れいわの2人、議員歳費受け取りながら福祉手当を要求する傲慢

勘違いもここまでくると怒りしか沸かない。働けないという大前提で福祉の対象になっているのであって、働けるのであれば福祉から外れるのは当然だ。

2人とも頭は正常ということになっているが、議員の厳しい仕事が本当にできるのか?議員になったら、自分が担当することになった問題について、100ページ単位の詳細な報告書を何本も取り寄せ、じっくり目を通した上で、役所、党内、他党と何度も会議を開かなければならない。その間に、雑務が山のように入ってきて、絶えず邪魔をする。報告書を途中まで読んで、「うーん、疲れたから今日はこれでおしまい」では議員の仕事をしたことにならないんですよ。

こういう人は立候補する時点で排除すべきだ。



れいわの2人、“現在の福祉サービスの継続利用を”
7/27(土) 5:02配信
TBS News i
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190727-00000016-jnn-pol

 今回の参院選で当選した、れいわ新選組の2人が現在、利用している福祉サービスが継続利用できないと議員活動が困難になるとして、厚生労働省などに支援を求めました。

 れいわ新選組の舩後靖彦さんと木村英子さんは重度の障害があり、「重度訪問介護」という介助者が付くサービスを受けています。しかし、このサービスは「経済活動」を補助の対象外としているため、収入がある議員活動は「経済活動」とみなされ、厚生労働省は「議員活動の介助は自己負担となる」との見解を示しています。木村さんによりますと、全額自己負担した場合、月130万円ほどかかる見込みだということです。

 れいわ新選組は26日、厚生労働省などと協議し、「議員活動は一般的な経済活動と異なる」として、サービスを継続して利用できるようにするか、別の公的な支援を求めました。

 「(臨時国会召集日)8月1日までに結果をいただけなかった場合は、私たちは登院することができません。重度訪問介護という制度を使って有償で入っていますので、その方(介助者)が付けないという状態になります」(れいわ新選組 木村英子氏)

 これに対し、厚生労働省は「制度を変えることは出来ないが、参議院の議院運営委員会と相談する」などと回答したということです。(26日22:05)

ウクライナ紛争 変化の兆し

Time Runs Out on Operation Ukraine
Date: July 25, 2019
Author: Tom Luongo
https://tomluongo.me/2019/07/25/time-runs-out-on-operation-ukraine/

Change is now possible in Ukraine. The conflict between it and Russia has been frozen for nearly five years thanks to former President Petro Poroshenko.

He’s gone. Volodmyr Zelensky is in power along with Zelensky’s political party which won close to a clear majority in Verkovna Rada elections recently.

Zelensky’s Servent of the People party won 253 seats out of 450, giving him not only the presidency but no need to build a coalition government with smaller parties of known foreign-controlled players, like Yulia Tymoshenko (Fatherland) or from Poroshenko’s party itself, European Solidarity.
Source: Wikipedia

This was the biggest fear coming into these elections. Ukraine’s system is mixed using both proportional allocation (225 seats) and majoritarian allocation (225).

Zelensky has a mandate now to begin the process of tearing down the barriers to sanity Poroshenko left in his wake. The big one being, of course, the war against separatists in the Donbass.

For the first few months of his presidency Zelensky has sent mixed signals as to what he intends to do on the world stage. He’s offered to meet with Putin, who then asked saliently, ‘to what end?’

He’s tried to pull back on the conflict only to see the shelling continue and, at times, intensify.

Zelensky is dealing with the same kind of bureaucratic revolt against change that Donald Trump has dealt with. In fact, it’s the same people running the both shows.

If there was one thing that has become glaringly obvious over the past three years it is that the coup attempt by the bureaucracy against Trump it is that much of it was cooked up in Ukraine under the dutiful eye of former President Poroshenko.

With Poroshenko out of the way, there is still the inertia of those he put in important positions. Ukraine is practically a failed state so don’t expect good news. If anything it’s become a playground for outside forces to start more fires as Zelensky tries to stamp out the ones currently burning.

All of these fires have one goal in mind, keep Ukraine and Russia separated and in conflict. This is being directed by both U.S. and British interests, if the Steele Dossier tells us anything.

That is the way these things go. But, that said, what Zelensky can have control over are the big issues setting Russia and Ukraine at odds. Obviously the Donbass is the big one.

But what’s really pressing is the gas supply contract between Gazprom and Naftogaz. It’s due to expire in December. I’ve written extensively about the machinations surrounding this and it’s worth your review.

The U.S. is trying to run out the clock on these negotiations by slowing down completion of Nordstream 2 and put Gazprom in the position of not supplying its written contracts with Europe. If Nordstream 2 can’t deliver and there is no supply agreement with Naftogaz then Gazprom can’t deliver contracted gas for the first time ever.

So I found it very interesting that Zelensky is now openly asking for talks with Gazprom and Naftogaz about the supply contract. This is not a difficult deal to get done. But, it has some outstanding issues. From TASS:

After securing control over the Verkhovna Rada, the team of Vladimir Zelensky indicated that it is ready for new gas negotiations with Russia. According to Nezavisimaya Gazeta’s experts, Kiev’s decisiveness is explained by the pressure from the European Union and Ukraine’s interest in receiving transit revenues from Russia. Meanwhile, the real chances of a new transit agreement have grown, the newspaper wrote. Ukrtransgas has not paid for services since March and its debts threaten the company’s stability and question the reliability of its supplies, the European Federation of Energy Traders (EFET) said.

But none of these issues will be difficult to resolve. Poroshenko left Ukraine at the mercy of Putin and Gazprom because they need the gas and the transit fees while Russia has Nordstream 2 and Turkstream coming on line next year.

Putin energy embargoed Ukraine earlier in the year making things really dicey for Zelensky. At the end of the day, however, Putin and Gazprom will negotiate a deal quickly that will pay Ukraine based on market demand for that gas to satisfy European regulators allaying worries over Ukraine’s finances.

Europe has made it clear it is no longer interested in paying for its failed Ukrainian project. Europe’s gas demand is rising so quickly that there will be room for everyone in the market. The only thing holding up completion of Nordstream 2 is a final permit from Denmark, which Gazprom expects to finally receive in October.

Gazprom CEO Alexei Miller is not sanguine about the prospects of a deal as there are outstanding court cases involved, but the long-term political dividends of signing some kind of deal, even an extension of the existing one pending a more thorough overhaul, would be immense.

Getting that problem solved would build trust between Putin and Zelensky and could lead to unwinding the problems downstream of 2014’s U.S. sponsored coup against Viktor Yanukovich.

There are so many forces arrayed within the U.S., UK, northern European and Israeli governments against reconciliation between Ukraine and Russia that it will be difficult for Zelensky and Putin to achieve much.

Europe’s new leadership, under Ursula von der Leyen, will be more confrontational with Russia while the jury is out on Boris Johnson’s new UK government and whether he can even remain in power for long.

But it is clear that the people of Europe are tired of these games and want change. The Ukrainian elections are proof of this. And that, by itself, is something worth cheering.

文在寅は「日本の方角を向いたら死んじゃう病」

下記記事の東大教授のような「皆仲良く」というタイプの人は、外交で役に立たないばかりか、往々にして有害である。日韓関係では過去54年間ずっとこの路線でやってきた結果が現状であるという反省を、ひとかけらも持っていないという非常識ぶり。専門分野からして、目の前の問題に対する解決策を提示できないのに、何をエラそうに。自己批判しないのだったら、昨今の文系学問縮小という潮流の中で、リストラされる対象です。さようなら。

文在寅の悲願は朝鮮半島統一だ。彼の史観の中で優先順位が一番高いのは北朝鮮であり、一番低いのは日本。「日本の方角を向いたら死んじゃう病」なのだ。

日本政府からの問い合わせや要望申し入れに対し、ことごとく無視したり、わざと噛み合わない回答を返して人を小馬鹿にした態度を取るのは、仮に対日外交を始めたら自分が死んじゃうから

米国を通じた対日圧力に望みを掛けていたのに、トランプもボルトンも関心を示さなかった。目的を全く果たすことができなかったわけで、韓国外交は大失敗の恥を世界に晒した。



韓国研究した東京大教授「日本は傲慢では駄目、彼らの『恨』を推し量るべき」
朝鮮日報
2019/07/25 10:40
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/25/2019072580058.html

 日本の著名な文化人類学者である伊藤亜人・東京大学名誉教授が、行き詰まっている韓日関係を解決するには「韓半島の人々の恨(ハン)」を推し量るべきだと助言した。

 伊藤教授は24日、毎日新聞とのインタビューで、韓日請求権協定に関して、「確かに日韓基本条約などの『法』はある」としながらも、「明治以降の帝国主義の犠牲になってきた朝鮮半島(韓半島の日本側呼称)の人たちには、西洋的な『法』だけでは割り切れない感情がある。彼らの中にある『恨(ハン)』とか『非業の気持ち』に対して日本側は『惻隠(そくいん)の情』を示すべきだろう。傲慢にならず、相手をおしはかろうとする姿勢だ。そうでないといつまでも日本は『法匪(ほうひ)』と呼ばれる。お互いにとって不幸な状態が永遠に続く」と述べた。毎日新聞は「法匪」という単語を「法解釈に固執し実態を顧みない人」と説明している。

 伊藤教授は、自ら1970年代から済州島や全羅南道珍島などの現場調査を約30年間にわたり続け、日本に韓国のことを伝えてきた学者だ。日帝強占期以降に韓国について研究した第1世代の文化人類学者としての功績を認められ、2003年に韓国政府から文化勲章を授与されている。

 伊藤教授は、現在の日本の政治・経済分野のエリートたちに、韓国社会に対する理解や共感が不足している点も指摘した。同教授は「国際交流の「交流」の基本は(中略)あくまでも生身の人間同士が現場で触れ合い、いろんな経験を共にすることだ。そうすれば(中略)お互いの考え方の違いが理解でき、どうすれば違いを乗り越えられるかを考えることができる」と、現在の日本のエリートたちにこのような考えが足りないと批判した。その上で、「戦前を知る過去の(日本の)政治家の中には深い反省を含めてアジアへの熱い思いを持つ人が多かったが、今のエリート層には隣国への友愛の情が感じられない」とも言った。

 伊藤教授は、未来志向的な韓日関係を築くのに最も重要なものとして、両国の国民同士、特に若い世代の交流活性化を挙げた。「負の遺産」への抵抗が少ない世代だからだ。伊藤教授は「私自身も(韓国に)心の通う友人ができて50年近くになろうとしている。(日本)国民の何人かに1人ずつでもこうした友人ができれば、日韓の関係はおのずとうまくいくにちがいない」と述べた。



韓日問題には言葉少な、「安保請求書」を差し出したボルトン氏
朝鮮日報
2019/07/25 11:00
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/25/2019072580060.html

 ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は24日、青瓦台で鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長に会い、ホルムズ海峡派兵問題と韓米防衛費分担金問題を話し合った。政府は、最近の韓日対立局面における米国の「仲裁役」に対して大きな期待を抱いていたが、青瓦台が同日公表した「韓米安保室長協議の結果発表文」には韓日関係についての言及がなかった。外交関係者の間からは「ボルトン補佐官は韓日確執仲裁要請に対しては明確に答えないまま、『安保請求書』を差し出していった」という声も上がった。

 韓米両国の安保室長はソウル市内のホテルで業務を兼ねた昼食会を含めて合計2時間35分にわたり会談した。青瓦台の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は書面発表文で「ホルムズ海峡での海上安保と航行の自由のための協力案を引き続き協議していくことにした」と明らかにした。

 防衛費分担金に関しては「同盟の精神に基づいて最も合理的かつ公正な方向で協議していくことにした」と発表した。ホルムズ海峡派兵と防衛費分担金引き上げは、米国側が韓国政府に積極的な協力を要求している事案だ。だが、与党支持層の拒否感が大きく、政府としては政治的負担がかなり大きな問題でもある。

 青瓦台関係者は「韓日関係も話し合われた」と言ったが、高ミン廷報道官の書面発表文には日本あるいは韓日関係という表現はなかった

韓国は「理の韓国、法の日本」と言うが、日本との協定だけを破る

学校や職場で在日を抱えている皆さん、大学教授がこの非常識を公然と発言するような民族集団をあなたの隣に座らせておいて、大丈夫ですか?本当に大丈夫?

今のうちに追い出しておいたほうがいいですよ。個人ではなく民族集団の問題です。何されるかわかりません。



【中央時評】理の韓国、法の日本
2019年07月24日11時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/869/255869.html?servcode=100§code=120

『菊と刀』に代表されるルーズ・ベネディクトの研究は第2次世界大戦末と直後、米国の対日本政策の決定に重要な影響を及ぼした。人命被害を減らして戦争を終息させる最も良い方法は天皇の降伏を受けることだという点を知らせ、民主主義を導入するものの天皇制度は保存する方向で政策を決めるのに寄与した。米国のニューヨークタイムズは一国の再建に寄与した専門家としてベネディクトを称えた。太平洋を挟んだ遠距離の両国も相手国の文化を理解することで望ましい未来を開いた。

破綻状態の韓日関係は非常に対照的だ。原因についてはさまざまな見解が示されたが、その根本にはお互いの文化に対する無理解があると考えられる。文化の違いを考慮しないまま自らの観点だけで相手を判断すると、理解どころか怒りばかりが生じる。さらに国民感情を政治的に利用する権力者の狡猾さは油に火をつける役割をした。

韓日の文化の違いは考えている以上に大きい。何よりも韓国は理の国であり日本は法の国だ。朝鮮は性理学を受け入れながら、三綱五倫と宗廟社稷という理致を基本に精神世界を構築した。朝鮮人に理致は法の上にあり、さらには王権よりも高かった。李朝時代の党派争いが激しかったのも、すべてを「理」という本質に照らそうとするプラトン的習性に起因するものだ。実用よりも理念を重視し、あらゆることを問いただすのが好きな韓国人の特質も、これに由来していると見るべきだろう。

日本は武力を基礎に社会の秩序を築いた。武力の前で民は問いただすよりも、与えられた秩序に順応するのが長く生きる秘訣だ。日本の幕府の基本法である武家諸法度によると、「法で理致を破ることはできるが、理致で法を破ることはできない」として権力者が作った法が理致よりも優位にあることを明示している。すなわち日本は法に定められれば、好むかどうかはともかくそれが終わりにならなければいけない社会だ。韓国と日本の文化の違いは「士農工商」という身分体系で「士」の意味が異なる点にも見える。朝鮮で「士」はソンビ(学識がある高潔な人)を表す半面、日本は武士を意味する。朝鮮は理致を最も重視したが、日本では法令守護が最も重要だった。

日帝強占期の朝鮮人強制徴用問題は「理」と「法」の衝突を象徴的に見せている。韓国人は理致に合わなければ国家間の合意も見直すことができると信じる。人権を強調する法の流れから、1965年の韓日請求権協定も見直すことができるという主張だ。一方、日本人にとって協定は法と同一であり、これで問題が終結したという立場だ。日本政府の輸出規制を日本人の多数が支持するのも、日本人の文化コードでは最終権威である法まで再解釈しようという韓国を理解しがたいためだろう。

許しを受ける神が存在しないというのも日本文化の特性だ。日本で個人の本分は国の決定に影響を及ぼすのではなく、社会から与えられた「役」を忠実に履行することだ。この役割に失敗する時、日本人は羞恥心を感じて被害者に謝罪する。しかし第2次世界大戦当時に慰安婦に犯した悪行は日本社会が抱え込むにはあまりにも大きな巨悪だ。多数の日本人は事実でないとか、政府が下した決定であって自分とは関係がないとして避けていく。この蛮行を認めれば贖罪が必要だが、多くの日本人は罪を許す絶対者を知らない。こうした文化のため、ドイツとは違って日本は第2次世界大戦当時の蛮行を深く謝罪できなかったはずだ。

文化を理解することが足元の火を消すのにどれほど役に立つのかという声も出るかもしれない。しかし明るい未来のためにはこれ以上は火を足元に落とすべきでない。振り返ってみよう。2012年の李明博(イ・ミョンバク)大統領の天皇非難は天皇の象徴性を無視した「文化盲」のような発言だった。当時から韓日関係は悪化し始めた。経済大統領といわれていた李大統領は、日本での韓流ブームと韓国ビジネスを没落させ、多くの雇用を失わせた。

文在寅(ムン・ジェイン)政権も何が違うのか疑問だ。文化が衝突すれば対話と外交で解決しなければいけない。しかし昨年10月に強制動員被害者の個人請求権を認める確定判決が出た後、政府は日本の対話要請を拒否してきた。ところが日本が経済報復をすると突然、協議を提案した。この非一貫性を日本の市民は無視と無礼と見なすだろう。文化盲の政府は何も得られず韓国を傲慢で無礼な国にしてしまった。

安倍政権は外交問題に経済報復を加えることで、正しい秩序という日本らしさを自ら放棄した。しかし国民的な団結でこれに全面対応しようという主張は、韓国の品格を捨てて日本の極右派のようになろうという破壊的な煽動だ。むしろ逆に、さらに激しい内部批判と省察がなければいけない。韓国も日本もこれを通じて「文化盲」のような政治と政策の再発を防がなければいけない。そうしてこそ、過去が未来を略奪し、死者が生者を捕食する今のような不幸が繰り返されなくなるだろう。

キム・ビョンヨン/ソウル大経済学部教授

イスラエルに批判的なソマリア系米国議員 不正を暴かれる

こういうのが来るだろうなーと思っていたら、期待通りの記事が出ました。実の兄を夫に仕立てた偽装結婚などなど。
関連記事



Ethics Complaint Filed Against Rep. Ilhan Omar; Accused Of Immigration, Tax And Student Loan Fraud
by Tyler Durden
Tue, 07/23/2019 - 11:19
https://www.zerohedge.com/news/2019-07-23/ethics-complaint-filed-against-rep-ilhan-omar-accused-immigration-tax-and-student

Following an extensive three-year investigation into Rep. Ilhan Omar by investigative journalist David Steinberg, a House ethics complaint has been filed by Judicial Watch calling for a probe into potential crimes committed by Omar and her brother.

According to the complaint, "Substantial, compelling and, to date, unrefuted evidence has been uncovered that Rep. Ilhan Omar may have committed the following crimes in violation of both federal law and Minnesota state law: perjury, immigration fraud, marriage fraud, state and federal tax fraud, and federal student loan fraud."

"The evidence is overwhelming Rep. Omar may have violated the law and House rules. The House of Representatives must urgently investigate and resolve the serious allegations of wrongdoing by Rep. Omar," said Judicial Watch president Tom Fitton. "We encourage Americans to share their views on Rep. Omar’s apparent misconduct with their congressmen."

Laid out in the complaint, as compiled in Steinberg's research:

Rep. Ilhan Abdullahi Omar, a citizen of the United States, married her biological brother, Ahmed Nur Said Elmi, a citizen of the United Kingdom, in 2009, presumably as part of an immigration fraud scheme. The couple legally divorced in 2017. In the course of that divorce, Ms. Omar submitted an “Application for an Order for Service by Alternate Means” to the State of Minnesota on August 2, 2017 and claimed, among other things, that she had had no contact with Ahmed Nur Said Elmi after June 2011. She also claimed that she did know where to find him. The evidence developed by Mr. Steinberg and his colleagues demonstrates with a high degree of certainty that Ms. Omar not only had contact with Mr. Elmi, but actually met up with him in London in 2015, which is supported by photographic evidence. Ms. Omar signed the “Application for an Order for Service by Alternate Means” under penalty of perjury. The very document that Ilham Omar signed on August 2, 2017 bears the following notation directly above her signature: “I declare under penalty of perjury that everything I have stated in this document is true and correct. Minn. Stat. § 358.116.”

Of particular importance are archived photographs taken during a widely reported trip by Ilhan Omar to London in 2015, posted to her own Instagram account under her nickname “hameey”, in which she poses with her husband/presumed brother, Ahmed Elmi. These photographs from 2015 are documentary evidence that in fact she met up with Mr. Elmi after June 2011 and before the date she signed the divorce document in August 2017, thereby calling into question the veracity of her claim that she had not seen Mr. Elmi since June 2011.

Rep. Omar’s potential crimes far exceed perjurious statements made in a Minnesota court filing.

Rep. Omar’s conduct may include immigration fraud. It appears that Rep. Omar married her brother in order to assist his emigration to the United Stated from the United Kingdom. The same immigration fraud scheme may have aided Mr. Elmi in obtaining federally-backed student loans for his attendance at North Dakota State University. Mr. Elmi and Rep. Omar simultaneously attended North Dakota State University and may have derived illicit benefits predicated on the immigration fraud scheme.

The State of Minnesota Campaign Finance and Public Disclosure Board has already determined that Rep. Omar violated state campaign finance laws for improper use of campaign funds. She was forced to reimburse her campaign thousands of dollars. More significantly, the Board discovered that the federal tax returns submitted by Rep. Omar for 2014 and 2015 were filed as “joint” tax returns with a man who was not her husband, named Ahmed Hirsi, while she was actually married to Ahmed Elmi.

Under federal law, specifically, 26 U.S. Code & 7206.1, “Any person who willfully makes and subscribes any return, statement, or other document, which contains or is verified by a written declaration that it is made under the penalties of perjury, and which he does not believe to be true and correct as to every material matter … shall be guilty of a felony and, upon conviction thereof, shall be fined not more than $100,000 ($500,000 in the case of a corporation), or imprisoned not more than 3 years, or both, together with the costs of prosecution.” -Judicial Watch

Steinberg sums up the evidence (also via PowerLineBlog):

Verifiable UK and U.S. marriage records
Verifiable address records
Time-stamped, traceable, archived online communications (Convictions and settlements based upon social media evidence are commonplace, Anthony Weiner being a notable example)
Background check confirmations of SSNs and birthdates
Archived court documents signed under penalty of perjury
Photos which can be examined to rule out digital manipulation
The 2019 Minnesota Campaign Finance and Public Disclosure Board investigation, which found Omar filed illegal joint tax returns with a man who was not her husband in at least 2014 and 2015
Three years’ of evidence published across many articles — none of which has been shown to be incorrect, or have even been challenged with contradictory evidence from Rep. Omar or any other source
Perjury evidence that stands on its own — regardless of whom she married:
Long after June 2011, she was clearly in contact with the only man in either the U.S. or the UK with the same name and birthdate as the man she married. She was clearly in contact with several people who were in contact with him.
Further, Preya Samsundar did contact him, published how she managed to contact him, and published his email admitting to being photographed with Omar in London in 2015. To be clear: Omar was legally married to an “Ahmed Nur Said Elmi” at the time she was photographed next to a man who admits his name is Ahmed Nur Said Elmi, and that he is in the photo.
Samsundar published all of this information on how to contact Ahmed Nur Said Elmi a few months before Omar swore to that nine-question court document.
Rep. Omar has refused all inquiries from her constituents, elected officials, and media outlets to provide any specific evidence contradicting even a single allegation suggested by three years of now-public information.
In fact, Omar has responded by making information less available:
In August 2016, after Scott Johnson and Preya Samsundar posted the allegations, Omar’s verified social media accounts were taken offline.
Ahmed Nur Said Elmi’s social media accounts were also taken offline.
When the accounts returned, a large amount of potentially incriminating evidence had verifiably been deleted.
I found and published at least ten additional “before and after” instances of evidence still being deleted in 2018.
Omar has released carefully worded, Clintonian statements that denigrate those seeking answers from her as racists. Yet she has repeatedly refused to answer questions or issue anything other than public relations statements.
I have a large amount of information that we have not published for reasons including the protection of sources.
Sources have expressed fear regarding published video and photo evidence confirming threats from Omar’s campaign team. These sources have shared other evidence of threats. I have contacted the federal authorities to share this and other unpublished information. Providing knowingly false information to the DOJ is a serious crime.

According to Steinberg, "I believe Scott Johnson, Preya Samsundar, and me, with our three years of articles, columns and posts, have provided more than enough evidence to give law enforcement authorities probable cause to open an investigation. Now would be the chance for law enforcement, and especially for Rep. Ilhan Omar’s House colleagues, to make a sincere stand against corruption and for the uniform application of the law."

ソマリア人が想定外に口が達者だった件 米国

米国はソマリアに戦争をけしかけたものの、最後はつまらない事件でつまづいた。部隊からはぐれて現地住民に捕まってしまった米兵1人が足を軽トラにロープでくくりつけられ、四肢がちぎれてバラバラになってもなお延々と市中引き回しをされる「見せしめ刑」に処せられた。こんな映像が米国民に拡散されたら反戦運動が盛り上がってしまうと頭を抱えた政策担当者は、すぐさま軍を撤収し、その日以後、ソマリア戦の話は一切放送されなくなった。

米国は、その間にソマリア難民を受け入れたが、そのうち帰化した1人が先の選挙で当選し、下院議員になった。イルハン・オマル(Ilhan Omar)。彼女は、叩かれてもイスラエル批判の言動を止めない。もちろん、ユダヤ勢力が強い議会で彼女が提出する法案が通ることはないが、米国の政策担当者は、ソマリア人がこんなに口が達者だったとは想定していなかったに違いない。そこいらのパレスチナ人より筋金入り。

And now ‘apologize to Israel’: Trump in new rant on ‘weak, insecure’ Omar, Tlaib & co.
21 Jul, 2019 15:08
https://www.rt.com/usa/464698-trump-dems-israel-apology/




トランプ氏支持者が「送り返せ」連呼、差別批判さらに高まる
7/19(金) 13:41配信
ロイター
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00010007-reutv-n_ame

 17日に米ノースカロライナ州で行われたトランプ米大統領の集会で、支持者からソマリア出身のイルハン・オマル下院議員に向けて「国に追い返せ」コールが湧き上がった。

 トランプ氏が「オマル議員は悪意に満ちた、反ユダヤ的発言をしてきたじゃないか」と批判すると、聴衆から「彼女を送り返せ!送り返せ!」というシュプレヒコールが湧き上がった。

 これに対しオマル議員は「ファシスト的思想を撒き散らしている」としてトランプ氏を非難した。

 「大統領は私のような人は米国から出て行けというが、これは私だけに向けられた言葉ではない」とオマル議員。「これは私とアイデンティティを共にするすべての人に向けられた言葉だ。大統領はここは彼らのいる場所ではないというが、私たちはここは彼らの国だと言いたい。」

 一方、ホワイトハウスで記者から追及を受けたトランプ氏は、聴衆との距離を置いた。

 記者が「聴衆の『送り返せ』コールが始まったとき、なぜ止めなかったのですか」と尋ねるとトランプ氏は、私は止めようとしたと思う、と述べた。その上で「本当に多くの声があがった。(送り返せという声に)私は同意しないがね。だが実に多くの声があがったのは事実だ。それについて少々嫌な気持ちがした」と述べ、聴衆の考えには同意しない意向を示した。

 しかし、17日にノースカロライナ州で行われた集会でトランプ氏は、「オマル議員たたき」を強めていた。同議員が、過激派組織アルカイダを支持していると示唆する発言までしていた。だがそれは事実に反する。

 トランプ氏は今週、民主党の非白人女性議員4人に対し、「国に帰ってはどうか」などと発言し物議を醸した。

 トランプ氏の発言は人種差別的だとの非難が巻き起こり、米下院は大統領の発言を非難する決議を採択した。

ところが17日、トランプ氏は集会で「気に入らないというなら立ち去ればよい」などと述べ、攻撃の手を緩めるどころか強めていた。

 こうしたトランプ氏の姿勢に対し18日、共和党議員らは火消しに追われた。共和党のグラハム上院議員は「(大統領の発言は)ベトナム戦争時代の『米国を愛せないなら立ち去れ』というスローガンにかけたのだと思う」と指摘した。その上で「もしソマリア難民でも『米国を再び偉大に』と書かれた帽子をかぶっていたら、大統領はそんなことは言わないと思う。きっとホワイトハウスの夕食に招待されるよ」と話した。

 一方、民主党の大統領選候補者は、トランプ氏の姿勢を厳しく批判した。

 バイデン前副大統領は、下院議員4人に対するトランプ氏の発言は「人種差別的で醜い言葉」だとツイートした。

 ハリス上院議員は「卑劣で、臆病、外国人嫌悪的で人種差別的だ。米大統領の品位を汚している」と述べた。

 サンダース上院議員は「トランプ氏は社会の最も卑劣で、不安を煽る流れをかきたてている。私たちは史上最も危険な大統領を倒すために、力を結集して戦わなければならない」と述べた。

  一方、トランプ氏のやり玉に挙げられた1人、オカシオコルテス下院議員は18日、大統領は火遊びをしていると非難した。「大統領は昨夜の集会で、何百万人もの米国人を危険にさらした」と批判した。「 私はこうした環境を作り上げた責任が、彼にあると思う」

韓国大統領は遠慮せずに日本にもっとものを言ってほしい 地方参政権もよこせ 民団

学校で職場であなたの隣に座っている在日は大丈夫?安全?
表面に現れる言動ではなくて内心が。
本当?よく観察して。



在日同胞各界4人が意見発表…韓日関係、文大統領への期待と決意
民団新聞
2019-07-10 10:50:00
http://mindan.org/news/mindan_news_view.php?cate=1&number=25440

 参加者を代表して、生野区コリアタウンで韓国食材店「徳山物産」を営む洪性翊代表、民主平和統一諮問会議・日本近畿協議会の青年文化委員長で大阪青商会長の車奉根氏、「堂島ロール」などスイーツ会社モンシェールの金美花社長、こころの家族「故郷の家」の尹基理事長の4人が意見発表した。

 洪さんは、「土、日になると多くの人がコリアタウンを訪れていることを踏まえ、新しい韓国歴史文化や伝統文化にも触れられる場を作っていくうえで協力をお願いしたい」と述べた。

 車さんと金さんは、自身の体験談を交えながら、在日への関心をもってほしいと話し、尹さんは「両親の苦労を話しながら、在日1世の苦労を決して忘れず、共生が定着するようリードしたい」と述べた。

 文大統領は、それぞれの話に、「皆さんの心が伝わってきた。これからもしっかり関心を持っていく」としながら、「皆さんの一人ひとりの話を聞くには時間が足らなかった。総領事や大使に話していただければ、私にも報告があがる」と応えた。

韓日関係改善を切望…参加同胞の声

 「韓日関係の悪化で本当に困っているのは在日です。韓日関係改善に尽力してくれることを願う」との声や、「在日同胞がどれだけ大統領に期待しているか、少しはわかってくれたと思う」と安堵する意見や、「何度も日本に来て安倍首相と話し合ってほしい」との要望も聞かれた。

 また、「大統領は遠慮せずに日本にもっとものを言ってほしい。次世代のためにもっと激励の言葉を発してほしい」との願う声もあった。このほか「本国の発展に心血注いで寄与してきた1世たちにねぎらいの言葉をかけていただきたい」や、「在日同胞の長年の宿願である地方参政権の実現のために発言してほしい」と期待を寄せていた。
(2019.07.10 民団新聞)

カリフォルニア州バークレー市が言葉狩り 「マンホールは禁止、メンテ穴と言え」

manhole → maintenance hole
manpower → human effort
he or she → they
himself or herself → themselfthemselvesではなさそう)

こうした言葉狩りが日本の高校入試に影響するのは、いつ頃になるんでしょうかねぇ。



Killing Words: “Gendered Language” To Be BANNED In Berkeley, CA
Mac Slavo
July 18th, 2019
SHTFplan.com
https://www.shtfplan.com/headline-news/killing-words-gendered-language-to-be-banned-in-berkeley-ca_07182019

An entire city is attempting to kill words to appeal to emotions and strip away any sense of individuality and identity. Gendered words such as “manhole” will be banned from Berkeley, California’s city codes.

All words that imply a gender preference will be removed from the city’s codes and replaced with gender-neutral terms, according to a recently adopted city ordinance. The city voted Tuesday night to replace gendered terms in its municipal codes, like “manhole” and “manpower,” with gender-neutral ones like “maintenance hole” and “human effort,” reported CNN.

Even the undertone of the far-left CNN article implied that this was absolutely a waste of manpower and time and incredibly ridiculous to boot. If politicians have nothing better to do with their time than ban words from themselves in the laws they write to control the rest of us, perhaps we don’t need them at all. “Having a male-centric municipal code is inaccurate and not reflective of our reality,” said Berkeley City Council member Rigel Robinson. “Women and non-binary individuals are just as entitled to accurate representation. Our laws are for everyone, and our municipal code should reflect that.”

The item passed without discussion or comments and was not controversial, said Robinson, the bill’s primary author. “There’s power in language,” Robinson said. “This is a small move, but it matters.” The revised city documents also will replace instances of gendered pronouns, such as “he” and “she” with “they,” according to the ordinance. Berkeley’s city code contains mostly male pronouns, and we can’t have people thinking the government only wants to control men. Robinson said it “themself”: the laws are for everyone.

At least this particular item will impact the lawmakers and not the citizens, however, we wouldn’t expect that to last for too long. Politicians love their control and language control and political correctness are the cornerstones of censorship.

The root cause of most of society’s ills–the main source of man’s inhumanity to man–is neither malice nor negligence, but a mere superstition–an unquestioned assumption which has been accepted on faith by nearly everyone, of all ages, races, religions, education and income levels. If people were to recognize that one belief for what it is–an utterly irrational, self-contradictory, and horribly destructive myth–most of the violence, oppression, and injustice in the world would cease. But that will happen only when people dare to honestly and objectively re-examine their belief systems. “The Most Dangerous Superstition” exposes the myth for what it is, showing how nearly everyone, as a result of one particular unquestioned assumption, is directly contributing to violence and oppression without even realizing it. – Most Dangerous Superstition

米国カリフォルニア州でホームレスが急増 43%増の郡も

Los Angeles County 12% up, San Francisco County 17% up, Santa Clara (in Silicon Valley) 31% up, San Jose 42% up, Alameda County (incl. Oakland) 43% up.



California’s Homeless Crisis Has Reached “Epic Proportions”
Mac Slavo
July 19th, 2019
SHTFplan.com
https://www.shtfplan.com/headline-news/californias-homeless-crisis-has-reached-epic-proportions_07192019

The homeless crisis in the Democrat stronghold of California has reached epic proportions. Even after throwing billions of dollars at the problem, the state is unable to solve the epidemic they created.

And California’s plan to throw billions of dollars more at the issue won’t do much either. The problem isn’t a lack of money. The problem is the socialist policies in place that make homelessness inevitable. There are now nearly 60,000 homeless people living in Los Angeles County, a 12% increase from the previous year, according to the Los Angeles Homeless Services Authority.

According to National Interest, Los Angeles is not the only county suffering under the weight of freedom-trampling socialist regulations that make it difficult for the average person to even get by, let alone afford a roof over their head. Other localities in California also saw substantial increases compared with 2017, when they last conducted a count, according to a report by The Wall Street Journal. In San Francisco, the number [of homeless people] rose 17% while Alameda County, which includes Oakland, saw a 43% increase. Homelessness grew 42% in San Jose over the past two years and 31% in Santa Clara County, the heart of Silicon Valley.

Wealthy Elitists Freak Out As Hordes Of Homeless People Take Over Their Neighborhoods All Over The West Coast

“Even in the good old days, there was a Skid Row. Now the beggars, drug addicts, and lost souls are all over the city,” wrote San Francisco Chronicle columnist Carl Nolte.

The city is out of control. Traffic is a mess, but it’s rare to see a traffic control officer. Trucks are double-parked everywhere. The city is dirty—a friend just back from Mexico City was astounded to find the streets there far cleaner than the ones in her native city. There is so much human waste on the streets of San Francisco the city formed a ‘poop patrol’ where workers are paid $71,000 a year, about the same as the average school teacher. -Carl Nolte, San Francisco Chronicle

Nolte even nails the direct cause of the problem and it’s California’s government and the people who elect them.

To cope with these problems, the citizens have continued to elect weak city governments, all built on compromise and deals with competing pressure groups. At City Hall, everybody is responsible for everything and nobody is responsible for anything.

To make a complex problem worse, the city has so many rules and regulations that it has become nearly impossible to build anything. And the city desperately needs new housing. San Francisco has the highest building costs in the country. Architects and builders say it costs an average of $650,000 to build an ordinary San Francisco home these days. Even affordable housing is not affordable. Carl Nolte, San Francisco Chronicle

To those who continue to warn of the destruction of socialist policies, this is obvious. To those who want everything handed to them after it’s first stolen from someone else, it looks like a utopia. But that’s because it’s easier to vote for politicians to “steal from the rich” than it is to beat the politicians own rules and become rich. Humans have lost their sense of individuality and their freedom in the process of taking the easy road.

California’s government also seems to have more pressing matters to attend to anyway, like banning plastic straws, plastic bags, and paper receipts. They’ve also begun providing free health care coverage to illegal immigrants while their homeless population burgeons. California maintains a generous welfare regime, and it’s temperate and generally pleasant weather make it a natural haven for homeless people.

But the best way for the state to help the people is by doing the one thing the state won’t do: get the hell out of their way.

イスラエル元首相が、少女売春ユダヤ金満王の集まりに「ほおかむり」して参加(笑)

米国でヘッジファンド・マネジャーをしているユダヤ人エプスタインが少女性愛者で、カネの力に任せて少女売春をしまくっていた事件が発覚し、米国政財界著名人を巻き込むスキャンダルに発展している。イギリスThe Daily Mail紙は、イスラエルのイェフード・バラク元首相が2016年1月、「ほおかむり」をしてエプスタインのニューヨークの自宅に入っていく姿を撮影した写真を暴露した。

バラク元首相は、記者の質問に「私はフェミニストだ」と苦しい言い訳をした(笑)。

イスラエルは選挙戦のまっただ中にあり、ネタンヤフが首相に再任されるか否かが一つの焦点になっているが、本件発覚により、最有力の競合相手が叩かれた形。ヤラれたバラクも別のスキャンダルを暴露してネタンヤフ現首相を叩こうとしている。

エプスタインは、偽名を使ったパスポートを所持しており、それに記載されている居住地はサウジアラビアだった。(←サウジに問い合わせが行ったとき、「確かにうちの居住者です」という返答をもらえるよう、事前に打ち合わせ済みだったのでしょうねぇ。)

話に登場する人物が全部ユダヤ人。一言批判されただけで100倍の力で相手を罵倒するユダヤ人も、一皮むけば皆こんなことやってるわけ。ホロコースト、ホロコースト言って保護するに値する民族集団なのか、一人ひとりがよく考えて下さい。

現在のバラク元首相
EhudBarak2.jpg

マンションに入るとき「ほおかむり」
EhudBarak3.jpg

マンションに入るとき
怪しすぎるwww
EhudBarak1.jpg

事が終わってマンションから出てきたとき
すっきり、さっぱりwww
EhudBarak4.jpg




EXCLUSIVE: Married Israeli politician Ehud Barak is seen hiding his face entering Jeffrey Epstein's NYC townhouse as bevy of young beauties were also spotted going into mansion - despite his claim he NEVER socialized with the pedophile and his girls

In photos obtained by DailyMail.com, Ehud Barak is seen hiding his face as he entered Jeffrey Epstein's Manhattan mansion in January 2016
The 77-year-old, Israel's former prime minister, has long had business ties to Epstein, which current PM Benjamin Netanyahu's team is now trying to exploit
Barak was wearing a camo-style neck gaiter which he pulled high over his face almost to his glasses and later, he was wearing it as a hat
Barak admitted the photos are of him, blaming his bizarre attire on being cold, but claims he has 'never met Epstein in the company of women or young girls'
However, a bevy of young women were also seen going into the multi-millionaire's lavish home on the same day that married Barak was snapped
Epstein, 66, was arrested last week and charged with sex trafficking and conspiracy to traffic minors for sex

By Martin Gould For Dailymail.com
Published: 16:19 BST, 16 July 2019 | Updated: 21:48 BST, 16 July 2019
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7250009/Netanyahu-challenger-Ehud-Barak-hides-face-enters-entering-Jeffrey-Epsteins-mansion.html

The ever-expanding probe into Jeffrey Epstein’s pedophile ring is now threatening to derail the Israeli election as DailyMail.com has obtained exclusive pictures of one of Benjamin Netanyahu’s main challengers hiding his face as he entered the convicted sex offender’s Manhattan townhouse.

A bevy of young women were also seen going into the multi-millionaire’s lavish seven-story home on the same day that Ehud Barak was snapped.

Barak, a former prime minister of Israel w now trying to make a comeback in Israeli politics, has long had business ties to Epstein, which Netanyahu’s team are now trying to exploit.

And the pictures that DailyMail.com has obtained are certain to add fuel to the fire, as Barak claims he has 'never met Epstein in the company of women or young girls.'

The photographs were taken in January 2016 after Epstein, now 66, had returned to New York after an overseas trip.

Within hours at least four young women had gone to the home that the federal government wants to seize as part of its new case against the financier.

The ever-expanding probe into Jeffrey Epstein’s pedophile ring is now threatening to derail the Israeli election as DailyMail.com has obtained exclusive pictures of one of Benjamin Netanyahu’s main challengers hiding his face as he entered the convicted sex offender’s Manhattan townhouse.

A bevy of young women were also seen going into the multi-millionaire’s lavish seven-story home on the same day that Ehud Barak was snapped.

Barak, a former prime minister of Israel w now trying to make a comeback in Israeli politics, has long had business ties to Epstein, which Netanyahu’s team are now trying to exploit.

And the pictures that DailyMail.com has obtained are certain to add fuel to the fire, as Barak claims he has 'never met Epstein in the company of women or young girls.'

The photographs were taken in January 2016 after Epstein, now 66, had returned to New York after an overseas trip.

Within hours at least four young women had gone to the home that the federal government wants to seize as part of its new case against the financier.

The probe into Jeffrey Epstein's pedophile ring is now threatening to derail the Israeli election as these pictures obtained exclusively by DailyMail.com show Ehud Barak, one of Benjamin Netanyahu's main challengers, trying to hide his face as he entered the convicted pedophile's Manhattan townhouse. The former prime minister announced his return to politics as the leader of a new party in Israel’s coming national election, saying it was time to end Benjamin Netanyahu’s “corrupt leadership

Barak admitted that the pictures are indeed of him, blaming his bizarre attire on being cold, the 77-year-old claims that he has 'never met Epstein in the company of women or young girls'

However, a bevy of young women were also seen going into the multi-millionaire's lavish seven-story home on the same day that Ehud Barak was snapped, which will certainly add fuel to the fire. Pictured: 'It' girls Susan 'Sue' Hamblin (left) was spotted at the home as well as another young unidentified woman (right)

Within hours at least four young women had gone to the home that the federal government wants to seize as part of its new case against the hedge fund manager. Pictured: Chef Jennifer Kalin (left) was seen arriving at the sprawling pad as well as Russian-born model Svetlana Pozhidaeva (right)

The photographs were taken in January 2016 after Epstein, now 66, (pictured in January 2016) had returned to New York after an overseas trip. The wealthy financier is currently locked up in Manhattan as he waits for a judge to announce whether he should be released on bail. He has been charged with sex trafficking and conspiracy to traffic minors for sex

DailyMail.com reported at the time that the women included long-time Epstein friends Sue Hamblin and Jennifer Kalin as well as Russian model Lana Pozhidaeva.

A fourth, unidentified, woman was seen joining Epstein on a trip to Teterborough Airport in New Jersey, where Epstein keeps his plane and where he was arrested on the tarmac on July 6 after he flew in from France.

At the time, the identity of the man seen with his own security detail going to Epstein’s mansion on East 71st Street was unclear. Now DailyMail.com has confirmed it was Barak.

Separately, he admitted to the Daily Beast, that it was him but said his visit was innocent. 'I was there, for lunch or chat, nothing else. So what?'

'I never attended a party with him. I never met Epstein in the company of women or young girls.'

Barak, now 77, was wearing a camouflage-design neck gaiter which he pulled high over his face almost to his glasses when he went into the East 77th Street mansion. When he came out more than an hour later, he was wearing it on his head.

He told the Daily Beast he was bundled up against the January New York weather. 'It was so cold the Middle Easterner had to put on a hat.'

Barak, now 77, was wearing a camo-style neck gaiter which he pulled high over his face almost to his glasses when he went into the East 77th Street mansion

When Barak came out more than an hour later, he was wearing the neck gaiter as a hat. Barak's name and contact numbers were among around 50 circled in Epstein's 'little black book' which was published by Gawker in 2015

Barak, who was Israeli prime minister from 1999-2001 and then defense minister from 2007-2013 has been seen as having a real chance of ending Netanyahu's 10-year reign at the helm of Israeli politics

According to the Israeli newspaper Haaretz Epstein invested millions of dollars in Barak's company, Carbyne, which develops geolocation software for emergency services

He also said he had been to Little St. James, Epstein's private island in the US Virgin Islands, admitting it was after revelations that Epstein used the island for underage sex. Again, he said he had not been to any parties or met girls there.

Barak's name and contact numbers were among around 50 circled in Epstein's 'little black book' which was published by Gawker in 2015. Other names circled included several victims of his pedophile ring, Donald Trump, Courtney Love and lawyer Alan Dershowitz.

Details for former president Bill Clinton and Britain's Prince Andrew were included but had not been circled.

Barak, who was Israeli prime minister from 1999-2001 and then defense minister from 2007-2013 has been seen as having a real chance of ending Netanyahu's 10-year reign at the helm of Israeli politics.

Last month he announced the formation of a new party to fight do-over elections scheduled for September 17 after an earlier poll ended in deadlock.

This weekend Barak wrote on Facebook that he is trying to break off his business relations with Epstein. 'For almost five years, a company associated with Epstein has been a passive investor in a limited partnership, legally registered in Israel and under my control,' he wrote.

'Every investor in this partnership is bound by the same commercial contract. As soon as the present charges related to Epstein became known, I instructed my lawyers to examine the options we have for expelling the company associated with Epstein from this partnership.'

According to the Israeli newspaper Haaretz Epstein invested millions of dollars in Barak's company, Carbyne, which develops geolocation software for emergency services.

Barak, who was Israeli prime minister from 1999-2001 and then defense minister from 2007-2013 has been seen as having a real chance of ending Netanyahu's 10-year reign at the helm of Israeli politics. Pictured: Netanyahu with Barak in 2012

Pictured: Barak and his wife Nili Priel on December 31, 2018. At the weekend, Barak told the Israeli version of Meet the Press that he had no idea that Epstein's charges involved underage girls

Carbyne also received $2.5 million from Epstein's former close friend, Victoria's Secret boss Les Wexner, the Miami Herald reported. Wexner bought Epstein's mansion for a record $13.2 million in 1989 but never moved in.

Ownership was transferred to Epstein in 2011. The house is now valued at around $77 million. Wexner says he severed ties from Epstein about 10 years ago.

At the weekend, Barak told the Israeli version of Meet the Press that he had no idea that Epstein's charges involved underage girls. 'He'd served his sentence for soliciting prostitution — the indictment didn't say she was a minor,' he said.

Prosecutors claim Epstein had a false Saudi passport with his picture in a safe in his mansion, alongside hundreds of naked photographs of women and girls, 'piles of cash' and 'dozens of diamonds'

Prosecutors claim Epstein had a false Saudi passport with his picture in a safe in his mansion, alongside hundreds of naked photographs of women and girls, 'piles of cash' and 'dozens of diamonds'

'The American system itself did not label him as a persona non grata,' Barak added. 'The secretary who just resigned in the Trump administration was the prosecutor and he said he'd been negligent — so you expect me to have noticed [anything wrong]?' he added, referring to Alex Acosta who resigned as labor secretary last week.

Netanyahu's right-wing Likud Party has already called for a criminal investigation into Barak's ties to Epstein. The prime minister tweeted that he should investigated 'immediately'.

Epstein is currently locked up in the Metropolitan Correctional Center in Manhattan as he waits for a judge to announce whether he should be released on bail. He has been charged with sex trafficking and conspiracy to traffic minors for sex.

His lawyer told Judge Richard Berman on Monday that he was willing to post $100 million bail but prosecutors say he should remain in custody until his trial as their case is 'already significantly stronger and getting stronger every day.'

Prosecutor Alex Rossmiller said a false Saudi passport with Epstein's picture was found in a safe when cops raided his mansion last weekend, alongside hundreds of naked photographs of women and girls, 'piles of cash' and 'dozens of diamonds.'

He said several women had come forward following Epstein's indictment and now prosecutors are trying to corroborate their accusations.

Two alleged victims, Courtney Wild and Anna Farmer, told Judge Berman that Epstein should be denied bail. 'I was sexually abused by Jeffrey Epstein at the age of 14,' said Wild. 'He is a scary person to have walking the street.

Farmer said: 'I was 16 years old when I had the misfortune of meeting Mr. Epstein here in New York.' She gave no details other than saying he had been 'inappropriate' with her.




現・元米大統領とも交流あったエプスタイン被告-著名人が相次ぎ釈明
7/18(木) 14:00配信
Bloomberg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-26001590-bloom_st-bus_all

(ブルームバーグ): 最初は元米大統領のビル・クリントン氏だった。そして現職大統領のドナルド・トランプ氏、投資家のグレン・ドゥビン氏と妻のエバ・アンダーソンドゥビンさん、さらにLブランズの創業者レス・ウェクスナー氏が、6日逮捕されたジェフリー・エプスタイン被告から距離を置こうと、同被告との過去のつながりについて次々と釈明した。

未成年女性に対する性的搾取の人身売買や共謀の罪で起訴されたエプスタイン被告(66)はファンドマネジャーをしながら、多くの有名人と親交を深めたりビジネスでつながったりしていた。

コミュニケーションについて助言するコンサルティング会社マスランスキー+パートナーズのマイケル・マスランスキー最高経営責任者(CEO)は「もし何も言わなければ、ニュースが報じられるごとに被告との結び付きを強めることになる」と指摘した。

ニューヨーク・マガジン誌が2002年に掲載した記事の中で、トランプ氏は15年間に渡る付き合いを基にエプスタイン被告について「素晴らしい男」だと述べたと伝えられている。コンウェイ米大統領顧問は9日、トランプ氏はここ10-15年間、エプスタイン被告と話をしていないし会ってもいないと述べた。クリントン元大統領のスポークスマン、アンヘル・ウレニャ氏は8日の声明で、クリントン氏は優に10年余りエプスタイン被告と話をしていないとコメントした。

ヘッジファンドのハイブリッジ・キャピタル・マネジメントの共同創業者であるドゥビン氏は数十年前にエプスタイン被告と知り合った。ドゥビン夫妻は同被告を巡るニュースに驚愕(きょうがく)しているとのコメントを発表。報じられているような行為を知っていたら、同被告との関係を全面的に絶ち、子供たちの同席を許すことは決してなかっただろうとしている。

「ヴィクトリアズ・シークレット」などのファッションブランドを展開するLブランズの筆頭株主で会長兼CEOを務めるウェクスナー氏は15日、エプスタイン被告が起訴された「違法行為について全く知らなかった」と強調し、同被告と知り合い交流した過去を「後悔」しているとの電子メールを従業員に送った。ウェクスナー氏(81)とエプスタイン被告のビジネス上の関係は1980年代に始まり、友人関係に発展したと2人を知る多くの人は語っている。同電子メールでウェクスナー氏は、12年前に関係は切れたと主張した。

同氏はエプスタイン被告の今月の逮捕後も同被告から距離を置こうとしなかったことで批判を浴び、Lブランズの株価は下落した。ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、ウェクスナー氏の資産は66億ドル(約7100億円)相当。



Netanyahu and Barak battle over ties with criminals
By JERUSALEM POST STAFF
2019.07.09
https://m.jpost.com/Israel-News/Netanyahu-and-Barak-battle-over-ties-with-criminals-595063/amp

"Bibi, you are talking about offenders?" the video asks. "And what about Arnaud Mimran?"
Former prime minister Ehud Barak released a video on Tuesday morning in an apparent counterattack to Prime Minister Benjamin Netanyahu, who commented on Barak's links to sexual predator Jeffrey Epstein. In the video, Barak pointed out Netanyahu's close relationship with convicted French tax evader Arnaud Mimran.

"Bibi, you are talking about offenders?" the video asks. "And what about Arnaud Mimran?"

The video plays a recording of Mimran talking about his relationship with Netanyahu, saying "I know the Israeli prime minister personally. He was in my home."

The video then cuts to Netanyahu saying he received 100 million euro from Mimran for the 2009 elections.

Mimran was sentenced to eight years in prison in 2015.

Likud put out a video about Barak's connection to Epstein and the money he received from the Jewish American billionaire's foundation amounting to $2.3 million for research - which the video claims was never carried out.

"Barak has, until today, avoided revealing the research," the video proclaims.

On Monday, Barak attacked Netanyahu for a tweet he issued targeting Israeli journalist Guy Peleg for a quote he published from the ongoing investigation against the prime minister.

Netanyahu had attacked Peleg on Twitter for publicizing testimony about his use of sinus medicine on Channel 12, calling the quote "fake news."

Peleg responded in a tweet, saying "Mr. Netanyahu, let's tell the truth for once. You're the one who asked that this quote from Shefer's questioning be added in."

Barak used the opportunity to attack Netanyahu, tweeting: "The shame of the dweller of [the official residence of] Balfour has been revealed. Who would have believed that this is what the prime minister of Israel is dealing with?! As Netanyahu himself said about [former prime minister Ehud] Olmert: 'A prime minister who is buried up to his neck in probes cannot function ...' Sad."

The Twitter bickering is part of a burgeoning feud between Netanyahu and Barak. On Sunday, the two fought over Twitter, where Netanyahu posted an article about alleged pedophile and sex-trafficker Jeffrey Epstein, who was arrested on Saturday night in New York on sex trafficking charges. Netanyahu complained that the Israeli media was not criticizing Barak over his connections to Epstein.

Barak responded by turning the tables on Netanyahu.

“It pains me that people I know have gotten in trouble with the law,” Barak wrote on Twitter. “First came Netanyahu and now Epstein. I hope for both of them that the truth will come to light.”

Netanyahu began the social media battle on Sunday by calling Barak’s new Israel Democratic Party a joke, when speaking to supporters live on Facebook during a visit to a Jerusalem coffee shop.



FBI finds Epstein kept piles of cash, diamonds and a fake passport
By JERUSALEM POST STAFF
2019.07.16
https://m.jpost.com/American-Politics/FBI-finds-Epstein-kept-piles-of-cash-diamonds-and-a-fake-passport-595813/amp

Accused child sex trafficker Jeffrey Epstein allegedly kept $56m. in cash, former prime minister Ehud Barak distances himself from the scandal.
FBI agents unearthed massive piles of cash, diamonds, and a fake passport issued under a false name with the picture of alleged sex offender Jeffrey Epstein with an address listed in Saudi Arabia, The New York Post reported on Monday.

Epstein, who used to have social contacts with well known figures in US and world politics - including US President Donald Trump, former US president Bill Clinton and former prime minister Ehud Barak - is being investigated for suspicion of paying minors for sex.

“As soon as the current charges about Epstein were known," said Barak, "I instructed my lawyers to examine our options for removing the company associated with Epstein from the Limited Partnership,” the Jewish Press reported.

Under US law, a sexual assault on a child takes place when the child is under 15 years of age and the person committing the sexual assault is four years older than the victim.

Prosecutors said Epstein kept various lewd photographs in his home safe.

Epstein, who is a wealthy financier, was arrested on July 6 for alleged sex trafficking of minors.

His assets are estimated to be worth roughly $559 million, CNBC reported.

He was convicted in 2008 for soliciting a child for prostitution and struck a plea bargain with US Attorney for the Southern District of Florida Alexander Acosta.

Acosta, who is the current US Secretary of Labor, announced he will step down on Friday.

Unlike 2008, when he pleaded guilty, Epstein claims he is not guilty of the allegation he paid young teenage girls, who are considered children under US law, for sexual favors in his NY and Florida homes.

The decision regarding Epstein being granted bail or not will be announced on Thursday. If granted, the bail is expected to be to the tune of $100m.

Among the assets Epstein owns and are now public knowledge is an island in the US Virgin Islands called Little St. James.

Local St. Thomas boat charters operator Kevin Goodrich told NBC “everybody called it ‘Pedophile Island.’”

Another St. Thomas resident told NBC local people thought Epstein was “too rich to be policed properly.”



Barak accuses Netanyahu of Daily Mail 'blood libel,' compares himself to Rabin
By GIL HOFFMAN
2019.07.17
https://m.jpost.com/Israel-News/Barak-gives-Daily-Mail-hour-to-take-down-article-connecting-him-to-Epstein-595964/amp

“This has been a disgusting blood libel that should surprise no one, because anyone who has challenged Netanyahu over the past 25 years has endured it."

Israel Democratic Party leader Ehud Barak unleashed a fierce attack on Prime Minister Benjamin Netanyahu on Wednesday night at a rally in Tel Aviv launching his new party.

Barak spoke the night after the Daily Mail published an article that made it appear that he took part in a party with underage women at convicted sex offender Jeffrey Epstein’s New York home in January 2016. He accused Netanyahu of being behind the article.

“This has been a disgusting blood libel that should surprise no one, because anyone who has challenged Netanyahu over the past 25 years has endured it,” Barak told his sweaty supporters in a packed room that lacked air-conditioners.

He cited the 1995 assassination of then-prime minister Yitzhak Rabin, and false attacks on former foreign minister David Levy and Blue and White leader Benny Gantz, blaming Netanyahu for all of them.

“This must stop, and it will stop,” Barak said. “No one will make me a criminal or a traitor just because I have exposed the destruction of democracy by the suspect who currently lives in the former home of Rabin.”

Barak called himself a “feminist” and called Epstein’s crimes disgusting. He said he was disconnecting all his remaining business ties with Epstein, contrasting himself to Netanyahu, who still is advised by his former chief of staff Natan Eshel, who had to leave his post due to sexual harassment.

“No fake news of a fake prime minister will stop us,” Barak said. “Netanyahu will continue telling lies about me, and I will continue telling the truth about him.”

Barak also called Netanyahu’s son Yair “a parasite.”

The Daily Mail photographed Barak entering Epstein’s Manhattan townhouse with his face hidden, on the same day in January 2016 that a large group of women were seen entering the home. He explained that his face was covered because it was cold in New York that day.

Barak vowed to sue the newspaper for defamation, in a warning letter his British lawyers wrote to the newspaper.

“The article is disgraceful,” the lawyers wrote. “It makes a number of very serious allegations against, and insinuations about, our client, which are highly defamatory and entirely untrue. Most seriously, you have sought to draw our client into the Epstein affair, suggesting that he is somehow involved in Epstein’s pedophile ring. This is false, as you well know.”

The lawyers complained that the newspaper did not seek a response from Barak. They noted that the article was picked up by news media all over the world.

Barak’s lawyers demanded that in addition to removing the article from the newspaper’s website, a correction and apology be published prominently; a statement together with Barak retracting the article in open court; not republishing the allegations; and that the newspaper “pay our client substantial damages to vindicate his reputation and to compensate him for the serious harm that has been done to his reputation and for the distress, hurt and humiliation that your publication has caused him.”

In his speech, Barak called upon the Labor and Meretz parties to join forces with his party “in order to guarantee Israel’s future.” He attacked Blue and White and its leader, Benny Gantz, for not winning the April election.

“Blue and White didn’t have the energy,” Barak said. “They refused to punch and be punched in order to win. They didn’t have the courage to make decisions or the ability to implement them.”

A Likud spokesman called Barak’s speech “lies.”

Yair Netanyahu, son of Prime Minister Benjamin Netanyahu, slammed Barak on social media calling him "drunk on whisky" and "suffering from dementia."
"Barak using shin beit security services... on the tax payer's dime," Netanyau wrote, "despite the twenty years which passed after he served for one year as the worst-functioning prime minister of the State of Israel ever had...that is the real shame!"



Camouflaged Israeli Ex-PM Pictured Entering Epstein's Mansion The Same Day As Hotties Show Up
07/18/2019
https://www.zerohedge.com/news/2019-07-17/camouflaged-israeli-ex-pm-pictured-entering-epsteins-mansion-same-day-hotties-show

訪日するも面会を断られていたサムスン副会長

(1)韓国の報道は嘘ばっか。

(2)安全保障上の理由で優遇策が撤回されたのに、第三国にある日本企業の工場から調達できると考えること自体が、脳みそおかしい。

(3)政府と企業の見ている方向が真逆で、相当混乱してますね(笑)。企業は「日本側をできるだけ刺激しないように」と神経質になっているのに、政府は「官民一体となって国際社会に一つの声を届ければ、必ずや日本に勝つ」と、朝鮮人お得意の声闘を呼びかけている。



材料の国産化・輸入先の多角化は当面難しい…半導体業界、日本政府意識して極秘作戦
ハンギョレ
登録:2019-07-17 06:20 修正:2019-07-17 08:41

18~21日、規制対象を拡大する見通し 
規制レベルまで高まるか懸念 
財界「対抗カードあまりない」 
日本を刺激せず、材料を確保するのに奔走
グラフィック=キム・スンミ//ハンギョレ新聞社

 大統領府は輸出規制に対抗し、発言のレベルを高めて日本政府を圧迫しているが、韓国の半導体業界は日本の顔色を窺わざるを得ない状況だ。高純度フッ化水素など3大品目の在庫物量を最大限確保しなければならないが、両国の関係悪化で規制がさらに強化されることを恐れているからだ。特に、大統領府と政府が代案として提示した「輸入先の多角化や国産化」は長期的課題であるため、当面の在庫不足は解決できない。業界は、強制徴用賠償判決をめぐり、日本が提案した第3国による仲裁委員会設置案の回答期限である18日と、日本の参議院選挙日の21日の間に、もう一度輸出規制対象が拡大すると見て、日本政府を刺激せずに在庫物量を最大限確保するために奔走している。次の規制対象としては日本製の装備や炭素繊維、機能性フィルムなどが挙げられる。

 まず、半導体業界は厳しい保安を維持しながら、多角的に解決策を模索している。日本以外にも代案を模索する動きが目立つと、日本政府がより強く手綱を引き締める可能性もあるからだ。業界関係者は「国内外企業の発掘から迂回輸入まで、内部的にあらゆる方法を検討している」とし、「まだ日本産に代わる供給先がないため、日本政府を刺激する行動は最大限控えようとしている」と述べた。供給先の国産化と多角化を模索してはいるものの、これを前面に押し出すのは危険だと判断したのだ。

 サムスン電子は、最高裁判所の判決を控えたイ副会長の“経済解決士”としての顔を示すのは悪くないが、日本政府の顔色を窺わざるを得ないジレンマに陥っている。最近取りざたされた「第3国工場を通じた迂回確保」は、事実上日本の輸入と同じ許可手続きを踏まなければならず、実効性が低いことが分かった。SKハイニックスは、ロシア製の高純度フッ化水素サンプルや国内企業のサンプルをテスト用として使ってみるなど、供給先の多角化に乗り出したが、これを公式化するのはためらっている。

 半導体業界が直面した逆説は、イ副会長の5泊6日の日本出張でも一部現れた。イ副会長は当初、住友化学など主要な材料メーカーに会う計画だったが、ほとんど訪問を断られたという。日本政府の圧迫基調が続いている中、日本所在の企業が韓国の企業トップに会うことを負担に思ったものとみられる。イ副会長は結局、これら企業の主要株主である三菱UFJファイナンシャルグループなど大手銀行に「すぐ関係が回復するから、企業に説明してほしい」と頼むことで出張を終えた。「イ副会長が物量を緊急輸入した」という一部の報道は、何の成果もなく帰国したとも、具体的な動きを公開することもできなかったサムスン電子が、次善策として打ち出した説明だったわけだ。

 財界関係者は「韓国は日本から材料を提供してもらう立場なので、対抗するカードがあまりない」とし、「正面突破よりは慎重なアプローチが必要だ」と話した。

モナコがファーウェイの5G網を開設、ファーウェイ社は米国で人員削減、イタリアで人員増

米国の押さえが効かないwww 笑えるwww

ファーウェイが5G規格を発表したら、日本企業も共同研究を申し込むため、続々とファーウェイ詣でをすると思うんですよねぇ。だって、米国の目を気にしていたら、時代に取り残されてしまう。二度と這い上がれなくなる恐怖感のほうが勝るのではないかなぁ。よく知らんけど。

さあ、どうなるんでしょうか。



モナコ全土でファーウェイの5Gネットワーク開設、欧州初
7/10(水) 15:07配信
AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00000023-jij_afp-int

【AFP=時事】モナコは9日、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ、Huawei)の技術を基軸とした第5世代(5G)移動通信網を欧州で初めて全土に開設した。

【写真】モナコの5G網開設イベントに出席する関係者

 フランスの富豪グザビエ・ニエル(Xavier Niel)氏が所有するモナコテレコム(Monaco Telecom)は昨年9月、欧州で初めて全国をカバーするファーウェイの5G通信網を導入することで同社と合意した。

 モナコテレコムのエティエンヌ・フランツィ(Etienne Franzi)社長は9日の開設式典で「われわれは、5Gネットワークによって完全にカバーされる初めての国となる」とコメントした。

 モナコは小国だが、ファーウェイの郭平(Guo Ping)取締役副会長は今回の5G開設について、他国や他の事業者のモデルとなる重要な機会だとしている。

 一方、米国の情報機関は、ファーウェイは中国軍の支援を受けており、同社製品が中国の情報機関に、対立する諸外国の通信網に入り込む「バックドア」を提供している可能性があると主張している。

 だが、5月にAFPの取材に応じたモナコテレコムのマルティン・ペロネ(Martin Peronnet)最高経営責任者(CEO)は「5G通信網導入について、ファーウェイとの合意に向けて最終過程にある国や事業者、あるいはすでに展開している国や事業者は数多い」と述べ、ファーウェイとの連携を正当付けている。



ファーウェイ、米国で大規模な人員削減を計画か
7/16(火) 8:15配信
CNET Japan
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-35139908-cnetj-sci

 米商務省による輸出規制の問題に苦しむ中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が、米国の研究施設で大規模な人員削減を計画していると、The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間7月14日に報じた。米国に拠点を置く研究開発子会社のFutureweiは、テキサス州、カリフォルニア州、ワシントン州で約850人の従業員を雇用している。

 WSJは、匿名情報筋らの話として、人員削減は数百人規模になる可能性があるとしている。数人の従業員は自分が解雇される予定であることを既に知っているようだが、さらに多くの従業員が解雇される見込みで、一部の中国人従業員は、中国に戻ればファーウェイに勤務し続けることができるという。

 ファーウェイにコメントを求めたが直ちに回答は得られなかった。

 ファーウェイは5月、国家安全保障上の利益に反する者のリストである米国の「エンティティリスト」に追加され、輸出規制を受けた。これは、同社が中国政府と緊密な関係にあるという国家安全保障上の懸念を理由に、Donald Trump米大統領が同社製品を事実上排除する大統領令に署名したことを受けた措置だった。ファーウェイは一貫して、中国政府との緊密な関係を否定している。

 しかし、Trump大統領は6月、米中貿易交渉を再開することで合意し、この禁輸措置を緩和すると約束した。米国企業はライセンスを取得し、国家安全保障上の脅威がない場合はファーウェイとの取引を再開できることを、政府高官が認めている。WSJによると、ファーウェイは2018年に、110億ドル(約1兆1900億円)相当の米国製部品を購入したという。



ファーウェイ、伊に13億ドル投資へ 5G構築で公正対応も要請
7/16(火) 2:14配信
ロイター
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000006-reut-bus_all

[ミラノ 15日 ロイター] - 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は、今後3年でイタリアに31億ドルを投じる方針を表明した。同時に、第5世代移動通信システム(5G)構築を巡り「透明性があり、効率的で公正な」政策を実施するようイタリア政府に要請した。

ファーウェイのイタリア事業のトーマス・ミアオ最高経営責任者(CEO)は、今後3年で同国内で1000人を雇用すると発表。同時に、米国では1000人を削減する方針を確認した。

さらに5G構築を巡り、政府が国家安全保障を理由に民間セクターに介入する措置は、ファーウェイのみではなく、欧州連合(EU)で事業を展開するすべてのメーカーに適用すべきとけん制した。

トルコS-400調達は、米軍によるクーデター工作阻止が目的

サッダーム・フセイン時代のイラクは、フランス製防空システムを稼働させていたが、米軍が遠隔操作で動かなくしてしまった。エルドアンがロシア製防空システムにこだわるのは、米軍がクルーズ・ミサイルやトルコ空軍を使ったクーデター工作をしたとき、それを阻止する手段が欲しいから。



Erdogan’s S-400s Obtained as Insurance Against Air Force Coup, NATO Regime Change
Opinion
01:57 13.07.2019
https://sputniknews.com/analysis/201907131076231238-erdogans-s-400s-obtained-as-insurance-against-air-force-coup-nato-regime-change/

On Friday, Turkey received its first components of the S-400 Triumf air defense systems purchased from Russia amid much controversy. A defense expert told Sputnik that Ankara is acquiring the systems as independent insurance against a coup d’etat by its own air force and has no intention of integrating them with other systems, as the US fears.

“Turkey received the first batch of S-400 air defense systems components. The deliveries are sent to the Murted air base in Ankara province," the Turkish Defense Ministry said in a Friday tweet. Delivery of the advanced air defense equipment will also trigger economic sanctions by the United States, which has sought to deter Turkish purchasing of the S-400s. Pentagon officials have expressed concern that having the S-400 operating on the same network as the US-made F-35 Lightning II will expose weaknesses in the stealth aircraft to other S-400 operators like Russia and China, who might find themselves on the receiving end of an F-35 airstrike one day.

Delivery of the F-35s Turkey purchased has already been cancelled, as has the delivery of further aircraft. In response, Turkish President Recep Tayyip Erdogan has turned to Russia and China for a stealth aircraft, even while recently announcing an indigenous effort to produce one.

However, the integration Washington fears is likely impossible, Mark Sleboda, an international affairs and security analyst based in Moscow, told Radio Sputnik’s Loud and Clear Friday, and Erdogan’s true motivation behind acquiring the missile systems is to serve as an insurance policy against either NATO or his own military turning against him.

https://www.spreaker.com/user/radiosputnik/u-s-turkey-tensions-reach-new-high-with-_1

“First of all, only the first component of the S-400 has arrived in Turkey,” Sleboda told hosts Brian Becker and John Kiriakou. “This is not a one-piece-of-equipment system, this is a complicated piece of A2AD [Anti-Access/Area Denial] surface to air missile system. There are launchers, there are support vehicles, there are command and control, there are multiple layered radar and high elevation detectors, and so on. There’s a lot of pieces of equipment here.”

“What Turkey has received so far that we’ve seen is just the launchers - kind of, actually, the least controversial part of the S-400s. And they also haven’t received any missiles. They won’t be received, the word is, until early in the autumn, and actually Turkey’s S-400 system will probably not be fully arrived and operational until the end of the year at the earliest - probably next year.”

Sleboda asserted that the Pentagon’s fretting is for naught: “It shouldn’t be normally possible to integrate the S-400 with NATO’s standard integrated air defense systems,” Sleboda said, noting Ankara has also sought French SAMP-T medium-range air defense systems. “And of course, the S-400 were a very complicated piece of gear, considered by many experts the best air defense system in the world. It works best when comprised as part of a layered, integrated air defense system, with short-range point systems and larger radars, and internet connections integrating an entire network. This isn’t going to be the case; this is going to be an independent system, and Turkey has even indicated it may still take up the US offer of the [MIM-104] Patriot to integrate with their already-existing NATO systems.”

“But the S-400 does have capabilities that Turkey doesn’t have right now. It has the ability to take down cruise missiles and ballistic missiles, as well as stealth and normal fighters, jets, bombers and so on. But this gets to the reason why exactly Erdogan is so desperate for the S-400. It does not integrate with the NATO systems. It also would not be able to be turned off by NATO, as happened in the Gulf War with Saddam Hussein, who had bought French air defense systems that were all shut down at a signal by the United States - remotely.”

“If the US and other NATO countries took a bad political turn with Turkey and the … authoritarian way his regime is shaping up Turkish politics, and decided he was a target for regime change, it would allow him a limited amount of defense against that.”

“But I think more importantly, during the coup that occurred against Turkey, a great deal of the center of the military coup against Erdogan that failed several years ago was done by the air force,” Sleboda said, noting that Turkish Air Force pilots, “flying Western-made fighters, attempted to shoot Erdogan down out of the sky, and Turkish air defense ... because it was NATO-made, wouldn’t work against these aircraft. A Russian air system would.”

Sleboda noted that the air force is one of the most Westernized branches of the Turkish military, not only using more Western-made equipment than the other branches, but also receiving much of its training from Western nations, and as a result, also posing the greatest political danger to Erdogan’s regime.

“So not only is it theoretically possible to use against NATO member states and other countries such as Israel, armed with US weapons, but it’s also possible to use if there is another such insurgency involving the Turkish military, armed with American equipment, American and other Western fighters, could be taken down by a Russian air defense system. So it’s a way of helping protect against his own military.”

移民大量受け入れのスウェーデン 立ち入り不能61地域、移民ギャング5000人が200犯罪組織 2017年

"Sweden Is At War"
by Tyler Durden
Mon, 07/15/2019 - 02:00
https://www.zerohedge.com/news/2019-07-14/sweden-war
(original)
https://www.metro.se/nyheter/nya-siffror:-rekordmanga-doda-i-skjutningar-under-2018-3T3sYwdHHE

Authored by Judith Bergman via The Gatestone Institute,

In 2017, a Swedish police report, "Utsatta områden 2017" ("Vulnerable Areas 2017") showed that there are 61 such areas -- also known as no-go zones -- in Sweden. They encompass 200 criminal networks, consisting of an estimated 5,000 criminals. Most of the inhabitants are non-Western immigrants and their descendants.

In March, the Swedish National Forensic Centre estimated that since 2012, the number of shootings classified as murder or attempted murder had increased by almost 100 percent.

"Sweden is at war and it is the politicians who are responsible. Five nights in a row, cars have been set on fire in the university town of Lund. Such insane acts have occurred on hundreds of occasions in various places in Sweden over the past fifteen years. From 1955 to 1985, not a single car was ignited in Malmö, Gothenburg, Stockholm or Lund.... None of these criminals is starving or lacking in access to clean water. They have a roof over their heads and they have been offered free schooling.... They do not live in dilapidated houses.... It is called upbringing and this is missing for thousands of girls and boys in Swedish homes today." — Björn Ranelid, Swedish author, Expressen, July 5, 2019.

"Very few things were better in Sweden [before].... We have built a strong country, where we take care of each other. Where society takes responsibility and no man is left alone". — Swedish Prime Minister Stefan Löfven.

Sadly, many Swedes probably feel terribly left alone in a country that increasingly resembles a war zone.

韓日、「輸出規制」後初めて実務会議…殺伐とした会議室、握手もなし

(1)こんな殺伐とした光景の写真までわざわざ公開して、「韓国は日本のEnemy No. 1」であると世界にさらしているも同然。

(2)米国も韓国を「丁寧に無視」。事前の打ち合わせ通り。

(3)「韓国側は(日本側の説明を)理解も納得も同意もできない」と強く発言したって、君たちね、安保の問題ということは軍事の問題という意味であって、君たちが尋問されているんだよ。これが朝鮮人の脳。

(4)この記事以外でも同じなのだが、韓国は国難に直面すると、修辞にこだわった文学作品が増える癖があるようだ。政府に当てた提言が連日、韓国の紙面に掲載されているが、いずれも「日本が態度を変更しろ」という内容ばかり。いいですか、日本が先生役で韓国が生徒役。日本が韓国の言動を評価している最中なの。



韓日、「輸出規制」後初めて実務会議…殺伐とした会議室、握手もなし
ハンギョレ新聞
7/13(土) 12:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00033881-hankyoreh-kr

japankoreameeting20190712.jpg


韓日政府の代表が12日、経済産業省で日本の対韓国輸出規制についての実務会議をするために座っている。左は経済産業省の岩松潤・貿易管理課長と猪狩克朗・安全保障貿易管理課長、右はチョン・チャンス貿易安保課長とハン・チョルヒ東北アジア通商課長=東京共同取材団
会議場には「事務的説明会」紙一枚貼り 日本側代表ら、韓国代表が入場しても微動もせず

 韓日両国政府が日本の韓国に対する輸出規制措置と関連し、12日に東京で初の実務会議を行なった。日本政府の関係者は整頓されていない会議室で韓国代表を迎えるなど、韓国にきわめて冷ややかな態度を示した。

 韓国と日本の輸出管理担当省庁である産業資源部と経済産業省は12日、東京都千代田区にある経済産業省で非公開の課長級実務会議を開いた。韓国からは、チョン・チャンス貿易安保課長とハン・チョルヒ東北アジア通商課長が代表として出席し、日本からは岩松潤・経済貿易管理課長と猪狩克朗・安全保障貿易管理課長が代表として出席した。日本政府が1日、半導体・ディスプレイの材料などの韓国に対する輸出規制措置を発表して以来、初めて開かれた実務会議だった。

 この日の会議は、出席者が発言する前に席に座っている様子を1分だけ取材陣に公開された。日本は、場所の選定から韓国の出席者に対する応対まで、韓国を無視しようという意図をあらわにした。会議が開かれた経済産業省の別館10階の事務室には「輸出管理に関する事務的説明会」と書かれたA4 2枚大の紙が一枚貼り出された。交渉のテーブルには、韓日の交渉担当者たちの名札もなかった。

 日本側の代表は、付箋でインデックス表示が細かくされている法令集と推定される厚い冊子と書類の束4つを机の上に置いていた。日本の代表らは韓国の代表を待ちながら、終始正面だけを見つめていた。韓国の代表が入ってきても正面だけ見つめて立ち上がらなかった。両者はあいさつも名刺交換もしなかった。会議の場所も整頓された所ではなかった。テーブルと簡易椅子が一隅に積み上げられ、床には機材の破損の跡が残っていた。

 韓国政府は日本の輸出規制の発表後、日本の措置の問題点を説明し、調整策を探るため、両者協議をしようと何度も要求してきた。しかし、日本は「事務的説明」だけをするとして、課長級会議に応じるのにとどまった。

 日本政府は1日の輸出規制措置の発表の時には、規制理由として両国間の「信頼関係が損なわれた」ということを主な理由に挙げた。しかし、最近は「安保上の懸念」と具体的な事例は挙げずに「不適切な事例があった」という言葉を強調している。韓国の戦略物資輸出管理に問題があるというふうに追い込んでいるのだ。特に、日本政府は今回の措置は輸出規制でもなく「貿易管理制度の見直し」にすぎないと主張している。

 菅義偉官房長官はこの日午前、定例記者会見で「韓国の輸出管理当局から今回の運用見直し(日本の韓国に対する輸出規制措置)について事実確認を求められ、実務レベルで対応したものだ。あくまで事実確認が(会議の)目的で、韓国側と協議するものではない」と述べた。



ハリス駐韓米大使「韓日関係に米国が介入する時ではない」
2019年07月13日09時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/496/255496.html?servcode=A00§code=A00

日本強占期における強制徴用に対する韓国大法院の損害賠償判決とこれに対する日本の報復性輸出制限措置で韓日関係は悪化の一途をたどっている。内外で米国が両国の葛藤を解消する仲裁者になることを期待する雰囲気だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)第2次長が米国に急派されたこともこれと無関係ではない。

実際、米国務省のモーガン・オータガス報道官は11日(現地時間)、定例記者会見で「日本と韓国は友人というだけでなく同盟だ。米国と米国務省は公式的にも水面下でも(米日韓)3国の二国間間ないし三国間の関係強化に向けてできるすべてのことをする」という立場を出した。

ところが野党「自由韓国党」所属の尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)国会外交統一委員長は12日、「ハリー・ハリス駐韓米大使が『今は米国が出る時ではない』と言及した」と伝えた。この日、ソウル市内でハリス大使と非公開会談を行った場で出た内容だと説明しながらだ。次は尹委員長が伝えたハリス大使の発言。

「韓国と日本の2つの当事国が役目を果たすことが望ましい。韓国と日本は成熟した国で、まだ役目を果たせる空間が残っている。韓日関係が最悪という状況だが、米国が介入する状況ではない。当事国が問題解決に失敗して米国の企業と外交安保に影響を及ぼす時に役目を果たすだろう。今は韓国と日本が解決する空間が残っている」

尹委員長は「私が『韓日両国関係は覆水だと話したところ、ハリス大使は『覆水ではない』と言った。金鉉宗第2次長が米国で聞いたという『理解する』というコメントは外交的修辞とみられる」と話した。



「理解も同意もせず」と韓国政府当局者
7/13(土) 11:59配信
共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000055-kyodonews-bus_all

 韓国に対する輸出規制強化を巡り、12日の日韓事務レベル会合に出席した韓国政府当局者は13日、会合で日本側が世界貿易機関(WTO)違反に当たらないと主張したことに関し「韓国側は理解も納得も同意もできないと強く発言した」と述べた。



【コラム】「サンキュー、安倍」と言えるようになるには
2019年07月13日13時04分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/503/255503.html?servcode=100§code=120



訪米中の韓国国家安保第2次長「日本といつでも会う準備できている」
2019年07月13日10時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/497/255497.html?servcode=A00§code=A20

韓国青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)第2次長が12日(現地時間)、「デービッド・スティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)のアジア歴訪中の韓米日3者協議は行われない可能性が高い」と話した。スティルウェル次官補はこれに先立ち、最初の訪問地である日本のNHK放送とのインタビューで「私が(韓日を)仲裁する予定はない」と明らかにし、計画された会談日程はないと確認したことがある。金次長はこの日、「私はいつでも交渉する準備ができている」とし、日本との直接協議に入る意志も明らかにした。

ワシントン訪問3日目を迎えた金次長はこの日午前、ホワイトハウスでチャールズ・クーパーマン国家安保会議副補佐官と1時間ほど会談した後、特派員と会って「北核、米中関係、ホルムズ海峡事案に対して意見を交わし、韓日間の問題に対して我々の立場を十分に説明した」と話した。クーパーマン副補佐官はこれに対し「理解する」と述べたと付け加えた。韓日米高官の3者協議推進に関連して「米国もしたがっているが、今、日本から回答がなく非常に消極的」としながら「スティルウェル次官補がアジアに来るので推進することもできたが、日本が消極的なため開かれない可能性が高い」と話した。

その代わり、金次長は「私はいつでも日本側と交渉する準備ができている」とし「日本側の準備が整っていない」と話した。この日、韓国外交部の尹ガン鉉(ユン・カンヒョン)経済外交調整官が米国務省のピーター・ハース経済上級副次官補と会談することについて「外交部側が国務省に接近するほうがより効率的」といった。

金次長は訪米3日間にわたり米国側に「米国にも権力分立の原則があるので(強制徴用補償関連の)大法院判決を無視することはできない立場だということを説明し、日本の取った措置が世界貿易機関(WTO)非差別原則に反するので遵守するべきではないかと説明した」と話した。

金次長は日本が戦略物資の北朝鮮流出の可能性を取り上げた部分についても「米国にも3つのフォトレジスト(感光液)、フッ化水素、フッ化ポリイミドのようなものを、我々が北朝鮮に輸出したことはないと説明した」とし「河泰慶(ハ・テギョン)議員が書類を探してみたところ、我々ではなく日本から密輸出されたのではないかというような記事も見たようだ」と付け加えた。

金次長は今月内の米朝実務交渉開催の可能性に関連して「その件についてはもう少し見守らなければならないようだ」と話した。ドナルド・トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と6・30板門店(パンムンジョム)会合から2~3週間内(7月中旬)に開くことに合意したが、「米国は北朝鮮から回答が来るのを待っている」としながらだ。金次長はクーパーマン副補佐官と交渉を進展させる案について協議し、コミュニケーションラインを開けておいて頻繁に電話会談を行いながら意見交換をしていくことにしたと付け加えた。

一方、金次長はこの日、イランのホルムズ海峡関連の内容についても議論したが「韓国に対する派兵要請はなかったと繰り返し強調した。金次長は「ホルムズ海峡に関しては私が先に米国の関心事と戦略と計画について尋ねただけで派兵議論は全くなかった」と話した。

【コラム】米専門家の間では「今回の韓日対立は韓国が始めた」との見方が多数派

既に根回し済み。韓国はいつもの手が使えなくて大変だね。



【コラム】米専門家の間では「今回の韓日対立は韓国が始めた」との見方が多数派
朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/12/2019071280027.html

マイケル・グリーンCSIS上級副所長
「対立長期化なら韓国に最大の被害…トランプ大統領は韓日関係に興味なし」
「安倍首相、大阪G20サミットで文大統領と首脳会談しなかったのは間違い」

 マイケル・グリーン米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長は8日、日本の経済報復で悪化の一途をたどっている韓日関係について、「韓日対立が長期化すれば、最大の被害者は韓国になるだろう」と語った。ジョージ・W・ブッシュ大統領時代に米国家安全保障会議(NSC)アジア担当上級補佐官を務めたグリーン副所長はワシントンを代表する日本専門家で、CSISジャパン・チェアーでもあり、日本の立場や見解を米国に最もうまく説明する専門家だと評価されている。

 グリーン副所長はこの日のインタビューで、「ワシントンでは最近、『韓日関係悪化は北朝鮮にとって有利に作用する可能性があり、中国がアジアの米同盟国同士を引き離すチャンスだとして利用するかもしれない』と深く憂慮している」と語った。また、「ワシントンの専門家たちは、韓日関係に関して原罪は日本にあると考えているが、最近の(日本の経済報復につながった)対立状況は韓国が始めたとの見方が多い」とも言った。

 グリーン副所長はさらに、「経済的な面では日本が韓国に依存しているというよりも、韓国の方が日本に多く依存しているため、韓国が最大の被害者になる可能性がある」と述べた。そして、「韓日関係が悪くなれば、(韓日それぞれの)米国との同盟関係も悪化するだろう。米国は(もし、そうしなければならなくなったら)日本より韓国から撤退するだろう。今まで日本は在韓米軍の韓半島(朝鮮半島)駐屯の必要性を強く擁護してきた。韓日関係の悪化で日本がそうした役割をやめれば、日本の安全保障にも有害だろうが、最終的に韓国も立場が弱くなる」と予想した。

 グリーン副所長は「こうした懸念は、ワシントンの外交政策専門家たちの間で出ている話で、肝心のトランプ大統領は韓日関係に関心を示していない。トランプ大統領は同盟に意味付けをしないので、同盟国の仲が悪くなれば、むしろ自分の『てこ』(手段)が増えると考えるかもしれない」と語った。

 先月大阪で開かれた主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)で韓日首脳会談が開催されず、その後すぐに日本の対韓国輸出規制が始まり、両国関係が最悪の状況に向かっていることについて、グリーン副所長は「韓日両国とも状況管理に『戦術的』に失敗した」と言った。

 グリーン副所長は、韓国に対しては「韓日関係改善のための委員会構成などを通じ、『ひとまず立ち止まる』ことが必要だった」と考えている。「妥協のための政治的空間を作るのにはひとまず立ち止まることが必要だが、韓国政府はそうした努力をしなかった」と語った。

 だがその一方で、「安倍首相は大阪G20サミットで文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談をすべきだった」とも言った。安倍首相はほかの国々の指導者とは首脳会談をしながら、文大統領とは首脳会談をせず、「前向きな外交ムードを作れなかったこと」については、日本が批判されるべきだと述べた。

 トランプ政権が韓日対立解決のため仲裁に腰を上げるかどうかについて、グリーン副所長は「米国が韓日間において、それも公に仲裁役をすることはほぼ不可能だ。例えば、米国の誰かが公に韓日を行き来して考えを伝え、メディアに対応するなどの役割をする時、どちらか一方の体面を傷つけずにするのは難しい。米国は、韓日両国とそれぞれ歴史的関係がある。(下手に関与すれば)米国は両国どちらからも逆風にあうかもしれない」と言いながらも、「韓日が建設的な解決策を見いだせるよう、米国が水面下で静かに推進者役をすることはできるだろう」と述べた。

韓日貿易当局実務会議開催、握手なく固い表情…見解の違いを確認

韓国に弁明する機会を与えてやったのに、「日本からおもてなしを受けなかった」とわざわざ書き込むあたり、朝鮮人はどこまでも朝鮮人なのである。



韓日貿易当局実務会議開催、握手なく固い表情…見解の違いを確認
中央日報
2019年07月12日16時20分
https://japanese.joins.com/article/489/255489.html?servcode=A00§code=A10

日本の経済措置をめぐり、12日に東京で開かれた韓日の1回目の実務会議の雰囲気は冷たかった。韓国産業通商資源部当局者と日本経済産業省関係者それぞれ2人は、握手もなく席に座って会議を進めた。出席者は固い表情で正面だけを凝視した。

経済産業省は10階の小さな事務室を会議場所とし、ホワイトボードに「輸出管理に関する事務的説明会」という説明をプリントしたA4用紙2枚を貼り付けた。正式会議室でもなく、一般の事務用椅子が置かれて会議出席者の名札や飲料もなかった。日本が前面に出す「おもてなし」とは程遠かった。日本側がわざと冷遇をしたといえる。洋服をジャケット正装で臨んだ韓国側とは違い、日本側は半袖シャツ姿だった。

会議場所もみすぼらしかった。テーブルと簡易椅子が片隅に積まれており、床には機資材が破損した跡が残っていた。会議には韓国側からは産業通商資源部のチョン・チャンス貿易安保課長とハン・チョルヒ北東アジア通商課長が、日本側からは経済産業省の岩松潤・貿易管理課長と猪狩克朗・安全保障貿易管理課長が参加した。日本側は会議出席者の発言は公開しなかった。両側が席に座って正面を凝視する様子1分だけを取材陣に公開した。

会議の性格をめぐっても両側の立場は鋭く分かれた。韓国は日本側の輸出規制強化措置における両国間の協議という立場だが、日本側は規制強化措置に対して韓国に説明する「説明会」と主張した。韓国の立場は聞かないという意思を示したといえる。

日本の制服着用の女児に「殴り殺してやらなきゃ」 中国四川省の学校で集団暴行

中国語のSNS上で公開された動画が大きな反響を呼んでいる。中国人の女子中学生か、もしくは高校生とみられる数人が日本の制服に似た服を着た1人の女子を囲み、頬を叩き、足蹴りを繰り返している。動画には攻撃しているうちの1人の声が録音されており、「こんな服を着た人間は殴り殺してやらなきゃ」というセリフが聞き取れる。あまりの事態に警察の捜査が開始された。

https://www.youtube.com/watch?v=8xa6OGynvuI&feature=youtu.be

動画は中国語のポータル「Btime.com」で公開され、この事件が7月8日、四川省達州市にある学校で起きたことがわかると、ユーザーの間には大きな波紋が広がった。

「これは愛国精神じゃない。学校のいじめだ。」

「こんな悪い奴らには罰を与えるべきだ。」

「陰惨ないじめ。未成年児童保護法がいじめた方じゃなくて、いじめられた方を擁護してくれることを祈る。」

治安維持機関は女児をいじめた学生らは拘束されたことを明らかにした。
https://jp.sputniknews.com/life/201907106454931/

トルコの国益はシリア・ダマスカス政権との正常化

Time to reconsider Syria policy
July 04 2019
By YUSUF KANLI
http://www.hurriyetdailynews.com/opinion/yusuf-kanli/time-to-reconsider-syria-policy-144667

The fundamental duty of senior advisers, particularly those advising top political figures on key foreign and defense policy issues, must be to try to prevent policymakers from making sentimental, emotional and indeed prejudiced decisions. Leaders might have their own perceptions and indeed prejudices, but countries like Turkey that have centuries of state traditions and rich history of political conduct under very tense conditions — rather than individual aspirations, hopes, plans or prejudices and national interests — ought to dominate the decision-making mechanism.

Recently, former Prime Minister Ahmet Davutoğlu has been in efforts to make a comeback. Openly and discreetly he has been criticizing the way the country is being administered, suggesting a reconsideration of some domestic and foreign policy objectives. Issuing memorandums or spreading some new political plans are easier said than done.

Of course, we might have sharp differences of opinion regarding what Turkey’s national interests are or from which perspective the national interests of the country might fit the aspirations of the current political team in office well.

Yet, after so many years of suffering, blood and millions of refugees in Turkey, it must be clear for everyone that it was not Turkey’s national interest at all to build the country’s Syria policy on the sentimental mindset of the Syrian and Turkish leaders or the perception of friendship the premier of the time, Davutoğlu, had.

When Turkey’s Syria policy was replaced with an obsessive “Bashar al-Assad must go” slogan rather than the traditional “elder regional big brother” role that was providing Turkey with impressive mediating capabilities, not only Syria but Turkey lost as well.

Turkey’s national interests required policymakers to take into consideration national security, peace and tranquility of Turkish territories, state of the economy, economic advantages and maintaining robust relations. Turkey’s national interests of course also required proper planning on how to avoid millions of refugees knocking on Turkey’s doors should the problem in Syria be evolved into a civil war. End result? Turkey is now hosting over four million Syrian refugees, and if Idlib explodes – which will explode one day – a further 1.5 to three million refugees will flood to Turkey again.

We might sit back and enjoy ourselves at some splendid cafes or continue seeking solution to the problem through lofty analyses stressing Turkey’s greatness and how well it treated the Syrian refugees and how badly the West behaved on the issue. Well, no complaints regarding that but the problem is there and such arguments cannot provide a solution.

On the contrary, if we continue to ignore the social repercussions of the worsening economy and presence of such a huge number of “privileged” refugees the country has been hosting with very little effort to integrate them, we might have some very serious problems tomorrow.

What’s happening at some social democratic municipalities – which are another farce – must be taken very seriously. Cutting social support programs to the refugees should be considered as a serious warning of an approaching pogrom against the Syrian people who were compelled to leave their homeland for a bit of security and humane living conditions in Turkey.

Those ruling Turkey might not love Syria’s dictator. I am sure many countries do not like the way Turkey is being administered. Neither do they have the right to advise Turks on what kind of a president they should have nor do Turkish leaders have the right to bestow a leader of their liking for the Syrian nation. Turkey’s fundamental national interest requires it to work and find ways of establishing normalcy – at whatever level it might be possible – and resume diplomatic relations with Damascus.

Is it not Turkey’s fundamental interest to work for the protection of national and territorial integrity of Syria; to bring an end to the destabilization of Syria; to help Syria avoid creation of mini states (including a Kurdish one) on its territory; and to arrange a Syria that is safe enough for the return of Syrian refugees – at least a big portion of them – to Syria?

I may add more to this list. But the list begins with normalization with the regime in Damascus not because Turkey loves Assad, but that is a requirement of Turkish national interests.

韓日関係:反日・協日・等日から抱日に

キモー。韓国人はキモ過ぎる。本文中に「抱日」と「包日」の2つがあって、どちらを言いたいのか不明だが、「韓国人に抱かれる」のも「韓国人に包まれる」のも、どっちもキモい。本当にキモい。あっちへ行け。塩撒くぞ。



韓日関係:反日・協日・等日から抱日に
中央日報
7/10(水) 8:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00000010-cnippou-kr

韓国の第一の安保同盟と経済協力の対象である世界1・2位の経済大国の米国と中国が貿易戦争をしている中、日本の経済報復によって世界経済3位の日本と輸出6位の韓国に最悪の荒波が押し寄せている。韓国には二重の台風となる。難航する北朝鮮の核問題まで加えると、韓国は三重の対外悪天候を迎えたということだ。

1945年の終戦以降「48年関係」の反日、「65年関係」の協日、「98年関係」の等日戦略がすべて植民統治の歴史による「韓国の攻勢」と「日本の守勢」という組み合わせで成り立ったとすれば、今回の波動は日本の先攻という点で従来の韓日関係の文法では説明できない。部分的な妄言でなく日本政府全体の公式的な攻勢という点も大きく異なる。

特に攻撃の第一目標である半導体は、対外依存度が高い韓国経済で最大の輸出品目だ。今日の半導体単一品目の輸出額が20世紀末の韓国の全体輸出額とほぼ同じという点は、この韓国の製品の絶対的国家比率と世界市場シェアおよび標準掌握、そして日本のぞっとするような攻撃の準備と目標をそのまま表している。北朝鮮の核兵器が折れる前に韓国の半導体が先に折れる状況になれば未来は予測しがたい。

今回の日本の経済攻撃がさらに否定的である理由は、全体主義と軍国主義を経験していない両国の世代にも相互敵対感情を植えつけ、未来の平和に暗い影を落とすからだ。特に韓国の国民には二重の加害として近づいた。日本はもちろん世界のどの国も、残酷な人権被害者が世界人権宣言と国際人権規約に基づいて裁判を受ける権利を剥奪してはいけない。韓日の約束(違反)問題を見てみよう。2018年10月の韓国最高裁の判決は従来の韓日関係協定と普遍的国際外交・人権規範を覆したのか。そうではない。日本の従来の判決・主張・政策と論理に基づいてもこれはそうでない。

1951年のサンフランシスコ講和条約、56年の日ソ共同宣言、65年の韓日請求権協定に対する日本の内閣と裁判所の当初の一貫した解釈は、「請求権協定では個人の請求権は消滅しない」という観点だった。すなわち「外交保護権の放棄」であり「個人請求権の消滅」ではないという立場だった。韓日協定および現在の韓国政府・裁判所の主張と同じだ。2007年の日本最高裁判所の判決、すなわち中国人被害者と西松建設の事例を見ればよい。

その間、韓国は親日と抗日の過去の二分法を協日と克日の結合談論と戦略で突破した(半導体は後者の象徴)。その後は等日だった。今はもう反日、協日、等日を越えて包日の哲学と戦略が必要な時だ。世界観大転換の平和哲学者、退渓を見てみよう。朝鮮の一般認識だった「野蛮」日本に対し、壬辰倭乱以前にすでに文明国家の根本を考えながら、彼は事大交隣の「交隣」さえ越えて現実主義の地平で是非と利害を中庸的に統合・止揚し、等日と包日の観点で自強・善隣・平和のために日本の和親要求を受け入れることを主張した。退渓・李滉(イ・ファン)の包日哲学に一つの道がある。

韓末の安重根(アン・ジュングン)と李承晩(イ・スンマン)の等日・包日の勇壮な気丈も同じだ。3重の悪天候を迎えて安重根の3重の平和知恵は特に望ましい。孟子の、「自ら国を害した後に人が国を害する」という自伐人伐論に基づいた合成散敗・内部連帯・内部平和論-一つになれば生きて分裂すれば死ぬ-と、中・露による鷸蚌の争いを考慮した韓日善隣平和、そして東洋平和・世界平和の雄大な3重永久平和構想だ。韓国内の葛藤・北核対峙の今日、安重根の内部連帯・内部平和からの永久平和構想は極めて重要だ。戦犯国家の日本の国際社会無賃復帰を可能にした朝鮮戦争と、平和憲法改正の動きと右傾化の口実を提供した北朝鮮の核問題に見るように、韓半島(朝鮮半島)内部の争いは鷸蚌の争いであることが多かった。

特に安倍政権の対韓先攻には米国のトランプ大統領の影がちらつく。一つは第3の脱亜入米と呼ばれるほど米国のインド太平洋構想に積極的に加担して米国-日本-インド-豪州とつながる日米協力体制、トランプ-安倍の信頼関係の影であり、もう一つは日米安全保障条約と貿易不均衡でトランプ大統領の対日先攻を先制的に遮断するための韓国犠牲・韓国攻撃の影だ。トランプ大統領を負うと同時に防ぐ、巧妙な2つの影ともに韓国には決して容易なものではない。

国家は名分を越えて実利を得なければいけない。国家衝突の被害者である企業を前に出すべきではない。国家が出て当局者会談、特に文在寅(ムン・ジェイン)-安倍首脳会談を通じて突破しなければいけない。そして文在寅-安倍の2019年の関係の礎石を置く必要がある。

内面意識の主体・自律・独立と外面関係の善隣・共存・平和を結合しようとした退渓と安重根の先覚を思い出そう。今日の東アジアの自由、人権および民主主義の地形でこの言葉の意味は重い。韓国と日本は自由・民主・市場経済を越えて人権・平和・世界市民のさらに高い普遍地平を追求しなければいけない。共にアジアの普遍文明国家に同行しなければならない。韓国は民族と名分を越えて世界と現実に進み、日本は人類の良心と理性を回復することを求める。

パク・ミョンリム/延世大教授/金大中図書館長

あの許永中が憧れた武闘派ヤクザ「殺しの柳川」を知っているか

在日=暴力団=民団=外国情報機関直属のスパイという露骨な証言が出てきました。知ってたけど(笑)。

暴力団が民団幹部を務めているんだったら(これも知ってたけど)、民団も非合法化するのが適当です。韓国政府から活動資金の大半を受け取っており、それを暴力団幹部が采配しているのであれば、取り締まって当然。

「差別に苦しむ在日」という嘘の枕詞も、いい加減止めなさい。在日は、行き場所のない自分達を受け入れてくれた日本に対する感謝と、自らの行動に対する反省を込めて、「在日の暴力に苦しむ日本人」という本を書きなさい。お前たちは、韓国の領土内で親北活動をしていたから粛正され、居場所がなくなったから命からがら日本に密入国した。

日本人に対し暴力をふるう外国人と外国スパイは、多文化共生策およびヘイトスピーチ規制法による保護の対象外である。
日本の各家庭において、よく子供たちに説明しておくように。



あの許永中が憧れた武闘派ヤクザ「殺しの柳川」を知っているか
現代ビジネス
7/11(木) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00065781-gendaibiz-soci

 人呼んで、殺しの柳川――。大阪の在日社会で身を立てた柳川次郎は、最恐軍団・柳川組の初代組長として、過去、幾度も仁侠映画の題材となるなど、武勇伝が語り継がれている。しかし、堅気となった後、日韓外交を陰で支え、在日社会の地位向上にも奔走したという事実は、ほとんど知られていない。『殺しの柳川 日韓戦後秘史』著者の竹中明洋氏が国家を動かしたヤクザの秘話を明かす。

平成ヤクザ界最大の謎「宅見勝若頭暗殺の深層」をキーマンが明かした
あのフィクサーが語った

 7月初め、ソウルの江南で私はその男と会った。いつものように、はにかみながら、握手を求めてくる。近くの食堂で一緒に昼食を食べることになった。

 「柳川先代も喜んでるんちゃうか」

 大阪弁でそう話すのは、かつて財界のフィクサーとも呼ばれた許永中氏だ。大阪の中津に生まれた在日韓国人で、表の政財界と裏社会をつなぐその特異な人脈を武器に、バブル経済の時代に圧倒的な存在感を見せた。

 だが、バブル終焉と軌を一にするかのように、1991年に「戦後最大の経済事件」と言われたイトマン事件で特別背任などにより逮捕され、服役を終えた現在はソウルでビジネスを手がける。

 この日、私が許永中氏と会ったのは、彼が取材に協力してくれた拙著『殺しの柳川 日韓戦後秘史』(小学館)を手渡すためだった。刷り上がったばかりの本を封筒に入れて差し出すと、許永中氏は「昼間やけど一杯ぐらいなら大丈夫やろ」とビールを頼んで出版を祝ってくれた。

 許永中氏に初めて会ったのは、平昌オリンピックの真っ最中だった昨年3月のことだ。日本のマスコミの取材はほとんど受けないはずだったが、それでも応じてくれたのは、柳川次郎を通して大阪の在日の戦後の歩みを描きたいという私の取材趣旨に関心を示したからだろう。

 会うなり許永中氏はこう口にした。

 「あの人はね、私ら大阪の在日にとってエースいうんかな。一緒に北新地で飲んでるいうだけで、えらい誇りに思ったもんですわ」
あの許永中が憧れた武闘派ヤクザ「殺しの柳川」を知っているか

1982年、山本皓一氏撮影
力道山を囲む会に現れた、黒シャツの男

 柳川次郎とは、山口組きっての武闘派・柳川組の初代組長として、「殺しの柳川」の異名で恐れられた人物である。1923年に日本の植民地統治下の釡山で生まれ、本名を梁元錫(ヤン・ウォンソク)という。7歳の時に母や弟とともに海峡を渡り、大阪で在日韓国人として生きた。

 柳川が58年に大阪のキタで結成した柳川組は、構成員の多くが朝鮮半島にルーツを持っていたことで知られる。民族的な紐帯を武器にした圧倒的な戦闘力を持ち、結成後わずか10年足らずで全国に勢力を広げ、1700人もの構成員を抱え込んで五大広域暴力団の一角に指定されるほど爆発的に膨張した。しかし、日本警察を挙げての集中的な取り締まりを受け69年に解散に追い込まれる。

 堅気となってからは、海峡を挟んだ二つの国の橋渡し役たらんとして日韓を行き来することに生涯を費やした。本国との太いパイプを築いた柳川は、韓国の情報機関と深く関わり、80年代の全斗煥(チョン・ドファン)政権時代には政権中枢にまでその影響力が及んだ。

 柳川が亡くなってからすでに30年近い。生前の柳川を知る関係者も少なくなっているなか、ようやく辿りついたのが許永中氏だった。

 許永中氏は47年生まれだから、柳川とは二回りも年齢が違う。初めて柳川を見たのは、まだ小学6年か中学1年の頃だったという。場所は大阪の西天満にあった大阪報知新聞である。

 大阪報知新聞は、柳川組の副組長だったこともある加藤武義が社長をしていた新聞社だ。その日は大阪報知新聞が主催する形で、プロレス興行のために大阪を訪れていた力道山を囲んで食事会が開かれ、朝鮮半島出身の力道山をもてなすため大阪の在日が集まった。

 「民団(在日本大韓民国民団)の北大阪支部長だった父がこの会に呼ばれていたので、私も紛れ込んだのですが、会場の隅で待っていると、黒シャツの大柄な体格の人が現れたんです。ものすごい恐ろしい目つきで、それだけでグッときそうなほどの迫力ですわ。オーラも半端ない。初めて間近に見た伝説上の人物言うんかな。それが柳川さんやったんです」


戦後を生きた「義賊」

 許永中氏が生まれ育った中津は、大阪のターミナルである梅田からわずか一駅のところにある。周辺には高層マンションが林立するが、今もエアポケットのように、かつての面影を色濃く残す一角がある。間口が三メートルもない木造の長屋と、人がすれ違うのがやっとという狭い路地、そして昼間でもシャッターが下りたままの店ばかりで暗く静まりかえった商店街。かつてここでは在日が肩を寄せ合うように暮らしていた。 差別に苦しみながら懸命に生きていた彼らは柳川組を特別な思いで見ていたという。

 「中津の商店街に、8つ年上の私の姉の同級生だったお兄さんがおったんですが、喧嘩が滅法強くてね。中津の若手のエースでした。背が高くてスラッとして私の憧れやったんです。この人が20歳過ぎの頃かな、柳川組に入れてもらったと聞いて、『すごい』と興奮したもんです。 当時の在日の若者の間では、柳川組はそういう存在。やんちゃしとった者なら誰もがあそこの 若い衆になるのを夢見てました

 許永中氏が柳川を初めて見かけ、在日の少年たちが若い衆になることを夢見た60年頃といえば、柳川組が正式にヤクザとして旗揚げしたばかりである。同胞である柳川らが率いる柳川組が暴力によって大阪の裏社会でのし上がっていく姿に、差別や貧困に喘ぐ在日社会は、あたかも権力に抗して活躍する義賊を見るかのように喝采を送っていた

 「私ら在日は日本において差別されただけでなく、本国からも見捨てられ、挙げ句の果てに利用された苦難の歴史を歩んできたんです。泥田を這うような暮らしをしていた私らを守護神のように守ってくれたのが、柳川さんが持つ暴力でした。あの時代を乗り切るには柳川さんの暴力が必要やったんです。在日の知識人のペンの力だけではどうにも弱かった

 そう語るのは、柳川の元側近で、のちに民団大阪の幹部にもなった人物である。

「中曽根訪韓」との関わり

 「殺しの柳川」と恐れられた男がヤクザを辞めてからの後半生は、これまでほとんど語られてこなかった。その暴力的なイメージゆえに日本人社会だけでなく在日社会からも白眼視されたからである。

 だが、その後半生は前半生以上に波乱に富んでいる。韓国の軍事政権に近づいた柳川は、74年に朴正煕(パク・チョンヒ)大統領の招きで44年ぶりに祖国の土を踏んだ。その時のことを自らこう綴っている。

 「立派に繁栄している祖国の姿に強い感動と感銘を受けた。この祖国の将来を一段と安定したものにするには産業・海運・国防の三分野の強化が必要であろうというのが、私の得た一つの結論であった。そうしてどの根幹をとって見ても、日韓両国は運命共同体たらざるを得ないのであるまいかというのが私の偽らざる感想でもあった」

 そしてこう決意するのである。

 「自分の過去を顧みる時、私自身も在日韓国人であるがゆえに差別・偏見にいくたびとなく苦汁をなめ、そのせいだけではないのだが、いわゆる無茶もして来た。だが今は違う。在日韓国人の一人として、私は日本国に対しても私がすべきことがあれば進んでやろうという気構えである」

 柳川は、軍事政権の屋台骨であった情報機関を日本で支えた。朝鮮半島で南北が対峙していた70年代や80年代、日本の在日社会では南北の情報機関が激しい工作活動を繰り広げていた。74年には朝鮮総連の影響下にあった在日韓国人の若者がソウルで大統領夫人を暗殺する事件を起こしている。柳川はこうした南北の謀略戦の最前線で、韓国の情報工作の一翼を担っていたのである。

 また、空手やテコンドー、ボクシングなどにも深く関わり、日韓の政治家にも幅広い人脈を築いた。83年、中曽根康弘は、戦後初の日本の首相による公式訪韓を果たしたが、その下準備に奔走した一人に、柳川の存在を指摘する人間もいる。

 盧泰愚(ノ・テウ)政権下で行われた88年のソウル五輪は、朴正煕政権以来の経済発展路線がたぐり寄せたハレの場である。開会式に招待された柳川に用意されたのは大統領の三列後ろの貴賓席だったという。

割れる評価

 あまり知られていないが、在日社会の地位向上を支援していたのも、柳川である。柳川が生きていた時代、就職差別や国民金融公庫、住宅金融公庫の融資、国民年金、日本育英会の奨学金なども日本国籍がないために利用できないなどの問題が当時はあった。こうした差別を撤廃しようとする弁護士らの運動を陰になり、日向になり、支援していたという。

 ただし、在日社会において柳川の評価は決して肯定的なものばかりではない。

 「『殺しの柳川』いうイメージが広がって誰がいちばん迷惑したか言うたら、そら、在日ですわ。在日はああいう恐ろしいことをする連中いう偏見を持たれたらたまりません」

 ある民団幹部からはそう言われ、民団大阪の団長経験者には柳川を取材したいと伝えて激怒されたこともあった。かつて大阪の在日社会で読まれた新聞の元経営者からは、こんな指摘も受けた。

 「いくら差別されていたからといって、まっとうに努力を重ねて地位を築いた在日はたくさんいます。在日社会の9割以上は、柳川さんについてノーという評価をするはずです。残りの1割は、トラブルシューターとしての柳川さんに期待する人たちです。あるいは柳川さんの虎の威を借りたい人たち。そういう人たちは、柳川さんのことを渋々肯定し、関わりを持った。在日社会に愛された任侠の親分いう柳川像は虚像です。周囲がその虚像を奉り、柳川さんもその神輿に乗ったに過ぎません」

 暴力によって自己実現をしようとした柳川の生き方を肯定することはできない。ただ、柳川のような人物が登場し、そして彼を必要とする人々がいたのも、まさに戦後の日本と朝鮮半島が歩んだ特異な歴史ゆえである。

 差別に苦しむ在日社会を憂い、いがみ合う日本と韓国の関係を改善しようとした。 しかし、柳川は91年に、志半ばで病に倒れた。享年68。
あの許永中が憧れた武闘派ヤクザ「殺しの柳川」を知っているか

写真:現代ビジネス
「柳川の時代」からの日韓の変化

 柳川が生きたのは、個人と個人の繋がりが国家を動かす時代だったとも言える。植民地支配を巡る日韓の断層はあったが、双方の国民が戦争体験を共有していた。朝鮮半島からの引き揚げ者も多かった。逆に、日本語教育を経た韓国人の政治家も多く、人的交流も豊かだった。前出の中曽根訪韓では、青瓦台の迎賓館で開かれた晩餐会で、中曽根はスピーチを韓国語で始めた。

 「ヨロブン、アンニョン、ハシムニカ(みなさま、こんばんは)」

 中曽根のスピーチは会場を沸かせ、参列者のなかには感激のあまり涙を流す者までいたという。中曽根の隣に座っていた全斗煥は、「中曽根さん、俺、あんたに惚れたよ」と日本語で伝えた。

 いまや隔世の感がある。柳川が地位を向上させようとした在日社会への差別は依然残る。いや、昨今のヘイトスピーチをみる限り、ある側面では悪化しているとさえ言えるだろう。この本の取材を続けた時期は、日韓関係が戦後最悪に陥っていく時期と重なった。

 とりわけ昨年10月に韓国の最高裁にあたる大法院がいわゆる徴用工をめぐる訴訟で、新日本製鉄に対し損害賠償を命じる判決を出してからは、対立は深刻化しており、ついに7月4日から日本政府が半導体材料の輸出規制の強化を発動する事態にまでなっている。

 柳川ならいまの日韓関係になにを思うだろうか。本の執筆を終え、筆をおいたとき、そんな問いが静かに沸き上がった。

アイヌ民族、漫画で学ぼう 中学生に教材作成、北海道

アイヌの団体は、北朝鮮チュチェ思想の影響下にあるそうです。

こちらをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=T51m66tdamE
(1:16:42から)



アイヌ民族、漫画で学ぼう 中学生に教材作成、北海道
産経
2019.7.7 06:00
https://www.sankei.com/photo/story/news/190707/sty1907070001-n1.html

 北海道旭川市や上川町など道内の12市町による協議会が、アイヌ民族の歴史や文化を広めようと中学生向けの漫画教材を作った。独自の文化や暮らしぶりを分かりやすく伝えるほか、伝承などが残る関係地を写真付きで紹介している。

 作成したのは「大雪山麓上川アイヌ日本遺産推進協議会」。この地域のアイヌ文化が昨年、日本遺産に認定されたことを受けて企画し、今年3月末に完成。全95ページを6月6日から公式サイト上で公開を始めた。12市町の小中学校や図書館などには冊子を配布した。

 中学生3人が夏休みに大雪山周辺を巡り、出会う人たちとの交流の中でアイヌの歴史や文化をひもとくストーリー。フクロウの神事や、女性たちが伝統的な装束を身にまとい鶴のように舞う姿などが生き生きと描かれている。

韓国人教授「国交正常化をすれば親日は当然のこと」文章が論議に

キモー。普段はこの種の意見は一切報じないでおいて、困った途端に引っ張り出してきて紹介するその心根が不快。表面に現れる言動の問題というよりも心根の問題。それも個人の問題ではなく、この気持ち悪い朝鮮民族集団全体の心根の問題。

「該当文の趣旨に共感するという意見も少数存在して一部では論争が広がり議論がまとまっていない」だってさ。
そりゃそうでしょう。朝鮮半島では、政府の反日プロパガンダに国民が煽られているのではなく、個人レベル、家庭レベルで反日なのです。各家庭において、「日本人に対してなら何をしても許される。やってこい」と親が子に教えているのです。

2番目の記事をご覧ください。文在寅大統領の支持率は50%超えです。支持率低下しても40%台を維持していますからね。

この危険な民族集団と日本人が仲良くできるのかどうか、日本の税負担で地方自治体や民間団体に今日も日韓友好イベントを開かせているわけですが、こんなことしていて私たちの安心・安全は確保できるのか、真剣に考え直す時が来ている。

日韓友好イベントを繰り返せば日韓は仲良くなれるという考えのもと、日本政府は毎年予算を割いて60年以上が経過した。その結果を我々は今目撃している。政策は明らかに失敗した。政策の目的が達成されていないどころか、真逆の結果をもたらしている。政策立案者の実名を公開し、その思想を批判すべきではないか。これまでに累積でいくらの血税を注ぎ込んだのか明らかにすべきでないか。今後は予算を止めるべきではないか。

韓国内ではいろんな議論が噴出してまとまらないんですか?政治のことわざに「隣国の混乱は蜜の味」というのがありますよ。



韓国人教授「国交正常化をすれば親日は当然のこと」文章が論議に
中央日報
2019年07月09日08時33分
https://japanese.joins.com/article/323/255323.html?servcode=400§code=400

市民団体「行動する自由市民」の共同代表、KAIST(カイスト)のイ・ビョンテ教授が「親日は当然のことだ」というタイトルの文章をSNSに掲載して論議を呼んだ。イ教授は7日午後、自身のフェイスブックを通じて「国交を正常化すればどの国とも仲良くしてこそ平和で共同繁栄が可能だ」として日本の経済報復措置以降広がった反日の雰囲気を批判した。

また、「親米、親日、親英、親独、親仏をするのが正常」とし「どうして今でも『親日』が恥になるのか、日本で親韓も侮辱される世の中を作りたいのか?」と文章を残した。また「親日は当然のことで正常のことだ。反日が反対に異常」とし「『土着倭寇』の考えで他の人を攻撃するあなたは危険なファシストか、日本に対する嫌悪感で満ちた人種差別者や歴史進歩を拒否する知的能力にきわめて乏しい人」と主張した。

イ教授は他の文章を通じて「土着倭寇を口にする人々は人種差別者、ファシスト、国粋主義暴力犯、歴史コンプレックス精神病者、他人の人格と自由を攻撃するテロリスト」と発言した。

イ教授のフェイスブックの文章はオンラインで論議を呼んだ。「日本製品」の不買運動を行っているオンラインコミュニティを中心に「日本はドイツのように過去史をまともに整理しなかったために状況が違う」として非難を浴びている。該当文の趣旨に共感するという意見も少数存在して一部では論争が広がり議論がまとまっていない

同日、イ教授は国会で開かれた「日本の経済報復関連緊急対策会議」に外部専門家として参加して韓国政府の対応方式を批判した。イ教授は「日本は韓国に輸出しなくても代替手段があり、韓国は代替手段がないというのが本質だ。韓国政府は子供のような自尊心に依存しようとする態度を捨てるべきだ」と話した。



文大統領、「板門店効果」で支持率6週ぶりに50%台回復
中央日報
7/8(月) 16:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000040-cnippou-kr

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が6週ぶりに50%台を突破したという世論調査の結果が8日、公表された

調査機関リアルメーターがYTNの依頼で1~5日に全国有権者2517人を対象に調査を実施した週間集計の結果(信頼水準95%に標本誤差±2.0%ポイント)、文大統領の国政遂行に対する肯定評価が先週より3.7%ポイント上がった51.3%を記録した。同じ調査で5月第4週(50.0%)以降、6週ぶりに50%台を回復した。

「国政遂行を間違っている」という否定評価は3.8%ポイント下落した43.8%で現れた。肯定・否定評価の格差は誤差範囲を外れた7.5%ポイントだった。分からない・無回答は4.9%だった。

リアルメーターによると、文大統領の支持率は先月30日に南・北、米首脳による板門店(パンムンジョム)会合効果で先週初・中盤(1~3日)に上昇し、日本の経済報復など国内外政治・経済的懸案から政局争点が移動して小幅下落した。

政党支持率は与党「共に民主党」が先週より1.1%ポイント下がった40.4%で、40%台を維持したことが分かった。最大野党である「自由韓国党」は2.7%ポイント下落した27.9%で、2・27全党大会直前の2月第3週(26.8%)以降、4カ月ぶりに最低値を記録した。

正義党は先週比0.1%ポイント上昇した7.7%、正しい未来党も0.4%ポイント上がった4.8%となった。民主平和党も0.8%ポイント上昇した2.5%で2%台を回復した。

詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会ホームページで確認することができる。

韓国大統領の次の対日攻撃ネタはウトロ 反国家団体「韓統連」を優遇 

先に、文在寅大統領が来日した際、民団関係者80人を招待する枠を58%圧縮し、空いた席に親北団体を招待したそうです。また、日本を批判する次のネタは「ウトロ」で、徴用工問題の枠組みに組み入れるそうです。

ウトロの在日を圧迫していたのは日本企業や日本人ではなく、民団京都の幹部だったはずなので、韓国の領土の上で最後の1人になるまで韓国人同士で大いにやり合っていただきたいと思います。



反国家団体「韓統連」など招待 文在寅大統領が在日同胞懇談会
統一日報
2019年07月03日
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86214&thread=04

 文在寅大統領は6月28~29日、大阪で行われる「G20サミット」に参席するため27日、訪日した。G20サミット開幕を前に、大阪市内のホテルで在日同胞懇談会を開催した。

 文在寅大統領は6月27日、G20サミットの前に在日同胞懇談会を開催した。

文氏が大統領就任後、日本で在日韓国人と交流するのは初めて。昨年5月に就任以来、初めて日本を訪れた文大統領は大使館は訪問したが、近くの民団中央本部には立ち寄らず、在日同胞との接触はなかった。

 今回の懇談会には呂健二民団中央団長、呉龍浩民団大阪団長、在日本韓国人連合会の具哲会長ら在日同胞を代表する約370人が出席した。
呉龍浩団長は在日同胞を代表して「大阪でのG20サミットをきっかけに、韓日関係が大きく改善することを期待する。いまだに日本での在日同胞の立場は不安定な状況だ。我々も大統領と共に新たな韓日関係や韓半島平和のため努力する」と文大統領に挨拶した。

この場で文大統領は「祖国が何も与えないのにも関わらず、在日同胞はいかなる時も祖国の危機に駆けつけてくれた。69年前、祖国の危機に集まった642人の在日同胞たち在日学徒義勇軍の愛国心は、今も歴史に残っている。韓国の経済発展にも、在日同胞はかけがえのない存在」だとし、今までの祖国への犠牲と献身に感謝した。

文大統領は在日同胞を称えながら一方で、問題となる言動をみせた。

文大統領は「在日同胞留学生スパイ事件」に対し謝罪を行ったが、これは別名「在日韓国民主統一連合間諜事件」とも呼ばれる。この事件は、北韓系の左派が中心となったもので、反国家団体として指定される「韓統連」のメンバーが中心だ。

懇談会に参席したある民団団員は「会場に入る前から左派団体が垂幕を掲げていた。会場では韓統連出身者すら何人か見かけた」と証言した。
当初、政府は関西以外の地域民団から約80人を招待する予定だったが、結果的に関西以外の地域から懇談会に参席した民団の団員は34人だった。民団員を招待するかわりに、「韓統連」などの北韓関連団体に参加者を割りふったとみられる。

また、これまでの徴用工問題に加え、文大統領は「我々の悲しい歴史」として新たな徴用工問題「ウトロ村」を口にし、問題が複雑化している。もちろんウトロは在日において悲しい歴史がある地だが、それをどうしてわざわざ今の時期に軽率に口にするのか疑問が残る。

民団関係者は「反国家団体である韓統連関係者を招待すること自体がおかしい。民団関係者を切り捨てているような印象を受ける。何とかしないと在日社会に更なる混乱が生じる」と懸念を示した。

北大生IS渡航計画、イスラム法学者ら5人を私戦予備容疑で書類送検 警視庁公安部

中田考は、ISの最盛期に、自身の公式HPだったかTwitterだったかのプロフィールに「いよいよ私たちの時代がやってきた」と豪語し、連日報じられるISによる首切り処刑について一言も批判せず、逆になぜ彼らが首切りをしたくなるほど怒っているかを説明していた。

そんなにISを支持するなら、自分が戦場へ行って死んでくればいいのに、自分は安全な場所で過ごしつつ、成人とはいえよそのお宅の学生さんをISの方向へ導いた。このような危険人物が、ようやく書類送検された。私は書類送検では足りないと思っている。

別のメディアは、安部首相のイラン訪問について彼にコメントを求めた。彼のような危険人物を、日本の道の真ん中を歩かせていいのか。メディアの倫理観はどうなっているのか。また、専門でない人に書かせるには文字数が多すぎる。



北大生IS渡航計画、イスラム法学者ら5人を私戦予備容疑で書類送検 警視庁公安部
毎日
7/3(水) 21:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00000099-mai-soci

 過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員となるためシリアへ渡ろうとしたとして、警視庁公安部は3日、当時北海道大生だった男(31)やイスラム法学者の中田考・元同志社大教授(58)ら5人を刑法の私戦予備容疑で書類送検した。起訴を求める厳重処分の意見を付けた。同容疑の適用は初めて。

 他の3人は、フリージャーナリストの常岡浩介氏(50)▽元北大生と渡航しようとした千葉県在住の20代の男▽東京・秋葉原で「勤務地シリア」と書かれた求人広告を張り、渡航のきっかけを作った古書店関係者の男。

 書類送検容疑は、5人は共謀し、2014年8月ごろ、ISの戦闘に参加する目的で航空券を購入したり、ISと連絡を取ったりし渡航を計画したとしている。元北大生は「ISに加わり戦闘員として働こうとした」と容疑を認めているという。

 同部や捜査関係者によると、計画は渡航直前の同年8月に一度中止になったが、元北大生らは同年10月に再びシリア入りを計画。渡航直前に公安部が家宅捜索に踏み切ってパスポートなどを押収し、事実上、阻止した。

 元北大生は14年4月ごろ、古書店関係者の男が張った求人広告を見て渡航を考えるようになり、男が中田元教授を紹介した。中田元教授はIS関係者と連絡を取って受け入れを調整し、現地の取材経験がある常岡氏を元北大生に紹介した。常岡氏はシリアの隣国トルコまでの航空券を手配し、渡航に同行する予定だったという。

 常岡氏は3日、毎日新聞の取材に応じ、「渡航前に元北大生にインタビューしたがイスラムの知識は少なく、本気でISに行く気はないと感じていた。航空券を用意したがトルコへは観光客も大勢行く。私戦予備罪は成立しないと考えており、無意味な書類送検だ」と話した。【金森崇之】

◇私戦予備及び陰謀罪

 刑法の93条で規定されており、外国に対して私的に戦闘行為をする目的で準備や計画をした場合、3カ月以上5年以下の禁錮刑にすると定められている。



安倍首相、大失敗のイラン訪問日本に挽回の可能性はあるのか?
BEST T!MES
6/20(木) 18:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00010386-besttimes-pol

 イラン・イスラム共和国を訪問した安倍総理。対立しているイランとアメリカの仲裁役になろうと奔走したが、その最中に日本のタンカーなど2隻が攻撃されるなど、事態はあらぬ方向へ…。その辺の事情も踏まえ、イスラム法学者・中田考が語る。
(以下省略)

輸出優遇除外:「韓国はどの面下げて日本からの投資を期待してるの?」

日本政府が対韓国制裁を発動し、日本企業が以下のように韓国回避をしているとき、日本の地方自治体は何十年も前に結んだ姉妹都市協定に基づき、機械的に日韓交流イベントを開催し続け、日本の家庭では子供がK-Popを買うのに小遣いを与えているのであった。

目を覚ませと言いたい。



輸出優遇除外:「韓国はどの面下げて日本からの投資を期待してるの?」
朝鮮日報
2019/07/04 10:30
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019070480046

日本の対韓投資が1年間で40%減「最近は韓国企業との接触も嫌がる」

韓国4自治体投資担当者「両国の経済関係、根底から揺らいでいる」

企業も「既に韓国外し行われている」

 今年初め、釜山・慶尚南道地域のある自治体の外国企業投資誘致担当者は、日本企業関係者から電話を受けた。数年間にわたり誘致を働きかけていた機械部品メーカーだった。工場予定地を何度も一緒に見学し、自治体の各種支援策も提示して「韓国が投資先候補1位」という回答ももらっていた状態だった。ところが、日本企業関係者はこの日、「韓国の投資計画はやめて、台湾に行くことにした」と伝えてきた。そして、「韓国の反日感情のために日本の社員の家族たちが反対している」と説明した。「夫が韓国に行って石を投げつけられたらどうするの」と抗議する日本人社員の妻もいたという。

 日本政府が韓国に対して「経済報復」措置に乗り出した中、産業現場では日本企業による「韓国パッシング(外し)」が既に盛んに行われている。
本紙は、日本企業誘致に積極的な大邱・慶尚北道・釜山など4つの自治体・投資庁の外資誘致担当者から、最近の雰囲気を直接聞いた。彼らは「日本企業は韓国との交流そのものを嫌がっており、両国の経済関係は根底から揺らいでいる」と指摘した。

 日本企業の反韓感情は投資縮小に現れている。日本の今年の韓国投資は合計56件で、昨年1-3月期に比べ40%減少した。2009年以降で見ても1-3月期基準で最低値だ。最近は最低賃金引き上げなどで主要国の韓国投資が減っているが、日本の減少幅は中国(19%)、米国(16%)などに比べ際立つ。慶尚南道に進出した日本企業は昨年黒字だったことから、今年工場増設を本社に要請した。だが、日本の本社は直ちに拒絶した。「大金を投資しても『戦犯企業』にされて韓国で訴訟を起こされるかもしれない」というのが理由だった。昨年10月、韓国大法院(最高裁判所)が強制徴用被害者に対する日本企業の賠償責任を認めて以降、日本の戦犯企業の国内資産差し押さえや強制処分手続きが進められている。2012年に韓国首相室傘下の「強制動員被害委員会」が発表した強制徴用戦犯企業は299社だ。
戦犯企業でなくても、事業の過程で戦犯企業と関連のある資産が差し押さえされるかもしれないという懸念が日本企業の間で広がっているのだ。

 こうした状況を受けて、来月開かれる予定だった韓日自治体・経済団体の経済交流行事「韓国・北陸(日本)経済交流会議」も中止された。2000年から韓国産業通商資源部(省に相当)と日本の中部経済産業局が共催してきたが、今年は両国関係悪化のため中止されたという。

 日本企業の中には、韓国との接触そのものを嫌がるところもある。本紙が接触した京畿道・釜山市・大邱市・慶尚北道・セマングム開発庁の4カ所は昨年上半期、日本で11回にわたり投資説明会を開いた。しかし、今年はこれまでわずか4回にとどまっている。ある日本関連の経済団体関係者は「日本の企業関係者は表向きには投資提案を丁重に断ってくるが、裏では『韓国はどの面下げて日本に投資を期待してくるのか』と露骨に批判するのを聞いた」と話した。

李性勲(イ・ソンフン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

アクセス

低所得化が進む日本

生産年齢1人当たりの実質GDPと従業員1人当たりの実質GDP
画像
(低賃金の女性や年金世代が労働市場に回帰していることを示している。)

実質賃金(赤)と従業員数(青)
画像

Japan's Lasting Stagnation Is Hidden Behind Government Statistics
06/26/2019
Taiki MuraiGunther Schnabl
https://mises.org/wire/japans-lasting-stagnation-hidden-behind-government-statistics




私の2度の決断がベスト・タイミングであったことを、改めて核心した。我ながら見事だった。