複雑性PTSDの診断名が正式に発効するのは2022年1月1日から 宮内庁がお手つきして患者を精神的に圧迫(怒)

眞子様への複雑性PTSD診断に関する報道について
2021年10月2日 / 最終更新日 : 2021年10月2日 JCPSP
https://jcpsp.me/column2110/

眞子様への複雑性PTSD診断に関する報道について

昨日より、複雑性PTSDという診断名で、秋篠宮家の眞子さまのご病状に関する情報が報じられています。

これに関しましては、当事者の方々への社会からの新たな誤解や偏見などが起きる可能性について、私ども日本複雑性PTSD当事者支援協会は、非常に危惧しています。

複雑性PTSDという診断名がWHOによりICD-11で採用されたのは、2018年ですが、診断名として正式に発効するのは、2022年1月1日からです。

今回の情報に関して、多くのマスメディアが、複雑性PTSDという診断名で報じたことについては、非常に不安を感じています。

今後、学会など、各方面からも様々な見解が示されるかもしれませんが、今回の報道を受け、当協会の利用者の方々のお気持ちに、新たな傷付きや揺らぎが起きないことを切に願っております

今回、予期せぬ形で、複雑性PTSDという診断名が社会に認知されることとなりました。

いずれにしても、このきっかけを通して、当事者の方々への社会からの正しい理解が進むことを願ってやみません。

この記事をご購読くださっている皆さまは、すでに複雑性PTSDの真実について、ご存知のことと思います。

これからも、皆さまのケア・サポートに尽力させていただきます。

当事者の皆さまや近しい方々が、お気持ちの穏やかな日常を取り戻されますことを心よりお祈り申し上げます。



出たっ!やぶ医者が、現時点で正式に発効していない病名を、皇族にレッテル貼りした(笑)。皇族の分際で、病気に苦しむ全国の患者を精神的に圧迫した(怒)。

責任者はテレビカメラの前に出てきて、謝罪、撤回、釈明しなさい。

それから、眞子へ。あなたは早く、ジャガーさんに対し、民事介入した罪を謝罪、撤回、釈明しなさい。皇族が公の場で個人相手に民事介入したのだから、あなたが謝罪、撤回、釈明する場は公の場でなければならない。結婚前にやりなさい。動作が遅い!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント