「小室圭殿下」誕生の布石 TBS「皇室アルバム」 皇族を登場させるべき番組でKKを取り上げる 国民の関心がオリンピックに向いている隙に

そんな情報が流れている。関西圏の方、明日(8月1日)朝のMBS「皇室アルバム」チェックよろしく。



866可愛い奥様2021/07/31(土) 10:03:51.61ID:IXqGPxUsO
>>858
皇室アルバムの番組内でも小室の文書に触れていましたよ

まだ何も解決してないのに凄いですよね
秋篠宮夫妻は、あの文書に納得してる様な放送内容で正直驚いたわ

ネットニュースを知らない人なら鵜呑みにしますよね

-----------------------
896可愛い奥様2021/07/31(土) 13:41:21.75ID:5J7tPzrh0>>898>>911
仮に正式な婚約者であっても皇室アルバムに登場とかあり得ない
結婚するってことなんだろうね
誰がこんな小細工やってるかもう丸分かりでいいんだね

-----------------------
911可愛い奥様2021/07/31(土) 15:45:04.86ID:IXqGPxUsO
>>896
問題が解決してもないのにあの文書について触れるのは、明らかに変だと思う

まして正式な婚約者でもないのにね

皇室アルバムって皇族方の公務や動向を知らせる番組だと思って観てたから小室の話題は、ショックでした

-------------------
912可愛い奥様2021/07/31(土) 15:52:28.60ID:IXqGPxUsO
>>898
皇室アルバムは、小室のナルシスト全開の文書を好意的に扱っていたわ

秋篠宮夫妻は、あの文書を評価してる放送内容でした

柔道男子ジョージア2選手 参加資格はく奪

柔道男子ジョージア2選手 参加資格はく奪
7/31(土) 17:03配信
日本テレビ系(NNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a571028fd61a0b03b19bf2f206488b4d018feee

東京オリンピックの柔道男子ジョージア代表で銀メダルを獲得した2人の選手が観光目的で選手村を抜けだし、大会参加資格をはく奪されたことがわかりました。

組織委員会・広報担当「選手村から観光目的で外出するというのはあってはならんということで、この事例に関してはアクレディテーションをはく奪した」

組織委員会は、選手村を抜けだし、観光をしていた大会関係者の参加資格「アクレディテーション」を30日、はく奪したと発表しました。関係者によりますと、はく奪されたのは、柔道男子のジョージア代表の選手2人で、それぞれ決勝で阿部一二三選手と大野将平選手に敗れた銀メダリストです。

選手らの移動はプレイブックで、競技会場や選手村などに制限されていますが、2人はメダルを獲得後、東京タワー周辺を観光していたということです。

試合前の選手が参加資格をはく奪されると、試合にも出られなくなりますが、2人は競技会場や選手村など組織委員会が管理する場所に立ち入れなくなったものの、メダルのはく奪にはならないということです。



・・・仕事を終えた若い選手が選手村に拘束され続けてもつまらないわけだから、コンパニオン付きで「はとバス」くらい出してやればいいのに。拘束のされ方と時間の過ごし方が、19世紀の奴隷と同じ

ぼったくり男爵に贅沢させる予算は削られなくて、選手やボランティアには全く予算が付かないんですね。バッハ会長の接待には大変な費用が掛かっていて、最高級ホテルのスイートルーム代だけで1日100万円を超えている。宿泊費以外のすべての支出も日本持ち。選手にも少しは遊ばせてあげたら?

記事を読んだ範囲では、この選手、参加資格を剥奪されたほうが、国内を自由に移動できるようになり、帰国まで楽しめますね。よかったんじゃないでしょうか。私はそれで構いませんよ(笑)。

「弁当を廃棄するなら僕たちに回して」IOC会見にボランティアの大学生が乱入するハプニング…質問しようと手を挙げるも制止される

「弁当を廃棄するなら僕たちに回して」IOC会見にボランティアの大学生が乱入するハプニング…質問しようと手を挙げるも制止される【東京五輪】
7/31(土) 13:23配信
中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3693c45a8b96b9a5dda378acd0c4ee579be642c

 捨てるくらいなら、僕らボランティアに回して―。国際オリンピック委員会(IOC)と東京五輪組織委員会が東京都内で報道陣向けに毎日開いている定例会見に31日、五輪メインプレスセンターのIBC(テレビ局の五輪活動拠点)付近でボランティアをしている大学4年生(22)が“乱入”。「弁当を廃棄するくらいなら僕たちに回して」と“陳情”した。

 この学生ボランティアは手を挙げて主催者側に質問しようとしたが「質問はメディアの人に限ります」と制止された。会見終了後、同ボランティアをつかまえて話を聞くと、「弁当が大量に捨てられたという報道があるが、(ボランティアに)配られる弁当が少ないので回してほしいと思った」と質問しようとした理由を説明。実際に配られている弁当は助六ずしにサラダなどで絶対量が少ないという。別の日もチョコパン、ソーセージパン、サラダというメニューで昼食としては物足りなかったそうだ。

 男性は今月最初からボランティアとして働き、同僚2人と「捨てられるぐらいなら配分を増やしてほしい。誰に言っていいのか分からないので(会見を見学がてら)質問できたらしよう」と果敢な行動に出た。

 会見での質問は拒否された大学生ボランティアだったが、IOCのアダムス広報部長は「あとで話は聞く」とか。切実な思いは通じたようだ。



・・・炎天下で働く若い男女が食べる食事内容ではない。ぼったくり男爵(Baron Von Ripper-off)のイベントでご奉公したら、こき使われた(笑)。

「あとで聞く」は断りの表現です。「あとで聞く」という上司で、本当にあとで悩みを聞く人はいません(爆)。

制止されて発言を止めるようではいけません。あなたは今日、何も主張しなかった。あなたを無視したIOCの広報部長もバッハ会長も、エアコンの効いた部屋で朝昼晩おいしい食事を堪能している。すべて日本の経費負担で。

制止されたら、会場全体に聞こえる大声で、かつ英語であなたの要求を主張しなければいけない。大声で英語で食い下がる

外国の工事現場などでも、飯の量が少なかったり、不味かったりすると、すぐ暴動が起きる。怒って主張していいのです。怒り顔で大声で英語で主張する。

僕たちは非常に良い経験をしました。作業したあと、あなたの口座にきちんと振り込まれる仕事を選びましょう。人生で大切なことはそれだけ。嘘つきに騙されないよう、上手に生きて下さい。以上です。

都市封鎖法制を求める声も 「人頼み」の日本モデルに限界 ←ワクチン死は発生しているが、コロナ死は発生していません。

東京都のコロナ死者数
直近では1日1人いるかどうか
coviddeath-chart.png
coviddeath-table.png




都市封鎖法制を求める声も 「人頼み」の日本モデルに限界
7/30(金) 22:23配信
産経新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/173cdb0d187bb917a81c974d45989c6948821605

政府が新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令対象を6都府県に拡大した。感染力の強い変異株と国民の「宣言疲れ」があいまって、感染拡大に歯止めがかからない。対策の行き詰まりが明らかになる中、個々人の行動制限に強制力を持たせるロックダウン(都市封鎖)など、法改正の必要性を訴える意見も強まっている。

政府はこれまでのコロナ対応を限定的な私権制限で乗り切ってきた。2月の特措法改正で可能となった罰則付きの休業命令も、抑制的に運用されてきた。

しかし、緊急事態宣言を重ねるごとに対策の効果が弱まったのは明らかだ。実効性を高めるための金融機関や酒販事業者を通じた「働きかけ」方針は猛反発で撤回に追い込まれ、万策尽きた感を印象付けた。

そんな中、30日の基本的対処方針分科会では、複数の有識者がロックダウンを含め、強制力を強める法改正の必要性を訴えた

「あるエリアで人流を止める法整備を検討する段階に来たのではないか」

飯泉嘉門・全国知事会長は記者団にそう述べ、ロックダウン法制の議論を提起したと説明。別のメンバーも「お願いだけで行動を変えてもらえるのか」と語り、法改正の論議を急ぐべきだと指摘した。

「要請ベースの対策では限界だ」。参院議院運営委員会でも30日、国民民主党の矢田稚子氏が特措法の改正を政府に迫った。西村康稔経済再生担当相は「外出規制は民主的な先進国でもやっている。不断の検討を進めたい」と応じた。

ロックダウンは緊急事態法制や憲法論議にもつながる論点だが、昨春に東京都の小池百合子知事が提起した際、国民のパニックを懸念した政府は火消しに追われた。結果的に強制力抜きで乗り切った対応は「日本モデル」と呼ばれた。

しかし、国民の公徳心に依存する対策も曲がり角を迎えている。

「今は全力で火事を消す。ただ、いろんなオプション(選択肢)は当然、検討はするのだろうと思う」。コロナ分科会の尾身茂会長は30日の記者会見で、ロックダウンについて問われ、そう答えた。

私権制限に関する検討は政治的リスクを伴う。菅義偉首相は同じ会見で、欧州などではロックダウンでも感染再拡大を防げなかったと指摘し、こう語った。

結果的に、やはりワクチンだ。日本においてロックダウンという手法はなじまない」(千葉倫之)



ファイザー製ワクチンを接種してできた血栓のせいで手足の先が壊死し、両手両足を切断した。
ミネソタ州在住ナイジェリア系米国人。
o0379062814979784942.jpg
o0762043714979784947.jpg

募金受付中
https://www.gofundme.com/f/22h9pf-fundraiser-for-jummai-naches-medical-expenses



・・・今の日本でワクチン死者は沢山発生しているが、コロナ死者はほとんど発生していないことは、多くの国民が承知しているとおりである。

それにもかかわらず、為政者は国民の行動規制、都市封鎖を狙っており、その根拠としてPCR詐欺で数を誇張した「PCR陽性者数(≠感染者数)」を悪用している。この悪巧みも、多くの国民が承知しているところ。

他の先進諸国では普通に都市封鎖されており、日本は例外なのだから、封鎖に弱い生活基盤の人は強く警戒し、反対ならしっかりと反対の声を上げなければいけない。

専門家でありながら、このままいけば日本人は80万人死ぬ、40万人死ぬと何度もデマを流して平気な西浦、尾見の好きにさせてはいけない。