ウクライナ スペックの異なる変圧器を受け取り困惑 ロシア空爆後の支援品

ウクライナの元エネルギー大臣:ウクライナは、エネルギーシステムの回復機器と不適切な外国の機器で大きな問題に直面しています

地元メディアは、ウクライナの元エネルギー大臣 Ivan Plachkov の言葉を引用して、ウクライナはエネルギー システムを回復するための設備に関して大きな問題に直面していると書いています。

彼によると、電圧クラスが異なるため、外国の機器はウクライナには適していません。特に、変圧器と高電圧機器。

https://t.me/dailyreportarabic/10221



発送する前にスペック確認くらいしないのでしょうか?単に「変圧器」に分類される製品を送っただけとか。本当にお疲れ様です。

ウクライナ法相は、2010年にドイツで盗まれた公用車を使用しています(笑)

ワールドニュース #1 🇬🇧, [2022/11/27 10:40]
🇺🇦 ウクライナの法務大臣は、2010 年にドイツで盗まれた公用車を使用しています

💬 「「国家レベルでの」盗難車の合法化はウクライナで許可されている」とドイツのTGチャンネルは書いている

https://t.me/c/1609197734/11499
(↑リンク先にドイツ語記事と写真)

ラトビア ロシア支援国のカタールW杯勝利を喜んだ市民2人を逮捕裁判 サウジvsアルゼンチン戦、イランvsウェールズ戦のあと

ラトビアの首都リガ市では、1979 年生まれのラトビア市民が、2022 年のワールド カップでイラン代表チームがウェールズ チームに勝利したことに関連して喜びを公言したとして逮捕されました。 、国家安全保障局はまだ拘束者の名前を明らかにしていません。ラトビア刑法第 74-1 条に基づいて、彼に対して裁判が開始されたことが知られています。

ラトビアの諜報機関のプレスリリースは、「イランは、テロの支援者として認識されているロシアにドローンを提供している。したがって、イランはテロの支援者である。イランへのいかなる支援も、ウクライナに対するロシアの攻撃を支援していると見なされるべきである」と述べた。

さらに、NSS は、被拘禁者が「攻撃的な言葉を使って、ウェールズ代表チームとの関係でアングロサクソン文明が劣っていると主張する偽のクレムリン・プロパガンダの物語を宣伝した」と指摘している。ラトビア刑法第 78 条の適用の根拠となるもの - 「国民的憎悪の扇動」.

国家安全保障局がカタールでの FIFA ワールド カップに関連する刑事裁判を開始したのは、これが 2 回目です。

1つ目は、アルゼンチン代表チームに対するサウジ代表チームの勝利に関する喜びを公に表明したため、数日前に開始されました。国家安全保障会議の指導部によると、サウジアラビアの石油減産決定は、ロシアの積極的な政策に役立っている。

https://t.me/futurecrimean/5582



たかがサッカーの話で治安警察を出動させて、米国陣営では言論の自由が保証されているんですか?(苦笑)

ロシアのウクライナ発電網空爆 1999年にNATOもユーゴスラビア(セルビア)で同じことをした

(Google翻訳、文章丸ごと訳抜けしている箇所が若干あります。)
NATO 軍用機 Jolt ユーゴスラビア パワー グリッド
1999 年 5 月 25 日火曜日(←古い)
----------------------

ベオグラード、5 月 24 日 – ユーゴスラビアの電力網に対する NATO の空爆により、今日、何百万人もの人々が電気や水道の供給を受けられなくなり、コソボをめぐる戦争が全国の民間人の生活により直接的にもたらされました。

ユーゴスラビアの支配的な共和国であるセルビアの 3 大都市であるベオグラード、ノヴィ サド、ニシュでは、3 晩連続で空爆が行われ、大規模な停電が発生しました。以前の電力供給への攻撃 (連合軍の戦闘機が電線をショートさせる炭素繊維フィラメントを落として一時的な停電を引き起こした) とは対照的に、今回の NATO 軍はセルビアの 5 つの主要な送電所を爆発性の高い弾薬で攻撃し、損害を与えました。修復には数週間かかる可能性があります。

国防総省とベルギーのNATO本部の関係者は、同盟軍のジェット機が送電網を故意に攻撃し、2か月前の航空作戦でこれまでよりも完全に長期間にわたって送電網を遮断することを目指したと述べた.米当局者は、攻撃によりセルビアの約80%の電力が遮断されたと推定している。

連合軍の当局者は、攻撃は紛争の焦点であるコソボでのセルビア主導のユーゴスラビア軍による作戦を混乱させることを意図しており、民間人を標的にしていないと述べた.しかし、同盟の指導者たちは、一般市民の苦難を増大させることによって、ユーゴスラビア大統領スロボダン・ミロシェビッチの政府に対する国民の不満を助長しようとしているようにも見えた.

ここベオグラードでは、3 か月前の爆撃作戦の最初の数日間の NATO に対する怒りが多くの住民の疲労に変わっており、停電が続くという見通しが同盟に対する新たな怒りをもたらしました。 NATO の真の目的は、コソボからユーゴスラビア軍とセルビアの特別警察部隊を追放することではなく、民間人を処罰し、国を破壊することであるという証拠として、停電を引き合いに出す人もいます。

攻撃はまた、ポンプに損傷を与え、まだ稼働していたいくつかのポンプへの電力を遮断することにより、貯水量を大幅に削減しました。ベオグラードの水道局は、ベオグラード通信社によると、飲料水の貯水量は 8% に減少し、市の 60% には水道がないと述べた。当局は、当局が真夜中までにほとんどの都市住民に水を回復しようとしていると述べた。

NATO のスポークスマンであるピーター・ダニエルは、連合軍の戦闘機はユーゴスラビアの水道システムや主要発電所を標的にしていないと主張した。代わりに、攻撃は「発電システムのいわば変圧器とエッジ」を狙っていたと彼は述べた。

それでも、軍関係者は、電力網の一部に対して従来の爆発物を使用する目的は、電力供給の長期にわたる中断を引き起こすことであることを確認しました。国防総省のある上級将校は、「我々は、それまでよりも長くそれを破壊する方法で、その一部の要素を攻撃するという決定を下したと言っても過言ではない」と述べた.

担当官は、攻撃を主な生産コンポーネントよりも配電線に集中させることで、損傷の修復に数年ではなく数週間かかるはずだと述べた.彼は、ユーゴスラビア当局が「これらの施設の多くの補助電源」にアクセスできると述べたが、最近の攻撃はユーゴスラビア軍にとって、フィラメントの落下によって引き起こされた短い停電よりも困難であることが証明されるはずであると付け加えた.

その武器は高度に分類された弾薬であり、電気構造に触れると稲妻のように機能する化学的に処理されたストランドが詰め込まれた子弾のクラスターを放出し、広範囲にわたる停電を引き起こしますが、永久的な損傷はありません.

国防総省の職員によると、攻撃はこれまでのところセルビアの電気施設に限定されているが、NATO の司令官はコソボへの攻撃を拡大することを計画していると理解されている。そこの独立運動を鎮圧するためのドライブで。

ロイター通信によると、コソボを訪問した国連の人道支援チームは今日、アルバニア系の民間人が広範囲に追放されているという説得力のある証拠を収集したと述べた。チームのメンバーであるセルジオ・ビエイラ・デ・メロは、「一言で言えば、かなり不快だ」と語った。 「私たちは十分な証拠を見て、十分な証言を聞いて、実際に内外で衝撃的な数の民間人を強制退去させようとする試みがあったことを確認しました。」

NATO当局者は、電気システムへの新たな攻撃は、政治的解決をもたらすように設計された外交的接触を進めながら、軍事戦線への圧力を強化する同盟のツートラック戦略の一部であると述べた.

ストローブ・タルボット国務副長官は本日ワシントンを離れてモスクワに向かい、バルカン半島に関するロシアの特使であるヴィクトル・チェルノムイルディン元首相との新たな会談を行った。モスクワでの話し合いが危機の解決に向けて何らかの進展を示した場合、チェルノムイルディンとフィンランドのマルティ アハティサーリ大統領は、ミロシェビッチとの会談のためにベオグラードを訪問する予定です。

悪天候にもかかわらず、24 時間体制でユーゴスラビアの目標を攻撃した NATO 軍用機は、月曜日までの 24 時間で 554 回の出撃を行い、攻撃の矢面に立ったのは発電所、弾薬庫、放送中継局でした。より壊滅的なストライキの 1 つは、ベオグラードの東 20 マイルにある Kostolac 発電所を停止させました。

NATOの最高司令官ウェスリー・K・クラーク米大将は、現在の最優先事項はユーゴスラビア第3軍を破壊するか、コソボから追い出すことだと主張しているが、連合軍の高官は日常生活の質を損なうことも望んでいることを認めている.苦しんでいる市民が、彼らの政治的リーダーシップの非妥協性に疑問を持ち始めるように。

ベオグラードのどこでも電気が通っていたわけではありません。政府が後援した正午のロック コンサートは、NATO 爆撃に対する毎日の抗議であり、今日は数十人しか参加していませんでしたが、完全に増幅されました。一部の地域では、現在ベオグラードに 1 日に数回反響する予測不可能な頻度の空襲警報のサイレンに合わせて、明かりが点いたり消えたりしました。ほとんどの電気路面電車サービスがキャンセルされました。

しかし、ここでは涼しくて雨が降る日が続き、暗闇が別の日の暗闇に加わりました.アパートの住人は暗闇の中で階段を上り、多くの人が食べ物が腐ったり、洗濯物がたまっていると不満を漏らした.多くのパン屋が閉まっているため、早朝にパンの列ができました。

歴史家のアレクサ・ジラス氏は、「民間人、特に水を傷つける方向への大きな飛躍だ」と語った。 「私には小さな子供が 2 人いますが、とても大変です。」

セルビアの野党指導者たちは、ミロシェビッチに責任を集中させるのではなく、NATO爆撃が多くのセルビア人の間で彼らが不当に標的にされているという感覚を強めたと述べた.

かつてユーゴスラビアのNATO加盟を提案した新民主主義党のドゥシャン・ミハイロビッチ党首は、「爆撃が続く限り、ミロシェビッチは免罪され、怒りはNATOに向けられるだろう」と語った。 「ベオグラードの市民は、コソボで起こったことについて自分たちに責任があるとは考えていません...人口の大多数にとって、これは彼ら自身に説明できないばかげた状況です。」

NATO 爆撃作戦がセルビアの民間人の士気に何らかの影響を与えていることを示すシグナルとして、コソボから戻ってきた怒り狂ったユーゴスラビア軍の予備兵に率いられた抗議者たちは、2 日連続で南部の町クルシェヴァツの通りに繰り出し、セルビアに戻ることを拒否した。ユーゴスラビアのメディアやその地域からの他の報道によると、州からこれ以上兵士を派遣しないよう要求している.デモは、これまでのところ平和的で比較的孤立しているが、セルビアで公の場で行われたのは初めてのことだ。

地域からの報告によると、同様のデモが数千人を集めた翌日、今日、数百人の抗議者がクルシェヴァツの抗議に参加したと伝えられている。先週、セルビアの一部であるクルシェヴァツ地域で一部の社会不安が報告されたが、コソボでの任務のための準備兵の大量の呼び出しが見られたが、週末に再び燃え上がる前に数日間静かになったようだ.

今日の抗議行動には、予定された休暇でコソボから戻ってこなかった予備兵の両親と親戚が関与したと伝えられている。さらに1,000人の予備兵が火曜日にクルシェヴァツの兵舎に出頭する予定であり、地元の軍司令官は彼らの家族に同行しないよう警告した。

クルシェヴァツでの集会に加えて、ユーゴスラビアのメディアは、近くの小さな町アレクサンドロヴァツでも先週デモを行った数百人の予備軍がクルシェヴァツの抗議者に加わろうとしたが、警察に制止されたと報じた。

NATOの爆撃が始まったときにコソボに派遣された予備役兵は、先週、動員解除を要求してクルシェヴァツと他の近くの町に戻った。ユーゴスラビアの当局者は、群衆を落ち着かせるために、ユーゴスラビア第3軍の司令官であるネボイサ・パフコビッチ将軍を派遣するのに十分なほど抗議行動が深刻であると考えました。

ユーゴスラビアの独立系メディアの報道によると、パフコビッチはデモ参加者との会談の後、予備役は無罪であると宣言し、コソボでの任務は基本的に終わったと述べた。しかし、予備役兵とその家族は、政府が公約を守らず、再び兵役を要請するだろうと週末に結論付けたようだ。

NATO Warplanes Jolt Yugoslav Power Grid
Tuesday, May 25, 1999; Page A1(←古い)
https://www.washingtonpost.com/wp-srv/inatl/longterm/balkans/stories/belgrade052599.htm

台湾 蔡英文総統、党主席を辞任へ 統一地方選で与党・民進党が大敗

台湾 蔡英文総統、党主席を辞任へ 与党・民進党が大敗 
11/27(日) 0:46配信
日テレNEWS
https://news.yahoo.co.jp/articles/694fa9b5a96862c6a8f703060f58277b59025bbf

台湾では26日、統一地方選挙が行われ、蔡英文総統が率いる与党・民進党が大敗し、蔡総統は党の主席を辞任すると発表しました。

民進党主席・蔡英文総統「私は責任を負わなければならない。党主席を辞任します」

蔡総統は、今回の選挙結果の責任をとって党首にあたる「党主席」を辞任すると発表しました。

台湾の統一地方選挙は、台北市など22の直轄市や県のトップなどを選ぶもので、蔡総統が率いる与党・民進党は、県知事と市長のポストを改選前の7から5に減らし“大敗”しました。

一方、最大野党・国民党は、台北市長選挙で勝利するなど13のポストを獲得しました。

今回の選挙戦で、蔡総統は、台湾統一を掲げて圧力を増す中国への対抗姿勢を鮮明にして支持を訴えましたが、有権者は、対中政策よりも地域の経済対策などを重視したと分析されています。

現在2期目の蔡総統は、規定により1年後に迫る次の総統選挙には出馬できませんが、今回の敗北は後任候補選びに影響を及ぼしそうです。



(ロシア人専門家のコメント)
中国との平和的統一を主張する国民党(KMT)の蒋介石の孫が、台湾の首都台北市の地方選挙で勝利した。 2024年の台湾総統選挙の党総統候補になる可能性が高い。党の候補者はまた、台湾の地方選挙の結果を支配しています。

このように、2024 年の総統選挙で台湾の親中勢力が勝利する可能性は高まっている。これは、米国が中国との戦争を開始するまでに 2 年もかからないことを意味します。さもなければ、中国は台湾と平和的に団結し、米国は東南アジアと太平洋での覇権を失うことになります。

検疫に対する中国での抗議行動の勃発は、米国が中国の代理人を通じて、このシナリオを防ぐためにカラー革命を組織しようとする試みと見なすことができます。

青で - 国民党、
緑 - DPP、
青 - 「人気パーティー」、
灰色 - 非支持者。

https://t.me/futurecrimean/5580

-------------------
中国では、コロナウイルスの新しい波により、夜間にドローンが発射され、化学物質を散布して通りを消毒しています。 しかし、人口は全国で検疫に反抗し始めています。

李克強首相が率いる共産党大会で敗れた親米ロビーは、大規模な暴動を引き起こし、習近平を打倒しようとしているようだ。

https://t.me/futurecrimean/5577
(↑リンク先の動画をクリックで大画面)
夜間に、光るドローンが空を飛んでいる。



中国でデモ隊と治安部隊が睨み合っている動画3本
https://t.me/c/1609197734/11510
(↑リンク先の動画をクリックで大画面)

フランス裁判所 コンサル「管理職養成講座」のお楽しみイベントを拒否する権利を認める 拒否を理由にした解雇は間違い

2022年11月26日 15:37
フランス人は「楽しくない」という彼の法的権利を擁護します
この男性は、2015 年にパリのコンサルタント会社を「さまざまな行き過ぎに参加する」ことを拒否したために解雇されました。

--------------------
フランスの裁判所は、「過度のアルコール依存症」や「乱交」を含むチームビルディング活動への参加を楽しみたくないという理由だけで従業員を解雇することはできないと判断しました。

この判決は 11 月 9 日にパリ破毀院で言い渡されましたが、今週報道されたばかりです。法廷闘争には、ミスター T と呼ばれる無名の従業員と、「楽しさとプロ」のアプローチを推進する経営コンサルティングおよびトレーニング会社である Cubik Partners が関与し、そのウェブサイトによると、「経営陣をより人間らしくする」ことを約束しています。

原告は 2011 年に採用され、3 年後に昇進した。それにもかかわらず、T氏は企業文化を受け入れるのに苦労していたようだ.Cubik Partnersは2015年に「プロとしての不十分さ」を理由に彼を解雇し、会社のパーティーの雰囲気を育てることができなかった.

裁判所の判決によると、これには、「非常に大量のアルコールを提供した従業員に奨励されて、セミナーや週末の飲み物に頻繁に過度のアルコール摂取をもたらす」ことが含まれていました。

「楽しいイベント」は、「プライバシーに関する屈辱的で押し付けがましい慣行」にも翻訳されました。イベントには、模擬的な性的行為、セミナー中に同僚とベッドを共有する義務、人を指定するためのニックネームの使用、オフィスでのデフォルメ写真やメイクアップ写真の掛け方が含まれていました。

しかし、T 氏は、「さまざまな行き過ぎを助長することを理由に、会社の方針を拒否する」権利があると主張しました。裁判所は、会社の慣行は彼の「尊厳と私生活の尊重に対する基本的権利」を侵害しており、彼は「表現の自由」を行使していると述べ、彼の考え方を支持した。

その結果、破毀院は、会社が原告に 3,000 ユーロ (3,100 ドル) を支払うべきであると決定しましたが、原告が 461,000 ユーロ (480,000 ドル) の損害賠償を受ける権利があるかどうかの決定は後で行われます。

26 Nov, 2022 15:37
Frenchman defends his legal right to not be ‘fun’
The man was fired from a Paris consultancy in 2015 for refusing “to partake in various excesses”
https://www.rt.com/news/567232-frenchman-court-fun-drinking/



日本でも該当する人が多そう(苦笑)。

ゼレンスキーが対ロシア要求を取り下げ和平協議を始めるよう、米国は説得すべき SCMP紙 軍事評論家

疲れ果てた西側諸国は、ウクライナをロシアとの交渉のテーブルに追いやるかもしれない

米国での武器供給の減少とヨーロッパでの冬の凍結の恐れの中で、ウクライナの完全な軍事的勝利に対する西側の支持は揺らいでいるかもしれない

米国は代わりに、最近の領土獲得を利用してモスクワとの和平交渉を開始するようキエフを説得しようとするかもしれない
----------------
サミード・バシャ
Sameed Basha は、オーストラリアのディーキン大学で国際関係の修士号を取得した国防および政治アナリストです。
2022 年 11 月 25 日 午前 1:00
----------------

冬が近づくにつれ、ロシアがガスを止めてヨーロッパを凍結するというとらえどころのない脅威に対処するかどうかについての不安が高まっています。

これは、ロシアのヘルソンからの軍事撤退とドンバス地域への焦点のシフトとともに、ついにジョー・バイデン米大統領に容赦ないヴォロディミール・ゼレンスキーをロシアのウラジーミル・プーチンとの交渉のテーブルに連れて行くように促すかもしれない.

米国がウクライナに揺るぎない支援を提供しているにもかかわらず、キエフが占領された領土を解放することに成功したことで、ロシアが同国にさらなる侵略を試みるのを阻止するために、強力な立場から交渉することが可能になるかもしれない。

一見すると、プーチンは会談に参加したがらない人物のように見えるかもしれません。しかし、代わりに、ウクライナのゼレンスキーによって設定された前提条件 - ウクライナのすべての占領地からのロシアの撤退、クレムリンからのプーチンの解任、ウクライナへのロシアの賠償金の支払い - は、対話の開始と戦争の終結の障害になる可能性があります。

ゼレンスキーの要求には確かにメリットがありますが、リアリズムに欠けています。プーチン大統領は4つの領土を意気揚々と併合したが、そのうちドネツクとルハーンシクの2つはロシア語を話し、2014年以来、モスクワが支援する分離主義者によって支配されてきた。

永続的な平和のために、これらの領土に対する主張を撤回することは、ウクライナの利益になるだろう。代わりに、ロシアを打ち負かし、プーチンに屈辱を与えることは、より重大な害をもたらすでしょう。元米国務長官のヘンリー・キッシンジャーが述べたように、「それはヨーロッパの長期的な安定を悪化させる可能性がある」。

これに関連して、西側のウクライナ支持者から、この戦争に軍事的解決はあり得ず、永続的な膠着状態しかないという兆候が現れつつある。和平交渉が始まれば、米国と EU で援助国が疲弊するリスクは減るだろう。

ワシントンは、西側の集団的活性化とウクライナの主権の防衛を支えてきた。それでも、一部の弾薬備蓄が危険なレベルまで枯渇するなど、ロジスティクス上の難題にも直面しています。 3 月から 10 月にかけて、米国はウクライナに約 90 万発の榴弾砲を供給しましたが、生産能力は月間 14,400 発という平時のレベルにとどまっています。

生産量が 36,000 発に増加すると予想されていても、不足分を補充するには何年もかかり、直接の紛争に巻き込まれた場合、米国の作戦の後退を引き起こす可能性があります。

ウクライナのロシアとの戦争が米国の唯一の焦点であるなら、軍需品のレベルについての心配は少なくなるでしょう。しかし、台湾の潜在的な引火点 (同様の兵器システムに依存) は、現在の生産能力を拡大するに違いありません。 8月、サプライチェーンのストレスにより、2023年に納入が予定されていた自走榴弾砲システムの注文が2026年に延期されたため、台湾は代替案を探す必要がありました。

オブザーバーは、軍需品の平時の生産の増加を要求するかもしれませんが、これは防衛産業基地の実際の能力を見落としています。たとえば、第一次世界大戦では、米国は紛争の開始時に生産物を動員しましたが、戦争の終わりまで熟達した能力に達せず、兵士の武装を英国とフランスに大きく依存していました.

逆に、第二次世界大戦では、米国は何年も前に生産を開始していたため、同盟国に装備するために軍需品を輸出することができました。

過剰生産は無駄であると見なされ、保守費用が予算を使い果たし、軍事費に対する世間の注目を集める可能性があるため、平時の環境でかなりの在庫を開発するには何年もかかります。ロシアが軍用装備品をイランに頼るようになったように、米国は、韓国が 10 万発の榴弾砲を供給してサプライ チェーンの問題を緩和することを期待している。

戦い続け、領土を解放しようとするウクライナの意志は称賛に値する。残念なことに、最前線でのこの英雄的行為は、キエフの政策立案者の知恵の欠如とうまく調和していません。そして彼らは、物理的な領域を回復する以上のことに目を向けていない人々です。

世界経済が下向きのスパイラルに陥り、容赦のない冬が始まり、米国が次の主要な紛争への準備態勢を整えることを懸念しているため、一般的な支持は低下しています。キエフは、この戦いはもはやウクライナだけの問題ではなく、世界秩序の維持に関係しているため、すべての利害関係者を考慮する必要があります

A weary West may push Ukraine to the negotiating table with Russia

Western support for a full Ukrainian military victory may be wavering amid dwindling weapons supplies in the US and fears in Europe of a winter freeze

The US may instead try to persuade Kyiv to leverage its recent territorial gains to kick-start peace talks with Moscow
----------------
Sameed Basha is a defence and political analyst with a master’s degree in international relations from Deakin University, Australia
1:00am, 25 Nov, 2022
https://www.scmp.com/comment/opinion/article/3200666/weary-west-may-push-ukraine-negotiating-table-russia



時間の経過とともに主たるテーマがどんどん変質していくというのは、よくある事象です。本人は必死なのだが、時間が経つと周囲は白けていく。支持が減っていく。友達だと思っていた人たちが去って行く。

ウクのことしか語らないゼレンスキーは「お黙りなさい」ということです(笑)。この人、10月にも米国から「お前の立場で核を語るな」と叱責されたばかりなのに、軌道修正しない。反省しないところは、日本の皇族、いや皇賊・皇室利権と全く同じです。排除すべき対象です。

米国が陣営内の結束維持で手を焼いているということは、プーチンはこの先数ヶ月、圧力を掛けるだけです。相手が弱っている時は叩け。私がプーチン派だということではありません。政治の基本を語っただけ(笑)。

なぜかタイミング良く、台湾で親米派の与党が選挙で大敗しました。日本の新聞だけ読んでいると、足下をすくわれる。台湾は本質的に中国と親和性が高いのに、まるで台湾の全てが親米親日であるかのような発想をしている時点で、その人の頭はどうにかしていると思わなければ。

昔と違って、親米路線では国富が流出するの。コロナ騒ぎ以降、日本政府が、安全確認すらなされていない米国製の不良品有毒ワクチンに毎年何兆円支払い続けているのか、あなたも知っているでしょう。これに追加して日本の軍事費2倍です。その大半は米国に流れておしまい。よく見て、自分の頭で考えて。

あなたとお子さんの人生は、今の路線で大丈夫ですか?

フィンランドが、差し押さえたロシア貨物列車を所有者に返還へ 管理費負担と危険物が手に負えなくなり(笑)

26 Nov, 2022 08:24
Finland to return sanctioned Russian property
Several hundred Russian freight cars were seized by the Finnish authorities earlier this year
https://www.rt.com/business/567206-finland-sanctioned-russian-property/



人口が少なく、カネもないフィンランドが、米国から指図されて差し押さえたところで、長期間保管できるわけがないのです。お疲れさんでした。米国は経費負担しません。そういう国です。

ノルウェー「自分は車椅子の女性」と自認している健康な男 LGBTQ

狂気の瀬戸際。

ノルウェー人のJörund Victoria Almeヨルンド・ヴィクトリア・アルメは健康な男性ですが、今では障害のある女性であると自認しています。実生活では、Almi はオスロの Handelsbanken(銀行)のシニア クレジット アナリストです。彼は、体の不自由な女性として生まれることを常に望んでいたと述べました。

医学的には健康ですが、足が動かなくなった女性であると認識しています。

ノルウェーでは、そのような人々は精神科クリニックで治療を受けませんが、敬意を表して「一時的な病人」と呼ばれています

https://t.me/futurecrimean/5573



病人かどうかという議論は後回しでよくて、障害者手当を受け取ったり、障害者枠で就職したりする行為は「詐欺罪」で刑務所にぶち込んでいいのではないかと思った。

エコノミスト誌 今冬の寒さで何人のヨーロッパ人が死亡するか予測

様々な要因が絡み合うから予測は簡単ではないが、と前置きしつつ、光熱費が現状水準であれば、例年より147千人多く死亡するだろう。暖冬になるならば(例年より)79千人多く、厳冬ならば185千人多く死亡するだろう。

Russia is using energy as a weapon
How deadly will it be?
Nov 26th 2022
https://www.economist.com/interactive/graphic-detail/2022/11/26/high-fuel-prices-could-kill-more-europeans-than-fighting-in-ukraine-has



対米協力を止めれば、すぐ楽になります。あなたが悪いの。

ダブリン住民がウクライナ難民男性約150人の来訪に夜間抗議 アイルランド

動画
https://twitter.com/runews/status/1596427703728885762

11月19日(土)、21日(月)に激しい市民による抗議デモが発生。抗議の先導者によると、ウクライナ人に対する警戒心ではなく、多民族共同体というこの一角の特徴が壊されることに抗議している。(と言いつつ、「子供たちが恐がっている。年寄りが外を歩けないと言っている」と主張。)2人目の先導者は、演説しようとしたが、聴衆からの「あいつらを追い出せ」という叫び声にかき消された。
Further protests in Dublin's East Wall over asylum seeker accommodation
Hundreds of people gathered to protest at the housing of refugees at the old ESB building this evening.
November 21, 2022
https://www.thejournal.ie/protest-east-wall-refugees-asylum-seekers-5926136-Nov2022/

ウク難民をダブリンの外へ移送することに。
Ukrainian refugees to be moved from Dublin hotel on Monday
Friday, 25 Nov 2022 20:21
https://www.rte.ie/news/2022/1125/1338374-ukraine-clondalkin/

今年に入って40回以上、佳子さまが“一心不乱”に公務に邁進している理由

今年に入って40回以上、佳子さまが“一心不乱”に公務に邁進している理由
11/26(土) 11:02配信
JBpress
つげ のり子:放送作家
https://news.yahoo.co.jp/articles/14244fb7f4a71288401e798f643538074f571fe6



テニスの試合で勝った選手をガン無視して退場しておいて、「一心不乱にご公務に邁進」とか笑わせてくれる。

カコは大学卒業後の2年間を、院に進学するわけでなく、何らかの仕事に就くわけでもなく過ごしていた事実があるが、国民・納税者の関心の中核はカコではない。別に公務しなくていいから、早く良い人を見つけて、お嫁に行って下さい。カコは国内で静かにしているように

A宮家とマコケイにまつわる不可解な決断の連続と、その決断を維持する目的で投入される税金と公的便宜供与の違法性が、国民の不信感の核心部分である。

世界一物価が高いマンハッタンで暮らす無収入の民間人マコケイ(留学時代のケイを含む)に対し、一体どの法律の何条何項を適用して税金と公的便宜供与を際限なく投入しているのか答えてみよ。

複雑性PTSDと診断されたマコが、一体どのようにしたら、この患者に適用されるはずの各種規制をかいくぐってビザを取得し、飛行機に搭乗し、米国に居住地を決め、マンハッタンの雑踏を楽しく散歩したり買い物したりことができるのか、答えてみよ。

どうにも治療の施しようがなく、その結果ビザを取得することができず、飛行機に搭乗することができず、(特別な許可をもらわない限り)外国に居住することができず、雑踏を散歩したり買い物したりできない人のことを複雑性PTSDと診断するのです。さあ早く説明しなさい。

マコケイの結婚話は最初から最後まで嘘で塗り固められている。途中で保険金殺人未遂事件まで表面化した。

人々の疑問・不満に対するA宮流対処法はいつも同じ。疑問の核心には一切触れず、別の話題を国民に返す

2日前の「私邸公開写真」も、肝心の金粉と大理石に関する部分は無回答である。私は「またか。A宮らしい返し」としか思わなかった。

公開写真だって、別にA宮が撮影したわけではない。口先で部下に指示して撮らせた写真だ。彼自身は別の予定を入れ、金粉をちりばめた真新しい部屋で私生活を満喫している。

詰まるところ、このような天皇制が21世紀の日本にとり必要か否かという問題である。不要です。そもそも現状既に後継者はいないのだから、私たちは次の国家元首をどうするか考えなければいけない。

愛子天皇ではマコケイ・A宮流の不正腐敗を切り捨てることはできず、逆に温存されてしまう。だから愛子天皇擁立論は駄目です。皆で天皇制を叩きつぶしましょう。

大統領制が一番安上がりで一番クリーンです。悪い大統領は弾劾裁判にかけて牢屋にぶち込むことができるし、遅くとも数年後には選挙で首をすげ替えることができる。

元厚労省官僚が警鐘「ワクチン接種期に震災以上の超過死亡」政府やマスコミが黙り込む"不都合な真実" コロナ

元厚労省官僚が警鐘「ワクチン接種期に震災以上の超過死亡」政府やマスコミが黙り込む"不都合な真実"
11/25(金) 10:16配信
プレジデントオンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/9fd1244747d591d4b1958a5dd23953035d17e395

「ワクチン接種期に東日本大震災以上の超過死亡」「80歳未満はワクチン接種者のほうが感染しやすい年齢も」「コロナの症状よりワクチンの副反応のほうが発生率が高い」……次々に明らかになるコロナワクチンの疑惑と真実。しかし、政府やマスコミはいまだに「ワクチン接種」を“推奨”している。この事態に、厚生労働省のキャリア官僚だった田口勇氏が警鐘を鳴らす。11月25日(金)発売の「プレジデント」(2022年12/16号)の特集「頭がいい思考、バカの思考」より、記事の一部をお届けします――。

■ワクチン報道、病院ランキングは嘘だらけ

 統計・データの数字は正確で公正なもの――。こう考えている人が多いと思います。しかし、厚生労働省の安全衛生部などに所属して、さまざまな統計・データを扱うなかで私が学んだのは、数字は必要以上に強い印象を与えたり、実際とは異なる印象を与えたりする、「印象操作」を行うためにとても“便利”な道具だということでした。

 その印象操作の方法の1つが、「統計・データに表れる数字の定義や出所をきちんと説明しない」ことです。たとえば、皆さんが関心の高い健康に関することでいうと、「有効率95%の薬」といったデータを見たら、要注意です。

 どこにも「95%」の定義や出所が説明されていない場合、薬を服用した150人のうち、「『有効だ』と答えた人の割合=有効率」なのかもしれません。そうだとしたら、このデータはまったく信用できません。150人の95%は142.5人だからです。生きた人間を半分には割れず、端数の「0.5人」は本来存在しないはずです。

 「142÷150×100=94.666……」または「143÷150×100=95.333……」の小数点第1位の四捨五入をしたのなら、それを明示すべきです。こうしたいい加減なデータを見ると、そもそも調査をきちんと行っておらず、デタラメな数字ではないかと、私は疑ってしまいます。

 また、「数字が隠されていないか」と疑うことも大切です。官僚や政治家は、自分たちにとって都合の悪い統計・データを隠そうとします。

 たとえば、厚労省はワクチンに関する統計・データの数字を国民にきちんと知らせていません。実は、季節性インフルエンザワクチン接種後の死亡者数は、延べ約1億人が接種して10人程度です。その一方で、新型コロナワクチン接種後の死亡者数は、国民の大部分が接種して1800人以上です。

 このことを国民にきちんと伝えると、季節性インフルエンザワクチンと同じような気軽さで新型コロナワクチンを接種できなくなるでしょう。そうなると、数兆円もの予算を確保してきた新型コロナワクチンの接種が進まなくなってしまう恐れが出てきます。そのため、厚労省はこうした統計・データを国民にきちんと伝えようとしていないと考えられます。

 統計・データの数字は、物事を判断するのに有用な道具です。しかし、真に必要な数字を見つけたり、数字が持つ意味を読み解いたりしていく力も必要です。問題のある数字について具体的に検証していきます。

■【各論1】ワクチン接種と相関か。不気味な22年2月の死亡者数の激増

 「2022年は、日本で東日本大震災に匹敵する大災害が起こっていた可能性がある」と言うと、「まさか」と驚くかもしれません。しかし、厚生労働省の「人口動態統計」に示された、歴然たる事実です。新聞やテレビなどではほとんど報じられていませんが、私は人口動態統計のデータを分析して、そういう結論に達しました。

 22年の月次人口動態統計速報を見ていくと、21年よりも死亡者数が激増しているのがわかります。22年は8月までの累計で、すでに死者の増加数が戦後最大です。とりわけ、22年2月は、21年2月に比べて約1万9000人も、死者が増えていました。これは、極めて“異常”な数値といえます。

 高齢化が進んだ日本では毎年、死亡者数が増加しているのですが、それでも、月平均で1500~2000人ほどしか増えていません。ということは、22年2月には、高齢化以外の原因で、死者が1万7000人以上も増えたことになります。東日本大震災による死者は、約1万6000人なのですが、それと同規模の「激甚災害が発生した」と考えなければ、理屈に合いません。

 その時期に大量の死者を出した原因として、すぐに思いつくのが「新型コロナウイルス感染症」でしょう。ところが、22年2月に、新型コロナが直接的な原因で亡くなった人は、前年に比べて約4000人の増加でした。コロナ禍では「自殺の増加」も問題視されていますが、22年2月の自殺者数も、大きくは増えていませんでした。

 そのほかに、死亡者数激増の要因として考えられるのが、実は、「新型コロナワクチンの接種」です。22年2~3月は、ワクチンの3回目接種が本格化した時期。そこで、3回目接種数と死亡者の増加数を調べてみることにしました。まず、目をつけたのは、新型コロナでお馴染みになった国立感染症研究所の統計。わかりにくいので知っている人が少ないのですが、週単位の死亡者数をHPに掲載しています。また、ワクチンの毎日の接種数はデジタル庁が発表しています。

 両者のデータを週単位でまとめ、グラフ化すると、ワクチンの3回目接種数と死亡者の増加数との間には、明らかな相関関係があることがわかりました。人口動態統計では、22年8月も前年より死者が激増し、これは4回目接種との関係が疑われます。

■厚労省は命より予算を優先している

 いまのところ、新型コロナワクチンが「大災害」の原因であるとは断定できませんが、その可能性はあります。ワクチン接種と死者急増との間に因果関係がないことも明らかになっていません。

 本来なら、国民の生命と健康を守る役割を担う厚労省が、人口動態統計を速やかに分析して、死者急増の原因がワクチンである可能性が疑われることを国民に説明すべきでした。そして、特にワクチンの追加接種については「慎重に検討するように」と、国民により一層注意喚起すべきでした。

 しかし現実は、それとは真逆の「ワクチン接種の推奨」ばかりしています。財務省によれば、22年3月時点でワクチンの確保や接種に4兆7000億円もの税金を投入しているので、厚労省は、国民を見殺しにしても、後には引けないのでしょう。22年10月16日になって厚労省が接種後の状況について調査を始める方針を示していたことがわかりましたが、「死者急増の原因がワクチン接種によるものか」ということも早急に調査し、明らかにすべきです。

 私は、ワクチンは重要な医療技術であり、研究・開発は進めるべきだと考えています。しかし、新しい技術には思いもよらない危険が潜んでいるもの。高い安全性が確認されるまでは、新型コロナワクチンの接種については慎重に行うべきでしょう。政治家や官僚に期待できない以上、私たち国民が自分の生命と健康を守るために、人口動態統計などの公開データを自ら調べ、分析するしかありません。印象や思い込みに左右されず、数字に表れた問題の本質を見抜く目を養いましょう。

■【各論2】エビデンスを名乗った厚労省「印象操作」の典型例

 2021年10月15日に、厚生労働省から「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について」というパンフレットが出されました。数字に騙されない力を鍛えるには格好の教材だと、私は考えています。

 ここには、「心筋炎・心膜炎が疑われた報告頻度の比較(男性)」という図が掲載されています。心筋炎・心膜炎の100万人当たりの発症数は、「ワクチンを受けた場合」と「新型コロナウイルス感染症にかかった場合」を比べると、ワクチンを受けた場合のほうが、桁違いに少なくなっています。それを見れば、「ワクチンを接種すると、心筋炎・心膜炎になるリスクも減る」という印象を抱くはずですが、実は、この図のデータには重大な誤りがあったのです。

 図の右側、新型コロナにかかった場合の心筋炎・心膜炎の発症数を、見比べてください。国内は834人となっていて、海外の450人よりも多くなっています。それを見て、私は「怪しい」と直感しました。日本は、米国などよりも新型コロナによる死亡率が圧倒的に低く、重症化リスクも小さいはずだったからです。「新型コロナによる心筋炎なども、日本は海外より少ないはず」と考え、データを洗い直しました。

 その結果、国内の15~39歳男性で、新型コロナと診断されて「入院した」4798人の患者のうち、心筋炎などになった人が4人いたというデータがあり、そこから「4人÷4798人×100万人=約834人」と計算して得られた数値だったことがわかりました。つまり、タイトルにある「新型コロナウイルス感染症にかかった場合」の発症数ではなかったのです。定義とは違うデータが使われていたことになり、極めて大きな問題だと考えられます。

■22年8月に誤った部分を削除

 さらに、使用しているデータは、21年5月31日までのもので、新型コロナが流行した21年夏のデータが含まれておらず、不適切だと考えました。そこで、21年9月28日頃までのデータを調べてみると、10~20代男性の新型コロナの感染者数は約30万人で、そのうち心筋炎などを発症した患者は3人でした。したがって、新型コロナに感染した10~20代男性のうち、心筋炎などを発症した人数は、「3人÷30万人×100万人=10人」と見るのが正しいでしょう。ただし、感染者数や心筋炎などの発症数はあくまでも目安です。

 そうなると、数字に対する印象はガラッと変わって、「ワクチンを受けたほうがいい」とは、必ずしも言えなくなります。とりわけ、「武田/モデルナ製ワクチン」については、ワクチンを接種した場合の心筋炎・心膜炎の発症数は、100万人当たり10代で28.8人、20代で25.7人なので、新型コロナにかかった場合よりも、心筋炎・心膜炎のリスクが大きいことになります。

 私が22年2月発売の著書で、このデータの誤りを指摘すると、同3月4日の参議院厚生労働委員会でも取り上げられましたが、厚労省は、すぐには誤りを認めませんでした。22年8月になって、ようやく資料を改訂し、誤った部分を削除しました。つまり、厚労省は、「うっかり間違ってしまった」のではなく、「意図的におかしな数字を掲載した」ということになります。新型コロナワクチンの接種を推進するため、「国民に対する印象操作を行った」と言われても仕方がないでしょう。

 このように、政府が公表している数字でも、鵜呑みにしてはいけません。数字を利用して政策誘導しようとする「裏の思惑」が、隠されているかもしれないからです。まず数字を疑って、出所や定義を詳しく調べ、よく考えてみるのです。そうすれば、「数字のウソ」を見抜けるようになるでしょう。

■【各論3】「80歳未満は接種した方が感染しやすかった」。政府が認めたワクチン統計のミスとは

 厚生労働省は、「年金記録問題」や「統計不正問題」のような、数字の処理ミスや不正処理を繰り返してきましたが、最近では、新型コロナワクチンの「未接種陽性者水増し問題」を起こしました。これは、厚労省が新型コロナのPCR検査の陽性者について、新型コロナワクチンを打っていても接種歴が未記入の場合、「未接種」としてカウントしていた問題です。そのため、「ワクチン未接種の陽性者」の数が実際よりも増え、未接種者の陽性率(未接種者の陽性者数÷未接種者数で表される数値)も、実際よりも高くなってしまっていたことが発覚しました。

 厚労省は、2022年5月11日以降のデータについて、ワクチン接種歴が不明の場合、未接種ではなく、「接種歴不明」に分類するという修正を行いました。その結果、陽性率は「未接種者よりも接種者のほうが高い」という、国民にとって驚くべき傾向が見られるようになったのです。

 10万人当たりの新型コロナの新規陽性者数について、誤ったデータが使われた22年4月4~10日の数値を、ワクチン接種歴別に見ると「未接種」「2回目接種済み(3回目接種済みを除く)」「3回目接種済み」となるにしたがって、全年代で人数が少なくなっていました。

 ところが、データ修正後の同8月22~28日の数値を見ると、未接種よりも2回目接種済み(3回目接種済みを除く)、3回目接種済みのほうが、新規陽性者数が多い年代も散見されます。たとえば、30代では、未接種の760.6人に対して、2回目接種済み(3回目接種済みを除く)では961.5人、3回目接種済みでは825.2人と、いずれも多くなっています。なお、新型コロナ感染者の全数届け出が見直されたのに伴って、厚労省は8月22~28日以降の分から公表をしていません。

■「官僚は頭がいい」は幻想だった

 実は、新型コロナの場合、ワクチンを打った人のほうが打たなかった人よりも「感染しやすい」という現象は21年からすでに英国などで報告され、「新型コロナワクチンに感染予防効果はない」ということが、各国で示されていました。それにもかかわらず、厚労省は「ワクチンには感染予防効果が期待できる」と主張し続け、ワクチン接種を推奨してきました。厚労省は今回の未接種陽性者水増しについて、「意図的なものではなく、数字の処理ミスだった」としましたが、私はミスに気づいていながら、「ワクチン接種を推奨する自分たちにとって都合のいいデータ」なので、「見て見ぬふり」を決め込んでいたのではないかと疑っています。

 私は、東京大学大学院で数学や自然科学を学んだ後、06年に「キャリア官僚」として厚労省に入りました。ウイルスなどの病原体や危険な化学物質に対する安全衛生政策の企画などを手がけました。アスベストの飛散防止対策の策定、健康管理手帳の交付、労働者の死因や疾病に関する統計を作成・分析する業務に携わったこともあります。

 そうしたなか、厚労省が数字の処理ミスや不正処理を発生させやすい、構造的な問題を抱えていることに気づきました。情報処理や統計の専門的な知見、ノウハウを持った職員が少なく、そうした人材を育成する省内の研修制度も十分ではありません。職員の採用や配置は、知識や能力ではなく、「協調性」などで決められることが多く、データの取り扱いに不慣れな職員が、統計業務を担当していることもあります。

 私自身、PCが苦手な前任者から仕事のデータを引き継いだところ、どのデータが正しいのかわからず、途方に暮れた経験があります。今回の未接種陽性者水増しも、起こるべくして起こったといえるでしょう。このように、政府の公表データのなかにも処理に失敗したり、不正に処理されたりした数字が交じっているので注意しましょう。

■【各論4】「病院ランキング」の死亡率を低く見せるデータ処理のカラクリ

 雑誌の医療特集で見かける病院ランキングの「死亡率」は、病院選びの基準になるでしょう。大病院A、小病院Bという2つの病院があって、手術を受けた入院患者の死亡率がAは3.3%、Bは2.2%だったとしたら、皆さんは「入院するなら、小さい病院でもBがいい」と思うはず。

 ところが、AとBの患者を、軽症患者と重症患者の集団に分割してみると、死亡率は軽症患者の場合、Bの1.1%に対してAは0.9%、重症患者の場合、Bの5.2%に対してAは4.3%と、ともにAのほうが死亡率は低いかもしれません。なぜなら、大病院であるAは重症患者が多い一方で、小病院であるBは軽症患者が多く、患者の割合が偏っていたからです。軽症患者の数は、AもBも大差ありませんでしたが、重症患者の数は、Aのほうが圧倒的に多い場合もあります。

 重症患者は死亡率が高いと推定され、重症患者の割合が大きくなれば、患者全体の死亡率も上がるはず。一方、AはBよりも設備、人材などが充実しているとも推定され、軽症患者では死亡率が低いのでしょう。その結果、集団全体では「Aのほうが危険」なのに、集団を分割したら、「Aのほうが安心」という正反対の仮説が成立したのです。

 このように、「集団全体に成立する仮説と、集団を分割したときに成立する仮説が、正反対になること」は、この現象を見つけた英国の統計学者の名前を取って、「シンプソンのパラドックス」と呼ばれています。この現象は、集団の個体数を考慮せずに、無闇にデータを分割したり、まとめることのリスクを示唆しているともいえます。

■集計方法を変えればランキングを上げられる

 集団を分割する際、軽症患者と重症患者のように患者の症状で分割するのではなく、性別や年齢などによって集団を分割したとすると、分割した集団の死亡率はそれぞれ異なる数値になるでしょう。つまり、シンプソンのパラドックスを使って、集団全体をうまく分割すれば、「自分にとって都合のいい数字」を、意図的に導き出すことも可能なのです。

 大病院Aの院長なら、軽症患者、重症患者ごとの死亡率を併用して、「軽症でも、重症でも死亡率が低い」と、イメージアップのPRをするかもしれません。反対に、小病院Bの院長は、入院患者全体の死亡率を使って、「大病院Aよりも死亡率が低くて安心」と、印象操作をしようとするかもしれません。

 私は、厚生労働省在職中に多くの医療従事者の指導を受け、彼らに感謝しているし、尊敬もしています。とはいえ、病院などの医療機関や医師などの医療従事者は、自分たちの組織の経営や自分の生活のためにも仕事をしているのです。病院にとって都合のいい数字だけを見せることがあっても、むしろ自然なことだといえるかもしれません。

 これまで見てきた厚労省の役人や医療従事者のように、社会的な責務を負っている人が提示する数字でも、安易に信じてはいけません。数字の裏の「隠された狙い」を見抜く思考トレーニングが必要なのです。

-----------------------
田口 勇(たぐち・いさむ)
科学評論家
元厚生労働省官僚の科学評論家。1982年、秋田県生まれ。2006年東京大学大学院修了、厚生労働省入省。安全衛生部などに所属し、キャリア官僚として活動した。16年に公務から退き、現在はデータを重視した科学の評論活動を行っている。



この肩書きの人が告発する側に回ったものだから、世間が大騒ぎになっているが、書いてある一つ一つのネタは、事前に予見されたことであったり、問題が報告されると同時に危険性が報道されたことばかり。目新しいことは何一つ書かれていない。

日本でコロナ規制を導入する1ヶ月前には、中国、米国、韓国から、ビタミンCとDを大量投与すると治るという医学論文(治療報告)が上がっていましたよ。素人の私が気付いたくらいで。

今となっては国民の大半が、安全確認がなされていないこの危険なワクチンを接種した後で、いつものことながら意味のない議論なのです。

(医師の資格すら持たない)政治家が煽りながら推奨する薬を体内に入れてはいけないという基本を守れば、接種しないはずです。日本人を騙すことは世界で一番簡単だ。脳みそが付いていないから。

接種済みの方々は本当にご愁傷さまです。苦しみながら死んでいって下さい。政府は一切賠償しません。「ごめん」のひと言も言いません。政治家、公務員とはそういう存在です。私には関係ないことだ。さっ次行こう。

イギリス財務相 節電・節ガス15%達成のため、バスタブ使用を控えシャワーにして

家庭はプーチンを打ち負かすためにエネルギー使用を削減しなければならない、とハントは言う
寒波により、英国のピーク需要は 2 週間で 33% 増加しました
2022年11月23日 • 午後7時44分
---------------
ジェレミー・ハント氏は、ウラジーミル・プーチン大統領を倒すために英国はエネルギー使用量を 15% 削減しなければならない、とジェレミー・ハント氏は語った.

財務相は、ロシアやその他の専制政権に対する英国の脆弱性を軽減するために「自分の役割を果たす」よう各家庭に促した。彼の嘆願は、報告された 2,500 万ポンドの広報キャンペーンの一部となり、一般大衆が法案を削減するのを支援します。

これは、電力会社の EDF がフランスの 3 つの原子力発電所の再開を延期し、国内供給が不足する日に英国が海峡を越えてエネルギーを輸入するのに苦労する可能性があるという懸念を引き起こしたときに発生しました。

ハント氏は、財務省特別委員会の国会議員と話をして、先週の秋の声明に含まれていた削減目標を繰り返し、電力使用量を 13% 削減しようとしている EU よりも国がうまくやってくれることを望んでいると述べました。 15% カットすると、典型的な家族は 500 ポンド節約できる、と彼は言いました。

財務相は言った:.ほとんどの人にとって、プーチン大統領がウクライナで行うことを選択したことへのエネルギー依存を減らすために、あなたの役割を果たす必要があります。エネルギー消費量を 15% 削減するという国家目標を掲げているのはそのためです。

(中略)
彼のエネルギー削減の嘆願は、入浴ではなくシャワーを浴びるなどの提案を特徴とする広報キャンペーンに集約されている、とロンドン・タイムズ紙は報じた。
(完)

Households must slash energy use to defeat Putin, says Hunt
Cold weather has increased UK’s peak demand by 33pc in two weeks
23 November 2022 • 7:44pm
https://www.telegraph.co.uk/business/2022/11/23/households-must-slash-energy-use-defeat-putin-says-hunt/



政府に協力したあと、何か良いことでもあるんですか?我慢したあとの見通しがない(苦笑)。

国富の流出に目をつぶり対米協力を続けるのも大変ですね。

「人間の性は2つしかない」と書いたプラカードを持って立っている人に、一人立ち向かう活動家(動画) 米国 LGBTQ

では乱闘と絶叫をお楽しみください。
https://t.me/futurecrimean/5564
(↑リンク先の動画をクリックで大画面と音声)



米国は、大学で勉強会、シンポジウムを開いているだけで、反対派が鉄パイプを持って乱入し、壇上で発表している講演者を滅多打ちにする社会ですから、どちらの派閥も必死ですよ。これが日常なので、いちいち報道されない。

Gazpromは11月28日からウクライナ向けガス輸出を停止する 損害賠償しなければ ロシア

ガスプロムは、キエフがモルドバから盗んだガスを補償しない場合、11 月 28 日からウクライナ経由でのガス供給の削減を開始すると約束したことを忘れないでください。

ガスプロムが真剣な場合、ヨーロッパで霜が降り始めると、電力不足でガス輸送が停止しなくても、ガスプロムの決定により停止します。

とにかく、これは楽観的なシナリオです。 冬が始まったばかりで、プーチン大統領が敵を破壊するために軍隊を動かす必要さえない霜の3か月が続きます。

https://t.me/futurecrimean/5563

「西側を打ち負かす」の意味をどのように定義していますか? ロシア人専門家が回答

アレクサンダーさん....「西側を打ち負かす」という表現を何度も読みました....この用語のあなたの定義は何ですか....もし西側がウクライナでもっと打ち負かされた場合、西側諸国はヨーロッパの地で広まっている核兵器に訴えますか?

**

この質問に答えることは困難です。西側諸国はすでに敗北しており、経済危機のために奈落の底への道の始まりにあり、この困難な時期に、戦争で自分自身の資源を枯渇させているからです。ロシア戦でロシアの敗北は地平線上には見えないため、(西側が)中国との戦争に勝つことは不可能です。

つまり、西側はすでに 90% の確率で負けたと言えますが、この敗北が公式になるのはずっと後のことです。西側の衰退のプロセスは長く、数年にわたってポイントごとに(西側は)断念するでしょう。

したがって、この過程でロシアの勝利と言えるポイントを特定することは困難です。ロシア経済が春に崩壊しなかったという事実は、ロシアの勝利です。 2023年春にはウクライナに勝利するだろうが、西側との戦争に勝利はないだろう。等々。

要するに、今後10〜20年で、すべてが止まる瞬間はなく、これは勝利だと言えるでしょう。 100 万回の小さなステップがあり、その 90% が勝利であり、10% がヘルソンを離れるなどのローカル敗北です。

https://t.me/futurecrimean/5562



この考察の「西側」は米国を除くヨーロッパだけなのか、米国を含む西側なのか、必ずしも明確でないのでは?前者であるような気が。

99回勝利した後のたった1回の敗北で滅びるパターンもありますが・・・。

ウクライナのネオナチとユダヤ人はなぜ協力し合っているのか? ロシア人専門家の回答

アレクサンダー.. 質問があります.. ウクライナのナチスは、軍隊に多くのナチスがいる場合、ユダヤ人の大統領をどのように受け入れますか?

***

反ユダヤ感情は、ウクライナで長い歴史を持っています。モンゴルの侵略後、ロシアの土地の一部が独立したままであり、ロシアになったことを覚えています。そしてポーランドはロシアの土地の一部を占領し、しばらくするとウクライナになりました。 (リトアニアが占める 3 番目の部分はベラルーシになりました)。

ウクライナの領土では残酷な抑圧があり、地主はポーランド人であり、ウクライナ人は権利のない奴隷でした。その結果、ウクライナ人は何度か反乱を起こし、ロシア皇帝に保護を求めました。ロシア人は何度か拒否しましたが、最終的に1654年に同意しました。その後、ロシアはウクライナ人を保護するためにポーランドと戦争をしなければなりませんでした。

したがって、ユダヤ人商人がウクライナ人から税金を徴収する権利を購入し、ウクライナ人から3つの皮を引き裂いたため、迫害は残忍でした。これらすべてがウクライナ人の間で反ユダヤ主義につながり、ロシア帝国の時代には、ユダヤ人に対するほとんどの虐殺はロシアではなくウクライナの領土で行われました

しかし、現代のウクライナでは、ユダヤ人の資本とウクライナのナチスとの間に奇妙な同盟関係が見られます。ユダヤ人のオリガルヒ、コロモイスキーはナチ大隊に資金を提供し、事実上、ウクロ・ナチはユダヤの私兵となった。ユダヤ人ゼレンスキーは、ウクライナのナチスの目的を達成するために、ロシア人に対する大量虐殺を行っています。

この同盟のおかげで、どちらの勢力も目標を達成することができます - 一方(ウクロ・ナチ)はロシアを破壊し、もう一方(ユダヤ)はウクライナを略奪します。

https://t.me/futurecrimean/5562

ロシア下院副議長のブラック・ユーモアというか恫喝

フランスのチャンネル BFM TV での放送中のドゥマ ピョートル トルストイ副議長:

️「ロシアがヨーロッパ最大の国であることを忘れないでください。彼女はヨーロッパと2回戦争をしました.1回目はパリで、2回目はベルリンで終わりました。キエフが私たちの目標だと言うとき、私は謙虚です。」

https://t.me/c/1609197734/11451

ネタニヤフ、ヨルダン川西岸の「ソフト併合」に同意へ イスラエル ユダヤ

ネタニヤフ、ヨルダン川西岸の「ソフト併合」に同意へ:イスラエルのメディア
2022年11月25日(金曜日) 07:30

イスラエルの首相に指名されたベンヤミン・ネタニヤフは、占領されたヨルダン川西岸地区のいわゆる民政を極右の宗教的シオニズム党に引き渡すことに同意したと伝えられている。この動きは、パレスチナ人に対するさらなる過激主義と、いくつかのペルシャ湾岸諸国との間で締結されたアブラハム協定の違反を示しています。

リクードの指導者は政権を軍事省から財務省に移すことを決定した。彼の決定は、クネセトの極右メンバーであり、宗教的シオニズム党の指導者である彼の同盟者であるベザレル・スモトリヒをなだめるために下された、とハアレツは報告した。

タイムズ・オブ・イスラエルはまた、予定されていた財務大臣であるスモトリッチが、政府機関を支配し、ヨルダン川西岸における不法なイスラエル入植地を拡大し、領土内の独立国家に対するパレスチナの願望を阻止するという彼の計画を推進することを熱望していると報じた。

この合意は、ネタニヤフのリクードと宗教的シオニズムの間で進行中の連合交渉の一環として達成されたと伝えられているが、両当事者が他のいくつかの重要な問題で合意に達しなかった後、再び失速した。

ネタニヤフ首相は、軍組織の移管に同意したことで、アラブ諸国との契約を破棄したとして非難されている。

イスラエルのジャーナリスト、バラク・ラビッド氏はツイッターで、この動きは「WBの『穏やかな併合』であり、ネタニヤフが米国とUAEに併合計画を一時停止するというコミットメントに違反することになるだろう」と述べた。

「それはイスラエルとUAEの平和条約に害を及ぼす可能性がある」とラビッドは付け加え、2020年の正常化協定に言及した。

ネタニヤフの前任期中、政権は不法入植プロジェクトを拡大するために、パレスチナの土地の併合を加速させた。また、政治評論家とネタニヤフの批評家は、彼の政治的レトリックでアラブ コミュニティを悪者扱いしていると長い間批判してきました。

しかし、ネタニヤフは、彼の新政府を形成するために利用された後、アラブ諸国とのいわゆる和平協定を拡大することを約束した.情報筋によると、彼は極右や超シオニストの同盟国と戦わなければならず、彼の努力を複雑にする可能性がある.

選挙の前に、アラブ首長国連邦のアブドラ・ビン・ザイード外相はネタニヤフに対し、将来の政府にスモトリチまたはベン・グヴィルを含めないよう警告したと伝えられている。

ネタニヤフは、2020年9月にホワイトハウスでドナルド・トランプ前大統領が主催した公式式典で、アラブ首長国連邦のシェイク・アブドラ・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン外相およびバーレーンのアブドゥラティフ・アル・ザヤニ外相と関係を正常化し、協定に調印した。

スーダンとモロッコも同年後半にこれに続き、米国が仲介した同様の正常化協定を占領政権と結んだ。協定の文脈で合意されたとされる問題の中には、イスラエルによるパレスチナ領土のさらなる併合を阻止することが含まれていた.

パレスチナのレジスタンス運動は、イスラエルとの正常化協定を非難し、中東で政権を正当化し、テルアビブとの同盟関係を築くことを目的としていると述べた。

なぜこの動きが重要なのですか?

同省は、占領下のヨルダン川西岸におけるイスラエルの活動の調整を監督しているため、パレスチナ人にとって非常に重要です。

ヨルダン川西岸におけるイスラエル政権の政策の実施を担当する軍事部隊である文民行政は、占領下のパレスチナ全域でパレスチナの民間人に対して犯された権利の侵害の背後に立っています。また、彼らが享受すべき権利のうち、ほとんどの場合奪われている権利に関連するすべての事項を監督します。

軍事組織は、ヨルダン川西岸とガザ地区から占領地への旅行許可の発行と、ヨルダン川西岸内でのパレスチナ人の労働許可の発行を担当しています。これは、取得がほとんど不可能なあらゆる種類の住宅建設許可、土地併合または解体命令に加えて発生します。

中東理解研究所によると、「宗教的シオニズムは、人種差別主義者であり至上主義者である 3 つの政党、宗教的シオニズム、ユダヤ人権力、ノームで構成された極右のイスラエル政治連合です。彼らは、2022 年の選挙運動に向けて団結し、ベンジャミン ネタニヤフ元首相が仲介した取引の下で結束しました。

連合の公式の2022年のプラットフォームは、2つの主な目的があると述べています。最初の目標は、イスラエル政府の公式承認なしに建設された 100 以上のいわゆる入植地「前哨基地」を合法化することを含め、入植地を拡大することです。第二の目的は、イスラエルのアパルトヘイト体制によってすでに厳しく制限されている、占領下のヨルダン川西岸地区の自分たちの土地にパレスチナ人が家を建てる能力をさらに制限することです。

1948 年のアパルトヘイト国家の樹立以来、歴代のイスラエル政権は、パレスチナ人を抑圧し、支配することを目的とした法律、政策、および慣行の違法なシステムを作成し、維持してきました。

このシステムは、アパルトヘイト政権がパレスチナ人の権利を支配しているさまざまな地域でさまざまな形で展開されており、パレスチナ人を犠牲にしてイスラエルの不法入植者に特権を与えることを目的としています。

600,000 から 750,000 の間のイスラエル人が、1967 年のパレスチナ自治区の西岸と東アルクドゥスの占領以来建設された 250 を超える不法入植地を占有しています。

Netanyahu to agree to ‘soft annexation’ of West Bank: Israeli media
Friday, 25 November 2022 7:30 AM
https://www.presstv.ir/Detail/2022/11/25/693345/Netanyahu-to-agree-to-%E2%80%98soft-annexation%E2%80%99-of-West-Bank-Israeli-media-



ネタンヤフが、というより、ユダヤ人との交渉はいつもこう。相手を契約で縛っておいて、あとから自分だけ小さな違反を繰り返す。それを5回ほど繰り返すと、あら不思議。最初の契約と正反対の契約になってしまう。若い人は、騙されないよう気を付けなさい。

フランスが擁立を目論むレバノン次期大統領候補者Joseph Aoun レバ国会は7回投票して未だ選出できず

フランスはレバノンの大統領不在から利益を得ようとしている:レポート
2022年11月25日金曜日 14:59

伝えられるところによると、フランスは、ヒズボラによっても確認される可能性のある西側系の候補者を昇進させることにより、レバノンでの大統領の行き詰まりを終わらせようとしています。

金曜日の報道で、レバノンの新聞Al-Akhbarは、フランスの当局者は、現在レバノン軍の司令官であるJoseph Aounジョセフ・アウンWikiアラビア語)を大統領に指名しようとしているため、米国やサウジアラビアとは異なる道を選んだと述べた。

伝えられるところによると、このプッシュは、エリゼ宮殿の「レバノン危機管理室」と、大統領外交顧問のエマニュエル・ボンヌ、および対外諜報機関の責任者であるベルナール・エミエ大使によって主導されている。

報告書によると、パリは、特に自由愛国運動から、ヒズボラに同調するキリスト教徒の政治家の指名を排除しようとしている.

一方、ヒズボラもアウンを有力候補に含めていないが、レジスタンス運動は彼を完全には拒絶していないようだ。

ヒズボラの MP アリ・アンマールは、アウンの指名に関する質問に答えて、「ヒズボラは、アウンを軍事施設の管理と市民の平和と国家安全保障の保護における良い例と見なしている」と述べた。

レバノンの議員は、ミシェル・アウン前国家元首がバーブダ宮殿を去ってからほぼ1か月後、木曜日に7度目の国の次期大統領を選出できなかった。

キリスト教徒の国会議員であり、ワシントンに近いと見られている大統領候補のミシェル・モアワドは、木曜日のセッションで42票を獲得して最有力候補でした。しかし、彼は勝つために必要な 3 分の 2 の過半数または 86 票には達しませんでした。 128 議席の議会での得票率は、候補者が最初のラウンドで勝利するために必要であり、その後のラウンドでは絶対過半数が必要です。

国会議長のナビフ・ベリは、立法機関が12月1日に新しい大統領を選出するための8回目の試みのために召集されると述べた.

Moawad の立候補は、ヒズボラによって反対されています。

レバノンの歴代大統領の選出は遅れている。 2016 年のアウン自身の選挙では、大統領官邸での 2 年以上の空席に続いて、国会議員は彼の立候補についてコンセンサスに達する前に 45 回の試みに失敗しました。

また、同国には 5 月以降、暫定政府しかありませんでした。

米国とその同盟国による壊滅的な制裁の中で、レバノンが壊滅的な経済危機に取り組んでいる中、ガバナンスの空白は続いています。水曜日の声明で、銀行は深刻化する経済危機に対して警告した。

France seeking advantage from Lebanon’s presidential vacuum: Report
Friday, 25 November 2022 2:59 PM
https://www.presstv.ir/Detail/2022/11/25/693375/France-pushing-Western-aligned-

ウクライナが停電すれば、ウクから欧州へのガス輸出が止まり、欧州でガス不足が発生する

ベルリンの天気予報
BerlinTemp.jpg

また、ウクライナの電力システムの停止により、ウクライナからヨーロッパへのガス輸送が停止することを願っています。 ベルリンでは、12 月 5 日から 11 日までの 1 週間、最高気温が氷点下になる見込みです。

ガスプロムによると、貯蔵されているガスの量に関係なく、貯蔵施設では毎日ガスの出力制限があります。つまり、いずれにせよ消費の大部分は、パイプラインを介した(および LNG ターミナルからの)既存のガス供給によって満たされているので、ロシアからのガス供給が止まれば、いくらガスを貯蔵しても、今週ヨーロッパではガスが不足するだろう。

https://t.me/futurecrimean/5559



ウク全土に停電を発生させるため、この先の1週間で空爆の圧力を一気に強めるということです。

キエフ12月3日(土)から最高気温も氷点下の予報 全土の水道・暖房システムが故障する ウクライナ

キエフの天気予報
KiefTempDec1.jpg
KiefTempDec2-3.jpg

ロシアの空爆から3日経過しましたが、ウクライナは発電能力の約30%すら回復できていません。ウクライナの産業の(生き)残りは停止しました。

空爆の次の波は、最終的に国の電力産業全体の息の根を止めるでしょう。天気予報によると、ちょうど 1 週間後の 12 月 3 日土曜日には、キエフの気温は日中も夜も氷点下になり、霜は 1 週間以上続くでしょう。

電気がない場合、高層ビルのアパートでは暖房が止まり、(上水道と、全土のマンションで採用されている温水循環式の暖房システムの)水道管が凍結し破裂することを意味します。そして、電気が後で復旧したとしても、(個々のマンションの全ての水道管を刷新することなどできないから)都市の上下水道と暖房システム全体は再稼働しません。冬にウクライナの都市に住むことは不可能になります。

人口の避難を開始することが急務ですが、これは起こっていません。ゼレンスキーは、「ロシアの残虐行為」の宣伝イメージを得るために、ウクライナで数百万人を殺す準備ができているようです。数十億ドルと引き換えに、ウクライナ難民をヨーロッパに送らないことを西側に約束した可能性があります。支援金の一部は、ゼレンスキーと彼の側近のポケットに残ります

https://t.me/futurecrimean/5557



ゼレンスキーの妻「ウクライナ人は、照明と暖房なしで2~3年耐える覚悟ができている」。

ウクライナ人で、この話を聞いたことある人いる?(爆)

https://t.me/VanessaBeeley/10989
BBCウクライナ語ニュースから、これの記事。
https://t.me/c/1609197734/11431



いよいよです。

露助のばかやろー!でわかったつもりになってはいけません。

背後からウクに近づき、「俺が応援してやるから立ち上がれ」とささやいたあと、米国が一体どれだけウクを助けるのか、しっかり観察し、日本の教訓にして下さい。それから、日米安保条約の原文をよく読んでみて。日本を助けるなんて書いてない。つまりそういう国だってこと。

アゼルバイジャン大統領「イラン側に住むアゼル人は、我が国の一部である」 一線を越えた! アリエフ

AzerbaijanIran.jpg

アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領:

「イランが私たちの国境で数か月以内に2回軍事演習を行ったことはこれまでありませんでした。アゼルバイジャンに対してこれほど多くの憎悪に満ちた声明や脅迫が行われたことはかつてありませんでした.私たちは常に反アゼルバイジャンの措置に対応してきました. 」

「したがって、イランとの国境で軍事作戦を開始し、彼らを恐れていないことを証明する必要がありました。アゼルバイジャンと、イラン側に住む人を含むアゼルバイジャン人の開発の世俗的な担い手である私たちの生活様式を守るために最善を尽くします。イラン側に住むアゼルバイジャン人は、私たちの国の一部です。」

https://t.me/futurecrimean/5556



Azeri President Launches Broadside Against Iran
November 25, 2022
https://www.iranintl.com/en/202211258406

25 Nov, 2022
Aliyev promised to protect Azeris living in Iran
https://www.1lurer.am/en/2022/11/25/Aliyev-promised-to-protect-Azeris-living-in-Iran/838383

Azerbaijan to protect all Azerbaijanis, including those in Iran: President
‘We'll do our best to protect secular lifestyle of Azerbaijan and Azerbaijanis around world, including Azerbaijanis in Iran,’ says Ilham Aliyev
25.11.2022
https://www.aa.com.tr/en/asia-pacific/azerbaijan-to-protect-all-azerbaijanis-including-those-in-iran-president/2748046

Iran's anti-Azerbaijani attacks will not remain unanswered - Ilham Aliyev
Politics
2022 November 25 ( Friday ) 13:09:36
https://www.turan.az/ext/news/2022/11/free/politics_news/en/12077.htm



これを言ったら、中央政府としては思想審査して叩くしかない。一線を越えた。

ヒジャーブをかぶる・かぶらないで起きている(ように見える)イラン国内暴動は、特にクルド人、アゼル人居住区で盛り上がっている。「自分たちは米国から支援を受けている」と強気になっているこの民族集団の運命はいかに。ウクのようにならなければいいですが。

自分の頭で考えて行動してください。

日本人も(爆)。いろんな物が飛んできますよ。

ウクライナを分割したら戦争は終わりますか? ロシア人専門家の回答

質問があります。
西側が、ロシアと西側にとって名誉あるウクライナを、ポーランドとハンガリーに分割することを決定した場合はどうなるでしょうか?
ロシアはこれを受け入れるでしょうか?衝突は起こらないでしょうか?

***

米国、ドイツ、フランス、西ヨーロッパ全体にとって、ウクライナの分割は受け入れられません。なぜなら、これは西側の敗北を意味するからです。

ポーランド、ハンガリー、ルーマニアにとって、ロシアの台頭は容認できないが、彼らは過去に支配していたウクライナの土地の一部を奪うことを夢見ている。また、リトアニアはベラルーシの領土の一部または全部を取得する可能性があります。したがって、彼らはロシアとNATOの間の紛争を引き起こし、後で領土収奪を正当化できることを期待して、これらの土地を占領することを望んでいます.

しかし西側諸国は、プーチン大統領が前進する準備ができているのか、ウクライナの分割に同意するのか、境界線がどこにあるのか、プーチン大統領の計画を知りません。核戦争の危険があります。

したがって、分割が発生した場合、ロシアがウクライナの大部分を占領し、それが十分に弱い場合にのみ、NATOが西ウクライナを占領しますが、核戦争には至らず、双方が疲弊し、戦い続けることができません。

要するに、たくさんの「もし」があります。結局、ウクライナを分割するだけでは戦争を終わらせることはできず、双方がその結果に不満を抱くでしょう。

したがって、ウクライナ分割の平和条約が調印される可能性は低く、おそらく休戦があり、しばらくすると新しい戦争に変わる可能性があります。あるいは、戦争が続き、バルト諸国に広がる可能性があります。経済危機と米中対立の行方に大きく左右されるだろう。

https://t.me/futurecrimean/5555

ロシアはウクライナ全土を支配する必要がありますか? ロシア人専門家が回答

教授、ロシアはウクライナを地上で完全に支配する必要がありますか?4つの共和国を支配するだけで十分ではないですか?オデッサとハリコフと共に?

****

ウクライナに関しては、このことわざは非常に真実です。あなたが制御できないものはすべて、あなたに対して使用することができます

ロシアは、西側とは異なる方法で、異なる目標を持って帝国になりました。(領土を拡大する時)欧米は他民族を略奪し、ロシアは自らの危険源を吸収した。危険の発生源を制御することが、危険を排除する唯一の効果的な方法でした。

同時に、これらの土地を維持するためのロシアの支出は、しばしばそれらからの収入を数倍上回りました。たとえば、現在、コーカサス共和国の予算は、モスクワが 70 ~ 90% 補助しています。つまり、ロシアの地域は歴史的に、マイノリティの生活水準を向上させることで自分たちの安全を確保するために、収入の一部を犠牲にしてきました

ソビエト連邦でも同じことが起こりましたが、それは連邦共和国だけでなく、同盟国 (アラブ諸国を含む) との関係でもありました。

したがって、ウクライナをコントロールすることは不可欠です。 4 つの州だけでは、問題はまったく解決しません。ウクライナ西部は物議を醸す資産であり、利益よりも害を及ぼしていますが、独立国家として放置することはできません。そうしないと、西側は遅かれ早かれ、この小さなウクライナの残党との間に再度戦争を引き起こすでしょう。おそらく西ウクライナは、ポーランド、ハンガリー、ベラルーシ、ルーマニアに分割されるでしょう。恐らくそのロシアの一部になるでしょう。そうではないかもしれませんが、判断するには時期尚早です。

歴史的なロシアを復元するプロセスが再び始まったと確信しています。つまり、4つの地域は始まりにすぎません。このプロセスには数十年かかる場合がありますが。

https://t.me/futurecrimean/5550

もしロシアがウクライナで負けるならば、西側諸国を核兵器で完全に破壊しなければならない ロシア人専門家

私にとって、1つのことがますます明確になってきています-ヨーロッパと西側は完全に破壊されなければなりません。

私たちが勝利する場合、私たちは生活水準が非常に低い荒廃したウクライナを手に入れるでしょう。ウクライナの復興費用は、必然的にロシアの生活水準も低下させます。これは、ソビエト連邦崩壊前の状況と現在のウクライナ戦争の前提条件を、私たちにとってはるかに悪い規模で再現します。当時のソビエト連邦の居住者とウクライナのロシア人の一部は、ヨーロッパの美しい生活の写真に惹かれました。生活水準の点でヨーロッパと西側全体がロシアを追い越すことを許すことは、ロシアでの新たな内紛とウクライナでの暴動を引き起こすことを意味します。

したがって、ヨーロッパはいかなる場合でも完全に破壊されるべきであり、その産業は完全に破壊され、人口は他の国や大陸に分散されなければなりません。これはロシアを守る問題です。

あるいは、より穏健な選択肢として、ロシアの生活水準がヨーロッパの生活水準を何倍も上回るように、ヨーロッパに巨額の賠償金を課すべきです。

もしロシアがウクライナで負けるならば、西側諸国を核兵器で完全に破壊されなければならない

3 番目のオプションがあってはなりません。

https://t.me/futurecrimean/5549



はい、決断が下されました。破壊の対象に日本も含まれます。私は警告しましたよ。

一般庶民は、増税、年金、老後の問題で悩まなくていいです。

マコケイはマンハッタンで、天皇制は東京で蒸発する(爆)。