テーマ:臓器売買

臓器売買の闇市場を支配するユダヤ人ネットワーク 米国ニューヨーク

登場する人物はニューヨークのユダヤ人指導者ばかりで、それ以外の民族が登場しない。うち2人はシリアのアレッポ出身のラビ。 外国の生きた人間から新鮮な臓器をかき集めてくるのだが、その重要な拠点はトルコと明記してある。なぜトルコかというと、アフガン、イラク、シリア等から難民が集まる場所だからだ。臓器を摘出したあとのその人たちは生きてるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more