テーマ:ユダヤ

天然ガスに賭けたイスラエルの経済発展がコロナ不況で頓挫したかも

ハアレツ紙寄稿を大胆に意訳。イスラエル沖に海底ガス田が発見され、過去には考えられなかった東地中海ガス・フォーラムを近隣諸国との間で結成し、エジプト経由で大消費地であるEUに天然ガスを輸出し、イスラエルの念願だった確固たる外貨収入源を確立する。少し前までこんなことを思い描いていた。 高品質低価格のロシア産天然ガスをEUから締め出する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ中東和平案に対するイスラエル国内の賛否 西岸併合

トランプのDeal of the Centuryを進めると、イスラエルがこれまで苦労して築き上げてきた近隣アラブ諸国との友好関係が崩れる恐れがある。 米国内ではトランプが特別に親イスラエルなだけで、民主党は西岸併合に対して厳しい。米国の景気が悪いと現職大統領が負ける可能性があるので、トランプだけに頼る外交は危うい。最近では右派の論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西岸併合は、収賄裁判を遅らせるためのネタンヤフの仕掛け イスラエル

トランプ米国大統領がDeal of the Centuryと称する、イスラエルによる西岸併合に、当のユダヤ人入植者は「地図の線引きが自分たちにとり不利で、危険ですらある」と猛反対しているのに、ネタンヤフ首相がごり押ししている理由は、トランプが併合する日として設定した7月1日が、ネタンヤフ公判のちょうど2週間前であるから。裁判でネタンヤフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス政府が全土を掌握し切れていないときに、イスラエルが西岸に主権拡大して何か問題なのか?

(1)トランプのDeal of the Centuryでヨルダン川西岸の一部をイスラエルが併合する動きに対し、執拗に反対の姿勢を示すフランスに対し、イスラエルの往年のシオニズム活動家が皮肉交じりにフランスをこき下ろす投稿。 ・・・この屁理屈、別の場面で使えそう。覚えておきましょう(笑)。 (2)パリ北部郊外Argenteui…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルの対トルコ関係改善はヒズボラ対策

イドリブ戦で、ヒズボラがトルコ正規軍に歯が立たず大きな犠牲を出した点にイスラエルが着目し、トルコとの情報交換を望んでいる。 イスラエルと国境を接するシリア・クナイトラ県にヒズボラが展開しており、レバノン南部で培った対イスラエル偵察のノウハウを、シリア第1軍団に伝授している。国境地帯の支配を一度は失ったシリア軍は、体制立て直しを進め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルがトルコとの国交再開へ シリア対策の必要で歩み寄り

シリア問題、パレスチナ問題、キプロス沖の海底ガス田開発、リビア問題等でことごとく対立し、「トルコのような国は、完膚なきまでに叩きのめしてやる必要がある」とまで言い切って外交関係を切ったイスラエルが、シリア対策の必要性からトルコに歩み寄ることを決めた。 Israel seeking to rebuild full diploma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエル ドゥルーズ派が形式上の尊重ではなく露骨に予算を要求し出した

イスラエルの伝統的なドゥルーズ派懐柔策は、軍の中での昇進の優遇、殉職者の名前を交差点に命名する、殉職者の家庭を大臣が弔問する、独立記念日の式典にドゥルーズ派指導者を招待するといった、極めて形式的な施策の羅列であったため、イスラエル政府にとってはカネがかからず、経済的効率に優れていた。 ところが先週発生したドゥルーズ派デモは、地域イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウジ作家 サウジ人はパレスチナ問題に対する関心を失った

サウジの世論はパレスチナに対する関心を失った。パレスチナは負けた。パレスチナと関係しても、サウジに何の利益もない。イスラエルと外交関係を樹立したトルコは経済発展した。イスラエルは先進(科学技術を持った)国で、付き合えばサウジに利益がある。同様にアラブ連盟にも関心がない。 ・・・30年前くらいから行動で露骨に示していたので、知ってた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「全てのイスラエル人と米国ユダヤ人はスパイ。米国から蹴り出すべき」とFBIスパイが発言(笑)

ジョージ・パパドポウロスにFBIが貼り付けていたスパイの録音がリークされた。 「全てのイスラエル人と米国ユダヤ人はスパイ。米国から蹴り出すべき」。 「私は1マイル先にいるユダヤ人を嗅ぎつけることができる」。 「(パパドポウロスが付き合っていた)イスラエル大使館勤務のアシスタント女性はロシア出身のユダヤ人。ロシア出身ユダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナの地方警察がユダヤ人個人情報の提出を要求 ラビは拒否

ウクライナ西部イワノ・フランキフスク県(?)にあるコロミヤ市の警察署長が、「組織犯罪と民族別ギャングによる越境活動を取り締まるため、全てのユダヤ人およびユダヤ人学生の住所、氏名、携帯番号を提出するよう」要請する書簡をラビに送り、ラビがお断り申し上げると返答したことを、ウクライナ・ユダヤ委員会の世話人(世俗)がツイッターに写真付きで発表し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湾岸アラブ3ヶ国がイスラエルとの協力推進に前向き コロナ

バハレーン、UAEと、名前を伏せたもう1ヶ国。過去にイスラエルとの接触で名前が挙がらなかった国だというから、クウェートではないか。 少し前にコロナ対策啓蒙イラストで、イスラエルが湾岸アラブ風の服装を描いた背景が、今日明らかになった。 Three Gulf states seek partnership with Is…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエル政府作成のパレスチナ人用コロナ啓蒙ポスターの衣装がサウジ

イスラエル政府にとっては、パレスチナ人がコロナで死に、パレスチナ社会が混乱してくれれば本望なのであって、このポスターは最初からサウジ人用に作成したものでしょう。近年はサウジとイスラエルは親密にしているし、なにせメッカの人口の7割が感染しているそうですから。 あのずる賢い民族集団が、パレスチナとサウジの違いを知らないはずなく、全て故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエル パレスチナ村の診療所から医療機材を強奪 コロナ

イスラエルがその支配下に置いているパレスチナ人のコロナ対策をきちんとしていない件について、表題その他の事例を挙げながら告発している記事。 ちなみに表題の情報源は、(パレスチナではなく)イスラエル人権団体であることを強調しておく。 ふうん、イスラエルが確保したと自慢している医療機材、医薬品、医療サプライには、こうしたものも含ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツがケニアで買ったマスクが行方不明になった事件についてモサドは関与を否定せず コロナ イスラエル

ドイツがケニアで調達したマスクが、輸送途中でどこかに消えてしまった事件について、報道では米国が高値で横から奪い取った可能性が指摘されたが、実のところドイツは米国政府を直接的に批判しておらず、真相は明らかでないが、モサド関係者はモサドの関与を否定しなかった。 外国政府のある機関は輸出を認めても、別の機関が禁止することはしばしばあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウジ系テレビ局MBCがユダヤ女性を主人公にしたドラマを放送へ

物語の主人公は、イラン、イラク、バハレーンを渡り歩いたトルコ出身ユダヤ人女性。主人公役はクウェート人女優。監督はエジプト人、撮影場所はUAE。クウェートとサウジの俳優が多数参加。 イスラエルと湾岸アラブ諸国の国交樹立を前にした下地作り。パレスチナへのユダヤ人大量移民とイスラエル独立、その後の戦争という歴史的事実を隠すことで、何の罪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国企業の信頼性をAIで評価 イスラエル国防省がシステム開発 コロナ対策品調達で活躍

コロナ対策品をイスラエルが調達するにあたり、取引相手となる中国企業が信用するに値するかどうか、実在するかフェイクかの判断、過去の取引実績、納期の遅れといった諸情報をもとに、AIが瞬時に判断する。元データは別筋から入手し、随時更新。 関連記事 Defense Ministry uses Israeli start-up to …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルのコロナ対策品調達でモサドが大活躍 保健省は役に立たず

モサドの自慢話満載。あちこちからかき集めたが、国交を結んでいない周辺の敵対国からも入手。独裁国家はトップと合意すればすぐ調達可能となるので、民主主義国より独裁国家がいい。中国とか。 単にマスクや防御服を大量調達するだけでなく、人工呼吸器の設計図を入手して国内に生産体制を整えたり、他国が発注した商品を横取りするなど、何でもやった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英ユダヤ紙Jewish ChronicleとJewish Newsが廃業

長く続いている新聞業界の不況に、コロナ騒ぎがとどめを刺した。コロナ対策で発令された外出禁止令が引き金となり、人々が新聞を買いに出る習慣が残っていたイギリス社会において、新聞がぱったり売れなくなった。2紙合併の話も進捗していたが、間に合わなかった。世界で最も古いユダヤ新聞が滅んだ。 Jewish Chronicle紙は、イスラエルに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエル軍情報部 主敵はイランからコロナに

イランのことをちゃかして書いているけど、実際のところ、軍情報部の中にもコロナが広まってしまい、蜂の巣を突いたような騒ぎになっているんでしょ。 東京だって、警察署2ヶ所でコロナ感染が発覚し、同僚数十人を急遽検査、自宅隔離、警視庁から応援部隊100人派遣という騒ぎになっている。イスラエルだけ安泰だなどということがあるはずがない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臓器売買の闇市場を支配するユダヤ人ネットワーク 米国ニューヨーク

登場する人物はニューヨークのユダヤ人指導者ばかりで、それ以外の民族が登場しない。うち2人はシリアのアレッポ出身のラビ。 外国の生きた人間から新鮮な臓器をかき集めてくるのだが、その重要な拠点はトルコと明記してある。なぜトルコかというと、アフガン、イラク、シリア等から難民が集まる場所だからだ。臓器を摘出したあとのその人たちは生きてるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中東のコロナ患者数 10万7千人

イラン5万8千人、トルコ2万7千人、イスラエル8600人。←上位3ヶ国 人口比でイランよりひどいし、経済水準、医療水準に照らし合わせるとイスラエルが高すぎる。やたらイランが危険とちゃかしているが、危険度はユダヤのほうが高いではないか。危険なのは国名イスラエルではなく、ユダヤだ。コロナについてユダヤ人は危険と解釈するのが正しいだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルギー・アントワープのユダヤ人社会にコロナ懸念

水曜日のユダヤ教宗教行事を前に、アントワープに集結しているユダヤ人街でコロナの感染爆発が発生するのではないかという懸念が高まっている。 ユダヤ人は子沢山であり、仲間同士の接触を好むので、一般的なベルギー人の友人家族の輪が15人だとすると、ユダヤ人1人が持つ輪は150人に達すると言われている。彼らが行事で一同に顔を合わせるので、感染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューヨーク・ブルックリンのユダヤ教保守派居住地区でコロナ多発

ニューヨークのブルックリン地区でユダヤ教保守派が多いBorough Park, Crown Heights, Williamsburg and Midwoodでは、コロナ感染者が軒並み平均を上回っていることが明らかになった。 問題は、この民族集団にとって、神の戒律こそが最上位にあり、第一に守るべきものであり、周囲から何を言われよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more