ドイツ、フランス、イタリアがルカシェンコ容認 親米ポーランド、バルト3国の敵対姿勢を封じ込めに入る ベラルーシ

「ベラルーシとのパイプを維持しておく必要がある」。

EU won’t blacklist Lukashenko: Germany, France, & Italy slap down Poland & Baltic states’ hardline proposals on Belarus – Die Welt
4 Sep, 2020 09:27
https://www.rt.com/russia/499848-eu-rejects-blacklist-lukashenko/



EUの方針とは何の関係もないが、よく知られた国の内政干渉に反対する立場から、シリアもルカシェンコ支持を表明。

Syria announces solidarity with Lukashenko in Belarus
2020-09-04
https://www.almasdarnews.com/article/syria-announces-solidarity-with-lukashenko-in-belarus/

イスラエル兵が65歳パレスチナ人男性の首に体重をかけ絞める(動画)

1:00から膝を首に載せている。
https://youtu.be/dySBmKjYB3g
1:40で首に体重をかけている。
https://www.youtube.com/watch?v=eQ0h00V5zkA
0:37で首に体重をかけている。

その他の動画
https://youtu.be/OwUGqlwuxl8
https://youtu.be/gcSVybESEA8

トゥルカルム(Tulkarm)でパレスチナ人がデモ実施。イスラエル兵が子供たちに銃を向けていたので、銃口を向けないよう手を掛けたら、兵士に押さえられ、連行された。
‘I was almost paralyzed’: Palestinian pensioner invokes George Floyd as he recalls Israeli soldier KNEELING on his own neck
4 Sep, 2020 12:03
https://www.rt.com/news/499856-palestinian-elderly-israeli-arrest-floyd/

・・・米国の州警察にchoke hold(膝載せ)を教えたのはイスラエルだとする説も流れているくらいで、これが本場の技なのでしょうか。

マスク非着用の電車乗客に警官が注意→抵抗→ペッパー・スプレー→逮捕(動画) イギリスでは公共交通機関でマスク着用が義務

Shocking moment police officer PEPPER-SPRAYS rail passenger for resisting arrest after ordering him to wear a face-mask - despite him claiming he is exempt due to a 'medical condition'

Shocking video shows scuffle between passenger and officer on Wirral line service at Lime Street, Liverpool
British Transport Police officer tells man to wear a mask, which he refuses, before telling him to get off train
A scuffle breaks out between the man and the officer, who uses his pepper spray after the man resists arrest
Video shows officers rushing to help before the man he is seen being spoken to by police officers off the train
Did you see the incident at Lime Street or were involved? Email me at: james.robinson@mailonline.co.uk

By Dave Rudge and James Robinson for MailOnline
Published: 08:41 BST, 4 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8697125/Shocking-moment-bully-police-officer-PEPPER-SPRAYS-rail-passenger-resisting-arrest.html

白いユダヤ人が黒人と偽りアフリカ系米国人の歴史を教える准教授に 「人生でずっと嘘を付いてきた」 米国

article-8695559-32771964-622_636x382.jpg

'I am a culture leech': African American history professor at George Washington University admits she's been pretending to be black her entire career in online confession

Jessica Krug revealed on Thursday in a bombshell Medium post that she has lied about being black her entire career
Krug, an African American history associate professor at George Washington University, admitted to deceiving her friends and colleagues
She said in the blog post that she is white, Jewish and was raised in Kansas City
It is reminiscent of the scandal involving Rachel Dolezal - a former NAACP leader who was exposed in 2015 as a white woman pretending to be black
Following the revelations, Krug has since been slammed on Twitter by several black writers and scholars who she had contact with throughout her career

By Emily Crane and Lauren Fruen For Dailymail.com
Published: 20:31 BST, 3 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8695559/George-Washington-University-professor-says-lied-black.html

本人の告白文
The Truth, and the Anti-Black Violence of My Lies
Jessica A. Krug
Sep 3
https://medium.com/@jessakrug/the-truth-and-the-anti-black-violence-of-my-lies-9a9621401f85

彼女の著作
https://www.amazon.com/Fugitive-Modernities-Kisama-Politics-Freedom/dp/1478001542/ref=sr_1_1?dchild=1&keywords=Jessica+A.+Krug&qid=1599237885&sr=8-1

・・・ユダヤ人のことだから、黒人運動の内情についてスパイしてたのでしょ、どうせ。採用の時に公文書を沢山提出させ、出自を執拗に確認する以外、不正を防ぐ方法がない。

英語の読者コメントを読んでいたら、「もし白人であることの優越性があるのならば、白人が黒人に化けるメリットがない。White privilegeは嘘だ」というのがあった。

それはそうなのだが、わざわざ黒人になりすまして何をしていたか、そのメリットは何かというと、様々な会合に「主人公として参加」することで黒人運動内部の人間関係や議論の方向性を探ることができるメリットがあるわけで、それはユダヤ人が大好きで得意とする分野だと私は思うのですよ。

だって、生まれつきの白人が、ごみ捨てするだけの為に、念入りに目元をいじくり、全身を浅黒く塗りたくる行為だけだって、大変なことです。彼女はそれを「職業としてやっていた」と解釈するのが一番自然。

昨今の過激化したBLM運動の流れの中で、自分の素性が暴かれ、逃げ場がなくなり虐殺される危険が出てきたから、ひたすら「罪を認めます。弁解しません」と繰り返す告白文を公表した。

中国が半導体部門育成を核兵器開発と同等の重要性に格上げ 米国に対抗

China to Plan Sweeping Support for Chip Sector to Counter Trump
New five-year plan will include backing for next-gen chips
Beijing has already pledged $1.4 trillion of tech investments
Bloomberg News
September 3, 2020
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-09-03/china-is-said-to-plan-broad-chip-sector-support-to-counter-trump?cmpid=BBD090320_OUS&utm_medium=email&utm_source=newsletter&utm_term=200903&utm_campaign=openamericas&sref=dukn3Rgh

17年前のバラバラ殺人、南ア逃亡の容疑者逮捕 コロナ不況のせい?

【独自】17年前のバラバラ殺人、南ア逃亡の容疑者逮捕
9/4(金) 4:06配信
TBS系(JNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1e27df21c7ce8985734ad2e1670cfec4642887

 17年前、東京・奥多摩町などで高級クラブ元店長の男性の遺体がバラバラに切断された状態で見つかった事件で、事件を首謀したとして国際手配され、南アフリカに逃亡していた男が警視庁に逮捕されました。

 「国際手配されていた紙谷容疑者が今、17年ぶりに日本に到着しました」(記者)

 逮捕監禁の疑いで逮捕されたのは、国際手配されていた紙谷惣容疑者(46)です。この事件は2003年10月以降、東京・奥多摩町の山中などで高級クラブ元店長の古川信也さん(当時26)の遺体がバラバラの状態で見つかったもので、紙谷容疑者は古川さんを監禁し、その後、山梨県内のキャンプ場で殺害して、遺体をノコギリなどで切断して遺棄したとして国際手配されていました。

 紙谷容疑者は事件直後に、死刑廃止国の南アフリカに逃亡し、潜伏していましたが、先月下旬、南アフリカの日本大使館に出頭。3日、日本に帰国し、成田空港でPCR検査を受け、陰性と判明した後、逮捕されました。

 紙谷容疑者は出頭した際、「日本に帰りたい。金がなくなり逃げられなくなった。奥多摩の事件は自分がやった」などと話したということです。紙谷容疑者は、新宿区で別の男性も殺害し、連続殺人の疑いがあるとして国際手配されている知人の松井知行容疑者と一緒に南アフリカに逃亡していました。

 殺害された古川さんは、高級クラブを辞めた際に店側とトラブルとなり、その後、そのトラブルを収めた松井容疑者とその知人の紙谷容疑者らから金銭の支払いなどをめぐって因縁をつけられていたということです。

 これで、2つの事件で逮捕されたのは14人となりましたが、警視庁は今後、事件を首謀した紙谷容疑者を取り調べ、実態解明を進める方針です。



・・・所持金がなくなった理由は、コロナじゃないですか?彼はパスポート更新なしで、ビザなし不法滞在のはずだから、真っ当な仕事はできないはずだ。コロナで観光客がゼロになり、集客系の仕事が大打撃を受けている。収入源を断たれたのではないか。

そろばん世界大会(?)の暗算部門でシリアの子が世界記録を樹立(動画)

モロッコで開かれたそろばん世界大会(←知らんけど)の暗算で、シリアのアル・ハサカ県出身の子が世界記録を樹立(←知らんけど?)。

教えている先生が、自白を強要している取調官のように圧迫していて恐い。アラブの教育は早口でまくし立てるんですよねぇ(苦笑)。

生徒たちが空中で両手を動かしているのは、そろばんを実演させているつもりなのだろう。

子供たちはインタビューにアラビア語で答えているのに、暗算の質疑応答はなぜか英語。

謎の動画
https://youtu.be/hRn7IHiubl4

5×66=
5×88=

米軍の子分クルド民兵がシリア・デール地区から撤退(動画) 部族の圧力

https://youtu.be/K201GpgXYXA

アル・シュハイルは、アル・マヤーディーンの北10km。撤退日は9月3日(木)とされている。

・・・バアス党論調が先に流れ、記事があとから入った。

クルドはただでさえ人口が少ないし、大半はあとからやって来た難民だから、普通に選挙したらクルドのagendaは通らない。シリアでは、クルドに何をやらせても駄目なんだ。

地元民からしたら、俺たちの油田の警備をなんでクルドがやるんだという話にしかならない。米国の中東研究のレベルは世界一と思っている人が多いが、米国の研究成果はこの程度。



(追記)
US-backed SDF militants kidnap civilians, prevent food from entering al-Hawl refugee camp
Thursday, 03 September 2020 3:01 PM
https://www.presstv.com/Detail/2020/09/03/633245/US-backed-SDF-militants-kidnap-civilians-prevent-food-from-entering-al-Hawl-refugee-camp

(前略)
SDF militants’ positions attacked in Dayr al-Zawr, Raqqah

Also on Thursday, the positions of the US-sponsored militants were attacked by unidentified assailants in Syria’s eastern province of Dayr al-Zawr as well as the northwestern province of Raqqah.

SANA, citing civil sources in Dayr al-Zawr, reported that unknown people hurled a hand grenade at an SDF position in Abu Hamam town in Abu Kamal district, causing material damage. There were no reports of casualties.

Elsewhere in al-Hous village in Raqqah province, several SDF militants were injured when a car bomb explosion struck them.

Security conditions are reportedly deteriorating in SDF-controlled areas in Hasakah, Dayr al-Zawr and Raqqah amid ongoing raids and arrests of civilians by the militants.

Local Syrians complain that the SDF’s constant raids and arrest campaigns have generated a state of frustration and instability, severely affecting their businesses and livelihood.

Residents accuse the US-sponsored militants of stealing crude oil and refusing to spend money on service sectors.

Local councils affiliated with the SDF have also been accused of financial corruption.

米国が南キプロスへの武器禁輸を解除 トルコがキプロス沖でのロシア海軍演習を発表 なぜトルコが発表するの?

東地中海における石油、天然ガス利権の争奪戦で、トルコ対その他の対立が激化している。米国は、キプロス共和国(南)への武器禁輸を33年ぶりに解除し、暗にトルコの外交姿勢に対する不快感を示した。

すると、トルコが海底探査を行っているキプロス沖の海域にてロシア海軍が演習を実施すると、ロシアでなくトルコが発表した。

NATO: Turkey, Greece agree to talks about tensions at sea
By SUZAN FRASER and MENELAOS HADJICOSTIS Associated Press
September 3, 2020 — 12:20pm
https://www.startribune.com/turkey-says-russia-will-hold-live-fire-exercises-in-med/572303972/?refresh=true

大学で黒人に標準英語を強要するな 米国CCCCが決議 大学での英語教育に影響

標準英語は、白人主流英語であり、言語レイシズムだ。
先生は黒人英語を矯正させてはならない。大学で黒人英語を使わせろ。
非黒人が黒人英語を知識として学ぶことは構わないが、非黒人が黒人英語を使ってはならない。(←はぁ?)
・・・など長い要求(demand)。

CCCC(Conference on College Composition and Communication)要求書執行委員会で承認

・・・米国の黒人を親に持つ子が日本の学校に入学してきたら、先生はその子が使う英語が標準英語でないからといってテストで減点すると、活動家が押しかけてくるかもしれません。「けしからんことに、日本では先生が黒人英語を矯正している。テストのバッテンが差別の証拠だ。言語レイシズムを止めろ」とねじ込まれかねない。だんだん面倒臭くなってきました。