スウェーデン 移民の子の半数はスウェーデン語に不自由 全ての5歳児に強制語学研修を検討へ

スウェーデンの移民問題を調査する委員会は、5才の全ての子に幼稚園通学を義務化し、言語運用能力を重点的に強化する政策を政府に提案した。首都郊外のある地区を調査したところ、6歳児の半数がスウェーデン語に不自由している実態が明らかにされた。

Sweden Seeks Mandatory Daycare Amid Reports of Migrant Children's Scanty Language Skills
05:13 GMT 24.11.2020
by Igor Kuznetsov
https://sputniknews.com/europe/202011241081256366-sweden-seeks-mandatory-daycare-amid-reports-of-migrant-childrens-scanty-language-skills/

・・・甘い顔をしていると、日本もすぐこうなる。こうした移民向け語学教室を町のあちこちに無料・安価で設置したり、役所と学校に通訳・翻訳者を常駐させなければならないし、パンフもいちいち複数言語で用意しなければならないから、移民を増やせば経済が拡大するのか、実は怪しいのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント