我々は明らかに西側覇権の終焉を経験している フランス大統領

記事1:表題の内容。中国とロシアの影響力について言及。目新しい指摘ではないが、それをマクロンが言ったという点がニュース。

記事2:No deal Brexitのあと、いろんな国と貿易関係を再構築しなければならないイギリスの足下を見透かし、中国がイギリスに対し、南シナ海で米国に同調した警戒活動するのを止めろと恫喝。EUを出たイギリスは、米中の間を右往左往するコウモリになるしかない。



President Macron's Amazing Admission
by Tyler Durden
Mon, 09/16/2019 - 03:30
Authored by The Saker,
https://www.zerohedge.com/geopolitical/president-macrons-amazing-admission

I don’t know whether the supposedly Chinese curse really comes from China, but whether it does or not, we most certainly are cursed with living in some truly interesting times: Iran won the first phase of the “tanker battle” against the AngloZionists, Putin offered to sell Russian hypersonic missiles to Trump (Putin has been trolling western leaders a lot lately) while Alexander Lukashenko took the extreme measure of completely shutting down the border between the Ukraine and Belarus due to the huge influx of weapons and nationalist extremists from the Ukraine. As he put it himself “if weapons fall into the hands of ordinary people and especially nationalist-minded people, wait for terrorism“. He is quite right, of course. Still, there is a sweet irony here, or call it karma if you prefer, but for the Ukronazis who promised their people a visa-free entrance into the EU (for tourism only, and if you have money to spend, but still…), and yet 5 years into that obscene experiment of creating a rabidly russophobic Ukraine and 100 days (or so) into Zelenskii’s presidency, we have the Ukraine’s closest and most supportive neighbor forced to totally shut down its border due to the truly phenomenal toxicity of the Ukrainian society! But, then again, the Ukraine is such a basket-case that we can count on “most interesting” things (in the sense of the Chinese curse, of course) happening there too.

[Sidebar: interestingly, one of the people the Ukrainians gave up in this exchange was Vladimir Tsemakh, a native of the Donbass who was kidnapped by the Ukie SBU in Novorussia (our noble “Europeans” did not object to such methods!) and declared the “star witness” against Russia in the MH-17 (pseudo-)investigation. Even more pathetic is that the Dutch apparently fully endorsed this load of crapola. Finally, and just for a good laugh, check out how the infamous’ Bellincat presented Tsemakh. And then, suddenly, everybody seem to “forget” that “star witness” and now the Ukies have sent him to Russia. Amazing how fast stuff gets lost in the collective western memory hole…]

Right now there seems to be a tug of war taking place between the more mentally sane elements of the Zelenskii administration and the various nationalist extremists in the SBU, deathsquads and even regular armed forces. Thus we see these apparently contradictory developments taking place: on on hand, the Ukraine finally agreed to a prisoner swap with Russia (a painful one for Russia as Russia mostly traded real criminals, including a least two bona fide Ukie terrorist, against what are mostly civilian hostages, but Putin decided – correctly I think – that freeing Russian nationalists from Ukie jails was more important in this case) while on the other hand, the Ukronazi armed forces increased their shelling, even with 152mm howitzers which fire 50kg high explosive fragmentation shells, against the Donbass. Whatever may be the case, this prisoner swap, no matter how one-sided and unfair, is a positive development which might mark the beginning of a pragmatic and less ideological attitude in Kiev.

Some very cautious beginnings of a little hint of optimism might be in order following that exchange, but the big stuff seems to be scheduled for the meeting of the Normandy Group (NG), probably in France. So far, the Russians have made it very clear that they will not meet just for the hell of meeting, and that the only circumstance in which the Russians will agree to a NG meeting would be if it has good chances of yielding meaningful results which, translated from Russian diplomatic language simply means “if/when Kiev stops stonewalling and sabotaging everything”. Specifically, the Russians are demanding that Zelenskii commit in writing to the so-called “Steinmeier formula” and that the Ukrainian forces withdraw from the line of contact. Will that happen? Maybe. We shall soon find out.

But the single most amazing event of the past couple of weeks was the absolutely astonishing speech French President Emmanuel Macron made in front of an assembly of ambassadors. I could not find the full speech translated into English (I may have missed it somewhere), so I will post the crucial excerpts in French and translate them myself. If I find a full, official, translation I will post it under this column ASAP. For the time being, this is the link to the full speech transcript in French:

https://www.elysee.fr/emmanuel-macron/2019/08/27/discours-du-president-de-la-republique-a-la-conference-des-ambassadeurs-1

Let’s immediately begin with some of the most incredible excerpts, emphasis added by me: (sorry for the long quote but, truly, each word counts!)

L’ordre international est bousculé de manière inédite mais surtout avec, si je puis dire, un grand bouleversement qui se fait sans doute pour la première fois dans notre histoire à peu près dans tous les domaines, avec une magnitude profondément historique. C’est d’abord une transformation, une recomposition géopolitique et stratégique. Nous sommes sans doute en train de vivre la fin de l’hégémonie occidentale sur le monde. Nous nous étions habitués à un ordre international qui depuis le 18ème siècle reposait sur une hégémonie occidentale, vraisemblablement française au 18ème siècle, par l’inspiration des Lumières ; sans doute britannique au 19ème grâce à la révolution industrielle et raisonnablement américaine au 20ème grâce aux 2 grands conflits et à la domination économique et politique de cette puissance. Les choses changent. Et elles sont profondément bousculées par les erreurs des Occidentaux dans certaines crises, par les choix aussi américains depuis plusieurs années et qui n’ont pas commencé avec cette administration mais qui conduisent à revisiter certaines implications dans des conflits au Proche et Moyen-Orient et ailleurs, et à repenser une stratégie profonde, diplomatique et militaire, et parfois des éléments de solidarité dont nous pensions qu’ils étaient des intangibles pour l’éternité même si nous avions constitué ensemble dans des moments géopolitiques qui pourtant aujourd’hui ont changé. Et puis c’est aussi l’émergence de nouvelles puissances dont nous avons sans doute longtemps sous-estimé l’impact. La Chine au premier rang mais également la stratégie russe menée, il faut bien le dire, depuis quelques années avec plus de succès. J’y reviendrai. L’Inde qui émerge, ces nouvelles économies qui deviennent aussi des puissances pas seulement économiques mais politiques et qui se pensent comme certains ont pu l’écrire, comme de véritables États civilisations et qui viennent non seulement bousculer notre ordre international, qui viennent peser dans l’ordre économique mais qui viennent aussi repenser l’ordre politique et l’imaginaire politique qui va avec, avec beaucoup de force et beaucoup plus d’inspiration que nous n’en avons. Regardons l’Inde, la Russie et la Chine. Elles ont une inspiration politique beaucoup plus forte que les Européens aujourd’hui. Elles pensent le monde avec une vraie logique, une vraie philosophie, un imaginaire que nous avons un peu perdu

Here is my informal translation of these words:

The international order is being shaken in an unprecedented manner, above all with, if I may say so, by the great upheaval that is undoubtedly taking place for the first time in our history, in almost every field and with a profoundly historic magnitude. The first thing we observe is a major transformation, a geopolitical and strategic re-composition. We are undoubtedly experiencing the end of Western hegemony over the world. We were accustomed to an international order which, since the 18th century, rested on a Western hegemony, mostly French in the 18th century, by the inspiration of the Enlightenment; then mostly British in the 19th century thanks to the Industrial Revolution and, finally, mostly American in the 20th century thanks to the 2 great conflicts and the economic and political domination of this power. Things change. And they are now deeply shaken by the mistakes of Westerners in certain crises, by the choices that have been made by Americans for several years which did not start with this administration, but which lead to revisiting certain implications in conflicts in the Middle East and elsewhere, and to rethinking a deep, diplomatic and military strategy, and sometimes elements of solidarity that we thought were intangible for eternity, even if we had constituted together in geopolitical moments that have changed. And then there is the emergence of new powers whose impact we have probably underestimated for a long time. China is at the forefront, but also the Russian strategy, which has, it must be said, been pursued more successfully in recent years. I will come back to that. India that is emerging, these new economies that are also becoming powers not only economic but political and that think themselves, as some have written, as real “civilizational states” which now come not only to shake up our international order but who also come to weigh in on the economic order and to rethink the political order and the political imagination that goes with it, with much dynamism and much more inspiration than we have. Look at India, Russia and China. They have a much stronger political inspiration than Europeans today. They think about our planet with a true logic, a true philosophy, an imagination that we’ve lost a little bit.

Now let’s unpack these key statements one by one:
1) “ great upheaval that is undoubtedly taking place for the first time in our history in almost every field and with a profoundly historic magnitude”

Here Macron sets the stage for some truly momentous observations: what will be discussed next is not only a major event, but one without precedent in history (whether French or European). Furthermore, what will be discussed next, affects “almost every field” and with huge historical implications.

2) “We are undoubtedly experiencing the end of Western hegemony over the world”

When I read that, my first and rather infantile reaction was to exclaim “really?! No kiddin’?! Who would have thought!?” After all, some of us have been saying that for a long, long while, but never-mind that. What is important is that even a Rothschild-puppet like Macron had to finally speak these words. Oh sure, he probably felt as happy as the Captain of the Titanic when he had to (finally!) order a general evacuation of this putatively unsinkable ship, but nonetheless – he did do it. From now on, the notion of the end of the western hegemony on the planet is no more relegated to what the leaders of the Empire and their propaganda machine like to call “fringe extremists” and has now fully entered the (supposedly) “respectable” and “mainstream” public discourse. This is a huge victory for all of us who have been saying the same things for years already.

3) “by the mistakes of Westerners in certain crises, by the choices that have been made by Americans for several years”

Here, again, I feel like engaging in some petty self-congratulation and want to say “I told you that too!”, but that would really be infantile, would it not? But yeah, while the internal contradictions of western materialism in general, and of AngloZionist Capitalism specifically, have been catching up with the Western World and while an eventual catastrophic crisis was inevitable, it also sure is true that western leaders mostly did it to themselves; at the very least, they dramatically accelerated these processes. In this context, I would single out the following politicians for a nomination to a medal for exceptional service in the destruction of the western hegemony over our long-suffering planet: Donald Trump and Barak Obama, of course, but also François Hollande and Emmanuel Macron (yes, he too even if he now changes his tune!), Angela Merkel, of course, and then last but not least, every single British Prime Minister since Margaret Thatcher (maybe with special commendation for Teresa May). Who knows, maybe they were all KGB/GRU/SVR agents after all? (just kiddin’!)

4) “ the emergence of new powers whose impact we have probably underestimated for a long time. China is at the forefront, but also the Russian strategy, which has, it must be said, been pursued more successfully in recent years”

Next, it’s not only China. Russia too is a major competitor, and a very successful one at that, hence the admission that in spite of all the efforts of the AngloZionist elites not only did the Empire not succeed in breaking Russia, but Russia has been very successful in defeating the western efforts. To those interested, I highly recommend this article by Jon Hellevig on the true state of the Russian economy. Finally, in military terms, Russia has achieved more than parity. In fact, I would argue that at least in terms of quality the Russian armed forces are ahead in several crucial technologies (hypersonic missiles, air defenses, electronic warfare etc.) even while she still lags behind in other technologies (mostly truly obsolete things like aircraft carriers). But most crucial is the political victory of Russia: five years after the Euromaidan and the liberation of Crimea from the Nazi yoke, the USA is far more isolated than Russia. It’s comical, really!

5) “real “civilizational states” which now come not only to shake up our international order”

I have been speaking about a unique, and very distinct, “Russian civilizational realm” in many of my writings and I am quite happy to see Macron using almost the same words. Of course, Macron did not only mean Russia here, but also India and China. Still, and although the Russian nation is much younger than the one of China or, even more so India, 1000 years of Russian civilization does deserve to be listed next to these two other giants of world history. And what is absolutely certain is that China and India could never build the new international order they want without Russia, at least for the foreseeable future. In spite of all the very real progress made recently by the Chinese armed forces (and, to a lesser degree, also the Indian ones), Russia still remains a much stronger military power than China. What Russia, China and India are, is that they are all former empires which have given up on imperialism and who know only aspire to be powerful, but nevertheless “normal” nations. Just by their size and geography, these are “un-invadable” countries who all present a distinct model of development and who want a multi-polar international order which would allow them to safely achieve their goals. In other words, Macron understands that the future international order will be dictated by China, Russia and India and not by any combination of western powers. Quite an admission indeed!

6) “ Look at India, Russia and China. They have a much stronger political inspiration than Europeans today. They think about our planet with a true logic, a true philosophy, an imagination that we’ve lost a little bit.”

This is the “core BRICS” challenge to the Empire: China and Russia have already established what the Chinese call a “Comprehensive Strategic Partnership of Coordination for the New Era”. If they can now extend this kind of informal but extremely profound partnership (I think of it as “symbiotic”) to India next, then the BRICS will have a formidable future (especially after the Brazilian people give the boot to Bolsonaro and his US patrons). Should that fail and should India chose to remain outside this unique relationship, then the SCO will become the main game in town. And yes, Macron is spot on: China and, especially, Russia have a fundamentally different worldview and, unlike the western one, theirs does have “much stronger political” goals (Macron used the word “aspirations”), “a real philosophy and imagination” which the West has lost, and not just a “little bit” but, I would argue, completely. But one way or the other, and for the first time in 1000 years, the future of our planet will not be decided anywhere in the West, not in Europe (old or “new”), but in Asia, primarily by the Russian-Chinese alliance. As I explained here, the AngloZionist Empire is probably the last one in history, definitely the last western one.

Now we should not be naïve here, Macron did not suddenly find religion, grow a conscience or suddenly become an expert on international relations. There is, of course, a cynical reason why he is changing his tune. In fact, there are several such reasons.

First, it appears that the on and off bromance between Macron and Trump is over.

Second, all of Europe is in free fall socially, economically and, of course, politically. And with a total nutcase in power in London dealing with Brexit and with Angela Merkel’s apparently never-ending political agony, it is only logical for a French head of state to try to step in.

Furthermore, while I have always said that Russia is not part of Europe culturally and spiritually, Russia is very much part of Europe geographically, economically and politically and there is simply no way for any imaginable alliance of European states to save Europe from its current predicament without Russian help. Like it or not, that is a fact, irrespective of whether politician or commentator X, Y or Z realizes this or not. Macron probably figured out that the so-called “East Europeans” are nothing but cheap prostitutes doing whatever Uncle Shmuel wants them to do, Germany is collapsing under the weight of Merkel’s “brilliant” immigration policy while the UK under BoJo is busy trying to self-destruct at least as fast as the USA under Trump. Macron is right. If united, Russia and France could build a much safer Europe than the one we see slowly and painfully dying before our eyes today. But he is also wrong if he thinks that Russia can be “re-invited” back into the AngloZionist sphere of influence. In that context, Putin’s reply to the question of whether Russia was willing to return to the G8 is very telling: first he said that if the G7 wants to come back to Russia, Putin would welcome that, but then he also added that the G7/8 is useless without, yes, you guessed it, China and India.

It will be interesting to see if the current G7 will ever agree to mutate into a new G10 which would make Russia, China and India the most powerful block (or voting group) of this new forum. I personally doubt it very much, but then they are becoming desperate and Macron’s words seem to be indicating that this option is at least being discussed behind closed doors. Frankly, considering how quickly the G7 is becoming utterly irrelevant, I expect it to be gradually phased out and replaced by the (objectively much more relevant) G20.

Finally, there are Trump’s efforts into getting Russia back into the G8 which are very transparently linked to the current trade war and geostrategic competition between the US and China. The offer is useless to Russia, just like the return to PACE, but Russia does not want to needlessly offend anybody and that is why Putin did not publicly rebuff Trump or directly refuse to come to Miami: instead, he approved of the general concept, but offered a better way to go about it. Typical Putin.

Conclusion: Macron reads the writing on the wall

Whatever his political motives to say what he said, Macron is no idiot and neither are his advisors. Neither is this a “one off” thing. The French meant every word Macron spoke and they are putting everybody on notice (including the Ukrainians, the US, the EU and the Russians, of course). In fact, Macron has already invited Putin to participate in a Normandy Format meeting in Paris in the very near future. If that meeting eventually does take place, this will mean that the organizers gave Putin guarantees that this will not just be the usual kaffeeklatsch and that some serious results will finally be obtained. That, in turn, means that somebody – probably the French – will have the unpleasant task of telling the Ukrainians that the party is over and that they now need to get their act together and start implementing the Minsk Agreements, something which Zelenskii might or might not try to do, but which the real gun-toting Ukronazis will never accept. Thus, if the West is really serious about forcing Kiev to abide by the Mink Agreements, then the West has to finally give-up its self-defeating russophobic hysteria and substantially change their tone about the Ukraine. To invite Putin to Paris just to tell him again that Russia (which is not even a party to the Minsk Agreements) “must do more” makes zero sense. Therefore, all the other parties will have to come to terms with reality before inviting Putin. Apparently, this might be happening in Paris. As for Trump, he just offered to mediate (if asked to do so) between Russia and the Ukraine.

It shall be extremely interesting to see if this Normandy Format meeting does actually take place and what role, if any, Trump and the USA will play behind the scenes. We shall then know if Macron’s epiphany was just a one-time fluke or not.

* * *

PS: the latest rumor from the Ukraine: Zelenskii supporters are saying that Poroshenko is preparing a coup against Zelenskii and that he is preparing a special force of Ukronazi deathsquads to execute that coup. Dunno about a real coup, but they have already blocked the Rada. Never a dull moment indeed… :-)




China Slaps Britain: You Can’t Afford Hostility
Finian Cunningham
September 13, 2019
© Photo: Public domain

China gave Britain a stern warning this week that any naval maneuvers conducted with the US near its declared territories in the South China Sea will be met with a military response.

Beijing rapped London further, telling it to dump its “colonial attitude” with regard to Hong Kong. However, the ultimate leverage, was the caustic reminder to Britain that if it wants to trade with China in the future, then it better mind its manners.

Given the deepening turmoil over Brexit and the uncertain economic prospects once Britain quits the European Union, the British government is going to need every trading opportunity around the world it can muster. Keeping on good terms with China, the globe’s second-biggest national economy, will therefore be crucial for Britain’s post-Brexit survival.

Since taking office in July, Prime Minister Boris Johnson has been quick to talk up a future golden era of bilateral trade relations with Beijing. He has expressed an interest in China’s Belt and Road Initiative for global trade, and he has even dared to ruffle US President Donald Trump by calling for an end to the tariffs and trade war with Beijing, thus implying the White House’s hardball policy is wrongheaded.

But here’s the tricky balancing act facing Britain. In trying to ingratiate itself with both Washington and Beijing for future trade deals, London is caught in an awkward contradiction. To do Washington’s bidding, Britain will be obliged to join forces for fomenting aggression against China.

China this week preempted that development by telling Britain in no uncertain terms that it can’t afford to antagonize Beijing without foregoing future trade and investment. In short, London has to make a decision: does it want war, or peace and prosperity with China?

The rebuke from Beijing followed a visit to London last week by US Secretary of State Mike Esper. During a major set-piece speech, Esper called on Britain and other European states to focus on confronting China and Russia, whom he accused of posing as aggressors.

“It is increasingly clear that Russia and China want to disrupt the international order by gaining a veto over other nations’ economic, diplomatic, and security decisions,” Esper said, seemingly unaware of the absurd hypocrisy of his words.

There have also been suggestions that Britain’s warships will be joining with US forces in so-called “freedom of navigation” patrols in the South China Sea. The recently launched super aircraft carrier, Queen Elizabeth, is designed to be capable of hosting up to 70 US F-35 fighter jets. The temptation for London will be to join Esper’s rallying call because of the need to pander to Washington for future trade favors.

China’s ambassador to Britain, Liu Xiaoming, told media that if Britain embarks on such missions anywhere near islands claimed as Chinese territory, especially if the British are seen to be liaising with the Americans, then it will be viewed as “hostile”. The diplomat said such a development will be met with a military response.

He warned London not do America’s “dirty work” and rebuffed claims about “freedom of navigation” concerns as a cynical pretext for provocation.

Ambassador Liu said: “The South China Sea is a vast ocean, it is three million square kilometers wide. We have no objection to people sailing around there but do not enter Chinese territorial waters within twelve nautical miles. If you don’t do that, there shouldn’t be a problem. The South China Sea is wide enough to have free navigation of shipping.”

Major General Su Guanghui, the Chinese defense attaché in London, said that his country will continue to take a combative stance in what it considers to be incursions into its territories: “If the US and UK join hands in a challenge or violated the sovereignty and territorial integrity of China, that would be hostile action.”

Last year, Britain sent a warship HMS Albion near Chinese-claimed territory in the South China Sea, which led to a naval confrontation and break down in bilateral relations. That maneuver was under the watch of former Defense Secretary Gavin Williamson who habitually used bellicose rhetoric describing China (and Russia) as global threats.

China’s ambassador to Britain categorically stated that there can be no repeat of this British naval conduct near Chinese-claimed territory. Don’t even think about it, was the tone.

Nevertheless, the diplomat said that China wants to develop cooperative relations with Britain to boost trade and investment. He said that Britain would lose out massively from new telecoms infrastructure development if a proposed partnership with Chinese telecoms giant Huawei is jettisoned – under American pressure.

Thus, Britain has a simple choice really. It can either continue to serve as a henchman for Washington by offending China’s sovereign rights, or London can wise up and ditch its pretensions of colonial-era gunboat diplomacy. That means treating Beijing with the basic respect consistent with international norms.

It seems the days of British subterfuge and aggression on behalf of Uncle Sam are over. It’s totally unacceptable for such presumed privilege to wield aggression with impunity. And it is especially unviable when post-Brexit Britain is shaping up to be scuttling around the globe with a begging bowl for trade deals.
Finian Cunningham
September 13, 2019 | Security
China Slaps Britain: You Can’t Afford Hostility

China gave Britain a stern warning this week that any naval maneuvers conducted with the US near its declared territories in the South China Sea will be met with a military response.

Beijing rapped London further, telling it to dump its “colonial attitude” with regard to Hong Kong. However, the ultimate leverage, was the caustic reminder to Britain that if it wants to trade with China in the future, then it better mind its manners.

Given the deepening turmoil over Brexit and the uncertain economic prospects once Britain quits the European Union, the British government is going to need every trading opportunity around the world it can muster. Keeping on good terms with China, the globe’s second-biggest national economy, will therefore be crucial for Britain’s post-Brexit survival.

Since taking office in July, Prime Minister Boris Johnson has been quick to talk up a future golden era of bilateral trade relations with Beijing. He has expressed an interest in China’s Belt and Road Initiative for global trade, and he has even dared to ruffle US President Donald Trump by calling for an end to the tariffs and trade war with Beijing, thus implying the White House’s hardball policy is wrongheaded.

But here’s the tricky balancing act facing Britain. In trying to ingratiate itself with both Washington and Beijing for future trade deals, London is caught in an awkward contradiction. To do Washington’s bidding, Britain will be obliged to join forces for fomenting aggression against China.

China this week preempted that development by telling Britain in no uncertain terms that it can’t afford to antagonize Beijing without foregoing future trade and investment. In short, London has to make a decision: does it want war, or peace and prosperity with China?

The rebuke from Beijing followed a visit to London last week by US Secretary of State Mike Esper. During a major set-piece speech, Esper called on Britain and other European states to focus on confronting China and Russia, whom he accused of posing as aggressors.

“It is increasingly clear that Russia and China want to disrupt the international order by gaining a veto over other nations’ economic, diplomatic, and security decisions,” Esper said, seemingly unaware of the absurd hypocrisy of his words.

There have also been suggestions that Britain’s warships will be joining with US forces in so-called “freedom of navigation” patrols in the South China Sea. The recently launched super aircraft carrier, Queen Elizabeth, is designed to be capable of hosting up to 70 US F-35 fighter jets. The temptation for London will be to join Esper’s rallying call because of the need to pander to Washington for future trade favors.

China’s ambassador to Britain, Liu Xiaoming, told media that if Britain embarks on such missions anywhere near islands claimed as Chinese territory, especially if the British are seen to be liaising with the Americans, then it will be viewed as “hostile”. The diplomat said such a development will be met with a military response.

He warned London not do America’s “dirty work” and rebuffed claims about “freedom of navigation” concerns as a cynical pretext for provocation.

Ambassador Liu said: “The South China Sea is a vast ocean, it is three million square kilometers wide. We have no objection to people sailing around there but do not enter Chinese territorial waters within twelve nautical miles. If you don’t do that, there shouldn’t be a problem. The South China Sea is wide enough to have free navigation of shipping.”

Major General Su Guanghui, the Chinese defense attaché in London, said that his country will continue to take a combative stance in what it considers to be incursions into its territories: “If the US and UK join hands in a challenge or violated the sovereignty and territorial integrity of China, that would be hostile action.”

Last year, Britain sent a warship HMS Albion near Chinese-claimed territory in the South China Sea, which led to a naval confrontation and break down in bilateral relations. That maneuver was under the watch of former Defense Secretary Gavin Williamson who habitually used bellicose rhetoric describing China (and Russia) as global threats.

China’s ambassador to Britain categorically stated that there can be no repeat of this British naval conduct near Chinese-claimed territory. Don’t even think about it, was the tone.

Nevertheless, the diplomat said that China wants to develop cooperative relations with Britain to boost trade and investment. He said that Britain would lose out massively from new telecoms infrastructure development if a proposed partnership with Chinese telecoms giant Huawei is jettisoned – under American pressure.

Thus, Britain has a simple choice really. It can either continue to serve as a henchman for Washington by offending China’s sovereign rights, or London can wise up and ditch its pretensions of colonial-era gunboat diplomacy. That means treating Beijing with the basic respect consistent with international norms.

It seems the days of British subterfuge and aggression on behalf of Uncle Sam are over. It’s totally unacceptable for such presumed privilege to wield aggression with impunity. And it is especially unviable when post-Brexit Britain is shaping up to be scuttling around the globe with a begging bowl for trade deals.

© 2010 - 2019 | Strategic Culture Foundation | Republishing is welcomed with reference to Strategic Culture online journal www.strategic-culture.org.
The views of individual contributors do not necessarily represent those of the Strategic Culture Foundation.

China gave Britain a stern warning this week that any naval maneuvers conducted with the US near its declared territories in the South China Sea will be met with a military response.

Beijing rapped London further, telling it to dump its “colonial attitude” with regard to Hong Kong. However, the ultimate leverage, was the caustic reminder to Britain that if it wants to trade with China in the future, then it better mind its manners.

Given the deepening turmoil over Brexit and the uncertain economic prospects once Britain quits the European Union, the British government is going to need every trading opportunity around the world it can muster. Keeping on good terms with China, the globe’s second-biggest national economy, will therefore be crucial for Britain’s post-Brexit survival.

Since taking office in July, Prime Minister Boris Johnson has been quick to talk up a future golden era of bilateral trade relations with Beijing. He has expressed an interest in China’s Belt and Road Initiative for global trade, and he has even dared to ruffle US President Donald Trump by calling for an end to the tariffs and trade war with Beijing, thus implying the White House’s hardball policy is wrongheaded.

But here’s the tricky balancing act facing Britain. In trying to ingratiate itself with both Washington and Beijing for future trade deals, London is caught in an awkward contradiction. To do Washington’s bidding, Britain will be obliged to join forces for fomenting aggression against China.

China this week preempted that development by telling Britain in no uncertain terms that it can’t afford to antagonize Beijing without foregoing future trade and investment. In short, London has to make a decision: does it want war, or peace and prosperity with China?

The rebuke from Beijing followed a visit to London last week by US Secretary of State Mike Esper. During a major set-piece speech, Esper called on Britain and other European states to focus on confronting China and Russia, whom he accused of posing as aggressors.

“It is increasingly clear that Russia and China want to disrupt the international order by gaining a veto over other nations’ economic, diplomatic, and security decisions,” Esper said, seemingly unaware of the absurd hypocrisy of his words.

There have also been suggestions that Britain’s warships will be joining with US forces in so-called “freedom of navigation” patrols in the South China Sea. The recently launched super aircraft carrier, Queen Elizabeth, is designed to be capable of hosting up to 70 US F-35 fighter jets. The temptation for London will be to join Esper’s rallying call because of the need to pander to Washington for future trade favors.

China’s ambassador to Britain, Liu Xiaoming, told media that if Britain embarks on such missions anywhere near islands claimed as Chinese territory, especially if the British are seen to be liaising with the Americans, then it will be viewed as “hostile”. The diplomat said such a development will be met with a military response.

He warned London not do America’s “dirty work” and rebuffed claims about “freedom of navigation” concerns as a cynical pretext for provocation.

Ambassador Liu said: “The South China Sea is a vast ocean, it is three million square kilometers wide. We have no objection to people sailing around there but do not enter Chinese territorial waters within twelve nautical miles. If you don’t do that, there shouldn’t be a problem. The South China Sea is wide enough to have free navigation of shipping.”

Major General Su Guanghui, the Chinese defense attaché in London, said that his country will continue to take a combative stance in what it considers to be incursions into its territories: “If the US and UK join hands in a challenge or violated the sovereignty and territorial integrity of China, that would be hostile action.”

Last year, Britain sent a warship HMS Albion near Chinese-claimed territory in the South China Sea, which led to a naval confrontation and break down in bilateral relations. That maneuver was under the watch of former Defense Secretary Gavin Williamson who habitually used bellicose rhetoric describing China (and Russia) as global threats.

China’s ambassador to Britain categorically stated that there can be no repeat of this British naval conduct near Chinese-claimed territory. Don’t even think about it, was the tone.

Nevertheless, the diplomat said that China wants to develop cooperative relations with Britain to boost trade and investment. He said that Britain would lose out massively from new telecoms infrastructure development if a proposed partnership with Chinese telecoms giant Huawei is jettisoned – under American pressure.

Thus, Britain has a simple choice really. It can either continue to serve as a henchman for Washington by offending China’s sovereign rights, or London can wise up and ditch its pretensions of colonial-era gunboat diplomacy. That means treating Beijing with the basic respect consistent with international norms.

It seems the days of British subterfuge and aggression on behalf of Uncle Sam are over. It’s totally unacceptable for such presumed privilege to wield aggression with impunity. And it is especially unviable when post-Brexit Britain is shaping up to be scuttling around the globe with a begging bowl for trade deals.

米司法省、JPモルガンのトレーダーらを訴追-貴金属市場で不正操作

司法省は、本来マフィアを取り締まることを想定した法律を適用しているとのこと。



DOJ Accuses JPMorgan's Precious Metals Trading Desk Of Being A Criminal Enterprise
by Tyler Durden
Mon, 09/16/2019 - 13:52
https://www.zerohedge.com/markets/three-jpmorgan-traders-charged-massive-gold-market-manipulation-fraud




米司法省、JPモルガンのトレーダーらを訴追-貴金属市場で不正操作
9/16(月) 22:20配信
Bloomberg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-40047057-bloom_st-bus_all

(ブルームバーグ): 米司法省は貴金属先物取引の市場を操作したとして、米銀JPモルガン・チェースの貴金属担当現役トレーダー2人、元トレーダー1人を訴追した。

司法省は3人が「貴金属先物取引の市場で大規模かつ複数年にわたる操作」に関与し、他の市場参加者を欺いたと主張。事情に詳しい関係者によると、3人のうちの1人はJPモルガンのグローバル貴金属担当デスク責任者を務めていたマイケル・ノバク氏で、同氏は先月から休暇に入っている。

司法省によると、市場操作は8年間に及び、違法なトレーディングは数千件に上る。

今回の司法省の発表文で銀行名は記されていないが、この件に関連する他の文書から訴追されたのがJPモルガン行員であることは明らかだ。残り2人のトレーダーはグレッグ・スミス氏とクリストファー・ジョーダン氏。

米捜査当局は見せ板を使った商品市場の操作について調べを進め、JPモルガン行員に対する容疑を固めた。JPモルガンのほかにも複数の金融機関が関与したとされ、司法省はこれまでにドイツ銀行やUBSグループなどに勤務していたトレーダーら16人を訴追。このうち7人が罪を認め、1人は裁判で有罪となり、別の1人は無罪となった。

タンザニアで「独島は韓国の領土」記念コイン発行

韓国の独島外交は連戦連勝!これは賞賛に値する。

タンザニアみたいな途上国では、米英仏の大学を出ていて英仏語をしゃべれるというだけで、特に専門的な訓練を受けていない人が外交官に任命されるから、個人レベルでも役所レベルでも何の知識を有しておらず、韓国の接待攻勢に取り込まれてしまうのだろう。外国人でも国家の中枢部門にフリーアクセスなんでしょ、きっと。

そんなことより、これを受けて日本外務省がいかに何もしないかに、私たち国民は注目しましょう。

(2019/09/18追記)
現地の日本大使館がタンザニア政府に確認したところ、そのような話はないという返答があったとのこと。そうであるならば、それで結構です。

私のほうでタンザニア中銀のサイトにアクセスしてみたが、世界のネットワークのかなり下にぶる下がっているらしく、トップページが開かない(回線が狭いため、私が発した信号が相手まで伝わらない)。どえらい国。中銀サイトにてきちんとした紙幣くらい確認したかったが、それすらかなわない。

開けることができた英字新聞を見たら、独島記念コインの記事はみつからなかったが、別の記事が目に入った。

韓国の統一教会が首都ダルエスサラームで集団結婚式を開いたが、評判が悪いとのこと。集まった人たちは、入場料を払えば、その33倍のお金をもらえると聞いたから集まっただけという。記者が主催者に確認したところ、入場料の33倍のお金を集まった全員に配るはずがないだろう(そんなことを言うはずがないだろう)という返答。

要は、統一教会がタンザニアでも大きなスタジアムを満員にできるほど勢力拡張したのですという証拠写真を撮りたいが為に、見え透いた嘘で人々を集めたということ。

韓国人はどこへ行っても韓国人なのである。サウジの英字紙にも、韓国の会社に納品したが入金されず困っているという相談が掲載されたことがある。この低質韓国人の、よりによって245人を除く密入国者に対し、日本政府が特別永住ビザを発給することが社会正義なのかどうか、国民的議論を盛り上げるべきだろう。

(2019/09/19記事追加)下記参照



タンザニアで「独島は韓国の領土」記念コイン発行
9/16(月) 14:56配信
中央日報日本語版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000044-cnippou-kr

タンザニアの中央銀行が「独島(ドクト、日本名・竹島)は韓国の領土」と記された記念コインを発行し、話題になっている。

15日、KBS(韓国放送公社)によると、タンザニア中央銀行は7月に東島・西島が刻まれた純銀製の記念コインを発行した。コインの表には英語で「韓国の領土」というフレーズと韓半島(朝鮮半島)の地図を刻印し、裏面にはタンザニアの国章の模様と共に額面3000シリング(約140円)と表記されている。タンザニアで法定通貨として認めるという意味だ。タンザニア中央銀行が発行した独島記念コインは、現在国内外で販売されている。

タンザニア中央銀行は収益事業の一環として独島記念コインを発行したものとみられる。海外の一部の中央銀行は多くの場合、様々なテーマの記念コインを発行して収益化するというのがメディアの説明だ。2005年にはウガンダ、2004年には北朝鮮で8種類の独島記念コインが発行されたことがある。

タンザニア中央銀行が独島記念コインを発行したというニュースが伝えられると、韓日のネットユーザーは立場の違いを見せている。

韓国では「タンザニアの中央銀行にありがたいと思う」という反応と共に韓国銀行を叱咤する声も出ている。「韓国銀行が独島記念コインを発行すべきなのでは」というものだ。これまで韓国銀行は「外交的感受性」などを理由に独島記念コインを発行していない。しかし、2014年と2015年の国会国政監査で問題が議論されるほど、先送りし続けるわけにはいかないという主張も出ている。貨幣専門コレクターのイ・サンヒョン氏はKBSとのインタビューで「韓国より早く日本が独島記念コインを発行した場合、先取り効果が懸念される」と指摘した。

逆に日本のネットユーザーは「タンザニアに抗議すべきだ」と主張している。日本ネットユーザーはSNSでタンザニアの独島記念コイン発行関連記事を共有し、「日本政府は何をしているのか」と反発している。一部は「今やタンザニアにも無視されるのか」、「タンザニアに抗議せよ」と日本政府の積極的な動きを求めている。



「竹島は韓国領」記念コイン発行は「事実ではない」 菅長官、韓国報道を否定
9/17(火) 12:19配信
産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000529-san-pol

 アフリカ・タンザニアの中央銀行が竹島(島根県隠岐の島町)は「韓国の領土」と明記した記念コインを発行したとの韓国の報道があり、菅義偉(すがよしひで)官房長官は17日午前の記者会見で、そうした記念コイン発行はなかったと報道内容を否定した。「在タンザニア日本大使館が直ちに同国外務省に事実関係を確認したところ、『中央銀行を含め、タンザニア政府としてそのような記念コインを発行した事実はない』との回答があった」と明かした。

 その上で「今後とも竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかにわが国固有の領土であるとの一貫した立場に基づいて適切に対応していきたい」と強調した。



実はヨーロッパ製!? 疑惑の韓国「タンザニア独島硬貨」を徹底調査
9/19(木) 20:21配信
FNN.jpプライムオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00010013-fnnprimev-kr

韓国の公共放送「韓国の領土“独島記念硬貨”タンザニアが発行」

「なんでタンザニア?」という言葉が頭に浮かんだ。
9月16日、韓国の公共放送KBSが下記のニュースを報じた。

「独島が『韓国の領土』と表記された硬貨がタンザニアで今年7月に発行され、韓国の国内外で販売されている」

韓国が独島として不法占拠している島根県の竹島について、遠いアフリカのタンザニアが『DOKDO』『THE LAND OF KOREA』という英文が記された硬貨を発行したというのだ。額面は3000シリング(日本円で約140円)。タンザニアに行けば、実際に使用できる硬貨との触れ込みだ。

韓国KBSの報道では貨幣収集家の男性がインタビューで「韓国も独島硬貨を積極的に検討すべきだ」と力説する。この脈絡から判断するに『タンザニアも韓国領だと認めた独島を、より国際社会に知らせる手段として韓国も独島硬貨を導入しよう』ということを伝えたいのだろう。

ただ何か怪しい。そもそもなぜタンザニアが竹島を韓国領だと記した硬貨を発行したのだろうか。その経緯については報道では全く触れていないのだ。
菅官房長官は完全否定「発行した事実はない」

菅官房長官は放送翌日(9月17日)の会見で報道について言及した。

「在タンザニアの日本大使館から直ちにタンザニア外務省に事実関係を確認したところ、先方からは、中央銀行含めタンザニア政府としてそのような記念コインを発行した事実はない。このように回答がありました。」

菅官房長官はKBSの報道を完全否定したのだ。ますます怪しさを増す「タンザニア独島硬貨」…。その“正体”を暴くため、私たちは、まず韓国国内で独島硬貨を販売しているソウルのコインショップに向かった。

独島硬貨を製作したのは「ヨーロッパの会社」

韓国・ソウルの繁華街にあるビルの一室にその店はある。独島硬貨はすでに売り切れていたが、サンプルとして1つだけ保管されていて、実物を見る事が出来た。

手に取ってみて驚いた。大きい。そして重い。サイズは手のひらにギリギリ納まる直径65ミリ、重さ155.5g。純度99.9%の銀製で、表面には竹島が正確かつ立体的に再現されている。「韓国領」と刻まれた岩が置かれている場所には、ご丁寧にクリスタルが輝く。裏側には「TANZANIA」「3000SHILLING」の文字と紋章が描かれている。価格は49万5000ウォン、日本円で約4万5000円と高額だ。

コインショップの担当者はカメラ撮影NGという条件付きで取材に応じてくれた。

「私たちの会社はあくまでも硬貨を販売するだけ。独島硬貨を製作したのはヨーロッパの硬貨製造会社だ」

「タンザニア独島硬貨」は、何とアフリカではなくヨーロッパで作られたという。担当者は2018年11月、この「ヨーロッパの会社」から、こんなことを持ちかけられたというのだ。

「米朝首脳会談、南北首脳会談が開催された。文在寅大統領も白頭山(ペクトゥサン・中朝境界の山)に行った(2018年9月)。金正恩委員長が漢拏山(ハルラサン・韓国の最高峰の山)に来るという話もある。その2つの山に加えて独島の硬貨も作るのだが、韓国で販売しないか?」

コインショップ側はこの提案に乗り、全発行数777枚のうち250枚余りを引き受け、韓国で販売したという。ただ、このヨーロッパの会社自体が独島硬貨を企画したのか、それとも別の誰かから発注を受けたのかは知らないと話す。

どうやら真相のカギを握るのは「ヨーロッパの会社」のようだ。その会社の情報を何とか引き出そうとしたが、結局国名すら教えてくれなかった。


会社の所在地は「リヒテンシュタイン」だった

その後の私たちの調査の結果、「ヨーロッパの会社」はオーストリアとスイスの間に位置する「リヒテンシュタイン」にある硬貨製造会社であることが分かった。

早速、独島硬貨の真相を聞くため、コンタクトを試みた。担当者は会議中ということで、直接話すことはできなかったが、1通のメールが送られてきた。

「(独島硬貨は)タンザニア銀行によって正式に認可された硬貨です。現在、タンザニア銀行とこの件について調査しており、調査後にプレスリリースを出します」

独島硬貨はタンザニアの中央銀行であるタンザニア銀行によって「正式に認可を受け」製造したものだと主張している。

コインに詳しい関係者によると、コレクター向けの記念硬貨を製造する会社はヨーロッパを中心に複数ある。これらの会社はタンザニア、パラオ、クック諸島などから硬貨発行の認可を受け、自社企画や外部からの発注を受けて記念硬貨を作るのだ。一方、認可を出す国は、認可料や国の広報を目的にしているという。

調べてみると、サンリオの人気キャラクター、キティちゃんの記念硬貨がクック諸島の硬貨として何種類も製造されていて、こうした記念硬貨がそれほど珍しいものではない事が分かった。
タンザニア銀行が“驚きの発表”

最後にタンザニア銀行にコンタクトを試みた。なかなか電話がつながらないため、問い合わせのメールを送り返信を待っていたところ、突如、9月18日付で以下の発表文を公表した。

「ソーシャルメディアで、2019年7月にタンザニア銀行が表側に独島を、裏側にタンザニアの紋章を描いた記念硬貨を発行したという噂が流れていますが、これは悪意のある噂で、根拠のないものであるということをはっきりさせて頂きたく存じます。また、そのような硬貨を造る会社とも一切契約していません」

なんと「悪意のある噂」との表現で、独島硬貨には一切関わっていないと断言したのだ。タンザニア銀行が認可を出したとするリヒテンシュタインの硬貨製造会社の主張とはまるで正反対だ。

タンザニア銀行の発表が正しいなら、「タンザニアが独島硬貨を発行した」との韓国KBSの報道は明らかな誤報と言わざるを得ない。結局、誰のどんな意図によって独島硬貨が製作されたのかは明らかになっていないが、少なくともタンザニアが竹島を韓国領だと認めたという事実はなさそうだ。

タンザニア銀行の発表について、再びリヒテンシュタインの硬貨製造会社に取材を申し入れているが、現時点で回答は届いていない。(9月19日時点)

疑惑の「独島硬貨」を報道してしまう韓国メディア

日韓関係はいわゆる徴用工問題や慰安婦問題などで悪化の一途をたどっている。日本が韓国を輸出管理上の最優遇対象国から除外した措置への対抗として、8月31日には韓国の国会議員6人が竹島に上陸した。韓国側の挑発によって関係悪化に拍車がかかっていて、韓国メディアによる日本批判はもはや日常の光景となった。

こうした“日本たたき”の流れの中で、公共放送ですら正体の知れない「タンザニア独島硬貨」に飛びつき報道してしまうというのが、現在の韓国内の実状と言えるだろう。

なおタンザニア銀行の発表を受けて韓国KBSにもコメントを求めているが、いまのところ返答はない(9月19日時点)

米高官 サウジ油田爆撃は西北西から来た・・・イスラエルですね(笑)

その油田の西北西にあるのはイスラエルですよ。関連記事

(2019/09/19追記)
現場とイスラエルの間に、米軍が不法占拠しているシリア領al-Tanfアッタンフがあった。ここが発射地点かもしれない。



US Officials Claim Yemen Not Behind Saudi Aramco Attack, Houthis Reveal 'Intel Operation' - Reports
02:39 16.09.2019(updated 03:48 16.09.2019) Get short URL
https://sputniknews.com/middleeast/201909161076810647-us-officials-claim-yemen-not-behind-saudi-aramco-attack-houthis-reveal-intel-operation---reports/

Two Saudi Aramco plants - in Abqaiq and Khurais - were attacked by drones in the early hours of Saturday, leading to massive fires and a suspension of the production of 5.7 million barrels of crude oil per day. The armed Houthi political opposition faction in Yemen earlier claimed responsibility for the attacks.

According to senior US officials cited by Reuters, the scope and precision of the attacks came from a west-northwest direction, suggesting that the launch was not made by the Houthis.

"There's no doubt that Iran is responsible for this. No matter how you slice it, there's no escaping it. There's no other candidate. Evidence points in no other direction than that Iran was responsible for this", officials now claim, cited by Reuters.

US officials note satellite images showing 19 purported impacts on the oil facilities, Reuters said, adding that the officials alleged that they have additional but as yet unrevealed evidence they will offer in the next few days that will prove their claim that the Houthis claims of responsibility are not credible, according to the media report.

Photos released by Trump administration show extent of weekend attack on Saudi oil industry. US officials say evidence now pointing towards cruise missile attacks from Iraq or Iran, not drone strikes from Houthis in Yemen. But no official assessments yet from DC or Riyadh. pic.twitter.com/0HDz4DFXnH
— Dion Nissenbaum (@DionNissenbaum) September 15, 2019

US officials, cited by Reuters, so far decline to say from where the attack was launched. "There are two options, and we have our opinion on which it was", US officials said, adding the Iraqi government declared that they were not behind the launches, Reuters reported.

According to Reuters, citing US officials, Washington is working with Saudi officials who allege that cruise missiles were used in the attacks on the Saudi Aramco oil facilities.

Over 17 devices were deployed, the US officials claimed, adding that not all of the devices reached their targets and some were recovered north of their intended destination, according to Reuters.

"The Houthi have never struck this far afield in the past because we don’t think that they have that capability. And the Houthis have never struck in this precise and coordinated fashion before", the US officials said, cited by Reuters.

CNN earlier reported, citing a spokesman for Yemen's Houthi faction, Brig. Gen. Yahya Saree, that the Houthis had attacked Saudi Aramco's largest oil facilities by planning "an accurate intelligence operation and advance monitoring and cooperation of honorable people inside the kingdom".

US State Secretary Mike Pompeo earlier alleged that Iran had been implicated in the attacks. Tehran has called these allegations false.

Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif said on Sunday that the United States will not stop the war in Yemen - the region's poorest nation - by blaming Iran for everything.

The armed conflict in Yemen between government forces led by the exiled President Abdrabuh Mansour Hadi and the Houthis has been ongoing since 2015. The United Nations has repeatedly called the conflict in Yemen the world’s worst humanitarian crisis, with an estimated 24 million people - more than 80 percent of the country’s population - currently in need of aid.

プーチンがネタンヤフに激おこ シリア空爆

イスラエル首相のロシア訪問は失敗という評価。

少し前に、イスラエルがシリア領内を繰り返し空爆していたが、プーチンがイスラエルに対し、これ以上継続するならば、イスラエル機を容赦なく撃ち落とすぞと警告したら、空爆が止んだ。



Russia prevents Israeli airstrikes in Syria
Israeli sources called Netanyahu's quick Russian visit – to try and convince Putin to ignore Israel's attacks in Syria – "a failure."
By YASSER OKBI/MAARIV
September 14, 2019 09:45
https://www.jpost.com/Middle-East/Russia-prevents-Israeli-airstrikes-in-Syria-601618

The controversy between Israel and Russia regarding airstrikes of Iranian targets in Syria and Iraq continues, despite the meeting Between Prime Minister Benjamin Netanyahu and Russian President Vladimir Putin. This was reported on Friday by Independent Arabia.

According to the report, Moscow has prevented three Israeli air strikes on three Syrian outposts recently, and even threatened that any jets attempting such a thing would be shot down, either by Russian jets or by the S-400 anti-aircraft missiles. The source cited in the report claims a similar situation has happened twice – and that during August, Moscow stopped an air strike on a Syrian outpost in Qasioun, where a S-300 missile battery is placed.
Moreover, it was claimed that another air strike was planned for a week later on a Syrian outpost in the Qunaitra area and a third one on a sensitive area in Latakia. This development is what pushed Netanyahu to have his quick visit in Russia to try and convince Putin to ignore Israel's attacks in Syria. According to the Russian source, Putin let Netanyahu know that his country will not allow any damage to be done to the Syrian regime's army, or any of the weapons being given to it, because giving such a permission would be seen as giving Israel leniency – something that contradicts Russia's goal of assisting the Syrian regime.

The British-Arabic news outlet reported that Netanyahu tried to present a positive message of the cooperation between the two countries and even tried to use it for his election campaign, but it didn't work. Israeli sources who have spoken with the newspaper called the meeting "a failure." They claimed that everything regarding the air strikes in Iraq and Syria, since they were in the public eye, embarrassed the Russians terribly in the eyes of their allies in the area – Syria, Iran and the militias that support them.

The Russian source said: "Putin has expressed his dissatisfaction from Israel's latest actions in Lebanon," and even emphasized to Netanyahu that he "rejects the aggression towards Lebanon's sovereignty," something which had never been heard from him. Putin further stated that someone is cheating him in regards to Syria and Lebanon, and that he will not let it go without a response. According to him, Netanyahu was warned not to strike such targets in the future.

The news website added that more Israeli sources have said similar things on the subject and that the visit was meant to reduce the severity of the controversy between the countries into a tactical one, rather than an ideological one.

Translated by Jerusalem Post staff.

「在日の居心地を良くするために日韓関係を良好に保つ」は間違った思考 排除すべき

日韓関係が在日のステータスに不利益変更も含め影響を与えるのは当然の帰結であり、同情の余地なし。

「在日の居心地を良くするために日韓関係を良好に保つ」は、順序をはき違えた間違った思考であり、徹底的に排除しなければならない。国家レベルの問題と個人レベルの問題を混同している。

韓国政府が、対日広報活動予算を3倍に増やしたが、そのカネを受け取った記者、出版社が多いらしくて、下記引用に類似した記事が次々と配信されている。どうせ韓国政府がやらせている政治プロパガンダなのだから、生粋の日本人は無視するのが正解。政治環境が変わっても保護すべき在日は、徴用された245人だけ。



「私は在日3世」スピーチが話題…日韓問題に堀潤「小さい主語で語る癖を」
9/14(土) 19:40配信
TOKYO MX
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00010000-tokyomxv-soci

TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月~金曜7:00~)。9月9日(月)の放送では、「日韓関係」の報道の在り方などについて意見を交わしました。

◆「この国で安全に生きていけるように」

日本と韓国の政治的対立が深まるなか、日韓友好を呼びかける集会「日韓連帯アクション0907」が7日(土)に渋谷と大阪・なんばで開かれ、「差別や憎悪よりも友好を」と聴衆に訴えました。

渋谷の集会では、在日コリアン3世だと名乗る女性が「私は日本生まれ、日本育ちで、日本の学校に通ったので韓国語は喋れません。なので、『韓国に帰れ!』と言われても帰れません。私は殺されても構いません。でも、私より若い世代、未成年、これから生まれてくる子どもが、この国で安全に生きていけるようにしてください」とスピーチし、切実な胸の内を明かしました。

また、日本新聞労働組合連合は6日(金)、「“嫌韓”あおり報道はやめよう」と報道機関へ呼びかける声明を発表しています。

◆「韓国が好き」も大きく伝えるべき

MCの堀潤は、「事実に基づいた報道ならいざ知らず、一部の識者のオピニオン(主張や意見)や“本当に事実なの?”といったものが、ニュースの見出しに付けられ、それが流されていくのは、同じメディア人として心配ですよね?」と、キャスターでジャーナリストの岸田雪子さんに投げかけます。

岸田さんは同意しつつ、「人の心理として、誰かを攻撃することで“優越感”や“快感”を得る心象心理があると思う。そこにつけ込んで差別に結び付いてしまうと、犯罪にもなり得る」と警鐘を鳴らします。インターネットの普及に伴い、「そうした行為が非常に可視化されやすいし、広がりやすい」と特性を挙げ、「逆に『韓国が大好きだ』という声もたくさんあるので、そちら側の声も、もっと大きく伝えていく必要があるのでは」と主張します。

ファッションデザイナーの渋谷ザニーさんは、昨今のメディアについて、「『これが正しい』とコメンテーターやジャーナリストがそれぞれの姿勢で発信している。もちろん、メディアは売り上げや部数などに支えられている部分はあると思うが、それだけでは新しい時代、また過去を見つめ直すには、僕的には的確ではない行動に映ってしまう」と感想を口にします。

最後に、堀は「『韓国が』『日本が』『文在寅政権は……』『日本政府は……』といった主語ならいざ知らず、一緒くたに語ってはいけないと思うし、冷静に伝えていきたい。(国などではなく)小さい主語で語るような癖を、みんなでつけたいなと思うんですよね」と話していました。

サウジ石油施設へ無人機攻撃=親イランのイエメン武装組織

ふうん。サウジの大規模油田施設の周囲には計画的に複数の米軍基地が配置されており、ありとあらゆるレーダー、センサー、防御システムが24時間体制で稼働しているのに、どうやって攻撃できるのかね?

フーシー側が犯行声明を発表していることになっているものの、にわかに信じることができない。

サウジの石油施設を攻撃できるのは世界でただ一つ、米軍だけです

(2019/09/15追記)
事件の前、9日(月)に、ロシア中銀が、2020年の原油価格は25ドルにまで下落し得るという見通しを発表していた。供給面では米国のシェール・オイルを中心に供給過剰が続くのに対し、需要面では米中対立の影響で世界経済が低迷するから。それで、高油価が続かないと国家経済が成り立たないサウジがどのように対応するか注目されていた。

OPEC総会を開いて正攻法で議論しても、加盟国にとっては減産=歳入減少にしかならないから、なかなかまとまらない。

しかし、サウジ自身が施設を爆破するならば、話は違ってくる。特に今回のように生産量のきれいに半分をマーケットから消すことができればインパクトは大きく、油価はすぐ跳ね上がる。産油各国の歳入見通しは大幅変更。また市場から消えた油を穴埋めする代替供給源をどこに求めるかという議論も浮上するから、政治の議論も方向転換する。

爆破犯は、政治の流れを変えたい米国かもしれないし、サウジかもしれないし、近々実現するかもしれない米国・イラン直接交渉を何としても阻止したいイスラエルかもしれない。



サウジ石油施設へ無人機攻撃=親イランのイエメン武装組織
9/14(土) 16:11配信
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000062-jij-m_est
(火災現場の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=sz58GyPoY3o

 【カイロ時事】サウジアラビア国営通信によると、ペルシャ湾に近い東部アブカイクなどにある国営石油会社サウジアラムコの施設2カ所が14日未明(日本時間同日午前)、無人機による攻撃を受けた。

 サウジが内戦に軍事介入しているイエメンの反政府武装組織フーシ派が犯行を主張した。

 施設では火災が起きたが、既に鎮火されたという。フーシ派は系列メディアを通じ「サウジによる侵略と包囲が続く限り、今後も作戦を拡大させる」と警告した。



Russia Considers Possibility Of $25 Oil Next Year
By Julianne Geiger - Sep 09, 2019, 4:00 PM CDT
https://oilprice.com/Energy/Energy-General/Russia-Considers-Possibility-Of-25-Oil-Next-Year.html

Russia is considering the notion that oil prices may be as low as $25 per barrel in 2020, the country’s central bank said in its new forecast published on Monday, as cited by Reuters.

Russia’s Central Bank has forecast in its macroeconomic forecast that oil could possibly hit that low due to falling demand for oil and oil products worldwide, as well as from disappointed global economic growth.

The doom and gloom scenario was just one proposed by the bank. If that risk scenario actually materializes, Russia’s inflation could increase to 7% or 8% next year, on the back of falling gross domestic product to 1.5%– 2%.

Russia is perhaps uniquely positioned to withstand low oil prices, although $25 per barrel is pretty bleak.

One of the reasons why Russia is more impervious to low oil prices compared to its competition is that its currency weakens when oil prices fall. This provides some type of a cushion—at least to some extent—for its lower oil revenues. Russian oil companies can pay their expenses in this weaker ruble, but still rakes in US dollars for its oil exports. Further allowing it to withstand lower prices, are that Russia’s oil company’s taxes are designed to be less as oil prices fall.

So much so is Russia’s ability to adapt to lower oil prices, that it actually struggles with higher oil prices, which dent demand for its oil. Russia’s budget for 2019 was based on $40 oil. Meanwhile, Saudi Arabia needs $80—some say even $85—per barrel.

In August, Russia said its 2019 budget breakeven was at a Urals price of $49.20—the lowest breakeven in more than a decade. This has Russia and Saudi Arabia—colleagues in the current production quotas designed to rebalance the market—at odds, and likely working toward perhaps different goals.

シリア戦は終わった ロシア外相

約8年半でした。各国の利害が、下の地図の状態で均衡が取れた。

Syria20190913.png


この報道を、シリア国営通信は「シリア戦は終わった」の部分だけ削除して報道。ロシア的には終わったが、シリア的にはまだ続く。



Lavrov Says War in Syria Ended, Points Out Need to Overcome Crisis in Country
05:26 13.09.2019
https://sputniknews.com/middleeast/201909131076789677-lavrov-says-war-in-syria-ended-points-out-need-to-overcome-crisis-in-country/

MOSCOW (Sputnik) – Russian Foreign Minister Sergei Lavrov believes that the war in Syria has come to an end and stressed the need to promote a long-lasting settlement of the crisis in the Arab Republic and the Middle East region as a whole .

“The war in Syria has really come to an end. The country is gradually returning to a normal, peaceful life. Some hotspots of tensions remain in the territories that are not controlled by the Syrian government, such as Idlib and the eastern bank of the Euphrates", Lavrov said in an interview with the newspaper Trud.

The minister thinks that the most important goals regarding Syria now are providing humanitarian aid for civilians and “promoting the political process on settling the crisis to achieve stable and long-lasting stabilisation of the situation in the country and the whole Middle East region".

Earlier in the day, Russian Foreign Minister Sergei Lavrov said that the Syrian opposition was playing an important role in the Syrian settlement.

“We believe the formation and launch of the committee designed to develop the constitutional reform will be an important step in advancing the political process led and carried out by the Syrians themselves with the UN's assistance", Lavrov said in an interview with the newspaper Trud. "In fact, convening it will enable the Syrian sides - the government and the opposition - to begin for the first time a direct dialogue on their country's future", he said.

On 12 September Russian President Vladimir Putin met with Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu.

According to the Russian foreign minister, Russia informed Israel about steps that it was taking to "support the efforts of the Syrian government in its fight against terrorists, who still remain in the Idlib zone, and promote issues related to humanitarian assistance and facilitation of the political process in the context of the formation of the constitutional committee".

"We stressed, emphasised, the need – and here the Israelis fully agree with us – to ensure real, in practice, not only in words, respect for the sovereignty and territorial integrity of the Syrian Arab Republic. And in this sense, we on our part highlighted the issues of assisting the Syrian authorities and the Syrians on the whole in their returning to peaceful life", he told reporters.

Lavrov added that Russia had also noted that sanctions the United States and European countries had slapped on the legitimate Syrian government were completely counterproductive.

"We, in my opinion, found understanding from our Israeli counterparts on these issues", the minister said.

Syria has been mired in a civil war since 2011, with government forces fighting against numerous opposition groups as well as militant and terrorist organisations. Russia, along with Turkey and Iran, is a guarantor of the ceasefire in the Arab Republic. Moscow has also been providing humanitarian aid to residents of the crisis-torn country.




米軍が支配しているal-Tanf地区にある難民キャンプに国連が送った食料援助を、米軍が統括しているゲリラが武力で奪い取った。これが米国がシリアで実現している自由と民主主義。

Militants Open Fire in Rukban After Civilians Demand Seized UN Food - Russian MoD
23:58 12.09.2019
https://sputniknews.com/middleeast/201909121076787953-militants-open-fire-in-rukban-after-civilians-demand-seized-un-food---russian-mod/




国連が委託したシリア空爆に関する実態調査報告書の内容。
米軍を中心とする連合軍は、軍事目標と民間人を区別せず、事前に民間人に警告するなど適切な措置を執らずに空爆を何度も繰り返し、多くの市民に死者を出している。これは戦争犯罪である。

UN slams US and allied forces for war crimes & civilian targeting in Syria
Published time: 13 Sep, 2019 00:51
https://www.rt.com/usa/468718-un-slams-us-syria-civilians/

The UN Commission of Inquiry slammed war crimes committed against civilians in Syria by US and allied forces, in a new report that describes how nine years of war has left some parts of the nation “near complete destruction.”

Civilians continue to “bear the brunt of hostilities” at the hands of all parties in the conflict, declares the report by the UN Independent International Commission of Inquiry on the Syrian Arab Republic, published on Wednesday. However, it singles out the US-led international coalition for repeated and indiscriminate targeting of non-combatants.
Also on rt.com US exceptionalism: Exploiting certain Syrians, ignoring others

“International coalition forces failed to employ the necessary precautions to discriminate adequately between military objectives and civilians,” the report states, warning that “launching indiscriminate attacks that result in death or injury to civilians amounts to a war crime in cases where such attacks are conducted recklessly.”

US and allied forces are blamed for “widespread destruction of towns and villages in [Deir ez-Zor] Governorate” and the resulting displacement of thousands, many of whom ended up in the notorious Al-Hol camp, where disease and abysmal conditions reign.

In addition to failing to take precautions to minimize harm to civilians, the report cites the “dire humanitarian conditions” suffered by populations caught between the “widespread corruption, extortion, lack of services and security, and abuse of power” by the US-backed Syrian Democratic Forces (SDF) and the remnants of the Islamic State (IS, formerly ISIS) terrorist group, as well as other groups like the Levant Liberation Organization (also known as Hayat Tahrir al-Sham, an Al-Qaeda affiliate), which it accuses of deliberately terrorizing populations living under Syrian government control.

While Syrian government forces are also criticized for their choice of targets, accused of attacking medical facilities and other protected civilian infrastructure in Idlib, and failing to respect a demilitarized zone drawn up with Russia and Turkey, the US remains an uninvited guest in Syria, adding insult to the injuries inflicted by its military.

Another UN body, the Human Rights Commission, released a report last week eviscerating the US, UK, and France for their part in the humanitarian crisis in Yemen, where a Saudi Arabia-led coalition has been fighting local forces since 2015. The UN HRC declared that aiding and abetting a war crime – by selling weapons a nation knows will be used in the commission of atrocities – is also a war crime.

小室圭は成績優秀ではない

小室圭氏がフォーダム大に入学して1年。試験の成績は15~37位の間だったと発表された。世間では彼の学力について批判が収まった印象を受けているが、解釈が間違っているだろ。

1年目の全額免除の奨学金を受ける条件は、「卓越した成績とリーダーシップ」である。具体的には、2位以下を大きく引き離したダントツの1番でなければならない

小室には通常の講義に加え、マンツーマンで教授が付いて指導していたわけだが、蓋を開けてみたら15位以下だった。つまり彼の上に優秀な人材が14人から36人いた。全くもって「卓越した成績とリーダーシップ」ではなかったことが証明されてしまったのである。

小室圭は全額免除の奨学金を受けるに相応しい人材ではなかった。ならば、どうして1年目に全額免除を受けることができたのか。背後でどのような力が働いたのか、ますます疑惑は深まった。

眞子様は記者会見を開いて釈明すべきであろう。小室が雇った民間弁護士に、いつまで自分の「お気持ち」を好き勝手にしゃべらせておくんだ。いい加減にしろ。



小室圭さん 留学2年目も学費免除の資格、成績優秀と「グッディ!」報じる
8/27(火) 18:26配信
デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000098-dal-ent

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまとの結婚が延期となっている小室圭さんの近況について、27日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」が、留学先の米フォーダム大学で上位の成績を修め、新たに奨学金を得る資格を得たと報じた。

 同番組では「小室さんにとってフォーダム大学での2年目の学生生活がはじまりました」として、夏休み期間を終えて26日から新たな授業がスタートしたことを伝えた。大学寮前からのリポートでは、夏休みを終えた学生達が大きな荷物を携えて戻って来る様子を報じた。しかし、そこに小室さんの姿は無かった。

 小室さんの留学1年目の成績について、小室さんが選択したLLMコースの学生は180人で上位14人には入っていなかったが、「上位15位から37位のブロックに入っていた」「優秀グループに入っていることが明らかになった」とした。

 留学1年目は年間およそ650万円の費用の全額が免除され、「2年目も学費免除の資格を得ていた」と報じた。

日本を多民族社会に変え、外国人参政権を与える 茂木外相

学歴は立派みたいだけど、あんた誰?どこから来たの?

少子高齢化が高速進行中なのに、誰一人として「日本人の人口を増やしましょう」と言わないし、その方向で予算があてがわれない。まるで「日本民族は滅びなさい」と背後に隠れている誰かから命令されているかのように。

下記に引用した茂木氏自身の提言が4つ挙げられているが、(3)(4)を実現するために(1)(2)は必要ない。(1)(2)と(3)(4)は相互に無関係。かつ(1)と(2)も直接関係のない別の話。

先端分野の仕事をするため移住する人は多いが、彼らが移住先を決断する理由に「地方参政権があるから」は存在しない



https://www.motegi.gr.jp/proposal/proposal01.html
一言で言えば21世紀の日本を「多様性のある多民族社会」に変えるということです。

有能な人材が世界から日本に集まり、ここで世界に向けてサクセスストーリーが生まれるという国家を目指すべきです。このための具体的な政策課題として

(1)英語を第2公用語にする
(2)定住外国人に地方参政権を与える
(3)インターネットの接続料はじめ知的生産活動の基本コストを諸外国並みにする
(4)日本の制度やシステムの中で国際基準と合致しないものを一括して見直す、

の4点を提案したいと思います。

5G問題 米中対立で騒がれているが、Nokia製品は中国で製造している

米国によるHuawei社排除が注目されているが、規格に準拠した製品を作る会社がマーケットに複数存在することが重要で、そうすることで供給サイドの寡占を防ぎ、通信会社の独立性が担保される。

米国は中国排除を目的にしていて、スウェーデンEricsson、フィンランドNokia、韓国Samsungは米国陣営だみたいな単純な図式で語られることが多いが、Nokia製品は中国で製造している。米中対立が激化したら、Nokiaは製品供給ができなくなる。



5G Rollout: EU Will Resist US Bullying on Strategic Issues Like Telecommunication - Analyst
08:55 08.09.2019
https://sputniknews.com/analysis/201909081076748848-5g-rollout-eu-will-resist-us-bullying-on-strategic-issues-like-telecommunication---analyst/

As European states appear to be caught by the US-China fight over Huawei, The French telecom company Iliad has announced it had picked Nokia for the expansion of its 5G network in France in a step that the Finnish national broadcaster dubbed a “market turning point”.

Finnish political analyst Petri Krohn has commented on whether there were political motives in the French telecom giant's decision to pick the Finnish company over its Chinese rival.

Sputnik: In your view, what is the reason for the choice of Nokia instead of Huawei?

Petri Krohn: Telephone companies want “strategic independence”. They do not want to be locked into one network supplier. “5G” is a standard, not only for the radio interface between the handset and the network, but also for the network elements and their interaction.

1st generation analogue mobile networks were mainly national endeavours, with each country using their own technology, sometimes multiple competing technologies. The exception was the Nordic Mobile Telephone network NMT. Second-generation digital networks saw the emergence of the pan-European GSM standard that later developed into a global standard. The third generation still saw two competing standards, with the American CDMA2000 challenging the more international 3rd Generation Partnership Project (3GPP) and its UMTS standard. By the fourth generation, there was only one global standard, LTE developed by 3GPP.

Fifth generation mobile telephony, 5G, is another 3GPP standard. It defines the structure of the radio access network and the core network. All network elements should be interchangeable between hardware vendors.

A mobile phone operator placing an order for network elements from some company does not mean that they want to buy a turnkey network form this one vendor. Independence comes from the ability to deploy hardware from all the key vendors, Nokia, Huawei, Ericsson, Samsung.

It is difficult to see a political motive or message in a single deal. Nokia had a better proposal at the right price.

Another issue is continuity. 5G will not replace 4G networks, but will largely rely on 4G core network elements. Nokia has been working with Iliad since 2010. A new technology or radio interface is not a reason to change one’s network supplier [in and of itself].

Sputnik: How do you rate the capacity of Nokia and Huawei to provide 5G networks?

Petri Krohn: Both companies seem to be reaching initial capabilities at about the same time. Pilot networks have already been delivered.

It has been suggested that Huawei gear is cheaper. But Nokia has also been producing its hardware in China. I would not be surprised if both hardware came from the same Foxconn factory in China.

Sputnik: How much was the decision dictated by US pressure to postpone cooperation with Huawei? Can we say that European companies have succumbed to US influence?

Petri Krohn: It is interesting that the announcement comes after Macron’s speech on France’s future role as a "balancing power" between the US and Eurasia.

Buying from a European supplier strengthens Europe’s “strategic independence”. But this independence entails the ability to buy from China, despite US pressure. I believe the EU will resist US bullying on strategic issues like telecommunication. Britain on the other hand is sliding into US dependence, Brexit or no Brexit.

Sputnik: What is the outlook for Huawei in the European market?

Petri Krohn: There are estimates that say Huawei would grab a 25% global market share for 5G networks, with Nokia and Ericsson close behind. Huawei is strongest in Africa.

My best guess is that the European market will be evenly split between Huawei and its two Nordic competitors.

「私は在日3世」。彼女は手を震わせながら、渋谷で聴衆の前に立った。

(1)在日のうち合法入国者は245人だけ。それ以外の在日全員が密入国という重犯罪を犯している。密入国者に権利なし。

(2)韓国では法律で日本を差別している事実があるのに、この点に関する釈明、批判がない。密入国者の子孫の分際で自分勝手な主張は許しません。祖国で保護してもらえ。韓国語ができません?知らんがな、そんなこと。

(3)記事に出てくる元山仁士郎という人は、「韓国は敵なのか?キャンペーン」に署名していない。報道されていることでもあり、大学院生でこのキャンペーンに気付かなかったということはないでしょうよ。署名していないということは、賛同していないということですよ。

(4)参加者は「ライダイハン問題」に関する各自の見解を文章にまとめ、本名を添え、ネット上で公開してください。

(5)今度から「私は在日」というワッペンを付けて町を歩いて下さい。渋谷で演説するくらいだから、できないとは言わせません。私も識別したい。

通名で生粋の日本人を騙す犯罪行為を直ちに止めて下さい。迷惑です。



「私は在日3世」。彼女は手を震わせながら、渋谷で聴衆の前に立った。
9/7(土) 19:30配信
BuzzFeed Japan
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00010004-bfj-soci

「嫌韓」をめぐる一連の報道を受けて、朝鮮半島をルーツとする人々への差別反対と共生を呼びかける「日韓連帯アクション0907 」が9月7日、東京・渋谷で開かれた。有志がネット上で告知して開催。参加者がリレー形式でマイクを持ち、聴衆に思いを訴えた。その中には、在日コリアン3世だと語る女性がいた。彼女が手を震わせながら語った言葉とは。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

「日韓連帯アクション0907」は、沖縄県における米軍普天間基地の名護市辺野古移設に伴う埋め立ての是非を問う県民投票の実現にこぎつけた大学院生の元山仁士郎さん(27)ら5人ほどが開いた。

きっかけは、9月2日発売の小学館『週刊ポスト』(9月13日号)が「韓国なんて要らない」と題した特集を掲載したこと。さらに、TBS・CBC系の情報番組「ゴゴスマ~GoGo Smile(以下・ゴゴスマ)」において、出演者が「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しにゃいかないからね」と発言したことなどだった。
「私は在日3世」。彼女は手を震わせながら、渋谷で聴衆の前に立った。

Kensuke Seya / BuzzFeed
呼びかけ文に書かれた思い

元山さんがTwitterに投稿したアクションの呼びかけ文には、こう記されていた。

“メディアだけではありません。SNS上で、居酒屋で立ち話で、差別意識が私たちの日常会話の中に以前にも増して浸透し始めていると感じます。

当然、こうした状況を受けて朝鮮半島から旅行で訪れる人の数は減っています。そして、日本で暮らす朝鮮半島をルーツに持つ人々は日常のあらゆる場面において、これまで以上に不安を抱えながら生活をしています。

確かに、今の日韓の政治的関係は難しい状況にあります。でも、だからといって韓国・朝鮮半島をルーツに持つ人々に対する差別が許される訳ではありません。“

“差別によって一人一人の存在が脅かされるような社会を望んでいないという気持ちを日本で暮らす人たちへ、そして韓国で暮らす人たちへ示したいと思います。今その気持ちを表明することが大事だと感じます。

私たちは差別のある社会を望んでいない、私たちは一緒に生きていくという思いを持っているということを社会に対して示すために集まりませんか?“

在日コリアン3世の女性が投げかけたこと

この思いに共感した人たちが渋谷に集まった。

時間は約1時間。元山さんら呼びかけ人が、聴衆の前で話したいと名乗り出る参加者にマイクを渡し、話してもらう形をとった。

何人かの参加者が話し終わると、横浜市の在日コリアン3世だと名乗る女性(37)がマイクを握り、話し始めた。

「私は在日3世で、こうやって顔を出すのはできればやめたい。でも、そうは言っていられない。私は日本生まれ、日本育ちで、日本の学校に行ったので韓国語はしゃべれません。『なので韓国に帰れ』と言われても、帰れません」

「『国から出て行け』とか『帰れ』とか言われても、私は一ミリも傷つきません。嫌がらせをしようと思って言ってくるんだと思うんですが、言われ慣れているので」

マイクを必死で握る両手は、小刻みに震えていた。勇気を振り絞って話をしているのがわかった。

「私たちはいま、生きるか死ぬかの瀬戸際にいると思っています。今の時代は、個人情報を簡単に渡せるので、突然いろんな人がやってきて、連れ出されて殺されるってことも想像しています」

「それは私だけじゃなくて、在日の人みんなが少しは考えていることです」

「そんな時代に、マスコミの人たち、日本人の人にお願いがあります。私は殺されても構いません。でも、私より若い世代、未成年、これから生まれてくる子どもがこの国で安全に生きていけるようにしてください」
日本人の人みんなに言いたいこと

「日本人の人みんなに言いたいこと」。そう切り出すと、彼女は次のように願った。

「お友だちとか家族とかで『韓国って危ないよね』『謝罪、謝罪言い過ぎだよね』と言われた時に、『そうだよね』と流すことがあると思うんです」

「私も今まで、『中国人って声が大きいよね』と言われた時、『まあまあ』と適当に流した時がありました。でも、そういうのをやめませんか」

「『韓国人ってなんとかだよね』と言われた時、あなたがそう思わないんだったら『私はそう思わない』って言ってください。それで友だちと喧嘩になっても、別によくないですか」

「社会が崩壊しようとしている時に、そんな友だちいりますか?私たちの社会は急には変わらないけれど、ちゃんとそうやって一人一人が言うことで、半径5メートルは変えていくことはできる。いきなり人が変わったり、マスコミが明日から嫌韓報道をやめたりしません」

「でも、私たち一人一人にできることは小さなことだけなので、やってください。よろしくお願いします」

このスピーチが終わったあと、元山さんはマイクを握ると、「言葉に詰まります」と述べると、続けた。

「なんで今スピーチをした方がここまで言わないといけないのか。私たちは今までいったい何をしてきたのか。そういう思いに駆られます。どうしたらいいんだろうという思いでいっぱいです」

「殺されてもいいと言うような発言もありましたけれど、そんなのダメですよ。彼女の言葉を重く受け止めて、少しずつかもしれないけれど続けていければと思います」

イベント後、彼女は「在日の人が他に話していたら、私は話さないつもりでした」とBuzzFeed Newsに振り返った。

どこの国にルーツを持つか、自分で変えることはできない。その上で、どう日本で生きていきたいと思うのか。そう尋ねると、こう返ってきた。

「私たちは、日本人のみんなと同じように日本にいるだけです。移住はしたいけれど、そんな簡単にはできない。だから、普通に生きていきたいだけです」

「そのために、今は私ができることをするだけです」

元山さんら呼びかけ人によると、今回のアクションには約300人が集まったという。

告知したのが9月3日だっただけに、元山さんは「日本社会に漂っている韓国を蔑むような、雰囲気や差別を煽るムードに対して違和感を持ってる人たちが、急な呼びかけにも関わらず多く集まって驚いています」と手応えを話した。

7日の同日午後6時からは大阪でもアクションが開かれる予定で、今後も同様のアクションを呼びかけたいという。

Stuxnetワームをイランのウラン濃縮施設に仕込んだのはオランダのスパイ

事件当初すぐ指摘されたのは米国とイスラエルの情報機関だが、ドイツとオランダも関係していたことが明らかになった。特に、ウラン濃縮施設のシステムにUSBを差し込んだのはオランダのスパイだった。

関連記事23

(末尾の記事を2019/09/08追記)
イスラエルはStuxnetを、買いたい顧客には誰にでも販売している。



Secret Dutch Mole Aided Stuxnet Virus Attack on Iranian Nuclear Program – Reports
01:11 03.09.2019
https://sputniknews.com/military/201909031076708135-secret-dutch-mole-stuxnet-virus-attack--iranian-nuclear-program/

An Iranian mole recruited by Dutch intelligence was reportedly instrumental in helping the US and Israel install the Stuxnet virus on Iran's nuclear centrifuges in Natantz, according to sources.

According to a report by Yahoo News, the mole was an Iranian engineer recruited by the Dutch intelligence agency AIVD at the behest of the CIA and the Mossad, who provided critical data that helped the US developers target their cyberattack code to the systems at Natantz.

The mole either inserted a USB flash drive with the virus onto Iranian systems, as none of the systems were connected to the internet, or manipulated another person into doing so. The Stuxnet virus ruined around 2,000 Iranian centrifuges, delaying its uranium enrichment plans by as many as a couple of years, according to analysts. Various reports suggested that the Stuxnet virus had been developed by US and Israeli intelligence services to sabotage Iran's nuclear programme. No country, however, has taken responsibility, neither for creating the virus nor for carrying out the attack.

The report cited four intelligence sources who said that the Netherlands and Germany also played a role in the development of the plan along with the US and Israel. Another country believed to be involved is France, while UK intelligence also allegedly played a role. It has been previously reported that Germany contributed technical specifications and knowledge about the industrial control systems made by the German firm Siemens, which were used in the Iranian plant to control the spinning centrifuges. The report said that France is believed to have provided similar intelligence.

The Dutch mole, according to the report, was in a unique position to deliver key intelligence about Iran’s activities to procure equipment from Europe for its nuclear program and about the centrifuges themselves, as the centrifuges at Natantz were based on designs that were reportedly stolen from a Dutch company in the 1970s by Pakistani scientist Abdul Qadeer Khan, who used them for Pakistan’s nuclear program.

Later rounds of cyberattacks on Iran's nuclear program did not require the operative's physical presence in Natantz, but his initial intelligence and physical presence provided the basis for Stuxnet's success. However, an important consequence of the Dutch operative eventually losing access to Natantz was that it may have been a factor that led the Mossad, against US advice, to reportedly act more aggressively with the Stuxnet virus in later stages.

It remains unclear why the information about the mole was made public now. Months after Stuxnet’s discovery, a website in Israel indicated that Iran had arrested and possibly executed several workers at Natantz under the belief that they helped get the malware onto systems at the plant. Two of the intelligence sources who spoke with Yahoo News indicated that there indeed had been loss of life over the Stuxnet program, but didn’t say whether this included the Dutch mole.

Neither the Mossad, nor former Mossad agents or US intelligence agents reportedly involved in operations regarding Iran at the time, have confirmed the existence of the Dutch mole so far.



Unseen War: What Message Does Exposure of Alleged EU Involvement in 2007 US-Israeli Cyber Op Send to Iran?
Opinion
https://sputniknews.com/analysis/201909041076717815-unseen-war-what-message-does-exposure-of-eu-involvement-in-2007-us-israeli-cyber-op-send-to-iran/

On 2 September, Yahoo News broke a story about a Dutch mole who planted Stuxnet, a malicious computer worm that damaged around 2,000 centrifuges and undermined the efficiency of the enrichment process at Iran's secretive nuclear plant near the village of Natanz in 2007.

Citing intelligence sources, a Yahoo News report has shed light on the still unacknowledged "Olympic Games Operation" carried out by Israeli and American secret services along with the Netherlands, Germany and, presumably, France and the UK. The purported joint intelligence operation was aimed at thwarting the Islamic Republic's nuclear programme.

While Berlin allegedly contributed technical specifications about the Siemens control systems at the plant, the Dutch intelligence agency, AIVD, reportedly delivered key intelligence about Iran's activities to purchase equipment for the atomic plant in Europe and placed its mole, an Iranian engineer posing as a mechanic, inside Natanz. The plant's control systems were infected with a malicious code through a USB drive.

The installed malware sabotaged the work of the Iranian centrifuges between 2007 and 2008, while in 2009 and 2010 Western intelligence agencies launched a new version of the virus that was eventually discovered by Iranian specialists. On 29 November 2010, then Iranian President Mahmoud Ahmadinejad officially announced that computer malware had caused problems at the country's Natanz nuclear plant.

According to the media outlet, the CIA and Mossad did not respond to its inquiries about the secret operation while the Dutch agency AIVD declined to comment.
'Unseen Cyber War Has Been Waged for Years'

Jan Van Benthem, a foreign affairs commentator at Nederlands Dagblad, explains that there were several reasons behind the Netherlands' alleged involvement.

"The ultracentrifuge technique Iran used in the reactor in Bushehr was stolen by the Pakistani nuclear scientist Abdul Qadir Khan from the uranium enrichment plant Urenco, in the Netherlands", the journalist recalls. "The technique was not intended for dual-use but had the potential to enrich uranium to weapons grade levels. Khan became known as 'the father of the Pakistani nuclear bomb'. Later, the technique was sold to and used by other countries, such as North Korea, Iran and Libya".

Apart from this, Dutch intelligence agencies "are well established within the western intelligence community", Van Benthem highlights referring to "Nine Eyes", a group of nations that share intelligence. The group includes Australia, Canada, New Zealand, the UK, the US – also known as "Five Eyes" – plus Denmark, France, the Netherlands, and Norway.

"Together with Iranian contacts, this made the Dutch involvement feasible", he remarks.

According to the journalist, "Tehran won't like" the report: "What happened in Bushehr so many years ago, is part of the unseen war which has been waged for years now", he highlights.

The purported covert cyber war continues unabated, as The New York Times revealed in late August 2019. According to the media outlet, US Cyber Command attacked an Iranian shipping management database on 20 June, following attacks on two oil tankers in the Gulf of Oman hastily blamed on the Islamic Republic by Washington, something that Tehran vehemently denied.
The Kokuka Courageous, one of two oil tankers targeted in an apparent attack in the Gulf of Oman
© AP Photo / Jon Gambrell
The Kokuka Courageous, one of two oil tankers targeted in an apparent attack in the Gulf of Oman
'Negotiations With Iran Should Continue'

According to Mark Rossini, a former FBI special agent, the Yahoo News disclosure is "an effort to set the story straight regarding the intentions of Iran to obtain nuclear weapons capabilities" amid the increase in tensions between Washington and Tehran.

The former special agent emphasises the report highlights that Washington's European allies have reportedly been involved in the US efforts to derail the Iranian enrichment process from the very beginning.

"European nations were and needed to be involved since they had/have diplomatic and commercial relations with Iran", Rossini explains. "They are our allies and like us, have a moral and ethical obligation to ensure the safety and security of Israel".

The US and its European allies remain at odds following Donald Trump's unilateral withdrawal from the 2015 Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA), commonly known as the Iran nuclear deal, in May 2018. The US applied economic, trade, and military sanctions against the Islamic Republic specifically targeting the country's oil industry.

US denied us means of defense: We built missiles & US complains.

US denied us nuclear fuel: We made it & US complains.

Now US engages in piracy & threats to prevent Iran from selling oil to traditional customers.

Stop nagging @SecPompeo: We will sell oil to any & all buyers.
— Javad Zarif (@JZarif) 31 августа 2019 г.

​In contrast to Washington, the other signatories to the nuclear deal, including the EU, China, France, Russia, the UK, and Germany, have repeatedly pledged commitment to the provisions of the accords.

French President Emmanuel Macron has recently spearheaded an effort to provide Tehran with economic relief from US sanctions. The plan, reportedly discussed by Macron and his American counterpart Donald Trump on the sidelines of the G7 summit, envisages allowing Iran to sell about 700,000 barrels of oil a day and providing the country with a $15 billion loan in exchange for Tehran's coming back to full compliance with the deal.

The Yahoo News report cast a shadow on EU member states actions, raising the question as to how Iran will respond to their involvement in the US-Israeli operation.

"The Iranian Government already knew everything in the article", Rossini presumes. "So, nothing new to them. Of course the article can now be used to have public conversations about 'Western aggression' against Iran, but that is mostly for the Iranian audiences. Negotiations should and will continue".
'The Report is a Warning Shot'

Anthony Tucker-Jones, a former intelligence analyst with nearly 20 years’ experience in the British Intelligence community, believes that "in a way this report is a warning shot: it reminds Iran what western intelligence agencies are jointly capable of".

Following Washington's withdrawal from the Iran nuclear deal, Tehran has started scaling back its compliance with the accords. Having ruled out bilateral talks with the US, the Islamic Republic warned the EU that it would further cut its commitment under the 2015 JCPOA unless the bloc saves the Macron-proposed pact by 5 September, according to Reuters.

"Trump’s unilateral stance has derailed the six powers agreement, by trying to extend the US-European restrictions on Iran’s nuclear ambitions to include other military programmes", says Anthony Tucker-Jones. "Iran is refusing bilateral talks with the US, but by threatening Europe, Iran is inevitably pushing the two closer together again".

According to the former intelligence analyst, "Europe remains concerned at the prospect of Iran developing nuclear weapons, which will inevitably upset the balance of power in the Middle East and escalate tensions with Israel".

Tucker-Jones suggests that "for all concerned the cyber-attack was a much better option than air strikes": "The conventional military option always puts shipping in the [Persian] Gulf at risk of retaliation and risks a wider war", he says.

Following the May and June 2019 incidents in the Gulf of Oman, Washington came up with a plan of forming a multinational coalition to ensure the security of navigation throughout the Persian Gulf, the Strait of Hormuz, the Bab el-Mandeb strait, and the Gulf of Oman. The initiative, dubbed “Sentinel”, envisages that ships traversing the Strait of Hormuz will be provided with cameras and other equipment while some will be escorted by other vessels. The suggested maritime operation follows a series of steps by the US aimed at beefing up its military presence in the region since the spring of 2019.



Stuxnet virus attack details emerge as Israel eases cyber weapons sale restrictions
Published time: 3 Sep, 2019 02:26
https://www.rt.com/news/467837-dutch-stuxnet-israeli-cyber-weapons/

The Stuxnet virus that decimated Iran’s nuclear program was introduced by a Dutch mole working with the CIA and Mossad, intelligence sources claimed, as Israel is shopping its cyber weapons to anyone with cash to buy.

An Iranian engineer was recruited by the Dutch intelligence agency AIVD, acting under the direction of the CIA and Mossad, to infect some 2,000 Iranian nuclear centrifuges with the catastrophic Stuxnet virus, which set that country’s nuclear program back years, according to intelligence sources who spoke to Yahoo News.
Also on rt.com ‘They tried hard, but failed’: Iran foiled all US attempts to carry out cyber-attacks

The mole, who posed as a mechanic, reportedly provided data that was critical to helping the virus’ developers shape their code to specifically target the systems at the Natanz plant where it was ultimately unleashed, then helped get the virus onto the plant computers using a flash drive. One of the sources called him “the most important way of getting the virus into Natanz.”

While the US and Israel were the primary players behind the initiative, designed to cripple but not destroy Iran’s nuclear program in order to force it to the negotiating table, the Netherlands, Germany, and one other country (believed to be France) were also allegedly involved, motivated by Israel’s insistence that Iran was developing a nuclear bomb. In addition to supplying the agent, the Dutch contributed information about the centrifuges, which were based on designs stolen from a Dutch company in the 1970s by a Pakistani scientist.
Read more
Putin on cyberwarfare: Action causes reaction, you don’t like reaction – let’s talk rules Putin on cyberwarfare: Action causes reaction, you don’t like reaction – let’s talk rules Putin on cyberwarfare: Action causes reaction, you don’t like reaction – let’s talk rules

Stuxnet is widely considered to be the first offensive cyberweapon, launching a “digital arms race” after a new and especially virulent version of the code, reportedly deployed by Mossad against US advice, was brought in by unsuspecting contractors who’d been infected elsewhere after the mole lost his access to the plant. That code not only infected other companies the contractors worked with but spread to thousands of computers worldwide, bringing Stuxnet to public attention by June 2010. The exposure of the virus triggered a paradigm shift in cyber operations and set other countries – including the US’ enemies – clamoring for their own cyberweapons.

Since then, Israel has capitalized on its reputation as one of the prime movers behind the deadly (for computers, at least) virus, selling cyber weapons to countries around the world. And it’s about to get much less particular about whom it sells those weapons to, causing significant concern among cybersecurity and human rights groups who have already accused Tel Aviv of marketing insidious spyware like NSO Group’s Pegasus to repressive regimes who use it to spy on opposition politicians, human rights activists and even journalists.
Also on rt.com WhatsApp vulnerability exploited by Israeli spyware targets human rights campaigners

These abuses occurred under a system that required 12 months or longer to approve cyberweapons sales, with matters further complicated by marketing and export license requirements and sales restricted to tightly-vetted allies. Under the new system, purchases can be approved in as little as four months, and more companies will be eligible to obtain the licenses. More ominously, a larger pool of potential buyers will have access to the devastating cyberweapons.

The Israeli Defense Ministry has justified loosening restrictions by insisting Israeli companies need the freedom to remain competitive in the industry, in defiance of a United Nations call for a global moratorium on cyber weapons sales.

ヒズボラからの対戦車砲に驚き、イスラエル軍が尻尾巻いて逃げる

レバノンとの停戦ラインのすぐ南側にあるイスラエル北部Avivim近くを走っていたイスラエル軍の装甲車を、ヒズボラが対戦車砲コルネットで攻撃。
https://www.youtube.com/watch?v=YCgrH-fbHjo
陸上と空からあらゆる種類のセンサーを駆使しレバノン側の動きを偵察していると一般には信じられているイスラエルだが、実際にはそのような態勢になっておらず、ヒズボラの動きを事前に察知することはできなかった。

ヒズボラ指導者ナスラッラー師が誇らしげに戦果を発表。
https://www.youtube.com/watch?v=fwNnIHBELZc

イスラエル軍の駐屯地はパニックに陥り、兵士は尻尾を巻いて逃げた。誰もいなさそうなので、ロシアのジャーナリストがカメラをもってレバノン側から駐屯地にお邪魔した。ドアには鍵を掛けておらず、開いている。部屋を覗くと書類は放置されており、居間はさっきまでお茶を飲んでいた雰囲気。車両、武器を片付けようとした形跡はない。

その動画と、
https://www.youtube.com/watch?v=ANYDPDk1yY8
以下は文字での解説。



Israel abandons compound, leaves armor & ammo behind: RT films GHOST BASE at Lebanon’s border
Published time: 6 Sep, 2019 14:25
https://www.rt.com/news/468179-israel-lebanon-abandoned-base/

An RT Arabic crew managed to get into an Israeli military base at the border with Lebanon. The outpost was hastily abandoned after a recent showdown with Hezbollah, and the IDF even left behind vehicles and ammunition.

The Avivim military compound was the scene of a skirmish on Sunday between Hezbollah and the Israel Defense Forces (IDF). Hezbollah managed to strike an Israeli military vehicle with an anti-tank guided missile, while the IDF retaliated with artillery shelling and “very limited” use of attack helicopters.

RT visited the base on Tuesday to film what was going on around the compound, only to find it evacuated and with no guards in sight. Eventually, the crew gave in to temptation and took a peek inside.

The retreat from the base was apparently conducted in haste, as many important things were left behind. RT Arabic correspondent Daliya Namari said she “never saw anything like that before” – an Israeli military compound simply abandoned without any visible attempt to secure it from infiltration.

“The Israelis have left the base with its doors wide open. Anyone can go into it, there no checkpoints around,” Namari said.

A couple of armored vehicles were sitting there with their hatches open, and someone left behind their belongings including some documents at the checkpoint.

The barracks had various things lying around as well, including pieces of equipment and small arms magazines.

The compound was apparently evacuated due to the skirmish, but it remains unclear why no guards were left behind.

以前の関係に戻った日韓関係

韓国側が次から次に手を打ってくるのに、日本は全く手が出せず、殴られたら殴られたまま。官房長官が記者会見で「遺憾砲」を繰り返すばかり。一度成立した条例を無効化するのは、かなり困難を極める。こんな立ち振る舞いをするくらいなら、何もしないほうが良かった。日本側に覚悟も信念もないからこうなる。関連記事



菅官房長官、「戦犯企業」不買条例を批判=汚染水処理めぐり韓国に抗議
9/6(金) 18:49配信
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000134-jij-pol

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、韓国の釜山市議会などが特定の日本企業を「戦犯企業」と指定し、その企業の製品購入を控える努力規定を盛り込んだ条例案を可決したことを批判した。

 菅氏は「特定のわが国の企業に対して、不適切で不合理な主張に基づき不当に非難するとともに、経済的不利益を及ぼし得るもので極めて遺憾だ」と述べた。

 菅氏は「世界貿易機関(WTO)協定をはじめ国際ルールと整合的かも含めて韓国側にわが国の懸念を伝えてきており、今後の動きを注視しつつ適切に対応していきたい」とも強調した。

 韓国政府が東京電力福島第1原発の汚染水処理をめぐり国際原子力機関(IAEA)に懸念を伝える書簡を送付したことに関しては、外交ルートを通じて強く抗議したことを明らかにした。菅氏は「科学的根拠に基づかず、いわれのない風評被害を及ぼしかねない」と述べた。

シリア難民のトルコ国内での起業

2011年以降、トルコ国内でシリア難民が設立した会社が1万社あり、1社につき平均7人を雇用している。輸出志向。



Welcoming refugees, Turkey now reaps economic benefits
August 31 2019 11:29:58
http://www.hurriyetdailynews.com/welcoming-refugees-turkey-now-reaps-economic-benefits-146208

Syrian entrepreneurs provide a living for at least 7% of their 3.6 million compatriots in Turkey, according to a study released this week by a Turkish-based think tank.

Analyzing the performance of refugee-driven firms operating in eight provinces near the Syrian border, the Economic Policy Research Foundation of Turkey, (TEPAV) surveyed some 400 companies, about half refugee-driven and half not.

Highlighting Syrians' entrepreneurial spirit, TEPAV, based in the capital Ankara, said more than half (59.4%) of the Syrian business owners were successful.

"A gradual increase in entrepreneurial activity by Syrians was seen in Turkey starting in 2011,” the start of the Syrian civil war, said the report.

“Throughout Turkey some 10,000 companies have been established by Syrians since 2011, with an average of seven people employed per company," it added.

Over 100,000 companies are actively operating in eight pilot provinces mainly in southern and southeastern Turkey, near the Syrian border, it said, including 2,122 firms, or roughly 2% of the total.

Of all Syrian respondents, 24% were first-time entrepreneurs helping refugees establish start-ups, and 84% of them employed fewer than 10 people, while the remaining employed 10-49 people.

The report added that roughly 250,000 Syrians are "benefiting from the advantages of employment by refugee-driven companies.”

The think tank said Syrian companies in Turkey are more export-oriented than their Turkish counterparts.

"Among the surveyed companies, 55.4% of the Syrian businesses are exporting, while only 30.9% of Turkish companies do," the report said, suggesting that due to the competitiveness of the Turkish domestic market, Syrian companies prefer being export-oriented, aided by their many foreign connections.

The study also pointed to a correlation between the rising number of Syrian enterprises in Turkey and trade with Syria climbing to pre-war levels, with more than half of refugee-driven companies being micro-sized and operating predominantly in the service sector.

Also, 75% of surveyed Syrians said before coming to Turkey they had run their own businesses, with roughly 11% having opened a firm in a different country- mostly in Egypt, Saudi Arabia, and the UAE.

These companies benefited the most from "data on foreign market trends" and "information about legal and bureaucratic processes" offered by provincial chambers, said the report.

Geographical proximity to Syria was the key driving force for Syrians founding their business in Turkey, along with the presence of existing commercial relationships.

Compared with Turkish companies, employees and managers of Syrian establishments were more likely to be university graduates, said the study.

Speaking to Anadolu Agency about the study, Murat Kenanoğlu, a policy analyst at TEPAV, said it tried to compare and contrast Turkish and Syrian start-ups.

"We wanted to see the role of the entrepreneurship in Syrian's integration to Turkey's labor market," he said.

He added that entrepreneurship could be a viable alternative to wage employment and could spearhead Syrians' integration into Turkey's formal economy.

Turkey hosts some 3.6 million Syrian refugees, more than any other country in the world.

ローマ字での名前表記「姓→名」に 政府が方針決定

身近なものでは、クレジットカードの登録氏名とパスポート名の違いが問題になる可能性はないのかな?



ローマ字での名前表記「姓→名」に 政府が方針決定
9/6(金) 10:58配信
朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000024-asahi-pol

首相官邸HPでは6日朝の段階では「Shinzo ABE」と名→姓で首相の名が表記されている

 日本人の名前をローマ字で書く際、国の公文書では姓→名の順にすると政府が決めた。柴山昌彦文部科学相が6日、閣議後記者会見で明らかにした。柴山氏は5月にこうした方針を打ち出したものの、政府内での足並みがそろわずに調整が続いていた。

【写真】姓→名の順が持論の河野太郎外相だが、6日朝現在の外務省HPのプロフィルは「Mr.Taro KONO」のまま

 名前のローマ字表記に関しては、2000年に文部省の諮問機関・国語審議会(当時)が、言語や文化の多様性を踏まえる趣旨だとして姓→名が望ましいとの答申をまとめ、文化庁が通知を出した。中学校の英語の教科書は全て02年度版から姓→名になったものの、国際企業の名刺やクレジットカードの印字も名→姓が一般的。首相官邸ホームページ(HP)の英語版でも安倍晋三首相を「Shinzo ABE」と名→姓で記すなど、実際には浸透していなかった。

 柴山氏によると、この日の閣僚懇談会で柴山氏が提案し、政府としても国の文書から姓→名を使い始める方針に合意。今後、各省庁が時期など具体的な取り扱い方について検討する。

80代男性が愛子様に触る

80代というと戦前のしつけ・教育を受けた世代なのに、目の前に現れた皇族に触ってしまった。触らないで挨拶するものですよ。世も末です。



愛子さまが動物園に!プライベート中でも握手の“神対応”
9/6(金) 11:06配信
女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190906-00010004-jisin-soci

「今の愛子さまだよね!? めっちゃラッキーなんだけど!」

若い女性の声が上がる。その視線先にあるバスの車窓からは、愛子さまがほほ笑んでいた。

夏休みも終盤の『那須どうぶつ王国』園内で思いがけず天皇ご一家の姿を目にした人々は、興奮した様子を隠さなかった。

ご静養のために8月19~28日の間、栃木県の那須御用邸に滞在された天皇ご一家。8月26日、同王国に足を運ばれた。あいにく小雨混じりの空模様だったが、愛子さまのお友だち5人とその保護者が合流して動物たちとの触れ合いを楽しまれたのだ。

“プライベート”なお出かけにもかかわらず、愛子さまは王国内を歩きながら居合わせた人々に笑顔でお手振りされる“神対応”。80代の男性は愛子さまと握手をしたという。

「緊張して何も話せませんでしたが、かわいらしく、とても賢そうなお顔をされていました」

同王国の目玉イベントである「バードパフォーマンスショー」は、みんなで並んで観覧。上空から観覧席すれすれにワシやタカ、インコやミミズクが飛んでくると、愛子さまたちは「わー!」「すごく近い!」と歓声を上げて大喜び。そのままぶつかってきそうな迫力に、陛下と愛子さまがそろって頭を抱えられる場面もあった。

客席から指名された小3の男の子の腕にタカをとまらせるパフォーマンスでは「これから〇〇くんの腕にタカの爪が食い込んでいくからね~」という司会の男性のブラックジョークに、愛子さまとご友人ばかりか、陛下と雅子さまからも笑い声が漏れた。

こうして愛子さまは、高校最後となる夏休みをご友人たちと一緒に満喫されたのだった。

北海道か南洋群島か覚えておらず、ひどい目に遭ったと証言しなかった でも日本に賠償請求します 韓国の被害者ビジネス

ほら、馬鹿な韓国人が尻尾を見せた。

いくら何でも北海道とミクロネシアの区別が付かず、どちらに連れて行かれたが覚えていないということはありえない。調査に当たったセンセが、3000人に面会調査したが、ひどい目に遭ったという認識を持たない人たちばかりで、そのような証言を得られなかったとまで自白している。

慰安婦でもホロコーストでも、口数が多く、ペラペラしゃべるやつは嘘つき。本当に辛い思いをした人はしゃべらないものだ。そういう人たちを集めて、福島瑞穂が演技指導したんでしょ。



「日本、国際協約破り戦闘機生産に朝鮮人児童を強制動員」(1)
2019年09月01日12時28分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/149/257149.html?servcode=A00§code=A10

日帝強占期の強制動員に対する戦犯企業の賠償責任をめぐり日本の経済報復などで韓日対立が激化している。こうした中、韓国国内で強制動員研究の専門家と指折り数えられるチョン・ヘギョン博士(日帝強制動員&平和研究会)がこのほど出版した著書『アジア太平洋戦争に動員された朝鮮の子どもたち』で児童の強制動員実態を告発した。チョン博士は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2004年に日帝強制動員の真相究明に向け政府機関として発足した国務総理所属対日抗争期強制動員被害調査と国外強制動員犠牲者など支援委員会(強制動員調査委)で2015年末まで調査課長を務めた。11年間にチョン博士は3000人以上の生存被害者と会い、生々しい証言を聞いた。強制動員に関連した内外各種文書資料を収集する過程でこれまで関心の外に置かれていた児童の実態に注目した。彼らは紡績、軍需、建設など内外のさまざまな工場と現場に動員され劣悪な環境で働かなければならなかった。チョン博士は「強制動員された児童の事例のうち一部だけ見つけ出したもの。全体の規模が全部どれだけになるかは計り難い」とした。20日に中央SUNDAYとのインタビューで「実証研究資料があるのに日本政府の居直るような態度も最も大きい問題だが、徹底した被害真相究明を続けられず疎かにした韓国政府の責任も少なくない」と話した。

◇強制動員被害者180万人、30%は北朝鮮出身

Q:日帝が子どもたちまで戦争遂行のため強制動員したという事実を実証的に明らかにした。

A:「委員会で収集し分析した資料を基に日本で被害者の年齢別に発表したことがあった。日本の学者も驚いていた。当時日本本土の工場法に基づき14歳未満の子どもは動員できないようにした。だが実際には朝鮮人の子どもたちが強制動員された。個人的に把握した事例だけで500人ほどだ。実際にははるかに多くの児童が強制動員されたと推定する」

Q:日本が当時国際法に違反していたとの主張もしたが。

A:「日本はすでに1932年に国際労働機関(ILO)第29号協約(強制労働に関する協約)を批准した。18歳未満は強制労働をできないようにした。だが戦時総動員令を掲げて自分たちが批准した国際協約を無視し違反した。児童強制動員こそ日帝の不法行動を赤裸々に見せる事例だ」

Q:子どもたちは主にどこで働いたか。

A:「満州や南洋群島に行った子どもの中には5~6歳にしかならない子どもたちもいた。家族と一緒に行ったが学校も通えずに動員され、飛行場の滑走路を作る現場で働いたケースがあった。また、米国立議会図書館の資料によると南洋群島のサトウキビ農場で大人と同じように1日10時間以上労働した事例もあった。日帝侵略の象徴であるゼロ戦の部品を削って組み立てる軍需工場にも多くの子どもが動員された。海外だけでなく韓半島(朝鮮半島)各地の炭鉱と土建、紡績工場など多様な現場で働いた」

Q:『反日種族主義』という本が最近議論になった。一部では徴用の強制性を否定する主張も出ている。

A:「1938年に日帝は戦争遂行のため国家総動員法を作った。日本本土だけでなく占領地と植民地などで人と物品そして資金の3種類を総動員できるものだ。違反すれば処罰条項がある『戦時授権法』だった。1938年以前に生活のために仕事を探し自発的に日本に渡った人たちと戦時体制で強制動員された人たちの事例を区別していないところから大きな誤りが生まれた」

Q:『反日種族主義』の主張が誤っているという話なのか。

A:「たとえば『良い条件で金を稼ぎに日本に行く道ができた。金も稼げて学校にも通える』という形で懐柔しだまして連れていったケースが多かった。無理に連れて行けば抵抗が大きく協力にならないためこうした方式を使った。そそのかして連れていけば強制性がないものなのか。だまされた人の過ちなのか、だまして連れて行った当時のシステムが誤ったものなのか」

Q:日本人も朝鮮人と似た位置で同等な条件で働いた事例を出して差別や人権蹂躪を否定する主張もある。

A:「炭鉱坑内で日本人と朝鮮人が一緒に働いた記録があると同等に見るのは間違っている。日本人は鉱脈を探したり、ダイナマイトを爆発させる指示をするなど、朝鮮人とは細部職種が違った。土や石を掘り起こすなど朝鮮人は日本人よりはるかに厳しい職種でつらい労働をした。だが規定より朝鮮人には少ない賃金を支給するなど差別した。関連した実証的研究がすでに日本国内で1990年代に論文でも出てきたことがある。対外的には植民地朝鮮人は同じ日本人といったが、出身地に基づく戸籍法で朝鮮人には差別が加えられ、同等な権利も与えられなかった」

Q:強制動員被害者に多数会って直接証言を聞いたというが。

A:「強制動員調査委員会活動を前後して私が会った被害者は3000人ほどだ。最も残念なのは被害者自身が北海道で働いたのか南洋群島で労役したのか区別もできず、自身がどんな目に遭ったかをうまく表現できない人たちだった。自身が被害者だという認識自体がない人が多かった」

Q:委員会活動当時に寄せられた強制動員被害事例はどれだけになったか。

A:「被害申告だけで21万件だった。過去の盧泰愚(ノ・テウ)政権当時に日本政府から渡された強制動員名簿に記載された48万人(マイクロフィルム)など以前の政権時代に収集された資料まで使って2015年に委員会活動が終了するころに整理した被害者は180万人(一部重複被害者含む)程度だった」

Q:強制動員現場はどれほど多かったのか。

A:「海外を除いても南北合わせて8000カ所を超える。たとえば富平(プピョン)には代表的戦犯企業三菱の社宅があり韓半島最大規模の兵器廠である造兵廠も残っている。強制動員された労働者の人権蹂躪が強行されたところだ。自治体別にこうした現場を調査・保存しながらユネスコ登録の努力を着実にしなければならない。日本は自国内でこうした現場に対する全数調査をすでにすべてしたという。われわれは被害者なのに強制動員現場に対する研究や、調査、保存などの努力があまりない」

◇韓半島内の人権蹂躪現場も8000カ所超える

Q:当時委員会が調査した内容は現在どのように管理されているか。

A:「国家記録院、釜山(プサン)強制動員歴史館、行政自治部傘下過去史業務支援団などに資料が分散した。われわれが収集して分析した資料を使ってウェブコンテンツも作ったが現在は活用されていない。11年間の努力が水の泡になったような感じで、日本に免罪符を与えるのも同然となり残念だ」

Q:ウェブコンテンツはどんな内容なのか。

A:「たとえば強制動員され死亡した人たちの遺骨がどこに埋葬されているのか一般人が簡単に探してみられるようにした。また、団体写真の場合、顔のひとつひとつをすべて拡大して家族が見つけられるようにした。民間でこうしたコンテンツを多様な方面に活用できると良いだろう」

Q:一部では強制動員問題は南北がともに協力すべきという主張もある。

A:「180万人の被害者のうち30%は北朝鮮地域出身と確認された。こうした情報を北側と共有する必要がある。また、現在韓国国内に保管中の北朝鮮出身強制動員犠牲者の遺骨23柱の返還も推進しなければならない。北朝鮮地域3400カ所の動員現場に対する追悼巡礼など南北が一緒にできる事業は多い」

Q:強制動員被害者賠償問題で韓日対立が深い。韓国政府はどうすべきか.

A:「まず国家記録院などにある関連資料を公開し学界など民間が活用できるようにしなければならない。また、徴用者名簿を検証する作業が中断されたが再開しなければならない。日本企業と政府が作ったこのような名簿は強制動員の被害を最も克明に見ることができる資料だ。被害者が直接残した記録や絵など生きた資料を通じわれわれ自ら『被害者性』を回復する努力が必要だ。強制動員被害真相究明をしっかりしてこそ道徳的優位を基に日本と交渉ができないだろうか」。

これが文在寅の政治現状分析

すごく良い点を突いていて笑える。

君たちは韓国だけが悪いと言うが、そもそもはトランプの米国が方針転換したことが原因で、あとは連動して世界のいろんな箇所が軌道修正しているに過ぎない。システムが動揺して当然だ。韓国に対して元に戻れと命令するならば、米国が元に戻りなさい。

問題は、それで最後まで通せるかという点なんです。さあ、どうなりますか。



[記者手帳]アメリカには失望だ
登録:2019-08-27 21:25
ハンギョレ
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/34208.html

 強い憂慮と失望。文在寅(ムン・ジェイン)政府が「韓日軍事情報保護協定」(GSOMIA)の終了を宣言したことに対する米国の反応は、このように縮めることができる。「失望」という用語が同盟に向けた外交的用語としては強度が強いという指摘もあるが、米国がこの間色々な経路でGSOMIAの延長を希望したという点で、必ずしも理解できないことではない。キム・ヒョンジョン大統領府国家安保室2次長も「米国が失望したことは当然と見る」と話した。

 理解し難いのは米国務省の論評だ。米国務省は「文在寅政府の決定は、北東アジアで私たちが直面した安保的挑戦に対する深刻な誤解を示している」と指摘した。GSOMIAの終了決定は「国益のため」という韓国の説明は「無知の為せる業」という話だ。日本の外相が「地域の安保環境を完全に誤認した対応」と明らかにしたのとそっくりだ。脅威に対する認識の差がこれほど克明な同盟が果たしてあるのかと思う。

 同盟だからといって必ずしも堅固だったり、協力するからといって全面的に同意するというわけでないこともある。ときにはガタつきもし、揺さぶられもする。それでもこうした関係が回っていくのは、強い行為者が同盟の利益を分配し、協力の持続性を管理するためだ。植民支配の歴史的清算をめぐり火が点いた韓日の葛藤が、日本のホワイト国からの排除決定と韓国のGSOMIA終了宣言となって爆発した昨今の状況は、米国がそうした指導力を発揮しなかったか、あるいはできなかったということを意味する。

 韓米日の安保協力は、当初米国の構想から出発した「不安な同居」であった。それぞれ異なる過去を持つ韓国と日本を、米国が無理に結んだといっても過言でない。こうした同居が維持されるためには、韓国と日本が過去を問うことも問い詰めることもしてはならない。米国が朴槿恵(パク・クネ)政府の時に慰安婦問題の「最終的で復帰不可能な解決」を押しつけたのもそのためだ。米国は翌年GSOMIAの締結まで成功させることによって結束力を育てた。ここまでは米国の指導力がいかなる形式であれ韓日関係に貫徹されたと言える。

 しかしその後、ドナルド・トランプ大統領が就任し、米国の指導力は消えた。「アメリカ優先主義」を前面に掲げ、あちこちで同盟の価値をコインの水準に落とした。トランプ大統領は、韓米同盟を称賛するのではなく、在韓米軍と合同演習の維持に金ばかりかかるとして不満を言った。日本が平和憲法の改定を推進し、軍国主義化の道を加速化していても知らぬふりをした。日本の軍事的膨張は侵略の過去を喚起させ、それは友好的な韓日関係と両立できない。少なくとも韓米日の安保協力はすでに破綻の兆しを表わしている。

 米国務省が論評で指摘した「北東アジアで直面した安保挑戦」とは、中国の影響力拡大と軍事力増強を指すと見られる。中国の浮上がこの地域に根をおろした米国主導の秩序に亀裂を起こしたという点で、間違った認識ではない。中国は既存の北東アジア秩序を変更しようとし、それは米国の利益と衝突する。米国と中国の衝突は、領域内国家を糾合しようとする縦並び競争につながっている。

 問題は、領域内の国家が互いに複雑な利害関係を持っていて、米中対決構図で単純に取りまとめられないところにある。さらに、領域内国家の力の格差は過去のどの時より狭まっていて、特定分野では順位が変わる勢力移転が起きている。皆が地政学的変化を促進したり方向に影響を与えられる資産を持っているという点で、今の北東アジアの変化は重層的といえる。

 韓日の葛藤は、こうした複雑性が二者の関係に投影された結果だ。韓国は、南北関係の進展と米国・中国との協力を通じて朝鮮半島に恒久的な平和体制を構築しようとしている。日本は、中国を封じ込めようとする米国のインド太平洋戦略に便乗して、平和憲法の鎖を解いて軍事大国になろうとしている。この過程で、韓日関係は明確な座標をつかめずに漂流した。米国は今こそ北東アジアで同盟の利害衝突を反映する一層細心な指導力を発揮しなければならない。

ユ・ガンムン統一外交チーム先任記者

WTOで日本が韓国に負けたのは予算が足りなかったから! と外務省が主張

数年前に日本の対外広報活動を強化するという名目で予算を増やし、主要都市に専用のセンターを新設した経緯があるが、「女を銃剣で脅して性奴隷にした日本」のイメージは消えず、慰安婦像は世界で増殖した。外交官と空調が整った部屋の数を増やしたところで、仕事の成果に直結しない。

韓国外務省の予算は日本よりずっと少ないから、韓国の外交官は人数が少ないし、みすぼらしい格好をしてたりするというのに、それでも日本と争って勝つのだから、日本の外交官が身につけるべきは韓国外交官のような貪欲さだろう。韓国人は何度断られても、官民一体になってアタックする。毎晩作戦会議を開いている。

ぬけぬけと予算を請求するあたり、「欲しがりません勝つまでは」の精神が微塵も感じられない。外務省だって主力は東大法学部卒なのに、弁護士が1人いなかったから負けたのかね?違うと思うけど。あなた、どう思います?

私の耳には、「消費税増税したのだから、その分け前は当然にしていただきますよ」と聞こえる。



外務省、WTO経費を倍増要求へ 20年度、敗訴受け
8/26(月) 18:22配信
共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000118-kyodonews-pol

 外務省は2020年度予算概算要求で、世界貿易機関(WTO)の関連経費を19年度当初予算の1億2千万円から2億5千万円に倍増させる方針を固めた。韓国による日本産水産物の輸入禁止措置を巡り、WTO上級委員会で敗訴した経緯を踏まえた。紛争への対応力を強化するとともに、WTO改革を主導する狙いがある。関係者が26日明らかにした。概算要求の総額は、19年度当初比約9%増の7939億円。

 WTO関連では、通商問題を扱う弁護士事務所から助言を受けるための委託費や専門知識を持つ職員の人件費として1億5千万円を計上。関連会合への参加経費は1億円とした。

韓国のGSOMIA破棄で日米はダメージ・コントロールに走る

ロシア、中国、イラン、シリアを相手に、米国が制裁を発表した回数と決断の気軽さと比較すれば、韓国ごとき存在に公衆の面前で顔に泥を塗られた米国が、「懸念と強い失望」を表明するだけに留まっている状態は、米国が韓国の取り扱いに苦慮している現実を暴露している。地政学的な位置が良ければ、韓国程度の国が米国相手にこれだけの外交をぶちまけることができる。

米国が対韓制裁できないのだから、日本が対韓制裁できるはずがない。韓国をこれ以上怒らせてはならぬと、予定していた追加制裁(用語は規制でも何でもいい)は発動しないように、また日本国内で韓国製品ボイコット運動が起きないよう神経を尖らせている始末。韓国が竹島で過去最大の軍事演習が実施したら、日本は相手に届かない遺憾砲を静かに発射。無様な腰砕け日本は、フッ化水素の輸出申請が役所の窓口に提出されたら、どのように処理するのでしょうか。量が不自然に多くても、届け先が怪しく感じられても、韓国を怒らせないために許可を出しそうな気がしませんか。

要するに米国も日本も、米国が受けたダメージ・コントロールの演技をしているのです。GSOMIAが破棄されても日米韓の三角形は健在です、と世界にアピールしたいがために。

もちろん、文在寅が打ち上げている政治経済の構想がすんなり実現するはずなどなく、文が自らコケることを日米は期待しているようだが、家庭レベルで反日教育をしている国では、大統領が替わったところでやはり反日政策は続くのであり、従って韓国をめぐる頭痛は終わらない。

日韓が争っている状態は、米国にとり利益がある。米国に対する忠誠心が韓国より上回ることを証明したい日本が、日米農産物交渉で期待通りの譲歩をした。それでいて、日本車の対米輸出に課せられる関税を引き下げることには失敗した。誰得?って話。

EUが導入した対ロシア制裁に対してロシアが発動した報復措置のため、大量に余ったEU産乳製品の処理について、先に合意した日欧EPAで日本が引き取ることになった。米の対中制裁のせいで余った米国産トウモロコシは、日本が引き取る。ロシアと中国が発動した制裁で発生した赤字を、日本の富で丸ごと穴埋めした=日本の富が流出するわけで、おかげで私たちの生活はまた苦しくなる。

米国にくっついていれば安心みたいなことをことさら主張する人が多いが、イングランド銀行(中銀)総裁が、米国経済はもう駄目で救いようがないから、(フェイスブックが考案中のLibraみたいな)暗号通貨にその役割を代替させ、ドルにのしかかっている負担を時間を掛けて減らしていくという提案をし、注目を浴びている。公人が、ドルを捨てましょうと提案した。

となると、世界で最も米国債を保有している日本の動向に注目が集まる。一番先に全額両替してしまえば、あとは値上がり益がすべて日本のものになるが、実際に日本が投げ売りしたら国債市場が大変なことになるから、抑制的に何年もかけて売りさばいていくことになる。ということは両替し終えたときの価値は、現在の保有額より大きく毀損する。

ほんと誰得?いつまでこのゲームを続けるの?



韓国政府「国益に合致しない」としてGSOMIAの終了を決定
登録:2019-08-23 01:47
ハンギョレ
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/34172.html

「日本、安全保障問題を理由に輸出規制 
両国間の安保協力に重大な変化をもたらした」 
外交的解決に向けた努力に反応示さず 
協定終了の決定的な要因として作用 
大統領府「米国と協議…韓国の立場は理解されている」 

 大統領府が22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長しないことにした。今回のGSOMIA終了決定は、日本の根拠のない貿易報復措置に対抗するという韓国政府の断固たる意志を明らかにしたもので、韓日関係は長期対峙局面に入った。

 キム・ユグン大統領府国家安保室1次長兼国家安全保障会議(NSC)事務処長は同日、大統領府で記者会見を開き、「政府はGSOMIAの終了を決定しており、協定の根拠に基づいて、延長通知期限(8月24日)前に外交チャンネルを通じて日本政府に通知する予定」だと発表した。キム次長は「日本政府が8月2日、明確な根拠を提示せず、韓日間の信頼が損なわれて安保上の問題が発生したとの理由で、『輸出貿易管理令別表第3の地域』(現在グループA)から韓国を除外し、両国間の安保協力環境に重大な変化をもたらした」とし、「このような状況では、安保上敏感な軍事情報交流を目的に締結されたこの協定を持続することが国益に合致しないと判断した」と説明した。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領はGSOMIAの終了を決定したNSCの報告を受け、李洛淵(イ・ナギョン)首相やNSCの主要関係者らと1時間ほど討論した後、これを裁可した。2016年11月に締結されたGSOMIAは1年単位で延長され、終了90日前を延長の可否を通知するよう定めている。

 大統領府はGSOMIA終了の責任が日本にあることを明確にした。大統領府関係者は「敏感な軍事情報の相互交換は友好国間の安保協力を前提に行われるもの」だとし、「日本がまず何の根拠と説明もなく、安保上の理由で韓国をホワイト国から除外する措置を取った」と述べた。

 政府のGSOMIAの終了決定には、文大統領が15日の光復節記念演説で、慰安婦や強制徴用問題を言及しないなど、外交的解決に向けた努力を傾けたにもかかわらず、日本政府の態度変化がなかった点が決定的要因として作用した。文大統領は演説で、来年の東京五輪の成功を祈りながら、「今からでも日本が対話と協力の道へ出てくれば、喜んで手を握る」と提案した。別の大統領府関係者は「日本側に文大統領の光復節記念式典の演説の一部を事前に送ったが、何の反応もなかった。20日に協定を終了する方向で事実上結論が出た」と述べた。

 大統領府は「GSOMIAの終了による安保の空白や韓米同盟の弱体化はない」と強調した。大統領府関係者は「米国と協定終了の可否について緊密に、ほぼリアルタイムで協議しており、発表直前にもコミュニケーションを取った。米国も韓国政府の立場を理解している」と述べた。「協定が終了しても、韓国政府と韓米連合資産を通じて、朝鮮半島の周辺状況については綿密な備えと監視が可能だ。朝米が対話を模索する状況なので、安保にも(空白がないという)自信がある」と強調した。



GSOMIA破棄「米の安保機能も低下」 元海自司令官・香田氏(徳島県出身)
8/24(土) 10:36配信
徳島新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-03247380-tokushimav-l36

 韓国政府が、GSOMIAの破棄を日本に通告した。徳島県美馬市出身で海上自衛隊・元自衛艦隊司令官の香田洋二氏(69)=横浜市=に、東アジアの安全保障への影響や今後の日韓関係について聞いた。

 歴史問題から貿易問題に発展して日韓が対立していたが、私も含めた軍事・外交の専門家の見方はほとんどが「安全保障は別だろう」というものだった。それだけに、非常に衝撃的で落胆するものだ。

 韓国としては国益にならない最悪の選択をした。日韓ともに単独では安全保障を全うできない国で、日米韓の三角形でこの地域の安全を保っている。日韓が機能しないとなると米国の安全保障の機能まで下げてしまう。それは中国やロシアといった大国に対する能力の低下につながるもので、米国の失望、怒りは相当に大きいだろう。

 軍事情報の面でみると、日本より韓国の方が、失うものがはるかに大きい。日本は情報収集能力が高く、米国との関係も良好だ。ただ、全く痛くないかというと、そうではない。この地域での米国の影響力が相対的に低下し、米中や米ロの力関係も含め、いろんな影響が出る可能性がある。国際情勢の注視が必要だ。

 日韓関係は今後、冷却期間を置かざるを得ない。GSOMIAをつなぎながらそれを利用して最悪の状態を脱するための協議をするべきだったが、その努力をする余地もなくなった。それは深刻に捉えるべきだ。



米、韓国に「強い懸念」表明 日本との情報協定破棄受け
8/23(金) 3:28配信
AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000001-jij_afp-int

【AFP=時事】(更新)韓国が日本との軍事情報共有協定の破棄を発表したことを受け、米国は22日、「強い懸念と失望」を表明した。日本と韓国の間では貿易・外交上の対立が激化の一途をたどっている。

【写真】韓国で日本政府への抗議デモ、ろうそくを手に「ノー・アベ」

 日韓両国は、韓国の裁判所が第2次世界大戦(World War II)中の徴用工問題をめぐり日本企業に対し賠償金の支払いを命じたことを受け、対立を続けている。日本は対抗措置として今月、輸出手続きで優遇措置を受けられる「ホワイト国」リストから韓国を除外した。

 米国防総省のデーブ・イーストバーン(Dave Eastburn)報道官は声明で、「国防総省は、韓国が日本と結んでいた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の更新を文(在寅、ムン・ジェイン、Moon Jae-in)政権が差し控えたことに対し、強い懸念と失望の意を表明する」と表明。「われわれの相互防衛と安全保障の関係は、日韓関係の別の分野で摩擦があろうとも一体性が保持されねばならないと強く信じている」と述べた。

 日本の河野太郎(Taro Kono)外相は韓国の同協定破棄について「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ」と表明。「韓国側の主張は全く受け入れられず、韓国政府に対し断固として抗議する」と述べ、駐日韓国大使を政府庁舎に呼び抗議したことを明らかにした。



日本政府、韓国軍訓練に抗議=菅官房長官「受け入れられぬ」
8/25(日) 11:42配信
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000046-jij-pol

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は25日、韓国海軍が島根県竹島(韓国名・独島)で軍事訓練を開始したことを受け、駐日韓国次席公使に電話で抗議し、訓練中止を求めた。

 
 金杉氏は「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかに日本固有の領土だ」と強調。「訓練は到底受け入れられず極めて遺憾だ」と伝えた。次席公使は韓国側の立場を述べた。

 ソウルでも日本大使館の実生泰介公使が韓国外務省に同様の抗議を行った。

 これに関し、菅義偉官房長官は25日、東京都内で記者団に「竹島がわが国固有の領土であることに照らして受け入れられない」と強調した。



「韓国は金正恩になめられている」トランプ氏がG7サミットで言及
8/26(月) 5:00配信
産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000513-san-pol

 先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)初日の24日夜(日本時間25日午前)の外交安全保障に関する討議で、トランプ米大統領が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を批判していたことがわかった。複数の政府関係者が明らかにした。米国の再三の要請にもかかわらず、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄したことや、いわゆる徴用工問題など、韓国の不誠実な対応が背景にあるとみられる。

 「韓国の態度はひどい。賢くない。彼らは金正恩(キム・ジョンウン)(朝鮮労働党委員長)になめられている」

 イラン情勢に関する議論が終わった直後、トランプ氏は突然、安倍晋三首相をみながら韓国を批判した。首相は韓国には一切言及せず、笑みを浮かべただけだったという。トランプ氏は「金氏は文氏を信用できないと言っている」とも述べた。



米牛肉関税下げ、貿易交渉署名へ 乳製品も、トウモロコシ追加輸入
8/26(月) 10:32配信
共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000048-kyodonews-bus_all

 【ビアリッツ共同】日米両政府は25日、フランス南西部ビアリッツでの首脳会談後に開いた共同記者発表で、貿易交渉で大枠合意し、9月末の協定署名を目指す意向を示した。早ければ年内にも発効する。米側は日本に輸出する自国産の牛肉や乳製品など幅広い品目が関税撤廃や削減の対象となると説明した。米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)の水準が上限の見込みだが、合意内容を明らかにしていない点が多く、行方が焦点。国内農家には試練となる。

 米国産トウモロコシについては、民間企業が9月以降、輸入を前倒しし、飼料用約250万トンを追加輸入する見通し。年間輸入量の約3カ月分。



日米貿易協定、9月下旬署名へ=農産物はTPP水準-首脳会談
8/26(月) 10:22配信
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000029-jij-pol

 【ビアリッツ(仏南西部)時事】日米両政府は25日、新たな貿易協定締結交渉で基本合意した。

 9月下旬の協定書署名を目指す。日本は牛肉や豚肉など米国産農産物に対し、昨年末に発効した環太平洋連携協定(TPP)の水準まで市場開放する。ただ、米国が検討する日本車への追加関税回避の確約を得るには至らず、火種は残った。

 協定が署名されれば、国内では10月に想定される臨時国会で議論されるが、自動車問題が解決しないまま残れば、批判を浴びる可能性がある。

 安倍晋三首相とトランプ大統領が同日、仏ビアリッツで会談。基本合意を確認した上で、協定文書作成などの事務作業を急ぐよう指示した。

 基本合意では、日本の農産物市場開放は、TPPの水準を上限とした。TPPでは、牛肉関税は現行の38.5%から段階的に9%まで引き下げる。茂木敏充経済再生担当相は「米国がTPP加盟国に劣後しない状況を実現する」と説明した。米国は、工業品で譲歩し、幅広い品目で関税撤廃・削減に応じた。一方、日本が求めていた米国の自動車関税の撤廃は見送られた。

 安倍首相は首脳会談で、米国産飼料用トウモロコシについて、日本の民間企業による250万トン規模の購入計画を説明した。米中貿易摩擦の激化で、米国は穀物の対中輸出が厳しい状況。日本企業が一部を買い入れて支援する形だ。

 今後は、米国による日本車への追加関税を回避できるかどうかが焦点。米国は安全保障上の脅威として、25%とみられている上乗せ関税を検討している。貿易協定の交渉中は発動しないとしつつも、11月にも判断するとしていた。自動車業界にとって、米国は輸出額全体の3割以上を占める最大の輸出先。追加関税が適用されれば、国内経済や雇用への悪影響が避けられない。

 トランプ大統領は25日午後の会見で、日本車への関税について「日本の関税は変えない」と発言。これを受け、茂木氏は「追加関税は適用しないということだ」との認識を示した。ただ、「追加関税発動の判断は大統領の専権事項」(日本政府高官)とされる。トランプ氏がどのように最終決断するか、予断を許さない状況だ。



Mark Carney: dollar is too dominant and could be replaced by digital currency
Bank of England governor says stockpiling dollars has become a barrier to global trade
Phillip Inman
Fri 23 Aug 2019 20.01 BST
https://www.theguardian.com/business/2019/aug/23/mark-carney-dollar-dominant-replaced-digital-currency

The Bank of England governor, Mark Carney, has challenged the dollar’s position as the world’s reserve currency, arguing that it could be replaced by a global digital alternative to end a savings glut that resulted in 10 years of low inflation and ultra-low interest rates.

Likening the move to the end of sterling’s command of international money markets 100 years ago, Carney said the dollar had reached a level of dominance that meant it was a barrier to a sustainable recovery.

He said a new digital currency backed by a large group of nations would unlock dollar funds that governments currently hoard as an insurance policy in uncertain times.

Governments stockpile dollars to insure against swings in the US economy, which in recent times have intensified, leading to a significant rise in the cost of borrowing.

A digital currency “could dampen the domineering influence of the US dollar on global trade”, Carney said in a speech at the gathering of central bankers from around the world in Jackson Hole, Wyoming. “If the share of trade invoiced in [a digital currency] were to rise, shocks in the US would have less potent spillovers through exchange rates, and trade would become less synchronised across countries.

“The dollar’s influence on global financial conditions could similarly decline if a financial architecture developed around the new [digital currency] and it displaced the dollar’s dominance in credit markets. By reducing the influence of the US on the global financial cycle, this would help reduce the volatility of capital flows to emerging market economies.”

The Chinese currency, the renminbi, has been cited as an alternative to the dollar along with proposed digital currencies such as Facebook’s Libra. Carney said neither was in a position to take over from the dollar, but new technologies could allow for a global digital currency to challenge the US currency.

Digital currencies have attracted the attention of central banks in the past year as the prospect of mobile business and consumer transactions has become more popular.

Earlier this year the Bank of England welcomed Facebook’s Libra initiative, which was seen as a challenge to Bitcoin and other cryptocurrencies. Bank officials said the initiative, which was backed by several banks, could be a useful addition to trading goods and services.

A succession of central banks have criticised Libra, however, saying it lacks the rules and regulations to be a reliable currency. The European commission opened an anti-trust investigation into Libra earlier this week, saying it feared the private digital currency could could unfairly disadvantage rivals and be open to abuse.

In what appeared to be a warmer response to Libra, Carney said: “Retail transactions are taking place increasingly online rather than on the high street, and through electronic payments over cash.

“The most high-profile of these has been Libra, a new payments infrastructure based on an international stablecoin fully backed by reserve assets in a basket of currencies including the US dollar, the euro and sterling. It could be exchanged between users on messaging platforms and with participating retailers.

“There are a host of fundamental issues that Libra must address, ranging from privacy to operational resilience. In addition, depending on its design, it could have substantial implications for both monetary and financial stability.”
Sign up to the daily Business Today email or follow Guardian Business on Twitter at @BusinessDesk

Carney said the UK economy was suffering from several years of under-investment, mostly in response to the uncertainty surrounding Brexit. A further deterioration in GDP growth could force the Bank’s monetary policy committee to cut interest rates, he said. Carney would be minded to cut in the event of a downturn brought on by a no-deal departure from the EU.

シリア軍がイドリブ県南部ハーン・シャイフーンを奪還

化学兵器使用疑惑について、OPCWが決められた手順に反し、出所不明の検査結果を基に作成した報告書で一頃騒がれた、北西部イドリブ県南部のハーン・シャイフーンを、シリア政府軍が奪還した。

以前の停戦協定では、トルコ軍が反政府ゲリラを統率する責任を負っていたが、ハーン・シャイフーンからの砲弾発射が止まないため、停戦合意違反を理由にロシア軍とシリア軍が合同作戦を実施し、トルコ政府軍とゲリラに撤退を迫った。

米露対立の軸で言えば米軍退却なのだが、都合の悪いニュースの報道にはだんまりを決め込むのであった。



Syrian Army to Advance to Idlib Province After Liberating Khan Sheikhoun
17:42 23.08.2019
https://sputniknews.com/middleeast/201908231076620347-syrian-army-to-advance-to-idlib-province-after-liberating-khan-sheikhoun-in-northern-hama/

DAMASCUS (Sputnik) - The General Staff of the Syrian Armed Forces announced on Friday the plans to advance further north after the liberation of the town of Khan Sheikhoun in Idlib and a number of other settlements in the north of Hama province.

"After intensive strikes during the previous days and the complete encirclement of the terrorists completely in the north of Hama, our brave soldiers were able to liberate the following settlements: Khan Sheikhoun, Morek, Ltamenah, Tall as Sayyad, Latmeen, Kafr Zita, Lahaya and others,” a spokesman for the General Staff said in a statement aired by state-run Ikhbariya television.

"The advance continues at a rapid pace as the army intends to liberate the entire territory of Syria from the dirt of terrorists and their patrons," the statement said.

According to the statement, work is underway to clear the liberated settlements of mines and other explosive devices.

Earlier in the day, a military source said that the Syrian troops had gained control over the villages of Kafr Zita, Ltamenah, Latmeen, Tal Fas north of Hama.



Army General Command announces liberating khan Sheikhoun, a number of villages, towns and strategic hills in Hama and Idleb Countryside
23 August، 2019
https://sana.sy/en/?p=171716

Damascus, SANA- The General Command of the Army and Armed Forces announced liberating khan Sheikhoun city, towns of Morek, Latamina, M’aerkaba, and Lahaya Gharbiyah, Lahaya Sharqiyah, Kaab al-Faras, and a number of strategic hills in Hama northern countryside and Idleb southern countryside after inflicting heavy losses upon terrorists in personnel and arms.

In a statement on Friday, the General Command said with great determination and absolute confidence in victory, our armed forces operating in north Hama and south of Idleb continued advance , chasing down armed terrorist organizations, which were positioned in the area, inflicting heavy losses upon them in personnel and arms.

The General Command added that after intensive strikes over the past days on positions of terrorists in Hama northern countryside, our brave soldiers managed to clear the following towns and villages: khan Sheikhoun , Morek, Latamina, Talet al-Saiyad, al-Mistwd’at, Wadi al-Anz, Wadi al-Assal, Kafar Zita, Latmin, M’aerkaba ,and Lahaya Gharbiyah, Lahaya Sharqiyah, Tal Fas, Tal Latmin, Wadi Hasmin, Wadi Qasmin, and Kaab al-Faras.

The General Command indicated that the progress is underway and that made the armed terrorist groups lose their ability to stop our army’s heroes ,who are determined to clear all the Syrian territory from the terrorism and its supporters.

The statement added that the General Command of the Army and Armed Forces announce the areas and their surroundings free of armed terrorism , and confirms that the work is underway to clear all these villages and towns from IEDs, and dense minefields planted by terrorists when they were positioned there to enable the citizens to return their houses and farmlands as soon as possible.

2018年12月末の特別永住者数28万8737人

18年12月の在留外国人統計 数・比率とも減少の在日同胞
統一日報
2019年08月15日
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86374&thread=04

 法務省は7月25日、2018年12月の在留外国人統計を発表した。

統計によると、日本に滞在している外国人は17年12月の256万1848人から16万9245人が増え273万1093人となった。韓国籍者は44万9634人で16・46%を占め、17年の45万0663人、17・59%に比べ数も比率も減った。特別永住者は29万5826人から28万8737人に減った

北韓国籍者は17年の3万859人から2万9559人となり、日本に滞在している北韓国籍者はもはや3万人にも満たない。
昨年に続いて中国国籍者が最も多い外国人だった。17年の73万890人から74万6720人になり数は増加したが、外国人全体の比率では28・52%から28%に減少した。

横浜の韓国総領事が清水市の暴力団本部で公務実施 セクハラ事件も起こす

普通の国家公務員が暴力団と親和性が高いのが韓国。昔からこの種のニュースがいろいろあった。



李明烈・駐横浜総領事、部下ににセクハラ疑惑
反社会的勢力とのかかわりも取りざた
統一日報
2019年08月13日
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86348&thread=01r01

 韓日関係の悪化が懸念されているこの時期に、国の顔として内外の模範となるべき駐日外交官がセクハラ疑惑で取り調べを受る事態となっている。それだけではなく、日本の反社会勢力と深く関わった疑いも受けている。

 李明烈駐横浜総領事(54)が、部下の女性職員に対するセクハラ疑惑で韓国の警察から取り調べを受けている事実が明らかとなった。

 韓日関係が悪化する中で発生した李総領事のスキャンダルに対し、康京和外交部長官が謝罪した。

 康長官は7月日、国会外交統一委員会外交部懸案質疑の場で「(海外公館で)残念な事件が続いており、大変申し訳なく思う」と語った。

 現在は取り調べの段階で「疑惑」に留まってはいるものの、当事者以外にも目撃者がいることから、セクハラ疑惑は事実である可能性が高いものとみられる。

 今年3月頃、横浜領事館の当該女性職員は、国民権益委員会に対し直接被害を申告。李総領事から少なくとも3回にわたってセクハラを受けたと警察に証言したと伝えられている。

 また、李総領事のセクハラを目撃した民団幹部A氏は昨年8月、外交部の調査に応じ、最近もソウルで韓国警察に関連事実を証言した。外交部は、最低でも1年前には李総領事の疑惑を把握していたにも関わらず、なぜ今まで何の対策も行わなかったのかという疑問が残る。

 李総領事を取り巻くスキャンダルについて「名前を伏せる」との条件で語ったある駐日公館員は「来るべき時が来た」と明かし、事件を把握していたことを示唆した。

 また、在日同胞B氏は「数十年にわたり韓国から赴任した公館長に接してきたが、これまでの中で最悪の人物だった」と明かした。

 李総領事がかつて副総領事として勤務していた大阪では、怒りを露わにする人もいる。大阪で勤務経験のある元教育関係者は「民族学校・白頭学院の建て直し工事の支援金が教育部から大阪総領事館に入金された。しかし、当時の領事館で役員級だった人物が白頭学院と金剛学園の統合を強要するなどの騒動を起こし、1年近く政府支援金の支給を遅らせた経緯がある。李氏がそれに関与した領事の1人であることは、大阪の同胞社会では公然の秘密だ」と語った。

 総領事のスキャンダルは現在、セクハラ問題に限定されている。しかし、捜査の範囲が拡大される可能性も出てきている。最も深刻な問題は、総領事が反社会的勢力を庇護したという疑惑だ。この疑惑は横浜に限らず、東京の在日同胞の間でも周知の事実となっている。

 横浜総領事館が静岡県清水市の警察庁指定暴力団組織を庇護しているという疑惑は、前任の朱重徹総領事の赴任時にさかのぼる。朱前総領事は、通常の在任期間である3年を経ないまま帰国した。事情通によると、その理由は反社会的勢力と関係を取り沙汰されたからだと証言する。

 反社会的勢力との噂は、李総領事の赴任後も絶えることはなかった。

 李総領事が赴任した際に、民団中央の幹部3人が李総領事を訪ね暴力団とその〝頭〟とのかかわりを地域新聞報道など証拠を提示して問い質した、李総領事は「その人物は反社会的勢力の一員ではない」と反論したため当惑したという。

 その後、民団幹部が静岡県の議員と警察に直接確認した結果「反社会的勢力の一員であることは間違いない」との回答を得た。

 李総領事はが赴任した2017年4月以降、横浜総領事館は反社会的勢力の総本部で「巡回領事業務」を1年に1~2回ずつ実施した。その後も日本の警察庁指定暴力団の〝頭〟を、公館主催のイベントに頻繁に参加させていた

 それだけではない。指定暴力団の〝頭〟は朱重徹・前総領事の在任中だった2016年、ソウルで開かれた「世界韓人の日」にも参加し、大統領と写真を撮っていた

 政府関係者によると〝頭〟はは当時、横浜総領事館の推薦を受け、大統領が出席する国家記念日の参加資格を得た。

文在寅 親北分子を新駐米大使に内定 米国が入国拒否

韓国が喧嘩をふっかけているのは日本だけかと思っていたら、米国に対してもミラクルなことをやらかしていたのでした。



駐米大使候補を忌避人物に認定
米政府も持て余す文政権の存在
統一日報
2019年08月15日
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86349&thread=01r01

米国が文在寅政権に対して目に見える形で警告を送り始めた。ソウルを訪問する外国の要人がいない中、米国だけは外交安保当局者たちを韓国に送り、文政権に韓米同盟の維持を強調している。米国は、訪北した外国人のビザなしの米国入国を中断した。韓国社会が植民地時代の案件に対しては謝罪を要求しつつ、現在も行われている共産全体主義体制による反文明的な犯罪について批判も追及もせず、この悪の体制と連帯すれば、韓国にまともな未来はないだろう。中国共産全体主義体制との戦争に入った米国にとって、文政権は本当に困った同盟国だ。

反米・反日の主思派政権を嘲笑う金正恩

 米国と文政権の緊張が高まったのは、文在寅が自分の外交安保特別補佐官を駐米大使に内定したと発表したことに起因する。文在寅は、これまで法に基づく人事聴聞会の結果を無視、親北・反米の人物を起用してきた。しかし、駐米大使は米国の同意(アグレマン)が必要だ。反米的人物を指名するのは、米国への侮辱だ。

文在寅は今月9日、文政権の後期を担当する内閣の陣容を発表(指名)した。公務員になる資格もない反米・親北人物がほとんどだ。特に、前青瓦台民情首席の曺國を法務部長官に指名した。曺国は極左の南韓社会主義同盟の出身だ。

今回の人事で注目されたのが駐米大使だ。文在寅は先月、自分の外交安保特別補佐官の文正仁を駐米大使に内定した。文正仁は代表的な親北・反米人物だ。ところが正式な任命発表の前日、文正仁は駐米大使職を辞退した。米国側が非公開に忌避人物として通告したと見られる。文正仁への忌避人物宣言は事実上、文在寅自身を避けるべき人物と宣言したも同然だ。

米国はまた、2011年3月以降、北韓を訪問した韓国人に対し今月6日からビザなしの米国入国を規制すると発表した。この措置は、明白かつ単純な親北・反米人物だけでない、開城工団など対北経済協力事業を推進してきた人々を規制する措置だ。数万人の韓国人が規制対象となる。米国は自国の法律的措置で、韓国の対北経済協力を止めたのだ。

米国は、在韓米軍の駐留費分担の大幅引き上げも要求した。文在寅がトランプ大統領に、北側が希望する合意をしてくれれば、北韓に対する天文学的な支援は韓国が負担すると言ったことが招いた結果と言える。

就任後、アジアを歴訪したエスパー国防長官は今月9日、文在寅に会ってGSOMIAの重要性を強調、韓日の円満な解決を要求した。エスパー長官が韓国を離れるや北側は10日、またミサイルを発射した。去る5月4日から7回目の発射だ。北側は、韓国の対北攻撃の主軸となるF―35基地などを先制攻撃で無力化するため、核攻撃態勢を整備したものと見られる。

金正恩はトランプ大統領に親書を送り(8日)、韓米連合訓練中断を要求した。平壌の外務省米国担当局長は11日、談話を発表し米朝対話には出ても、南北対話には応じないと文在寅を嘲弄した。

平壌の宣伝媒体は、韓米連合訓練に応じて文政権を非難する報道を連日出している。

北側は、文在寅が「南北の経済協力で平和経済が実現すれは、一気に日本の優位性を追い抜く」と発言した後、対南打撃用の新型ミサイルを発射、外務省の代弁人が、愚かな真似をするなと威嚇した。

「韓日友好の絆」絶やすな…民団団長の光復第74周年慶祝辞

「日韓関係は空気のようで、普段は意識することなく、意識しないことが良いこと」と理屈だけ表面的に理解している点は、いかにも韓国朝鮮的。アンタたちの言動があまりに異質だから、日本社会の中で目立っているのです。

現行のヘイトスピーチ規制法と条例は、外国人による日本批判を取り締まらず、日本人による外国人批判だけを取り締まっているので、法の下の平等原則に反し、違憲です。

外国人の地方参政権は認めません。今韓国で起きている政治社会現象を見なさい。敵性民族の政治参加は論外。徹底排除あるのみ。

「韓日友好を守り」「母国と日本社会に寄与できる」ときれい事を言っても、生粋の日本人は決して騙されません。あなたたちが韓国政府から毎年10億円単位の資金提供を得て、この日本で政治活動をしていることを知っているからです。民団=韓国政府の出先機関が主張する「韓日友好」とは「韓国のとり都合の良い関係」に過ぎません。

素直に「民団は、過去も現在も未来も用日に邁進します」と言えば済むところを、長々とお話しいただき、本当にお疲れ様でした。



「韓日友好の絆」絶やすな…中央団長光復第74周年慶祝辞
中央団長 呂健二
2019-08-13 16:43:00
民団新聞
https://mindan.org/news/mindan_news_view.php?cate=1&number=25530

 親愛なる同胞の皆さん!

 過酷な植民地支配から解放されて、74年目となる8月15日を迎えました。

 民団は、大韓民国樹立に先立つ2年前の1946年から、民団の前身である建同・建青の共催で解放1周年記念式典を持って以来、毎年全国で8・15光復節記念式を開催してきました。

◆3.1独立運動から100年

 今年は、3・1独立運動から100年目の年でもあります。わが民族が経てきた、この100年間の歴史を振り返るとともに、74年前の民族の解放の喜びと、解放を見ることなく犠牲になられた先人たちの思いを、あらためて今日この場において私たちは共に思い起こしたいと思います。

◆韓日関係は死活問題

 日本に住む全国の同胞の皆さん!

 韓日関係の成り行きに、胸を痛め、心配していることと思います。

 このような状況のなかで、中央団長として、皆さんをどう励ませばよいのか、毎日悩む日々が続いています。

 韓日関係は、私たちにとって死活問題です。韓日関係は空気のような存在で、普段は意識することもありません。そして意識しないことが良いことなのです。ところが、最近、息苦しくなっています。

 両国の間には長い歴史があります。良い時も悪い時もありました。隣国だからこその歴史です。引っ越すことも、逃げることもできません。

 私たちは、何があろうとも、私たち在日同胞の生活と権益を守っていかねばなりません。同時に、戦後、今日まで民団が地域でコツコツ積み上げてきた韓日友好の《きずな》を絶やしてはなりません。

 親愛なる同胞の皆さん!

 私たち在日同胞は、韓国と日本の平和の象徴です。在日同胞の存在は、両国の平和の上に成り立っています。韓国は産みの親であり、日本は育ての親です。両方の親が争ったからといって、どちらかに組みすることはできません。仲直りさせるために全力を尽くすしかありません。

 こういう時こそ、私たちは民団の存在意義を発揮して、親善友好の増進に一層努力して参りましょう。

 明けない夜はありません。

 両国政府は大局的な見地に立ち、英知を結集して、相互利益と友好の維持・発展のため、一日も早い妥結をはかられるよう願ってやみません。

◆北韓は非核化実現を

 親愛なる同胞の皆さん!

 北韓は「完全な非核化のため努力する」ことを約束したにもかかわらず、非核化は遅々として進んでいません。私たちの願いは、北韓が早期の非核化を実現し、韓半島に恒久的な平和体制が構築されることです。同時に、北韓の人びとの人権と自由が尊重されなければなりません。

 韓半島で、悲惨な戦争は二度と起こってはならないというのが私たちの強い思いであります。南北間、米朝間の対話と交流を通じて、あらゆる問題が平和裡に解決され、名実共に「平和の時代」が到来することを願ってやみません。

◆「北送」は人権問題

 今年は、北韓と朝鮮総連が「地上の楽園」と宣伝し、9万3000人の同胞と日本人家族を北韓に送還した『北送』事業から60年を迎えます。

 北送された同胞と日本人家族の問題は大きな「人権問題」です。民団は世論を喚起し、その安否確認と、家族の自由往来の実現をつよく求めていきます。

 この『北送』事業に対し、朝鮮総連には全面的に責任があるにもかかわらず、60年たった今も、何ら人道的な対処を取っておりません。『北送』事業と関連の深い『脱北者』に対しても、朝鮮総連は責任をもって人道的な支援をすべきであります。


◆新たな民団のかたちを

 親愛なる同胞の皆さん!

 今年、民団は創団73年になります。貧困と苦難の中で私たちの諸先輩は、生活の安定と差別撤廃のために苦労し、努力してきました。私たちは今、先行きの不透明で混迷した時代の中にあります。こういう時こそ、在日同胞の生活と権益を守る民団組織は、なくてはならない存在です。

 個人の力では限界があります。私たちは民団に結集し、民団を強化し、韓日親善と次世代育成に力を注ぎましょう。ヘイトスピーチを根絶させ、住民の権利として地方自治体の選挙権を獲得して行きましょう。また、同胞の家庭訪問活動を重ね、顔が見えるつながりを深め、緊急時や災害時にすぐに連絡が取りあえるネットワークを整備していきましょう。

 日本籍同胞、新定住同胞たちと共に、時代に適応した新たな民団のかたちをつくっていくのが私たちの責務であります。

◆母国と日本社会に寄与

 親愛なる同胞の皆さん!

 本日、74周年を迎えた光復節を契機に、同胞の生活と韓日友好を守り、同胞社会と民団が益々発展し、母国と日本社会に寄与できる基盤をより確固なものにしていくことを皆様とともに誓いながら、記念辞に代えさせていただきます。

감사합니다.

悲惨「北送60年」救出・支援急務…朝総連の暴力・妨害乗り越え「守る会」は前進中

日本中の大学で多文化共生を無批判に肯定的に描く講座が開講され、無知な若者が日々洗脳されている。

現行の日本の法制度の下で、この異常な民族集団に特別永住ビザが与えられている現実がある。外国人が一般的に発給されるビザとは別扱いの待遇を与えられ、生粋の日本人の社会、学校、職場に、多くの場合本性を隠して混じり込んでいる。

下記記事はたまたま北系在日の話だが、今の韓国政府と韓国社会の言動・反応を見れば、同じ思考様式を持つ同じ民族であって、南北に差はないことがよくわかる。この人たちに私たちと対等以上の権利を与え、私たちと同じ空間に置いていたら大変なことになると結論付けるのが自然であろう。



悲惨「北送60年」救出・支援急務…朝総連の暴力・妨害乗り越え「守る会」は前進中
2019.08.15
民団新聞
https://mindan.org/news/mindan_news_view.php?cate=1&number=25535

[ 民団の「脱北者支援センター」主催で開かれた関東地区の脱北者交流会(2003年12月7日 ]

北送60年を思いつつ
北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会名誉代表 山田文明

 「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」(以下守る会)の誕生過程は、私たち中心会員にもあまり知られていませんでした。今年2月に発行した私たちの理論誌『光射せ!』第16号に創設メンバーのひとり、小川晴久名誉代表にお書きいただいた貴重な経過記述「守る会結成の経緯と初期の活動で忘れ難いこと」で、はじめて正確に知った次第です。小川名誉代表の承諾を得て、その論述に依拠し、借用して説明します。以下、敬称は「さん」で統一します。

「守る会」誕生へ

 守る会が誕生したのは1994年2月20日のことですが、前年にあった二つの集会が大きな役割を果たしました。

 一つは93年8月22日、東京中野駅前の焼肉店「明月苑」での証言会でした。そこには10人ほどの在日と4、5人の日本人が集まっていました。そこでは、明月苑のアジュモニ(お母さん)と京都の朴春仙さんが北朝鮮に帰国した息子や兄の実情を語り、関西大学教員李英和さんが平壌留学体験を話しました。

 参加者の多数は北朝鮮の山の中に恐ろしい強制収容所があることを初めて知ったのでした。日本人参加者は日頃、朝鮮問題に関心を持っていた小川晴久さんご夫妻、高柳俊男さん、谷川透さんなどでした。

 実は、この証言会を企画した人の名前は、親族が北に帰っているため、今まで伏せてきたのですが、ご本人の了解が得られ、在日作家(近年は映像作家)の朴寿南さんであったということです。

 この日の話は参加者に大きな衝撃を与え、もっと大きな証言集会を持つべきだとなり、11月7日、神田パンセで200が参加する集会につながりました。

 このときの証言者は7人になりました。7人とは、帰国して日本語アナウンサーをしていたお兄さんが政治犯として、80年に家族もろとも収容所に送られ、5年後にその兄が銃殺された朴春仙さん、帰国した弟が強制収容所で殺された金民柱さん、中野のアジュモニの証言の代読、朝総連新潟県本部で帰国者を送り出した張明秀さん、李英和さん、逃亡を図り、銃撃で死亡したと北朝鮮が発表した曺浩平さんの妹の曺幸さん、支援者の愛知県立芸術大学の萩原重夫さんです。

 わずか2カ月位の準備で200人も集まって下さったのには、この年の6月3日に発足した大阪に本部を置くRENK(レンク)の李英和さんたちの貢献が大でした。

 この証言集会の時に朝総連による妨害はあったのですが、彼らは十数人程度で、途中で退場していきました。

 2つの集会を経て、明くる正月には帰国者の問題を担う恒常的な組織を作る準備会が開かれました。その時「会の名前」を相談し、小川さんが「北朝鮮帰国者の生命(いのち)と人権を守る会」を提案しました。北朝鮮当局が人の生命をいとも簡単に殺すので「生命」を守るという語を入れるべきとの考えでした。

 すると、準備会に出席していた朴甲東さん(元南労党幹部)が「その通り」と言って賛成し、名前が決まりました。
 守る会結成の当日は大荒れに荒れました。臨場感あふれる小川さんの文章を引用します。

………………………………………………………………………
 こうして迎えた守る会の結成当日。出席者は約180人。うち朝総連の組織動員(妨害者)が50人。開会冒頭から野次が飛ぶ。壇上の横断幕(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会結成集会)を指し、「北朝鮮とはどこの国か、正式名称を使え」など、罵声が始まる。

 最初は金英達氏の「帰国事業とは何か」の講演。1時間を予定していたが、妨害野次のため30分で終わらざるを得なかった。次は被害者家族の訴え(朴春仙さん、曺幸さん、金民柱さん)。怒号は続く。

 「殺された弟に関する私の証言を妨害する者は私の弟を殺した共犯者と見なす」という金民柱さんの怒りの意思表明は、妨害者たちの野次・怒号を圧倒した。

 次に会則案の披露である(私が朗読)。朗読を始めたら、前の方を占めていた総連の若者たちが演壇めがけて攻めてきた。私は仲間のスクラムに守られて朗読を続ける。遂に会場側が110番通報する。会則案は辛うじて最後まで朗読できたので、賛否を会場に聞いたところ、百余人の賛同の拍手が得られたため、その場で成立を宣言した。

 次に守る会への参加の呼びかけ(アピール)の朗読に入ったが、業を煮やした妨害者たちは主催者側のガードを突破して朗読中のアピール文を奪い取り、正面の横断幕も破り、机も壊し始めた。会館側の退去の要請もあったので午後3時45分集会の閉会を宣言した。
………………………………………………………………………

 このため、小川さんが用意していた「集会宣言」は朗読されずに終わりました(この「集会宣言」は『光射せ』第16号9頁に掲載)。

 この結成集会の1週間前に、姜哲煥、安赫共著の『北朝鮮脱出』上下2巻が文芸春秋から出版されました。ヨドック15号強制収容所に十年と一年半収容されていた二人の青年の収容所体験記です。守る会はあたかもこの体験記の邦訳出版と共に発足したのです。

 守る会結成のあとに続いたのは、愛知の動きでした。

愛知の取り組み

 94年3月6日、証言集会でも話をされた萩原重夫さん、帰国者家族の安本さんなどが中心になって「帰国者と家族を助ける愛知の会」が発足しました。当初の会場は総連に襲撃され、粉砕されましたが、同日夕刻、別の会場で発足しました。

 4月15日金日成の誕生日には、大阪でRENKの集会が開かれました。東京からは曺幸さんが招かれました。集会は朝総連大阪府本部、同京都府本部が会場を占拠し、会場前の公園での集会も粉砕され、参加者は申請してあった地下鉄の駅までデモ行進しました。

 李英和さんの奥さんのカバンが総連側に略奪され、曺幸さんは総連側のフクロウ部隊に囲まれ、四方八方から押され、右の肋骨2本にヒビが入る圧迫を受けました。機動隊に救出されなかったら、死に至るほどの恐怖を覚えたと曺幸さんは回想しています。

 曺幸さんたちは怒りに震え、告発したので、朝総連大阪府本部と京都府本部に警察の手入れが入りました。朝総連側は今まで一度も手入れを受けていないと豪語していたので、全く備えがなく、襲撃した証拠品が全て押収され、その他にも重要な情報が警察の手に渡ったはずです。
 朝総連側は罰金刑で対応し、これを機に私たちの集会に朝総連の暴力介入はなくなりました。

 その後の守る会の主な取り組みは、姜哲煥さんと安赫さん、そして安明哲さんを招請し、北朝鮮の恐怖社会の実態を語っていただく機会を各地で作ったことでした。

 池田菊敏氏の仲介で邦訳が出たばかりの『北朝鮮脱出』の著者を韓国に訪問することになり、日本から池田さん、曺幸さん、梁泰昊さん、小川さん、萩原遼さんの5人が韓国に渡りました。初めて会う姜、安両氏はとてもやせていました。
 この時の会見が契機となって、翌95年7月7日からの8日間、姜さんと安さんの訪日を実現。東京、大阪、名古屋で証言集会を持ちました。

 安明哲さんの著書『北朝鮮絶望収容所』が97年に翻訳出版されました。会寧第22号管理所(収容所)の警備員をしていた人の体験記です。収容所を警備する側からの実態報告なので、読むのが辛くなるほどの迫力と説得力がありました。

 守る会は安さんを日本に招き、全国5カ所で講演してもらいました。訳者の池田菊敏さんが巻末に、「収容所の中の人を一人でも救いたいと思ったら、守る会に入会すべきである」と檄文をしたためていました。この効果は絶大で、この年に会員は急増しました。

母国との間を往復するシリア難民は追放する ドイツ

出身国が危ないという前提で受けいているシリア難民が、家族・親戚に会うため頻繁にシリアに帰国している実態が報告されたのを受け、ドイツ内相は、そのような人には難民資格を与える前提が崩れたと発言。



German Interior Minister floats evicting Syrian refugees who practice holidaymaking at home
Published time: 18 Aug, 2019 11:35
https://www.rt.com/news/466758-germany-refugees-vacations-deportation/

Refugees frequenting their war-ravaged countries on vacations will risk being deported from Germany, as such “holidaymaking” means they are no longer in danger at home, the European country’s interior minister has warned.

“Syrian refugees that regularly spend holidays at home can’t seriously talk about being persecuted in Syria,” Horst Seehofer told Bild am Sonntag, adding that those following that logic “should be stripped of asylum.”

(以下省略)