ロシア・中国製ワクチンの承認には「データ開示を」フランスと欧州委員長 ←データなしワクチンを承認するよう政治的圧力を掛けた張本人

ロシア・中国製ワクチンの承認には「データ開示を」、欧州委員長
https://www.afpbb.com/articles/-/3329877?utm_source=yahoo&utm_medium=news&cx_from=yahoo&cx_position=r1&cx_rss=afp&cx_id=3330197

【2月3日 AFP】欧州連合(EU)のウルズラ・フォンデアライエン(Ursula von der Leyen)欧州委員長は2日、関連するすべてのデータが提供されれば、ロシア製と中国製の新型コロナウイルスワクチンのEUでの使用を許可できるかもしれないと発言した。欧州議会(European Parliament)の複数の議員がAFPに明かした。

 EU加盟27か国ではワクチンの供給不足から納品が滞って接種が遅れており、EUは批判を受けている。

 欧州の一部の国の首脳は、臨床試験で91.6%の有効性が示されたと報じられたロシア製のワクチン「スプートニクV(Sputnik V)」の採用を検討する可能性を示唆している。

 フォンデアライエン氏が出席したある会議の出席者らによると、フォンデアライエン氏は欧州議会議員らを前に、「もしロシアと中国の製薬企業が手の内を明かし、透明性をもってすべてのデータを開示するなら(中略)他の企業と同様に条件付きの販売許可を(中略)得ることができるかもしれない」と話したという。

 EUは、ロシア側と接触しているがスプートニクVの正式な承認申請はまだ提出されていないとしている。



マクロン氏、中国製ワクチンの危険性を警告 新たな変異助長の恐れも
https://news.yahoo.co.jp/articles/0078ab4326dfce2c54ea4cc218d04fa81cb03254

フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は4日、中国製の新型コロナウイルスワクチンについて、情報が一切共有されていないため有効性は不明だと警告し、効果がなければ新たな変異さえ助長しかねないと指摘した。



関連記事
Pfizer、Modernaはコロナ・ワクチンを無認可工場で製造 治験ワクチンとは別品質を世界に供給中 EU最上部からの政治圧力で認可した
(「EU最上部」とはフォンデアライエンのこと)

・・・私が妄想して叫んでいるのではない。フランスの権威あるル・モンド紙の報道だ。ヨーロッパの政治家は本当に醜い。口を「あ」と開けただけで醜悪さがあふれ出す。