政府が丁寧にサポート…小室さんと眞子さんを待つ「妊活と就活」

政府が丁寧にサポート…小室さんと眞子さんを待つ「妊活と就活」
11/24(木) 7:00配信
FRIDAY
https://news.yahoo.co.jp/articles/54b038172daa549e1b3197915901f338878e5390

3度目の挑戦で、ニューヨーク州の司法試験に合格した小室圭さん。その後は特に取材の場を設けることはなく、日本の国民向けに何かメッセージを用意している雰囲気はなさそうだ。

その一方で、圭さんの合格をそばで支えてきた眞子さんについては、「妊活」をめぐる報道が際立っている。

「皇室とゆかりの深い『愛育病院』の安達知子名誉院長が、今年春から複数回にわたって渡米し、眞子さんと面会しているとの報道がありましたね。安達氏は、紀子さまが悠仁さまを出産なさった際のチームのメンバーだった人物です」(皇室ジャーナリスト)

この面会は、宮内庁からの打診によるものとも伝えられている。

「安達氏が表向き否定しているだけに真偽のほどはなかなかはっきりとしません。ただ少なくとも言えるのは、宮内庁と外務省が連携してニューヨークでの小室夫妻の生活を丁寧に支えているということです。現地総領事館のトップは秋篠宮さまとも長い付き合いの森美樹夫氏で、専門のサポートチームを立ち上げ、夫妻の生活をあたたかく見守っているようです」(同前)

悲願の司法試験合格を果たした後、夫妻が目指すものは「新たな家族」ということになるのだろうか。

「もちろんそうですが、必ずしもそれだけということではないようです。眞子さんはメトロポリタン美術館への就職を模索しています。世界的な美術館ですから、セキュリティ面は当然充実しており、その点について、皇族関係者が働く場として好適だと判断されているようです」(秋篠宮家の関係者

かねて美術館への就職話は取り沙汰されてきたわけだが……。

ここに来て、そのことを眞子さんが強く訴えていると聞きました。相当なレベルだったインフレの沈静化にはある程度メドが立ったとはいえ、そもそも物価高がニューヨークの専売特許とも言えますから月々の収入が多いに越したことはありません。現地で生活する前にその事情を知らないはずはありませんから、『夫婦共働きプラン』は2人なりの堅実さがあらわれたものだと思われます」(同前)

最終的に美術館への就職が固まりそうだという。

「美術館としても、将来の天皇陛下の姉が勤務するということは様々な意味でメリットがあり、ウェルカムということなのでしょう。レギュレーションはわかりませんが、美術館に関する法律助言を圭さんが担うといったこともあり得るのかもしれないですね」(前出・ジャーナリスト)

となれば究極の共働きということにもなりそうだが、もっとも、「子供は最低2人欲しい」と語っていたとされる眞子さん。

「妊活も、そして仕事も両立させたいという気持ちが感じられますね」(同前)

夫妻にとっての吉報が相次いで聞こえてきそうな、そんな気配である。



(ヤフコメから)
スクリーンショット (913).jpg
スクリーンショット (917).jpg
スクリーンショット (916).jpg
スクリーンショット (915).jpg
スクリーンショット (914).jpgスクリーンショット (918).jpg
スクリーンショット (919).jpgスクリーンショット (922).jpg
スクリーンショット (926).jpg
スクリーンショット (924).jpg
スクリーンショット (921).jpg
スクリーンショット (925).jpg
スクリーンショット (927).jpg
スクリーンショット (929).jpg
スクリーンショット (930).jpg
スクリーンショット (928).jpg



ヤフコメ投稿に電話番号登録が必須になったが、マコケイ批判、A宮批判が衰えることはなく、燃え盛るばかり。

公務員海外出張規程はエコノミーだが、政府依頼の医師で、愛育病院のしかも名誉院長という人に、エコノミーのチケットを渡すはずがない。ファーストクラスに決まっている。東京ニューヨークのファースト往復は、昔は100万円だったけれど、今は300万円もする。既に3回渡米しているから、旅費だけで900万円。宿泊費、日当、専門家としての報酬を足したら、軽く1000万円を税金から支払い済み

この不正腐敗を一掃するには、マコケイ問題を良い機会に天皇制を廃止するしか解決方法はない。私が前から主張している通りです。

しかし、相手に逃げ道を与えるような生やさしい発言で済ませている間は、彼らは反省せず、ますます付け上がる。私たちは、皇族ではなく皇賊を相手にしている。私たちが我慢すべき問題ではない。遠慮することなく皆で「天皇制廃止」と叫びましょう。

ネットで愚痴っても公務員に伝わりません。12月は予算編成の本当の最終時期です。「首相官邸ご意見」に、逃げ道を与えない厳しい批判をぶつけてください。キーワードは「予算を削れ」「皇室・皇族を司法の下に置き、裁け」「天皇制を廃止しろ」。くれぐれも、彼らに逃げ道を与えないことです。
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント