宮内庁は小室さん側の身元調査を行ったのか? 雅子さまの時はどうだったのか? ←典型的な「公務員のたらい回し話法」

宮内庁は小室さん側の身元調査を行ったのか? 雅子さまの時はどうだったのか?
10/11(月) 6:00配信
デイリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/d32f0ecb7dd8127196f2e764cb3d15749976e09e

(コメント)
こういうのを、典型的な「公務員のたらい回し話法」と言う。ストーリーに登場する誰も経歴に傷を付けられないよう、登場人物同士で相互にかばい合っている。たらい回しすることが目的で設計されたストーリーなのだから、こんなのに騙されるようでは駄目。「・・・だから、このような不祥事を許して良い」という話ではない。こんな言い訳が許されるのであれば、警察も税務署も入管もいらない。



眞子さまご結婚までの隘路が影を落としかねない家父長制・身分制をはらむ象徴天皇制の危機とは
坂東太郎
日本ニュース時事能力検定協会認定講師
2021年10/11(月) 6:01
https://news.yahoo.co.jp/byline/tarobando/20211011-00261592

(コメント)
皇族がかかえる結婚の難しさが完結にまとめられているように思う。マコケイの子供が、本人の意志にかかわらず生まれながらに持ってしまう「利用価値」と日本国が受ける悪影響についても触れてあれば、満点でした。



「複雑性PTSD」公表・眞子さまの回復に必要なこと―精神科医が語る「診断名がつくか否かではない」
10/11(月) 7:02配信
現代ビジネス
https://news.yahoo.co.jp/articles/c03640f4de667e9127eeb5970a9faec95a031049

(コメント)
「診断名がつくか否かではない」。こうでも書かなければ擁護できないほど嘘っぱちな診断名だったということだ。御所に住む内親王がかかる病気ではないからね。しかも別の報道によると、何をどこまで世間に発表するかを、重症患者である眞子が事細かに家来に指示をしたという。本人は大嘘つき。会見した医師とこの記事を書いた医師のどちらもやぶ医者。言論封殺に加担した犯罪人。

皇族、政府が、祝うよう国民に指示したり工作したりしたら違憲なんですよ。祝うか祝わないかは個々の国民が、圧力のない環境下にて自由意志で決めること。皇族はそれを「謙虚に受け止めるべき立場」だ。



皇室ジャーナリスト山下晋司氏 小室さん母の元婚約者の印象「根っこのところは非常に頑固な一面も」
10/11(月) 11:44配信
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/79e96a0060542bb76b19c1824ad144011acf254e

元宮内庁職員の山下晋司氏 小室佳代さんの元婚約者に「週刊誌にいいように使われた」
10/11(月) 16:10配信
東スポWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/be7886c94234a55cc85764a3ec8656740fa51c10

(コメント)
小室母は、カネを要求するときには自身が前面に出るが、ひとたびトラブルが発生すると交渉は元暴力団員または圭氏に投げ、自身は後ろに下がって出てこない癖を持っているように見受けられる。ネットで「秋篠宮の犬」と揶揄されている山下氏は、ジャーナリストを名乗るのであれば、小室母にこそ直撃インタビューすべきであろう。

また、宮内庁元職員であることを隠さない同氏が、テレビで一民間人を「怪しい人」呼ばわりする行為は許されるものではない。そうでもしなければ眞子と秋篠宮を守れないほど状況が悪いという事情があるにせよ(苦笑)。

参考
小室佳代さんの元婚約者(ジャガーさん、竹田さん)の重要性は何か



混乱の一因は秋篠宮さまにもある=成城大教授・森暢平〈サンデー毎日〉
10/11(月) 17:10配信
サンデー毎日×週刊エコノミストOnline
https://news.yahoo.co.jp/articles/e638185a70e020f9cdaef35374cacb55542abb5a

(コメント)
反社疑惑に触れずに、どれだけ妄想を膨らませることができるかの競争をしているかのよう。読むに値しない駄文。



眞子さまご結婚直前に「署名・佳代さん刑事告発」反対運動が活発に
10/11(月) 18:32配信
FRIDAY
https://news.yahoo.co.jp/articles/aba0f276102756eb182da484e4bfd965e825154b



天皇は眞子さまの朝見の儀を望んでいた
友納直子
週刊文春
2021年10月14日号
https://news.yahoo.co.jp/articles/1dc0a6a25476ac47440c7e17fcad1834f79b714f

(朝見の儀の可否を決める権限は天皇にあり、天皇は朝見の儀をする前提でずっと考えていたが、眞子cPTSD発表ということになり、最終的に断念せざるを得なくなったという文脈の中で)

(前略)
眞子さまがご結婚後、黒田清子さんのように皇室の仕事に携わることがあるかもしれないので、そのためにも戻りやすいよう、儀式を行った方がいいというものでした」と別の宮内庁関係者は明かす。
(後略)

(コメント)
ほらね、全部私が言った通りでしょう。ナルは優しすぎて使い物にならないんです。個人と家族の範囲で物事を捉え、君主にあるまじき「可愛そう」という感情に流され、社会、政治、統治という大所高所から判断できない人。

日本国にとり有害なので、さっさと生前退位し、京都で「一人のお公家さん」として水運のご研究に精進なされたらいかがか。

今の現役世代(天皇、皇嗣)が死に絶えた20~30年後の皇室に、男児を設けた反社絡みの一家が、親戚一同を引き連れて皇室に乗り込んできたらどうしてくれるのか。

「米国はAI競争で中国に負けた。この先15~20年は米国にチャンスなし」 空軍ソフトウェア第一部長 9月に突如辞任 FT紙

Nicolas Chailanニコラ・シェラン氏(フランス系帰化人)。結論はもう出た。私の中では終わった話。米国は軍事費だけ見ると中国より大きいが、F-35などに予算を奪われている。中国はAIに専念しているし、産業界と政府が協力し合っている。Googleは米国政府との連携を拒否している。同氏は数週間以内に下院で証言する予定。
‘It’s already over’: US has lost AI battle to China, Pentagon’s former software chief admits
11 Oct, 2021 08:30
https://www.rt.com/news/537132-us-china-ai-chaillan/

辞職したのにまだ残っている経歴。
https://www.af.mil/About-Us/Biographies/Display/Article/1926281/nicolas-m-chaillan/

佳子さま「ジェンダー平等が当たり前の社会を願う」 ←ヤフコメ民「皇室が存在すること自体が不平等ではないか」(笑)

佳子さま「ジェンダー平等が当たり前の社会を願う」
10/10(日) 17:37配信
テレビ朝日系(ANN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/33e741e08421598503ec1524e54d8265a58ad90a

 秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまが日本のガールスカウト100周年の記念イベントにオンラインで参加されました。

 佳子さま:「今後、ジェンダー平等が達成され、誰もがより幅広い人生の選択肢を持てるようになることを、自らの可能性を最大限生かす道を選べるようになることを、それがあたりまえの社会になることを切に願います」

 佳子さまは日本のガールスカウト100周年に際し企画されたイベントにビデオメッセージを寄せられました。

 宮内庁によりますと、佳子さまはお住まいの赤坂御用地で熱心にご覧になり、メモを取ったり、拍手を送られていたということです。

 このイベントは、女性の声を広く社会に届けることなどを目的に行われました。



(ヤフコメから)
at***** | 6時間前

心からそうお思いなら、男系継承の撤廃を掲げていただけませんか。
ジェンダー平等の観点から言うと、男系継承は非常におかしいですよね。

--------------------
ant***** | 6時間前

言論の自由は尊重しますが、そもそも皇室特権がある限り我々国民には真の平等などないのです。
働いて稼いで税金を納めてから偉そうなことをのたまってくださいね。
国民は働いて稼ぐと税金を徴収されるの知ってますか。
血税で好き勝手、贅沢三昧して心は痛みませんか。
皇室制度は我々国民を不幸にしていきます。



そもそも、主催者であるガールスカウトが、男女平等ではない組織なのだが(笑)。日本のガールスカウトはLGBTを受け入れるのか、拒否するのか。

眞子、佳子みたいに頭が弱いのが理屈をこねるとこうなる。そもそも天皇制という過去の遺物は、矛盾だらけのガラス細工だ。理屈を一ヶ所に当てはめると、次々に露呈する矛盾・不満を修正しなければならなくなり、ガラス細工が崩れてしまう。

理屈をこねたいところをぐっと我慢し、理屈屋さんからの問いかけを「これが伝統ですから」と切り捨てることによってのみ、生き伸びることができる。

内親王が公の場で発したお言葉が本日、公式の日本史に記録された。今日が天皇制崩壊過程の初日となる。私が何もしなくても、「中の人」である姉妹が皇室を壊してくれる。「伝統です」と言い張る魔法を捨てた皇族に、生存術は残されているのか。