ドイツ人に対するユダヤ人の復讐 計画1)水道に毒を盛り600万人殺す 計画2)捕虜2300人に毒を盛り殺す 2を実行 第2次大戦直後 イスラエル

第2次大戦直後で、イスラエルが建国される前の実話。ユダヤ人は、「ドイツ人にされたことを仕返す」という基本的考え方のもと、2つの復讐作戦を計画した。計画1については、ニュルンベルグの水道局各所にスパイを配置したが、事前に大国に毒を押収され、頓挫した。配置したスパイはユダヤのネットワークを使ってチェコスロバキアに逃亡させた。計画2は、ヒ素入りパンをSS捕虜に実際に食べさせたが、成果を上げる前に大国に把握され、計画途中でやはり頓挫した。実際に何人死んだか、あるいは誰も死ななかったのかは定かでない。2つの計画に関わった200人は、長いこと口を閉ざしていたが、今は高齢になり事件について語り始め、全容が知られるようになった。生存している実行者の圧倒的多数は、自分達がしたことを正義と固く信じており、「法の下に裁く」という考え方に同意していない。もし計画1を実行していたら、イスラエルを建国することはできなかっただろう。映画The Avengersとして上映される。内容に一部フィクションが含まれるが、ストーリーの大部分は事実に沿っている
‘An eye for an eye’: The post-war Jewish avengers who plotted to murder 6mn Germans by poisoning their water supplies
Andrew Dickens
12 Sep, 2021 10:01
https://www.rt.com/op-ed/534441-germany-jews-second-world-war/



・・・他人の行動は沢山の法律と契約で縛り、自分たちは違法行為しまくりで平気で殺人するというユダヤ人の特徴が炸裂している話でした。ユダヤ人の友人がいるあなた。あなたはこのような人と近い距離にあるということです。

自分さえ良ければ、法秩序を無視してでも平気で殺人を行い、それを民族・国家を上げて称えるユダヤ人の危険な修正について、ぜひ飯山陽のコメントをいただきたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント