米国で世界ヒンドゥトゥヴァ解体会議を開催 インド与党BJPを攻撃 インド敵視政策の始まり 主要大学が共催 Hindutva Hinduism

オンライン会議の主催者は、インド国内における定義とは異なるHindutva(ヒンズー至上主義のファシズム)、Hinduism(文化・宗教の意味)という単純化した使い分けをすることで前者にレッテルを貼り、更に会議のタイトルとしてDismantle(解体する)という穏やかでない単語を冒頭に配置し、公式HPのAboutセクションではインドのモディ首相が所属する「与党BJP」を名指しで非難している。インド人研究者は、そもそも用語の定義が間違っている上、極めて敵対的な姿勢である。米国の大学が共同で政治的イスラム(Political Islam)やジハード運動について会議開催したことがないのに、インドの政治だけ目の敵にするのはおかしい。Global Hindutvaという実在しない敵を人為的に作り出している。米国大学のキャンパス内でインド系学生に対する差別や嫌がらせが増える懸念がある・・・などと指摘。
Targeting Indian culture: US-organized conference ‘Dismantling Global Hindutva’ seen as bashing all who challenge neoliberal order
31 Aug, 2021 08:59
https://www.rt.com/op-ed/533484-us-conference-dismantling-global-hindutva-neoliberal/

Hindutva.png
https://dismantlinghindutva.com/
(リンク先の一番下に、共催している大学名リストあり。
https://twitter.com/dghconference
https://www.instagram.com/dghconference/


Hindutvaに関する説明:Wiki日本語Wiki英語



・・・1990年にユダヤが流行らせたIslamic fundamentalismのようなものですか?Fundamentalismという用語がおかしいという指摘はすぐ専門家の間から指摘されたが、fundamentalismを使いたがる御用学者、政府、メディアの主張を世界中の学者が力を合わせて完全に粉砕し、米国政府にIslamic fundamentalismからPolitical Islamに改めさせるのに4年間かかった。

モディ首相は親米路線でやってきたのに、この仕打ち(笑)。米国内の現状を棚に上げて、「BJPは、あらゆる手段を使って民主的異議を弾圧している」と冒頭でこき下ろしている。だから米国には気を付けないといけないんです。

米印関係が悪化すると、安部首相が提唱した中国包囲網が機能しなくなりますね。日本の安保を、この先どうしてくれるんでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント