対テロ戦争で米軍が税金浪費した不正の報告書 米国 アフガニスタン イラク

ハリバートンに委託した食堂経営は2009年、実際の経費に36%上乗せして請求。

2004~08年にいい加減な電気工事が原因で、18人の兵士が感電死。グリーンベレー1人がシャワー中に感電死した問題は、議会で追求され、問題が1年前に指摘されていたのにHalliburtonが全く修繕していなかったことが暴かれた。

経済問題担当部隊は、ガソリン・スタンド設営に4300万ドルの予算をあてがわれたが、執行されなかった。経済アドバイザー用の高級住宅に1億5千万ドル。アフガン警察の警備艇に300万ドル配分したが、全く使用されなかった。

20億ドルの運送契約の大半は、各地の軍閥、警察、ターリバーンに対する賄賂支払いに充てられた。議会調査で明らかにされたその内訳は、乗用車1台につき1500ドル、トラック1台に50万ドル。

レンジャー出身者が創設したCuster Battles社は、イラク・バグダード空港の警備を請け負ったが、空港警備の経験がなく、雇った職員に訓練を施さず、アラビア語通訳を雇わず、爆弾探知犬を用意しなかった。

その下請けは、Umm al-Qasr市内で乱射事件を起こしたが、証人に賄賂を配って捜査を妨害することで、処分を免れた。

Custer社CEOの年俸は300万ドル。職員はプール付き高級住宅に居住したが、米軍兵士は砂漠のテントで過ごした。(原文はまだ続く・・・笑)

Shocking report exposes how US defense contractors have wasted trillions through fraud and corruption15 Sep, 2021 17:32 https://www.rt.com/op-ed/534936-profits-war-us-defense-contractors/

報告書紹介ページ
https://watson.brown.edu/costsofwar/papers/2021/ProfitsOfWar
報告書(原文)
https://watson.brown.edu/costsofwar/files/cow/imce/papers/2021/Profits%20of%20War_Hartung_Costs%20of%20War_Sept%2013%2C%202021.pdf



・・・軍隊あるある(笑)。「テロとの戦争」と大声で叫んでいる人たちが実際にしていることが暴露されました。皆ひたすら「自分のために働いている」のです。アフガン民主化、女性の権利向上とか綺麗事を並べているが、そんなもの全部嘘。戦争は儲かるから止められない(爆)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント