ロシアの対シリア・ワクチン支援をイスラエルが支払う話 →イスラエルがロシアに支払った迷惑料 女はシリア居住を希望していた

シリアがロシアから購入するコロナ・ワクチンの代金をイスラエルが肩代わりするという先の嘘ニュースの真相。

自分の意志でシリア領内に入っていったイスラエル人女性はアラビア語堪能で、以前からイスラエル政府が設定した壁は壁ではないと公言し、国内のアラブ人の町やパレスチナ人難民キャンプ、時にはガザ地区へ一人で入ろうとし、軍または警察に排除されてきた輝かしい経歴の持ち主。

このたび停戦ラインを越えシリア領内へ入った動機は、ダマスカスに住むためであり、本人はイスラエルへの帰国を希望していなかった。

本来ならば、政府の指示を無視して敵国に渡った国民は、政府の保護対象から外して放置プレーし、仮にその人物が帰国することがあれば即刻逮捕するのが通例である。しかし、総選挙を目前に控えているネタンヤフ首相はそのように対応しなかった。

外向けにはフェイク・ニュースを垂れ流しつつ、裏では彼女を問題なく帰国させるよう、ロシアに仲介の労を依頼した。そのために大臣を極秘にモスクワに派遣もした。

彼女1人と、イスラエルが逮捕している(占領地)ゴランのドゥルーズ派2人を交換する予定であったが、2人がシリア行きを強く拒否したため、国境地帯をうろついていた羊飼い2人を差し出した。イスラエル側で「国境地帯をうろついている羊飼い」がしばしば逮捕されるが、イスラエル当局は自白通りの「国境地帯でうろついている羊飼い」だとは思っていない。彼らの正体は、ヒズボラが放ったスパイである。

シリアのワクチン購入代金をイスラエルが支払うというフェイク・ニュースの本当の意味は、ロシアの手を煩わせたことに対してイスラエル政府が支払う迷惑料であり、領収書を必要としない機密費から支払われた。

同様の事例が、イスラエルには沢山ある。

Our woman in Damascus
Opinion: The latest prisoner swap raises the question of how much Israel's citizens are responsible for their own actions and whether the government should intervene; we should also ponder whether our politicians are capable of pure altruism
https://www.ynetnews.com/article/H1zpEeZMu

(同様の事例2つ)
Elhanan Tannenbaum flies to Dubai in hopes of scoring a lucrative drug deal, gets kidnapped by Hezbollah and then-prime minister Ariel Sharon has to get him back in return for the release of hundreds of security prisoners – many of them terrorists with blood on their hands.

Naama Issachar gets arrested in a Moscow airport with marijuana and receives a harsh sentence either out of Russian cruelty or norms. Commuting her prison sentence required intensive and delicate handling by Israel's diplomats in Russia - while at almost the same time Israel transferred a piece of Jerusalem real estate to the Russian Imperial Orthodox Palestine Society.



・・・「ユダヤ人同士の助け合いの美談」みたいに作文しているが、私に言わせれば主人公のユダヤ女もイスラエルが放った公務員スパイですよ。公務員スパイだからこそ、巨額のお金または多数の受刑者と引き替えに、何としてでも取り戻したいとイスラエル政府が画策する。イスラエルの話は裏工作ばかり。本当に汚い民族集団。

「同様の事例」の1つ目では、ドバイで麻薬取引をしているユダヤ人で、ヒズボラに捕まった。この件ではヒズボラが正義で、ユダヤ人が悪。でしょ?

2つ目では、モスクワ国際空港で麻薬取引の罪でユダヤ人が逮捕され、外交交渉で釈放してもらった。この件では当時ソ連が正義で、ユダヤ人が悪。でしょ?

「全てのケースでユダヤ人が悪」です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント