米大統領「分け前」要求が波紋 TikTok買収めぐり

米大統領「分け前」要求が波紋 TikTok買収めぐり
8/6(木) 7:26配信
時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3996f732cdaa75f5a17314a49590000d0206051

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は4日、中国企業傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、米マイクロソフト(MS)による米国事業買収が成立した場合は「米財務省も利益を得なければならない」と述べ、取引額のかなりの部分が政府に支払われるべきだと訴えた。

 中国は強く反発。手法や権限が不明で、米専門家も「憲法違反」と批判している。

 トランプ氏は記者会見で「われわれは全てのカードを握っており、買収を可能にしている」と語り、政府が交渉の道筋を付けたとアピール。前日と同じ主張を繰り返すにとどめ、具体的な説明は避けた。クドロー国家経済会議(NEC)委員長は「大統領に特定の青写真はない」との見方を示した。

 トランプ氏の「分け前」発言に対しては、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報の胡錫進編集長が「公然の窃盗だ」と強く批判した。米専門家の間でも、政府が純民間企業の取引から成功報酬を得る権限を疑問視する見方が根強く、米戦略国際問題研究所(CSIS)は「政策運営として不健全で、合憲ではない」と分析している。

 一方、大統領の発言の真意をめぐり臆測も広がっている。ティックトックやMSが米政府に支払う資金について、米財務省所管の買収審査機関に対する申請手数料や、ティックトックに法律違反の疑いを指摘した米当局への罰金などが取り沙汰されている。また、政府関係者は、MSが2日の声明に「財務省を含む米政府への適切な経済的利益」を確約したと明記したことを踏まえ、「雇用創出や税収」を指すと説明している。 

"米大統領「分け前」要求が波紋 TikTok買収めぐり" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント