ダマスカスでジョギングをしていたイラン人将軍をモサドが誘拐→イスラエルで尋問→南アで釈放 アラド誘拐事件の重要容疑者 イスラエル

イラン人将軍とはIRGC革命防衛隊のことかと思うが、明記されていない。Ron Arad捜索の一貫として。
Report: Israel seized jogging Iran general in Damascus, freed him in S. Africa
Arabic media claims man nicknamed ‘Sabri’ was a senior Iranian official in Lebanon when Ron Arad was captured there, leading Jerusalem to hope he’d have info on airman’s fate
9 October 2021, 10:17 pm
https://www.timesofisrael.com/report-israel-seized-jogging-iran-general-in-damascus-freed-him-in-s-africa/



(1)ダマスカスのイラン大使館なんて、体制派の居住地区にあるのに、そのど真ん中でモサドの手下に誘拐されるという、シリア・イラン両政府の立場からしたら大失態。

カネを渡せばいくらでも主張を変える人は世の中に多いから、気を付けないとね(苦笑)。イランの原発周辺で事件が多発するのも同じ理由。

(2)ユダヤ人は、同胞の生死には過度に神経質になり、人質が生きていればいくら支払ってでも人質解放交渉をするし、死んだら死んだで遺品や遺体の一部でも回収しようと必死になる。これはよく知られている。

しかし、異民族の遺体や墓は平気で壊す人たちであることを、よく覚えておこう。どこまでも自分勝手な民族集団。日本人みたいに「相互に仲良く」なんて考え方は決してしないから、騙されないよう気を付けなさいよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント