デンマーク ルワンダ、エチオピアに収容所設置で合意 難民を移送して管理 ソマリア、南スーダン、エリトリアとも交渉

デンマークが受け入れる難民を減らすため、デンマーク政府の負担でアフリカに収容所を設置し、難民らをそこに移動させて管理していることが明らかになった。デンマークが大臣を極秘にルワンダへ派遣して協定書を取り交わしたが、ルワンダ政府がTwitterに写真を載せたことから「大臣を2人も派遣してルワンダで何をしたのか」との疑念を引き起こし、この度明らかになった。

デンマークでは独裁国家への追放は禁止されているが、国内法を改正し、独裁国家に分類されているルワンダ、エチオピアへの難民移送が可能になった。

難民、不法移民を外国で収容する手法はイスラエルが先に採用しており、ルワンダと協定を結んでいる。現在イスラエルで収容されている難民が本人の希望でルワンダ収容所に移動する場合は、政府が3500ドルの小遣いを難民に与える。イスラエル政府はルワンダ政府に対し、受け入れ難民1人に対し5000ドルを支払う仕組み。
Denmark 'Secretly Negotiating Asylum Camps in Africa'
https://sputniknews.com/europe/202105061082814286-denmark-secretly-negotiating-asylum-camps-in-africa/



・・・これが、ヨーロッパの白人キリスト教徒が振りかざす人権の正体。

日本政府も朝鮮半島有事のとき、同じ手法を採用するといいだろう。事が起きてからでは間に合わないから、今から準備しておくべきだ。馬鹿正直に国内の収容所で受け入れなければならない義務などない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント