眞子さまと小室圭さんの結婚報道に、露呈したこの国の「自己矛盾」 週刊誌のバッシング報道はどうなったか

眞子さまと小室圭さんの結婚報道に、露呈したこの国の「自己矛盾」
9/13(月) 11:01配信
御田寺 圭
現代ビジネス
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f8c2132ab3ac3a0bf23779252202e9f0268d280

(前略)
 この3年近くに及ぶ一連の騒動は、普段は自由で個人主義的な風潮を支持しているはずの社会や人びと(一般市民だけでなく知識人や有識者含む)が、とたんに旧弊な「ムラ」の理屈を突きつけて小室氏にバッシングを展開した挙句、眞子さまと小室氏を実質的に日本で暮らせなくするという結末に終わったのだ。

 小室氏に向けられていた「ダブスタ」「矛盾」「言行不一致」の嵐は、たまたまそのターゲットが彼だったから向けられていたわけではないと、私は予感していた。むしろ、これらこそが日本の市民社会に広く浸透している本音であり、今後なにか別のトリガーがあれば、他のさまざまな人物や事物に、彼が向けられたのと同じ言動やまなざしが向けられることになるだろう――と、当時から考えていた。

 ――その予感は現在、完全に的中していたと言わざるを得ないだろう。

 世間の人びとは、口先では自由の大切さを語って見せるが、いざ自分の気に入らない人間の自由、あるいは気に入らないタイプの自由の行使の仕方を見かけたら、直前までの態度をあっさりと放棄して、まるで憲兵にでもなったつもりで「お前には自由は相応しくない」と詰め寄り、あるいは「このような自由の行使をゆるしてもよいのか」と政治権力に告発する。社会的生命を絶って「キャンセル」するべくあらゆる手を尽くす。
(後略)



眞子さま結婚騒動の局面変化を受けて週刊誌のバッシング報道はどうなったか
篠田博之
月刊『創』編集長
9/13(月) 14:57
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20210913-00258118



・・・どちらも、反社絡みの問題、KKの実父とその両親が相次いで自殺した闇に意図的に触れないことにより、「悪いのは世間だ」という間違った結論を導き出した駄文。文筆業を名乗りながら、カネのないKKの渡米費用、学費、生活費、警備費が税金から補填されている疑いがあることに触れない調査不足。彼らの作文に闇を盛り込んだ途端、彼らの主張は足下から崩れる。作文に社会的商業的意義がないから、原稿料は、世論工作を理由に官房機密費から捻出したのではないか。

眞子圭問題を通じ、倫理観をめぐり皇族と国民が真っ向から対立する敵対関係にあることが露呈したこと、皇族・宮内庁に不審かつ巨額な税金浪費疑惑が発覚したこと、皇族・宮内庁・警察が社会保障費詐取疑惑を捜査せず隠匿していること等々が重なり、その順法精神に疑問符が付いた。国民が皇室宮内庁を見る目は大変厳しくなっている。

皇族・宮内庁は「皇族が決めたことだから、国民の分際で口を出すな。お黙りなさい」という発想北朝鮮の金正恩体制と同じ

国民は「国の象徴という設定だったが、いざ蓋を開けてみたら見識、伝統、倫理の全てが欠落していた。しかも際限なき税金の無駄遣い。税金で飯を食わせてやってるのだから言うことを聞け」という発想。

皇族と国民の間に接点が存在しない以上、対立関係はこの先、激化するしかない。

口を開ければ二言目には、やれ伝統だ、形式だ、前例がないと言うが、自分のことになると公然と憲法違反、皇室典範違反を犯し、勝手にNHKの電波を乗っ取り、勝手に政治演説をぶちまけ、国会審議を全て止め、「国民の総意に基づき」とあからさまな嘘を書き込んだ法律を通して生前退位。オリンピック開催直前に政府の感染症対策を批判し、準備に携わる上から末端まで全員に迷惑を掛けて知らぬ顔。自分の婚約相手を守るため、下世話な金銭争いに民事介入し、批判されても謝罪撤回しない。幼いときからお金を掛けて教育しているはずなのに、カタカナ英語。伝統を重視しているはずなのに、ふと見ると女性皇族が、部下の女衆の衣装(着物)を着ている。

こんな皇族なら不要です。もう、うんざり。皇室の伝統は、博物館の学芸員に保存してもらうのが、一番安く一番確実。肝心の国家元首は、定期的に選挙をして国民が選ぶ。悪い事をした大統領は、国会で弾劾裁判にかけるし、遅くとも次の選挙で落とす。これが一番クリーンで安定的な政治システム。

レバノン 牛肉を食べることができるのは15%の富裕層だけ 肉屋の80%は閉鎖または事業縮小 政府補助金が全面カットされた2021年5月以来

財政危機で酪農、食肉関連の各種補助金がすべて撤廃された今年5月以降、末端の販売価格が跳ね上がり、一般家庭の食卓から肉は完全に消えた。現在流通しているのは、レストラン向けの冷蔵肉と、冷凍ひき肉。レバノンは従来、海外から毎月牛を2万頭輸入していたが、現在は3000頭まで減少。売り時を逃してしまった牛は、シリアに密輸出するなどして損切りした。肉牛の輸入業者は全国で17社あり、最大は市場の40%を支配するSulaiman社。
15% من اللبنانيين فقط يستهلكون اللّحوم
الإثنين 13 أيلول 2021
https://www.al-akhbar.com/Community/317066/15-%D9%85%D9%86-%D8%A7%D9%84%D9%84%D8%A8%D9%86%D8%A7%D9%86%D9%8A%D9%8A%D9%86-%D9%81%D9%82%D8%B7-%D9%8A%D8%B3%D8%AA%D9%87%D9%84%D9%83%D9%88%D9%86-%D8%A7%D9%84%D9%84-%D8%AD%D9%88

ويستورد لبنان المواشي الحيّة عبر عدد من الشركات والتجار، يقدّر عددهم وفق وزراة الزراعة بـ 17 مستورداً، غالبيتهم يملكون مزارع منتشرة على كافة الأراضي اللبنانية. أكبر شركات الاستيراد هي: سليمان (40 في المئة من السّوق)، خليفة، العشي، النابلسي، المصري… إضافة إلى شركات «ظهرت» خلال فترة الدّعم و«اختفت» بعد رفعه.

世界のユダヤ人人口1520万人 イスラエルの人口は930万人

Number of Jews worldwide hits 15.2 million; 6.93 million of them are in Israel
On eve of Rosh Hashanah, figures show 45.3% of Jews live in Israel; 25.3 million eligible for Law of Return
By TOI staff
5 September 2021, 3:05 am
https://www.timesofisrael.com/number-of-jews-worldwide-hits-15-2-million-jewish-agency/

Israel’s population rises to over 9.3 million on Rosh Hashanah eve
Officials figures show number of people in country grew by 146,000 since last Jewish new year, including 20,000 immigrants
By TOI staff
5 September 2021, 5:09 pm
https://www.timesofisrael.com/israels-population-stands-at-over-9-3-million-on-rosh-hashanah-eve/

チュニジア 2020年5月8日に大統領暗殺未遂があった トルコ、イスラエルMossad、国内ムスリム同胞団(Ennahdah)が結託

地対空ミサイルがジェルバ島に持ち込まれたが、未然に防いだ。現地の県知事も上空を飛ぶ大統領の飛行機を撃墜する計画を知っていて、解任された。現地紙al-Anwar紙の報道。Ennahdah党首Ghannoucheは否定。トルコとイスラエルは現時点でコメント発表なし。
Turkey, Israel, Islamist Ennahdha Accused of Planning to Shoot Down Tunisian President's Plane
13:00 GMT 28.08.2021
https://sputniknews.com/20210828/turkey-israel-islamist-ennahdha-accused-of-planning-to-shoot-down-tunisian-presidents-plane-1083739432.html#pv=g%3D1083739432%2Fp%3D1083463653

関連記事
チュニジア 大統領が首相解任して全権掌握 「起訴されたくなければ、人民から搾取したカネを返せ」と財界に迫る コロナ クーデター



ジェルバ島といったら、チュニジアでユダヤ人が集結している有名な場所じゃないですか。アラブ世界とイスラエルが全面対決していた時代でも、チュニジア政府はジェルバとイスラエルの相互交流を許していた。そこに地対空ミサイルを持ち込んで大統領が乗った飛行機を撃ち落とす計画。

住民のユダヤ人の間にも、当然にして協力者がいるから、厳しく弾圧、粛正するのが筋だが、チュニジアではそこまでできないか。すぐ隣のアルジェリアもイスラエル・スパイの話をしていたから、あちこちでモサド工作員が、同時並行で悪巧みをしているのだろう。

さすが、自分だけ楽しければいいというユダヤ人です。過去の恩義を想起し、思いとどまるなどということはしない。

関連記事の事件のとき、チュニジア大統領がエジプトに相談したが、同胞団対策という文脈ならば最適だ。腑に落ちる。

イスラムを見つけては「テロ、テロ」と大声で言いふらしている飯山陽センセは、この事例のようなユダヤによるテロ、国家テロは見ないふりするんだろーなー。たいした先生じゃない。先生ではなくて、日本担当のイスラエル政府広報官として、ユダヤ情報を訳して広めているだけ。

小室さん親子「5つの経済的問題点」 最大の懸念は皇室とのつながりを利用した資金集め

小室さん親子「5つの経済的問題点」 最大の懸念は皇室とのつながりを利用した資金集め
9/11(土) 6:01配信
デイリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/00e845829ccac393cb28b5d13aa2d311a39e9404

 室圭氏と眞子さまの結婚について、私はもっとも早くから疑問を呈して意見を発表してきた一人である。

 眞子様と小室圭氏のロマンスが公になったのは、2017年5月16日にNHKニュースで秋篠宮家と近い記者が「秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さま 大学時代の同級生・小室圭さんと婚約へ」と特ダネとして発表したときである。

 しかし、その直後から、小室圭氏と母親の佳代さんについて様々な問題があるという情報を聞いたので、一週間後に、「女性宮家など論じるなら厳正に精査が必要だし、そうでなくとも皇室の親戚として公の場に出られることが多いはずだから慎重に進めるべき」とSNSで問題提起をした。

 間もなく「週刊新潮」が父親の自殺事件を書き、12月には「週刊女性」が、「小室圭さん母『400万円』借金トラブル」を報道している。

 それからというもの、「400万円問題」が、話題の中心になったのは、当初は、小室氏本人について攻撃するのには遠慮があったからで、小室自身氏も深く関与しているとはいえ、母親の問題だというので扱いやすかったからだ。

 ただし、これは、小室家が謝って示談すればすんだのに、無理な弁解をしたのでこじれた一過性の話である。

 本当の問題は、小室圭氏が皇室と縁続きになることで、これから皇室にさまざまなダメージを与えねない懸念が多くあることだと私は指摘し続けてきた。

 皇族女性の結婚相手は、かつては、旧華族に限られていた。最近では紀宮清子様や高円宮絢子様の相手のように、裕福な家庭に生まれたエリート・サラリーマンではあるが、庶民出身の男性も出てきていた。

 ただ、彼らは、皇室とのお付き合いにおいても不安はなさそうである一方、生活態度も堅実で、皇室と縁続きであることを使って経済的利益を得ようということもなかった。

 だから、いま話題になっている、皇籍離脱の時に支払われる1億何千万円かの一時金も、元皇族としての品位を保つための足しにしてもらうという趣旨でよかった。

 ところが、小室圭氏の場合には、これまで心配しなくてもよかったことが何もかも心配になるのである。

 小室母子の問題を整理すれば、以下のようになる。
(1)経済基盤が弱く負債がかなりありそうである
(2)収入や財産と比べ著しく不相応な贅沢を繰り返してきた
(3)お金が足りないとかなりイレギュラーな手法で補填してきた
(4)圭氏は無収入で今後の見通しもついてない
(5)皇室とのつながりを集金に使うことを厭わない懸念がある。

 小室母子の住むマンションは父親が自殺したときにローンは生命保険でカバーされ佳代さんの名義になっているほか、圭氏には祖父母からの相続もあったようだ。生活は、遺族年金を主にして佳代さんが勤務する洋菓子店の給与で補ってきた。

 この経済状態は、堅実な生活をすれば、圭氏に大学を卒業させるくらいは、さほど難しくないものだった。ところが、国立音楽大学附属小学校、インターナショナルスクール、私学でも授業料が高い部類のICU、短期の米国留学、アナウンス学校など大富豪でも滅多にしないような非常識な学業を修めた。

 大学卒業後には三菱UFJ銀行に就職したものの短期で退職し、安月給で法律事務所のパラリーガル(弁護士の業務を補助する要員)をしながら、一橋大学大学院で経営学を学んだ後、アメリカのロースクールに学んだが、脈絡がなく効率の悪いキャリアだ。

 当然、経済的に立ちゆかないから、佳代さんの婚約者などから資金援助を受けたり、祖父が自殺したときの相続交渉に暴力団とかかわったと自ら称する人物を立てたり、遺族年金の不正受給を婚約者と策したり、労災を受給しながら別のところで働いたと指摘されたりしたし、現在も更衣室での怪我を理由に労災を申請して係争中でもある。

 いずれにせよ、佳代さんの借金のほかに、圭氏の国立音大附属小学校の奨学金が返済されていないというし、今回のアメリカ留学中の生活費は、渡米前にパラリーガルとして勤務していた法律事務所から貸与されているそうで、返還義務がある。法律事務所が返還を求めないのは、事務所のコンプライアンス上ありえない。

 圭氏はこれまで無職の学生であった。ニューヨーク州の司法試験に合格すれば、アメリカでの法律事務所で働けるが、フォーダム大学のような中クラスのロースクール出身では一流どころの事務所に就職出来ることは希である。アメリカの弁護士資格は日本より簡単に取れるから、高収入を補償しないし、実力主義だから雇用は安定していない。

 アメリカで何年かの実務を経験すると、日本で弁護士活動ができるが、アメリカ法についての係争案件だけで、日本の法廷では弁護士活動はできない。日米両方の弁護士資格をもっていると高収入が期待できるが、アメリカの資格だけを持つ日本人が出来ることは限られている。

 一方、小室氏はクラウドファンディングによる集金についての研究をして論文を発表しているようだが、元内親王の配偶者がその立場を利用しての集金にかかわり、それを生活の糧とするなら論外であろう。

 また、それ以前に、フォーダム大学から返済不要の奨学金を獲得したのも、眞子様のフィアンセであることを強調してのものではないかという疑惑がある。それが事実なら返還すべきだし、もし違うというなら願書を公開して頂きたいものだ。

 ヘンリー王子とメーガン妃の集金活動が、英王室の評判を落としていることの、再現になるとの心配は杞憂であるまい。

 また、眞子様には、これまでの例に従えば、一億数千万円という一時金が国庫から出されるのだが、これが、小室母子の借金の返済、今後の母子の贅沢な生活、外祖父の扶養に充てられる畏れが高く、それは、国庫から支出される一時金の趣旨と相容れないものだ。

 一時金をガードマンなどセキュリティ確保の費用に充てるために使われる趣旨だという人もいるが、普通、皇族女性の結婚でも、それなりに安全な設備の住宅に住む以上の費用は発生せず、もし、必要があるなら警察が必要に応じ警備しているから関係ない。

 一方、ニューヨークで二人が暮らすとすれば、莫大な警備費用が発生する。ニューヨーク市警に日本政府から依頼するという説もあるが、ヘンリー王子夫妻の警備を公的にすることにでも、米国人の住民の反対が強かったなかで、非常に困難だと思う。

 一時金の支払いに疑問が呈されているのは、上記のような問題があって、制度そのものへの疑問を生じさせる危惧があるからだ。一時金支払いをしないというのは法的に難しいという意見もあるが、それはおかしい。支払わないことや辞退ができないとなれば、明白な非行や犯罪行為をして皇室を離れるときにも払わねばならないことになる。

 そういう意見を言う人は、個別裁量で額が変えられるとなると、今後の制度運用が面倒だと思っているだけだと思う。それなら、いったん受け取って寄付でもしたらという案もあるという。しかし、私は受け取らない方が眞子様のためにいいと思う。

 昨今、結婚の破綻は珍しくないが、この無理な結婚は普通以上に破綻の確率も高い。そこで困るのは、その場合に、一般の富裕な家庭なら娘が戻ってきたらなんとか面倒を見るだろうが、皇室では難しい。経済援助だけでもするという余裕もないし、また、それは、皇族に支給されている皇族費の趣旨にも反する。

 一時金を出して、それでもって将来のリスクにも備えて欲しいということなのに、小室母子が借金返済や浪費に使ってしまったというのでは困るのである。そうしたときにも、一時金を受け取っていないなら、国が実質的に何か知恵を出すことに国民も反対しないと思う。

 今回は、経済的な側面に議論を絞ったが、ほかにもこの結婚には、問題がいくらでもある。たとえば、最初に「週刊新潮」が報じたのは、父親の自殺だったが、のちに、その一週間後に祖父が、一年後に祖母が自殺していることが分かっている。

 どういう事情だったのか、説明を聞き、調査すべき問題であろう。事件の可能性などと飛躍するのはいかがと思うが、佳代さんが、精神的に追い込んだのが自殺の理由である可能性もあるというくらい誰でも疑うし、そういう証言も出ているわけで、そんなことがないのかくらい確認しておいた方がいい。

 結婚したのちに、佳代さんは、眞子様本人もさることながら、両殿下などとも接触される機会が出てくるのだから、精神的に追い込むような要求のし方をされても困る。すでに、佳代さんから秋篠宮ご夫妻や皇室に経済的援助を要請するとか、陛下に会いたいというような無理な注文もいろいろあったといわれるだけに国民としても心配だ。

 さらに、もし、女性宮家といった制度を創ったり、女性・女系天皇を認めるとすれば、たとえば、小室圭氏が天皇の夫や父になる可能性も出てくるし、現在の妃殿下と同じ立場になるとすれば、あるケースでは、摂政宮に就任することだって可能だということも実はあるのである。

八幡和郎(やわた・かずお)
評論家。1951年滋賀県生まれ。東大法学部卒。通産省に入り、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任。徳島文理大学教授。著書に『誤解だらけの皇位継承の真実』『令和日本史記』『歴史の定説100の嘘と誤解:現場からの視点で』など。



・・・これまでに報道されていることのまとめなので新味はないが、KK父とその祖父母の3人連続自殺事件について結婚前に一度調べるべきと指摘した初めての記事。

ギリシア・テッサロニキ ワクチン強制反対デモ 市民と機動隊が衝突

Battle of Thessaloniki: Greek riot police blast tear gas and water cannons in bid to stop 15,000 activists protesting mandatory vaccines from reaching area where PM was delivering economic address
09:33 BST, 12 September 2021
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9982243/Battle-Thessaloniki-Greek-riot-police-blast-tear-gas-water-cannons-15-000-protesters.html

動画
催涙弾と火炎ビンを投げ合い。風向きの関係で、催涙ガスが機動隊に戻ってきている気が(苦笑)。
https://www.youtube.com/watch?v=nK_sBtLISrk

フランス・パリ 反コロナ規制デモ パスポート 9週連続 参加多数 殴り合い

WATCH: Tear gas & clashes in Paris as thousands protest over Covid-19 health passes for 9th consecutive weekend
11 Sep, 2021 17:53
https://www.rt.com/news/534591-paris-clashes-health-pass-protests/
(記事内のリンクに動画多数)

動画
衝突
https://www.youtube.com/watch?v=ecC5cGGAz24
催涙ガスもくもく
https://www.youtube.com/watch?v=sRrBUqyp_0Q
静かに行進しているが、00:55から市民同士で殴り合い。誰と誰が戦っているのか不明。
https://www.youtube.com/watch?v=1HkahNAewmk

ケンブリッジ大学は学生の93%を公立高校から入学させるべき ETOオペラが白人の楽団員半数を解雇 イギリスのwoke 

Cambridge University should take 93% of students from state schools and those at Eton should 'travel up north to meet more diverse people', says president of Murray Edwards College
10:50 BST, 12 September 2021
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9982333/Cambridge-University-93-students-state-schools-says-new-college-president.html

English Touring Opera drops 14 white musicians - including many who have played with the company for 20 years - in woke drive to 'increase diversity'
13:03 BST, 12 September 2021
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9982453/English-Touring-Opera-drops-14-white-musicians-woke-drive-increase-diversity.html



・・・議会でも法廷でも何も議論されていないのに、いつの間にか白人であることが正当な解雇理由になってしまいました。

イギリス パスポート導入せず、クリスマス期間中は規制しない予定、ワクチン2度接種済みにはPCR検査免除 厚生相が突然表明 コロナ

Sajid Javid kills off Covid passports: Health Secretary rules out scheme after huge Tory outcry - as PM prepares to axe PCR tests for double-jabbed travellers by October and ditch draconian lockdown powers
By James Tapsfield, Political Editor For Mailonline
Published: 09:17 BST, 12 September 2021
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9982321/Ministers-plan-axe-costly-PCR-tests-double-jabbed-travellers.html



・・・「ワクチン2度接種済み」と「PCR検査陰性」はイコールではありませんよ。科学になっていない。

ニューヨーク州Lewis郡 ワクチン接種義務化→看護師大量離職→出産受付を中止 医療職の27%が非接種 コロナ

6人が退職届を叩きつけ、7人が離職を考え中。
Hospital to stop delivering babies as maternity workers resign over vaccine mandate
By Brendan Straub and Diane Rutherford
Published: Sep. 10, 2021 at 2:49 PM EDT
https://www.wwnytv.com/2021/09/10/hospital-stop-delivering-babies-maternity-workers-resign-over-vaccine-mandate/

ドイツ人に対するユダヤ人の復讐 計画1)水道に毒を盛り600万人殺す 計画2)捕虜2300人に毒を盛り殺す 2を実行 第2次大戦直後 イスラエル

第2次大戦直後で、イスラエルが建国される前の実話。ユダヤ人は、「ドイツ人にされたことを仕返す」という基本的考え方のもと、2つの復讐作戦を計画した。計画1については、ニュルンベルグの水道局各所にスパイを配置したが、事前に大国に毒を押収され、頓挫した。配置したスパイはユダヤのネットワークを使ってチェコスロバキアに逃亡させた。計画2は、ヒ素入りパンをSS捕虜に実際に食べさせたが、成果を上げる前に大国に把握され、計画途中でやはり頓挫した。実際に何人死んだか、あるいは誰も死ななかったのかは定かでない。2つの計画に関わった200人は、長いこと口を閉ざしていたが、今は高齢になり事件について語り始め、全容が知られるようになった。生存している実行者の圧倒的多数は、自分達がしたことを正義と固く信じており、「法の下に裁く」という考え方に同意していない。もし計画1を実行していたら、イスラエルを建国することはできなかっただろう。映画The Avengersとして上映される。内容に一部フィクションが含まれるが、ストーリーの大部分は事実に沿っている
‘An eye for an eye’: The post-war Jewish avengers who plotted to murder 6mn Germans by poisoning their water supplies
Andrew Dickens
12 Sep, 2021 10:01
https://www.rt.com/op-ed/534441-germany-jews-second-world-war/



・・・他人の行動は沢山の法律と契約で縛り、自分たちは違法行為しまくりで平気で殺人するというユダヤ人の特徴が炸裂している話でした。ユダヤ人の友人がいるあなた。あなたはこのような人と近い距離にあるということです。

自分さえ良ければ、法秩序を無視してでも平気で殺人を行い、それを民族・国家を上げて称えるユダヤ人の危険な修正について、ぜひ飯山陽のコメントをいただきたいです。

ノルウェー第一主義を主張する議員候補者の主張 EU加盟国ではないのにEU規則が適用される 不良移民増加で治安悪化 言論統制

I’m fighting an election in Norway next week to stop equality before the law and freedom of speech being stolen from us by stealth
11 Sep, 2021 10:01
https://www.rt.com/op-ed/534515-election-norway-eu-eea/

ノルウェーでは13日に総選挙投票日を迎える。政権交代が予定されており、選挙後は中道左派が連立を組む見込み。
Despite Toying With 'Mini Brexit' Norway Not Expected to 'Jeopardise' Ties with EU Bloc
12 September, 2021
https://sputniknews.com/20210911/despite-toying-with-mini-brexit-norway-not-expected-to-jeopardise-ties-with-eu-bloc-1088987106.html