「皇族の公務が少なすぎる」小室さん騒動で霞む"令和皇室"の本当の大問題

「皇族の公務が少なすぎる」小室さん騒動で霞む"令和皇室"の本当の大問題
6/8(火) 9:16配信
プレジデントオンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/4aff8b95c9924c3f17f247823aaeca2b6f3116e3?page=1

(前略)
 天皇ご一家や秋篠宮ご一家についてはある程度はご存じであろうが、それ以外の宮家については国民の大半もほとんど認識していないのではないか。

(中略)
日本の皇室のなかで特に多忙なのは天皇皇后両陛下と、現況では高円宮久子妃ぐらいのものであり、残りの方々は多忙な公務の日々とは決して言えない毎日を過ごしておられる。

(中略)
 これからさらに公務を担っていただきたいときに、それを支えられる皇族数が減少していては、皇室の国民からの支持はさらに減退してしまうのではないか。やはり女性の皇族にも男性と同様に「宮家」を創設していただき、その配偶者もお子様たちにも「皇族」となっていただき、天皇皇后両陛下を支えていただかなければ成り立たないのである。特に、高円宮家の三女絢子様が嫁がれた守谷慧氏は、青年時代からボランティアに積極的に関わっておられ、理想的な「皇族」になってくださるのではないか。

(中略)
さらに仮に女性皇族も宮家を創設できることになったとしたら、小室氏も「皇族」となるわけであり、これに反対する国民も多数出てくる可能性は高い。

 そして宮家の創設だけではなく、この21世紀の現在にあっては「女性・女系天皇」の道を切り開くことも必定となってくるのであり、それが実現すれば将来的に眞子内親王が天皇になられる可能性もありうるわけで、国民からのさらなる反発も予想されよう。

(中略)
「男系男子」の皇位継承にこだわる人々は、終戦直後に皇籍を離脱した旧宮家の男系男子を養子などのかたちで皇室に戻せばよいのではないかと主張している。

 しかし、本稿の最初で筆者がみなさんに質問したことについて立ち戻っていただきたい。報道等でもお顔などが出る可能性の高い、現在の皇族についてもなじみの少ない国民が、70年以上も前に皇室を離れ、顔も名前もほとんどわからない方々にどれだけの信頼を寄せられるだろうか
(後略)

君塚 直隆(きみづか・なおたか)
関東学院大学国際文化学部教授



・・・この先生は、彼個人の願望に過ぎないものを前提に議論を構築している。

--------------------
「特に多忙なのは天皇皇后両陛下と、現況では高円宮久子妃ぐらいのもの」

何をぬかすか、大嘘つき。平成時代の皇太子(現天皇)夫妻の、特に妻は、16年間公務から遠ざかっていた。現在も含めれば、もう20年もの長期にわたり、数えるほどしか公務をしてない。表面を観察する限り、特に外回りの仕事が苦手であるように見受けられる。

妻だけではない。平成時代の皇太子(現天皇)にも、数年間稼働していない時期があった。1ヶ月の予定が(皇居に草むしりに来るボランティア集団に対する遠くからの)「ご会釈」1回だけ。こんなふうだから、この夫婦は、皇太子時代に皇室外交が全くできていなかった。

トランプ来日前後には、「雅子様完全復活」「もう5年前から病気は完全に治っていた」と書いた記事もあったくらいだが、全部嘘だった。

今でも雅子様がほとんど稼働しないため、夫婦公務は平成時代から今日までずっと秋篠宮夫妻の分担になっている。眞子圭問題で荒れている昨今でも、秋篠宮家は夫婦公務を週に1~2本を入れている。紀子様はネットで悪口ばかり言われていて、お気の毒なほどだ。もちろん、夫婦公務以外の各種公務で予定は一杯だ。嘘は止めよう。

--------------------
「これからさらに公務を担っていただきたいとき」

国民は、皇族に公務に励んでいただきたいとは特に思っていない。

公務員のごく一部にとっては利権になっているので、大いにやりたいと思っている可能性はある。大半の公務員は、皇族によるご公務は必須ではないと思っているだろう。なぜならば、皇族の庇護がなくても各団体に予算を少し与えれば済む話だからだ。

---------------------
「女性の皇族にも男性と同様に「宮家」を創設」
「その配偶者もお子様たちにも「皇族」となっていただき」
「「女性・女系天皇」の道を切り開くことも必定」

この筆者が女性・女系天皇論者だということはわかった。平民配偶者や子供にまで皇族資格を与えるかという議論には、まだコンセンサスがえられていない。

女系天皇や、皇室典範違反の愛子天皇擁立論には一つ危険が潜んでいる。女系天皇を認めない集団が、「俺たちはアイツを天皇と認めない」とそっぽを向く可能性がある。民意を二分することを強行すると、式典で君が代を歌わない、国旗を掲揚しない・引きずり下ろす、天皇・皇族が舞台に立ったとき後ろを向く・退場するなどの行動を誘発する危険がある。芸能人の人気投票と同じ「好き・嫌いの感覚」で議論を進め、結論を出さない方がよい。

----------------------
「守谷慧氏は・・・理想的な「皇族」になってくださる」

天皇制、王制にとり重要なことは血統である。受けのいい平民を連れてきて「皇族もどき」に仕立て上げるのであれば、それはタレント業である。AKB48の総選挙と同じことをして配役を決めるべきでない。

動かす駒がないのであれば、さっさと天皇制を廃止し、大統領制に移行すべきだろう。

---------------------
「小室氏も「皇族」となる」

お断り。

---------------------
「眞子内親王が天皇になられる」

お断り。婚約者にまつわる数々の疑惑をどのように受け止めた上で結婚に走るのか一切口を閉ざしているくせに、結婚前の婚約者の母の金銭問題については、誰からも頼まれていないのに介入した。

眞子はこの先、どの面(つら)を下げて表を歩くつもりか。眞子と元婚約者(ジャガーさん)との関係について、結婚前にカメラの前で釈明すべきだ。頼まれもしないのに勝手にプロレスのリングに殴り込みをかけておいて、自分ひとりだけ逃げ回ることは許されない。ジャガーさんは「結婚を邪魔するつもりはない」と発言しているが、遠慮してそのように発言しているだけのことで、その言葉に眞子が甘えてはいけない。

公然と前代未聞の民事介入した以上、眞子は公然と糾弾されるべきであり、もし本人が反省しないならば、秋篠宮が指導し改めさせなければいけないし、それもできないなら天皇が呼びつけて叱責しなければいけない。過ちを犯した本人が、行動を正すしか方法はない。

小室母子のせいで高級車と自宅を売り払った70才過ぎの高齢者に、眞子圭問題のしわ寄せをしたまま立ち去ってはいけない。ジャガーさんと公然と対立している関係を抱えたまま眞子がKKと結婚したり、公務をすることは、一切あってはならない

----------------------
「「男系男子」の皇位継承・・・70年以上も前に皇室を離れ、顔も名前もほとんどわからない方々にどれだけの信頼を寄せられるだろうか」

この先生は、そこいらの平民であっても「国民から見て表層的に評判がよければ誰でも皇族になっていい、公務をしていい」という主張である。そのような前提であるならば、70年以上前に皇籍離脱したとはいえ血統は確かな男系男子の元皇族方に復帰していただき、あとはマスコミを使って世論誘導して好意的な反応を醸成すれば、何の問題もないはずだが、そうではないようである。このあたり、もう一度脳内を整理してもらって、再度見解を公表していただく必要があろう。



マコケイ問題で表面化した皇室の問題は、皇室で生まれ育っても徳と見識が養われるわけではないこと。徳と見識を持たない皇族は問題を起こすだけであり、税金を上限なしに浪費するだけだから要らないというのが、大部分の国民の意見だと思う。

皇族の周囲に多数配置している警察、外務省、その他官庁出身の公務員が、複数のヤクザと親しい関係にある家族をフリーパスで皇族と接触させてしまい、一度だって接触を阻止した形跡がないどころか、結婚に至らせてしまう。国民が問題を指摘すると、聞こえないふり・見えないふりをして徹底的に無視する皇族と公務員の姿を、国民は目撃している。多くの国民が、「皇室の意識は一般家庭より下」と思っている。

皇族なんて、問題が起きても何もしないし、公務員も何もしない。こんな連中を崇め立てるのは馬鹿しかいない。皇族と公務員が集めたいのは、国民からの敬意ではなく、税金だけ。

徳と見識を持った子を育てるノウハウを失った皇室に、外から平民を入れてみたところで、成功しないし、今よりも大きな問題が発生しかねないことは目に見えている。憲法と皇室典範には、問題を起こした皇族に対する処罰規定が皆無である。だからこそ、皇族は高い徳と見識を有していなければならず、仮にでも国民に害を与える皇室ならば、排除しなければならない。

加えて後継者がいない。三笠宮の女王2人は現在アラフォーで、20年後には60歳になる。更年期後ということで、あれこれ仕事を頼むのは無理。穏やかにお過ごし下さい。眞子は表に出せない。佳子は自分が舞台で表現したいタイプであり、パトロン型ご公務は肌に合わなさそう。つまり、20年後の皇室は、悠仁様と愛子様のたった2人で運営しなければならないが、愛子様も個人の幸せを追求する可能性のほうが高く、もう無理なのだ。皇室は、時間との戦いに間もなく負ける。

もはや事態を改善できる手立ては何も残されていない。一日も早く廃絶しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント