黒人になりすました白いユダヤ人 嘘がバレないよう実母の葬式を欠席した 米国

問題のユダヤ人の母方の家族は、彼女が黒人になりすましていたことは、ニュースで初めて知った。

髪は生まれつきブロンドだった。事件発覚後、電話で話したが、演技しているのかどうかわからないが、声は別人の声だった。(注:声の高低を調整する手術がある。)

問題のユダヤ人の両親は離婚し、父はカリフォルニアで死んだ。母方の家族は、彼女が実父の葬式に参列したかどうかは把握していない。

White professor of African American studies who faked being black 'skipped her own mom's funeral to avoid being found out' - as relatives say they are worried for her safety and she can always come home

Jessica Krug, a professor at George Washington University, posted on Thursday
In her Medium blog she confessed that she had been pretending to be black
Family members told DailyMail.com they suspect she skipped her mom's funeral
They believe Krug did not show to avoid having her new look cause a scene

By Ben Ashford For Dailymail.com
Published: 02:01 BST, 5 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8699915/White-professor-faked-black-skipped-moms-funeral-avoid-out.html

(前略)
And they had absolutely no idea that Krug was passing herself off as black until they were contacted this week by news media.

'She was blonde the last time I saw her. And as for her voice, well that's interesting. I don't know if she's acting but the voice she has now is not one I've heard before,' he said.
(後略)



・・・ふふん、さすが職業スパイは覚悟が違いますね、としか思わない。前の記事

日本は本人確認が甘い社会だが、こんなのが世の中のあちこちに「戦略的に配置されている」。彼らの悪意からどうやって身を守るのかという視点が必要。戸籍確認は最初の第一歩に過ぎない。

記事の後半には、彼女の素性に疑問を持った研究者が探りを入れ始めたため、彼女は観念したという話が書かれている。

米国がWADAに組織改革を要求し予算拠出を拒否 スポーツ大会から米国を排除する動き

米国からの通告が、WADA内部では怒りを持って受け止められており、全ての委員会から米国委員を追放し、米国の反ドーピング機関に対するWADA認可を取り消し、全てのスポーツ大会から米国を排除しろという声が上がっている。

‘The consequences could be severe’: American athletes may be barred from Olympics after US threatens to withhold WADA cash
4 Sep, 2020 12:37
https://www.rt.com/sport/499861-us-threats-wada-funding/

・・・東京オリンピックから米国選手団が排除されたら、日本政府はどうするつもりでしょうか。

米国政府もカネがないという話なのだろうが、ちょうど各国がコロナ規制を強めているところなので、限られた資源を有効活用する観点から、思い切って全てのスポーツ・イベントを止めてしまうのも、一つの選択肢ですね。本業の人は困るだろうが、困らないという人も多いだろう。