テーマ:移民

スウェーデン 移民の子の半数はスウェーデン語に不自由 全ての5歳児に強制語学研修を検討へ

スウェーデンの移民問題を調査する委員会は、5才の全ての子に幼稚園通学を義務化し、言語運用能力を重点的に強化する政策を政府に提案した。首都郊外のある地区を調査したところ、6歳児の半数がスウェーデン語に不自由している実態が明らかにされた。 Sweden Seeks Mandatory Daycare Amid Reports of M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス 警官の顔をネットに晒したら罰金550万円または禁固1年という新法がまもなく議会を通過

警官の生命を危険にさらす目的で、取締中の警官の顔を撮影しネットにアップした者は逮捕、罰金という法案が議会をまもなく通過する。 欧州委員会は、このフランスの新法は、報道の自由を侵害する恐れがあると警告している。 France moves closer to passing security law that sparked p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄のヘイトスピーチ規制の条例制定を考える 「ヤンキーゴーホーム」は基地反対の定型句としてならヘイトでない

沖縄のヘイトスピーチ規制の条例制定を考える 専門家「すぐに条例作って」 11/24(火) 5:01配信 沖縄タイムス https://news.yahoo.co.jp/articles/ecf510fbaca3cc5338fdf2261f60d9d80e0d67ff  沖縄のヘイトスピーチ規制条例制定を考える「ヘイトスピーチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリ北の郊外でコロナ規制に反対する高校生がデモ 制止する警察を逆襲し、パトカーを破壊(動画) フランス

高校生がパトカーを左右に激しく揺さぶる。 パリから北北東100kmにあるCompiegneで、政府のコロナ規制から学校が外されており、密の環境で通学を強要されることに反対する生徒多数がデモを実行。(規制撤回ではなく規制強化を要求している。) 警察が制止しようとしたが逆襲され、警察車両1台破壊、路上放火などする騒ぎに発展した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヨン神父狙撃事件 原因はギリシア人神父の人妻不倫 狙撃者はグルジア人のキリスト教徒(笑) フランス イスラム関係…

逮捕された犯人はグルジア国籍のGeorgi P.。グルジア人だし、名前がゲオルギというくらいなので、キリスト教徒確定。 撃たれた人は、ギリシア人のギリシア正教神父52歳で、ゲオルギのロシア人妻35歳と関係を持ったため、トラブルになっていた。神父は1ヶ月前に辞表を提出した。ゲオルギは腹の虫が治まらず、撃った。 Lyon sho…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25歳のフランス人ムスリム 「法律よりイスラム法を優先」2016年47%→2020年57% 全年齢でも38%、学校…

教会法が法律より優先と考えるカトリックは15%。 学校内での宗教風刺画にカトリックの80%が賛成、全体では75%が賛成。 教師殺害事件を受け、マクロン大統領がイスラム2団体に出した解散命令に賛成するムスリムは34%。 全体では賛成多数(65%、76%)。 ムスリムの81%は、男女で時間帯を分けたプール使用に賛成、学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン シリア人がマクロンを紐で縛って町を引きずり回すパフォーマンス ドイツ警察が取り調べ フランスの法律では罪…

シリア人YouTuberが、マクロンのお面を付けたもう一人の手首を紐で縛り、アラビア語で叫びながら町中を引きずり回すパフォーマンスを撮影し、アップした。立ち止まった複数の場所では、マクロンの写真に火を付けた。 ドイツ警察がこの人物を取り調べている。 Police Probe Syrian YouTuber Who Dragg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクロン大統領「ここは私たちのヨーロッパだ」 私たちって誰?犯人の国籍民族が不明な段階で「フランスと共通の敵」と断…

オーストリアの首都ウィーン中心部6ヶ所で同時多発的に銃撃事件が発生してまもなく、フランスのマクロン大統領が声明発表。 ‘This is our Europe’: Macron voices ‘shock & grief’ over Vienna terror attack, warns ‘enemies’ will be deal…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス政府は首切りヌスラ戦線(アル・カーイダ)を公式に承認していた「彼らは良い仕事をしている」 米国テロ組織指定…

シリア戦の初期に各地で突然始まった首切り惨殺処刑の嵐。これを実行したヌスラ戦線(アル・カーイダ)を、米国国務省はテロ組織に指定したが、2012年末当時のフランス外相(ロラン・ファビウスLaurent Fabius)は「彼ら(ヌスラ)は良い仕事をしている」として反対表明しただけでなく、「テロ組織に該当しない」とまで言い切った。 フラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンペリエとトゥールーズの市庁舎にイスラム風刺画を夜間映写するパフォーマンス フランス 政府が公認している

マクロン大統領は、風刺画は民間が描いたものであり、政府の作品ではない。政府としては表現の自由を制限するわけにはいかないと言い訳をしたが、1週間前にフランス地方都市では、市庁舎の壁一面に問題の風刺画を投影するイベントを予算を投入して実施していた。作品は民間人製作かもしれないが、政府が公認した。 France: Charlie Heb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクロン大統領がal-Jazeera TVに出演 表現の自由は絶対 「反発している人は嘘情報に踊らされている」と火…

マクロン大統領がカタール系al-Jazeera TVに出演し、フランスの立場を説明した。 問題の風刺画がムスリムの怒りを買うことは自分も理解しているが、フランスにおいて表現の自由は絶対で、妥協することはできない。 フランスに対する反発している世界中のムスリムは、嘘情報に踊らされている。(←火に油を注いでどうする・苦笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス・リヨンでギリシア正教の神父が銃撃され重体 オーストリア・ウィーンではトルコ人数十人が教会で狼藉を働く イ…

教会の鍵を閉めていたところ、何者かに銃撃された。犯人は逃走中。現場付近は大騒ぎになっている。 Shooter injures Greek Orthodox priest in France’s Lyon and flees – police 31 Oct, 2020 16:09 https://www.rt.com/news/5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国フランスが育成してシリアに送り込んだイスラム過激思想が、フランスに逆上陸

ニース聖堂の犯人はチュニジア系移民の子。別件で、アヴィニョンでは長いナイフを所持していた人物を、警察が射殺した。(←足を撃って身柄を確保し、背景を調べようともしない。ただの弾圧。) What is known about suspected French church attacker: Media reveal details ab…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス世論調査 世俗主義が危機に貧している87%、イスラム主義がフランスに宣戦布告した79% 移民受け入れは不可…

世論調査会社Ifop。 87% フランスの世俗主義が危機に瀕している。 79% 斬首事件を見て、イスラム主義がフランスに宣戦布告したと感じた。 64% 移民は(フランスに)悪い影響がある。 60% 文化摩擦があるので、これ以上の移民受け入れは不可能である。 この局面で最も頼りになる政治家は:国民戦線のマリン・ル・ペン(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘイトスピーチ刑罰を年齢、障害、人種、宗教、LGBTQだけ厳罰化する動き スコットランド イギリス

スコットランドで、ヘイトスピーチ違反について特定分野だけ厳罰化する法案が審議されている。 現時点では、年齢、障害、人種、宗教、LGBTQが法案に盛り込まれているが、将来的に範囲を拡充する計画である。 対象範囲については、自称被害者は名乗り出るだけでよく、当局側に求められる証拠を整える作業も簡略化されるため、大量のえん罪被害を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more