眞子 小室圭 ヤフコメ少々

pot***** | 4時間前

公式にやらないが私的にやる
私的にやったことなのに公表する
何の意味がある?
全部茶番。
準備不足と延期したのも、国民の懸念を解消するためではなく、婿殿に皇室利用で特別待遇で高額留学させて、NY生活の準備を進めていただけ。
国民の声は誹謗中傷呼ばわりで皇族として必要な対応は何もしてこなかったのに、精神疾患を公表した上で、結婚後に会見を開く意味もわからない。会場費用ぽっちを誰が払おうと、宮内庁が仕切り、警視庁が警護するのだから無駄な公金が発生するだけ。
全てが茶番です。

--------------------
Ko***** | 4時間前

結婚会見はもう皇室の会見ではありません。

婚姻届けを出した瞬間から一般人になるのに会見を宮内庁が仕切りまた、事前質問を用意し会見に行く記者を選別するのは皇室利用ではないのですか?

宮内庁は国の省庁で国家公務員のはずです。
一般人の記者会見を宮内庁が事前質問を用意し選別するのはおかしいです。

自ら望んで国民の理解もえず不自由な皇室から出た一般人にどこまでサポートするのかしっかりと区切りをつけて欲しいです。

--------------------
hay***** | 4時間前

皇室に泥を塗った方に何故歴代の御霊に挨拶をさせたのか?
これは皇室の恩恵をこれからも頂きたいと懇願でもしたのか?
税金とかお金の問題以前に皇室で育てられて国民に寄り添うという根幹が崩壊している行動で都合が良い事は皇室、都合が悪い事は個人を尊重するという身勝手極まりない。

----------------------
太郎ちゃん | 4時間前

東京の突然の冷え込みとぐずついた天気は、天照大神の心境のような気がしてしまう。

今上天皇の「即位礼正殿の儀」は、
全てを洗い流すような大雨の後に、突然晴れ上がって、虹がかかったのには驚いたけどな。

-----------------------
alm***** | 4時間前

皇族としての立場は重んじないけど、
皇族としての立場は主張したい、という風に見えてしまうので、
やるべきではなかったなぁ。
何もかも捨て去って、アメリカで生きていく、って決めたんでないの?
覚悟が中途半端。
結婚会見も不要だよ。
とっととアメリカ行ってくれ、という気持ち。

--------------------
****** | 4時間前

正統(注:政党)に支持率調査があるように皇室にも支持率調査すればいいのに…

支持率のない皇室を税金で養う必要はないでしょ。

------------------
thx | 4分前

長女さんのこともう報道しなくていいです…
そんなことよりエー宮さんちの監査をお願いします

---------------------
kou***** | 26分前

公式儀式はしない、といいながらそれに準ずることは許しているいんだから、それだけで、今回の一連の皇室のスタンスが良くわかるし、国民の考えとは相容れない溝があると思う。

-------------------
usaco | 57分前

令和天皇限りで皇室解体でいいよ〜。

------------------
izu***** | 2分前

宮内庁、皇室に限らないがあらゆる情報は開示されるべき。セキュリティや外交関係についても時を経て開示されるべき。一皇族により儀式が左右され、一民間人の私的事柄に言及し、一民間人に皇室ブランドを利用させ、一民間人へ多額の経費のかかる警備をさせるなどあまりにも忌しい行為が疑われている。経緯と事実を国民主権、法治国家であれば積極的に開示すべき。

-------------------
flo***** | 2分前

自分の事は意地でも貫き通す。
自由も手に入れたい。
でも国民の血税は欲しい。
チヤホヤされたい。
有名人でありたい。
でも、嫌なものは嫌。
国民?お金稼ぐ人?国民なんてどうでもいい。
どうせ、海外に行くし、お金は送金してね!
小室親の金銭疑惑は揉み消してあげる!

もう、尊敬も品格も感じない。
今回の件で、これからの日本に皇室は要らないと思います。こんな意味の無い人達のために
国民は必死で税金を払ってるの?

-----------------
xyz | 4分前

ここまで国民の意思を無視したのは歴史的に見ても異例のことですね。
もう今の国民の多くは、皇室必要?って思が加速し大きくなる事でしょう。
結局皇室も身内に甘く利己的になっているって事なのはこれでハッキリしました。
そうでなければ皇室側から小室・眞子に対し断絶を言い渡し
全ての扱いを一般と同じにする筈ですから。

-----------------
hit***** | 5時間前

最近の投稿に他の人を傷つけるおそれのあるコメントが含まれると判定されました。不適切なコメントが繰り返し投稿されると、今後、コメントの投稿ができなくなる可能性があります。

紙袋はどうかと述べただけなのに。
言論統制、封殺。此処は日本か?

-----------------
kz***** | 5時間前

とにかく政府として
今後 この二人に対する対応はどうするのかきっちり発表してほしい
だらだらといつまで税金を使うのか、一般人になって全く経済援助しないのか、警護はどのようにするのか等々発表するべき。

-------------------
zik***** | 4時間前

結局のところ、皇室は一般庶民の税金は昔でいう年貢という認識なのでしょう。
皇室とその関係者全て信用できなくなりました。
平和と言われていた日本で、大きな暴動が起きなければ良いですが…

----------------------
美月 | 8時間前

秋篠宮がしっかりKKの身辺調査をやらせて結婚反対しておけば、ここまで国民の反感を買うことはなかったのに。
「家の敷居はまたがせない」?皇族としてふさわしくない貴方に、そんな偉そうなことKKも言われたくないでしょうに。

-----------------------
5つの質問の中にカヨが傷病手当詐取疑惑を持たれてる軽井沢に関する事でも書いてあったのか?
●kwskは
https://egg.5ch.net/emperor/subback.html

631名無しさん@恐縮です2021/10/25(月) 18:23:22.88ID:rYSKwSBY0
>>1
神奈川県警本部長様、皇族だからと忖度しないで捜査してくださいね♪

34名無しさま2021/10/25(月) 13:04:44.61ID:QBwEi4xd>>36
M子様、傷病手当詐取グループの隠蔽工作の陣頭指揮
って何のこと ?

36名無しさま2021/10/25(月) 13:07:08.38ID:F4Xt3aNw
>>34
軽井沢グループがM子様に指示を仰いでたんだと
篠原先生の動画でやってた

この動画は神奈川県警も当然見てるので、念頭に置いて捜査される

62名無しさま2021/10/25(月) 14:12:46.14ID:QJgu1i2J
違法と知りながらKヨを雇った店主
店主はマスコミから取材がある度に馬に報告相談
つまり馬は法令違法を知りつつバレないよう隠蔽工作していた
犯罪に加担!

---------------------
ftd***** | 18時間前

眞子が投じた一石には価値ありです。
何だかんだと表面化する醜聞は別にしてね。
やはり皇族を一般民間人化するべきでしょう。
一般民間人化すれば、一時金拒否云々以前に税流出懸念も存在しなくなる。
それを検討する機会を世論に与えたと言える。
これから先、未来永劫に大平洋戦争戦後処理の特殊存在を残す意義などない。
特殊存在としての歴史的使命は既に終えており、彼らを歴史から解放すべきともいえる。
過去の歴史的人物の子孫も一民間人として生きているのだから。
完全民間人化に際しては、戦後国有化された天皇家の資産の一部を私有財産に戻す議論も必要だと思う。
無論、憲法改正も必要です。
国は関心を示そうとはしないと思うけど(議員自身に当面のメリットがない)。。。

-----------------------
sou***** | 21時間前

例えば結婚指輪の相場は数十万円。アメリカの事情も同じか高いくらい。もちろん別に結婚指輪がなくても結婚はできますし、実際に指輪なく結婚している人もいるでしょう。でも日本だと給料の何か月分という表現などもあって、あの人物は、まだ1ヵ月目すらまともに働いていない。ビザの関係で、すぐ一緒に生活もできない。でもとにかく入籍。会見の回答も疎か。元々は多くの人から理解されることが課題で、代理人弁護士はあの家族の件以外に他の業務をしている気配がないように見え、数年間分のその報酬をあの家族が持っていないからこそ、留学での多額な生活費を元職場から借金もしたはず。結局、皇族を迎えたがる家が儀式のため身内の協力すらも得られない、披露宴や指輪を買うお金もない、かつて生活費を求めて助けてくれた相手と問題まで発生しても解決できない。でも最後は精神的な問題を理由に強行。これが日本の皇族にまつわる話だと未だ信じられません。



ここ数日、何の記事もアップしていない間に収集しておいたヤフコメ少々。
いくら私でも、こんなことばかりやっていられないんだからねっ!

皇室ジャーナリスト・近重幸哉氏、眞子さん夫妻の会見に「結婚会見としては異例」

皇室ジャーナリスト・近重幸哉氏、眞子さん夫妻の会見に「結婚会見としては異例」
10/26(火) 15:18配信
スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/bd6833aa4e3b6095f98d7b6de41c13725660420f

 26日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・午前11時55分)では、秋篠宮家を離れ、小室圭さんと結婚した眞子さん夫妻の結婚会見を中継した。

 2人の会見の模様を放送した後、MCの坂上忍から「思ったより踏み込んだことをお話しになった感じですが?」と聞かれた皇室ジャーナリスト・近重幸哉氏は「結婚会見としては異例ですよね」とコメントした。

 「自分たちがどのように今後、生活していってというのを(話すなど)そういうものではなくて、これまで自分たちの考えが正しくて、愛し合っていて、これから幸せになりたいと。(母親の金銭トラブルの)相手の方には感謝をしているけれども、そこに対応するとおっしゃってましたけど、小室さんがすごくクールな感じがあって、小室さんがすごくうれしそうな顔をして話されているという印象が残りました」と続けた。

 その上で「ご家族とか、そうした方たちへの感謝の気持ちとか思いとかはなくて、本当に自分たちを守ってくれた、支援してくれた方たちに対する感謝の気持ちが何度も出て来たところに、すごく2人が孤立されている。孤立感をすごく感じましたし、もっと広く国民に祝福してもらえるような冒頭の言葉でも良かったんじゃないかなという印象が残りました」と率直に言い、「すごく冷たい、自分たちの意見だけを述べて退席するという印象がすごく残りましたんで、予定通り、いくつかの柔らかい質問でも良かったので、お受けになってほしかったという思いが残りました」と話した。

 「誤った報道が多い」とした2人の発言についても近重氏は「これまで週刊誌などが報じたことがすべて誤っているのであれば、どこが誤っているのかを言っていただきたいですね」とコメント。

 その上で「(小室さんがフォーダム大に)入学された際、ものすごいいい条件を獲得されている。履歴書の問題とか週刊誌が報じていることが本当に間違っていることなのか、きちっと証明してもらいたかったなという気がしますね。こういう反論をされるのであれば」と続けていた。

【ノーカット】小室眞子さん圭さん記者会見「結婚は必要な選択」 小室圭

【ノーカット】小室眞子さん圭さん会見「結婚は必要な選択」
10/26(火) 14:56配信
TBS系(JNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/bd5e86af31269c13a9530098064d2da4c9a89fe7
英訳はこちら
https://hibikan.at.webry.info/202110/article_58.html
記者会見の動画
https://www.youtube.com/watch?v=jGTQYSjQt-A

 26日午前中に婚姻届が受理され、眞子さまは「小室眞子さん」となりました。午後には、夫の小室圭さんと2人で記者会見に臨みました。以下、コメント全文です。

みなさまへ

現在、新型コロナウイルス感染症の影響が続き、大変な思いをされている多くの方々にお見舞いを申し上げます。そして、困難の中にある人を助け、私たちの生活を支えてくださっている方々に、深く感謝申し上げます。
本日、みなさまにお伝えしたいことがあるため、このような場を設けました。私が皇族として過ごしてきたなかで抱いてきた感謝の気持ち、私たちの結婚を心配し、応援してくださった方々への感謝、これまでの出来事のなかで私たちが感じてきたことや結婚への思いなどについて、お話ししたいと思います。

今の思い

これまで、お優しいお導きのもと、皇族としての仕事を、自分なりにできる限り大切に果たそうと努めてまいりました。
この30年間、たくさんの方々に助けられ、見守られ、支えられてきました。心をこめて私と一緒に仕事をしてくださった方々に、心から感謝申し上げます。訪問した先々では、たくさんの方々が優しい言葉と笑顔で迎えてくださいました。直接お目にかかる機会のあった方も、お目にかかることのなかった方も、私にあたたかい気持ちを向けてくださった全ての方々に、心から感謝申し上げます。数々の出会いが私にとってどれほど大切であったか、到底言い表すことが出来そうにありません。これは、今後も決して変わらない思いです。
私と圭さんの結婚について、様々な考え方があることは承知しております。ご迷惑をおかけすることになってしまった方々には、たいへん申し訳なく思っております。また、私のことを思い静かに心配してくださった方々や事実に基づかない情報に惑わされず、私と圭さんを変わらずに応援してくださった方々に、感謝しております。
私にとって圭さんはかけがえのない存在です。そして、私たちにとって結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした。(小室眞子)

私は眞子さんを愛しております。一度きりの人生を、愛する人と共に過ごしたいと思っています。これまで幸せな時もそうでない時も、様々な気持ちを二人で分かち合い、励まし合ってきました。
この度の結婚に関してご迷惑をおかけしてしまった方々には、大変申し訳なく思っております。
色々なことがありましたが、眞子さんと一緒に人生を歩みたいという思いを持ち続けられたのは、眞子さんと、これまで周りで私たちを支えてくださった方々のおかげです。心から感謝申し上げます。(小室圭)

これまでの出来事に対する思い

本日まで、私が公に発言する機会は限られてきました。そのために生まれてしまった誤解もあったと思います。一部の方はご存知のように、婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはありませんでした。例えば、圭さんのお母様の元婚約者の方への対応は、私がお願いした方向で進めていただきました。圭さんの留学については、圭さんが将来計画していた留学を前倒しして、海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました。留学に際して私は一切の援助をできませんでしたが、圭さんが厳しい状況のなか努力してくれたことを有り難く思っています。
圭さんのすることが、独断で行われていると批判され、私の気持ちを考えていないといった一方的な憶測が流れる度に、誤った情報がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ、謂れのない物語となって広がっていくことに恐怖心を覚えるとともに、辛く、悲しい思いをいたしました。厳しい状況の中でも、圭さんを信じ続けてくださった方々に、感謝しております。(小室眞子)

私の母と元婚約者の方との金銭トラブルと言われている事柄について、詳しい経緯は本年4月に公表したとおりです。元婚約者の方には、公表した文書でも書いたように、これまでも折に触れて私と私の母からお礼を申し上げており、今も感謝しております。
本年4月に解決金をお渡しすることによる解決をご提案したところ、母と会うことが重要であるというお返事をいただきました。しかし、母は精神的な不調を抱えており、元婚約者の方と会うことにはドクターストップがかかっています。そのため、私が母に代わって対応したいと思い、母の代理人弁護士を通じてそのことをお伝えしました。元婚約者の方からは、元婚約者の方の窓口となっている週刊誌の記者の方を通じて、前向きなお返事をいただいています。解決に向けて、私が出来る限り対応したいと思います。解決金を受け取っていただきたいという気持ちは変わっていません。
この数年間、誤った情報があたかも事実であるかのように扱われ、誹謗中傷が続いたことにより、眞子さんが心身に不調をきたしたことを、とても悲しく思います。私の母も心身に不調をきたし、仕事を辞めざるを得ない事態にまで追い込まれましたし、身の危険を感じながら過ごしています。
このような苦しい状況にあった私たちを助けてくださった多くの方々に、大変感謝しております。(小室圭)

これから

私は眞子さんと、あたたかい家庭を築いていきたいと思います。同時に、これからも出来る限りのことをして、眞子さんをお支えしていきたいと思います。幸せな時もそうでない時も寄り添い合える、かけがえのない存在であり続けたいと考えております。(小室圭)

私たちは二人で新しい生活を始めることになります。これから生きていくなかで、また違った形での困難があると思います。しかし、これまでもそうであったように、二人で力を合わせて共に歩いていきたいと思っています。これまで私たちが自分たちの心に忠実に進んでこられたのは、お互いの存在と、励まし応援してくださる方々の存在があったからです。今、心を守りながら生きることに困難を感じ傷ついている方が、たくさんいらっしゃると思います。周囲の人のあたたかい助けや支えによって、より多くの人が、心を大切に守りながら生きていける社会となることを、心から願っております。(小室眞子)

令和3年10月26日 小室眞子 小室圭(26日14:15)



いくつか新たな自白がなされた。

(1)「私が公に発言する機会は限られてきました」。
何をおっしゃる、うさぎさん。4月の小室文書発表直後、頼まれもしないのに「過去にいろいろあったことをご理解ください」としゃしゃり出てきたのは、あなたです。

(2)「圭さんのお母様の元婚約者の方への対応は、私がお願いした方向で進めていただきました」。
何をどこまで指示したのか不明だが、「私の経歴に傷が付かないよう、丸く収めて下さい」程度の指示なのか、それ以上の具体的な指図なのか。マコが深く関与して作成した4月の小室文書では、私たちの子供の経歴に傷が付くから、小室母に何らかの手落ちがあったことを認めるわけにはいかない、瑕疵はないのだから当然にして支払うカネはないという趣旨の、きっぱりとした表現だった。

民間人同士の話し合いや、そもそも政治が決めるべき事柄について、皇族が議論の結果を指示したら憲法違反なのだ。常に一歩引き、話し合いの終了を黙って待ち、決まったことを「ああそうですか」と受け入れるのが皇族の役割。「民事介入は止めろ」の意味を、この人は理解していないのかもしれない。理解していないから反省しないし、謝罪撤回もしないということか。父の秋篠宮は、政治学科だったとはいえ、一応法学部卒ではないか。

(3)「圭さんの留学については、圭さんが将来計画していた留学を前倒しして、海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました」。
なんと爆弾投下。一文無しのケイが、一体誰のお金で留学を計画していたというのか。

これまでの説明では、ケイは勝手に出て行った、秋篠宮は何も知らされていない、ケイはハワイ大学を希望していたが、紀子がフォーダム大学に変更させたという筋書きだった。

本日の眞子の説明が事実だとすると、

(恐らく秋篠宮が)ケイに国費留学を勧めた。
ケイは留学準備に入った。
小室母の借金問題が世間に知れた。
マコが海外生活を思い立ち、「海外拠点を作って」とケイに指示した(早っ)。
秋篠宮家+ケイで会議開催。ケイはハワイ大を希望。紀子がフォーダム大に変更させた。
ケイが突如、日本を飛び出し、フォーダム大へ留学。国民はびっくり。
秋篠宮は「何も聞かされていない」とホラを吹いた。
2019年、ケイはフォーダム大LLM終了。学位取得。
2021年5月、フォーダム大が卒業式を執り行った。某弁護士が、ケイは追試を受けたと爆弾発言。
2021年9月、ケイがLowenstein Law Officeに採用。
 ケイがフォーダム大JDコース卒業できたか確認が取れない。←今ここ
 弁護士試験の受験資格を有していない疑惑が浮上。←今ここ

(4)記者団が質問したいくつかの疑惑については、「そのようなことはありません」と主張するだけで、一文無しのケイが過去4年のうちに様々なことを実現できたことの金銭的理由、手続き的理由について、何ら疑惑を晴らす努力はしなかった。

(5)マコガ終始強気でいられるのは、終身の生活保障があるから。
臣籍降下、皇籍離脱というのは「表面的な手続き」に過ぎない。実際には平民になったあとも終身で、経済的な保証と安全面の保証が提供される。それがわかっているから、マコは自分がこれまで取ってきた選択に揺るぎない自信を持っている。

年次予算書に記載されていない活動であっても、内親王の彼氏(皆さん思い出して下さい。「正式な婚約の一歩手前の人」ですよ)の箔付けのためなら、いくらでも税金を投入する。赤坂御所近くの広尾にある高級マンションに月80万円の物件をポン!と賃貸できてしまう。それに追加して、NYの高額物件+民間警備会社の高額費用+ケイ勤務先の利益分で少なくとも毎年合計数億円単位のお金を、政府から裏金を流して簡単に調達してしまう。これら全ての過程で、当事者であるマコケイは何の努力もしていないのである。

こんなふざけた話はない。平民になったら平民として扱うよう、これを機に、腐敗した身分制度は撤廃すべきだろう。

(6)マコの目つきと口調がキツかった事がネット上で話題になっており、私も同じ感想を持った。

キツい性格は「地」なのかもしれないが、ふと思ったことは、気持ちが落ち込んでいるとき、精神科医は興奮剤を処方する。飲む薬が興奮剤だから、気が強くなり、声が大きめになり、目や表情も攻撃的になる。

つまり、クスリの影響があるかもと思った。

昨晩、二人は本日の記者会見における口頭質疑のドタキャンを発表したが、その理由として語られた「誤った情報に基づく質問に会場で口頭でお答えすることを想像すると、恐怖心が再燃し心の傷が更に広がりそうで、口頭で質問にお答えすることは不可能であると思いました」の部分は、リハーサル中にマコが興奮状態(発狂)に陥り、とてもではないが公開できないと宮内庁が判断して止めさせたのではないか、などと妄想してみた。

佳子さまの感想全文 眞子さん結婚 小室圭

佳子さまの感想全文 眞子さん結婚
10/26(火) 15:36配信
時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ac1bdf671e770e0496aa006da60f80ddfb62621

 姉は、これまでもこれからも、自分にとってとても大切な存在です。

 一緒に楽しい時間を過ごせましたし、姉がいてくれたおかげで救われた気持ちになったことが多くありました。心から感謝しています。また、小室圭さんが姉のことを大切に思ってくださっていることをありがたく感じています。

 結婚に関して、誤った情報が事実であるかのように取り上げられたこと、多くの誹謗中傷があったことを、私もとても悲しく感じていました。そのような中でも、姉と小室圭さんがお互いに支え合う姿を近くで見てまいりました。本日、2人が結婚できたことを嬉しく思っております。

 今後は、姉と小室圭さん、小室圭さんのご家族が、穏やかな日々を過ごせるようになることを心から願っています。

                 秋篠宮佳子
※表記は原文のままです。 

秋篠宮ご夫妻「皇室として類例みない結婚」 眞子さん結婚にコメント 小室圭

秋篠宮ご夫妻「皇室として類例みない結婚」 眞子さん結婚にコメント
10/26(火) 14:59配信
朝日新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/3fcb4488d505defdc105cb1424aa36df4cc7d71f

 秋篠宮家の長女眞子さん(30)と小室圭さん(30)の結婚を受け、秋篠宮家の文仁さま、紀子さまが出した「ご感想」の全文は次の通り(原文のまま)。

     ◇

 本日、私たちの長女眞子は結婚いたしました。

 最初に結婚をすることについて公表して以降、私たちにとって予期していなかった出来事が起こりました。このことについて、私たちの周りからも種々の示唆をいただくとともに、心配する声や反対する声が寄せられました。また、皇室への影響も少なからずありました。ご迷惑をおかけした方々に誠に申し訳ない気持ちでおります。

 本日、婚姻届を提出し受理されました。本人同士が結婚を考え始めたときから本日まで、さまざまな困難なことがあったにもかかわらず、二人の考えが揺らぐことは一度もありませんでした。昨年、私(文仁)が二人の結婚を認めると会見でお話をしたことも、二人の考えが常に一貫していたことによります。これからも、今までの気持を大切にして、二人で自分たちなりの形で、幸せな家庭を築いていってくれることを願っております。

 今回、皇室としては類例を見ない結婚となりました。しかし、そのような中にあっても静かに見守って下さった方々、そして直接的・間接的に応援をして下さった方々に深く感謝申し上げます。

【全文】小室眞子さんと圭さん、質問に文書で回答 異例の経緯に言及

【全文】小室眞子さんと圭さん、質問に文書で回答 異例の経緯に言及
10/26(火) 14:44配信
朝日新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/2503c685c03f82bd790378c613f07ac37c5b11a4

 26日に開かれた秋篠宮家の長女眞子さん(30)と小室圭さん(30)の記者会見で、宮内記者会と日本雑誌協会などの質問に対し、お二人が文書で回答した。当初は質疑応答を行う予定だったが、宮内庁によると、眞子さんは誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねないものが質問のなかにあることに衝撃を受け、強い不安を払拭(ふっしょく)できなかったため口頭での対応は取りやめた。回答全文は次のとおり(質問は要旨、回答は原文のまま)。

 ――【宮内記者会】結婚に際し、一連の儀式は行われず皇室を離れる際の一時金も受け取らない異例の形となりました。心境を聞かせてください。結婚にあたり両親や妹弟、天皇、皇后両陛下、上皇ご夫妻からどのような言葉があり、どのように受け止めていらっしゃいますか。

 今の心境としては、結婚できたことに安堵(あんど)しております。これまで心の支えとしてきたのは、お互いの存在と、私たちを変わらずに励まし応援してきてくださった方々の存在です。結婚にあたっていただいたお言葉と、私がお言葉をどのように受け止めているのかということについては、私の心の中に大事に留めておきたいと思います。(小室眞子)

 眞子さんとは3年間も会っていませんでしたので、帰国して眞子さんに会えた時、とても嬉(うれ)しかったです。そして、本日結婚できたことを幸せに思っています。長い間離れて過ごしてきましたが、眞子さんが同じ気持ちを持ち続けてくださったことに感謝しています。私が心の支えとしてきたことは、眞子さんと日々連絡を取り合う中で、色々な気持ちを共有できたことです。(小室圭)

 ――【宮内記者会】眞子さんは30年過ごした皇室を離れ、民間人となったことへの気持ちを聞かせてください。小室さんは、どのような環境でどのような家庭を築くことを希望していますか。お二人は今後、皇室とどう関わっていきますか。

 本日の午前中に皇室を離れてから間がありません。民間人となったことへの気持ちは、おそらく早くても今日という日を終えて明日という日を迎えてから、感じられてくるものではないかと思います。数時間でどのような気持ちかということについてお答えするのは、なかなか難しいです。私にとって皇族の立場は、たくさんの人から助けられ、見守られ、支えられ、あたたかい気持ちをいただくことで成り立っているものでした。皇族として過ごした時間は、数々の出会いで彩られています。ひとつひとつの思い出が宝物で、特定の思い出を選ぶことは出来そうにありません。私の今後については、私的なことですのでお答えを控えたいと思いますが、心穏やかに過ごすことの出来る環境で、あたたかい家庭を築いていくことが出来ればと思います。ただ、これについては、相談して決めたということではありません。これからは、穏やかな気持ちで生活できることを期待しております。新しい環境に入るのですから不安は様々あります。一番大きな不安を挙げるのであれば、私や私の家族、圭さんや圭さんのご家族に対する誹謗(ひぼう)中傷がこれからも続くのではないかということです。私と圭さんが元皇族とその夫として皇室とどう関わっていくつもりかというご質問についてですが、私がお伝えできるのは、一人の人として、皇室の方々のお幸せをお祈りしたいと思っているということです。(小室眞子)

 これから眞子さんと一緒に暮らしていくなかで、その日その日を大切にして、あたたかい家庭を作りたいと思います。そして、眞子さんが居心地が良いと思えるような環境を作れるよう、引き続き精進したいと思います。お付き合いを始めた当初からずっとそう思ってきました。最後のご質問ですが、私も眞子さんと同じ気持ちです。(小室圭)

 ――【宮内記者会】小室家をめぐる「金銭トラブル」について、秋篠宮さまは小室さんに「相応の対応」と「見える形での対応」を求められました。お二人の結婚に否定的な報道やインターネット上の書き込みがありますが、お考えを聞かせてください。

 父の求めをどのように受け止めたかは、その後の私たちの対応に反映されています。私たちは精一杯対応してまいりましたが、どの程度応えることが出来たかについては、対応をごらんになった方が判断されることかと思います。否定的な報道やインターネット上の書き込みについてですが、誤った情報が、なぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ、謂(いわ)れのない物語となって広がっていくことには、強い恐怖心を覚えました。複雑性PTSD(複雑性心的外傷後ストレス障害)については、結婚との関係で公表することを決めました。現在の体調は決して良くありませんが、周りの方々の助けにより何とか今日まで過ごしてこられました。圭さんも、私の体調を心配し、支えてくれています。(小室眞子)

 これまで、精一杯対応をしてまいりましたが、どの程度応えることができたかについては、私が判断できることではないと思います。私たちの結婚に否定的な考えがあることは承知していますが、これからは二人で始める生活を大切にしたいと思います。眞子さんの体調が早く良くなるよう、自分ができる限りのことをして、支えていきたいと思います。(小室圭)

 ――【日本雑誌協会】ご結婚について(1)小室さんの母親の金銭トラブルが解決されていないこと(2)小室さんの経歴に“皇室利用”と受けとめられかねないことがあると考えます。(秋篠宮さまが求めた)「多くの人の納得と祝福」についてお二人は現在の状況にどのようなお気持ちを抱いていますか。また、小室さんは「眞子さまの婚約者」という立場をいかして特別な待遇を受けたのではないかと疑念の声が上がっていることについてどうお考えですか。

 この質問は、誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない質問であると思います。このような質問に会場で口頭でお答えすることを想像すると、恐怖心が再燃し心の傷が更に広がりそうで、口頭で質問にお答えすることは不可能であると思いました。誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない質問をいただいたことは、誠に残念に思います。(1)に関連する質問についてお答えします。既にお話しした通り、圭さんのお母様の元婚約者の方への対応は、私がお願いした方向で進めてもらいました。具体的な助言については数多くありましたが、それらをこの場で羅列するわけにはまいりませんので、お答えすることは控えます。「納得と祝福」については、それぞれの方のお気持ちがあると思います。ただ、私たちは、厳しい状況の中でも変わらずに私たちを応援してくださり、今日という日を祝福してくださっている方々に、感謝しております。そして、根拠のない多くの厳しい批判にさらされてきた圭さんが、私と結婚するという意思を持ち続けてくれたことに感謝しています。私との結婚を諦めれば、圭さんはこれだけの根拠のない批判に数年間にわたってさらされ続けることはなかったはずです。(2)に関連する質問についてお答えします。圭さんが「フィアンセ」としてフォーダム大学に入学しようとしたという事実はありません。(小室眞子)

 (1)に関連する質問については、「これまでの出来事に対する思い」でお話ししたことと回答が重なる部分があります。私の母と元婚約者の方との金銭トラブルと言われている事柄について、詳しい経緯は本年4月に公表したとおりです。元婚約者の方には、公表した文書でも書いたように、これまでも折に触れて私と私の母からお礼を申し上げており、今も感謝しております。母と元婚約者の方との話し合いは、元婚約者の方が指定なさった週刊誌の記者の方を窓口として行われてきました。この記者の方に対応したのは、私の母の代理人弁護士です。本年4月に解決金をお渡しすることによる解決をご提案したところ、母と会うことが重要であるというお返事をいただきました。しかし、母は精神的な不調を抱えており、元婚約者の方と会うことにはドクターストップがかかっています。そのため、私が母に代わって対応したいと思い、母の代理人弁護士を通じてそのことをお伝えしました。元婚約者の方からは、元婚約者の方の窓口となっている週刊誌の記者の方を通じて、前向きなお返事をいただいています。解決に向けて、私が出来る限り対応したいと思います。解決金を受け取っていただきたいという気持ちは変わっていません。遺族年金の不正受給については、そのような事実はありません。(2)に関連する質問にお答えします。私が皇室利用をしたという事実はありません。「婚約者としての特別な待遇」もありません。フォーダム大学のAdmission policy(大学の入学者受け入れ方針)には、入学資格は法学部卒業生だけでなく、それと同等の法学教育を受けたことと規定されています。私の場合は、フォーダム大学ロースクールが、ロースクール入学以前に修了したlaw studiesを認めたため、申請が受け付けられました。学費全額免除の奨学金については、私が提出した成績を含む総合的な評価に基づいて決まりました。入学選考において、私が「プリンセス・マコのフィアンセ」であるとお伝えしたことはありません。日本のメディアから大学に問合せが来る可能性があり、ご迷惑をおかけするかもしれないという状況については、入学決定後に説明をいたしました。大学のHPでの記載については、状況を総合的に踏まえたうえで、大学が判断したことでした。(小室圭)

 ――【在日外国報道協会】眞子さんは、(英王室の公務から離れて米国に暮らす)メーガン妃と比較されスキャンダルになったことをどのように思われるでしょうか。

 この質問は、英語版と日本語版でいただきました。英語の質問で使われているscandalには不祥事という意味もありますが、私たちの回答では、scandalは物議という意味であるという前提でお答えします。今回のできごとが物議となったのは、誤った情報がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ、謂れのない物語となって広がったからだと考えます。このことには、恐怖心を覚えるとともに、辛(つら)く、悲しい思いをいたしました。比較されていることについては、思うことは特にありません。先ほどいただいたご質問への回答と同様に、今後の私的なことについては、お答えを控えたいと思いますが、現在のところ、インタビューに応じることは考えていません。新しい環境で心穏やかに生活を送りたいと考えています。(小室眞子)

令和3年10月26日小室眞子 小室圭



主たる疑問には全然答えないゼロ回答。診断書が発行されていない仮病のくせに、精神病を自分に都合よく利用している。

また変なことを言っている。

「私の母の代理人弁護士です」という部分についてだが、

上芝弁護士は登場した当初、「私は圭君の弁護士であって、お母様の弁護士ではありません」と言って、小室母に対する記者からの質問をばっさり切り捨てたことがある。

二人分の弁護活動を引き受けるのであれば、支払う報酬額は2倍になるので、そのお金を一文無しのケイがどこから調達したのかが問題になる。疑惑は深まった。

日本政府が小室圭が勤務する法律事務所に仕事を大量発注する 汚い裏取引が発覚 元皇族の配偶者というだけで個人に利益供与 眞子

小室を事務所の重荷と感じさせないよう、日本政府がLowensteinローウェンスタインを使うことを約束していると、政府内の知り合いから聞いた。その財源は血税なので、私は良いことだとは思わない。島田洋一氏(政治学者)の発言

Japan: Princess Mako set to marry commoner amid controversy
25.10.2021
https://www.dw.com/en/japan-princess-mako-set-to-marry-commoner-amid-controversy/a-59617287

(以下抜粋)
. . . Yoichi Shimada, an academic and staunch supporter of Japan's monarchy.

(中略)
I have heard from my contacts in the Japanese government that Tokyo will be using Komuro's law firm to ensure that he is a success and can earn a living," Shimada said.

"But that is special treatment paid for by Japanese taxpayers, and that cannot be considered a good thing."
(後略)



小室君の勤務先
https://www.lowenstein.com/
小室君の同僚たち(下の方に彼)
https://www.lowenstein.com/people/people-directory?letter=&practice=&location=&position=law-clerk&page=1&pageSize=25&lawSchool=&college=&undergraduate=&subTotal=8



小室君の手取りを3000万円にするために、日本政府は例えば1億5千万とか2億円の仕事を毎年発注することを約束したのでしょうか?

先日ハリー&メーガンがイベント出席のためニューヨークに来たときは、軍警察の特殊部隊出身のイカツイ男20人に周囲を取り囲ませた。治安が悪くて、いつ銃撃を受けてもおかしくない街なので、これくらいの警備をしないと安全確保できない。

また、事件が発生してから警備会社に電話をしても間に合わないから、マコケイ自宅の左右に、警備員やお世話係の控え室を借り上げる必要がある。ただでさえ高い家賃が2倍、3倍とかかる。

年1億では足りない。合計で毎年数億レベルの住居費+警備費がかかる。

マコのためにも、MET美術館に同様のスキームを提供するんでしょ。他にも陰に陽に税金ヘルプが必要。

こんな汚いことをあちこちでしているのだから、財務省としては増税しなければ、つじつまが合わなくなるよね。



マコケイが、明日予定している記者会見を、診断書の存在しない詐病を引用してドタキャン。1時間半で1万4千件を超える批判コメが集中し(約150件/分)、コメ欄閉鎖。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3a7b84f1f66fea14a4de3d4ddbc34d65a5a1adcf
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2ec41f7694d19e3b19ee961a82b262afdb4679a

外国の報道も隠しきれなくなり、ここ数日の変化として、結婚反対9割以上の世論調査、1年で自殺3人や、デモ、日本国民から出ている批判の一端をそのままの表現で伝えるようになってきている。しかし、反社疑惑だけはまだ報道するところがないので、全体として「結婚は二人の決断なのに、キチガイな日本人が二人をいじめ抜いている」という読後印象となりやすい。外国人に説明すべきは借金、経歴詐称ではない。反社疑惑だ。もう一押し。

気になる点は、マコは宮内庁記者会見を通じて、診断書なしの「複雑性PTSD」と診断されたことが発表されたのに、多くの外国メディアでは単なるPTSDに変更されていること。複雑性では重症すぎて米国ビザが発給されないから、軌道修正したらしい。やぶ医者に頼るとこうなる。やることなすこと全て駄目。

連日夜な夜な作戦会議を開き、こんなことをしている皇室と宮内庁は必要でしょうか?いらないでしょ。汚いものはごみ箱へポイして、きれいな大統領制に移行しましょう。期間限定の国家元首を国民が選ぶ。夫婦二人分の経費しかかからない。

眞子に対する勘当の処置を明確にすべき 平川祐弘 小室圭さん

皇室の将来は日本の将来である
東京大学名誉教授 平川祐弘
2021/10/22 08:00
産経新聞 正論
https://www.sankei.com/article/20211022-DIDEOR5R6JMFXBPWQWF24JMM2I/

RsIMG-2069.jpg



ようやく私と同じ意見を述べる人が出てきた。これも私が最初に指摘したことだ。

儀式をやらない、一時金を受け取らないというのは、表面上の事象に過ぎない。このたび眞子が「結婚に伴う皇統譜から外れる通常コース」なのか、罰としての「永久追放措置」であるのか明確にすることが必要である。

なぜならば、少子高齢化、男性後継者不足が顕著な皇族は、現役(今上、A宮)が亡くなる20~30年後に、本当に皇統が途絶える危機を迎える。そのとき、マコケイの間に男児がいたならば、「あっあそこに皇統の血を引く男児がいるではないか」という話になり、あの子を次期天皇に祭り上げてしまえという力が働く。

そうなると、ケイの親戚とされる下記記事のような人々が、堂々と大手を振って正門から皇居に入り、場合によっては権力を振るうこととなる。
https://web.archive.org/web/20200227135738/https://koshitsu.today/archives/1553
↑↑中程の「ボディーガードみたいなもの」を自称する人物に注目

ひと言で言うならば、今の皇室は「統治ができていない」のである。

現状既に、内親王ごとき下位の娘が、詐病まで使って国民の言論弾圧をしているではないか。

統治ができていない問題を早期に是正しないのであれば、こんな危ない体制は粉砕するしかない。国民全体を不幸にするだけだ。

カナダ 連邦政府職員の70%がワクチン強制策から免除 コールセンター、判事、食肉検査、公園監視、郵便、国税、議会職員、軍人など コロナ

飛行機で入国する人に対する規制は、以下の人々には適用されない。プライベート・ジェットまたはチャーター機で入国する人。学生、エッセンシャル・ワーカー。罰金を支払う。米国の空港に着陸し、タクシーでカナダに入る人。
GUNTER: Look closely, Trudeau's 'mandatory' vax policy isn't what it seems
Lorne Gunter
Oct 09, 2021 • October 9, 2021
https://torontosun.com/opinion/columnists/gunter-look-closely-trudeaus-mandatory-vax-policy-isnt-what-it-seems

(以下抜粋)
“Exempted employees include (federal) call centre operators, federal judges, meat inspectors, park wardens, postal workers, tax auditors, Commons and Senate staff,” and members of the armed forces.

Canada Post
His government’s policy to require all travellers arriving by air to spend at least three days in quarantine (now ended), exempted anyone arriving by private plane or charter, whether vaccinated or not. It exempted students and people claiming to be essential workers.

And others could get around the quarantine by paying a fine or by landing at a U.S. airport near the border and taking a taxi across.

紀子さまの父、川嶋辰彦さんが緊急入院 眞子 小室圭さん

紀子さまの父、川嶋辰彦さんが緊急入院
10/20(水) 14:57配信
日本テレビ系(NNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/37e52b2d6c7d475c6d5461eb51c9ccb09453823a

秋篠宮妃紀子さまの父で学習院大学名誉教授の川嶋辰彦さんが、19日、都内の病院に緊急入院したことがわかりました。容体などはわかっていませんが、紀子さまは娘の眞子さま、佳子さまと共にお見舞いに行かれたということです。

関係者によりますと、秋篠宮妃紀子さまの父、川嶋辰彦さんが、19日、都内の病院に緊急入院したということです。容体などはわかっていません。

紀子さまは、19日、長女の眞子さま、二女の佳子さまと共に、急きょ病院にお見舞いに行かれたということです。お三方は、26日に小室圭さんと結婚する眞子さまが結婚報告のため皇居にある宮中三殿を参拝した後、19日午後2時半頃に病院に行かれたということです。

紀子さまは19日午後4時には、お住まいで秋篠宮さまと共にオンラインでの公務をされていました。

川嶋辰彦さんは学習院大学の名誉教授で、経済統計学などを専門とし、国土交通省の専門委員なども務めてきました。



(ヤフコメから)
異議有り | 7時間前

すげーな
婚約発表後の金銭問題から始まり、次から次へと疑惑が出てくるわ、延期後に進めようとするとコロナ禍、小室が一時帰国すると関東で地震発生、墓参りすると雨、秋篠宮家に面会すると阿蘇山噴火に川嶋祖父が緊急入院、月と太陽が合わさると日食による闇が訪れるという不吉な呼び名といい、なんという不吉さのオンパレード pun***** | 7時間前

-------------------
pun***** | 7時間前

本当にこの結婚はいろいろな事が重なるね…
何でもそうだけど、うまく行くときはトントン拍子に進むんだよね。
立ち止まるチャンスかもよ??



「縁起が悪い」というコメントばかり(苦笑)。

御厨貴×林真理子「大衆天皇制」の崩壊〈今こそ美智子さまのお言葉をお聞きしたい〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

御厨貴×林真理子「大衆天皇制」の崩壊〈今こそ美智子さまのお言葉をお聞きしたい〉――文藝春秋特選記事【全文公開】
10/16(土) 6:00配信
文春オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2e5b259ea5325f339ffbb6ec946cbdd6379409b

「文藝春秋」11月号の特選記事を公開します。/御厨貴(東京大学名誉教授)×林真理子(作家)

◆ ◆ ◆

林 眞子さまと小室圭さんのご結婚がついに実現しそうだ、とどこへ行ってもその話題で持ち切りです。世間では“駆け落ち婚”なんて言われているようですね。

御厨 急転直下で年内結婚、と相成りそうですね。

林 お二人の婚約内定の発表からこの4年間は、大変な大騒ぎになっていましたし、各々の皇室観や結婚観をめぐって国内が分断されているような状態です。現在に至っても、必ずしも祝福ムードにはなっていないように見えますが……。

――毎日新聞が行った世論調査では、眞子さまのご結婚を「祝福したい」という人が38%、「祝福できない」が35%、「関心がない」が26%という結果だったそうです(9月18日付)。

御厨 私はね、大衆の人気こそが戦後皇室を支えてきた歴史を振り返ると、この数字には隔世の感を禁じ得ません。皇族の結婚を「祝福したい」という声が4割に届かないというのは考えられない。
(後略)



(ヤフコメから)
may***** | 16時間前

この結婚は慶事どころか
不吉な凶事としか思えません。
皇室に穢れを入れてはならない。
こんな自己中心な選択、あり得ない。
今後一体どうしていかれるのでしょう。
国民全体が母子にたかられているような気分です。

----------------------
dua***** | 10時間前

もういやになってきました。
勘当 といっておきながら 高級ホテルを使い、費用は国費からでないといいつつ
親のポケットマネーからでしょうか。 これのどこが勘当ですか。

ご親戚へのあいさつ 一切しないと最初は書いてありましたけど 天皇にまで
ごあいさつ? 暖かく見守って下さっているとうそを書き、ちがえばにらみつけ。

ご両親はけじめとして 会わずに終わるかとおもいきや ちゃっかり 御面会
国民へは 娘は結婚しますとの一言もない。
結婚の後は 援助しまくりの予想

母親の嫌疑は蓋をされ、庁は一切動かない。
 やりたいほうだいですね。
それにつけても 入社1年目でこんなに長期休んでもクビにならないのでしょうか。
不思議の連続です。
これは 結婚でしょうか 何かの大きな力があるのがこわいとさえ感じます。

-----------------------
mir***** | 10時間前

1個人の結婚であれば自由にしたら良い。どのようなお相手との結婚でもとやかく言わない。
天皇及びそれに準ずる皇室の方の結婚。
天皇は国民の象徴なのですよ。象徴がどんな人であっても良い等という国民はいないでしょう。
象徴になるには疑問が多すぎる方との結婚に多くの国民は怒って反対している。当たり前の話です。
その事に自覚がなく私を優先させて強行しようとしている眞子様には呆れるばかりです。

私的な事を優先させて行うのであれば、精神疾患が多発するような皇室なのであれば、そのような天皇制や皇室はいりません。
新たな国民の象徴を考えたいです。

-------------------------
yam***** | 8時間前

何故、問題を解決した上でご結婚をされないのですかね。不思議で仕方ありません。

私には、皇室が犯罪幇助をされているとしか思えません。本当に残念です。

覆水盆に返らず、もう敬愛の念はありません。

-------------------------
tou***** | 11時間前

どうしても結婚したいのなら
婚約発表に不正受給とか絶対にさせてはならないだろ
いくらかポケットマネーで母親に渡して結婚するまでいい子にさせるべきで
それすらできないのなら今後もろくなことをしないと言っているのに等しい

-------------------------
漂亮的人 | 4時間前

(注:本文から引用して)”天皇制"はその歴史的役割を終え、発展的解消に向かうのが必然でしょう。

今回の件は、その終わりの始まりになるような気がする今日この頃です。
( ^ω^ )♬♬( ^ω^ )♬♬( ^ω^ )♬♬

---------------------------
sao***** | 11時間前

次の天皇陛下があの家から出るのなら、静かに神棚を処分したいと思っています。

--------------------------
y04***** | 11時間前

大衆天皇制などと変な言葉をつくるな!そもそも大衆と天皇制、水と油。

小室圭さんはひと足先に米国へ 眞子さまの病状説明で宮内庁はなぜ「批判」と言わず、「誹謗中傷」と強調したのか〈dot.〉

小室圭さんはひと足先に米国へ 眞子さまの病状説明で宮内庁はなぜ「批判」と言わず、「誹謗中傷」と強調したのか〈dot.〉
10/16(土) 10:00配信
AERA dot.
https://news.yahoo.co.jp/articles/d222b4f39f205933f5d059557a6578c38f6581fb

 秋篠宮家の長女、眞子さま(29)と小室圭さん(30)は、今月26日に婚姻届を提出し、記者会見を行う。結婚の日が迫るなか、小室家と小室さんの母、佳代さんの元婚約者との間の金銭トラブルは解決しておらず、儀式なし一時金なしの異例の結婚。だが、宮内庁の空気は明るいようなのだ。

* *  * 
 18日午前、小室圭さんが秋篠宮ご夫妻へのあいさつのため赤坂御用地にある秋篠宮邸を訪れる。この日に眞子さまとも3年2カ月ぶりに再会するという。

 眞子さまと小室さんの結婚は、女性皇族の結婚時に通例行われる結婚に伴う儀式は行わず、皇籍を離脱するに伴う一時金も受け取らない「異例婚」だ。

 秋篠宮さまは、昨年の誕生日の記者会見で、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と定めた憲法を引き合いに出し、結婚を認めると発言した。 

 一方で、金銭トラブルに対して国民が納得し、祝福する状況にはない以上、「納采の儀」など家同士の儀式にあたることを行わないというのが、一貫したスタンスだった。

 黒田清子さんと黒田慶樹さんのように結婚後も晩さん会や祭祀に夫婦で出席するような親戚づきあいは、小室家とは行わないのではないか、とみられていた。  

 それだけに、小室さんが秋篠宮ご夫妻に直接会い、あいさつを行うか否かは、関心事のひとつでもあった。

「意思を通したけじめはつけるべきだ、というのが秋篠宮さまのお考え。一方で、眞子さまが後ろ指をさされることのないよう、ご両親としてできることはしてあげたいということでしょう」(宮内庁OB)

 もうひとつの関心事は、米国への出発の日だ。

 26日の結婚と記者会見を終えたら、小室さんは早々に日本を発ち米国での勤務に戻る――。そうした見方が有力になっている。

 眞子さまは、皇籍から抜けて民間人となったあとにパスポート取得の手続きに入るため、2週間程度は日本に滞在する必要がある。小室さんが先に出発したあとは、眞子さまはひとりで出発までの準備を行うことになりそうだ。

 26日に眞子さまは結婚の手続きを済ませた後、「小室眞子さん」として記者会見に臨むことになる。予定されているのは、都内の老舗ホテルだ。

 思い起こせば、05年に黒田清子さんと黒田慶樹さんが挙式と披露宴、記者会見を行ったのは、帝国ホテルだった。白のシルクのロングドレスに真珠のネックレスをつけた清子さんは、「扇の間」で会見に望んだ。黒田さんとほほ笑みながら見つめ合い、こう述べた。

「黒田家の一人として、新しい生活に臨んで参りたいと思います」 

 清子さんの場合と異なり、眞子さまと小室さんの記者会見では、場所の選定は重要なポイントになる。金銭トラブルが解決しないまま結婚することに、国民感情として納得がいかないという空気が強いからだ。

「そうした国民感情に配慮したなかでの記者会見だけに、紀宮さまと同じ帝国ホテルで行えば、ぜいたくと批判されかねない。かといって、参加するテレビや大手メディア、雑誌や外国のプレスに対応できる会場である必要がある。『身の丈に合っている』と受け止められる場所であることが重要です」(前出のOB)

そもそも天皇や皇族の記者会見は、宮内記者会があらかじめ提出した質問に対して準備した内容を回答する。その場で自由に質疑ができる関連質問もあるものの、そう厳しい質問が出ることはないのが一般的だ。

眞子さまと小室さんの記者会見は、小室さんの母親と元婚約者との金銭トラブルの説明の場としてもとらえられている。

 その金銭トラブルは、結婚まで2週間を切ったいまも解決にはほど遠い状況だ。

 小室家の代理人弁護士が、一部メディアの取材に、<圭さんが母親に代わってX氏と話をすることを提案し、先日お返事をいただいたので方法等について調整中です>

 と回答すれば、元婚約者サイドは、「了承はしていない」とのコメントを公表するなど、事態は泥沼化する一方だ。  

 だが宮内庁は、金銭トラブルなど、もはや気にもかけていないような空気だという。

 皇室の事情に詳しい人物は、こう明かす。

「結婚の日取りも決まって、やれやれホッとしたという空気に満ちていた。『結婚前に金銭問題にめどをつけなければいけない』といった焦りはまるで感じなかった

 この宮内庁の様子について、次のように分析する。

「というのも、金銭問題に対して国民の納得と結婚への祝福を得られていないまま突き進むことへのけじめが、異例の『儀式なし婚』となった訳です。すでにある種のペナルティを課したうえで結婚を決めた。だとすれば、何が何でも結婚前に、解決しなければならない理由はなくなったということです」

 加えて、会見自体はそう厳しいものにはならないとみられている。

 布石になっているのは、10月1日の会見だ。

 永井良三皇室医務主管と精神科医でNTT東日本関東病院の秋山剛医師が同席し、「複雑性PTSD」と診断されたと公表した。

小室圭さんの母親の金銭トラブルに対する批判が続く中、眞子さまが、結婚に関するご自身や家族、相手とその家族への誹謗(ひぼう)中傷と感じられるできごとを長期にわたり反復的に体験したことが原因だという。眞子さまに診断を下した秋山医師は「結婚されることで、誹謗中傷と感じられる出来事がなくなれば改善が進む」と話した。

 この説明に対して、一部の国民は「誹謗中傷」という言葉に敏感に反応した。誹謗中傷とは、<根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つけること>を指すからだ。

 宮内庁の会見に同席した医師は、眞子さまが「誹謗中傷と感じる出来事」について「週刊誌報道」「ネット上のコメント」が含まれると述べているが、具体的にどの部分が「事実に基づかない誹謗中傷」であるのかを明らかにしていない。 

 また、宮内庁は出した眞子さまの病状と診断について説明した文章では、「批判」という言葉を一度も使っていない。

 代わりに、「誹謗中傷」の単語を6度用いている。


 なぜ、宮内庁は、「批判」ではなく「誹謗中傷」という言葉を選んだのか。

 思い起こされるのは、1993年、皇后であった美智子さまが59歳の誕生日に公表した文書回答だ。

 昭和から平成の世に移るなかで、平成流皇室に対する批判の矛先は、美智子さまに向けられた。

 10月20日、誕生日の祝賀行事に出発しようとしていた美智子さまは、突然倒れて声を失った。

 最終的な引き金となったのは、皇太子妃決定過程に関連した人物からの手紙という指摘もあり、皇后バッシングで声を失ったという単純な構図ではないようだ。

 それでも、バッシングは美智子さまを苦悩に追いやった原因のひとつだ。 

 宮内記者会からの、「最近目立っている皇室批判記事についてどう思われますか」という質問に対して、美智子さまは文書でこう回答を寄せた。

<どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います。今までに私の配慮が充分でなかったり、どのようなことでも、私の言葉が人を傷つけておりましたら、許して頂きたいと思います。

しかし事実でない報道には、大きな悲しみと戸惑いを覚えます。批判の許されない社会であってはなりませんが、事実に基づかない批判が、繰り返し許される社会であって欲しくはありません。幾つかの事例についてだけでも、関係者の説明がなされ、人々の納得を得られれば幸せに思います。> 

 「批判」とは、<人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること>(大辞泉)。対して、「バッシング」は、<打ちのめすこと。手厳しく非難すること>(同)。「批判」は、ある程度の事実に基づいた意見であり、「バッシング」は、ちょっとした根拠をもとに相手を打ちのめすニュアンスだ。

 美智子さまは文書回答で、「どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います」と答えている。

「つまり、今回、眞子さまが複雑性PTSDと診断された背景について、宮内庁が『批判』という言葉を使えば、『ある程度、耳を傾け、受け止めなければならない』という含みを持ってしまう。宮内庁は、『批判』ではないと強調したかったのでしょう。だが、誹謗中傷という言葉は報道や国民を萎縮させる表現で、宮内庁がたやすく使ってよい言葉ではなかった」(前出の人物)

 26日に行われる、「小室眞子さん」と小室圭さんの記者会見。メディアと「小室夫妻」のやり取りが、表面をなぞったような言葉で終わってほしくはない。

ふたりから、金銭問題について国民が納得のゆく説明がなされるのか。眞子さまは、「ねえね」と慕った黒田清子さんのようにほほ笑んで、「新しい生活に臨んで参りたいと思います」と口にすることができるのか。

 眞子さまは、内親王として歩んだ30年の矜持を胸に会見に臨む。

(AERAdot.編集部 永井貴子)



(5ちゃんから)
153可愛い奥様2021/10/16(土) 03:45:34.46ID:E6AWAEfu0
>>148

皇室の縁者になるというだけで
・犯罪まがいのことをしていてもお咎めなし
・皇室利用もし放題
・それらについて批判すれば言論統制で反対意見を封じ込めようとする
こんなの見せつけられたら女性皇族の結婚も両性の合意だけで許していいんだろうか
と疑問に思ったよ


特権階級の人達の人権にある程度の制限がかかるのは
理由があることなんだと今回の事でよくわかったわ

中の人達はそれが嫌ならさっさと皇籍離脱すればいいし
国民も皇族も不満だらけなら皇室は廃止でいいよ
日本には批判を許さない権力者なんてもういらないから

--------------------
671可愛い奥様2021/10/16(土) 20:53:16.72ID:DjiuxFHE0
反社とも付き合いのあるような一家が成り上がりを目指して皇族に近づく ←わかる

世間知らずなお姫様がロクでもない男に引っかかる(y守天皇) ←うーん…次はないからね?

世間知らずなお姫様がさらにロクでもない男に引っかかる ←…もしや池沼であらせられる??

ロクでもなさすぎるので一家総出で資格をプレゼント(税金から)、挙式費用も負担(税金から)←は????????????



(ヤフコメから)
*****
11時間前

数々の疑惑に対して国民が常識的な社会規範に照らして「それおかしいでしょ」と声を上げても、「結婚は生きていくために必要な選択」だの斜め上のお気持ち表明だけで、小室家に会見をさせることもせず、2人して頑なに疑惑に対する説明を拒否してガン無視を決め込み、全てをゴリ押し逃げ切りでことを進めるようなやり方をしといて、挙句の果てには「お前らが酷いこと言うからPTSDになった」って…もうメチャクチャですね。

皇室が関われば犯罪疑惑や非道行為も不問に付され、真っ当な指摘・批判も「誹謗中傷」と捉えられ、体のいい言論統制が敷かれる始末。

戦後の皇室は権威はあっても権力はなく、国民主権ということを教わりましたが、現実には国民の声など一蹴され、犯罪疑惑も見逃される程の理不尽なまでに超法規的で圧倒的な皇室の権力・特権をまざまざと見せつけられました。

小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”
10/16(土) 9:06配信
日刊ゲンダイDIGITAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/26af47515a8d126c5155bc055d8aad08317357d0

 秋篠宮家長女・眞子さま(29)と小室圭さん(30)が今月26日に入籍する。婚約内定報道から4年、小室さんの母親の借金問題など一連の騒動で、「なぜ事前に調査しなかったのか」といった「宮内庁」への責任や存在意義を問う声は多い。国民の税金で賄われる国家公務員だから当然だが、財務省や厚労省などと違って、いまひとつ実態が分からない。どんな人たちが働いているのか――。

  ◇  ◇  ◇

■職員にはどうしたらなれるのか?

 宮内庁職員は1073人。定員数は、宮内庁長官、侍従長、上皇侍従長、皇嗣職大夫など特別職が70人。その他、皇族に仕えたり、事務方を担う一般職が1010人となっている。

 職員(一般職)になるためには、人事院採用で主に国家公務員一般職試験(大卒程度試験・高卒者試験)に合格し、宮内庁訪問をして内定を受けるのが正式ルートだ。

 大卒の場合、2019年は行政職7人、技術職0人、20年は行政職5人、技術職2人、21年は行政職5人、技術職2人が採用されている。

 一方で、特別職は他省庁からの天下りだ。

■長官、次長の重要ポストは旧内務省から出向

「伝統的に旧内務省出身者が、長官や次長など重要ポストに就いています。例外もありますが、警察庁、厚労省、国土交通省、総務省の4つの省庁で回すのが伝統になっています。例えば警察庁が入っているのは、パレードの警備や皇族の周辺の身辺調査を担うなど実務ともリンクしているのでしょう」(宮内庁記者)

 現在の西村泰彦長官は警察庁出身。警視総監、内閣危機管理監を経て、16年に宮内庁次長、19年から現職だ。山本信一郎前長官は元総務官僚であった。

「本省の出世ピラミッドから外れたり、ポストがない官僚の一時出向先に充てられることが多い。出向期間2~3年を上に逆らわずに大過なく過ごせればよいと考える人がほとんどで、皇室への敬愛や使命感、熱意をもって働いている人は少ないでしょう」(公務員問題に詳しいジャーナリストの若林亜紀氏)

試験を受ける〈オモテ〉と縁故中心の〈オク〉

 特別職の退任後の再就職のポストはどうか。山本前長官は財団法人「地域創造」の理事長に就任している。風岡典之元長官は公益法人「日本住宅総合センター」理事長、羽毛田信吾元長官は、財団法人「日本遺族会」の昭和館館長。小田野展丈元式部官長は、近鉄グループホールディングスと大塚製薬の顧問に就いた。

 一般職の場合は中途採用の割合も多く、試験を受ける〈オモテ〉と縁故を中心とした〈オク〉の採用ルートがある。

「宮内庁には〈オク〉という他の公務員にはない採用ルートがあります。天皇・上皇・皇嗣家を身近に支える侍従や女官で、皇族の同級生や旧華族出身者などが縁故で採用されていますし、口コミやホームページ上で公募もあります」(若林亜紀氏)

■皇宮警察は「容姿端麗」が採用基準

 過去には、「昭和女子大」の学内求人に〈高円宮家の「侍女」募集〉が掲示されて話題になった。宮家が伝統校に直々にオファーするケースもある。

 その他、料理人、御料牧場・農場の農家を担う職員、庭師など特殊な採用がある。皇宮警察は一昔前まで募集要項に「容姿端麗」を記載していた。

「儀典や要人を迎える場に立ち会うためで、現在でも美男美女の割合が高い印象です」(前出の宮内庁記者)

給与体系や組織の適性は?

 宮内庁関係予算は、皇室費(内廷費、皇族費、宮廷費)と宮内庁費に分かれる。

 内廷費は天皇・上皇・内廷にある皇族の日常などに使う費用で、3億2400万円。皇族費は皇族の品位保持のための予算で総額2億6932万円。宮廷費は、儀式や国賓・公賓の接待、皇族の外国訪問などの予算で、118億2816万円。宮内庁費は、宮内庁の運用のための人件費・事務費などで、125億8949万円(いずれも2021年度予算)。

■行政職の年収は740万円 宮内庁長官なら2900万円

 また国家公務員給与等実態調査(21年)によれば、一般行政職の平均給与月額は約45万円(年収約740万円)だ。一方、宮内庁長官なら年収約2900万円、侍従長は同約2500万円とされる。

「オモテルートの新卒採用は幹部候補の総合職採用が少なく、一般職採用の割合が多いのが特徴です。そのため、エリート官僚を目指す学生にとってマイナーな存在で、全体的にのんびりした雰囲気。公務員はクビにならないし、安定した職場と言えるでしょう。税金から支出される皇室費、宮内庁費は合わせて年間250億円。国民1人あたり年間250円を出して支えてる計算ですね。人員1000人は多過ぎる印象。18人の皇族を支える職員だけで、警備をする皇宮警察はまた別組織で960人もいるのですから。予算も別です。それに比べ、英国王室は、王族25人に対して、スタッフは住み込み50人、通い450人の500人程度です」(若林亜紀氏)

■“小室さん問題”をなぜ解決できなかった

 これだけの職員が待機し、元警察庁・警視総監を務めた西村長官のような優秀な人材がいながら、小室さん問題を解決できなかったのはなぜか。

「雅子さまや紀子さまら皇族に迎える女性に対しては民間の興信所を使って調べています。しかしながら、降嫁する女性の嫁ぎ先を調べる慣習はなく、そもそも小室圭さんや家族を調べる発想がなかった。興信所の調査も、過去の例を見ると『不妊の疑い』や『色覚障害』といった健康上の問題に注視しています。どんな評判のいい女性でも、家系を調べ始めると先祖100人も遡れば何かしら問題はありますから……」(皇室ジャーナリスト)

 宮内庁の行政一般職は、国内外からの「式典」や「行事」の参加依頼を受けて調整する仕事。侍従などを省けば直接皇族に意見はできない。取材態勢も異例だ。

■記者会見には「伝統的にカメラを入れない」

「宮内庁は『伝統的に会見にカメラを入れない』閉鎖的な省庁です。今は発言をそのまま引用してもいい“オンレコ”ですが、オフレコの時代もありました。記者は当然、皇族に直接取材できませんが、長官らトップは昭和の時代から、何重ものフィルターを通して伝える会見方法で、皇族の言葉の裏を読んで『拝察される』といった曖昧な表現を使っています。たとえば、西村長官は、小室さんの28枚の文章を『評価する』とメッセージを発しました。ただ、結局のところ、説明責任を果たしているのか、いないのか、宮内庁として結婚を認めたのか、認めていないのかはっきりしない。昔はそれで国民の声を抑えられたかもしれませんが、SNS時代では中途半端な対応が炎上を生み問題を悪化させるのですが、深刻に捉えていないのが実情です」(前出の皇室ジャーナリスト)

 眞子さまの「複雑性PTSD」を公表して批判を受けたり、対応が裏目裏目に出ている宮内庁。今後、組織の見直しも議論されそうだ。

小室さん、18日に秋篠宮邸訪問し眞子さまと3年ぶり再会…26日は婚姻届提出後に2人で記者会見

小室さん、18日に秋篠宮邸訪問し眞子さまと3年ぶり再会…26日は婚姻届提出後に2人で記者会見
10/15(金) 20:42配信
読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc2816e39187c98d9443bcadcb79ad90695d5533

 宮内庁は15日、秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚までの日程と記者会見の要領を発表した。小室さんは18日、秋篠宮ご夫妻にあいさつするため、秋篠宮邸(東京都港区)を訪れ、眞子さまと約3年ぶりに再会する。
(後略)



(5ちゃんねるから)
781可愛い奥様2021/10/15(金) 18:26:49.18ID:pvytrfsB0

いつもあの手この手で娘を助けてるのは秋篠宮夫婦
留学先も日本人が多いハワイはやめてNYにしろと指示しておいて、留学は寝耳に水と平気で国民に嘘をつく
紀子は、米国の食事は眞子の口に合うか心配だのと抜かす、すっかり新婚夫婦をいたわる母親だよ
駆け落ちトンズラ婚どころか祝福されてるテイ
北朝鮮みたい



アキシン夫婦はKKと会って何を話すのか。「予定より3年も遠回りさせて悪かったな」とか言いそう。

時代遅れで腐りきった皇賊制度は廃止し、大統領制に移行するのみ。国民主権をより明確にし、国家元首を選挙で決めるのが一番。

眞子さま会見 26日午後に都内のホテルで

眞子さま会見 26日午後に都内のホテルで
10/15(金) 11:16配信
日本テレビ系(NNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f1adc7ca6519a10fa139bd483f874144ee8d15a

秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚記者会見について、結婚当日の今月26日午後に、都内のホテルで行われることが発表されました。

宮内庁の発表によりますと、26日に結婚される眞子さまと小室圭さんの結婚記者会見は、当日の午後、都内のホテルで行われるということです。

会見は、秋篠宮家の側近である宮内庁の皇嗣職が仕切る形で行われ、宮内庁の取材を担当する宮内記者会のほか、日本雑誌協会と日本外国特派員協会の記者が代表で出席し、撮影は、それぞれの団体の代表が行います。

眞子さまと小室さんは記者会見に先立って婚姻届を提出し、眞子さまは、皇室を離れて「小室眞子さん」として記者会見にのぞまれることになります。結婚後、お二人はアメリカで新しい生活を送られる予定です。



眞子さま、小室さん結婚 会見は都内ホテル、心境など語る見込み
10/15(金) 18:31配信
毎日新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/c09c5a1c6005774d9196b7f1f458e725a9d9d778

 宮内庁は15日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)が大学時代の同級生、小室圭さん(30)と26日に結婚されることに伴う記者会見を東京都内のホテルで同日午後に行うと発表した。会見は婚姻届提出後で、2人そろって出席する。婚約内定から4年あまりを経て結婚に至った心境などについて語るとみられる。また、秋篠宮ご夫妻は18日、赤坂御用地(東京都港区)の宮邸で小室さんからあいさつを受ける。

 会見には宮内記者会常駐の新聞・通信・テレビ計15社(各社2人)のほか、非常勤の報道機関から代表5人、日本雑誌協会と日本外国特派員協会に加盟する報道機関からも代表各2人が参加する。カメラマンなども含めて計50人程度になる見通し。

 会見は皇室関連施設ではなくホテルで行われる。その理由について、秋篠宮家を補佐する側近トップの加地(かち)隆治・皇嗣職大夫(こうししょくだいぶ)は15日の定例記者会見で、会見時には既に眞子さまが皇籍を離れて民間人になっているためと説明した。ホテル使用で発生する費用は公費ではなく、眞子さま・小室さん側が私費で負担するという。

 また、会見がフリーランスの記者らも対象にした完全オープンではないことについて、「そうすると際限がない感もあるし、新型コロナウイルス感染防止の措置も必要だ」と理解を求めた。婚姻届は宮内庁職員が提出する。

 宮内庁は結婚に関連する日程も明らかにした。皇室慣例の儀式は一切行われないが、19日に歴代天皇などを祭る皇居・宮中三殿を参拝する。さらに22日には御所で天皇、皇后両陛下に、25日は仙洞(せんとう)仮御所(港区)で上皇ご夫妻にそれぞれあいさつをする。いずれも眞子さま1人で、小室さんは同席しない。【和田武士】



一般人である点を強調しておきながら、なぜ皇嗣職大夫が会見を取り仕切り、記者の6割を宮内記者会が当然であるかのごとく占有するのか。

会場費をマコケイが負担するの部分は、笑うところか?ケイは明らかに一文無しなのだから、マコ負担に決まってるだろ(笑)。

「象徴天皇制」崩壊の危機を専門家が指摘 「皇室はそこまでして出て行かれたい場所なのか」

「象徴天皇制」崩壊の危機を専門家が指摘 「皇室はそこまでして出て行かれたい場所なのか」
10/15(金) 5:57配信
デイリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb1088c8ea07646aa0ca9f3a9b082e2f05764f7a

 今月1日、宮内庁の記者会見に同席した医師は、眞子さまが「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断されている状態であることを発表した。静岡福祉大学の小田部雄次名誉教授はこの報道をどう受け止めたのか。

 1993年、上皇后美智子さまがバッシングに晒され、一時は失声症になるまで苦しまれたことがありました。その際、美智子さまは事実ではない報道には苦言を呈されつつ、「どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います」と発言されました。

 一方で今回、会見に臨んだ医師は、眞子さまや小室さんに対するさまざまな国民の声を一律に“誹謗中傷”と断じました。率直に申し上げて、非常に危うい言葉で、これには大変驚きました。象徴天皇制は国民からの支持を受けて成り立つものであり、これまで皇室は批判を含め、どのような声も受け止めてきたからです。

 もはやご結婚に反対する者は、眞子さまに弓引く者だと言わんばかりです。そうやって、国民からの批判に蓋をして、言論弾圧のようなことを行ってまで眞子さまは結婚されたいのでしょうか。そのように一線を越えても、出て行かれたい場所が今の皇室なのでしょうか。そんな無力感にも苛まれています。

 眞子さまはご自身と小室さんの将来を心配されるあまり、皇族として天皇陛下をお支えするという本来の役割をお忘れなのではないか。そればかりか、ご自分のことを支え、心配を寄せてくれる方々への感謝や思いやりに欠けておられるようなところもお見受けします。周囲には見向きもされず、ご結婚に向かって最短距離を突き進まれるお姿は、痛ましく感じられることすらあります。

 ご結婚の延期から3年半が経っています。小室さんには、この時間を積極的に使って説明責任を果たしていただきたかったのですが、ご自身のキャリアを磨くことだけに費やした印象です。結果として、国内に留まっておられた眞子さまばかりが矢面にお立ちになってしまったのは否めません。

 お二人にとってご結婚が譲れないものだったとしても、結婚に関わる儀式を無視し、皇室経済法の規定まで歪めるのはいかがなものでしょうか。せめて、ご結婚に至る道筋はしっかりとお二人で作ってほしかった。そうすれば“駆け落ち婚”と後ろ指を指されることもなかったはずです。

 本来、ご結婚は慶事であって、それをきっかけに益々、皇室に対する敬愛が高まっていくものです。それなのに、お二人はご自分たちの意見を通すことを優先されてしまった。これでは、国民がお二人から置き去りにされたような気持ちを感じるのも無理はないでしょう。

「週刊新潮」2021年10月14日号 掲載



何を言ってんだか。二人は永久追放処分ではない。批判勢力は詰めが甘い。詰めが甘いから、結婚強行派に押し切られる。

一時金を受け取らず、儀式をしないというだけのことだ。実際に、天皇は、将来またマコに皇室の仕事を手伝ってもらうときが来るだろうからと、天皇にあるまじき「かわいそう」という感情に流された甘い思考に取り付かれている。ナルは、畑違いの感染症対策には、平気で憲法違反の政治介入する画策をする癖に。

将来戻ってきてもらうためには、それまでの期間に二人が落ちぶれてしまっていては困るから、裏からせっせと送金するに決まっている。

政府機構は、憲法改正するくらいならば、皇室典範を書き換えちゃえという発想になりがちだから、昨日まで「日本の伝統」と力説していた人ですら一晩で自説をかなぐり捨てて、マコ皇籍復帰に走るだろう。

マコが皇室に復帰したとき、KK母方の親戚一同が皇居に乗り込み、「今日から俺たちがお前たちより格上だ」と威張り散らかし、その時「仰せの通りでございます」と一切の抵抗をせず言いなりになる宮内庁の光景が、今から目に浮かぶ。詰めが甘いんだ。

だから、これを機に、天皇制を一気に廃絶しなければならない。

小室圭さん支えるNYの日系人後援会…就職先紹介、帰国の航空券も手配

小室圭さん支えるNYの日系人後援会…就職先紹介、帰国の航空券も手配
10/14(木) 6:06配信
女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/379de5fda6ffa2976694bc302961e2fa16b58d9a

「眞子さまの渡米を前に、総領事館のスタッフたちも、かなりピリピリしているようです」

そう語るのはニューヨークで長年生活している日本人ジャーナリスト。

眞子さまは結婚一時金を辞退されており、秋篠宮ご夫妻も遠く離れるご長女の今後について懸念されているという。

「秋篠宮家が受け取っている皇族費は税金ですから、それで眞子内親王を援助することも許されません。宮内庁の職員が生活のご様子を確かめに行くということもできませんし、ご両親としては不安が募るのも無理はありません」(秋篠宮家に近い関係者)

だが、そんな秋篠宮ご夫妻のご懸念は杞憂に終わるのでは、と語るのは前出のジャーナリスト。

在ニューヨーク日本国総領事館のスタッフがすでに動きだしているようです。新居や勤務先での警備の検討から、買い物はどこですれば安全なのかといったことまで、綿密なリサーチをしています

結婚して一般人となられるとはいえ、皇族は日本の象徴的存在です。総領事館としても眞子さまの新婚生活を放置するわけにはいかないのでしょう。“自由な生活”を夢見ていらっしゃるという眞子さまにとって、嬉しいことなのかどうかはわかりかねますが……」

実は眞子さま・小室圭さんの“強い味方”は、総領事館ばかりではないのだという。現地・邦字新聞の記者によれば、

「小室さんはNYの日系人会にかなり食い込んでいるのです。帰国の際に小室さんはA社という旅行会社に飛行機とホテルの手配を依頼しています。

A社はアメリカと日本に数十ずつの店舗を持つ会社で、小室さんはその女性会長に直接、手配をお願いしたのです。予算が少なかったわりに要求も多くて、旅行会社も苦労したと聞いています」

■日系人会の会長を務めていた弁護士も

小室さんの帰国や日本滞在に関しては警視庁や内閣情報調査室が情報を集めている。それらを把握している警察庁の関係者も「確かに小室さんの航空券を手配したのはA社でした」と、証言する。

A社の女性会長はNY日系人会の有力者だというが、小室さんの“後援者”は彼女だけではない。

「NY日系人会の会長を何度も務めたことがある弁護士のゲーリー森脇氏です。中堅法律事務所の幹部弁護士で、小室さんは昨年夏に森脇氏の事務所でインターンをしています。

日米交流に長年の貢献があったとして’19年に旭日小綬章を受章しました。小室さんの就職先の法律事務所、ローウェンスタイン・サンドラーも森脇氏が紹介したと聞いています」(前出・記者)

そんな大物たちと小室さんはどのようにして知り合ったのか。

「上昇志向の強い若者にとってNYはチャンスをつかみやすい街といえます。もっとも一般的なケースとしては、パーティに出席して挨拶をすることですね。

名刺を渡して、例えば『NYで弁護士として働きたいのですが、一度お話を伺えませんか』と、頼むのです。年長者たちもそうしたアプローチには慣れていますし、森脇氏は面倒見がよい人物としても知られていますので、小室さんの相談にのってあげるようになったのでしょう」(前出・記者)

本誌は昨年1月にNY在住の帽子デザイナーを取材している。セレブの帽子も手掛けているという彼女の経歴を知った小室さんは、「それでは今度、アトリエにお伺いしてもよろしいですか」と、積極的にアプローチしてきたという。

フットワークの軽い小室さんにとってNY生活は性に合っているのか、すでに日系人の“後援会”も結成されているのだ。小室さんのキャラクターには日本では賛否両論あるが、NYで暮らす眞子さまにとっては“頼れる夫”で間違いないようだ。



誰もただで協力してくれるわけではありません。すべて国庫から負担するということだ。

眞子さまの主治医と同僚だった医師が語る『PTSD』回復法は「記憶を上書きすること」

眞子さまの主治医と同僚だった医師が語る『PTSD』回復法は「記憶を上書きすること」
10/13(水) 17:01配信
週刊女性PRIME
https://news.yahoo.co.jp/articles/a33dc316d2364ab31ac1dbcffc41ef914c70f34d
https://www.jprime.jp/articles/-/22151

(前略)
 回復に必要なのは、時間が経過すること。しかし、

「状況が変わらないまま時間だけが過ぎていくのでは意味がありません。バッシングがない状態で時間が経過することが重要です。

 今の眞子さまは“行動を起こせば批判される”というお気持ちから不安症状が出ておられます。そのため、“自分の気持ちに従って行動してもそれほど批判されなかった、大丈夫なんだ”と感じられる経験が必要となります」

 そのような経験によって、過去の記憶が“上書き”されていくことが肝心だという。

「もちろん、今後も行動を起こす際に“批判されたらどうしよう”というお気持ちは生まれると思いますが、その気持ちに支配されずに“怖いけれど行動してみよう”と考えて、少しずつ行動範囲が広がることで、徐々に日常生活に支障をきたさなくなります。

 結婚や渡米という環境の変化がどのように影響するかはわかりませんが、NYのほうが批判を経験する回数は少ないと考えられるため、日本に滞在され続けるよりは快方へ向かう可能性が高いのではないでしょうか」

 眞子さまをここまで追い込んでしまった原因を追及するよりも、一刻も早くご体調の回復を祈りたい。
(完)



(ヤフコメから)
5746GR | 1日前

宮内庁の批判制圧はもう懲り懲り。複雑性PTSDは戦争体験レベルで誹謗中傷で発症は疑問という医師のコメントもあったし、そもそも原因は小室の疑惑。

---------------------
toy***** | 1日前

とにかく今まで数年間もあったのに何も疑惑に回答せず、このまま逃げ切り婚にしようとしているのから症状が回復しないのだと思いますよ?

それに内親王の苦境はひとえに自らこの内定者を選んだことで生じているわけですから、身から出た錆の部分もあり内定者と縁を切らない限り根本的なご苦境の解消はあり得ないと考えます。

少なくとも回復したければ記憶の上書きではなく説明責任をきっちり果たし問題を解決して国民の了承を得る以外ないと思いますが?

いずれにしろ両人とも悲劇の主人公扱いは無理があるからやめた方が良いと考えます。

--------------------
敵の敵はやっぱり敵 | 1日前

だからー

結婚しようがNYに行こうが勝手なんだって。

ただ、K氏が然るべき説明責任を果たしてくれればいいだけなんだって。

それがされないから結婚を反対されてるんだって。

-----------------------
e*****::::::::: | 1日前

記憶を上書きするのは4年間何もしてくれなかった。では無いの?

だって義母になる人は4年間にも問題を起こした疑惑がありますよね?

自分の為に何か努力してくれたの?
お金に関しては何も言われなかったの?

反対に都合のいい記憶を上書きしてきたんじゃないの?
そんな人が冷静に結婚という判断はできるの?って思います。

------------------------
miy***** | 1日前

“自分の気持ちに従って行動してもそれほど批判されなかった、大丈夫なんだ”と感じられる経験が必要となります。

私も、こんな主治医にかかって、労災認定してもらいたい。

--------------------
auq***** | 1日前

勲章もらいに出て行きます。ついでに昭和天皇にも結婚報告しときます。映画鑑賞の公務は喜んで。結婚準備はるんるんで進めます。アメリカ行きも問題ないです。みんなが祝福してくれたら病気治ります。

本当に複雑性PTSDの症状で本気で苦しんでる人に謝罪した方がいいレベルですよ。世論が病気なのに眞子ちゃん頑張り屋さんね〜となるとでも思ったのか。

------------------
ekl***** | 1日前

まず、何故批判されるかを考えれば?
決定的にずれてるんだよ、この長女。

そして、数々の憲法、法律違反、特権濫用に向き合い、真摯に謝罪する。
そして今後一切皇室に関わらないことを固く誓う。受けるべき罰は受ける。

そうすれば批判は収まる。
今のまま隠蔽、ごり押し、国民への言論弾圧、ねじ伏せをやめること。

----------------------
佳代さんの告発内容は有耶無耶にするくせに、眞子さんの病気(病名・症状・回復条件)だけは事細かに熱弁されても…国民が知りたいのは運命的にPTDSに罹ったお方の話より、告発までされてしまったお方のほう。 ...

----------------------
shf*****
22時間前

“PTSD”ねぇ。弱味を見せれば
国民が同情するとでも思ったのかな
随分とまぁ、甘ったれた考え方よね
そういう点も含めて、ムカつくんだよ

-----------------------
le*****
23時間前

記憶を上書き。。この場合、小室母子の様々な黒い疑惑は無かったことにして、国民全体が貴方様の結婚を祝福し、反対の声は全くない状態にするということですか?都合良すぎ。無理でしょう。失笑しかない。

---------------------
5746GR
1日前

宮内庁の批判制圧はもう懲り懲り。複雑性PTSDは戦争体験レベルで誹謗中傷で発症は疑問という医師のコメントもあったし、そもそも原因は小室の疑惑。

----------------------
sir*****
1日前

よく分からないけど、誹謗中傷でトラウマになってる人が、誹謗中傷覚悟で婚姻を強行できるものなの?
結婚しようとしたらフラッシュバックしないの?
何でこんなに騒動になっても、婚姻だけは強行できるのか、その理由が知りたい。。

--------------------
vra*****
1日前

PTSDかどうかは知らないけど、
4年前に婚約延期になったときに秋篠宮と宮内庁と脅したんでしょ?
恥ずかしくもなく「命をかけた選択」くらい世間に発表した人だからね。

でももし結婚して渡米してさ、この先気に入らないことがあって我を通したくても、もう世話焼いてくれる人はもう誰もいないんだよ。
どうするのさ?ホントに命絶つの?

先のことを考えたら、国民を権力でねじ伏せるような卑怯なマネしないで、
目の前にある問題解決して、自分の性格を改めた方がいいんじゃないの?

---------------------
mah*****
1日前

記憶を上書きすること?

ではM子様は回復は見込めないと思います。
M子さんは自分の思い通りにならない為、国民が誹謗中傷していると言われてますが、
誰が考えても、M子様のPTSDは
M子さんが意地でも結婚したいと言っている
KやK母親が原因と皆わかってます。

記憶を上書きする事は不可能に近い。
何故ならKやK母親の疑惑が明らかにされないどころか、次々と出てくる。
それではM子さんのPTSDは治らないと言う事です。
本当に治させたいと思っていらっしゃるなら
皆さんもM子さんに事実を認めさせ、破談にするしかないのではないでしょうか?

------------------------
ryu*****
1日前

厚顔無恥の一言に尽きる。
元々、疑惑のある厄介な相手と知りながら選んだのは眞子さまで、しかもその疑惑を皇室の権力で握り潰すしてたのがバレたらPTSDと逆ギレ。

数年時間をかけたのは、皇室特権で小室氏に資格を取らせたり、税金を使い特別扱いする為の時間だった。

眞子さまが、ここまで愚かな方とは最初は信じれず、誰もが騙されていると勘違いし、目を覚まして欲しくて大事になった。

だか、実際、眞子さまが宮内庁へ指示していた。時間も、税金も、必要以上に使い、結婚後も宮内庁経由で税金から生活支援してもらいながら生きて行く計画は遂行される。

--------------------------
sak*****
1日前

今回の騒動で、改めて皇室は解散すべきと実感。

皇室を生かしている血税を納める日本国民の意見を、国家権力でマスコミを使って口封じ。
1000年以上の間、こんな感じで好き放題血税・国家権力を使い、納税者たる日本国民を経済的・精神的に虐げてきたのだな、とよくわかった。

ここまでされて、何でまだ皇室に血税を捧げないといけないの?
日本国民に失業者や自殺者を出してまで。
まだまだコロナ禍で日本経済的は悪化中。血税は納税者たる日本国民のために使うべき。
皇室は汗水流して働いて自活し、お金の有り難さを知るべき。

----------------------
sdm*****
1日前

批判でPTSDというけれど、玄関を出たら知らない人から罵声を浴びせられるという状況ではないだろうし、批判がメディア上のものだというならどこに行ったってそれがなくなるわけじゃないと思うんだけど。

アメリカで医療職をしているけれど、こちらで見るPTSDの患者さんはアフガニスタンで壮絶な経験をしたとか、配偶者から監禁・暴力を受けたとかでフラッシュバックに悩む人が多いという印象ですが、この方はどんなフラッシュバックなんでしょうね。

眞子さまの唐突な「PTSD」発表に精神科医は違和感 「環境で寛解するなら適応障害のはず」

眞子さまの唐突な「PTSD」発表に精神科医は違和感 「環境で寛解するなら適応障害のはず」
10/13(水) 5:56配信
デイリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/de561d719f42d18310b2b47e45bb0c6f6b4f3df4

 今月1日、宮内庁の記者会見に同席した医師は、眞子さまが「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断されている状態であることを発表した。精神科医の和田秀樹氏はこの報道をどう受け止めたのか。

 ***

 本来、「PTSD」は戦争体験や事故、性暴力などの一時的な体験によって引き起こされるものとされてきました。しかし、研究が進み、継続的に虐待を受けていた子供たちにもPTSDの症状のほか、もっと重い症状が見られることがわかってきた。それが「複雑性PTSD」です。

 これを発症すると、感情の調節が上手くいかなくなり、他人との付き合いを避けて、自分が価値のない人間であると思い込むようになります。その他にも、「解離症状」と言って、記憶が飛んで、おかしな行動に出てしまうこともあります。さらに、人格が不安定化したり、まったく別の人格が生じたりすることさえあります。

 つまりは、通常のPTSDよりも深刻で、重い症状が出るものだと言っていいでしょう。最も治療が困難な精神病のひとつであり、数年にわたってカウンセリング治療を受けて、ようやく症状が少し緩和される方がいらっしゃるというものです。一生、付き合っていかなければいけない病気だと言っても過言ではありません。

 記者会見で説明があったように、世間からの批判が止み、環境が変われば寛解するというなら、それは複雑性PTSDではなく、適応障害でしょう。個人的には今回の診断には違和感を覚えるところがあります。正直に申し上げて、勇み足だったのではないでしょうか。

 眞子さまは小室さんがバッシングされているのは、小室さん自身の責任ではなく、自分が皇族だからだと考えておられる節があります。そうしたことを踏まえても、眞子さまは皇室とご自身を取り巻く環境に馴染めず、心身のバランスを崩してしまっている状態にあると考えた方が自然です。

 直前まで公務にも支障がなく、結婚への準備は行えるという点にも違和感を抱きます。私がこれまで診てきた複雑性PTSDの患者さんたちは、本当に気の毒な虐待を経験されてきた方々が少なくない。普段の生活にも不自由なさって、就労意欲はあっても、なかなか仕事に就くのが難しいという方もいらっしゃる。眞子さまのように、アメリカに赴けば良い治療者に出会えるかもしれませんが、それまでの生活はとても困難です。

 診断基準を拡大解釈し、安易に複雑性PTSDという診断書を出すことで、本当に苦しんでいる患者さんたちの症状が軽んじられることにならないか、心配でなりません。

「週刊新潮」2021年10月14日号 掲載



直前どころか直後にも公務を複数回正常にこなした。真実は簡単。詐病+皇族の分際で言論弾圧策ですよ。マコが病気公表の細部まで指図してたというからね。悪意に満ちた詐病。嘘つき。

眞子さま昭和天皇陵へ“結婚報告” 小室圭さんの隔離終了で結婚準備本格化 皇室ジャーナリスト『アメリカでは眞子さまの“追っかけ”が心配』

【独自解説】眞子さま昭和天皇陵へ“結婚報告” 小室圭さんの隔離終了で結婚準備本格化 皇室ジャーナリスト『アメリカでは眞子さまの“追っかけ”が心配』
10/13(水) 12:36配信
読売テレビ
https://news.yahoo.co.jp/articles/9de291e71e46f17f66b6737ec06fb09345daaacc



追っかけではなくて、皇統の血を利用してやろうという悪意を持った個人、組織、外国政府が恐いのです。

早ければ1年後には二人の子供が生まれ、その子々孫々の全員に利用価値がある。二人が離婚しても、この重要性はいささかも減じることはない。

それなのに政府は何も対策を練っていないし、天皇はマコ永久追放を宣言しないどころか、将来マコに皇室に戻ってきてもらう案にぎりぎりまでこだわっていた(きっと今でも)。この国は一体どうなっているんだ。

「ゴゴスマ」が小室圭さん母子の金銭問題を45分も放送することに意味があるのか(成城大学教授・森暢平)

「ゴゴスマ」が小室圭さん母子の金銭問題を45分も放送することに意味があるのか(成城大学教授・森暢平)
10/13(水) 9:06配信
日刊ゲンダイDIGITAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdf78436ea2bb91d28a29acc3c09ef6ff0727b07



小室母の元婚約者の重要性は、金銭問題そのものではない。結婚詐欺・保険金詐欺を彷彿とさせる証拠を持っていること。その行為に、小室母の実父と従姉が知恵を授けている。
(注:リンク先の画像複数を参照)

小室圭さんは「血税」を奪っているのか 一時金は国民ひとり換算で1円ちょっと? 眞子の自由を奪ったのは国民 国民に祝福を強要 森暢平 

小室圭さんは「血税」を奪っているのか 一時金は国民ひとり換算で1円ちょっと?〈週刊朝日〉
10/13(水) 7:00配信
森暢平 成城大学教授
AERA dot.
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ec8b60c829fc9d6506559cb3f5802f8a601f8ee

 2人の結婚に税金が使われることへの批判は強い。そもそも皇族には、どんな根拠でどれだけのおカネが払われているのだろうか。「皇室とおカネ」の関係について、『天皇家の財布』の著者で成城大学教授の森暢平さんが読み解いた。

*  *  *

 小室圭さん(30)と結婚する眞子さま(29)は皇籍離脱に伴う一時金受け取りを辞退する。眞子さまに対し、「税金で暮らしてきた」ことへの批判はやまない。ここで宮家の経済事情について考えてみたい。

 一時金について、メディアによって額がバラバラである。1億3725万円が正しい。皇族費には基本的な定額があり、いまは年3050万円である。成年皇族のひとりが受ける年間額である。

 結婚に伴う皇籍離脱の一時金は、定額の半額の10倍までが支払われる。前例では、天皇の娘が10倍、孫が9倍、曽孫が7倍である。眞子さまは、平成の天皇(現・上皇さま)の孫(皇孫)だから、9倍(1億3725万円)となったはずだ。

 法的には「皇族であつた者としての品位保持」のための金である。いきなり狭いアパート暮らしをされては困るという配慮からのいわば退職金である。

 9倍というのは実は9年分の年金だ。定額の50%を9年分支給するので「生活費などに充ててください」という趣旨だ。

 昭和天皇の四女、厚子内親王が池田隆政氏と結婚する際(1952年)の一時金は当時700万円であった。池田氏は結婚後、岡山で池田動物園を開園する。しかし経営は当初うまくいかなかった。国会では「一時金がゾウとトラに食われた」と批判された(61年3月、参議院予算委員会第一分科会)。動物園経営に使われたとの批判であるが、一時金を何に使おうが自由である。

 眞子さまの場合、一時金を国民ひとりに換算すると1円ちょっとであった。30年間も自由を奪っておいて、結婚のお祝いを1円も払えないのかと言いたくなる。

 眞子さまは無一文でニューヨークに渡るわけではない。一時金がない分、宮家の蓄えからいくばくかは持っていくはずだ。

 皇室費には、宮廷費、内廷費、皇族費の3つの区分がある。宮廷費は公的な費目で、今年度は約118億円。皇居内の土木工事、御所の修繕費など大規模事業もある。対する内廷費・皇族費は、それぞれ天皇本家、各宮家の私的活動のための費目である。内廷費は今年度3億2400万円、皇族費は4宮家の計で2億6931万5千円。

 秋篠宮家を考えると、皇嗣である宮さまが定額(3050万円)3倍の9150万円、妃殿下の紀子さまが定額の半額の1525万円、成人した眞子さま、佳子さまが定額の30%の915万円、未成年の悠仁さまが10%の305万円と算出され、計1億2810万円が秋篠宮家に支払われている。実は皇嗣に就く以前、秋篠宮さまの皇族費は定額ピッタリの3050万円であって、宮家全体でも6710万円で、宮家財政は苦しかった。

 内廷費・皇族費は、天皇・皇族への給与と考えると分かりやすい。公務員給与と同じ性格を持つ。使い道は問われない。

「皇室マネー」の公私の線引きは微妙である。男子皇族は皇位に就く可能性があり、教育費は公的マネーである宮廷費でまかなうのが基本だ。天皇陛下も秋篠宮さまも学習院の授業料は宮廷費からであった。

 ただ、悠仁さまがお茶の水女子大学付属小学校に入学する際、「国民の負担や社会情勢を考えて」という宮家の申し出があり、皇族費で払われることになった。これに対し、女性皇族の学費は常に皇族費扱いだった。

 秋篠宮家の「給与」は多額に見える。しかし、宮家の家政運営は、宮内庁から派遣される宮務官、侍女、コック、運転手だけでは回らない(1990年の宮家発足時は7人だった)。侍女長は、掃除や洗濯まではしない。だから「お手伝いさん」が必要で、子どもが小さい時、保育士も必要になる。私的使用人として宮家が雇用する。一般に、皇族費の半分は人件費に消える。

 宮邸の水光熱費、コメ、肉、魚……といった食費もここから支出される。

 宮家のお金は、皇嗣職大夫が通帳を管理する。歴代の管理者たちは家計運営が大変であった。なぜなら、悠仁さま誕生で、「きちんとした帝王教育を」というプレッシャーを受け始めたためである。

 むろん、秋篠宮家にもそれなりの貯蓄はある。皇族は、国民年金にも国民健康保険にも入れない。病気をしても、宮内庁病院以外に通えば、全額自費払いである。万が一に備えるのは当然だ。

◆税金投入の是非 皇室の存在問う

 宮家にとって最も不安だったのは、娘たちが結婚する際に持たせる金であろう。結婚後もそれなりの暮らしをさせるために、一時金に加えそれなりの額を渡す準備をしているはずだ。

 皇族費は一人ひとりにつき算定されるから、眞子さま分として支払われた額も計算できる。10月までに1億4953万円になる。さらに、贈与税の非課税限度はかつて60万円、2001年度以降は110万円であり、両親が眞子さまに毎年限度額いっぱい贈与したとすると5820万円になる。

 あくまで計算上だが、眞子さま個人が2億773万円を持っていてもおかしくない。ほかにも東大総合研究博物館の給与が加算される可能性もあるが、いずれにせよ、2億円超を米国に持ち出しても問題にならない。

 眞子さまは私的マネーである皇族費から宮家が苦労して貯めた金を持っていく。額は分からないが、他人の家計に口出しはできない。確かに宮家には公務員が多数いて、宮邸も国が用意する。その点で皇族は税金で暮らしている。しかし、眞子さまへの税金投入を問題視するのなら、皇室の存在自体を問う必要がある。

 眞子さまと小室さんに「血税を使うな」という批判がある。国民の一人ひとりが、税金により教育を受け、さまざまな福祉サービスを受けている。血税というのであれば、その言葉はたちまち批判者に返ってくる。小室さんがこれからも皇室マネーでリッチな暮らしをするかのような見方もある。皇室経済法の財産移動の制限により、そんなことはあり得ない。

 小室さんは、米国弁護士という競争社会で苦労することもあるだろう。2人で乗り越えれば良い。普通の市民として生きるのだから、特別の警護も必要はない。小室さんが血税を奪っているかのような言いがかりは、未来ある青年への侮辱である。

※週刊朝日  2021年10月22日号



(ヤフコメから)
一寸の蟲 | 16時間前

その発想は論外です。
一人あたりは小さいからそれで許される問題ではない。
税金は国民の基本的義務だが、使用されるのも国民、国益のためである。
皇族の不肖の娘の思い人に私用するものではない。
話をあの手この手でミスリードしても、問題の本質が皇嗣となった人の疑惑であり、それをきちんと説明してクリアしないと前に進まない。

----------------
asa***** | 16時間前

>眞子さまへの税金投入を問題視するのなら、皇室の存在自体を問う必要がある。

この記事でここだけは賛成です。

--------------------
rie***** | 16時間前

皆さん良かったですね!
この記事を書いた方が皆さんの分も支払ってくれるそうですよ!
1人あたり1円なんてはした金だというんですから、皆さんの分も負担することくらい楽勝でしょうよ。

------------------------
ina***** | 16時間前

結婚の祝いを強制徴収してよい道理はない。
欲しいなら、祝福されるように努力せよって事だと思うが。

できてない自覚があるから辞退と理解してます。

また、自由を奪うというが、生活費その他最大限のケアを生まれながらに得て、特権も全て使い放題使っていますよね。
お互い様だと思います。
それが象徴天皇制でしょ?

---------------------
dxc***** | 16時間前

一円でも小室氏には渡って欲しくない。

それに眞子さまはなにかを暴露すれば金のなる木にもなる。

小室圭を警備している警察関係者の費用だけでも相当なもんでしょ。成田から帰国時に使用した緑ナンバーのハイエースだってチャーター料は数万はするでしょ。あの金は誰が出したんだろう。

---------------------
The Sea of Japan | 16時間前

最近やたらマスコミに眞子氏擁護の文を書き、本稿の著者でもある成城大学の森という人は、今回の記事の最後で「眞子氏への税金投入を問題視するのなら、皇室の存在自体を問う必要がある」とあるが、その一段階前のことがより問題。

日本国憲法は「国民平等の原理」があり、貴族制度等の身分制は否定されるが、皇室は「国民の総意に基づく」「国民統合の象徴」として、その例外として認められた存在だ。
それゆえ、皇族には一定の人権制約がある代わり、国家がその身分を守るという特権がある。学説でも政府見解でもそう言われてきた。

今回の結婚問題では、一方でふつうの国民に適用される人権規定を主張しておきながら、他方で特権をフル活用したことにある。

最後に、秋篠宮家がこんな「良いとこどり」をする以上、批判は止むことはないと指摘しておく。

-----------------------
nis***** | 16時間前

>30年間も自由を奪っておいて、結婚のお祝いを1円も払えないのかと言いたくなる。

30年間の自由と言うなら、30年分の費用の総額を出してもらわないと。理屈がおかしいですよ。眞子様は皇族ですが、小室氏は一般人。一円たりとも彼には払いたくないです。一時金だけでなく、警備その他にいくらかかってしますか?

----------------
みず | 16時間前

眞子さんの所業によって、既に皇室の存在について国民は疑問を持っています。私も、もう令和以降は皇室廃止でいいのではと思っていますよ。
国民からむしりとった税金を湯水のように使い、私利私欲に満ちた人生を謳歌するだけの特権階級なんてもう要らないです。

--------------------
あかんたれ | 16時間前

>一時金を国民ひとりに換算すると1円ちょっとであった。
>、結婚のお祝いを1円も払えないのかと言いたくなる

まず大間違い:税金が絡むのだから金額の多少の話ではない。「1円ぐらいいいじゃないか」で税務署がOKしないのと同じ。
間違いその2:筆者はどうかしらんが俺は祝ってはいない。
間違いその3:国民一人当たりではおかしい。赤ん坊まで祝っているはずがない。

最後に言いたい!筆者は自分とは関係のない赤の他人、例えば俺の還暦に、祝いで1円だすのか?
絶対に出さないはずだ。それと同じ!

-------------------------
zsp***** | 16時間前

結婚してしまえば、持参金(税金)を使わざるを得ないはず、やっぱり奪った結果となる。国民の税金納付は非情で、ほとんど自動で差し引かれてしまう。ましてや、ここ数年のコロナ禍で生活も厳しい、昇給もない、今秋からは生活必需品の値上げが続く。国民生活が判っていない、忖度し過ぎだ。

--------------------------
ppp | 16時間前

なら警備費及び生活費の援助をしないと秋篠宮様から発表をしてほしい

あと各国スパイ、反日等に対する対策はどうするのか?
正直品性の問題を超えて、結婚も生活プランはたたないし、
この二人は利益のために危ういものもを受け入れそうな壊さがある

------------------------
do1***** | 16時間前

国民一人あたりで割ったら1円理論をよく出す人いますが、そんな事を堂々と言うようになったら日本は終わりです。首相や大臣が国民一人あたりで割ったら1円の負担だからええじゃないかと何でもかんでもやるようになると収拾できなくなるでしょう。それを厳しく追及してきたはずの朝日が自分達側の人間については甘くなるんですよね。

血税は1円たりとも無駄に使ってはいけない。
疑惑だらけの家へ反対を押し切って嫁ごうとしている人間に皇族として品位を保つために支給される一時金は不要だから本人の申し出通りでよいでしょう。やましくなければ受け取ればいいと思います。

-----------------------
dan***** | 16時間前

森先生らしいアクロバティックな擁護論だと思いますが、語るに落ちています。
更に皇族制度を認める以上、皇族は一般国民と別意に扱うとするのが憲法上の通説であり、自由を奪うとは言えません。

-------------------------
ram***** | 16時間前

>30年間も自由を奪っておいて、結婚のお祝いを1円も払えないのかと言いたくなる。

奪っておいて?
天皇制を国民が無理やり強制してるってこと?

------------------------
boo***** | 16時間前

自民党広島支部の1.5億円買収疑惑のうち、1.2億円は政党交付金で税金です。その理論が成り立つのであれば与党で頑張っている自民党のために1円出せないのかとなります。
一人いくらだから良い悪いではないです。小室家に渦巻いている疑惑を何も説明しないことが問題なのでは?擁護派の方はなぜこの問題に触れないのか疑問です。

---------------------
pac***** | 16時間前

小室さんに税金使う事を血税を使うなとあります。←当たり前では?

A家の懐事情が苦しいなんてよく報道されますが、家賃も払わず何十億の豪邸建てて皇族費や他にも収入があるでしょう。余って仕方ないと思いますよ。
会計監査をしてほしいです。

-----------------------
gan***** | 16時間前

血税が直接小室家に流れなくても、形を変えて使われる危惧はあると思います。
アメリカ移住に伴いお世話する可能性のあるアメリカの日本大使館などの職員の人件費、比較的楽で高給が得られる仕事の斡旋、警備費の出どころなど。
その他、小室母の捜査に手心が加えられる恐れなど、皇室に繋がる故に得る合理的とは言えない忖度など。
そのような面に出ない間接的なものも無いと断言できるのでしょうか。

----------------------
age***** | 16時間前

「30年間も自由を奪っておいて、結婚のお祝いを1円も払えないのかと言いたくなる」

解釈の仕方が何か違うような気がする。
王女様は生まれながらにして、生活には困らない環境下で育っている。
それこそ、国民の税金によって・・・。
何かあれば、至れり尽くせり・・・そのような恵まれた生活です。

皇族と一般人では生活環境が全く違うのではないですかね。
そのような中での「自由」・・言葉は一緒でも内容は違うように感じます。
一般の人達なら自由が奪われないのか?といえば、そんな事は無いでしょう。

今回の問題は、皇族としての教育がなされていないのではないでしょうか。
生まれながらにして、皇室・皇族の身になる方は、それなりの教育をすべきだと感じます。
それが、今後も皇室・皇族の歴史・伝統を受け継ぐことになります。
伝統・歴史を後世に伝える事が出来ないのであれば皇室・皇族は無くすべきかと感じます。

-------------------------
t***** | 16時間前

国民一人一人に皇室は1円をかき集めて1億用意してくれますかね?
たかが1円をされどです。
働いた対価です。
労働もしていない子どもたちからも搾取して、働きもしない国民へ不信感を与えたものを支援しなきゃならないことが納得できない。
秋篠宮家も皇室もたかが国民一人当たり数円なのに、、、と思ってるからこの事態を甘くみているんだとよくわかった。

皇室は廃止して、忖度なく働かせ納税してから権利を言わせた方がいい。

------------------------
n1u***** | 16時間前

1円って それは「一時金は」でしょ?

あまり大々的に報じられていませんが

・小室文書作成費用に1000万円
・留学中にKKに会いに行った佳代氏の渡航費用を宮内庁が工面した(しかもファーストクラス)
・KK帰国時に航空会社に佳代氏が電話し、「息子の席をグレードアップして欲しい」と頼んだ。その際、自分が持つ30000マイルポイントを使用してくれと。30000マイルもの大量すぎるマイレージをなぜ一介の主婦が(しかも明らかにされているあのちっぽけな収入で)持っているのか
・佳代氏の入院費用はどこから出したのか

これらの疑惑も、大きな疑惑の陰に隠れて いまだに一つも説明されていません。
もし原資が税金ならば、一つとして看過できるものではありませんので 説明願います。

結婚なんぞされたら これから永遠に上記のような事が日常的に繰り返されるんですよね。

1円でコトが済むなら誰も止めないわ。

----------------------
dangerzone | 16時間前

じゃ、そんな人の自由を制限する奴隷の様な皇室制度は廃止すればよろし。

----------------------
rj***** | 16時間前

なぜ日本人がすっきりしないのか考えてみた

太平洋戦争は天皇制の敗北
戦争責任がないなんてありえない行政、軍事のトップだったのだから

言ってみたら皇室の人間は生かされてる
民主制の結婚は権利だのを皇室が自分たちで主張するのは
明らかにおかしいし、図々しいにもほどがある

太平洋戦争で死んでいった兵士も
結婚が生きていくのに必要な選択だった人ばかりだと思う

---------------------
yuk***** | 1分前

たかが1円稼ぐのにいっぱい嫌な思いしてますけど。

誹謗中傷と言われようと、日本を。国民を愚弄した皇族に敬意など払えません。

---------------------
qxi***** | 2分前

「税金は国民に平等に還元されなければいけない」これにつきる。

内親王が彼氏に留学を貢いでいい法律があるならまだしも、「皇族の私有財産は認めない」のが原則。皇族費が貯金できるくらいなら予算を削るか、国庫に返すべき。天皇皇后両陛下は1億円国庫に返しましたよ。

本来なら、眞子さんは銀行口座も持てないはず。贅沢や貢がせるための皇族費ではない。勘違いされては困る。

--------------------
aky***** | 11分前

30年間も自由を奪っておいて←???ん???自由を奪う???そうなの?秋篠宮家に生まれることは自由を奪われた生活をしなくちゃいけないってことなの?それって国民のせいなの?

-----------------------
PIECE | 11分前

皇族は自由を奪われたと思っている
国民は税金を奪われたと思っている

国民に寄り添うとか、皇族を敬うとか
もうそういう関係性じゃないよね 

国民にストレスしか与えない皇室は不要
解散してどうぞ自由になってください



何を勘違いしたか、森暢平は有頂天になり、とうとう地雷を踏んだ。火にガソリンを注いだ。

知らぬ振りを決め込むマコ、アキシン、そしてナルの顔が目に浮かぶ。

天皇制擁護派がいまだ化石のように残っているけど、もう擁護したくても擁護しようのない腐りようじゃありませんか?全部私が言った通りでしょう?皇居・御所の中にいるトップから末端まで全員がグルで、こういう思想で生きている。

日本国憲法と真っ向から対立する行為を繰り返し、21世紀に適合せず、腐りきった制度は、廃止、解体、粉砕しなければならない。日本の皇室と国民の関係は、あとからどのように取り繕うと、決して元には戻らない。

きれいな物だけ厳選して国立博物館に納品。臭く汚い皇族、もとい皇賊はごみ箱へ。

眞子様のご結婚批判をヘイトスピーチ扱いする日本の表現の自由 佳子が立憲民主の公約に賛同を表明 ジェンダー

眞子様のご結婚批判をヘイトスピーチ扱いする日本の表現の自由
10/12(火) 11:46配信
JBpress
岩田 太郎
https://news.yahoo.co.jp/articles/697c3e79d08adfbf15fdfda119708a304802207b

 宮内庁から正式発表された秋篠宮皇嗣殿下の長女の眞子内親王(29)と、婚約内定者である小室圭氏(30)との「ご結婚」が10月26日に迫る中、テレビや新聞では、従来、目立たない扱いであった天皇や皇族のご公務のニュースが前面に押し出され、その数も増えている。

 そうした中、秋篠宮家の次女である佳子内親王(26)と、高円宮家の長女の承子女王(35)が相次いで述べられたお言葉と背景が注目されている。

 まず、承子殿下は10月9日に行われた国際会議「法遵守の文化のためのグローバルユースフォーラム」において、若い世代の未来を創造する力に期待を寄せるという旨の英語のスピーチをされた。この会議のテーマである「法遵守の文化」については上川陽子前法務大臣が退任直前の9月27日に、「国民が、法やその執行が公正・公平であると信頼し、それゆえこれらを尊重する文化を意味する」と説明している。

 日本国憲法第7条に基づいて法律を公布する天皇のご一族が、詐欺罪容疑で10月6日に刑事告発された圭氏の母親、佳代氏の家族と親戚になることの是非が議論される中、以前から予定されていたイベントであるとはいえ、承子殿下のご公務は象徴的な意味を帯びていたと言えよう。

 ジャーナリストの篠原常一郎氏の緻密な調査により、しっかりとした物証で固められた佳代氏への告訴が不受理あるいは捜査後不起訴となり、それを世論が秋篠宮家に対する忖度の結果であると見なせば、「国民が、法やその執行が公正・公平であると信頼し、それゆえこれらを尊重する」ことは不可能になると思われる。

 それはとりも直さず、日本国憲法への国民の信頼崩壊と法の支配の衰退へとつながろう。また、憲法第1条に定められた主権在民や「日本国民の統合の象徴である天皇」の大前提も崩壊し、天下の乱れにつながろう。現行憲法下の日本国にとって今ほど、「法遵守の文化」が大切になったことはない。

■ 政治的発言で一線を越えられた佳子さま

 一方、佳子内親王は10月10日、日本でのガールスカウト運動100周年を記念する行事「国際ガールズメッセ」に動画メッセージを寄せられた。その中で内親王は、超富裕層の特権階級クラブである世界経済フォーラム(WEF)が3月に発表した「ジェンダーギャップ指数」で、日本が156カ国中120位だったことに言及され、「とても残念」と述べられた

 この指数は、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長が2月に行ったジェンダー関連の発言が問題化し、政府や企業など日本のあらゆる組織における意思決定の場で女性の割合を強制的に約半数近くまで引き上げるクオータ制導入の論議へとつながった際に、推進派の根拠の一つとして使われた政治的な数字だ。

 特に、この指数には「低賃金で働く女性労働者の正規安定雇用と賃上げ」や「社会全体の経済格差の縮小」が要素に含まれず、エリート層の利益に奉仕する装置としての「ジェンダー平等」の本質が表れている。そのため、収奪的で持続性のない経済秩序に対する不満に対し、誰も逆らえない「性差別撤廃」の錦の御旗で論点をそらす、特権層の「政治的な隠れ蓑」だと見ることもできるのだ。

 【参考記事】
ジェンダー平等を唱える論客が皆エリートである件
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64742

 佳子内親王が政治的イシューにご関心とご意見をお持ちになるのは自由だが、枝野幸男代表率いる立憲民主党が衆議院選挙の目玉公約としてのジェンダー政策を掲げるなど、極めて政治的要素の強い問題に対し、選挙直前に是非の見解を表明されたことは、皇族が越えてはならぬ一線を越えられたと言わねばならない。

 皇室を含む国家権力を憲法で縛る立憲主義と、国民がその代表を通して国家を運営する民主主義に対する重大な挑戦であり、佳子内親王のご発言に対する立憲民主党や自由民主党などの見解と対応が、衆院選の一つの焦点となろう。内親王がジェンダーを巡るご発言で、ついに誰憚ることなく、ご自身が憲法の上の存在であると示されたからだ。

 天皇や皇族が政治的、あるいは経済的な論争に意見を表明すれば、(1)皇室に支持されたと見られる国民の一部勢力を利することで特別な利害関係(憲法第8条および第88条)が生じるばかりか、(2)国民統合の象徴としての天皇(第1条)の機能を破壊し、(3)国政における議論に介入することで天皇と皇族の権威と権力が高まり、(4)彼らが国政に関する機能を持たない(第4条)と定める国民主権(第1条)の干犯行為になる。また、(5)法律を公布する天皇(第7条)の一族が特定の政治的見解を明らかにすることで、国民の法律解釈に影響を与えてしまう。

 だからこそ、昭和50年(1975年)11月に吉國一郎内閣法制局長官(当時)が、「(天皇や皇族は)重大な政治的な論争のポイントになっているような事項について、それが是であるか非であるかということを明らかにするような行為をされるべきではない」と答弁しているのである。

■ 「小室バッシング批判」に隠された攻撃的な二元論

 加えて、佳子内親王はお言葉の中で、「ジェンダー平等が達成され、誰もがより幅広い人生の選択肢を持てるようになることを、自らの可能性を最大限生かす道を選べるようになることを、そしてそれが当たり前の社会になることを切に願います」と言明された。このご発言は、姉君の眞子内親王のご結婚に強固に反対する一部の国民への当てつけではないかと、ヤフコメを騒がせている。

 ご成人の際に、「(私の)短所は、父(秋篠宮殿下)と同じように導火線が短いところ」と仰せられていた佳子内親王が国民に対して、「姉や自分を含む女性皇族の自己実現を阻もうとしている」と憤りをお持ちになることは自由だ。

 しかし、たとえ間接的でも、公にその怒りを伝えたと解釈され得る行為は、高所から国民に「詮索するな」「黙っておれ」と申されたことに等しく、佳代氏への告訴の受理・起訴をめぐり政治化している権力の非対称性(皇室特権による見逃し・揉み消し・言論封鎖)、すなわち「法遵守の文化」問題にご介入なさったことにならないか

 事実、眞子内親王の「結婚」論争において、ジェンダー論は擁護派の「言い値で主張を認めさせる」「検証と反論を封殺する」という表裏一体の戦術における中核を成している

 例えば、作家の赤坂真理氏は、国民の「小室氏バッシング」に関し、「『母親があばずれである』『男をだまして益を得てきた女である』という雰囲気をつくり、煽り、『だから息子もろくでもない』と決めつける」ものだとして、「広義のヘイトスピーチと言ってもいいかもしれない」として、ジェンダー化された佳代氏批判こそが問題であると示唆する。

 ただ、赤坂氏の論理の危険なところは、女性を批判することそのものが悪であるとして、佳代氏の公金横領の疑いや犯罪事実の有無に対する検証をヘイトと定義し、やめさせようとする方向へと誘導しかねないことだ。「結婚を祝福しない者はヘイトスピーチを行っている」との攻撃的な二元論で、事実究明に二の足を踏ませようとしていると指摘されても効果的に反論できまい。

 また、同じく作家の下重暁子氏は、「日本でも家制度は崩れかけているし、今後は夫婦別姓が制度化され同性婚も当たり前になるはずです。そんな時代に、旧態依然の家制度を皇室に、しかもこれから民間に出ていく方に強いるのは、愚かなこと」と主張している。これは、自由や基本的人権の概念を持ち出すことで、その結婚の裏にある皇室権力による国民主権の奪取から国民の目を逸らせようとするものだと思われる。

 このように、「わきまえない女」を標榜するジェンダー論者たちが、眞子内親王の結婚に関しては、「わきまえない国民」を悪者化し、その言論を封殺しようとする動きが見られる。

 ここで興味深いのは、家制度を否定する下重氏が「皇室が国民の象徴であるならば、我々と同じように家族の問題を乗り越えて結ばれようとしているお二人を祝福するのは、至極当たり前の話」だとして、祝福を強制していることだ。

 皇室の慶事を祝福しない者は非国民であると言っているに等しく、トップダウンな「家父長的イエの論理」に類似している。下重氏の言説は、ボトムアップの国民主権による権力チェックを無効化しかねない。

■ 一億総祝福論がもたらす言論の危機

 ノルウェーのノーベル委員会のライスアンデシェン委員長は、国家権力と闘うジャーナリストに贈られた今年のノーベル平和賞について、「自由で、独立した、事実に基づくジャーナリズムは権力の乱用やうそ、プロパガンダから守る役割を果たす」と指摘。表現の自由は「民主主義の肝要な前提条件で、戦争と対立から守る」と述べた。

 だが、言論の自由が保障されているはずの我が国において、朝日新聞や読売新聞、NHKなど主要紙やネット局の皇室報道では結婚反対論などの異論・異見がほとんど見られない。秋篠宮殿下のお気に召さないような論調も皆無だ。社会の公器たる報道機関が宣伝機関へと堕落し、権力の乱用やうそから国民を守っていないのだ。事実を報じることで、国民の反対が高まり、破談となることを怖れているからではないか。

 ジャーナリストの篠原常一郎氏による小室佳代氏の告訴は、まさに秋篠宮家や宮内庁の憲法違反や権力の乱用に迫るものであり、「不正な行為を調べ、市民に情報を届け、指導者らの責任を問うジャーナリストなくしては、自由で公正な社会は実現しない」(国連のグテーレス事務総長)という理想の体現だ。

 朝日新聞や読売新聞やNHKがノーベル委員会や国連総長のコメントを報じながら、10月11日現在で佳代氏に対する告訴という秋篠宮家に不利な情報を流さないことは、日本の憲政と言論の自由の危機を物語っている

■ 「表現の自由」を説く護憲派弁護士が眞子様批判を「グロテスク」と言う矛盾

 さらには、「誹謗中傷」「複雑性PTSD」という、あいまいではっきり定義されない概念や原因を理由に、国民に残された数少ない言論の場であるヤフコメを廃止させる動きまである。こうした動きは、有川浩著のフィクションである『図書館戦争』に出てくる「メディア良化法」を彷彿(ほうふつ)とさせる。

 【参考記事】
◎ニュースサイトのコメント欄、不要6割 急増する攻撃的コメント ヤフーが注意喚起(FNNプライムオンライン)
https://news.yahoo.co.jp/articles/108ace573d898db7ec5a2b29296051990bacf977

 日本国憲法21条は、「結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」と定めている。今回、リベラル派の若手弁護士のグループである「明日の自由を守る若手弁護士の会(略称あすわか)」が、内親王と小室氏の結婚を疑問視する国民の声を「グロテスクだ」と批判し、「人権意識の低さへの反省をすべき」との声明を発表した。

 一方、そのあすわかのウェブサイトには、「表現したいことを、表現したい方法で、表現したい時に、表現していい。これが、『表現の自由』です。およそ民主主義国家の憲法では必ず保障されている人権です」と書かれている護憲派を自称する者たちが、実際には皇室など国家権力に制限を加えること、腐敗や不正を追及する表現を守ることに敵対している証左ではないか。

 あすわかのサイトは、さらに次のように語る。

 「『知る権利』が保障されるためには、マスメディアが政治権力や社会的権力をしっかり監視して国民に正確な情報をどんどん発信できなければなりません。マスメディアの『報道の自由』は、国民の表現の自由と民主主義と強く強く結びついているものです。表現の自由が権力に侵害されると、民主主義や個人の尊厳がダイレクトにダメージを受けることになります。マスメディアが権力と仲良くなって政府にとって都合の悪い報道をしなかったり、ここ数年の日本の民主主義の「劣化」は、表現の自由の危機そのものなのです・・・」

 秋篠宮殿下の意を体した報道機関や弁護士団体が、秋篠宮家や小室家に関する検証や調査を阻み、自由な表現を封殺する様はまさに、中国や北朝鮮のようだ。そして、言論からチェックを受けない不逮捕特権を得た権力は必ず、腐敗する。

 宮内庁が、眞子内親王の結婚をこれほどまでに急がねばならず、言論統制を敷いてまで強行されなければならないということは、不正なカネの流れなど、よほど隠さねばならぬことがあり、それらが重大で根が深いと疑わざるを得ない。だが、力技で国民をねじ伏せようとするほど、「国民が、法やその執行が公正・公平であると信頼し、それゆえこれらを尊重する文化を意味する」法遵守の文化は危機にさらされる。国民の抗議は高まるばかりだろう。

 秋篠宮家の抱える矛盾や疑惑が、結婚強行劇により、とうとう隠すことも抑えることもできないレベルにまで達したということだ。こちらの穴を塞いでも、別の数か所からそれらは噴出し、そちらを埋めようとすれば、さらに別の矛盾が明らかになるような構図だ。それは、自業自得以外の何ものでもなく、「国民のせい」にはできないものである。

ダマスカスでジョギングをしていたイラン人将軍をモサドが誘拐→イスラエルで尋問→南アで釈放 アラド誘拐事件の重要容疑者 イスラエル

イラン人将軍とはIRGC革命防衛隊のことかと思うが、明記されていない。Ron Arad捜索の一貫として。
Report: Israel seized jogging Iran general in Damascus, freed him in S. Africa
Arabic media claims man nicknamed ‘Sabri’ was a senior Iranian official in Lebanon when Ron Arad was captured there, leading Jerusalem to hope he’d have info on airman’s fate
9 October 2021, 10:17 pm
https://www.timesofisrael.com/report-israel-seized-jogging-iran-general-in-damascus-freed-him-in-s-africa/



(1)ダマスカスのイラン大使館なんて、体制派の居住地区にあるのに、そのど真ん中でモサドの手下に誘拐されるという、シリア・イラン両政府の立場からしたら大失態。

カネを渡せばいくらでも主張を変える人は世の中に多いから、気を付けないとね(苦笑)。イランの原発周辺で事件が多発するのも同じ理由。

(2)ユダヤ人は、同胞の生死には過度に神経質になり、人質が生きていればいくら支払ってでも人質解放交渉をするし、死んだら死んだで遺品や遺体の一部でも回収しようと必死になる。これはよく知られている。

しかし、異民族の遺体や墓は平気で壊す人たちであることを、よく覚えておこう。どこまでも自分勝手な民族集団。日本人みたいに「相互に仲良く」なんて考え方は決してしないから、騙されないよう気を付けなさいよ。

「秋篠宮ご夫妻も我慢の限界」という帰国後の「小室圭さん」の態度とそれに引きずられる「眞子さま」 ←また公務員のたらい回し話法

「秋篠宮ご夫妻も我慢の限界」という帰国後の「小室圭さん」の態度とそれに引きずられる「眞子さま」
10/12(火) 6:01配信
デイリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/68e7b7bdd7ba5903a2940a4ee6340084db21f3dd

 秋篠宮家の眞子さま(29)との結婚が発表された小室圭さん(30)。9月27日に米NYから一時帰国し、神奈川・横浜市内の実家で新型コロナウイルスの待機期間を過ごしていたが、それが明けた10月12日から26日に予定される会見などに向けて動き始めた。もっとも、この間、秋篠宮ご夫妻や宮内庁とやり取りをしてきた際の対応ぶりの評判は良いとはいえないようだ。

「宮内庁の人に聞くと、表現は難しいのですが、秋篠宮ご夫妻は小室さんの態度に我慢の限界という感じでいらっしゃるということでした」

 と、宮内庁担当記者。どういうことなのだろうか? 

「小室さんはNYにいる頃から定期的に秋篠宮さまに宛てて手紙をしたためるなど、眞子さまと結婚するにあたって、彼なりの誠意を示してきました。秋篠宮さまが求められてきた『国民が祝福する環境』は望めそうにはありませんが、そういった公的な部分はともかく、私的な部分では眞子さまの心変わりに期待されていたころよりは、秋篠宮さまも随分と軟化されてきたと言います」

 小室さんが帰国して以降は、結婚に関して具体的な詰めの作業が始まった。

「もちろん帰国後すぐに秋篠宮さまご夫妻に連絡を入れているのですが、最初からどうも噛み合わない感じで、それが続いているようです。国民からの反発が強く諸手を挙げて結婚を歓迎されるのは難しいのでしょうが、今後のことに関してご夫妻は強く憂慮されていると聞きました」
“お世話にならなくても大丈夫です”

我慢の限界だとされる

 この記者が続ける。

「例えば、会見での対応とか皇籍離脱してしばらく日本で過ごす間の振る舞い方とか、小室さんの母・佳代さんと元婚約者との間の金銭トラブルの解決方法とか、NYでの生活基盤や暮らし方、警備体制など、秋篠宮さまや宮内庁としては確認しておきたいことが山積みなのです。一方で、お二方はプランを温めた後、眞子さまから各所に説明をされるというスタイルを取っているようですが、それがなかなか要領を得ないということでした」

 別の記者にも聞いてみると、

宮内庁側は、“説明が足りない”というふうに感じているようです。そもそも結婚に関する儀式を行うことができないという前代未聞の形で眞子さまを送り出さざるを得ないことに、西村泰彦長官以下、忸怩たる思いでいます。それだけに、これ以上、何かトラブルに巻き込まれたり、新たな問題が露見するようなことがあったりしてはいけないという意識がとても強いのです」

頭を抱えているという事務方トップの西村宮内庁長官

 その芽は摘んでおきたいというのが宮内庁側のスタンスなのだが、小室さんはと言うと、

“お世話にならなくても大丈夫です”というような態度だということでした。トラブルとなりそうなものは潰しておきたい宮内庁は食い下がって、“どのあたりがどんなふうに大丈夫なのか?”と確認するわけですが、話がほとんど進まない眞子さまも小室さんに引きずられてしまっていらっしゃるようで、宮内庁は頭を抱えているということでした」

「国民の祝福」という秋篠宮さまからの“宿題”を振り切って結婚に突き進まれたお二方は、26日の会見で何を語られるのだろうか。

デイリー新潮取材班

2021年10月12日 掲載



そもそも、反社絡みを内親王に接触させないよう、割って入り邪魔するのが西村の役割なんだがな。登場する人物全員がグル。全部私が言った通り。

「いろいろ事情があってできませんでした」で通用するなら、警察はいらない。どうなんだ、西村が答えてみろ。秋篠宮も天皇も何もしない。黙認は承認だ。

天皇には、眞子が「通常の臣籍降下扱い」なのか「皇室永久追放措置」なのか、内外に宣言してもらいたいのだが、どうなっているのか。曖昧に残しているということは、先の記事にもあるように復帰を意図しているのではないか。天皇が好き勝手に政治介入して法律まで改正してしまう国だから、ひょっとしたら眞子は皇籍を残したまま結婚に走る可能性だってゼロではない。こいつら、何でもする。

予算を長年付けてやって、この仕事ぶり。皇室、宮内庁を解体、廃止、粉砕するしかないでしょ。きれいな物だけ博物館で保存。

宮内庁は小室さん側の身元調査を行ったのか? 雅子さまの時はどうだったのか? ←典型的な「公務員のたらい回し話法」

宮内庁は小室さん側の身元調査を行ったのか? 雅子さまの時はどうだったのか?
10/11(月) 6:00配信
デイリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/d32f0ecb7dd8127196f2e764cb3d15749976e09e

(コメント)
こういうのを、典型的な「公務員のたらい回し話法」と言う。ストーリーに登場する誰も経歴に傷を付けられないよう、登場人物同士で相互にかばい合っている。たらい回しすることが目的で設計されたストーリーなのだから、こんなのに騙されるようでは駄目。「・・・だから、このような不祥事を許して良い」という話ではない。こんな言い訳が許されるのであれば、警察も税務署も入管もいらない。



眞子さまご結婚までの隘路が影を落としかねない家父長制・身分制をはらむ象徴天皇制の危機とは
坂東太郎
日本ニュース時事能力検定協会認定講師
2021年10/11(月) 6:01
https://news.yahoo.co.jp/byline/tarobando/20211011-00261592

(コメント)
皇族がかかえる結婚の難しさが完結にまとめられているように思う。マコケイの子供が、本人の意志にかかわらず生まれながらに持ってしまう「利用価値」と日本国が受ける悪影響についても触れてあれば、満点でした。



「複雑性PTSD」公表・眞子さまの回復に必要なこと―精神科医が語る「診断名がつくか否かではない」
10/11(月) 7:02配信
現代ビジネス
https://news.yahoo.co.jp/articles/c03640f4de667e9127eeb5970a9faec95a031049

(コメント)
「診断名がつくか否かではない」。こうでも書かなければ擁護できないほど嘘っぱちな診断名だったということだ。御所に住む内親王がかかる病気ではないからね。しかも別の報道によると、何をどこまで世間に発表するかを、重症患者である眞子が事細かに家来に指示をしたという。本人は大嘘つき。会見した医師とこの記事を書いた医師のどちらもやぶ医者。言論封殺に加担した犯罪人。

皇族、政府が、祝うよう国民に指示したり工作したりしたら違憲なんですよ。祝うか祝わないかは個々の国民が、圧力のない環境下にて自由意志で決めること。皇族はそれを「謙虚に受け止めるべき立場」だ。



皇室ジャーナリスト山下晋司氏 小室さん母の元婚約者の印象「根っこのところは非常に頑固な一面も」
10/11(月) 11:44配信
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/79e96a0060542bb76b19c1824ad144011acf254e

元宮内庁職員の山下晋司氏 小室佳代さんの元婚約者に「週刊誌にいいように使われた」
10/11(月) 16:10配信
東スポWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/be7886c94234a55cc85764a3ec8656740fa51c10

(コメント)
小室母は、カネを要求するときには自身が前面に出るが、ひとたびトラブルが発生すると交渉は元暴力団員または圭氏に投げ、自身は後ろに下がって出てこない癖を持っているように見受けられる。ネットで「秋篠宮の犬」と揶揄されている山下氏は、ジャーナリストを名乗るのであれば、小室母にこそ直撃インタビューすべきであろう。

また、宮内庁元職員であることを隠さない同氏が、テレビで一民間人を「怪しい人」呼ばわりする行為は許されるものではない。そうでもしなければ眞子と秋篠宮を守れないほど状況が悪いという事情があるにせよ(苦笑)。

参考
小室佳代さんの元婚約者(ジャガーさん、竹田さん)の重要性は何か



混乱の一因は秋篠宮さまにもある=成城大教授・森暢平〈サンデー毎日〉
10/11(月) 17:10配信
サンデー毎日×週刊エコノミストOnline
https://news.yahoo.co.jp/articles/e638185a70e020f9cdaef35374cacb55542abb5a

(コメント)
反社疑惑に触れずに、どれだけ妄想を膨らませることができるかの競争をしているかのよう。読むに値しない駄文。



眞子さまご結婚直前に「署名・佳代さん刑事告発」反対運動が活発に
10/11(月) 18:32配信
FRIDAY
https://news.yahoo.co.jp/articles/aba0f276102756eb182da484e4bfd965e825154b



天皇は眞子さまの朝見の儀を望んでいた
友納直子
週刊文春
2021年10月14日号
https://news.yahoo.co.jp/articles/1dc0a6a25476ac47440c7e17fcad1834f79b714f

(朝見の儀の可否を決める権限は天皇にあり、天皇は朝見の儀をする前提でずっと考えていたが、眞子cPTSD発表ということになり、最終的に断念せざるを得なくなったという文脈の中で)

(前略)
眞子さまがご結婚後、黒田清子さんのように皇室の仕事に携わることがあるかもしれないので、そのためにも戻りやすいよう、儀式を行った方がいいというものでした」と別の宮内庁関係者は明かす。
(後略)

(コメント)
ほらね、全部私が言った通りでしょう。ナルは優しすぎて使い物にならないんです。個人と家族の範囲で物事を捉え、君主にあるまじき「可愛そう」という感情に流され、社会、政治、統治という大所高所から判断できない人。

日本国にとり有害なので、さっさと生前退位し、京都で「一人のお公家さん」として水運のご研究に精進なされたらいかがか。

今の現役世代(天皇、皇嗣)が死に絶えた20~30年後の皇室に、男児を設けた反社絡みの一家が、親戚一同を引き連れて皇室に乗り込んできたらどうしてくれるのか。

「米国はAI競争で中国に負けた。この先15~20年は米国にチャンスなし」 空軍ソフトウェア第一部長 9月に突如辞任 FT紙

Nicolas Chailanニコラ・シェラン氏(フランス系帰化人)。結論はもう出た。私の中では終わった話。米国は軍事費だけ見ると中国より大きいが、F-35などに予算を奪われている。中国はAIに専念しているし、産業界と政府が協力し合っている。Googleは米国政府との連携を拒否している。同氏は数週間以内に下院で証言する予定。
‘It’s already over’: US has lost AI battle to China, Pentagon’s former software chief admits
11 Oct, 2021 08:30
https://www.rt.com/news/537132-us-china-ai-chaillan/

辞職したのにまだ残っている経歴。
https://www.af.mil/About-Us/Biographies/Display/Article/1926281/nicolas-m-chaillan/