闘員とJabhah al-Nusrah等に所属する者たちは、逮捕された場合、法に基づき処罰される。

シリア・アラブ軍は、対立の一つの側ではない。軍は祖国と人民を代表し、911事件後に制定された国際法に基づき、テロリズムと対決している。近隣諸国は、その国際法に違反してテロ支援をしており、責任を追及されるべきである。

反体制派は、最低限でも、外国の軍事介入を拒絶する愛国心を見せるべきである。そして、アラブ連盟に対し対シリア制裁を解除を要求し、カタール、トルコ、フランス、その他に対し武器支援、テロリスト訓練、シリアへの潜入支援を止めるよう要求すべきである。

国民対話に、外国大使が参加するかもしれないが、対話自体はシリア人の間だけで行われ、採決もシリア人だけで行われる。部外者が提案がある場合は、提案することができる。

残された時間は短くなってきており、対話を拒否する者たちは、軍事行動、政府転覆の夢、大統領退位、首都占領などといったことは忘れ、政治行動に移るべきである。

テロリストとJabhah al-Nusrahが国土の広大な面積を支配しているという情報は、真実ではない。もしその情報が真実ならば、SNCやNCSORFは、支配地に入ることができるはずだ(が、実際には領土支配が怪しいから、イスタンブールやドーハを拠点にしている)。

Yabroud基地襲撃のニュースについて、ここは夏の間だけ使われる場所で、彼らが襲撃したときは空(から)だった。Shab'a基地襲撃について、ここは200平米の小さな軍用地で、彼らはここを2時間攻撃しただけである。現在は軍が支配している。軍に勝ったという報道は、メディア上の幻想である。

テロリストは、送電設備、病院、学校等を破壊する集団であり、これらの行政サービスを提供する集団ではない。テロリストはまた、燃料、農産物、産業設備を盗み、トルコ税関の監督のもとで国境を通過し、トルコ側で売りさばいている。

ファールーク・シャルア副大統領のインタビュー記事について、彼は2300万人いるシリア人の一人であり、彼個人の意見を述べたにすぎない。シリアは組織で動く国家であり、指導部が最終的な発言権を持つ。

al-Yarmoukパレスチナ・キャンプについて、政府軍はキャンプ内に入っていない。テロリストは、地区内の一部勢力に招き入れられた。パレスチナの人民委員会で合意が達せられたあと、彼らはキャンプの外に出た。

シリアはPKKを武装させていない。

シリアは、トルコがテロリストに越境攻撃させている証拠を持っている。

イラクは友好国である。トルコと湾岸アラブ諸国は、イラクに対する内政干渉を止めるべきである。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/23/458695.htm
http://www.sana-syria.com/ara/2/2012/12/23/458692.htm
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0


シリア政府軍がパン屋を空爆して虐殺というのだが・・・

2012/12/25 15:31
女・子供はどこにいるのかなぁ?死んだ人は、戦闘服を着たゲリラにしか見えません。ピストルを持ったまま死んでいるゲリラもいますよww
http://www.youtube.com/watch?v=aOEt1t6sC5k

あとから路上にパンを散らし、わざわざ血を付けているww
http://www.youtube.com/watch?v=-wO9fGIQdqA#t=09m41s

・・・ということで、どうやら騒ぐことが目的の捏造報道のようです。外国から武器を密輸入して騒ぐ馬鹿どもは、国民の敵ですから、1日も早く片付けてください。

安保理でシリアを議題にする直前に毎回、なぜか虐殺事件が起きるのです。たとえば前の記事(リンク先の末尾)、その2



シリア政府軍空爆、パン店行列の60人超死亡か
2012年12月25日01時08分 読売新聞

 【カイロ=黒岩竹志】英国を拠点とする人権団体「シリア人権監視団」によると、シリア中部ハマ近郊の町ハルファヤで23日、政府軍機が空爆を行った。

 パン店に並んでいた住民らが直撃され、60人以上が死亡した。約50人が重傷で、死者数は増える恐れがあるという。事実なら、政府軍による空爆の死者としてはこれまでで最大規模となる。

 ロイター通信が報じた目撃者の話では、パン店では3日ぶりに小麦粉が入荷し、女性や子どもを含む多くの住民が店先に並んでいた。内戦の続くシリアでは、燃料や、パンの材料となる小麦粉不足が深刻になっているとされる。

 政府側は、「武装したテロリスト集団がハルファヤを攻撃し、政府軍による虐殺にみせかけようとした」と主張し、政府軍による空爆を否定している。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


シリア情勢まとめ(経済) 12月21日まで

2012/12/23 03:59
【経済:官】(政策、統計、国営企業を含む)
経済省1209(注:12月9日の意) 輸出禁止リストを発表。(原文に詳細な表あり)
http://megalodon.jp/2012-1211-1751-39/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=47&id=34060

2012年の経済成長率1210 マイナス20%。その他ごちゃごちゃ
http://megalodon.jp/2012-1211-0343-53/www.reuters.com/article/2012/12/10/us-syria-crisis-economy-idUSBRE8B90LR20121210

経済副大臣1208 の話。2012年1〜9月期のフリーゾーンの貿易額は前年同期比38%減。投資額11%減、投資家数は13%減、外国法人数8.5%減、外国法人による投資額29%減。フリーゾーン公社総裁は、関連縫製をより魅力的にするため改正の準備をしていることを明らかにした。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2012/12/08/456232.htm

国営タイヤ会社1209 操業再開に950milシリポン(1シリポン=0.84円)を政府に要求。(注:何十年も前から曰く付きの巨額赤字企業)
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=66&id=34062

穀物公団1209 が3穀物の輸入契約に調印。戦略備蓄は十分にある。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=47&id=34054

IIF1211 の報告書。2012年の経済成長率マイナス20%、インフレ率40%、為替レート51%切り下げ(闇)。外貨準備は2013年末までに枯渇するかもしれない。
http://www.dailystar.com.lb/Business/Middle-East/2012/Dec-11/197986-syrian-economy-to-shrink-20-percent-in-2012-iif-says.ashx

Sadcop1210 石油製品貯蔵流通会社(Sadcop)専務が、重油不足について語る。
経済制裁により、支払いができなくなり、内需の35〜40%分が輸入できなくなった。

また、パイプラインへの攻撃が絶えず、国内の重要な重油生産拠点であるバーンヤース精油所が停止している。現在、パイプラインの復旧に努めている。

重油を外国から調達する方法を探っている。

議会で、国民(1世帯あたり)250リットルを配給することが決議されたが、それを実行できる見通しが立たない

石油省は、配給先に優先順位を付けている。まずパン屋、病院、学校、交通機関。内需は50万トンで、うち輸入で20万トンを賄う。石油省が懸命に手配しているが、武装集団がタンクローリーを焼いたり、奪ったりする。

アレッポのSadcop施設は閉鎖されており、燃料手配ができない。政府は2日前、アレッポへの配送方法について協議した。

シリアの消費量は、日量25千m3だが、現在消費が減少しているので、日量15千m3以上は配給しない。

15千m3のうち、4千がホムス精油所で賄われ、不足分は11千。バーンヤース精油所が再稼働すれば、6千が追加供給され、不足分は9千となる。
http://megalodon.jp/2012-1211-2036-04/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130829

化学工業公団1211 は、2013年度の計画として、靴製造公社とダマスカス皮なめし公社の2社を整理することを決めた。両社の製造ラインは、アレッポにあるゴム・プラスチック・革製品製造アラブ会社に引き継ぐ。人員については、一部を引き継ぐが、余剰人員については、新規プロジェクトに回すか、あるいは適切な処置を執る。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=75&id=34093

閣議1211 大アラブ自由貿易協定の適用を、本来の適用対象である「アラブ諸国原産品」と「シリア・フリー・ゾーン」に追加して、「輸入元国がアラブの製品」に拡大することを了承。サウジが、シリア向け輸出を許可しないため、第三国を迂回して輸入できるようにするための措置。
http://megalodon.jp/2012-1222-2313-21/goo.gl/Q95id

経済・外国貿易大臣1211 貿易制度の全面見直しをする委員会を発足させた。国内で不足する物資の輸入手続きを簡素化するとともに、輸入禁止品リストを更新する。
http://www.sana-syria.com/ara/4/2012/12/11/456614.htm

工業地区局長1212 2012年の投資総額は532,621bilシリポン。アレッポで操業停止した工場数700。その他、細かいこと。
http://megalodon.jp/2012-1222-2314-38/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=49&id=34106

1212 国営企業のテロ被害額19.73bilシリポン。原文に詳細。
http://megalodon.jp/2012-1213-2036-17/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130933

地方行政大臣1210 各県に上がっている、2012年6月15日までの被害補償請求のうち半額650milシリポンの支払いを済ませた。地方行政省関連の被害額は、直接被害48mil、間接被害313mil、合計361mil
http://megalodon.jp/2012-1222-2315-32/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130820

中銀1212 投資法1991年第10号に基づく投資者は、関税を外貨で支払わなくて良い、とする運用改正。
http://megalodon.jp/2012-1222-2316-18/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=67&id=34104

投資庁1211 シリアから投資を引き上げるため申請された、工場設備の再輸出許可を多数処理。主な対象分野は、紡績産業、ポリエチレン・ポリプロピレン製パイプ製造、輸送用容器(箱物)製造、食品製造。
http://megalodon.jp/2012-1222-2317-06/goo.gl/S3Iw9

農業省1211 植物生産局統計の紹介。砂糖大根の作付け面積は、計画の33%。(記事の本筋の話は、農産物別に作付け面積を紹介している。)
http://www.sana-syria.com/ara/4/2012/12/11/456589.htm

輸出開発促進機構1209 総裁の話。2011年に経済制裁が科された時、東方(アジア)への転向が叫ばれたが、2011年の統計を見ると、輸出相手国はイラク、ドイツ、フランス、オランダの順である。まずは既存の関係を大切にすることが重要。アジア、アフリカ、ラテンアメリカ市場への対応は、時間がかかる。
http://megalodon.jp/2012-1222-2318-06/goo.gl/eTnfK

労働総同盟1210 必要最低限の栄養素の量と、現在の市場価格を示した上で、標準的な5人家族の1ヶ月の食費を14,250シリポンと算出。その他の経費も含めると、最低賃金として28,500シリポンが適切と主張。現行の最低賃金9,765シリポン、平均給与11,000〜12,000では全く足りないので、政府は経済政策を再検討すべきであるとした。
http://megalodon.jp/2012-1211-1511-52/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130831

1212 Hamaセメント製造公社の2012年純利益は、計画の94%。この工場から全国に供給している。
http://megalodon.jp/2012-1222-2319-59/goo.gl/aTrXQ

1213 首相が、ダマスカス証券取引所(DSE)の新しい理事会メンバーを選出。(人名)
http://megalodon.jp/2012-1222-2318-56/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=78&id=34117

Tartous1213 港湾総局長の話。15日の入港は15隻。2012年1〜11月期に入港した船の総数は1,271隻。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2012/12/13/457134.htm

首相1213 がイドリブ県選出議員団と面会。生活支援、立て直しについて。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=66&id=34116

工業都市局長1213 工業都市への2012年度総投資額は、対前年比5%増。交通が寸断されているため、新規投資はほぼゼロで、建設中の工場3800は全て工事中断状態生産水準は25〜30%。アレッポのal-Shaikh Najjaar工業都市は、860ある工場のうち、稼働しているのは200(稼働率23%)のみ。ホムスのHasyaa'は操業率が一番高いが、通勤に難がある。ダマスカスの'Adraaは稼働率75%、デールはゼロ(完全停止)。
http://megalodon.jp/2012-1222-2320-45/goo.gl/nAUyt

首相1217 がアレッポ支援対策を議会に説明。基礎物資の供給を約束。支援物資の購入に30milシリポン、アレッポ県単独に臨時予算140milを15日以内に拠出する。その後、2013年度予算で年前半に1bilの支援予算があてがわれる。アレッポ郊外の製粉所はテロで破壊された。パンを飛行機で運ぶ努力をしている。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/17/457838.htm

1218 2013年度予算が議会を通過。1,383bilシリポン、対前年比4%増。原油輸出70万バレルに依存する体質だが、現在の生産量は22.5万バレルで、石油製品は輸入の割合が増えた。インフレが加速し、購買力が落ちる。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2012/12/18/457949.htm

1217 CBS銀行(明記されていないが、恐らく2012年度の年間)利益は8bilシリポン。預金総額300bil、工業融資296bil。キャッシュカードの不正読み取りに注意喚起。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2012/12/17/457724.htm

CBS銀行1218 Homsホムスに支店1つを新設。窓口でドル売り(顧客の買い)は受け付け全面停止しているが、ユーロ売りは受け付けている。
http://megalodon.jp/2012-1222-2322-14/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=67&id=34158

Hasakah1216 ハサケ農業局植物生産局長の話。小麦の灌漑作付け面積は計画の41%、非灌漑は37%。大麦の灌漑作付け面積は計画の57%、非灌漑は35%。燃料、肥料が不足しており、また生産に必要な物資が値上がりしていることが問題。
http://www.sana-syria.com/ara/351/2012/12/16/457574.htm

Sadcop社長1214 首相がSadcop社長を解任し、後任を任命。燃料不足問題の責任を取らせた。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=46&id=34120

Tartous港1216 本日、11隻が入港。木材、鉄鋼、とうもろこし、小麦、大豆、肥料を降ろした。4隻が入港待ち。鉄鋼、小麦、肥料、砂糖を積んでいる。2012年1〜11月期の港湾会社収入は2,135bilシリポン。総船舶交通量(と訳すのか?)(Total shipping traffice)は6,709milトン。
http://www.sana-syria.com/ara/4/2012/12/16/457519.htm

サービス担当副首相1218 ダマスカス地下鉄建設計画は、調査は完了したが、プロジェクトは凍結。ダマスカス県と郊外県で、代替となる交通機関の整備を検討へ。長距離鉄道は運行停止だが、ダマスカスとSarghaayaa, Qatanaa, Daraaを結ぶ3路線の活用。ダマスカス空港への鉄道乗り入れ計画検討。郊外と首都を結ぶバスの時刻表調整など。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2012/12/18/457961.htm
(続き)首都機能に直接関係ない政府機関を郊外に移転させることで、中心部の混雑を緩和し、地方開発を促進する。バスを大量に購入する。
http://megalodon.jp/2012-1219-1718-50/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131139

経済省1216 基礎物資・戦略物資について生産・輸出計画を検討。羊、オリーブ油の輸出、鶏肉、鶏卵、衣料品。その他。
http://www.sana-syria.com/ara/4/2012/12/16/457584.htm

経済大臣1217 ラタキア港に大量の米が到着。

経済担当副首相1218 タンクローリーの輸送単価40%値上げを承認。危機における輸送の重要性に鑑み。
http://megalodon.jp/2012-1222-2325-01/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=46&id=34163

厚生大臣1218 医薬品90milシリポン相当が、アレッポ空港に到着。
http://www.sana-syria.com/eng/36/2012/12/18/457943.htm

国際競争力比較1217 前年度より26位順位を下げ、144位。
http://megalodon.jp/2012-1218-2335-04/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131094

財務相1216 が関税の修正を提案。(長文)
http://megalodon.jp/2012-1217-1734-45/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131036

社会問題労働省1215 労働法改正を検討する委員会を設置。社会保険制度も含め、再調整する。
http://megalodon.jp/2012-1216-2129-04/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130982

中銀総裁1215 内務省爆破事件に巻き込まれていない。噂は、シリポン売りを加速させようとする企み。数日中に為替対策を協議する会議を開くので、speculatorは気をつけるように。
http://megalodon.jp/2012-1216-2044-15/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130987

不動産エコノミスト1216 による建物被害の推計。全壊390千戸、半壊325千戸、穴が開いた程度の被害520千戸復旧にかかる費用は、建物に限定すれば15bilシリポン。インフラ復旧も含めれば45bilから60bilだが、インフレが進んでいるので60bilとみるのがよい。その計算根拠。
http://megalodon.jp/2012-1217-1727-48/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131039

1215 2013年度予算1383bilシリポン(対前年比4%増)のうち、補助金は512bil(37%)。内訳は、燃料147bil、食糧支援基金に15bil。
http://megalodon.jp/2012-1222-2327-33/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=67&id=34122

08 Aleppo1217 重油について、バーンヤース精油所は、(パイプライン破壊で原油輸送が停止したため)10月16日以降、操業停止している。同精油所で、石油製品の内需の35%を生産していたので、自給率は50%から25%に下落した。

3日前に調印した契約に基づき、今月末までに205千トンが港に到着する。リットルあたり原価63シリポンだが、補助金を付けて25で売る。

バーンヤースにアレッポ向けタンクローリーが50両確保してある。道路が危ない中、19両を出発させたが、1両も届かなかった。現在、内需の75%を輸入に依存している。

小麦の戦略備蓄は250万トンある。アレッポの小麦消費量は毎日1200トンだが、県内にある製粉工場27ヶ所のうち、稼働しているのは4ヶ所だけ(テロ活動で破壊された)。ラタキアから35〜40千袋を運んでいる。今日のパンの値段は1袋250シリポン。停電は48時間以内に復旧する。アレッポ訪問した首相が明かした。
http://megalodon.jp/2012-1219-0222-27/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131121
(注:日本の新聞では、政府の北部支配を誇示ため、首相がアレッポを訪問などと報じられたが、電気・通信・水・食糧の供給が途絶え、とんでもない状態になっているアレッポ住民が怒って、首相を呼びつけたというのが真相。)

運輸省1219 自動車罰金の支払い猶予を2013年6月30日まで6ヶ月間延長。
http://www.sana-syria.com/ara/4/2012/12/20/458132.htm

閣議1219 電子決済公団設立、臨時職員の雇用延長、公務員に対する有給付与を了承。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2012/12/20/458113.htm

工業大臣1220 を、アラブ皮革産業連合会会長が訪問。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=66&id=34187

首相1220 がデール県出身議員団と会談。基礎物資の確保について。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=66&id=34183

対外経済省1220 イスラエル関係企業としてLumenis社を指定、取引禁止。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=47&id=34180

化学工業公団1220 尿素肥料とリン肥料の生産工場を増強へ。ロシア、イラン、中国のいずれかから、新しい設備を導入する。
http://megalodon.jp/2012-1222-2330-10/goo.gl/44FUd

1217 穀物公社が、黒海産小麦10万トンを輸入。レバノンの会社を通じ、国際入札した。価格は1トンあたり287ユーロ。(注:グレードがわからないが、国際価格より25%ほど安い。)
http://megalodon.jp/2012-1222-2330-58/goo.gl/B7IZD



【経済:民間】
民間銀行14行1209 3Qの赤字1.2bilシリポン。年累積額は3.49bilシリポン=約42milドル。
http://megalodon.jp/2012-1211-0011-28/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130777

基礎食料品1206 の国際価格(いずれもキロ当たり)。小麦87シリポン、トウモロコシ25、米50、大豆47、砂糖45。(これに流通経費、保険、業者のマージンを加えたものが、シリア国内価格になる。)
http://megalodon.jp/2012-1222-2335-42/goo.gl/LIn1i

銀行1211 2012年1〜9月期における資産の増減。民間銀行25.7bilシリポン増、国営銀行14.3bil減、イスラム銀行40bil増。その背景についてごちゃごちゃ書いてある。
http://megalodon.jp/2012-1213-0552-22/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130889

保険会社1212 2012年の保険会社の純利益は、対前年比36.76%増。
http://www.sana-syria.com/ara/4/2012/12/12/456896.htm

1217 ダマスカス商業会議所が、政府に対し、民間部門による石油製品(燃料)輸入を許可するよう求めた。
http://megalodon.jp/2012-1218-2332-15/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131097

じゃがいも生産1219 秋収穫量200千トンの予定が、実際には50千トンだけ。不足分150千トンのうち100千トンが、まもなくイランから届く。イランとの間のバーター貿易が、まもなく始まる。
http://megalodon.jp/2012-1222-2341-15/goo.gl/WdRnp

富豪50人1216 にシリア人3人がリストアップ。
http://megalodon.jp/2012-1222-2341-59/goo.gl/QUrSq



【DSE株価指数】(最安値更新中)
12月10日 784.95
12月11日 783.27
12月12日 781.62

12月17日 777.69
12月18日 777.5
12月19日 772

【外国為替:シリポン対ドル・レート】(闇、公定の順)
12月8日 89、74.25
12月9日 88、74.25
12月10日 88、74.25
12月11日 89、74.20
12月12日 89、74.15
12月13日 90、74.10
12月14日 (金曜)
12月15日 91.5、74.05
12月16日 92、74.05
12月17日 92、74.10
12月18日 95、74.10
12月19日 96、75.10
12月20日 97、76.81
12月21日 (金曜)
12月22日 102

(過去のシリポン最安値は、2012年3月7日の100だった。)



【アレッポの生活】
Aleppo1209 ガソリン価格が170シリポンから225に跳ね上がり、街の混雑が減った。小麦粉が入手できないため、パン屋は閉まっている。

1210 全市停電、無線通信ほぼ切断。固定電話は地区により切断。多くのパン屋は閉まっている。ある場合でも300シリポン。Bustan Pashaでは交戦継続。

1210 無いもの:電気、ガス、ガソリン、灯油、水。ミルクを作れずに死んだ赤ちゃん3人。

Aleppo1211 アレッポに待望のパンが到着。(注:もちろん、一部に配布することしかできない。)

1211 al-Sukkari地区。パンが買えない時は、手作りで乗り切る。
http://www.youtube.com/watch?v=7uqYwvqhoRE

Aleppo1211 ガスボンベ5000シリポン、パン200、灯油・重油200、ガソリン160。

1211 場所不明。自ら頭に負傷している若い女性(ひょっとしてまだ10代?)が、乳飲み子を抱え、呆然としている。悲しい映像。
http://www.youtube.com/watch?v=Z8JknxUpnew

Aleppo1212 空港道路を確保したあと、ラタキア、タルトゥースからパン6万5千袋を空輸。アレッポ向け重油・灯油の量は確保してあり、道路の安全が確保され次第、輸送する予定になっている。

Aleppo1213 ガソリン200シリポン、灯油・重油250(量が出回るようになった)、ガスボンベ5000。al-'Arqoub工業地区に過去2日間、経営者が出入りし、操業再開の準備をしている。

Aleppo1213 多くのパン屋が再開。市外からのパンも次々に入荷。

Aleppo1215 ラタキアからパン4千袋が届く。

Aleppo1215 軍が無料のパンを配布しているが、そうでない地区ではパンが250シリポン、もしくは小麦粉が入手できずパン屋閉鎖が続いている。

Aleppo1215 ガスボンベ6000シリポン。停電で町全体が真っ暗になるので、日が暮れる16時半以降は犯罪を恐れ、人々が外出を控えた。通電した。
http://soschristiansinsyria.wordpress.com/2012/12/15/news-from-alepo/

1217 電気事情。Tishreenダムからアレッポへの送電線が、交戦の結果、al-Shaikh Najjaarから歩兵学校の間でひどく破壊されている。1日の消費電力1000MWのうち、10分の1しか供給されない。修理は18日から始まり、戦闘状況次第だが、早ければ2日以内に完了する。ガス火力の修理は完了し、現在メンテ作業に移行した。

Aleppo1217 段階的に電気が復旧し始めた。

Aleppo1217 パン屋の60%が操業再開。小麦粉が到着した。

1220 al-'Azeeziyyah周辺。ネット利用を求めて、カフェが大繁盛。物価は高いが、商店街の動きはよい。ガソリンが200シリポンなので、交通量は少なめ。露店は増えている。

Aleppo1220 48時間連続で停電

Aleppo1220 イエズス会の難民支援機関(JRS)とシリア赤新月社が共同で、避難民支援をしている。支援物資受付、毎日6000人分の食事提供など。
http://goo.gl/twYfS

1222 Saif al-Daulah, al-Idhaa'ah, al-'Arqoubの住民に帰宅許可が出た。政府の被害調査委員会が来週、被害の程度を査定する。他地区にも順次作業を広げていく。
自宅に戻る住民たち。シリア国営テレビのニュース映像。
http://www.youtube.com/watch?v=NMTIdgUMvF4



【その他の町の生活】
Homs1209 停電が1日15時間。発電所は、半分の燃料で稼働させている。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=46&id=34058

1211 ダマスカス郊外県への灯油・重油供給の割り当ては、2011年に155milリットルだったのに対し、今年は26mil(16.8%)のみ。品薄であるはず。今日の販売価格は70シリポンだが、明日は80になる。
http://megalodon.jp/2012-1213-0552-45/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=130883

Suwaida1216 養鶏農家100軒が廃業。エサ代、燃料代が上がり、コストが見合わない。(注:戦争をしていると、農業国が農業国でなくなってしまうのである。)
http://megalodon.jp/2012-1217-1734-32/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=131030

09 大雨1218 ラタキア県郊外で138mm、バーンヤースで112mm、ハマー県郊外で95mm。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2012/12/19/457864.htm



【社会、教育、医療】
Daraa1212 教育省とUNICEFが協力して、子供向け趣味の教室(音楽など)を再開。
http://www.sana-syria.com/ara/355/2012/12/12/456881.htm

Daraa考古学局長1218 遺跡10ヶ所で盗掘、破壊の被害100県以上を記録し、警察に被害届を出した。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/18/457908.htm

教育省1216 ゴランにおける教育問題についてUNESCOと協力を進める。イスラエルの占領政策を非難。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/16/457604.htm

1219 小学校で流行っているゲリラ戦ごっこの映像。02:55から。先生が嘆いているが、打つ手がない。06:53からは、子供が言うことを聞かなくなったと嘆く母親。真面目な顔をして語る男女は、心理学の先生。
http://www.youtube.com/watch?v=GhoC7vfY_YM

高等教育省1220 経済制裁に邪魔され、海外派遣留学生が奨学金にアクセスできない。シリア学生連盟が役所に解決を申し入れたが、返事はない。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=66&id=34179

Aleppo1217 突発的な砲撃・交戦を恐れ子供を通学させない親がいたり、他の町や外国にに避難したりする家族があるものの、Suriyaan al-Qadeemにあるシリア正教系学校の登校率は95%。
http://new.alepposuryoye.com/topic/3516
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 6 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

日々の感想/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる