小室さん、18日に秋篠宮邸訪問し眞子さまと3年ぶり再会…26日は婚姻届提出後に2人で記者会見

小室さん、18日に秋篠宮邸訪問し眞子さまと3年ぶり再会…26日は婚姻届提出後に2人で記者会見
10/15(金) 20:42配信
読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc2816e39187c98d9443bcadcb79ad90695d5533

 宮内庁は15日、秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚までの日程と記者会見の要領を発表した。小室さんは18日、秋篠宮ご夫妻にあいさつするため、秋篠宮邸(東京都港区)を訪れ、眞子さまと約3年ぶりに再会する。
(後略)



(5ちゃんねるから)
781可愛い奥様2021/10/15(金) 18:26:49.18ID:pvytrfsB0

いつもあの手この手で娘を助けてるのは秋篠宮夫婦
留学先も日本人が多いハワイはやめてNYにしろと指示しておいて、留学は寝耳に水と平気で国民に嘘をつく
紀子は、米国の食事は眞子の口に合うか心配だのと抜かす、すっかり新婚夫婦をいたわる母親だよ
駆け落ちトンズラ婚どころか祝福されてるテイ
北朝鮮みたい



アキシン夫婦はKKと会って何を話すのか。「予定より3年も遠回りさせて悪かったな」とか言いそう。

時代遅れで腐りきった皇賊制度は廃止し、大統領制に移行するのみ。国民主権をより明確にし、国家元首を選挙で決めるのが一番。

眞子さま会見 26日午後に都内のホテルで

眞子さま会見 26日午後に都内のホテルで
10/15(金) 11:16配信
日本テレビ系(NNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f1adc7ca6519a10fa139bd483f874144ee8d15a

秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚記者会見について、結婚当日の今月26日午後に、都内のホテルで行われることが発表されました。

宮内庁の発表によりますと、26日に結婚される眞子さまと小室圭さんの結婚記者会見は、当日の午後、都内のホテルで行われるということです。

会見は、秋篠宮家の側近である宮内庁の皇嗣職が仕切る形で行われ、宮内庁の取材を担当する宮内記者会のほか、日本雑誌協会と日本外国特派員協会の記者が代表で出席し、撮影は、それぞれの団体の代表が行います。

眞子さまと小室さんは記者会見に先立って婚姻届を提出し、眞子さまは、皇室を離れて「小室眞子さん」として記者会見にのぞまれることになります。結婚後、お二人はアメリカで新しい生活を送られる予定です。



眞子さま、小室さん結婚 会見は都内ホテル、心境など語る見込み
10/15(金) 18:31配信
毎日新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/c09c5a1c6005774d9196b7f1f458e725a9d9d778

 宮内庁は15日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)が大学時代の同級生、小室圭さん(30)と26日に結婚されることに伴う記者会見を東京都内のホテルで同日午後に行うと発表した。会見は婚姻届提出後で、2人そろって出席する。婚約内定から4年あまりを経て結婚に至った心境などについて語るとみられる。また、秋篠宮ご夫妻は18日、赤坂御用地(東京都港区)の宮邸で小室さんからあいさつを受ける。

 会見には宮内記者会常駐の新聞・通信・テレビ計15社(各社2人)のほか、非常勤の報道機関から代表5人、日本雑誌協会と日本外国特派員協会に加盟する報道機関からも代表各2人が参加する。カメラマンなども含めて計50人程度になる見通し。

 会見は皇室関連施設ではなくホテルで行われる。その理由について、秋篠宮家を補佐する側近トップの加地(かち)隆治・皇嗣職大夫(こうししょくだいぶ)は15日の定例記者会見で、会見時には既に眞子さまが皇籍を離れて民間人になっているためと説明した。ホテル使用で発生する費用は公費ではなく、眞子さま・小室さん側が私費で負担するという。

 また、会見がフリーランスの記者らも対象にした完全オープンではないことについて、「そうすると際限がない感もあるし、新型コロナウイルス感染防止の措置も必要だ」と理解を求めた。婚姻届は宮内庁職員が提出する。

 宮内庁は結婚に関連する日程も明らかにした。皇室慣例の儀式は一切行われないが、19日に歴代天皇などを祭る皇居・宮中三殿を参拝する。さらに22日には御所で天皇、皇后両陛下に、25日は仙洞(せんとう)仮御所(港区)で上皇ご夫妻にそれぞれあいさつをする。いずれも眞子さま1人で、小室さんは同席しない。【和田武士】



一般人である点を強調しておきながら、なぜ皇嗣職大夫が会見を取り仕切り、記者の6割を宮内記者会が当然であるかのごとく占有するのか。

会場費をマコケイが負担するの部分は、笑うところか?ケイは明らかに一文無しなのだから、マコ負担に決まってるだろ(笑)。

「象徴天皇制」崩壊の危機を専門家が指摘 「皇室はそこまでして出て行かれたい場所なのか」

「象徴天皇制」崩壊の危機を専門家が指摘 「皇室はそこまでして出て行かれたい場所なのか」
10/15(金) 5:57配信
デイリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb1088c8ea07646aa0ca9f3a9b082e2f05764f7a

 今月1日、宮内庁の記者会見に同席した医師は、眞子さまが「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断されている状態であることを発表した。静岡福祉大学の小田部雄次名誉教授はこの報道をどう受け止めたのか。

 1993年、上皇后美智子さまがバッシングに晒され、一時は失声症になるまで苦しまれたことがありました。その際、美智子さまは事実ではない報道には苦言を呈されつつ、「どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います」と発言されました。

 一方で今回、会見に臨んだ医師は、眞子さまや小室さんに対するさまざまな国民の声を一律に“誹謗中傷”と断じました。率直に申し上げて、非常に危うい言葉で、これには大変驚きました。象徴天皇制は国民からの支持を受けて成り立つものであり、これまで皇室は批判を含め、どのような声も受け止めてきたからです。

 もはやご結婚に反対する者は、眞子さまに弓引く者だと言わんばかりです。そうやって、国民からの批判に蓋をして、言論弾圧のようなことを行ってまで眞子さまは結婚されたいのでしょうか。そのように一線を越えても、出て行かれたい場所が今の皇室なのでしょうか。そんな無力感にも苛まれています。

 眞子さまはご自身と小室さんの将来を心配されるあまり、皇族として天皇陛下をお支えするという本来の役割をお忘れなのではないか。そればかりか、ご自分のことを支え、心配を寄せてくれる方々への感謝や思いやりに欠けておられるようなところもお見受けします。周囲には見向きもされず、ご結婚に向かって最短距離を突き進まれるお姿は、痛ましく感じられることすらあります。

 ご結婚の延期から3年半が経っています。小室さんには、この時間を積極的に使って説明責任を果たしていただきたかったのですが、ご自身のキャリアを磨くことだけに費やした印象です。結果として、国内に留まっておられた眞子さまばかりが矢面にお立ちになってしまったのは否めません。

 お二人にとってご結婚が譲れないものだったとしても、結婚に関わる儀式を無視し、皇室経済法の規定まで歪めるのはいかがなものでしょうか。せめて、ご結婚に至る道筋はしっかりとお二人で作ってほしかった。そうすれば“駆け落ち婚”と後ろ指を指されることもなかったはずです。

 本来、ご結婚は慶事であって、それをきっかけに益々、皇室に対する敬愛が高まっていくものです。それなのに、お二人はご自分たちの意見を通すことを優先されてしまった。これでは、国民がお二人から置き去りにされたような気持ちを感じるのも無理はないでしょう。

「週刊新潮」2021年10月14日号 掲載



何を言ってんだか。二人は永久追放処分ではない。批判勢力は詰めが甘い。詰めが甘いから、結婚強行派に押し切られる。

一時金を受け取らず、儀式をしないというだけのことだ。実際に、天皇は、将来またマコに皇室の仕事を手伝ってもらうときが来るだろうからと、天皇にあるまじき「かわいそう」という感情に流された甘い思考に取り付かれている。ナルは、畑違いの感染症対策には、平気で憲法違反の政治介入する画策をする癖に。

将来戻ってきてもらうためには、それまでの期間に二人が落ちぶれてしまっていては困るから、裏からせっせと送金するに決まっている。

政府機構は、憲法改正するくらいならば、皇室典範を書き換えちゃえという発想になりがちだから、昨日まで「日本の伝統」と力説していた人ですら一晩で自説をかなぐり捨てて、マコ皇籍復帰に走るだろう。

マコが皇室に復帰したとき、KK母方の親戚一同が皇居に乗り込み、「今日から俺たちがお前たちより格上だ」と威張り散らかし、その時「仰せの通りでございます」と一切の抵抗をせず言いなりになる宮内庁の光景が、今から目に浮かぶ。詰めが甘いんだ。

だから、これを機に、天皇制を一気に廃絶しなければならない。

小室圭さん支えるNYの日系人後援会…就職先紹介、帰国の航空券も手配

小室圭さん支えるNYの日系人後援会…就職先紹介、帰国の航空券も手配
10/14(木) 6:06配信
女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/379de5fda6ffa2976694bc302961e2fa16b58d9a

「眞子さまの渡米を前に、総領事館のスタッフたちも、かなりピリピリしているようです」

そう語るのはニューヨークで長年生活している日本人ジャーナリスト。

眞子さまは結婚一時金を辞退されており、秋篠宮ご夫妻も遠く離れるご長女の今後について懸念されているという。

「秋篠宮家が受け取っている皇族費は税金ですから、それで眞子内親王を援助することも許されません。宮内庁の職員が生活のご様子を確かめに行くということもできませんし、ご両親としては不安が募るのも無理はありません」(秋篠宮家に近い関係者)

だが、そんな秋篠宮ご夫妻のご懸念は杞憂に終わるのでは、と語るのは前出のジャーナリスト。

在ニューヨーク日本国総領事館のスタッフがすでに動きだしているようです。新居や勤務先での警備の検討から、買い物はどこですれば安全なのかといったことまで、綿密なリサーチをしています

結婚して一般人となられるとはいえ、皇族は日本の象徴的存在です。総領事館としても眞子さまの新婚生活を放置するわけにはいかないのでしょう。“自由な生活”を夢見ていらっしゃるという眞子さまにとって、嬉しいことなのかどうかはわかりかねますが……」

実は眞子さま・小室圭さんの“強い味方”は、総領事館ばかりではないのだという。現地・邦字新聞の記者によれば、

「小室さんはNYの日系人会にかなり食い込んでいるのです。帰国の際に小室さんはA社という旅行会社に飛行機とホテルの手配を依頼しています。

A社はアメリカと日本に数十ずつの店舗を持つ会社で、小室さんはその女性会長に直接、手配をお願いしたのです。予算が少なかったわりに要求も多くて、旅行会社も苦労したと聞いています」

■日系人会の会長を務めていた弁護士も

小室さんの帰国や日本滞在に関しては警視庁や内閣情報調査室が情報を集めている。それらを把握している警察庁の関係者も「確かに小室さんの航空券を手配したのはA社でした」と、証言する。

A社の女性会長はNY日系人会の有力者だというが、小室さんの“後援者”は彼女だけではない。

「NY日系人会の会長を何度も務めたことがある弁護士のゲーリー森脇氏です。中堅法律事務所の幹部弁護士で、小室さんは昨年夏に森脇氏の事務所でインターンをしています。

日米交流に長年の貢献があったとして’19年に旭日小綬章を受章しました。小室さんの就職先の法律事務所、ローウェンスタイン・サンドラーも森脇氏が紹介したと聞いています」(前出・記者)

そんな大物たちと小室さんはどのようにして知り合ったのか。

「上昇志向の強い若者にとってNYはチャンスをつかみやすい街といえます。もっとも一般的なケースとしては、パーティに出席して挨拶をすることですね。

名刺を渡して、例えば『NYで弁護士として働きたいのですが、一度お話を伺えませんか』と、頼むのです。年長者たちもそうしたアプローチには慣れていますし、森脇氏は面倒見がよい人物としても知られていますので、小室さんの相談にのってあげるようになったのでしょう」(前出・記者)

本誌は昨年1月にNY在住の帽子デザイナーを取材している。セレブの帽子も手掛けているという彼女の経歴を知った小室さんは、「それでは今度、アトリエにお伺いしてもよろしいですか」と、積極的にアプローチしてきたという。

フットワークの軽い小室さんにとってNY生活は性に合っているのか、すでに日系人の“後援会”も結成されているのだ。小室さんのキャラクターには日本では賛否両論あるが、NYで暮らす眞子さまにとっては“頼れる夫”で間違いないようだ。



誰もただで協力してくれるわけではありません。すべて国庫から負担するということだ。

眞子さまの主治医と同僚だった医師が語る『PTSD』回復法は「記憶を上書きすること」

眞子さまの主治医と同僚だった医師が語る『PTSD』回復法は「記憶を上書きすること」
10/13(水) 17:01配信
週刊女性PRIME
https://news.yahoo.co.jp/articles/a33dc316d2364ab31ac1dbcffc41ef914c70f34d
https://www.jprime.jp/articles/-/22151

(前略)
 回復に必要なのは、時間が経過すること。しかし、

「状況が変わらないまま時間だけが過ぎていくのでは意味がありません。バッシングがない状態で時間が経過することが重要です。

 今の眞子さまは“行動を起こせば批判される”というお気持ちから不安症状が出ておられます。そのため、“自分の気持ちに従って行動してもそれほど批判されなかった、大丈夫なんだ”と感じられる経験が必要となります」

 そのような経験によって、過去の記憶が“上書き”されていくことが肝心だという。

「もちろん、今後も行動を起こす際に“批判されたらどうしよう”というお気持ちは生まれると思いますが、その気持ちに支配されずに“怖いけれど行動してみよう”と考えて、少しずつ行動範囲が広がることで、徐々に日常生活に支障をきたさなくなります。

 結婚や渡米という環境の変化がどのように影響するかはわかりませんが、NYのほうが批判を経験する回数は少ないと考えられるため、日本に滞在され続けるよりは快方へ向かう可能性が高いのではないでしょうか」

 眞子さまをここまで追い込んでしまった原因を追及するよりも、一刻も早くご体調の回復を祈りたい。
(完)



(ヤフコメから)
5746GR | 1日前

宮内庁の批判制圧はもう懲り懲り。複雑性PTSDは戦争体験レベルで誹謗中傷で発症は疑問という医師のコメントもあったし、そもそも原因は小室の疑惑。

---------------------
toy***** | 1日前

とにかく今まで数年間もあったのに何も疑惑に回答せず、このまま逃げ切り婚にしようとしているのから症状が回復しないのだと思いますよ?

それに内親王の苦境はひとえに自らこの内定者を選んだことで生じているわけですから、身から出た錆の部分もあり内定者と縁を切らない限り根本的なご苦境の解消はあり得ないと考えます。

少なくとも回復したければ記憶の上書きではなく説明責任をきっちり果たし問題を解決して国民の了承を得る以外ないと思いますが?

いずれにしろ両人とも悲劇の主人公扱いは無理があるからやめた方が良いと考えます。

--------------------
敵の敵はやっぱり敵 | 1日前

だからー

結婚しようがNYに行こうが勝手なんだって。

ただ、K氏が然るべき説明責任を果たしてくれればいいだけなんだって。

それがされないから結婚を反対されてるんだって。

-----------------------
e*****::::::::: | 1日前

記憶を上書きするのは4年間何もしてくれなかった。では無いの?

だって義母になる人は4年間にも問題を起こした疑惑がありますよね?

自分の為に何か努力してくれたの?
お金に関しては何も言われなかったの?

反対に都合のいい記憶を上書きしてきたんじゃないの?
そんな人が冷静に結婚という判断はできるの?って思います。

------------------------
miy***** | 1日前

“自分の気持ちに従って行動してもそれほど批判されなかった、大丈夫なんだ”と感じられる経験が必要となります。

私も、こんな主治医にかかって、労災認定してもらいたい。

--------------------
auq***** | 1日前

勲章もらいに出て行きます。ついでに昭和天皇にも結婚報告しときます。映画鑑賞の公務は喜んで。結婚準備はるんるんで進めます。アメリカ行きも問題ないです。みんなが祝福してくれたら病気治ります。

本当に複雑性PTSDの症状で本気で苦しんでる人に謝罪した方がいいレベルですよ。世論が病気なのに眞子ちゃん頑張り屋さんね〜となるとでも思ったのか。

------------------
ekl***** | 1日前

まず、何故批判されるかを考えれば?
決定的にずれてるんだよ、この長女。

そして、数々の憲法、法律違反、特権濫用に向き合い、真摯に謝罪する。
そして今後一切皇室に関わらないことを固く誓う。受けるべき罰は受ける。

そうすれば批判は収まる。
今のまま隠蔽、ごり押し、国民への言論弾圧、ねじ伏せをやめること。

----------------------
佳代さんの告発内容は有耶無耶にするくせに、眞子さんの病気(病名・症状・回復条件)だけは事細かに熱弁されても…国民が知りたいのは運命的にPTDSに罹ったお方の話より、告発までされてしまったお方のほう。 ...

----------------------
shf*****
22時間前

“PTSD”ねぇ。弱味を見せれば
国民が同情するとでも思ったのかな
随分とまぁ、甘ったれた考え方よね
そういう点も含めて、ムカつくんだよ

-----------------------
le*****
23時間前

記憶を上書き。。この場合、小室母子の様々な黒い疑惑は無かったことにして、国民全体が貴方様の結婚を祝福し、反対の声は全くない状態にするということですか?都合良すぎ。無理でしょう。失笑しかない。

---------------------
5746GR
1日前

宮内庁の批判制圧はもう懲り懲り。複雑性PTSDは戦争体験レベルで誹謗中傷で発症は疑問という医師のコメントもあったし、そもそも原因は小室の疑惑。

----------------------
sir*****
1日前

よく分からないけど、誹謗中傷でトラウマになってる人が、誹謗中傷覚悟で婚姻を強行できるものなの?
結婚しようとしたらフラッシュバックしないの?
何でこんなに騒動になっても、婚姻だけは強行できるのか、その理由が知りたい。。

--------------------
vra*****
1日前

PTSDかどうかは知らないけど、
4年前に婚約延期になったときに秋篠宮と宮内庁と脅したんでしょ?
恥ずかしくもなく「命をかけた選択」くらい世間に発表した人だからね。

でももし結婚して渡米してさ、この先気に入らないことがあって我を通したくても、もう世話焼いてくれる人はもう誰もいないんだよ。
どうするのさ?ホントに命絶つの?

先のことを考えたら、国民を権力でねじ伏せるような卑怯なマネしないで、
目の前にある問題解決して、自分の性格を改めた方がいいんじゃないの?

---------------------
mah*****
1日前

記憶を上書きすること?

ではM子様は回復は見込めないと思います。
M子さんは自分の思い通りにならない為、国民が誹謗中傷していると言われてますが、
誰が考えても、M子様のPTSDは
M子さんが意地でも結婚したいと言っている
KやK母親が原因と皆わかってます。

記憶を上書きする事は不可能に近い。
何故ならKやK母親の疑惑が明らかにされないどころか、次々と出てくる。
それではM子さんのPTSDは治らないと言う事です。
本当に治させたいと思っていらっしゃるなら
皆さんもM子さんに事実を認めさせ、破談にするしかないのではないでしょうか?

------------------------
ryu*****
1日前

厚顔無恥の一言に尽きる。
元々、疑惑のある厄介な相手と知りながら選んだのは眞子さまで、しかもその疑惑を皇室の権力で握り潰すしてたのがバレたらPTSDと逆ギレ。

数年時間をかけたのは、皇室特権で小室氏に資格を取らせたり、税金を使い特別扱いする為の時間だった。

眞子さまが、ここまで愚かな方とは最初は信じれず、誰もが騙されていると勘違いし、目を覚まして欲しくて大事になった。

だか、実際、眞子さまが宮内庁へ指示していた。時間も、税金も、必要以上に使い、結婚後も宮内庁経由で税金から生活支援してもらいながら生きて行く計画は遂行される。

--------------------------
sak*****
1日前

今回の騒動で、改めて皇室は解散すべきと実感。

皇室を生かしている血税を納める日本国民の意見を、国家権力でマスコミを使って口封じ。
1000年以上の間、こんな感じで好き放題血税・国家権力を使い、納税者たる日本国民を経済的・精神的に虐げてきたのだな、とよくわかった。

ここまでされて、何でまだ皇室に血税を捧げないといけないの?
日本国民に失業者や自殺者を出してまで。
まだまだコロナ禍で日本経済的は悪化中。血税は納税者たる日本国民のために使うべき。
皇室は汗水流して働いて自活し、お金の有り難さを知るべき。

----------------------
sdm*****
1日前

批判でPTSDというけれど、玄関を出たら知らない人から罵声を浴びせられるという状況ではないだろうし、批判がメディア上のものだというならどこに行ったってそれがなくなるわけじゃないと思うんだけど。

アメリカで医療職をしているけれど、こちらで見るPTSDの患者さんはアフガニスタンで壮絶な経験をしたとか、配偶者から監禁・暴力を受けたとかでフラッシュバックに悩む人が多いという印象ですが、この方はどんなフラッシュバックなんでしょうね。