眞子に対する勘当の処置を明確にすべき 平川祐弘 小室圭さん

皇室の将来は日本の将来である
東京大学名誉教授 平川祐弘
2021/10/22 08:00
産経新聞 正論
https://www.sankei.com/article/20211022-DIDEOR5R6JMFXBPWQWF24JMM2I/

RsIMG-2069.jpg



ようやく私と同じ意見を述べる人が出てきた。これも私が最初に指摘したことだ。

儀式をやらない、一時金を受け取らないというのは、表面上の事象に過ぎない。このたび眞子が「結婚に伴う皇統譜から外れる通常コース」なのか、罰としての「永久追放措置」であるのか明確にすることが必要である。

なぜならば、少子高齢化、男性後継者不足が顕著な皇族は、現役(今上、A宮)が亡くなる20~30年後に、本当に皇統が途絶える危機を迎える。そのとき、マコケイの間に男児がいたならば、「あっあそこに皇統の血を引く男児がいるではないか」という話になり、あの子を次期天皇に祭り上げてしまえという力が働く。

そうなると、ケイの親戚とされる下記記事のような人々が、堂々と大手を振って正門から皇居に入り、場合によっては権力を振るうこととなる。
https://web.archive.org/web/20200227135738/https://koshitsu.today/archives/1553
↑↑中程の「ボディーガードみたいなもの」を自称する人物に注目

ひと言で言うならば、今の皇室は「統治ができていない」のである。

現状既に、内親王ごとき下位の娘が、詐病まで使って国民の言論弾圧をしているではないか。

統治ができていない問題を早期に是正しないのであれば、こんな危ない体制は粉砕するしかない。国民全体を不幸にするだけだ。

カナダ 連邦政府職員の70%がワクチン強制策から免除 コールセンター、判事、食肉検査、公園監視、郵便、国税、議会職員、軍人など コロナ

飛行機で入国する人に対する規制は、以下の人々には適用されない。プライベート・ジェットまたはチャーター機で入国する人。学生、エッセンシャル・ワーカー。罰金を支払う。米国の空港に着陸し、タクシーでカナダに入る人。
GUNTER: Look closely, Trudeau's 'mandatory' vax policy isn't what it seems
Lorne Gunter
Oct 09, 2021 • October 9, 2021
https://torontosun.com/opinion/columnists/gunter-look-closely-trudeaus-mandatory-vax-policy-isnt-what-it-seems

(以下抜粋)
“Exempted employees include (federal) call centre operators, federal judges, meat inspectors, park wardens, postal workers, tax auditors, Commons and Senate staff,” and members of the armed forces.

Canada Post
His government’s policy to require all travellers arriving by air to spend at least three days in quarantine (now ended), exempted anyone arriving by private plane or charter, whether vaccinated or not. It exempted students and people claiming to be essential workers.

And others could get around the quarantine by paying a fine or by landing at a U.S. airport near the border and taking a taxi across.