バチカン枢機卿 投資に失敗して辞任 「指示されてした」

Cardinal Becciu: Vatican official forced out in rare resignation
High-ranking Vatican official Cardinal Giovanni Angelo Becciu has unexpectedly resigned but has revealed he was told to do so by Pope Francis.
2020/09/26
https://www.bbc.com/news/world-europe-54289839

・・・ロンドンの高級物件に2019年に投資し、大赤字を出したとか。バチカンの金欠病は昔からのことだが、匿名口座の件で米国に絞められてから、やり繰りにかなり苦労しているだろうことは想像に難くない。「大型投資=不動産=ロンドン」の連想ゲームで突っ込み買いしてしまったのだろうか。米国のアマゾン株やアップル株にでも投資しておけば2倍にはなっただろうに。

デンマーク コロナ規制ほぼ終了し普通の生活へ スウェーデン、ノルウェーも

Denmark Heads to Pre-COVID Normality: No Masks or Distancing in Schools, Just Common Sense
September 28, 2020
Patrick Henningsen
https://21stcenturywire.com/2020/09/28/denmark-back-to-pre-covid-normality-no-masks-no-distancing-in-schools/

・・・ノルウェーでは、混雑した電車内でマスク着用するよう28日に指示が出されたが、ほぼ規制なし。

イスラエル コロナ死亡率で米国を抜く 医療先進国の根拠は何処(笑)

赤の太線がイスラエル。
横軸の「1/9」は9月1日を示す。
Bki485gUD_0_0_1019_650_0_medium.jpg

Israel passes U.S. for COVID deaths per capita for first time
Study by Coronavirus Information and Knowledge Center also warns of 'broad increase in contagion in all sectors of the population, in all parts of the country,' citing government shortcomings and ill-prepared exit plan out of country's first lockdown
Published: 09.29.20 , 14:20
https://www.ynetnews.com/article/SkZHaYl8v

・・・UAE、バハレーンを初めとする湾岸アラブ諸国と国交樹立するにあたり、イスラエルの先進医療を提供するというのが重要な「売り」の一つである。アラブ人は、高層建築に示されるように「世界一」が好きな人たちで、世界一の医学研究ならばぜひ謙虚に学びたいという姿勢である。

主要な医学論文誌に掲載されるイスラエル人や欧米ユダヤ人の数は多く、医学研究先進国であるという書類上の要件は満たしている。

コロナ禍の初期においては、予算に上限がある保健省ではなく、予算に上限がなく手続きをパスすることも可能なスパイ組織「モサド」をフル活用し、中国を筆頭に世界中から医療器具、資材をかき集めたことを豪語していた

しかし、肝心の成果が真逆世界最悪水準にあるようでは、ユダヤ人は枝葉末節の研究が得意なだけで、ユダヤ人社会における公衆衛生全体の総合力が高いとは言えないだろう。

その責任の全てを、法律を公然と無視しても政府から決して弾圧されないユダヤ教の極右過激派その2)(超正統派)が負っているわけではない。イスラエルのやり方を学んでも、病気を防ぐことはできない。

レバノン マクロンは何やら叫んでいるが、介入は失敗に終わった 次の動きは米国大統領選のあと フランス

حزب الله لماكرون: إلزم حدودك!
الثلاثاء 29 أيلول 2020
https://www.al-akhbar.com/Politics/294471/%D8%AD%D8%B2%D8%A8-%D8%A7%D9%84%D9%84%D9%87-%D9%84%D9%85%D8%A7%D9%83%D8%B1%D9%88%D9%86-%D8%A5%D9%84%D8%B2%D9%85-%D8%AD%D8%AF%D9%88%D8%AF%D9%83

・・・当のレバノン人は無政府状態に慣れている。マクロンは顔に泥を塗られて終わりましたとサ(笑)。

パレスチナ国建設なしに平和なし モロッコ首相が原則を繰り返す

モロッコ王国は、イスラエルがパレスチナ占領地で行っている全ての一方的措置に断固反対する。

"لا سلام دون إقامة دولة فلسطينية"... المغرب تجدد موقفها من "القضية"
GMT 14:00 27.09.2020
https://arabic.sputniknews.com/arab_world/202009271046660241-%D9%84%D8%A7-%D8%B3%D9%84%D8%A7%D9%85-%D8%AF%D9%88%D9%86-%D8%A5%D9%82%D8%A7%D9%85%D8%A9-%D8%AF%D9%88%D9%84%D8%A9-%D9%81%D9%84%D8%B3%D8%B7%D9%8A%D9%86%D9%8A%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D9%85%D8%BA%D8%B1%D8%A8-%D8%AA%D8%AC%D8%AF%D8%AF-%D9%85%D9%88%D9%82%D9%81%D9%87%D8%A7-%D9%85%D9%86-%D8%A7%D9%84%D9%82%D8%B6%D9%8A%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D9%81%D9%84%D8%B3%D8%B7%D9%8A%D9%86%D9%8A%D8%A9/

・・・今やイスラエルの下僕になり下がり、何をされても「はいはい、仰せの通りにいたします」と答えるヨルダンのハーシム家より立派じゃないか。

ハサケ県の部族がラッカ県郊外の村々からクルド系民兵を追放 シリア

سوريا... العشائر العربية تطرد مسلحي "قسد" من بلدات وقرى بريف الرقة
GMT 13:02 27.09.2020
https://arabic.sputniknews.com/arab_world/202009271046660058-%D8%B3%D9%88%D8%B1%D9%8A%D8%A7-%D8%A7%D9%84%D8%B9%D8%B4%D8%A7%D8%A6%D8%B1-%D8%A7%D9%84%D8%B9%D8%B1%D8%A8%D9%8A%D8%A9-%D8%AA%D8%B7%D8%B1%D8%AF-%D9%85%D8%B3%D9%84%D8%AD%D9%8A-%D9%82%D8%B3%D8%AF-%D9%85%D9%86-%D8%A8%D9%84%D8%AF%D8%A7%D8%AA-%D9%88%D9%82%D8%B1%D9%89-%D8%A8%D8%B1%D9%8A%D9%81-%D8%A7%D9%84%D8%B1%D9%82%D8%A9/

最貧国スーダンがトランプ流交渉術を拒否 テロ支援国認定解除とイスラエル承認は別件で、それぞれ深い議論を要する 米国

Price too big to pay? Sudan rejects tying its removal from US terrorism list to fixing relations with Israel
26 Sep, 2020 14:44
https://www.rt.com/news/501783-sudan-israel-terrorism-list/

・・・米国による経済制裁解除および若干の経済支援と引き替えに、スーダンがイスラエルと国交樹立するよう迫っていたが、失敗した。

パレスチナ問題はもう何十年前に整理が終わっており、解決はさほど難しいことではない。

東エルサレムを首都とするパレスチナ国の独立を、イスラエルが認めること。
故郷への帰還を認めないパレスチナ人に対して、イスラエルが賠償金を支払うこと。
国際法上の障害が消失するから、自然と世界中の国がイスラエルを承認し、大使館が西エルサレムに集まる。
真正面から二国間関係が開けば、経済交流、人的交流、犯罪捜査など様々な問題がスムーズに解決する。

問題は、
パレスチナ国の独立に反対しているのは世界でただイスラエル1ヶ国である
ということ。

イスラエルが今していることは、
パレスチナ国の独立を認めない状態で各国がイスラエルを承認するよう、米国経由で圧力をかけている。

平たく言うと、ユダヤはやることの順序が間違っているのである。自分だけ得する目的で、間違った順序で物事を進める話は、ユダヤが得意とするところ。

相手が貧しいと思って馬鹿にしてかかると、このように切り替えされる。

米国とイスラエルの中東研究は世界最高品質で、中東のことなら何でも知っていて何でもできるんですよね?どうなんですか?私が狼狽するほどの最高品質を見せて下さい。

レバノン首相候補は組閣できず、あえなく辞任(笑)

Lebanon’s PM-designate resigns after failing to form govt
26 Sep, 2020 08:28
https://www.rt.com/news/501769-lebanon-pm-adib-resigns/

・・・ほら、私が言った通りでしょ。お疲れさん。

米国とフランスから受ける圧力より、レバノンのシーア派が(この人のボスである)アル・ハリーリーに与えてやった恩義のほうが重要だった。



Attack outside former Charlie Hebdo office in Paris 'clearly act of Islamist terrorism' – French interior minister
25 Sep, 2020 18:41
https://www.rt.com/news/501738-attack-charlie-hebdo-terrorism/

・・・ねぇねぇ、フランスさん。お宅らが国家予算を毎年あてがってやらせているイスラム研究は、所定の成果を上げてるの?(嘲笑)

コロナ感染と地下鉄に相関関係 イギリス・ロンドン

新型コロナだけでなく、
2018年インフルエンザ流行と地下鉄との間にも相関関係がある。
相関関係があるとは言っているが、
因果関係が証明されたとは言っていない。
33581374-8760635-image-a-9_1600963485294.jpg

Are London's Covid-19 hotspots linked by the UNDERGROUND? Map shows striking resemblance between the tube network and infection rates across the capital

Coronavirus cases appear to be centered along the 11 tube lines in London despite being widespread

Areas in the north west and north east could be suffering more for this reason compared to the south

Bexley, Bromley, Croydon, Kingston upon Thames and Sutton have lower infection rates and no Underground

British researchers found a correlation between the use of the London Underground and flu cases in 2018

By Vanessa Chalmers Health Reporter For Mailonline
Published: 08:32 BST, 25 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8760635/Are-Londons-Covid-19-hotspots-linked-UNDERGROUND.html

・・・この地図を見て、明日から地下鉄通勤を避ける人が出てきそう。
冬の札幌はどうしましょうか。生活できなくなる。

米国のホテル客室稼働率38~48%、74%はレイオフ予定、3分の2はこの状態で半年は保たない コロナ

Without Aid, 74 Percent of U.S. Hotels Expect to Lay Off More Employees
More than two-thirds of properties say they won't be able to last six more months at the current projected revenue and occupancy levels.
Elise Schoening, Michael J. Shapiro
September 21, 2020
https://www.northstarmeetingsgroup.com/News/Hotels-and-Resorts/Coronavirus-Update-Hotel-Resort-Casinos-Closed-Economic-Impact

イギリスがコロナ規制を強化へ 違反者拘束のため警察が軍に支援要請、その他

Cold comfort: Boris uses national address to warn swingeing fines and more police will enforce loss of freedoms, despite backlash from Tory MPs and business, and holds out hope of vaccine and testing 'moonshot' but not until SPRING

PM said he was 'deeply, spiritually reluctant' to bring in the new lockdown measures unveiled today
But he warned that not doing so risked the deaths of many more Britons in the coming weeks and months
And he warned that failure to keep tot he rules risk requiring a new, economically total lockdown again
PM earlier warned that the new measures might have to stay in place for six months, threatening Christmas

By David Wilcock, Whitehall Correspondent and Jack Maidment, Deputy Political Editor For Mailonline
Published: 20:00 BST, 22 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8761277/Boris-warns-critics-deaths-lockdown-new-curfew-laws-not-followed.html

'Six months' of curbs at a glance

All pubs, bars and restaurants in England will be subject to a 10pm curfew from Thursday, with the PM adamant that premises must kick out all of their customers by the cut off point.

The Hospitality sector will also be restricted to table service only as the Government outlawed drinkers making a trip to the bar.
All retail workers and customers in indoor hospitality settings will be required to wear masks - except when they are seated to eat or drink.

All workers who can work from home are now being encouraged to do so from tomorrow.

Fines for breaking the Rule of Six and for failing to wear a face covering are increasing to £200 for a first offence.

The police will now have the option of asking the military for support with soldiers potentially being drafted in to fulfil office roles and guard protected sites in order to allow officers more time to crackdown on rule-breakers.

The number of people allowed to attend weddings in England is being slashed to 15 from Monday but the number of people allowed to attend a funeral will remain at 30.

Plans for the partial return of sports fans to stadiums on October 1 have been paused.

Rule of Six exemptions are being tightened to ban indoor team sports like five-a-side-football matches.
(後略)

・・・「今のままでは半年後に死者が増える」という真偽不明の情報で恐怖を煽り立て、基本人的人権をどんどん狭めていく。

国際政治で好戦的なイスラエル、イギリス、オーストラリアといった国々でコロナ規制が厳しいのは、単なる偶然なのか何なのか。

公務員が「この人はコロナ規制を破りそう」と思ったら誰でも逮捕 オーストラリア・ヴィクトリア州首相が法案準備

逮捕する根拠は、公務員が「この人は規則を破りそう」と思うこと。

逮捕する公務員は警察に限らず、あらゆる種類の公務員。

Daniel Andrews demands extraordinary new law to let Victorians arrest each other - as top judges warn of 'abuse' and critics say he's creating his own version of the East German secret police

The Omnibus (Emergency Measures) Bill would let government authorise various officials to make arrests
Would also allow officials to arrest people they suspect may spread coronavirus such as lockdown protesters
A group of 14 retired judges and barristers have written a letter slamming the drastic plan as 'open to abuse'
Critics say Mr Andrews wants to create his own version of the Stasi, the East German secret police force

By Charlie Moore, Political Reporter For Daily Mail Australia
Published: 07:50 BST, 22 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8758579/Daniel-Andrews-demands-extraordinary-new-law-let-government-officials-arrest-Victorians.html

・・・コロナで騒ぐ本当の理由が、徐々に表面化してきました。

「高齢者にとり危ない感染症」という触れ込みなのに、世界中どの国でも高齢の政治家が誰も死なない。しかし規制だけはどんどん強化され、経済は窒息していく。感染症の問題ではないということだ。

ネット上の反ユダヤ主義をAIで検出する研究 ドイツ

Jewsをjuiceという別の単語で置き換えたり、特定のストーリーや画像を拡散させたりするネット特有の行動を放置すると、今はそれが亜流でも、将来はそれが主流になる危険があるので、ネット上の反ユダヤ主義をAIで検出する研究を進める。ドイツのAlfred Landecker Foundationが300万ユーロ(約3億7000万ユーロ)を拠出し、欧州の研究者を集める。

Scientists Adopt Artificial Intelligence to 'Decode', Address 'Implicit' Online Anti-Semitism
00:05 GMT 22.09.2020
https://sputniknews.com/science/202009221080531034-scientists-adopt-artificial-intelligence-to-decode-address-implicit-online-anti-semitism/

UAEにある韓国製原子炉は格納庫で保護されていない 飛行機が落ちたら原子炉が爆発する 「でも心配していません」 はぁ?

アブダビ原発は原子炉がが格納庫で守られていないため、冷却システムが壊れたり、大型ジェット機が墜落したりすると、原子炉が破壊され、大量の放射性物質が拡散する。格納庫なしの原子炉は、世界で標準的な設計ではない。

「エアバッグやシートベルトの付いていない自動車のようなもの」。

しかしながら、(報告書執筆者とは別の)イスラエルの専門家は、イランとシリアの核開発については憂慮しているが、イスラエルはUAEの原子炉について心配していないと語る。「常識がある人ならば、あの大型の原子炉を軍事攻撃するとは思えない」。(←いや、そのような理由で外して構わない設備ではありません。)

Israeli Researcher Explains Why UAE's Nuclear Reactor is No Reason for Panic in Middle East
06:01 GMT 21.09.2020
by Elizabeth Blade
https://sputniknews.com/analysis/202009211080521997-israeli-researcher-explains-why-uaes-nuclear-reactor-is-no-reason-for-panic-in-middle-east/

(前略)
KEPKO [a South Korean company that won the bid for construction in the Emirates - ed.] acknowledge their Barakah reactor design doesn't contain, arguably essential, features such as either additional reactor containment or a 'core-catcher' - both of which are design features normally expected in all new nuclear reactors in Europe," he wrote.
(後略)

報告書原文
https://linksharing.samsungcloud.com/Mw5jcHVK5mWN

・・・仮に事故が発生しても、イスラエルから遠いから影響ありませんということですね。極めてユダヤらしい、わかりやすい論理です。

そもそも、NPTを批准していないイスラエルが核について「他国を評価」することは許されていいことではありません。お前のところはどうなってるんだという話。

イスラエルを湾岸アラブの新しい原油輸出ルートに イスラエルが提案中

アラビア半島の原油をパイプラインでイスラエル南端のエイラート港に集め、地中海沿岸のアシュケロンから欧州向けに輸出する。

この程度の距離であれば、政治環境さえ整えば建設はすぐ完了する。輸入サイドは輸送日数とスエズ運河通航料を節約できるし、イスラエルは通過料として年数億ドルの収入が期待できる。

ホルムズ海峡で政治的緊張が高まるほど、イスラエル・ルートの魅力は高まる。

数週間前にPlatt'sで報じられた記事だとのこと。

Israel to propose Saudi - Israel oil pipeline
16 Sep, 2020 19:03
Amiram Barkat
https://en.globes.co.il/en/article-israel-to-propose-saudi-israel-oil-pipeline-1001343034

Exporting oil to Europe via an Israeli land pipeline would help the Gulf states bypass the dangerous and costly Straits of Hormuz and Suez Canal shipping routes.

Israel will propose that the UAE help promote the construction of a land pipeline between Saudi Arabia and Israel for oil and distillates for shipping from the Mediterranean coast onto Europe and North America using the existing infrastructure of the Eilat Ashkelon Pipeline Co. Ltd. (EAPC). Such a plan would financially benefit Israel and be cheaper and safer for the Gulf states by bypassing dangerous sea routes and the costly Suez Canal.

Sources inform "Globes" that there have been high level meetings on the matter in recent days involving between senior figures in the Ministries of Defense and Foreign Affairs involving EAPC chairman Erez Kalfon and CEO Itzik Levy.

The peace agreement signed yesterday between Israel and the UAE hints at such a project with energy emphasized as one of the areas for cooperation.

Earlier this year EAPC changed the meaning of its acronym to Europe Asia Pipeline Co.

The EAPC plan would involve extending the Ashkelon - Eilat pipeline 700 kilometers southeast to the Yanbu oil refineries in Saudi Arabia. Such a pipeline could go overland or under water in the Red Sea, although there could be objections to both plans from environmentalists.

The commercial advantages of such a plan for Europe is that it would shorten the time and cost of shipping oil and distillates from the Gulf to the West via the Suez Canal. Israel could earn an estimated several hundred million dollars per year by allowing the oil to flow through the pipeline from Eilat to the Mediterranean coast.

For Saudi Arabia and the Gulf state it would reduce dependence on the perilous sea routes around the Straits of Hormuz and Yemen would are vulnerable to attacks from Iran and then pirates nearly the entrance to the Red Sea. Most Gulf oil exports go eastwards to India, China, Japan and the rest of Asia but exports to Europe and America are still very significant.

An article in S&P Global Platts several weeks ago focused on the possibility of such a plan.

In the Platts article, EAPC deputy manager commerce and marketing Effie Milutin said, "The geopolitical risks in the Persian Gulf region only increase the attractiveness of the EAPC system. Incidents around the Strait of Hormuz - which transports around 20% of all global oil supply - have increased the oil and shipping industry's concerns over security of supply, with shipments via the Red Sea's Bab el-Mandab commodity chokepoint seen as an alternative route."

。。。自分では全く汗をかかず、経費や投資資金は他国が負担することはお決まりで、自分は儲かる話ばかりだから、ユダヤ人であることを止められないね!

厳格なコロナ規制に反対する大規模デモ イスラエル・エルサレムで

通勤、通学、医療、介護以外を理由とする外出は、自宅から1.6km以内、夜間外出禁止など厳しい規制が敷かれている。

Ultra-Orthodox Jews set dumpster on fire during anti-lockdown protests in Israel (VIDEOS)
21 Sep, 2020 06:57
https://www.rt.com/news/501241-israel-orthodox-covid-lockdown-protest/

動画
路上で放火しているのはユダヤ教の極右(超正統派)だとか。
https://www.youtube.com/watch?v=EnTyg_clzQA
https://www.youtube.com/watch?v=_U5TvysqBM8

タクシー運転手がスト ニューヨークのブルックリン橋を封鎖 借金棒引きと経済支援を要求 コロナ 米国

Yellow Cabs Block Traffic On Brooklyn Bridge, FDR Drive Protest
New York City tax cab drivers staged the protest to demand debt forgiveness from predatory loans and lost income from the coronavirus.
By Matt Troutman, Patch StaffVerified Patch Staff BadgeVerified Patch Staff Badge
Sep 17, 2020
https://patch.com/new-york/new-york-city/yellow-cabs-block-traffic-brooklyn-bridge-fdr-drive-protest

シカゴ市で殺人事件が52%増 ギャング間の抗争 犠牲者95%は有色人種 その他の粗暴犯は減少 米国 コロナ

1度に10人以上の黒人の子供が銃撃戦に巻き込まれ死亡する事件もあった。

'There's not a comparable year': Homicides are up 52% in Chicago amid COVID-19, with majority involving people of color
Grace Hauck
USA TODAY
2020/09/17
https://www.usatoday.com/story/news/nation/2020/09/17/chicago-covid-shootings-homicides-surge-affecting-people-color/5804396002/?utm_source=feedblitz&utm_medium=FeedBlitzRss&utm_campaign=usatoday-newstopstories

通貨ユーロは詐欺だ!(EUの首根っこを押さえているのはイギリスだから、強気で交渉しろ) イギリスの元Brexit担当大臣が恫喝

EU's Achilles heel EXPOSED: Trade war with UK will ignite crisis in heart of Brussels
A DANGEROUS weakness at the heart of the European Union means it could face a financial crisis if it fails to agree a deal with the UK or engages in a trade war, leading Brexit-supporting business figures have warned.
By David Williamson, Sunday Express Deputy Political Editor
05:00, Sun, Sep 20, 2020
https://www.express.co.uk/news/politics/1337601/EU-latest-brexit-trade-talks-UK-trade-war-david-jones-financial-crisis

・・・本当のことを言っちゃった(笑)。

テレワークでは新人教育できない 生産性が低下 イギリス経営者たち コロナ

Working from home is BAD for business: Bosses accuse WFH staff of skiving off and driving down productivity while lamenting loss of 'creative combustion' from the office

Business leaders are railing against Government plans for second lockdown
Industry bosses accuse working from home staff of 'skiving off' in work hours
Chiefs fear WFH could increase feelings of loneliness and slash productivity

By Jack Wright For Mailonline
Published: 12:22 BST, 19 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8750327/Working-home-BAD-business-Bosses-accuse-WFH-staff-skiving-off.html

・・・首相はロックダウン政策を断行中です。

ロンドン中心部でコロナ規制反対派が大規模デモ イギリス

Anti-mask mayhem in Trafalgar Square: Police arrest 32 as conspiracy theorists clash with officers and hundreds rail against Covid restrictions in central London protest

Hundreds of anti-lockdown protesters clashed with Metropolitan Police at a mass rally at Nelson's column
Army of police moved in on angry demonstrators defying Boris Johnson's coronavirus restrictions today
Protesters carried placards warning 'this is now tyranny' and 'plandemic' while others called Covid-19 a 'hoax'
Outnumbered officers were pushed back by the huge Resist And Act For Freedom Rally in central London

By Jack Wright For Mailonline
Published: 13:46 BST, 19 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8750505/Anti-mask-mayhem-Trafalgar-Square-Conspiracy-theorists-clash-police.html

動画
https://www.youtube.com/watch?v=b7Hw-ZQl87s
4時間07分の動画
https://www.youtube.com/watch?v=gs4-pfw4t4Y

・・・死者が全く増えていない第2波を受けて政府が導入した厳しい規制に対する反発があり、かなり規模が大きく、警官隊が押し戻される場面もあったのに、日本では報道されない。

上記記事ではデモ参加者を数百人と書いてあるが、動画を見ればわかるとおり、広場や周辺道路に人が溢れているので、小規模デモではない。

政府は、コロナ規制を守らない住民を密告(通報)するよう、人々に対し呼びかけている。

コロナ自宅待機しない人に135万円の罰金 イギリス

低所得者層400万人に対しては、500ポンド(約67,500円)支給へ

Boris Johnson unveils £10,000 fines for breaking self-isolation rules but people on low incomes will be paid £500 to stay indoors in strict new restrictions - as infections soar and battle rages among Ministers over second lockdown

People suffering with coronavirus could be fined £10,000 if they fail to self-isolate when told to do so
The Prime Minister announced he was creating a new legal duty for people to self-isolate if they test positive
Plans will offer £500 to up to four million people on low incomes who cannot work from home if self-isolating
The news comes as the number of daily cases reached 4,422, the highest level since early May
But large crowds were still seen around markets and bars on Saturday, signalling little care for the rules

By Glen Owen Political Editor For The Mail On Sunday and David Wilcock, Whitehall Correspondent For Mailonline
Published: 21:50 BST, 19 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8751339/Boris-Johnson-unveils-huge-penalty-breaking-self-isolation-rules.html

・・・死者はほとんど出ていないのに、政府が規制強化に躍起になっている不自然さ。

El Al航空経営危機 27歳青年が増資引き受け経営権42.85%を獲得 そのお金の出所は? イスラエル

コロナの影響で今年2Qの売上が74%減と経営危機に陥っているイスラエルのEl Al航空が増資をすることになったが、米国出身の27歳のユダヤ人青年が株式の42.85%を確保、経営権を掌握することが決まった。他に入札者はいなかった。

お金の出所が気になるところだが、彼は現在、エルサレムでタルムードを勉強している学生で、本人に資金力があるようには思えない。

彼の父親は、米国で高齢者施設のチェーンを経営しているが、非営利事業で航空会社を買収する資金が貯まるとは思えない。

父親は、ニューヨークのラビからEl Alを買って欲しいと頼まれたという。

彼は最近、施設設置基準に違反する経営をすることで利益を上げた問題で、連邦政府とニューヨーク州政府に罰金を支払ったばかり。

いずれにせよ、この親子が航空会社を経営する資金とノウハウを有しているとは思えないことから、表に出てこない人物がEl Al航空に手を出したのではないかとの疑念が湧き上がっており、当局が確認している。

27歳青年は、背後に他の人物が控えていることはなく、自分が買ったと主張している。1500万ドルの前払い金は既に振り込んだ。

El Al’s new owner: Eli Rozenberg, a 27-year-old yeshiva student from New York
Rozenberg, son of US Centers Health Care nursing home chain founder Kenny Rozenberg, was sole bidder for controlling stake in embattled Israeli national carrier
By TOI staff and Shoshanna Solomon
17 September 2020
https://www.timesofisrael.com/el-als-new-owner-eli-rozenberg-a-27-year-old-yeshiva-student-from-new-york/#gs.gm21fn

・・・A dirty filthy Jewと後ろ指を指されないようにさえしていただければ、私が申し上げることは何もありません。

ユダヤ教極右 ウクライナ検問所前に大量のゴミを捨てて帰国 入国拒否され

ukraine-e1600491758797-640x400.jpg

Hasidic pilgrims leave trash, resentment on Ukraine border as standoff wanes
Ukrainian deputy interior minister says Belarus was warned the pilgrims would not be allowed to reach Uman, and now the mess needs to be cleared up
By TOI staff and Agencies
19 September 2020
https://www.timesofisrael.com/hasidic-pilgrims-leave-trash-resentment-on-ukraine-border-as-standoff-wanes/#gs.gm1ysy
前の記事

・・・自分達が伝染病(コロナ)の感染源であることが入国拒否の最大の理由であることを、全く理解していないようです。

UAE皇太子がイスラエルとの調印式を欠席し代理派遣したのは、ネタンヤフが西岸併合断念で嘘を付いたから

UAE、バハレーン、イスラエルがワシントンにて国交樹立で合意する調印式は、先に大々的に報道されたが、その場にUAE皇太子の姿はなかった。

同じ文章を見て米国は「米国の同意必要」、イスラエルは「しばらく中断」、UAEは「停止」と読むことで3ヶ国は合意していたはずだが、イスラエルが解釈を変え、いまだ西岸を併合するつもりでいることに気分を害したことがその理由であると、イギリスで発行されているサウジ系新聞が報じた。

Report: UAE crown prince skipped White House signing over PM’s annexation stance
Saudi news site says Emirates’ de facto leader resented Netanyahu saying annexation still on table; report denies claim UAE pushed for Gantz, Ashkenazi to be excluded from talks
By TOI staff
19 September 2020
https://www.timesofisrael.com/report-uae-crown-prince-skipped-white-house-signing-over-pms-annexation-stance/#gs.gm1yku

・・・合意文の解釈を相談なく勝手に変えたり、現地で実効支配を少しずつ確立することで契約書を実質的に無効化することは、ユダヤ人が最も得意とするところです。私が何度も指摘しているように、UAEは対等の相手とみなされておらず、馬鹿にされている。目先の利益と美しいだけの言葉に騙された。

「スンニー派の首相が好きにしてよい」という制度ではない レバノン政治改革の大原則について

かつてはマロン派大統領に集中していた権限を縮小することがターイフ合意で決まったが、それは、スンニー派首相が好きにしてよいという意味ではない。

閣議を通過する議案の大半について拒否権を持つ財務相ポストをシーア派が押さえることで、スンニー派の暴走を押さえる仕掛けを盛り込んだ。

今協議中の政治改革で財務相ポストがシーア派に与えられないのであれば、(人口の3分の1を占める)シーア派は政府に協力しない。

Taif Agreement Ensured Shia Governmental Partnership through Finance Portfolio & Binding Signature on Ministerial Decrees
18 hours ago September 19, 2020
http://english.almanar.com.lb/1147269

・・・この発言をしている人は、1980年代からチャキチャキのバアス党員。

日本の専門家はこうした知識を押さえていない人がほとんどですねー。米国がこういう方針を打ち出しているから、この件はこれでおしまい、異論を挟むな、時間の無駄とか簡単に言ってくれるんだけど、そうはいかない。世界の中で日本だけそうしている、日本こそ特殊な事例だってことをわかっているのか、いないのか。

レバノンの泥沼にはまったと言われているマクロンは、今後どうするのでしょうか。

コロナ後の経済見通し 日本のCEOはL字型(回復しない)を予想 The Conference Board調査

米国、EU、中国のCEOはU字型回復を予想しているが、日本と湾岸アラブはL字型を予想。

shape-of-economic-recovery-survey-ceos.jpg

Shapes of Recovery: When Will the Global Economy Bounce Back?
September 16, 2020
Iman Ghosh
https://www.visualcapitalist.com/shapes-of-recovery-when-will-the-global-economy-bounce-back/

元記事
CEOs around the globe not optimistic about speed of recovery
https://conference-board.org/topics/natural-disasters-pandemics/CEOs-around-the-Globe-Not-Optimistic-about-Speed-of-Recovery

・・・日本の有名なシンクタンクは、全産業が壊滅する「悪夢のシナリオ」を発表してますよね(笑)。中国を叩きのめす前に日本が滅びる(爆)。

コロナ否定論者や規制を守らない人を拘束、ホテル強制収容へ オーストラリア・ヴィクトリア州が法制化

コロナ否定論者、麻薬常習者、精神異常者など自宅待機命令を守らない人・守れない人を、州政府が職権で身柄拘束し、ホテルなどの専用施設に収容することを可能とする法案が提出された。

People who refuse to self-isolate could be detained under proposed Victorian law
For our free coronavirus pandemic coverage, learn more here.
By Paul Sakkal
September 15, 2020
https://www.theage.com.au/national/victoria/people-who-refuse-to-self-isolate-could-be-detained-under-proposed-victorian-law-20200914-p55vm0.html

・・・「ただの風邪」と言っている私など真っ先に強制収容ですね(苦笑)。

死者数はほとんどの国で低位横ばいだが、PCR検査を増やした結果コロナ感染者数は世界中で増えている。

日本は規制を緩める話をしているが、感染者増の部分だけに着目して、基本的人権無視の規制強化をしている国が出てきている。ラリアのほかイスラエル、イギリスなど。他にもあるかもしれない。

コロナ規制を各家庭が守っているかどうかを確認するとき、警察が捜査令状を必要とせず、現場の判断でドアを叩き壊して中に入って良いとしている国もあるのだが、日本のマスコミは取り上げない。

ボリビア世論調査で国民のモラレス支持が明らかに また米国の嘘がバレた

大統領選を前にした世論調査で、先に米国が追い出したモラレスが40%超、その前の大統領Mesaが26%、誰にも選ばれていない現職のアネス暫定大統領が10%であることが判明した。

国民の前で恥を掻かされたアネスは選挙戦からの撤退を突如表明(笑)。

Bolivia’s ‘interim president’ withdraws from upcoming election, one day after poll shows pro-Morales candidate in the lead
18 Sep, 2020 01:37
https://www.rt.com/news/500990-bolivia-interim-president-drops-race/

・・・先の大統領戦において不正開票などなく、米国政府が指摘した「不正開票」がいちゃもんであったことが明らかになった。Mesa票とAnez票を足しても最大36%だから、勝てませんね。

米国が世界に広げているはずの自由と正義と民主主義は、一体どこにあるのか。

米国に対する同盟国13ヶ国の評価が過去最低

米国に対する好評価
2000年から半減
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-01.png

コロナ対策について
米国の政策に対する支持率は全調査国で最低。
自国の政策に満足している国が多い。
中国の政策について、日本人の評価が極端に低いが、他国は高く評価している。
WHO批判が強いのは日本と韓国の2ヶ国だけ。
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-02.png

左側は、米国に対する好評価
右側は、トランプに対する信頼
トランプを一番信頼しているのは日本人。しかし25%に過ぎない。
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-03.png

英独仏西のトランプに対する信頼度は最低
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-04.png

トランプ、習近平、プーチンの順で嫌われている
PG_2020.09.15_U.S.-Image_0-05.png

調査対象はEU 8ヶ国、イギリス、カナダ、日本、韓国、オーストラリアの13ヶ国。
U.S. Image Plummets Internationally as Most Say Country Has Handled Coronavirus Badly
Ratings for Trump remain poor
September 15, 2020
By Richard Wike, Janell Fetterolf and Mara Mordecai
https://www.pewresearch.org/global/2020/09/15/us-image-plummets-internationally-as-most-say-country-has-handled-coronavirus-badly/

東エルサレム「神殿の丘」に対する主権をイスラエルに譲渡することが米国中東和平案の隠された目的 国際法違反

【国際法の解釈】
「誰でも『神殿の丘』(al-Haram al-Sharif)を訪問できるが、礼拝できるのはムスリムだけである」。

【米国、イスラエル、UAE、バハレーンが調印した協定書】
「全てのムスリムはアル・アクサー・モスクを訪問し礼拝することができ、その他のエルサレムの聖地は、全ての信仰者の平和的礼拝のため解放されるべきである」。

【注目点】
(1)「神殿の丘」が、「アル・アクサー・モスク」と「その他のエルサレムの聖地」に分解されている。

(2)ムスリム以外の異教徒が、モスクの外側ならば敷地内のどこでも平和的に礼拝することができると変更されている。

(3)しばらく前から、ユダヤ教の極右が「神殿の丘」通行権を主張し、ヨルダン政府が任命している門番が、理由があって門を閉めている日に、警察が門をこじ開けて中に入る示威行動を繰り返し、地元パレスチナ人との間で摩擦が続いている。

(4)「神殿の丘」の内部に、古いユダヤ教の遺跡があるとされており、ユダヤ教徒側から発掘調査と神殿の再建を求める声が従来からある。

(5)米国の和平案・協定書では、「神殿の丘」の主権に関して明確に触れられていないが、ムスリムの主権がモスクだけに矮小化されているように読める。国際法の解釈が上記1、2に変更されると、「エルサレムのその他の聖地」(=モスク以外の領域)の主権が、事実上ムスリム(実務上ヨルダン)からイスラエルに移行する可能性も想定される。

(6)上記5が実現すると、3が常態化し、4が違法でなくなるので、「神殿の丘」の形が変わる。

(7)中東戦争をしていたとき、UAEとバハレーンはどちらも貧しい漁村であり、過去の長い歴史で両国がイスラム世界の指導的地位にあったことはないのに、国際法解釈の変更を、地元ムスリムとヨルダン政府の頭越しに、イスラエルと勝手に合意した。



Israel normalisation may partition Al-Aqsa: Analysts

A clause in the UAE-Bahrain accords with Israel leaves 'door wide open' to Jewish prayer at holy site, analysts say.
by Mersiha Gadzo
14 Sep 2020 01:59 GMT
https://www.aljazeera.com/news/2020/09/israel-normalisation-partition-al-aqsa-mosque-analysts-200913185257276.html

A statement embedded in the United Arab Emirates (UAE) and Bahrain normalisation agreements with Israel, brokered by the United States, may lead to the division of the Al-Aqsa compound because it violates the status quo, analysts say.

According to a report by NGO Terrestrial Jerusalem (TJ), the statements mark a "radical change in the status quo" and have "far-reaching and potentially explosive ramifications".

Under the status quo affirmed in 1967, only Muslims can pray within al-Haram al-Sharif, also known as the Al-Aqsa Mosque compound, which consists of 14 hectares (35 acres).

Non-Muslims can visit but cannot pray at the site. Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu affirmed this status quo in a formal declaration in 2015.

However, a clause included in the recent accords between Israel and Gulf Arab states indicates this may no longer be the case.

According to the joint statement between the US, Israel, and the UAE released on August 13 by US President Donald Trump: "As set forth in the Vision of Peace, all Muslims who come in peace may visit and pray at the Al-Aqsa Mosque and Jerusalem's other holy sites should remain open for peaceful worshippers of all faiths."

Bahrain follows UAE to normalise ties with Israel

But Israel defines Al-Aqsa as the structure of the one mosque, as does the statement, the TJ report clarified.

"According to Israel [and apparently to the United States], anything on the Mount that is not the structure of the mosque is defined as 'one of Jerusalem's other holy sites' and open to prayer by all - including Jews," the report said.

"This choice of terminology is neither random nor a misstep, and cannot [be] seen as anything but an intentional albeit surreptitious attempt to leave the door wide open to Jewish prayer on the Temple Mount, thereby radically changing the status quo."

The same statement was repeated in the accord with Bahrain, announced on Friday.

Joint Statement of the United States, the Kingdom of Bahrain, and the State of Israel pic.twitter.com/xMquRkGtpM
— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) September 11, 2020

Khaled Zabarqa, a Palestinian lawyer specialising in Al-Aqsa and Jerusalem affairs, told Al Jazeera the statement "very clearly says the mosque is not under Muslim sovereignty".

"When the UAE accepted such a clause, it agrees and gives a green light for Israeli sovereignty over Al-Aqsa Mosque," Zabarqa said.

"It's a clear and massive violation for the international and legal status quo of Al-Aqsa Mosque [conceived] after the occupation of Jerusalem in 1967, which says everything inside the walls is under Jordanian custody."

'This is not innocent'

Palestinians have long been concerned over possible attempts to partition the holy mosque, as was the case with Hebron's Ibrahimi Mosque(関連記事その2).

Over the years, there has been a growing Temple Movement, mostly led by "the extreme nationalistic religious Jewish right" that seeks to change the status quo, the report by TJ said.

Some call for Jewish prayer on the holy compound, while others aim to build the Third Temple over the ruins of the Dome of the Rock, which according to messianic belief would usher the coming of the messiah.

The Israeli NGO Ir Amim has published numerous reports over the years warning of this once-fringe group, which today is part of the political and religious mainstream and benefits from close ties with Israeli authorities.

These activists believe allowing Jewish prayer at the compound and dividing the holy site between Muslims and Jews would be a step towards asserting sovereignty, and eventually attaining their ultimate goal of building the temple.

In recent years, an increasing number of Jewish visitors have been attempting to pray at the site in violation of the status quo.

Daniel Seidemann, an Israeli attorney specialising in the geopolitics of Jerusalem, told Al Jazeera he is "deeply concerned about what is happening".

"What we're witnessing in Jerusalem is the ascendency of the religious factions that weaponise religion. We're on a trajectory that will lead us to a conflagration.

"We know these clauses are worked out together, every single word in a joint team of US and Israel. The transition from the term Haram al-Sharif to the term Al-Aqsa Mosque is not an accident," Seidemann said.

'Written with malice'

A more blatant statement was included in Trump's "deal of the century" plan for the Middle East, unveiled in late January alongside Netanyahu at the White House.

Jared Kushner, Trump's son-in-law and senior adviser, has been the main point person on the proposal, and Ron Dermer, Israel's ambassador to the US, has been linked to the wording of the deal.

The plan stipulated "the status quo at the Temple Mount/Haram al-Sharif should be continued", but in the following sentence it also said: "People of every faith should be permitted to pray on the Temple Mount/Haram al-Sharif."

The clause was met with controversy, prompting US Ambassador to Israel David Friedman to walk it back at a press briefing on January 28. "There's nothing in the plan that would impose any alteration of the status quo that's not subject to agreement of all parties," he said.

A senior US official - familiar with both the parties and the issues - told Al Jazeera he had "no doubts that the language in the Israel-UAE statement was written with malice of forethought by the Israeli side, without a clear understanding from the Emirates, and with the complicity of a clueless American team".

"The rapid walk-back by Friedman of what was in the Trump plan attests to this: Dermer likely inserted it, Kushner didn't have a clue," the official said, speaking on condition of anonymity.

"The fact that it was Friedman who walked it back, rather than the White House, also means the Trump plan language is still official and determining if push comes to shove... Even if the Kushner-Friedman dolts understand the ramifications, it is clear they don't care."

Tension at Al-Aqsa compound as Muslim, Jewish festivals overlap

Eddie Vasquez, senior adviser and spokesperson at the US Department of State, in an email to Al Jazeera referred to a fact sheet published after the "deal of the century" was released, which said the status quo will be preserved.

"All Muslims are welcome to peacefully visit Al-Aqsa Mosque," one of the points said. But there was no clarification as to why the term Al-Aqsa Mosque was used instead of Haram al-Sharif in the accords with the UAE and Bahrain.

'Israeli sovereignty over Al-Aqsa'

The normalisation agreements come as Israeli authorities recently installed loudspeakers on the eastern and western side of the Al-Aqsa compound last week, without the permission of the Waqf.

The holy compound is administered by the Islamic Waqf, seated in Jordan. According to the status quo, Israel is only responsible for security outside of the gates.

"The Israel police said it's for security reasons, but we don't really see this security reason," Omar Kiswani, director of the Al-Aqsa compound, told Al Jazeera.

"We consider this action an attempt to impose control over the Al-Aqsa Mosque and to undermine the Waqf's role in the mosque," Kiswani said.

Zabarqa said Jordan, as the custodian of the site, has "no power to deal with the occupation [authorities]".

"I believe Jordan needs to make a change and make new allies such as with Turkey. It has to use the financial and diplomatic relations with Israel as a card to put pressure, but it seems it's weak enough to stand beside the Americans," Zabarqa said.

TJ noted in its report that there was no mention in the accord of the Waqf and its autonomous role.

"The Muslim claims to Haram al-Sharif/Al-Aqsa are being transformed from one of proprietorship to that of 'welcome guest' with the right to visit and pray at Al-Aqsa," it said.

'A landmine'

Zabarqa said the clause is "groundbreaking for the Israeli-American narrative" and believes "the UAE accepted to be the spearhead of it".

Zabarqa noted in 2014 that the UAE was involved in the transfer of more than 30 buildings to illegal Israeli settlers in Silwan in occupied East Jerusalem.

"This shows us the clear role the Emirates play in changing the status quo term to another one that recognises Israel sovereignty over Al-Aqsa," Zabarqa said.

Seidemann said when the Emiratis and Bahrainis take part in the ceremony on Tuesday hosted by Trump at the White House to sign a "historic declaration of peace" with Israel, they should demand clarification to be assured the status quo is intact.

"All you would need is for Kushner and Netanyahu to say: 'I continue to believe what I said in 2015.' They've been asked to do that for the last two weeks, they haven't done that. This is not innocent," Seidemann said.

"This is a landmine the Trump administration and Netanyahu are leaving for the next administration, the next Israeli government. They're tinkering with Haram al-Sharif/Al-Aqsa/Temple Mount. It will light a fuse," Seidemann said.

"The fuse may be a long fuse, but it will blow up and it's not too late to prevent it from blowing up."



エルサレムの国際的地位に関する国連報告書(PDF)
https://www.un.org/unispal/wp-content/uploads/2016/07/The-Status-of-Jerusalem-Engish-199708.pdf

国際法違反の敷地に立ち入る示威行動をするユダヤ人極右の入植者たちの映像
https://www.youtube.com/results?search_query=+%D9%85%D8%B3%D8%AA%D9%88%D8%B7%D9%86%D9%8A%D9%86+%D8%A7%D9%84%D9%85%D8%B3%D8%AC%D8%AF+%D8%A7%D9%84%D8%A3%D9%82%D8%B5%D9%89
2020年9月17日の映像
https://www.youtube.com/watch?v=UJnJo63QsjE

・・・イスラエルは国際法違反の軍事占領をしておきながら、1円の賠償金も支払わずに(←昨日私が指摘したように)、土地の主権を横取りするという実に腹黒い企画。

エルサレム問題を真正面から取り組むと、1秒で論破され議論が持たないので、「今からエルサレム問題について交渉を開始します」と宣言しない方法を、米国とユダヤは必死に編み出した。

「世界中の人が自由に礼拝、観光できるようになって良かったね」と日本人は思いがちだが、そういう安っぽい話ではない

世界中がコロナ騒ぎに翻弄されているから、エルサレム問題が無視されている。「ただの風邪」に過ぎないコロナで馬鹿騒ぎする理由がわかろうというもの。

コロナだ、外出規制だ、テレワークだ、米国全土で暴動だ、放火だ、像が倒された、ベイルート港で大爆発だ、ベラルーシで民主化運動だ、中国が悪いと次々にニュースが発生し、世間が右に左に振り回されている。生活が破綻した人もいるだろう。

ところが、ふと気付いてみれば、イスラエル、ユダヤだけは「失う物なしで、無償で全てを手に入れる」。

本来ならば自分でかなりの汗を掻いて面倒な外交交渉をまとめ上げなければならないが、イスラエルの場合、面倒な部分は全て米国の外交官が肩代わりしている。ユダヤ人ほど気楽で楽しい人生はない。

イスラエル、UAE、バハレーンが米国ワシントンで国交樹立協定書に調印

Full text: Netanyahu’s address at signing of Israel-UAE-Bahrain peace accords
‘Let us put all cynicism aside,’ urges Israel’s PM at the Abraham Accords ceremony. ‘Let us feel on this day the pulse of history’
By TOI staff 15 September 2020
https://www.timesofisrael.com/full-text-netanyahus-address-at-signing-of-israel-uae-bahrain-peace-accords/#gs.fouqql

Full text: UAE foreign minister’s speech at the Abraham Accords signing ceremony
Abdullah bin Zayed al-Nahyan tells White House crowd that a better path is being created for the region with the signing of a pact to establish ties with Israel
By TOI staff 15 September 2020
https://www.timesofisrael.com/full-text-uae-foreign-ministers-remarks-at-abraham-accords-signing-ceremony/#gs.fourbr

・・・たいしたことは書かれていない。単に記録のため。こういうのは、公表されない裏協定が重要なんですよ。



英語ではAbraham Accord of PeaceとかAbraham Peace Accordなどと宣伝されているのだが、アブラハムって聖書に出てくるあのアブラハムのこと?なんでこのシチュエーションで出てくるの?とか、

9月は毎年ユダヤ教の新年であり、イスラムにとっても今年はたまたま9月が新年なので、両者にとり縁起が良いタイミングであるというような話をする人は、日本ではいないんですかね。



中東戦争におけるイスラム教徒とキリスト教徒の被害者は、膨大な被害リストを持っていて、被害金額の合計にインフレ率を掛けた数字を毎年改訂し、イスラエルに対し損害賠償請求している

これまでにイスラエルと平和条約を結んだエジプトとヨルダンは、イスラエルに対する損害賠償請求権を外圧によって放棄させられたので、イスラエルはこれまでに1円だって支払っていない。

エジプト人もヨルダン人も「啓典の民」であるから馬鹿ではなく、紙に書かれたこと、契約、賠償には神経過敏なくらい執着する。少々のことでは絶対に譲歩しない。賠償金なしでは解決しない。

そこで、日本政府がエジプトとヨルダンに対しては毎年、他の多くの途上国向けとは異なる特別待遇で援助を拠出している。それを単年度でおしまいにせず、何十年もこんなことを続けている。当のイスラエルが支払わないから、日本が代理弁済しているようなものだ。あなたに対しては増税して

日本は第2次大戦の後始末である損倍賠償問題に何十年も時間を掛けてきた。大方が片付くまで国連復帰は許されなかった。韓国との間は条約上は解決済みのはずだが、韓国独自の事情でまだくすぶり続けている(苦笑)。北朝鮮の分は、戦後70年以上経過して、未だ手つかずのままである。

あなたは、米国が進めている今の中東和平案に賛成なんですか?ふうん。だったら新規に発生する対パレスチナ援助の財源を確保するため、あなたに対して増税し、あなたが受け取る予定の社会保障費を削る方向性に反対してはいけません。エジプトとヨルダンが受け取る枠を減らさずに、パレスチナ向けの枠を増設するんですから。

日本人の多くはこういうことを知らずにパレスチナ問題のことを語っている。

アブラハムについては、ユダヤ教とイスラム教(とキリスト教)に共通する父祖ということでアブラハムを引っ張り出してきて友好を演じているわけだが、イスラエルと直接戦争していないUAEとバハレーンが「はいはい、何十年も前の古い話は今日でおしまい」と軽々しく語ってもらっては困りますね。

ドイツが10億ユーロで米国産LNG輸入ターミナル2基建設と米国に伝達 もしNord Stream 2関連の制裁を撤回するならば ロシア

Germany offers US billion-euro LNG investment deal to lift sanctions from Russia’s Nord Stream 2 gas pipeline – report
16 Sep, 2020 11:15
https://www.rt.com/business/500822-germany-offers-us-deal/

Berlin has offered to invest €1 billion in US liquefied natural gas (LNG) if Washington lifts sanctions against the Russia-led Nord Stream 2 gas pipeline project, newspaper Die Zeit reported on Wednesday.

According to the paper’s sources, Berlin is ready to invest in the construction of two terminals in Germany to receive American LNG. “In response, the United States will allow the unhindered completion and operation of Nord Stream 2,” Die Zeit said, citing a letter (sent on August 7) from German Vice-Chancellor and Finance Minister Olaf Scholz to US Treasury Secretary Steven Mnuchin.
(後略)

アイスランド教会がイエス・キリストをLGBT化 スカート履いて胸があるレインボー(笑)

F8AA4C45BC02B22910932099864D2401943591CCF964A072D31BAF5F5FEFDD49_713x0.jpg

Iceland Church Shocks Public With Big-Breasted Rainbow Jesus in New 'Diversity' Campaign
05:16 GMT 16.09.2020
by Igor Kuznetsov
https://sputniknews.com/society/202009161080470520-iceland-church-shocks-public-with-big-breasted-rainbow-jesus-in-new-diversity-campaign/

記事原文(アイスランド語)
Skiptar skoðanir um aug­­lýsingu fyrir Sunnu­daga­­skólann: „Allt í lagi að Jesú sé skeggjaður og með brjóst“
Atli Ísleifsson skrifar 5. september 2020 09:10
https://www.visir.is/g/20202008497d/skiptar-skodanir-um-aug-lysingu-fyrir-sunnu-daga-skolann-allt-i-lagi-ad-jesu-se-skeggjadur-og-med-brjost-

・・・信仰なんてどうでもいいってことですね。

聖母マリアの奇蹟はどのように取り扱いましょうか?「LGBTのカップルの間に自然に子供ができた。これは神の奇蹟だ」という話に書き換えましょうか?(苦笑)

「父なる神」という表現はLGBTの世界ではどのような取り扱いになっているのだろうか?今まで考えたこともなかったが。誰が神を父と決めつけたのかと糾弾対象にすべきでは?

WTOパネル 米国の対中関税制裁を違法判断 中国

WTO Sides With China in Tariff Row With US
14:16 GMT 15.09.2020
by Tim Korso
https://sputniknews.com/world/202009151080465355-wto-sides-with-china-in-tariff-row-with-us-findings-say/

・・・最初から結論は見えていて、その通りの裁定が出てきた。しかし、だからといって米国に言うことを聞かせることは簡単ではない。

米国と何を約束しても、平気で契約違反を犯すので、WTOやWHOのような国際機関を大切にすることが日本の利益に直結するのだが、ヤフコメを眺めていると、この点に気付いていないか、知らないか、わかっているが意図的に触れないようにしている人が圧倒的に多い。ネット工作員が多いから、意見が偏るんでしょうけど。

大丈夫なんでしょうかね、この国の運営。

レバノン新内閣の人選 マクロンが期限を延長 フランス

صحيفة: بعد انقضاء المهلة...ماكرون يتخذ قرارا بشأن لبنان
GMT 08:01 16.09.2020
https://arabic.sputniknews.com/arab_world/202009161046557132-%D8%B5%D8%AD%D9%8A%D9%81%D8%A9-%D8%A8%D8%B9%D8%AF-%D8%A7%D9%86%D9%82%D8%B6%D8%A7%D8%A1-%D8%A7%D9%84%D9%85%D9%87%D9%84%D8%A9%D9%85%D8%A7%D9%83%D8%B1%D9%88%D9%86-%D9%8A%D8%AA%D8%AE%D8%B0-%D9%82%D8%B1%D8%A7%D8%B1%D8%A7-%D8%A8%D8%B4%D8%A3%D9%86-%D9%84%D8%A8%D9%86%D8%A7%D9%86/

・・・フランスなんか、レバノン復興国際協力基金の3分の1も出さないのに、あたかもフランスのおかげでレバノンの将来が保証されるみたいな立ち振る舞い。どこまで高慢なんだって話。

宗派主義廃絶がキーワードならば、ドゥルーズ派のワリード・ジュンブラートこそ真っ先に切り捨てなければいけないんじゃないんですか?

トルコにおける外国人の不動産所有 イラン、イラク、ロシア、アフガニスタン、アゼルバイジャンの順

دولة عربية تتصدر قائمة الأجانب المتملكين عقارات في تركيا
GMT 07:41 16.09.2020
https://arabic.sputniknews.com/arab_world/202009161046557021-%D8%AF%D9%88%D9%84%D8%A9-%D8%B9%D8%B1%D8%A8%D9%8A%D8%A9-%D8%AA%D8%AA%D8%B5%D8%AF%D8%B1-%D9%82%D8%A7%D8%A6%D9%85%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%A3%D8%AC%D8%A7%D9%86%D8%A8-%D8%A7%D9%84%D9%85%D8%AA%D9%85%D9%84%D9%83%D9%8A%D9%86-%D8%B9%D9%82%D8%A7%D8%B1%D8%A7%D8%AA-%D9%81%D9%8A-%D8%AA%D8%B1%D9%83%D9%8A%D8%A7/

ユダヤ教の極右過激派2500人がベラルーシとウクライナの国境地帯で立ち往生 巡礼目的の押しかけ

こんなオッサンが2500人も押しかけ好き勝手されたら迷惑だがな。5f60f23085f54054280757d9.JPG

コロナ規制を守らないユダヤ教極右過激派の入国について、ウクライナ政府は断固拒否の姿勢を公式にイスラエル政府に通告しているが、宗教の教義のためなら公然と法律違反を犯すユダヤ教極右過激派(←米国、イスラエルのメディアは、「超正統派」という表現を使うことで、事の本質をごまかしている)は、そんなことお構いなしに、様々なルートからワラワラと集まってくる。

しかも、彼らは、ユダヤ人の中でコロナ感染率が極端に高い集団(規制を全く守らないから)。ウクライナ政府にとり迷惑千万なのである。

ベラルーシの国境検問所は出国自由なので問題なく出ることができるが、ウクライナ側の国境検問所では重装備の警官隊を配備し、入国を拒んでいる。前の記事

‘Humanitarian crisis’ unfolds on Ukraine-Belarus border as Jewish pilgrims left stranded after Kiev tightens Covid-19 restrictions
15 Sep, 2020 18:46
https://www.rt.com/russia/500778-orthodox-jews-ukraine-belarus/

・・・この集団がパレスチナ人だったら、イスラエルの官憲は容赦なく殴る蹴るの暴行を働くのに、ユダヤの極右過激派が同じ行動をしても、イスラエル政府は彼らの機嫌を損なわないよう、実に慎重に対応する。

この人たち、何かエラいの?

イエメン市民殺戮への関与で米国政府高官が海外休暇中に逮捕される危険がこれまでになく高まっている 米国議会、国務省が警戒

War Crimes Risk Grows for U.S. Over Saudi Strikes in Yemen
Amol Rajput
2020/09/14
https://eminetra.com/war-crimes-risk-grows-for-u-s-over-saudi-strikes-in-yemen/74606/

・・・悪いことをしていることを本人が自覚しているというやつ。

本社勤務を再開したJP Morgan 早速コロナPCR陽性を出す(笑)

A number of JPMorgan Chase traders have been sent home after employees tested positive for COVID-19, less than a week into the bank’s push to start bringing its workers back into the office
KEN SWEET AP Business Writer
September 15, 2020
https://abcnews.go.com/Business/wireStory/jpmorgan-traders-catch-covid-bank-reopens-offices-73029082

・・・忙しいね。前の記事

シリア・ハサケ県 クルドが学校の93%を占領 少数派クルド語教育の強要への反発に対する報復 米国 米軍

県内の公立学校(高校以下)2582校のうち、これまでに2285校が占領済みで、9月13日に占領したのは高校118校(以上93%)。

現在、教育局(教育省の県出先機関)の管轄下にあるのは179校のみ(7%)。

影響を受けている生徒数は10万人。前の記事

لليوم الثاني.. “قسد” تمنع 100 ألف طالب وتلميذ في الحسكة من حقهم في التعليم
15-أيلول-202014-أيلول-2020
http://newspaper.albaathmedia.sy/2020/09/15/%d9%84%d9%84%d9%8a%d9%88%d9%85-%d8%a7%d9%84%d8%ab%d8%a7%d9%86%d9%8a-%d9%82%d8%b3%d8%af-%d8%aa%d9%85%d9%86%d8%b9-100-%d8%a3%d9%84%d9%81-%d8%b7%d8%a7%d9%84%d8%a8-%d9%88%d8%aa%d9%84%d9%85%d9%8a%d8%b0/

・・・クルドはハサケ県においても少数派である。密入国者・難民出身者に甘い対応をしているとこうなるという良い事例。隙を突き、外国勢力と結託して占領する。

レバノン新首相が組閣リストを提出できず 与党筋「クーデターは未遂に終わった」

新首相に指名されたムスタファー・アディーブが組閣リストを提出する期限が到来し、大統領府を訪れたが、アウン大統領にリストを提出することができなかった。

FPM(アウン)、アマル、ヒズボラ筋は、(直近の選挙結果を上書きして彼らを政権から追い出し、フランス系人材とフランス企業で政治経済の利権を押さえる)クーデターは未遂に終わったとコメントした。

استعراض قواتي «شبه عسكري» من الأشرفية إلى ميرنا الشالوحي: سقوط حكومة الأمر الواقع
الثلاثاء 15 أيلول 2020
https://www.al-akhbar.com/Politics/293892/%D8%A7%D8%B3%D8%AA%D8%B9%D8%B1%D8%A7%D8%B6-%D9%82%D9%88%D8%A7%D8%AA%D9%8A-%D8%B4%D8%A8%D9%87-%D8%B9%D8%B3%D9%83%D8%B1%D9%8A-%D9%85%D9%86-%D8%A7%D9%84%D8%A3%D8%B4%D8%B1%D9%81%D9%8A%D8%A9-%D8%A5%D9%84%D9%89-%D9%85%D9%8A%D8%B1%D9%86%D8%A7-%D8%A7%D9%84%D8%B4%D8%A7%D9%84%D9%88%D8%AD%D9%8A-%D8%B3%D9%82%D9%88%D8%B7-%D8%AD%D9%83%D9%88%D9%85%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%A3%D9%85%D8%B1-%D8%A7%D9%84%D9%88%D8%A7%D9%82

・・・テクノクラートで構成される実務内閣を作ると宣伝すれば聞こえは良いが、借地借家住まいの人が、国土の大半を支配している大家さんに逆らうことなど所詮無理な話なのです。なんでお前が俺の財布に手を突っ込むんだ、お黙りなさいという話。重石にならないアディーブでは、全方向から入る横やりに耐えることができない。

フランスの中東研究は水準が高く、何でも知っていると思っている日本人は多いですよね。

マクロン大統領の直轄案件に格上げし、フランス情報部の最高幹部がとりまとめ役になって介入すれば、レバノンみたいなちっぽけな国をひねり潰すことなど簡単でしょうか?フランスが打ち出す次の一手は何なのか。フランスの中東研究の水準を、じっくり観察させてもらいましょう。私たちに一体何を見せてくれるのでしょうか。ワクワクします。

シカゴ大学英語学科 黒人問題を専攻する学生だけ入学許可します BLM 米国

Diversity of thought much? University of Chicago English program accepts applicants ONLY if they seek to work in ‘black studies’
14 Sep, 2020 23:03
https://www.rt.com/usa/500701-chicago-english-black-studies-only/

シカゴ大学英語学科(2020年7月発表)
https://english.uchicago.edu/

For the 2020-2021 graduate admissions cycle, the University of Chicago English Department is accepting only applicants interested in working in and with Black Studies. We understand Black Studies to be a capacious intellectual project that spans a variety of methodological approaches, fields, geographical areas, languages, and time periods.

石油需要のピークは2030年 2050年に最大で70%減少する BP統計最新版 コロナ

脱炭素化の進展具合が現状程度、進む、ネットでゼロ達成の3つのシナリオを設定。

コロナ後に2018年の需要を上回ることなく推移し、2030年が石油需要のピーク。
現状シナリオ:2050年に石油需要は2018年比で7%減少。
脱炭素化が進むシナリオ:50%減少。
ネットでゼロ達成シナリオ:70%減少

2050年までの間に天然ガスの需要は減少しない。

End of Oil Era? BP Predicts Almost 70% Drop in Crude Demand Over Next 30 Years
19:08 GMT 14.09.2020
https://sputniknews.com/business/202009141080455566-end-of-oil-era-bp-predicts-almost-70-drop-in-crude-demand-over-next-30-years/
BP統計
https://www.bp.com/en/global/corporate/energy-economics/statistical-review-of-world-energy.html

テレワークで生産性と創造的燃焼が低下 JP Morgan分析 トレーダーに本社出社を命令 コロナ 米国

At JPMorgan, Productivity Falls for Staff Working at Home
2020/09/14
https://www.msn.com/en-us/money/companies/at-jpmorgan-productivity-falls-for-younger-employees-at-home/ar-BB191zJt

(Bloomberg) -- A troubling pattern emerged as most of JPMorgan Chase & Co.’s employees worked from home to stem the spread of Covid-19: productivity slipped.

a building with a metal tower and blue umbrella: Scaffolding covers a construction site for JP Morgan Chase & Co. headquarters in New York, U.S., on Monday, June 8, 2020. Completion is still years away, but the ramping up of construction on high-rise office towers like JPMorgan's — which will be one of the largest in Manhattan, rise some 70 floors and be capable of housing roughly 15,000 employees — comes at what suddenly feels like an odd time. © Bloomberg Scaffolding covers a construction site for JP Morgan Chase & Co. headquarters in New York, U.S., on Monday, June 8, 2020. Completion is still years away, but the ramping up of construction on high-rise office towers like JPMorgan's — which will be one of the largest in Manhattan, rise some 70 floors and be capable of housing roughly 15,000 employees — comes at what suddenly feels like an odd time.

Work output was particularly affected on Mondays and Fridays, according to findings discussed by Chief Executive Officer Jamie Dimon in a private meeting with Keefe, Bruyette & Woods analysts. That, along with worries that remote work is no substitute for organic interaction, is part of why the biggest U.S. bank is urging more workers to return to offices over the coming weeks.

“The WFH lifestyle seems to have impacted younger employees, and overall productivity and ‘creative combustion’ has taken a hit,” KBW’s Brian Kleinhanzl wrote in a Sept. 13 note to clients, citing an earlier meeting with Dimon.

The bank has noticed the productivity decline among “employees in general, not just younger employees,” JPMorgan spokesman Michael Fusco clarified in an emailed statement, adding that younger workers “could be disadvantaged by missed learning opportunities” by not being in offices.

JPMorgan’s findings provide a data point in the debate over whether employees perform as well at the kitchen table as they do in the workplace, showing extended remote work may not be all it’s cracked up to be, at least for some job functions. While pre-pandemic studies found remote workers were just as efficient as those in offices, there were questions about how employees would perform under compulsory lockdowns.

JPMorgan last week told its most senior sales and trading employees that they would be required to return to their offices by Sept. 21, the strongest move yet by a U.S. bank to restaff its workplaces. Workers in other functions are also being encouraged to return, up to a maximum building capacity of 50% in New York.

“Overall, Jamie thinks a shift back to the office will be good for the young employees and to foster creative ideas,” Kleinhanzl wrote.

・・・ということは東京一極集中が再燃という見方でよろしいでしょうか?(笑)

シリア・ハサケ市 クルド民兵が高校を占領して事務所として使う 新年度開始なのに

0:23で、生徒が憤慨している。
#الحسكة... ميليشيا "قسد" تمنع طلاب ثانوية المتفوقين من الدخول إليها وتعتدي عليهم
2020/09/13
https://www.youtube.com/watch?v=1CBcq_J8VZI

・・・米国は自由と民主主義を世界に広げるわけではなく、武器支援しかしないからね。

イスラエルはパレスチナ独立国は通貨発行権、徴税権、軍隊保有を認めるのか

A lot can happen between now and 2024
Palestinians have a real chance at a state if they seize the moment with creativity and strategy, which won't happen under their current leadership
Sep 14, 2020, 3:26 PM
Bishara A. Bahbah
https://blogs.timesofisrael.com/a-lot-can-happen-between-now-and-2024/

・・・ユダヤの使い走りである筆者は、「今の無力なパレスチナ指導部は」という表現を連呼して今の自治政府を無能呼ばわりし、あたかもイスラエルと米国政府に言われるがまま和平交渉すれば、その先に明るい未来が待っているかのように論じている。

これを読んだ多くの人は、騙されてしまう。なぜなら、彼の作文には以下の視点が意図的に隠されているからだ。

イスラエルは、今のパレスチナ自治政府から通貨発行権、徴税権を取り上げている。

パレスチナ人が、イスラエルが設定している有形無形の障壁をやっとこさ乗り越えて、ささやかな輸出をしても、関税はイスラエル政府が横取りしており、パレスチナに渡さない。

パレスチナの国庫はいつも空っぽで、独自の経済政策、金融政策を営むことができない。公務員の人件費遅配が年中行事である。あるはずの収入がイスラエルが邪魔して入ってこないのだから、政府が何もできなくて当たり前じゃないですか。悪いのはイスラエル。

ガザ沖には海底油田、海底ガス田が存在する可能性が極めて高い。

イスラエル側の海域では既にガス生産が始まっている。現状では低品質高価格のイスラエル産ガスを買う国がないので、弱い立場のヨルダンに無理矢理押しつけて買わせている。ヨルダンは、高品質低価格のガス購入契約を破棄させられ、足りない外貨をイスラエルに献上する不条理を強いられている。

ガザでもガス田開発が進めば、まとまった金額の外貨収入源が獲得できる可能性がある。しかし、ガス田の設営に絶対欠かせない要素がある。

軍隊と、敵地攻撃能力である。日本で今議論されているものと同じ敵地攻撃能力である。

ベイルート港爆破で笑うのはイスラエル・ハイファ港 シリアへの目先の影響は軽微 レバノン

シリア経済省の話。以前と異なり、今のシリアはベイルート港への依存度は小さい。輸入は8~9%、輸出は20%→14%→12%と減少傾向。

ヨルダン(Nasib)、イラク(al-Bu Kamal)との検問所が開通したので、こちら経由の流通が増えた。

ベイルート港に荷揚げされるイラン、イラク、湾岸アラブ向け貨物の代替港の候補はイスラエルのハイファ、トルコのメルシン。

シリアのラタキア港、タルトゥース港も競争に乗り遅れないよう、能力拡張、手数料体系の見直しを急ぐべき。

ما بعد انفجار مرفأ بيروت: مقاربة سورية للخسائر والفرص
زياد غصن

https://www.al-akhbar.com/Syria/293830/%D9%85%D8%A7-%D8%A8%D8%B9%D8%AF-%D8%A7%D9%86%D9%81%D8%AC%D8%A7%D8%B1-%D9%85%D8%B1%D9%81%D8%A3-%D8%A8%D9%8A%D8%B1%D9%88%D8%AA-%D9%85%D9%82%D8%A7%D8%B1%D8%A8%D8%A9-%D8%B3%D9%88%D8%B1%D9%8A%D8%A9-%D9%84%D9%84%D8%AE%D8%B3%D8%A7%D8%A6%D8%B1-%D9%88%D8%A7%D9%84%D9%81%D8%B1الإثنين 14 أيلول 2020

・・・シリア経済省の話なのでシリアにも希望があるみたいな書きぶりなのだが、そうではない。

メルシン港で荷揚げした貨物を、わざわざシリアを通して湾岸に仕向けるかという話。イランとイラク北部向けに限定されるだろう。だから、選択肢はハイファしかないのである。

おりしも、湾岸アラブはイスラエルと国交樹立する方向なので、以前のようにハイファ港をボイコットする必要性はない。イスラエル優遇にヨルダン人は強く反発するが、アル・アクサー・モスクの管理権も手放すハーシム王家に気概などなく、国王を1回呼び出して恫喝すれば黙る。

GCC 6ヶ国の需要は、世界貿易全体から見れば小さな数値で、特に重要な経済地域とはみなされていないが(石油、ガスが重要なだけ)、イスラエルのような小国にとっては、とてつもなく巨額の商売が突如成立することになる。

イランガー、ヒズボラガー、ISガー、レバノンの政府腐敗ガーとマスコミが騒ぐのに釣られて、ついついイスラエルの方向を見ないで日々を過ごしてしまうが、気付いてみればイスラエルが地域全体の利益を独り占めする事態が発生しているのである。

ほらねというやつ。誰得という観点でベイルート港爆破事件の真犯人を考察すると、イスラエルである可能性が一番高い。

「死ねばいいのに!」 負傷した警官2人が入院する病院にデモ隊が押しかけ叫ぶ ロサンゼルス 米国

'We hope they die': Protesters at hospital jeer deputies shot in ambush
Valerie Richardson - The Washington Times
Sunday, September 13, 2020
https://www.washingtontimes.com/news/2020/sep/13/los-angeles-deputies-shot-protesters-block-hospita/

Protesters blocked the entrance to the hospital where two Los Angeles sheriff’s deputies were in critical condition after being shot Saturday in an ambush, shouting, “We hope they die,” according to the department.

The Los Angeles County Sheriff’s Department described the scene in a late Saturday tweet and warned protesters late Saturday to clear the access to the emergency room at St. Francis Medical Center in Lynwood.

“To the protesters blocking the entrance & exit of the HOSPITAL EMERGENCY ROOM yelling ‘We hope they die,’ referring to 2 LA Sheriff’s ambushed today in #Compton: DO NOT BLOCK EMERGENCY ENTRIES 7 EXITS TO THE HOSPITAL,” tweeted the department. “People’s lives are at stake when ambulances can’t get through.”
(後略)

・・・トランプはこの件について、犯人を死刑に処すべきとコメント。

ますますワイルドな動物になっていく米国人。どちら様も自分が正しいと信じる道を突き進んで下さい。

イスラエルによる西岸併合を米国が認めないのは2024年1月まで UAEに約束 パレスチナ

US assured UAE it won’t back Israel annexation before 2024 at earliest, ToI told
UAE prioritized receiving assurances from Washington, sources say, given that Netanyahu has made clear he won’t advance controversial move without US support
September 13, 2020
https://www.timesofisrael.com/us-assured-uae-it-wont-back-israel-annexation-before-2024-at-earliest-toi-told/

・・・イスラエルは失う物が何もなく全てを得るから、これで嬉しい。パレスチナは面白くない。UAEは全然仲介していないのに、自分が仲介したかのように発言している。自分の直接の問題じゃないから「そんなこと、どーでもいーよ」という態度。米国は、中東和平交渉なるものを3年ほどやるつもり。

シリア・デール地区の部族(追加) 米軍が連れてきたサウジ軍人は任務を理解していない(笑)

شيخ "العكيدات" لـ"سبوتنيك": مهلة الجيش الأمريكي انتهت ووجود الجنود السعوديين لن يغير شيئا
GMT 19:48 10.09.2020
https://arabic.sputniknews.com/arab_world/202009101046508312-%D8%B4%D9%8A%D8%AE-%D8%A7%D9%84%D8%B9%D9%83%D9%8A%D8%AF%D8%A7%D8%AA-%D9%84%D9%80%D8%B3%D8%A8%D9%88%D8%AA%D9%86%D9%8A%D9%83-%D9%85%D9%87%D9%84%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%AC%D9%8A%D8%B4-%D8%A7%D9%84%D8%A3%D9%85%D8%B1%D9%8A%D9%83%D9%8A-%D8%A7%D9%86%D8%AA%D9%87%D8%AA-%D9%88%D9%88%D8%AC%D9%88%D8%AF-%D8%A7%D9%84%D8%AC%D9%86%D9%88%D8%AF-%D8%A7%D9%84%D8%B3%D8%B9%D9%88%D8%AF%D9%8A%D9%8A%D9%86-%D9%84%D9%86-%D9%8A%D8%BA%D9%8A%D8%B1-%D8%B4%D9%8A%D8%A6%D8%A7/
前の記事

・・・誇り高きアラブ部族の長老方がしびれを切らしています。親戚を連れてきても要求水準は下げないとご立腹です。優秀だとされる米軍所属の研究者は、一体どのように対処されるおつもりでしょうか。会議開くだけ時間の無駄と考え、武力鎮圧に走るのであれば、中国共産党と何ら変わりはありません。米軍が持つ知恵の水準をとくと観察させてもらいます。

日本外務省や防衛省は、米軍や国務省、イスラエルから譲ってもらう研究成果や情報をありがたいと思い、会議や飲食の場で調子を合わせているだけで大丈夫なのかという、別の疑問も浮上してくるのであります。

対米追従するほど経済が苦しくなるサウジ 

サウジが心地よいと思う原油価格の幅と、米国が心地よいと思う原油価格の幅に差があり、調整を間違えるとトランプから叱り飛ばされる。米国から怒られないようにしていると、サウジの経済が苦しくなる。米国製兵器は毎年大量調達しているのに、トランプの気を引くため、追加で買い上げなければならない。お金が出て行くばかりで悩ましい。

Saudi Aramco is now suffering the consequences of failed oil price war
12 Sep, 2020 14:01
https://www.rt.com/business/500469-saudi-suffering-oil-price-war/

・・・日本と同じだという笑い話。去年、安倍さんはトランプと会談する度に予算外の兵器調達を申し出て、総額が軽く1兆円を超えていませんでしたっけ?安倍さんとトランプは仲が良いと言っても、会うたびに気前よく高額の買い物をしているから。自分の財布で支払っているわけではない。

このような視点で世界を見渡すと、対米追従で生活が苦しくなっていない国はイスラエルだけ。間違えた。イスラエルは対米追従しておらず、逆の関係(苦笑)。世界で一番高額な兵器システムを、一番の割引価格で買っている。手続きは一部パスで、引き渡しも一番最初。日本は定価購入ですが、日本の納税者はこのことをご存じでしょうか?

コロナ対策のため経済制裁を止め、WHOを中心に国際協調しようという国連総会決議を採択 米国、イスラエルだけが反対票

賛成:169ヶ国。
棄権:ウクライナ、ハンガリー。
反対:米国、イスラエル。

US, Israel lose uphill battle to block UNGA call for 'global solidarity' instead of sanctions & hostilities during Covid-19
12 Sep, 2020 07:05
https://www.rt.com/news/500528-un-covid-us-israel-objected/

・・・米国の経済制裁には人道医療分野を除くと明記されているが、実際にはイラン、キューバ、シリア、ベネズエラなどはコロナ関連物資の輸入を米国に阻止されている。

メルボルンのコロナ規制反対デモは失敗 人数が集まらず オーストラリア

ネットの呼びかけサイトでは約1500人が参加表明したが、実際に集まったのは100人。重装備の警官に数で圧倒された。メルボルンのとある地区では今、先進国で一番厳しい規制が敷かれている。

Melbourne’s anti-lockdown ‘freedom walk’ ends up in arrests, as police vastly outnumber protesters (VIDEO)
12 Sep, 2020 09:12
https://www.rt.com/news/500531-melbourne-anti-lockdown-protest/

動画
https://www.youtube.com/watch?v=GVidw3aKbf0
https://www.youtube.com/watch?v=oprcRiGqkAs

ヴィクトリア州のコロナ規制(ステージ4)
https://www.dhhs.vic.gov.au/stage-4-restrictions-covid-19
https://www.dhhs.vic.gov.au/victorias-restriction-levels-covid-19

パリでYellow Vests運動が再燃 コロナ後初 フランス

Yellow Vests’ encore: Tear gas & dozens of arrests as France's most vocal protest movement makes 1st comeback during Covid-19
12 Sep, 2020 12:42
https://www.rt.com/news/500544-france-yellow-vests-return/

動画(デモ、自動車に放火、催涙弾、逮捕)
https://www.youtube.com/watch?v=kjb-lW-F99U
https://www.youtube.com/watch?v=KLQruGXSm5k
https://www.youtube.com/watch?v=8IG4kvjAhTo

・・・レバノン政治に手を突っ込んでいるマクロンのお膝元は、こんな感じ。国民の声を聞け。

シリア訪問したロシア外交団がキプロスへ直接移動 シリア・キプロス・パイプライン構想

イラン→イラク→シリアとつなげる石油、天然ガスのパイプラインをキプロスに接続し、そこから欧州市場に販売する構想を売り込みに行った。前の記事

اقتصادي: خط أنابيب للطاقة قد يصل بين سوريا وقبرص بجهود روسية
قوانين الاقتصاد
GMT 14:02 11.09.2020
https://arabic.sputniknews.com/radio-laws-of-economic/202009111046516871-%D8%A7%D9%82%D8%AA%D8%B5%D8%A7%D8%AF%D9%8A-%D8%AE%D8%B7-%D8%A3%D9%86%D8%A7%D8%A8%D9%8A%D8%A8-%D9%84%D9%84%D8%B7%D8%A7%D9%82%D8%A9-%D9%82%D8%AF-%D9%8A%D8%B5%D9%84-%D8%A8%D9%8A%D9%86-%D8%B3%D9%88%D8%B1%D9%8A%D8%A7-%D9%88%D9%82%D8%A8%D8%B1%D8%B5-%D9%88%D8%A8%D8%AC%D9%87%D9%88%D8%AF-%D8%B1%D9%88%D8%B3%D9%8A%D8%A9/

・・・一頃のキプロスとは違うので、ただキプロスに行っても、イスラエルに邪魔されそうですが。

レバノン新首相の妻は、マクロンの政党の厚生局長の娘でフランス人 フランス情報部と相談しながら組閣 密室政治解消のはずが悪化

新首相に指名されているムスタファー・アディーブは、期限を睨んで組閣を急ぎ進めているはずだが、アウン大統領以外のレバノンの有力政治家とは直接会談していない。米国制裁前にアマル幹部(シーア派)と1度だけ面会したのと、ドゥルーズのワリード・ジュンブラートとの間では使者を介して何度も接触している。

顕著なのは、キリスト教徒の政治家とは全く接触していないこと。

レバノン情報部高官がフランス情報部高官と密に連絡を取り合いながら、人選を進めている。議会の議席配分に反映されている直近の選挙結果を無視しているのではないかという疑念が上がっている。

بري: لن نشارك من دون «المالية»
نقولا ناصيف
السبت 12 أيلول 2020
https://www.al-akhbar.com/Politics/293785/%D8%A8%D8%B1%D9%8A-%D9%84%D9%86-%D9%86%D8%B4%D8%A7%D8%B1%D9%83-%D9%85%D9%86-%D8%AF%D9%88%D9%86-%D8%A7%D9%84%D9%85%D8%A7%D9%84%D9%8A%D8%A9

(前略)
رد بعد ذلك اسم أديب كرئيس مكلف قبل أن يختاره النواب ويسميه رئيس الجمهورية. عرفه الفرنسيون عن قرب لأسباب شتى: زوجته فرنسية، حامل بدوره الجنسية الفرنسية. ثم فوق ذلك فإنّ حماه مسؤول جهاز الصحة في حزب ماكرون «إلى الأمام».
(後略)

・・・レバノンの密室政治を批判している本人が、以前よりもひどい密室政治を実行している。選挙だ民意だと大声で叫びながら、現地ガン無視の19世紀型植民地経営をしているではないか。

バハレーンもイスラエルと国交樹立へ

Bahrain to follow UAE in normalizing relations with Israel, Trump announces
11 Sep, 2020 17:19
https://www.rt.com/news/500506-israel-bahrain-relations-trump-us/

Bahrain agrees to normalize relations with Israel, Trump announces
The Bahraini foreign minister is expected to participate in the ceremony at the White House together with Netanyahu and the UAE's foreign minister.
By REUTERS, OMRI NAHMIAS
SEPTEMBER 12, 2020 15:43
https://www.jpost.com/israel-news/trump-expected-to-announce-historic-bahrain-israel-normalization-agreement-641961

・・・記事内容は、トランプが発表。バハレーンも自分のこととして何か語るべきだと思うが、特に語っておらず、トランプが発表という記事をコピペしてあるだけ。15日のUAEとの国交樹立セレモニーに、バハレーンも参加して一緒に調印するという内容のみ。記事の数が多いだけで中身はない。

バハレーンはBAPCOがアラブ湾岸産油国で最大の石油会社だったときは良かったが、もう60年?70年?も前の話。その後は原油が枯渇し、サウジから融通してもらうことで、かろうじて飯を食っている情けない状態。1980年代以降は頼みの金融市場も衰退し、湾岸アラブの金融市場といったらバハレーンという評価もさっぱり聞かなくなって久しい。

イスラエルの立場から見れば、バハレーンからは新規投資を期待できないので、その方面の言及は皆無(苦笑)。ユダヤの反応は実利だけで、とてもわかりやすい。

UAEイスラエル国交樹立報道を受けて開かれたアラブ連盟外相会議で、パレスチナ代表はイスラエル非難の文言を声明に盛り込もうとしたが、普段は後列でおとなしくしているバハレーン代表が、このときばかりは必死に邪魔して回ったという話が入っている。バハレーン自体は小国だが、ユダヤの小間使いとして利用価値がある。

バハレーンは人口7割がシーア派の国で、多数派のシーア派を弾圧することで国が成り立っている。サウジ東部の油田地帯も同様。残虐すぎる弾圧をしているので、最近では報道がすっかりなくなってしまったくらい。中国共産党によるウイグル弾圧を問題視する人たちは、バハレーン、サウジのシーア派弾圧のことは何も言わない。人権のことを語っているふりをして、政治的主張を展開しているにすぎない。

バハレーンは昔は貧弱な警察しか持っておらず、イスラム革命後のイランがバハレーン首長暗殺事件未遂を王宮内で起こしたとき、犯人はイラン大使館に逃げ込み、翌日外交官パスポートを持って堂々とテヘランに向けて出国。翌日から、テヘランで反バハレーンのラジオ放送を彼が始めたという、嘘のような本当の話がある。バハレーンがイランの意向をガン無視できるようになるまで40年近く要した。

ところで、対米追従が外交原則の日本は、トランプを応援しなくていいんですか?

カショギ事件でサウジMBS皇太子を糾弾しないのは、反イラン包囲網で使えるから トランプ米国大統領

カショギ氏を在アンカラ・サウジ大使館に監禁し、電気のこぎりで体を切断し、酸で溶かし下水に流した記事)惨殺事件の首謀者であるサウジMBS皇太子については、米国の政官財界全体に嫌悪感が広がり、サウジを厳罰に処するべきという空気になっていたにもかかわらず、結局何の責任も追求しないことになった理由は、彼が反イラン作戦で使えるという部分を力説してトランプが説いて回ったから。トランプは「あいつは危ないところだったが、俺が救ってやった(I saved his ass)」と語ったとか。

‘I Saved His A**’: Trump Admits to Helping Saudi Crown Prince Duck Consequences of Khashoggi Murder
00:39 GMT 11.09.2020
https://sputniknews.com/us/202009111080424444-i-saved-his-a-trump-admits-to-helping-saudi-crown-prince-duck-consequences-of-khashoggi-murder/

(前略)
according to a new excerpt from renowned journalist Bob Woodward’s forthcoming book “Rage.”
(後略)

・・・米国は、いわゆる中国共産党によるウイグル人弾圧のことを批判できる義理ではありませんね。日本政府は、天皇陛下をCIA認定の殺人鬼と握手させました。人権や倫理などどうでもいいってことですね。

スコットランドがシェトランド諸島の予算削減→シェトランドは自治を模索 イギリス

‘Financial and Political Self-Determination’: Shetland Islands Seeking Independence From Scotland
06:55 GMT 12.09.2020
https://sputniknews.com/europe/202009121080436978-financial-and-political-self-determination-shetland-islands-seeking-independence-from-scotland/

・・・シェトランド諸島が分離したら、北海油田の莫大収入はシェトランドのものになるから、スコットランドやイングランドは困るだろう。シェトランドの地下資源で楽な生活させてもらっている連中が、俺たちの予算を削るなって話ですね(笑)。

学校閉鎖は大統領選挙まで ロサンゼルス厚生局長が発言 トランプ時代の生活はひどいと思わせる作戦だとか 米国 コロナ

LA County Public Health Director Said the Quiet Part Out Loud About Reopening Schools
Bronson Stocking
9/10/2020 4:05:00 PM
Bronson Stocking
https://townhall.com/tipsheet/bronsonstocking/2020/09/10/la-county-public-health-said-the-quiet-part-out-loud-about-reopening-schools-n2575989/print

We know Democrats have weaponized the coronavirus against President Trump, but sacrificing the education and development of school children to hurt the president's re-election chances -- that's just sick. If Democrats were resorting to such depravity to oust their political foe, surely the Democrats know they could never admit to stooping so low. Well, it looks like Los Angeles County Public Health Director Dr. Barbara Ferrer didn't get the memo to keep her mouth shut.

KFI News reporter Steve Gregory obtained a recording of Dr. Ferrer on a conference call with local health officials and school administrators. During the call, Dr. Ferrer says K-12 schools will not be allowed to reopen until after the election takes place. Sure, childhood development is important and all but, you know, orange man bad.

"So we don't realistically anticipate we will be moving to tier 2 or to reopening K-12 schools at least until after the election, after, you know, in early November," Dr. Ferrer said. "When we just look at the timing of everything it seems to us the more realistic approach to this would be to think that we're going to be where we are now until we get, until after we are done with the election."

Every time California schools appeared on the path of reopening, Gov. Gavin Newsom overhauled the rulebook.

(中略)

The Democrats want "life under Trump" to be as miserable as possible until election day is over. This is why Joe Biden, in early August, called for universal mask-wearing for three months. September, October, November -- oh, right up to the election!

(後略)

・・・コロナ騒ぎの不自然さの根源は、こういうことだったのですか。BLM暴動の不自然さを思い起こせば、この説があながち出鱈目と思えないという。止めの一手は株の暴落でしょうか。そんな兆しも現れている。

サウジ王子と政府高官24人は911事件について証言しなければならない 米国マンハッタン連邦裁判事

24人は911事件のサウジ人実行犯に対し、事件の直前まで米国内で様々な便宜供与を提供していたことが判明しており、原告である被害者が米国法廷への呼び出しを求めていた。

NY judge greenlights deposition of Saudi officials in lawsuit by 9/11 victims’ families, despite ongoing Justice Dept opposition
11 Sep, 2020 21:08
https://www.rt.com/usa/500513-judge-rules-911-families-saudi/

・・・911の犯人の大部分はサウジ人なのに、国が破壊されるまでイラクが攻撃されたり、イランが目の敵にされたりしてる矛盾を思い出しましょう。

西川善文氏が死去、元三井住友銀 元日本郵政社長、銀行再編を主導

ヤフコメにこれだけ書き込まれるって(苦笑)。



西川善文氏が死去、元三井住友銀 元日本郵政社長、銀行再編を主導
共同通信9/12(土) 0:14配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/38fcb97af4decf6c8fa7fcbe535bcba392986c35/comments



【ヤフコメ】
mos***** | 15時間前

仏になんだが、この人の罪状はバンカー時代から郵政、東芝といく先々で日本の基幹企業を駄目にした事だ。
コレだけは紛れも無い事実だ。

sup***** | 14時間前

故人の悪口は言いたくないが、このオヤジは三井住友銀行のの頭取時代、銀行の自己資本強化のために、MSCBを大量に発行してゴールドマンサックスを大儲けさせた反面、既存株主を踏みつけにして大損させた過去がある。銀行が助かるためだったとはいえ、取引先や既存株主を切り捨てた経営者として今でも最も軽蔑している。いざと言う時逃げる銀行として絶対に信用できない三井住友銀行を具現化した人物だったと思う。

まめちゃん | 15時間前

三井住友までにしておけばよかったね。やはり年取ってからはできないこともあります。

祖父の口癖「麒麟も老いれば駄馬に劣る」寂しそうだったけど明治生まれの矜持だったんだろうなぁ。

お疲れさまでした、ご冥福をお祈り申し上げます。
でも、郵政改革は失敗です!

s_h***** | 14時間前

今の郵政をああいう企業にしてしまった人です 日本航空をつぶした人と一緒に功の部分のみが強調されるのでしょうか 評価は冷静に願いたい

tyn***** | 14時間前

この人は日本郵政の社長の時、日通の赤字部門のペリカン便を日本郵便(当時の郵便事業会社)に吸収させ、日本郵便を1,000億円の赤字決算にした張本人。
日本郵政は民営化後、利権がらみで政府が据え置く経営陣にずっと振り回され続けている。

osa***** | 14時間前

はっきり言って、良いイメージが全くない。
バプル当時の住友銀行はいろいろ問題起こしてたよね…。
何が評価されてるのかよく分からない。
ただ、ご冥福はお祈りします。

000 | 14時間前

マスコミが誉める人物が悪人で、逆が善人だっていうことが最近わかった。
世の中そういうことなんだって。

******* | 14時間前

小泉の下僕

「 民営化前の06年1月に発足した日本郵政の社長に就任。

 郵政民営化に向け、陣頭指揮に当たった 」

 今の郵政品質はこやつから出た結果

マリオくん | 15時間前

銀行員で生き残る人は、基本的に性格は独善的だと思います。嫌な思いをさせられるんです。関わりたくない人。個人的な経験から言ってますので、全員ではないですよ。

aon***** | 14時間前

銀行時代に金融面で様々な業績を上げていたことは認める。

だが日本郵政社長時代は、失政が続いた。
物流や不動産には疎かったのか、JPエクスプレスの大混乱や、かんぽのかんぽの宿問題で、グループ全体にダメージを与えている。

さらにいうと、特定局長会の利権にメスを入れることが出来ず、ガバナンス不全問題を解決できなかった(これが遠因でかんぽ不正問題が発生)。

その事実はきちんと踏まえておく必要はある。

あ | 14時間前

日本郵便の社員だが、当時、西川が進めたペリカン合併の失敗でボーナスが約1か月分無くなった。

また、以前本社にいた上司から教えてもらったが、西川の前任の生田総裁は気さくな人柄で社員に好かれ、退任する際には、本社社員全員が社屋の出口まで見送りに行ったが、西川は本社社屋に自分専用のエレベーターを作ったろくでもない人らしい。

西川は私利私欲に走り、郵便局をダメにした悪の張本人。
晩年、アルツハイマーになったのは知らなかったが、全く同情できない。

定年を過ぎたジジイをトップにするとろくなことがない。

ビスケット | 14時間前

通り過ぎた後は、どこも破綻か身売りになるすごい経営者でしたね。
銀行員の理想像を体現したみたいな方でした。

zer***** | 14時間前

絶大な権力を持っていた方ですから、当然責任も伴います。これは亡くなられたから言うべきではないなどとセンチメンタルなこととは別次元。

この方、責任取りましたか?

評価に晒されなければいけない程の権力者だったんですよ。

uet***** | 14時間前

ろくな実績はないね。国家、社員達に益することはなく、その逆であったというのが実態。銀行員あがりが、それも、住友上がりでは現行流を郵政職員に押し付けるだけで、待遇、給与等改善はせずノルマ漬けにして苦しめた。政権が売国奴だったからしのうがないが、彼もお天道様に顔を上げられる生き方ではなかった。

ぴょん吉 | 14時間前

住銀の歴代頭取は悪代官のイメージだが、西川さんもその一人。利益優先で有名な銀行からトップを呼んだのもかんぽ生命の強引な保険販売に繋がったのでは。

pro***** | 14時間前

こいつが三井住友の頭取の時に行われていた、顧客に融資をたてに金利スワップという詐欺商品を契約させ、法外な利息を吸い上げ、多くの企業が泣き寝入りした。
当然、金融庁より業務改善命令が出され、最高裁まで争われたが、何故か三井住友銀行が勝つという信じられないことが起きた。(弁護士さんの話では、これで銀行が負けると経営基盤が揺らぐような事態になるため、政治的な意図があった筈。)との事。それ以来銀行の話は一切信じない。

kaz***** | 14時間前

小泉、竹中、西川歴史に名前残りますね!郵政をダメにした輩として。合掌

iag***** | 14時間前

嫌われ者の銀行の中でも更に嫌われ者だった住友銀行出身か。
学歴重視の銀行にあって住友銀行は実力主義って言われてたけど営業手法はかなりえげつないって有名だった。

ino***** | 14時間前

この人 郵政の社長時代 VISA三井住友系のJPバンクカードを作れとすごい圧力 この時から無理やり顧客にカードを作って申し訳ない気持ち
今じゃそんなカード作る人はほとんどいない 郵政をダメにし始めたこの人にいいイメージはない

nsd***** | 14時間前

死者に鞭打つようだか悪い印象しかなく評価できない。時節柄、大々的な葬儀が出来ない事で安堵している関係者が大勢いるに違いないと思います。

5G反対派のサイト

EUの5G反対派の研究者が運営しているサイト。
http://www.5gappeal.eu/

EUの報告書は利害関係者が作成しており、証明されている危険を一切無視した偏った内容である。利害関係のない独立した研究者による調査をすべきである。
Health risks from radiofrequency radiation, including 5G, should be assessed by experts with no conflicts of interest
Lennart Hardell and Michael Carlberg
Oncol Lett. 2020 Oct; 20(4): 15.
Published online 2020 Jul 15. doi: 10.3892/ol.2020.11876
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7405337/#b18-ol-0-0-11876

ワクチンは安全でないと思う割合が一番高い国は日本 ワクチン消極派の牙城

ワクチンが安全だと思う人は僅か17%。米国、イギリス、ベルギーの研究者による共同研究。

Which countries have the most anti-vaxxers? Interactive map showing countries most wary of vaccines reveals Europeans are most against the idea of immunisation

Just one in five people in Lithuania and Albania say vaccines are safe for people
In Ukraine and Turkey, three quarters of population believe jabs cause harm
Little over half of Brits trust jabs, while in the US and Australia it is 60 per cent

By Connor Boyd Health Reporter For Mailonline
Published: 23:30 BST, 10 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8719327/Interactive-world-map-shows-countries-wary-vaccines.html

・・・世界中の国にランキングを付けることで、ワクチン普及運動の対象を絞った。文中ではVaccine hesitancy hotspotsという表現まで出てくる。Hotspotは事件の多発地帯みたいな悪い意味で使われる単語だから、ワクチン推進派が日本に総攻撃をかけてくるかもしれない。

コロナ治療 ビタミンD週4000IU投与でICUが不要 投与しないと50%がICU入り

Vitamin D supplements 'could keep Covid-19 patients out of intensive care' as study finds hospital patients given 100micrograms per week had 'significantly reduced' need for life support

High doses of supplement were given to 50 patients in hospital with coronavirus
Only one (2%) admitted to ICU but all eventually recovered and were discharged
In a comparable group not given the medication, 50% went into intensive care

By Connor Boyd Health Reporter For Mailonline
Published: 16:39 BST, 10 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8718601/Vitamin-D-supplements-Covid-19-patients-intensive-care.html

・・・4000IU投与してICUに入ったのは2%(1人)だけとのこと。

ウクライナがユダヤ教過激派のイスラエル人2人を国外追放 コロナ規制に反対して乱暴狼藉

法律より自分達の教義・習慣を上位に置くユダヤ教正統派の間でコロナ感染者が多いことは、コロナ禍早期から知られており、既に統計で証明されているが、説得に応じない民族集団なので、どこもその取り扱いに頭を悩ませている。

国内にユダヤ教の聖地を抱えているウクライナ政府は、コロナ3密規制の観点からイスラエルからの観光客受け入れを停止し、イスラエル政府もそれに呼応してはいるが、それでもイスラエルから欧州経由でウクライナに入ろうとする正統派のすべてを遮断することはできない。

ウクライナ当局に逮捕され国外追放されたイスラエル人ラビ2人は、ウクライナがsocial distancing確保のため設置した柵を破壊した。犯人2人は、ウクライナが聖地巡礼を妨害したと憤慨するだけで、反省することはない。

Ukraine deports Israelis after rioting in Uman
Israelis on annual pilgrimage to the grave of Rabbi Nachman of Breslov broke down barriers in place to maintain order and the health directives set by Ukrainian authorities
Itay Blumenthal |
Published: 09.10.20 , 22:01
https://www.ynetnews.com/article/Hk3Gm1uVD#autoplay

・・・自分の信条を実現するためなら他人の領域で破壊活動をすることも厭わない人は、米国国務省のテロリスト・リストに掲載し、財務省から金融制裁を食らわしてやるのが適当だと思います(笑)。

米国がイスラエルに経済支援→米国内のユダヤ団体に金銭援助 あれ?税金が自国の特定団体に渡ってなくない?

米国は最近、古い法律を持ち出して、ロシアや中国の報道機関を「Foreign Agent」として登録しないと米国内で活動できなくなる措置を講じた。違反者は5年以内の禁固刑と25万ドルの罰金刑が科せられる。(政府予算が投入されている報道機関はBBC、DWなど他にもあり珍しいことではないが、問題なしとされた。)

それをいけないと言うならば、ユダヤ系のロビー団体も規制されなければならないだろう。ケネディー大統領がAIPACに同法を適用しようとして努力していたが、暗殺された。その後、ユダヤ団体は野放しにされており、誰も触ることはない。

Israel Funds America’s Israel Lobby, While U.S. Taxpayers Pay for Endless Fraud Against Themselves
Philip Giraldi
September 10, 2020
https://www.strategic-culture.org/news/2020/09/10/israel-funds-america-israel-lobby-while-us-taxpayers-pay-endless-fraud-against-themselves/

Imagine for a moment that there is a foreign government that receives billions of dollars a year in “aid” and other benefits from the United States taxpayer. Consider beyond that, the possibility that that government might take part of the money it receives and secretly recycle it to groups of American citizens in the United States that exist to maintain and increase that money flow while also otherwise serving other interests of the recipient country. That would mean that the United States is itself subsidizing the lobbies and groups that are inevitably working against its own interests. And it also means that U.S. citizens are acting as foreign agents, covertly giving priority to their attachment to a foreign country instead of to the nation in which they live.

I am, of course, referring to Israel. It does not require a brilliant observer to note how Israel and its allies inside the U.S. have become very skilled at milking the government in the United States at all levels for every bit of financial aid, trade concessions, military hardware and political cover that is possible to obtain. The flow of dollars, goods, and protection is never actually debated in any serious way and is often, in fact, negotiated directly by Congress or state legislatures directly with the Israeli lobbyists. This corruption and manipulation of the U.S. governmental system by people who are basically foreign agents is something like a criminal enterprise and one can only imagine the screams of outrage coming from the New York Times if there were a similar arrangement with any other country.

The latest revelation about Israel’s cheating involves subsidies that were paid covertly by Israeli government agencies to groups in the United States which in turn took direction from the Jewish state, often inter alia damaging genuine American interests. The groups involved failed to disclose the payments, which is a felony. They also failed to register under the terms of the Foreign Agents Registration Act of 1938, which mandates penalties for groups and individuals acting on behalf of foreign governments. In particular, FARA mandates that the finances and relationships of the foreign affiliated organization be open to Department of the Justice inspection. It states that “any person who acts as an agent, representative, employee, or servant, or otherwise acts at the order, request, or under the direction or control of a foreign principal.” Those who fail to disclose might be penalized by up to five years in prison and fines up to $250,000.

Israel’s various friends and proxies, uniquely, have been de facto exempt from any regulation by the U.S. government. The last serious attempt to register a major lobbying entity was made by John F. Kennedy, who sought to have the predecessor organization to today’s American Israel Public Affairs Committee (AIPAC) comply with FARA. Kennedy was killed before he could complete the process.

To be sure, the U.S. government has recently been aggressive in demanding FARA registration for other nations as well as for Americans working for foreign powers. There have been several prominent FARA cases in the news. Major Russian news agencies operating in the U.S. were compelled to register in 2017 because they were funded largely or in part by the Kremlin. Also, as part of their plea deals, the former Trump campaign chairman Paul Manafort and former National Security Advisor Michael Flynn both conceded that they had failed to comply with FARA when working as consultants with foreign governments.

A leading recipient of the Israeli government’s largesse has been the Israel Allies Foundation (IAF), which has a presence in 43 countries worldwide, though it is registered in the U.S. as a non-profit. It received a grant of $100,000 from Israel’s Strategic Affairs Ministry in 2019, part of the $6.6 million that was doled out to eleven American organizations in 2018-9. Israel Allies particularly uses Lawfare to target the non-violent Boycott, Divestment and Sanctions movement (BDS), which has a large and growing presence on university campuses. Effective lobbying by IAF in the U.S. has resulted in more than half of all states passing legislation that bans or limits the BDS activity while legislation that would criminalize organizations working against Israel has also been moving through congress. IAF has been directly involved in drafting such legislation and has more recently been pushing for new laws that would legally define criticism of Israel as anti-Semitism.

The Israeli Ministry of Strategic Affairs initially, in 2015-7, tried to give money openly to diaspora organizations but found that many American Jewish groups, to their credit, would not take it due to concerns over FARA and being accused of “dual loyalty.” So, the Ministry created an ostensibly non-government “public benefit company” cut-out to distribute the cash in a more secretive fashion. The mechanism was given the operational name Concert.

Concert’s sole purpose was to provide money to diaspora advocacy groups that would work primarily against BDS and other efforts to delegitimize the Jewish state. Concert had an independent board, but its activity of directed by the Strategic Affairs Ministry’s director-general.

Concert’s internal documents are predictably vague in describing the activities that it was funding, and one might assume that they are purposely misleading. They refer to “defensive and offensive” actions, on “corporate responsibility,” “the digital battlefield,” and regarding “amplification units” that would provide “support for organizations in a pro-Israeli network.” The intention was to improve Israel’s image due to the widespread and completely accurate perception that its human rights record is among the worst in the world. Concert was created to serve as a mechanism to be exploited where situations prevailed that “require an ‘outside the government’ discussion with the different target audiences… [and] provide a rapid and coordinated response against the attempts to tarnish the image of Israel around the world.”

Interestingly, one of the most recognizable recipients of Concert funds was Christians United for Israel (CUFI), America’s largest pro-Israel group, which received nearly $1.3 million in February 2019 to pay for several 10 week-long “pilgrimages” to the Holy Land. Each pilgrimage involved thirty “influential Christian clerics from the U.S.” who were clearly propagandized while they were in the Middle East. Other large disbursements went to predominantly Jewish student groups, presumably to provide them with both resources and necessary training to oppose campus critics of Israel.

The simple way to deal with the massive and illegal Israeli influencing operations that are being directed against the United States would be first of all to deduct every identifiable dollar that is being spent by the government of Prime Minister Benjamin Netanyahu to empower supporters in America from the $3.8 billion plus that Israel receives each year directly from the U.S. Treasury. Israel would not be concerned if the United States were to recover a paltry $10 million or so, but it would definitely send a message.

And then one might follow-up by requiring all the Israeli proxies that together make up the Israel Lobby to register under FARA. One might start with AIPAC, the Foundation for Defense of Democracies (FDD) and the Washington Institute for Near East Policy (WINEP) but there will be many, many more before the work is done. And CUFI, for sure. The fundamentalist Christian head cases that place Israel’s interests ahead of those of their own country finally need to have their bell rung.

セルビアは、台湾扱いのコソボならば許容する セルビア大統領筋が語る

イスラエルがコソボを独立国として承認するならば、セルビアはイスラエルとの外交関係を引き下げるが、通商事務所を置くくらいならば黙認する。つまり台湾のように扱う範囲ならば許容する。

セルビア大統領は既に米国AIPACで通商事務所をエルサレムに開設することを約束しており、ヨーロッパ諸国の中では一番親イスラエルの国である。

現にセルビア商業会議所会頭は、今週エルサレムを訪問し、不動産屋を回って物件を探していた。

Viral video of 'confused' Serbian president is not what it seems
Belgrade wants to open Jerusalem embassy, be ‘most pro-Israel country in Europe’ • Does not rule out Israel-Kosovo ties as long as they’re below country-level
By LAHAV HARKOV
SEPTEMBER 10, 2020 17:41
https://www.jpost.com/israel-news/viral-video-of-confused-serbian-president-is-not-what-it-seems-641764

・・・コソボみたいに小さい存在が何かを勘違いし独立宣言を出してみたところで、うまく行かないということですね。

シリア・デール地区の部族と米軍の折衝 サウジ軍人20人を間に入れて間接交渉

米軍、クルド民兵(SDF)、地元アラブ部族の3者の間にサウジ軍人20人を置き、間接交渉している。3者が直接顔を合わせることはない。前の記事

部族は、現在米軍基地で働いている青年たちの一斉引き上げなどを考えているとか。

サウジ軍人はアラブ部族の親戚だが、部族は要求事項を取り下げることはないと主張している。

Syrian tribe leader reveals 20 Saudi soldiers are deployed in eastern Syria
2020-09-11
https://www.almasdarnews.com/article/syrian-tribe-leader-reveals-20-saudi-soldiers-are-deployed-in-eastern-syria/

米国のレバノン2議員制裁は、イスラエルとの国境画定交渉でレバノンから譲歩を引き出すため

海底油田、ガス田の開発を睨んだレバノン・イスラエル国境画定交渉について、7月の時点で米国も納得の上で合意が成立していたが、米国案で確定してしまっては迷惑なイスラエルがちゃぶ台返しを始めた。

2議員に制裁を受けるまでもなく、既に8月に駐レバノン米国大使から、国境線をイスラエル有利に変更して合意することがレバノン経済危機脱出の鍵になる、と恫喝されていた。

اتفاق على آلية التفاوض... لا على الترسيم: في انتظار رد العدو
ميسم رزق الجمعة
11 أيلول 2020
https://www.al-akhbar.com/Politics/293725/%D8%A7%D8%AA%D9%81%D8%A7%D9%82-%D8%B9%D9%84%D9%89-%D8%A2%D9%84%D9%8A%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%AA%D9%81%D8%A7%D9%88%D8%B6-%D9%84%D8%A7-%D8%B9%D9%84%D9%89-%D8%A7%D9%84%D8%AA%D8%B1%D8%B3%D9%8A%D9%85-%D9%81%D9%8A-%D8%A7%D9%86%D8%AA%D8%B8%D8%A7%D8%B1-%D8%B1%D8%AF-%D8%A7%D9%84%D8%B9%D8%AF

・・・前の記事で、アマルのナビーフ・バッリー議長が、「これはレバノン全体に対する敵対行為だ。我々は絶対に権利を手放さない」と力説していたが、その意味がわかった。

蓋を開けてみれば、ほらねという話です。CIAの下部組織であるマスコミを使って「レバノン政治の腐敗」「ヒズボラはテロ組織」と連呼しているが、米国が本当の要求は「石油、ガス」と「イスラエル、ユダヤ」である。

スウェーデンが移民政策を転換へ 犯罪増加を受け

ここ数年、中東系の移民急増とともに、暴動、爆破事件が多発するようになり、「町を歩くだけで危険を感じる」「学校が恐い」という訴えも増え、従来は移民の悪口を言うことを拒否してきた中道左派の首相が、姿勢を転換させた。

'Crystal Clear': Swedish Prime Minister Links Immigration to Crime in a Turning Point
06:17 GMT 11.09.2020
by Igor Kuznetsov
https://sputniknews.com/europe/202009111080426292-crystal-clear-swedish-prime-minister-links-immigration-to-crime-in-a-turning-point/

消費増税、10年は不要 菅氏「安倍首相と同じ考え」

消費増税、10年は不要 菅氏「安倍首相と同じ考え」
9/11(金) 11:43配信
時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/bce162baebbf8600600b065df43a30e17cae9184

 自民党総裁選に立候補している菅義偉官房長官は11日の記者会見で、消費税率引き上げについて「安倍晋三首相はかつて『今後10年ぐらい上げる必要はない』と発言している。私も同じ考えだ」と述べ、従来の政府方針に変わりはなく、将来的な課題との認識を強調した。

 菅氏は10日夜のテレビ番組で「行政改革を徹底して行った上で、消費税は引き上げざるを得ない」と明言していた。発言には与党から戸惑う声が出ているほか、野党も次期衆院選の主要な争点と位置付ける構えを示しており、軌道修正を図ったとみられる。

 菅氏は10日の発言について「将来的な話として答えた。あくまでも(10年後の)その先のことを念頭に置いた話だ」と釈明。「今後も当面は新型コロナウイルス対策、さらには経済再生に全力で取り組んでいきたい」と述べるとともに、「経済を再生させなければ財政健全化はない」と語った。 

・・・2030年に15%ですね。はい、よくわかりました。

在沖縄米軍基地を離陸したマレーシア機(!?)が黄海上空を偵察飛行 米国 中国 日本

US Aircraft Caught Spying On Chinese Missile Test Disguised As "Malaysian Plane"
Thu, 09/10/2020 - 20:20
https://www.zerohedge.com/geopolitical/us-aircraft-caught-spying-chinese-missile-test-disguised-malaysian-plane

・・・様子をレーダーで監視していた中国によると、最初に飛来したのは米軍偵察機だったが、途中で識別信号が消えた。直後からマレーシア機に置き換わり、黄海上空を飛行。しばらくして沖縄基地に戻っていったとのこと(笑)。

トランプのロシア疑惑を追及していたマラー特別検察官のチームがスマホ初期化して司法省捜査に抵抗していた 米国

マラーを筆頭に少なくとも27人がスマホのパスコードを何度も打ち間違えるなどして、スマホを工場出荷状態に戻し、データを全消去していた。ジャーナリストが捜査資料を情報公開請求して判明。

At Least 27 Phones from Special Counsel’s Office Were Wiped before DOJ Inspector General Could Review Them
By Mairead McArdle
September 10, 2020 5:29 PM
https://www.nationalreview.com/news/at-least-27-phones-from-special-counsels-office-were-wiped-before-doj-inspector-general-could-review-them/

Mueller Team 'Accidentally Wiped' Phones During Trump-Russia 'Collusion' Probe, DOJ Records Show
07:19 GMT 11.09.2020
https://sputniknews.com/us/202009111080426561-watchdog-decries-scuttled-evidence-as-doj-records-show-mueller-teams-trump-probe-phones-wiped/

・・・パスコードを忘れただけと言い張れば、悪意で消去したと証明できない(笑)。

リトアニア議会がルカシェンコを違法大統領、ツィハノウスカヤを合法大統領とする決議を満場一致で採択 ベラルーシ

議会決議であって、政府決定ではない。

Venezuela scenario at play? Lithuania recognizes exiled opposition figurehead Tikhanovskaya as ‘elected leader’ of Belarus
11 Sep, 2020 04:59
https://www.rt.com/russia/500426-tikhanovskaya-lithuania-recognized-elected-leader/

・・・「ルカシェンコが支持されている」ことがベラルーシ反体制派の選挙監視組織によって確認されているにもかかわらず、選挙で選ばれた人を合法大統領とみなさないということは、ベネズエラ式の介入を狙っている可能性がある。

都心オフィス賃料、6年ぶり下落 空室は3%台、在宅拡大で解約

都心オフィス賃料、6年ぶり下落 空室は3%台、在宅拡大で解約
9/10(木) 14:48配信
共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/0d3b7398ecc02e78634cb8b9f865239ea778e070

 不動産仲介会社の三鬼商事が10日発表した東京都心の8月末のオフィス平均賃料(3.3平方メートル当たり)は、新型コロナウイルスの影響で前月に比べ0.83%安い2万2822円と、6年8カ月ぶりに下落した。空室率は0.30ポイント上昇の3.07%と6カ月連続で悪化し、2年半ぶりに3%台に乗せ、オフィス市場の変調ぶりが鮮明になった。

 平均賃料は企業の旺盛な需要を背景に、2014年1月から上昇を続け、7月には比較可能な02年以降で最高値となる2万3014円をつけていた。8月は業績悪化や在宅勤務の拡大に伴い、オフィスを縮小する中小企業の解約が相次いだ。

・・・ならば、こうした会社で働く従業員が一斉に引っ越して、神奈川、埼玉、千葉の人口が一気に増えるかというと、そういう単純な問題ではなく、1~3年ほど観察しないと傾向は見えてこないのでしょう。

米国に制裁されたレバノン政治家2人の所属組織が一斉に反発

アウン大統領は外務省に対し、米国の意図について正確に調査するよう指示。関連記事
President Aoun Asks Foreign Minister to Review Circumstances of US Decision to Sanction Former Ministers Khalil, Finianos
September 9, 2020
http://english.almanar.com.lb/1138788

マラダ指導者:米国の決定は政治的である。我々は信じる道を進む。
Franjieh: US Sanctions on Minister Finianos “Politicized”, Will Reinforce Our Commitment to Lebanon’s Sovereignty
September 9, 2020
http://english.almanar.com.lb/1138546

アマル指導者:米国の措置はレバノンの主権侵害。去る7月にイスラエルとの領海・経済水域境界線交渉で合意していたが、米国は合意発表を拒否していた。我々は絶対に譲歩しない。組閣中に制裁発表する意図に疑義がある。
Amal Movement Condemns US Sanctions: Entire Lebanon Targeted
September 9, 2020
http://english.almanar.com.lb/1138557

上記2本とほとんど同じ内容で、長文。
أمل والمردة يردّان على العقوبات الأميركيّة على خليل وفنيانوس: لن تتبدّل مواقفنا وقناعاتنا
برّي يربط العقوبات بترسيم الحدود والحكومة... وأديب بين السنيورة والحريريّ وإيميه / الخيارات الحكوميّة بين حكومة لون واحد اسمها تقنية... وتأليف يراعي نتائج التكليف
كتب المحرّر السياسي
https://www.al-binaa.com/archives/265785

ヒズボラ声明:米国は制裁によりレバノンを従属させようとしているが、その目的を達成することはできないだろう。
Hezbollah Voices Solidarity with Khalil, Finianos: US Sanctions Policy Will Fail in Lebanon
September 9, 2020
http://english.almanar.com.lb/1138744

制裁がらみの本筋の話より、中段でレバノン中銀総裁の汚職についてまとめてある。
The real goal of US sanctions on ex-Lebanese ministers is not corruption... it is to weaken Hezbollah & combat Iranian influence
Bradley Blankenship
Bradley Blankenship, Prague-based American journalist, political analyst and freelance reporter. He has a syndicated column at China Global Television Network where he writes about politics in the United States, Latin America, the Middle East and Europe, he's also a contributor to Policy Network, an international progressive think tank based in London, and a freelance reporter for international news agencies including Xinhua News Agency. Follow him on Twitter @BradBlank_
https://www.rt.com/op-ed/500303-us-sanctions-lebanese-ministers-iran/

・・・そもそも制裁の理由として挙げられている理由が、レバノン国内の小さな公共投資を誰が受注するかというゴミのような話なので、余計なお世話かつ、露骨な内政干渉なんですよね。そんなこと言ったら、日本の公共投資なんて片っ端から制裁対象でしょ(爆)。どうせやるなら、度肝を抜くような裏話を明かして欲しかった。

どこかの記事に、「米国制裁は我々にとって勲章だ」というコメントが書いてあった。この表現を使うアラブ人は徹底抗戦する。

ヒズボラ系を排除すると、社会の多数派が排除されるから、新政府が何かを決めようとしても動けなくなりますね。新政府は民主主義でないということにもなる。

なおフランスは新政府にヒズボラが入閣して構わないと考えており、米国のスタンスとの間にズレがある。

中銀総裁については、本人も汚職を否定しきれないことを自覚しているので、総裁退任後の免責特権を要求している。レバノン政府は早くから彼の問題に気付いており、彼を排除しようとしていたが、米国が中銀総裁だけは触ってはならぬと圧力をかけていたため混乱が収まらず、春の銀行襲撃事件に発展した。米国が米国に対して制裁すべき事案

シリア・デール地区 米軍が地元部族を懐柔するためサウジ軍人を入れてみた

السعوديّة في شرقيّ الفرات: جهود وساطة بتوكيل أميركي
أيهم مرعي
الخميس 10 أيلول 2020
https://www.al-akhbar.com/Syria/293684/%D8%A7%D9%84%D8%B3%D8%B9%D9%88%D8%AF%D9%8A-%D8%A9-%D9%81%D9%8A-%D8%B4%D8%B1%D9%82%D9%8A-%D8%A7%D9%84%D9%81%D8%B1%D8%A7%D8%AA-%D8%AC%D9%87%D9%88%D8%AF-%D9%88%D8%B3%D8%A7%D8%B7%D8%A9-%D8%A8%D8%AA%D9%88%D9%83%D9%8A%D9%84-%D8%A3%D9%85%D9%8A%D8%B1%D9%83

・・・軍人を入れたというところまでの報道であって、まだ結論は出ていない。

そういう話ではなく、誇り高きアラブ部族は、クルドなんてお家柄の悪い難民連中から指図されることが許せないんですよ。よそ者で難民で、米軍は地元にカネを落とさない。協力するメリットがないじゃないですか。頭悪いな、米軍所属の研究者は。

米国の中東和平案はパレスチナ国建設案を残すため でなければイスラエルが西岸全体を飲み込んでいた クシュナー顧問

Kushner: U.S. Mideast peace plan aimed at saving two-state solution
White House advisor says concept of Israeli, Palestinian states existing side by side is still viable and on the table; president's son-in-law says without American plan, 'ultimately, Israel would have eaten up all the land in the West Bank'
Ynet |
Published: 09.10.20 , 09:58
https://www.ynetnews.com/article/B1KccNPVv

・・・かつては占領地と呼ばれていた西岸では、イスラエルが国際法違反でパレスチナ人を力ずくで追放し、ユダヤ人入植地を次々に建設し、イスラエルが勝手に設定した境界線に高いコンクリート壁を張り巡らせ、パレスチナ人の移動経路を寸断した。これらの作業にかかった膨大な予算を負担したのは全て米国なのに、クシュナーは、まるでそんな過去はなかったみたいに、まるで自分がパレスチナ問題の救世主であり平和の立役者であるかのようにドヤ顔で語る。

クシュナーも所詮ユダヤ人ですから、イスラエルのためなら平気で嘘を付く。

ワクチン拒否がコロナを拡散し、他人の生命を危険にさらす ワクチン開発していないファイザー社CEOが私たちを恫喝

Pfizer CEO: Those who won't take vaccine will help coronavirus spread
Pfizer is one of the companies developing a vaccine for COVID-19, and is in late-stage testing for its inoculation and potential side effects.
By JERUSALEM POST STAFF
SEPTEMBER 10, 2020 11:13
https://www.jpost.com/health-science/pfizer-ceo-those-who-wont-take-coronavirus-vaccine-will-help-it-spread-641737

Pfizer CEO Albert Bourla has said that those who refuse to take a coronavirus vaccine will be the weak link which will allow the virus to spread again, CNBC reported on Tuesday.

In his statement, Bourla said that those who choose not to get vaccinated will not only affect their own lives, but the lives of others as well.
(後略)

・・・そもそもファイザー社は、コロナ・ワクチンの第1号を完成させておらず、ワクチンの効果と安全性を証明する以前の段階、つまりまだ舞台にすら上がっていない段階なのに、ワクチン批判派をこのように攻撃している。ファイザー社に批判する資格なし。

副作用があっても補償しないことが最初から決まっているファイザー社製ワクチンなど打てるかって話。

ノルウェー議員がトランプをノーベル平和賞候補に推薦 多くの平和をもたらした 米国

Norwegian MP nominates Trump for Nobel Peace Prize after Israel-UAE peace deal
9 Sep, 2020 11:25
https://www.rt.com/news/500245-trump-nobel-peace-nomination/

・・・前のオバマは「原爆を全廃する」と心にもない発言をし、本当に本人が折ったかどうか不明の折り鶴1羽を広島の資料館に送っただけで平和賞受賞しましたね。馬鹿にされたと思わない被爆者はどうにかしてると思うけど。

ケベック州 自宅待機を守らないコロナ感染者を当局が拉致し不明な場所に監禁 カナダ

Quebec City Says it Will Isolate “Uncooperative” Citizens in Secret Corona Facility
Health officials also visiting homes to take away people who violate quarantine.
9 September, 2020
Paul Joseph Watson
https://summit.news/2020/09/09/quebec-city-says-it-will-isolate-uncooperative-citizens-in-secret-corona-facility/

・・・ケベック州では、ナポレオン時代のフランスの法律が現在でも有効で、人権無視の強権発動が可能なのだそう。

日本ではのんびりした議論が続いているが、オーストラリア、スペイン、イギリスあたりでは強制的な行動規制が法制化され、機動隊を投入し、ぶん殴ったり催涙弾を撃ち込んででも規則を守らせるようになっている。

米国の対テロ戦争で3700万人が路頭に迷わされた 米国大学が報告書 NYT紙が報道 WAPO紙は反発(笑)

3700万人というのは控えめな数字であり、実際には4800万~5900万人と推定される。これだけ多くの人が家を失い、祖国の内外に難民となって流出し、その日の食糧にも困る状態に突き落とされた。

ブラウン大学の報告書(原文)
https://watson.brown.edu/costsofwar/files/cow/imce/papers/2020/Displacement_Vine%20et%20al_Costs%20of%20War%202020%2009%2008.pdf

The New York TImes記事
At Least 37 Million People Have Been Displaced by America’s War on Terror
A new report calculates the number of people who fled because of wars fought by the United States since Sept. 11, 2001.
John Ismay
Sept. 8, 2020
https://www.nytimes.com/2020/09/08/magazine/displaced-war-on-terror.html

The Washington Post記者の怒れるツイート
https://mobile.twitter.com/joshrogin/status/1303439037508841474

RT記事
Caitlin Johnstone: Tens of millions of people displaced by the ‘War On Terror’, the greatest scam ever invented
9 Sep, 2020 16:06
By Caitlin Johnstone, an independent journalist based in Melbourne, Australia. Her website is here and you can follow her on Twitter @caitoz
https://www.rt.com/op-ed/500281-war-terror-37-million-displaced/

・・・路頭に迷わされた原因を作ったのが米国が始めた対テロ戦争、と表現されている部分がミソ。

TikTokとイスラエル戦略問題省が意見交換 反ユダヤ主義とヘイトスピーチの言論規制について

TikTok, Israeli gov't team up to battle antisemitism, hate speech
“In the end, you can’t deny that social networks shape our perception of reality... It has the power to corrupt people’s minds,” warned Strategic Affairs Minister Orit Farkash-Hacohen.
By ZACHARY KEYSER
SEPTEMBER 9, 2020 13:44
https://www.jpost.com/breaking-news/senior-israeli-officials-meet-with-tiktok-representatives-in-israel-641580

・・・日本政府にこれをやらせたら、外国人は自由にさせ、日本人だけを規制処罰するのでしょうね。現に法律はそうなってるし。

イスラエルがコソボを承認したら、セルビアは大使館をエルサレムに移転しない セルビア大統領筋

Serbia won’t move embassy if Israel recognizes Kosovo
Serbia’s agreement said that they would also open an embassy in Jerusalem. Earlier this year, Belgrade announced that it would open a trade office in the capital.
By LAHAV HARKOV
SEPTEMBER 9, 2020
https://www.jpost.com/israel-news/serbia-wont-move-embassy-if-israel-recognizes-kosovo-641600

Israeli recognition of Kosovo as an independent country will strain relations with Serbia, despite it being in the framework of agreements the Balkan countries signed in the White House, a source close to Serbian President Aleksandar Vučić told The Jerusalem Post on Wednesday.

“Serbia will not move its embassy to Jerusalem if Israel recognizes Kosovo as an independent country,” according to the source, who has close knowledge of the agreements signed in Washington. “Moreover, this move by Israel would harm the otherwise intimate relationship between Israel and Serbia and it will never be the same. It’s that simple.”

The source added that “many have argued that Israel recognizing Kosovo would be akin to countries unilaterally recognizing ‘Palestine.’”

Kosovo declared its independence from Serbia in 2008, but Belgrade considers it to be an autonomous zone. Israel did not recognize Kosovo for over a decade, out of concern for damaging strong ties with Serbia and for setting a precedent for recognition of a Palestinian state.

Serbia and Kosovo signed separate agreements with the US at the same time, sitting on opposite sides of US President Donald Trump in the Oval Office on Friday. The agreements would allow for greater economic ties between the countries. Critics have said the content of the agreements does not progress Serbia-Kosovo ties, and consists of actions that it already pledged to take in EU-mediated talks.

In addition, the agreement with Kosovo stated that Israel would normalize ties with the Muslim-majority country, which would open an embassy in Jerusalem.

Serbia’s agreement said that they, too, would open an embassy in Jerusalem. Earlier this year, Serbia announced that it would open a trade office in the capital.

Serbia and Kosovo both seek to join the European Union, and Serbia has already begun negotiations on the matter. An EU spokesman said on Monday, regarding the agreements, that “any diplomatic steps that could call into question the EU’s common position on Jerusalem are a matter of serious concern and regret.”

・・・トランプ大統領の仲介で、イスラエルとコソボが国交樹立し、コソボは大使館をエルサレムに設置することが決まったばかりなのに、早速ほころびが表面化してしまいました。

大雑把なトランプでは、ガラス細工の外交は無理なんじゃないですか?

米国がレバノンの親シリア政治家2人に金融制裁

US sanctions 2 former Lebanese ministers over alleged support to Hezbollah
2020-09-09
https://www.almasdarnews.com/article/us-sanctions-2-former-lebanese-ministers-over-alleged-support-to-hezbollah/

BEIRUT, LEBANON (9:20 A.M.) – The U.S. Treasury has sanctioned two former Lebanese ministers over their alleged corruption and support to Hezbollah.

In a press release on Tuesday, the U.S. Treasury said they sanctioned former Finance Minister Ali Hassan Khalil and former Transport Minister Yousef Fenianos.

The U.S. Treasury said Khalil and Fenianos “provided material support to Hezbollah and engaged in corruption.”

Khalil and Fenianos are politicians that are members of two parties in the March 8th political bloc that is allied with Hezbollah.

In response to the sanctions, U.S. Secretary of State Mike Pompeo said “for too long, Lebanon’s political leaders have ignored their responsibility to address the needs of their people and instead built a political system that serves their private interests.”

“The August 4 explosion at the Beirut port is the most recent and tragic demonstration of Lebanon’s dysfunctional political system, which has also enabled a terrorist group to hold the country’s governance hostage to its own agenda. The United States supports the Lebanese people’s call for reform, and we will use all available authorities to promote accountability for Lebanese leaders who have failed their people,” Pompeo continued.

Pompeo said: “while holding positions in previous Lebanese cabinets, Fenianos and Khalil directed political and economic favors to Hizbullah, including ensuring Hizbullah-owned companies won government contracts worth millions of dollars and moving money from government ministries to Hizbullah-associated institutions.”

He added: “Today’s designations demonstrate that Lebanese politicians who have provided a false veneer of political legitimacy to Hizbullah or abused their positions to direct public funds to the terrorist group are as responsible for its entrenched influence as Hizbullah’s own members or the corrupt businessmen and money launderers that have helped fund the group for decades.”

・・・Ali Hassan Khalilは南部Khiyam(ヒヤーム)出身、アマル所属。Yousef FenianosはZahlah(ザハレ)出身、マラダ所属。親ヒズボラ派と書いてある記事ばかりだが、どちらもヒズボラに直接くっついているのではなく、シリアの子分。

シリア・デール地区 部族がクルド民兵を追放

一度追い出したが、すぐ奪還されたので、もう一度追い出した。
Syrian tribe reportedly expels US-backed forces from Deir Ezzor town
2020-09-09
https://www.almasdarnews.com/article/syrian-tribe-reportedly-expels-us-backed-forces-from-deir-ezzor-town/



別件で、ハサケ県郊外で、地元部族が米国トルコ占領軍の追放を求める集会を開催。
https://www.youtube.com/watch?v=IfIWMLjIdd0

トランプがアフガニスタン、イラクから米軍撤退を発表へ→シリアへ移動

Trump to announce withdrawal of additional troops from Afghanistan & Iraq in coming days
9 Sep, 2020 01:34
https://www.rt.com/usa/500212-troops-withdrawl-afghanistan-iraq-trump/

US to pull back 2,200 troops from Iraq, Pentagon confirms…but several thousand more still to stay
9 Sep, 2020 12:52
https://www.rt.com/news/500265-us-iraq-troops-withdrawal/

Another US Coalition convoy enters northeastern Syria: video
2020-09-09
https://www.almasdarnews.com/article/another-us-coalition-convoy-enters-northeastern-syria-video/
動画
https://www.youtube.com/watch?v=gmyDPOAx86s&feature=youtu.be

米軍がイラクから撤退→シリアへ 米軍がシリアから撤退→イラクへ 無限ループ

ロチェスター市警察の幹部全員が抗議の辞任 米国ニューヨーク州

Rochester police chief, deputies step down suddenly following protests over death of Daniel Prude
The department's leadership is getting a shakeup following protests.
Ivan Pereira
September 8, 2020, 8:02 PM ET
https://abcnews.go.com/amp/US/rochester-police-chief-entire-command-staff-retire-suddenly/story?id=72884253

・・・予算は削られるわ、糾弾されるわでやってられるかって話ですね。

アストラゼネカ社が新型コロナ・ワクチンの治験を中止 実績なき新規開発手法で重篤な副作用が発生

AstraZeneca’s Covid-19 vaccine trial ON HOLD after adverse reaction of UK participant – report
8 Sep, 2020 22:27
https://www.rt.com/news/500207-astrazeneca-covid-vaccine-hold/

関連記事
ランセット誌がロシア製コロナ・ワクチンの有効性、安全性を確認 ロシアはアストラゼネカ社の開発手法の安全性に疑義を指摘
(特に下線部参照)

・・・早速、懸念されていた事態が発生した。イギリスはコロナ対策で失敗ばかり。こんなワクチンを自分に、家族に打てるかって話。

サウジ国王がトランプに電話 パレスチナ問題で公正な解決を切望する イスラエルUAE国交樹立について

Saudi King tells Trump he is eager for fair solution to Palestinian issue
Saudi Arabia, the birthplace of Islam and site of its holiest shrines, does not recognize Israel.
By REUTERS SEPTEMBER 7, 2020 07:35
https://www.jpost.com/breaking-news/saudi-king-tells-trump-he-is-eager-for-fair-solution-to-palestinian-issue-641322

Saudi Arabia's King Salman told US President Donald Trump in a phone call on Sunday that the kingdom was eager to achieve a fair and permanent solution to the Palestinian issue, which he said was the main starting point of the kingdom's proposed Arab Peace Initiative, the state news agency reported.
(後略)

・・・パレスチナ人が満足する解決をサウジの解決とするというのが、従来からの基本姿勢。

ベイルート港爆発事故 教育関係の被害まとめ レバノン UNICEF

183 educational institutions damaged by the Beirut blast, affecting over 77,000 students
An estimated 600,000 children live within a 20-kilometer radius of the blast and could be suffering negative short-term and long-term psychological impacts.
by Tala Ramadan
6 September 2020 | 19:51
https://en.annahar.com/article/1272649-183-educational-institutions-damaged-by-by-the-beirut-blast-affecting-over-77000

BEIRUT: In an effort to ensure that all children affected by the Beirut blast can access education when the new school year starts this month, UNICEF called for urgent actions and increased support as 163 public and private schools were damaged by the explosions, impacting over 70,000 students and 7,600 teachers.

To meet the urgent needs of affected children, UNICEF has so far, responded by delivering 18 shipments of critical humanitarian supplies, totaling 67 tons, in addition to local procurement of emergency supplies, reconnecting over 155 buildings to the public water system, and installed more than 870 water tanks in damaged households, along with many other responses.

An estimated 600,000 children live within a 20-kilometer radius of the blast and could be suffering negative short-term and long-term psychological impacts.

Based on initial assessments of schools within a 20-kilometer radius of the blast by the Ministry of Education and Higher Education thus far, approximately 80 percent of schools have sustained light to moderate damage and 20 percent have sustained heavy damage.
(後略)

「フランスには冒涜する自由がある」マクロン大統領、ムハンマド風刺画再掲載で

「フランスには冒涜する自由がある」マクロン大統領、ムハンマド風刺画再掲載で
2020.9.2 11:23
国際中東・アフリカ
https://www.sankei.com/world/news/200902/wor2009020013-n1.html



France's Macron refuses to condemn Charlie Hebdo cartoons of Prophet Muhammad
The president defended citizens' right to freedom of speech. His remarks came as the satirical weekly Charlie Hebdo, the target of a massacre by gunmen in 2015, said it was republishing cartoons of the Prophet Muhammad.
01.09.2020
John Silk
https://www.dw.com/en/frances-macron-refuses-to-condemn-charlie-hebdo-cartoons-of-prophet-muhammad/a-54788078

(前略)
"There is in France a freedom to blaspheme which is attached to the freedom of conscience. I am here to protect all these freedoms. In France, one can criticize a president, governors, blaspheme," he said.
(後略)



Macron marks 150 years of 'La République' by lauding French freedoms
Issued on: 04/09/2020 - 14:22
https://www.france24.com/en/20200904-macron-marks-150-years-of-the-french-republic

In a speech on Friday marking 150 years of the French Republic, President Emmanuel Macron criticised those who seek French citizenship without accepting France’s “right to commit blasphemy”. To be French, he said, is to defend the right to "laugh, to criticise, to mock".

(前略)
Those who seek French citizenship must accept all of the republic's freedoms, including “the freedom to believe or not to believe".

"But this is inseparable from the freedom of expression up to the right to blasphemy”.

To be French is to defend the right to make people laugh, to criticize, to mock, to caricature,” he added.
(後略)



・・・これ、在日活動家に対して使える論理じゃないですか。

ロシア副首相と外相がシリア訪問 40の協定に調印

記事
Russian Foreign Minister arrives in Damascus
7 September، 2020
http://sana.sy/en/?p=202415

両国外相記者会見(長い動画)
Russian and Syrian Foreign Ministers Hold a Joint Presser in Damascus - Video
Middle East
12:53 GMT 07.09.2020
https://sputniknews.com/middleeast/202009071080389731-russian-and-syrian-foreign-ministers-hold-a-joint-presser-in-damascus/

外相記者会見(記事)
Al-Moallem: Future of relations with Russia promising.. Borisov: Syria is subjected to economic blockade.. Lavrov: war on terrorism in Syria to continue
7 September، 2020
http://sana.sy/en/?p=202446

40の経済開発協定に調印
https://www.almasdarnews.com/article/russia-and-syria-reach-agreement-on-40-new-projects/
Russia and Syria reach agreement on 40 new projects
2020-09-07
・・・まるで我が子のように面倒を見るロシア。シリアは海底油田、ガス田の開発利権をロシアに与えて支払いとしている。実際に出て行く現金はなく、契約書40件と引き替えに様々なサービスを受けている形。

ロシアが新しい対戦車砲をシリアに供与
Russia is sending ‘tank destroyer’ missile system to Syria: report
2020-09-07
https://www.almasdarnews.com/article/russia-is-sending-tank-destroyer-missile-system-to-syria-report/

(直接関係ない話題)
シリアで実戦評価された新しい爆撃システムを、ロシア戦闘機に搭載
Russian warplanes to get new bombing system after tests in Syria: MoD
2020-09-07
https://www.almasdarnews.com/article/russian-warplanes-to-get-new-bombing-system-after-tests-in-syria-mod/
・・・最近のロシアは、「シリアで実戦評価した兵器」という売り文句を隠しもしない。最初の頃は遠慮していた気が。

セルビア、コソボはエルサレムに大使館移転するならEU加盟不可 イスラエルはトランプ選挙対策に引きずり込まれた 米国

セルビア・コソボの仲介をEUと米国の両方がしてきたが、米国流アプローチに対し、EUが釘を刺した。

EU implies Serbia, Kosovo could risk EU membership bid with Jerusalem embassy
The 27-nation bloc’s long-held policy is that the city’s status should be worked out between Israel and the Palestinians as part of broader peace negotiations
By LORNE COOK
7 September 2020, 5:03 pm
https://www.timesofisrael.com/eu-warns-serbia-kosovo-over-jerusalem-embassy-move/



バルカン半島の紛争にイスラエルが手を突っ込むことは、イスラエルの国益に反する。
セルビアの大使館エルサレム移転は条件付きで、実現する見通しがない。

Israeli ex-envoys blast deals with Kosovo, Serbia
It’s a step that might have future repercussions for the Israel-Palestinian conflict warns one former diplomat claiming deal benefits only Trump campaign
The Media Line |
Published: 09.07.20 , 17:36
https://www.ynetnews.com/article/ByESsj7EP

セルビアとイスラエルの歴史的関係

The links between Serbia and Israel remain strong – opinion
The friendship between Serbia and Israel is not based only on current geopolitical and economic interests, but on traditionally good relations between the Serbian and Jewish people.
By ALEXANDAR NIKOLIC, VLADIMIR MARINKOVIC SEPTEMBER 6, 2020 20:50
https://www.jpost.com/opinion/the-links-between-serbia-and-israel-remain-strong-opinion-641304

When we read the text, “Kosovo is a test of Israeli moral character” – another in a series of systematically planned ideological pamphlets with clear but ethically, politically and legally unfounded goals – the first thought was, it did not deserve an answer. However, as descendants of the suffering victims, one of the Serbian and the other of the Jewish people as well, we have no right to remain silent when the predominantly Israeli or Jewish readers generally are told lies about killed, wounded or forcibly expelled Serbs and other non-Albanians from their homes.

Thousands of those who hope to find out the fate of their loved ones, whom the administration are forced to classify as “missing persons,” and many others, completely innocent, who have experienced the most difficult destinies, expect us to be their shofar.

It can be said that the relations between Serbia and Israel have been constantly rising in the past few years, and that thanks to President of the Republic of Serbia Aleksandar Vucic, as well as Israeli leaders, Serbia has raised Israel on the map of its foreign policy priorities. The friendship between Serbia and Israel is not based only on current geopolitical and economic interests, but on traditionally good relations between the Serbian and Jewish people, who too often shared a gloomy fate and fought side by side for the civilizational values of the modern world and society.

Some of the most eminent personalities in Serbian history were Jews and were largely responsible for the development of the Serbian state and society. Along with this, the grandparents of the visionary, the initiator and leader of the national movement for the creation of the Jewish state, Theodor Herzl, lived in Zemun, part of the capital of Serbia, Belgrade. In 2018, at that site, Presidents Reuven Rivlin and Aleksandar Vucic ceremoniously unveiled a plaque with the name of the street named after Herzl.

Not far from there, pedestrians can walk to the street where the Ashkenazi synagogue building is located, and which is named after Judah ben Solomon Chai Alkalai, in the memory of the Sephardi rabbi, writer, and forerunner of modern Zionism who lived and worked in the 19th century, and certainly influenced the atmosphere in which Herzl’s ancestors lived.

Of the impressive number of promotional acts in recent years, in relation to the local Jewish community and world Jewry in general, we will single out just a few:

• Serbia has unanimously passed a law in parliament on the return of property and compensation to the heirs of Holocaust victims, and will allocate 950,000 euros a year from the state budget for the next 20 years for the functioning of Jewish municipalities on its territory.

• This year, the government of the Republic of Serbia adopted the IHRA definition of antisemitism, thus once again showing that it stands firmly with the Jewish people and carries the banner of the fight against antisemitism and revision of history, which unfortunately rears its head in many European countries, especially in the Western Balkans.

These concrete moves point to the alliance between Serbia and Israel, whose relations cannot be disrupted by any current political or any other interest, although there are not a few stakeholders who are interested in that.

The particularly aggressive activities of Kosovo Albanian lobbyists are interwoven with constant insinuations in flattering Israel, intertwined with the disavowal of Serbia and the Serbian people, all with the aim of intensifying pressure on Israel to recognize a unilaterally declared independence of Kosovo. Namely, they are used to spreading propaganda without corroboration and facts, losing their compass due to a series of foreign policy failures caused by the empowerment of Serbia at the geopolitical and economic level.

THUS THEY allow themselves to even play and manipulate the victims of the Holocaust, trying in a shameful and bestial way to compare the six million victims of the most brutal and unique crime in human history with the victims of the Albanian people in Kosovo and Metohija, most of whom were members of the terrorist Kosovo Liberation Army.

Such a comparison relativizes the Holocaust. If anyone is expected to see through such shamelessness, it is the Jewish people, especially that part living in their homeland, the State of Israel, which has suffered for decades from unbalanced and politically motivated depictions of events in the Middle East. If it could, the Jewish people would take the stars from the sky to replace the event that caused the post-trauma in which it still lives, the Holocaust, with the events in Kosovo and Metohija in the 1990s.

During a visit to Yad Vashem, we expect government officials from Priština to confront the crimes of Balli Kombëtar, known as Balli, collaborators during World War II and the Holocaust. Not only are they hiding behind the chivalrous behavior of the Albanians in Albania itself, who were rescuing Jewish refugees; even more, and once and for all, to take a stand on May 14, 1944, when members of the 21st SS Mountain Division “Skenderbeg” (1st Albanian) stormed Jewish homes in Priština, arresting 281 members of the community, who were then transported to the German Nazi Bergen-Belsen concentration camp.

Should at least the readers of the respected Jerusalem Post in this context be interested in the role of Muhammad Amin el Husseini, known as the Jerusalem Mufti, in creating the Waffen SS Division among the Muslims of the Balkan Peninsula? Unfortunately, instead, an offer of trade followed.

They state that Israel should pay tribute to the victims of ethnic cleansing in Kosovo and Metohija, by recognizing the false state of Kosovo and establishing full diplomatic relations with it. Furthermore, it is stated as an argument that the independence of the so-called “Kosovo” was supported by Nobel laureate Eli Wiesel, and that the so-called “Kosovo” was recognized by 111 countries, including the USA, and the vast majority of EU countries.

However, there is not a single word about the motives for such decisions. A large number of small, economically underdeveloped countries have recognized the independence of “Kosovo” under the pressure of some of the great powers. However, with the diplomatic action of Serbia, which resulted in the annulment or suspension of the recognition of “Kosovo” by 18 states, today fewer than half of the UN members recognize “Kosovo,” and any attempt on their side to join international organizations is doomed to failure.

In this regard, the claim that Serbia discourages and puts pressure on other countries not to recognize “Kosovo” is preposterous. Serbia has a reputation and authority in the region, Europe and the world gained, through its responsible competent policy, adherence to its international obligations, efforts to resolve any conflict peacefully, which is the foundation of Serbia’s reputation and social power to work with international community actors and representatives of Kosovo”to peacefully cut the Kosovo knot, which is damaging the Serbian, Albanian side and the region as a whole.

Finally, after 2,000 years of suffering, longing and prayers, the Jewish people fought back and experienced deliverance from the Diaspora into their own sovereign and democratic state. As such, the State of Israel makes decisions in accordance with its own interests.

BEARING IN MIND its own geostrategic and state-political constellation, the last thing Israel needs to support is an imposed unilateral solution to the conflict, which is not the result of direct negotiations between the interested parties. Just like Serbia, in spite of everything, is fighting for its soul – Kosovo and Metohija – so Israel jealously guards its own Jerusalem.

Moreover, Serbian sovereignty over Kosovo was not questionable until its violent abduction. Principled Israel’s adherence to its own interests, in this case, coincides with international law and respect for the sovereignty and territorial integrity of the Republic of Serbia.

We cannot help but comment on the position that Kosovo, i.e. unsuccessful attempts to separate Kosovo and Metohija from Serbia and the creation of a false state of Kosovo, is the sui generis case. Nevertheless, none of the authors of that claim offered any argument in favor of its accuracy. They could not because such arguments simply do not exist.

The fact that many of the European Union member states, which face a similar problem, have refused to recognize Kosovo, clearly speaks of a latent danger and precedent. It is like holding an unscrewed bomb in your hand, relying only on the fact that your hand will not tremble by chance. Therefore, we do not want anyone to experience the consequences that would occur in the case of recognition of Kosovo and its admission to the UN.

Well-known statements and claims that in the 1990s Serbia introduced a dictatorship, that it banned media and textbooks in the Albanian language, that it persecuted and fired Albanian intellectuals, that it formed paramilitary forces, etc., are pointless to discuss, bearing in mind that in the abducted southern Serbian province – the cradle of Serbian spirituality, culture, history and national identity – shrines are being destroyed.

Cemeteries are vandalized, Serbs are beaten, illegally arrested, and their property set on fire. Without a doubt, there were those on the Serbian side who committed crimes. However, there is a key difference. Serbia has arrested and tried its criminals in accordance with the law, unlike Albanian criminals who have been rewarded with military ranks, promotions, political and social positions and, as a whole, strong resistance to take all those who deserve it to finally stand before justice. In the end, everyone today understands that Kosovo is a failed project that is unsustainable in every regard.

Albanian separatists have recently entered a new phase of the fight against Judeo-Christian civilization, which is that after many years of burning churches and monasteries, and expelling monks and priests and the Serbian people as a whole on a purely discriminatory basis, they are now appropriating that heritage, medieval monasteries included, in the UNESCO list, and are grotesquely trying to present it as their heritage.

To the manipulative-selective portrayal of relations, it is necessary to add the Kosovo Albanians who fought on the side of the Islamic State had commanders there, such as Lavdrim Muhaxheri, who was famous for his cruelty.

We are fully convinced that Israel will remain consistent with its own interests, supporting direct negotiations, which are the only way to a compromise solution and delivery of the sustainable peace. Israel, like Serbia, a sovereign country, is not subject to any pressure or misinformation that appears in the Israeli and Serbian media from time to time.

Israel has a fruitful cooperation with all stakeholders in the Western Balkans region. The growth and enrichment of the diversity of trade exchange, cooperation in the field of science, culture, arts, sports, sensitive attitude toward the Jewish community and finally, ever closer bilateral relations, are concrete indicators of the best intentions of the Serbian side toward Israel and the Jewish world in general.

Prof. Vladimir Marinkovic, is deputy speaker of the National Assembly of the Republic of Serbia and chair of the Parliamentary Friendship Group with Israel.

Alexander Nikolic is honorary consul of the Republic of Serbia in Israel.

ヘンリー王子、公邸改装費を返済 ネトフリ契約で資金確保

ヘンリー王子、公邸改装費を返済 ネトフリ契約で資金確保
9/8(火) 5:26配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d602bedfb2c9209a5fb2b12675259078e44912b

【AFP=時事】ヘンリー英王子(Prince Harry)の報道官は7日、王子がウィンザー城(Windsor Castle)の公邸改装費として使われた税金240万ポンド(約3億4000万円)を返済したことを明らかにした。動画配信大手ネットフリックス( Netflix)と最近結んだ契約で得た資金を充てたと報じられている。

 ヘンリー王子と米国人で元女優の妻メーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)は今年、「経済的独立」を求めて王室の公務から退いた。

 ヘンリー王子の報道官は、返済額は住宅改装費を「完全にカバー」するもので、公邸は今後も王子夫妻の英国での住居となると述べている。

 英PA通信によれば、改装費の返済は先週発表されたネットフリックスとの契約により可能となった。契約の金額は明らかになっていないが、数年間で数百万ドル(数億円)規模と伝えられている。



公邸改装費を返せという批判が沸き上がっていたから、費用を返済することで批判をかわし、居住権を保持した。

公務から全面的に退くことになったときは、公費が投入されなくなるから、チャールズ皇太子の私有財産で当面支えることになり、新婚で父親の庇護を受けるという情けない状況から何とか脱出した。

アンドリュー王子とex-wife(元妻)が昔から資金繰りに困っていて、米国人の金持ち複数から融通してもらっていたのだが、王子様がユダヤのスパイ網にひっかかって失敗したことで詰んだ。

米国にいればカネに困っているヘンリー王子に近づいてくる金持ちはいるが、利用されてしまうので、あまり感心しない。米国人は王子様のお言葉に関心ないと思うけど(苦笑)、取りあえず目先の問題には対処した。



西の本物の王子様が困難を脱したのに対し、東の王子様候補・小室君はその後進展なしですが、このまま秋篠宮皇嗣殿下から求められている国民に対する説明責任を無視したまま人生の駒を前に進めて許されるとでも思っているのだろうか。眞子様もしかり。皇室内においては、秋篠宮皇嗣殿下は眞子様の単なるお父様ではなく上司であり、彼女は部下という関係にある。上司の指示を2年も横向いて知らぬふりして、この2人は一体どうなっているのか。

論文発表のニュース以来、世間は批判をしなくなってしまったが、公開されているので、私は読みました。

クラウド・ファンディングについて、公文書(つまり法律原文)とサービス提供各社の契約書を集め、大枠の仕組み、既存商品の特徴と違い、注意点を整理したもの。長く詳細な注釈を付けることで論文形式に仕上げてある。司法で争われたケースについては言及が皆無。

弁護士事務所と顧問契約を結ぶと、月報、季報が会社に送られてくるが、その中の1本という感じ。注釈の分量の多さで「これはただの新聞記事、雑誌記事ではなく学術論文です」と主張しているような印象を受けた。本文は全く同じで、違いは注釈だけというヤツ。政治論文でもよく使う手法。

私が受けた正直な第一印象は、以下の通り。

役所というところは新しい法律を制定するとき、ときに数十年の年月をかけてあらゆる問題点を検討し法律に仕上げる。法律自体が詳細に出来上がっており、その件については、施行する前に方向性と将来発生しうる大抵の問題は想定されている。法律だけで先が見える。

実際にサービスを提供する民間各社は、専門家で構成される検討会議を設置し、何か問題が発生しても自社が火の粉を被らないよう、徹底的に問題点を洗い出し、責任回避する仕組みを構築する。それが契約書の形に文書化される。

役所の内外で実績のある複数の職業弁護士(とその他の分野の専門家)が徹底的に検討し終え、現時点で文献が完璧に揃っており、歴史が浅いから資料の分量が少ない題材を、学生の立場でもう一度まとめ直すだけなので、論文の構成、内容、仕上がりが最初から見えている。

だから独自性、斬新さが感じられない。これでもって、大論文なのだから下々の者たちは批判を控えよと言わんばかりの報道をされても、私は同意しません。強烈な違和感を感じるだけ。もともとこの掲載誌の執筆者構成は、職業弁護士を主としつつ2~3人の院生も毎回含めているので、「天才現る」「金字塔を打ち立てた」というほどのニュースではないです。論文ではあっても大論文ではないと思いますよ。

まあ修士論文なんて学士論文をもう一本書けばもらえるものなので、そこまで要求しなくても、と言われればそれまででしょうかねぇ。

クラウド・ファンディングで集められる資金は少額なので、大規模ビジネスを計画している人は既存の資金調達方法を検討する必要があるという最後尾のアドバイスは、「そんなこと、わざわざあなたから指摘されなくても」という水準ですね。「少額の資金調達に適した手法として最初から制度設計された」と冒頭に一言指摘してから書き進めるべきところを、表現を変えて末尾に結論のように持ってきているので、苦笑するしか・・・。

最近始まった新しい手法であるがゆえ、法廷で争われた深刻なケースも恐らくないだろうから、論文には法解釈や運用上の新たな注意点に関するアドバイスはない。弁護士事務所から送られているこの種の解説には、大抵何かしらが書かれているものだが(書いてあるでしょう?)、それがない。

詳細な注釈を付けた努力は認めるけれど、同種の作業は必ずしも弁護士の専管事項ではなく、政府や各企業が何か行動したり、あるいは出版社が調査したりするとき、日本中で世界中で法科出身者以外も含めて皆がやっている作業。いろんな意味で安直。資料が入手しやすくまとめやすい題材をまとめるよう、先生が誘導したのでしょうかねぇ?知らんけど。

ところで彼、Aさんから出してもらった生活費、学費についてはどうなっているのでしょうか。

フォーダム大の1年目は学費全面免除だったが、2年目以降は全面免除にならなかった。渡米時の報道によると、2年目以降の学費、生活費は工面できていなかったから、今でも某弁護士事務所におんぶにだっこだろうと想像するが、ニューヨークなんて学費も生活費も東京の比ではなく、目玉が飛び出るほど高いのに、横浜から皇居までのタクシー代1万円が支払えなかった家の息子が、どうやってやりくりしているのか、本当に不思議。

女性宮家が法制化され、殿下に昇格することが現実のものとなり、子供が皇位継承第2位、第3位になったら、国民がどんな反応を示すのか、政府も皇室も落としどころを考えて行動しているのだろうか?

ユダヤ人弁護士の家に反ユダヤの落書き→犯人逮捕したらその弁護士でした イギリス

この人相の悪いのが、高校教員で、事件を企画実行をした。
2019年1月から架空の名前で親パレスチナ活動家のふりをし、地元の親パレスチナ団体に浸透してスパイ活動をしようとしていた。
ユダヤ人=スパイを地で行く活動家。
下記弁護士宅に「自由パレスチナ」と複数の絵文字をスプレーで書いた。
0_sct_JW_281887JPG.jpg

上記人物の友人で、彼の犯行に同調し、落書き事件後は親パレスチナ団体に対する執拗な批判攻撃を繰り返した。
職務に反する行為をしたとして、弁護士会から懲戒処分を受けた。
1_TNP_26-9-19_Berlow_06JPG.jpg

Top pro-Israel lawyer faked vandalism attack at Scots home in plot to frame Palestine group
Matthew Berlow played a key part in faking a graffiti attack at his home then used the bogus incident to smear the Scottish Palestine Solidarity Campaign.
Mark McGivern
04:30, 7 SEP 2020
https://www.dailyrecord.co.uk/news/scottish-news/top-pro-israel-lawyer-fake-22639409

A top lawyer has been slammed by legal watchdogs for a bizarre plot to discredit a Palestinian pressure group.

Matthew Berlow played a key part in faking a graffiti attack at his home then used the bogus incident to smear the Scottish Palestine Solidarity Campaign.

He now faces a £500 fine for his part in the conspiracy after an initial probe by the reporter of the Law Society of Scotland.

Berlow knew his associate Ed Sutherland, a teacher at Belmont Academy, Ayr, had created a fake Facebook identity under the name Stevie Harrison to infiltrate the SPSC in January last year.

Berlow and Sutherland are linked to Friends of Israel, which aims to promote the interests of the country in the UK.

The fake Palestinian supporting activist “Stevie Harrison” wrote a social media post highlighting vandalism daubed on Berlow’s home in Glasgow.

The post said: “A certain Jewish lawyer woke up this morning to find ‘Free Palestine’ spray-painted rather ­prominently – no idea who was responsible.”

Berlow fuelled the story of the fantasy attack by playing the victim and commenting on the post: “Idiocy. Typical SPSC behaviour criminal.”

He later admitted to the LSS that he knew the scenario to be faked. But he claimed he went along with it because the Harrison character was being used “to monitor various ­disruptive activities of the SPSC”.

A preliminary ruling found Berlow failed to maintain the standards of behaviour expected for a ­solicitor.

It stated: “The pertinent issue is the solicitor’s comment, ‘Typical SPSC behaviour’ and the association between the SPSC and the supposed act of vandalism in the post. The post was made by the alias Stevie Harrison.

"The reporter has been provided with no evidence to find that Harrison was recognised as a member of the SPSC.

“Conversely, as the reporter is satisfied that Harrison is an alias and the social media profile fake, Harrison would naturally be unable to attend any ­demonstrations or meetings organised by the SPSC.

“Furthermore, following the words ‘no idea who was ­responsible’, there are a number of emojis portraying a wink.

“The reporter is satisfied that the choice of the words and emoji were intended for readers of the post to draw the inference that the act of vandalism had been committed by Harrison.

“The reporter is therefore satisfied that the comment made by the solicitor ­associating the act of vandalism with the SPSC was unfounded.”

The LSS reporter also makes it clear it was part of a plot by Berlow and a “Mr Y” – who can be identified as Ed ­Sutherland and who faces his own probe by the General Teaching Council for Scotland.

The reporter states: “Mr Y, like the solicitor, is a supporter of the state of Israel.

“The reporter is satisfied that Mr Y ­impersonates an anti-Israeli activist and in order to convince other anti-Israeli ­activists, Mr Y targets Israeli supporters, including the ­solicitor.

“The reporter is satisfied that when commenting on the post, the solicitor would have known that the post was false and no vandalism had taken place.

“The reporter is satisfied that the purpose of the comment was to associate the ostensibly ­criminal act with members of the SPSC despite the solicitor being aware at the material time that no criminal act had taken place.”

Berlow claimed last night he had launched a sting to catch out a person who was stalking him.

He said: “Unfortunately I made it too real and named an organisation I shouldn’t have. It wasn’t my intention to blame the SPSC for a fictitious event.”

But victims are demanding the Society’s ­professional conduct sub committee forces the lawyer to pay compensation to those smeared by the plot.

・・・同じ町にある親パレスチナ組織の活動状況をスパイし、評判を貶めるために犯行を実行した(←「スパイし」という表現は、私の妄想に基づく指摘ではなく、本人の供述です)。

弁護士会に支払う罰金は500ポンド(約7万円)だけで、別に弁護士資格を失うわけでもないので、やった者勝ちの世界。(←ぎりぎりの線を狙うところがまたユダヤ人らしい)。

捏造した根拠で社会的に糾弾した親パレスチナ団体に対し、この弁護士が慰謝料を支払うことは予定に入っていない。(←親パレスチナ活動には理由があろうが1円だって支払わないという姿勢も、実にユダヤ人的。かわいいのは自分だけ。)

ユダヤ人は世界のどこかで毎日のように「あいつは反ユダヤだー!」と叫んでいるが、真に受けてユダヤ人に協力してはいけないという良い証拠が出てきた。叫んでいる人がいたら、その内容に入る前に、まずは素性の確認。

これは永久保存版ですね。Webryが勝手に検閲削除しないよう監視対象にする。

トランプ ペンタゴン上層部は、弾薬や戦闘機を作っているメーカーを喜ばせるため、ひたすら戦争を続けている。 米国

CBS News Verified Account
@CBSNews

Trump: "I'm not saying the military's in love with me. The soldiers are. The top people in the Pentagon probably aren't because they want to do nothing but fight wars, so all of those wonderful companies that make the bombs and make the planes and make everything else stay happy" pic.twitter.com/uu1UnBnHbT
11:03 - 2020年9月7日
https://mobile.twitter.com/CBSNews/status/1303031091541028867/video/1



Liberals & hawks accuse Trump of ‘attack’ on military after he says Pentagon chiefs ‘fight wars to keep arms dealers happy'
8 Sep, 2020 00:53
https://www.rt.com/usa/500114-trump-pentagon-arms-dealers/

・・・ひゃー。米国大統領が本当のことを言っちゃった!(笑)
大ニュースなのに、なぜ日本のメディアは報道しないの?(爆)



セルビアの大使館エルサレム移転は条件付き コソボ独立は認めず イスラエル紙

第三国によるコソボ承認は1年凍結という約束を今回したわけだから、イスラエルによるコソボ承認をセルビアは不快に思っている。

セルビアは、もしイスラエルがセルビアの立場を尊重するならば、大使館をエルサレムに移転すると語った(つまり実際には当面移転する予定はないので、トランプが来年7月までに移転と発表した部分を、セルビア大統領は承知していない・・・と解釈するのが自然か?)。関連記事



For former foes Serbia and Kosovo, disagreements extend to Israel as well
After Belgrade and Pristina announce upgrade in relations with each other, and Jerusalem, Serbian leader is quick to say he did not approve of Israel recognizing Kosovo
By TOI staff and AP 5 September 2020, 4:25 am 0 Edit
https://www.timesofisrael.com/for-former-foes-serbia-and-kosovo-disagreements-extend-to-israel-as-well/

A White House summit intended to improve tense relations between eastern European nations Serbia and Kosovo Friday included a surprise addendum, with both countries announcing they would upgrade their relations with Israel — to much fanfare from the Trump administration and Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu.

Serbia announced it would move its embassy to Jerusalem, the first European nation to do so, while Muslim-majority Kosovo, which unilaterally broke off from Serbia in 2008 and declared independence, said it would establish relations with Israel and also open a Jerusalem embassy. The states had not previously recognized each other.

Serbia still does not recognize Kosovo’s independence, though it moved to normalize economic relations with its smaller neighbor Friday, as Serbian President Aleksandar Vucic and Kosovo’s Prime Minister Avdullah Hoti agreed to cooperate on a range of financial fronts to attract investment and create jobs.

But soon afterwards the Serbian leader made clear he had not been particularly happy with Jerusalem and Pristina formalizing ties. The president’s official website said there had been “a big fight” with Washington over the US desire that Israel and Kosovo recognize each other.

“They thought we should call on Israel to recognize Kosovo, and we said we couldn’t because it undermines our policy,” Vucic was quoted by the website as saying. “We said that if Israel and Pristina agree on that — fine. We also told Israel that if they respect Serbia, then our country will move the embassy to Jerusalem.”

The statement underscored the complicated relations between the two states. Kosovo is only partially recognized as sovereign around the world. Kosovo’s parliament declared independence from Serbia in 2008, nine years after NATO conducted a 78-day airstrike campaign against Serbia to stop a bloody crackdown against ethnic Albanians in Kosovo.

About 100 countries, including most Western nations, have recognized Kosovo’s independence, but Serbia and its allies Russia and China have not. The ongoing deadlock and Serbia’s unwillingness to recognize Kosovo have kept tensions simmering and prevented full stabilization of the Balkan region after the bloody wars in the 1990s.

Serbia and Kosovo’s leaders both declared satisfaction with Friday’s talks, though they stressed the sides were not moving to recognize each other.

Kosovo did agree to a one-year pause in efforts seeking new membership in international organizations. And Serbia agreed to a one-year pause of any campaign against Kosovo’s efforts for membership into international organizations and new recognition from other countries.

The EU has mediated the talks between the two former wartime foes for more than a decade, and the parallel US effort, although focused on economic development, has not been fully embraced by some EU officials.

The countries’ decisions to establish embassies in Jerusalem were a nod to both Israel and the United States. The Trump administration recognized Jerusalem as Israel’s capital in late 2017 and moved the US embassy there in May 2018.

The administration has encouraged other countries to do the same but has been widely criticized by the Palestinians and many in Europe because the Israeli-Palestinian conflict remains unresolved.

The gestures to Israel are part of the Trump administration’s push to improve the Jewish state’s international standing, which has included forceful denunciations of criticism of Israel at the United Nations and in other international venues. Most recently, the administration brokered a deal for Israel and the United Arab Emirates to normalize relations. That was followed by the first passenger commercial flight between Israel and the UAE, with neighboring Saudi Arabia and Bahrain to allow such flights to pass through their airspace. Additional Arab states, including Sudan, Bahrain and Oman, have been identified as countries that may soon also normalize relations with Israel.

Serbia and Kosovo have already okayed air, rail and transit agreements, including one that would clear the way for the first flight between Pristina and Belgrade in 21 years. The new agreement comprises many more areas of economic cooperation. Business leaders in both nations have been frustrated and have been talking among themselves about ways to foster investment outside of the ongoing political talks brokered by the European Union.

On Monday, Vucic and Hoti are scheduled to go to Brussels to hold talks under the auspices of the EU’s foreign policy chief Josep Borrell and special envoy for the Belgrade-Pristina dialogue Miroslav Lajcak.

Serbs view Kosovo as their national heartland and trace their presence to hundreds of medieval Serbian Orthodox Church monasteries dotting the province. The majority Albanian Kosovars insist they are Kosovo’s oldest inhabitants. First granted and then stripped of self-governance within Serbia and the former Yugoslavia, ethnic Albanians claimed they were oppressed by the Serbian state before their fighters launched a rebellion in 1998.

Serbia, led at the time by nationalist strongman Slobodan Milosevic, responded with a brutal crackdown that triggered NATO intervention in 1999.

In June an international prosecutor indicted Kosovo’s president and nine other former rebel fighters with war crimes and crimes against humanity during and after a 1998-99 armed conflict.

大使館のエルサレム移転を、セルビア大統領は承知していなかったかも トランプ記者会見で当惑(動画)

トランプが、セルビア大統領を従えて記者会見し、「セルビアが来年7月までに大使館をエルサレムに移転する」と合意文を読み上げた際、セルビア大統領が「へ?」という顔をし、書類をめくり、後ろに控える補佐を見て、再び前方を向き、自分の手で前髪と額を触った。
https://twitter.com/i/status/1302281204805201922

I pledged what? Serbian President Vucic seems surprised after Trump announces that Belgrade will move embassy to Jerusalem (VIDEO)
6 Sep, 2020 08:58
https://www.rt.com/news/499984-serbia-embassy-move-facepalm/

セルビア大統領はベルギー・ブリュッセルで記者会見し、署名前に文書に目を通さなかったというネット上の反響について、そんなことはないと否定。
Vucic Explains Why He Looked 'Puzzled' When Trump Announced Serbia's Embassy Transfer to Jerusalem
15:38 GMT 06.09.2020
https://sputniknews.com/world/202009061080382407-vucic-explains-why-he-looked-puzzled-when-trump-announced-serbias-embassy-transfer-to-jerusalem/

・・・セルビア側の発表によると、米セ首脳会談では政治課題は棚上げし、経済問題についてだけ合意したことになっているし、セルビアの過去の政治姿勢・投票行動からして、国際法違反の大使館エルサレム移転に踏み切るとは思えず、私もおかしいなぁと感じていた。ユダヤと米国に騙された可能性を覚えておく必要がある。

マラウィーがエルサレムに大使館を開設

Malawi to open embassy in Jerusalem
Should Malawai make good on its pledge, it would be the first African country to take this step.
By TOVAH LAZAROFF SEPTEMBER 6, 2020 15:28
https://www.jpost.com/israel-elections/malawi-to-open-embassy-in-jerusalem-641241

The African country of Malawi over the weekend announced that it would open an embassy in Jerusalem, following similar announcements by Serbia and Kosovo.

To date, only the United States and Guatemala have embassies in Jerusalem, while the remainder of the 87 embassies in Israel are located in the Tel Aviv area.

The east African majority-Christian country has had relations with Israel since 1964, but neither country has opened an embassy on the other’s territory.
(後略)

・・・小さくて、あってもなくても気付かない国。

エルサレムについては国連安保理決議、総会決議が沢山あって、国際法の縛りがあるから、普通に解釈したらエルサレムに大使館移転ということにはならない。イスラエルは嬉しいから大々的に広報するが、なかなか大物は釣れない。

UAEへのF-35売却について、イスラエルが米国に賠償請求を検討中 既契約分の早期引き渡しなど

Israel to demand U.S. compensation over UAE warplanes sale
Jerusalem is set to ask Washington to move up the date of supply of advanced weapons systems by a year, indicating Israel's defense establishment had resigned to the fact the arms deal between U.S. and UAE will go through
Nahum Barnea |
Published: 09.06.20 , 10:44
https://www.ynetnews.com/article/BkNMrWf4v

・・・UAEは自身に能力があったからこそ、他のアラブ国ではできないことを成し遂げたとでも思っているのだろうが、この記事が示すように、アラブが脳内で作戦を考え、あれこれ考えて契約書に調印してみたところで、イスラエルはそれを既得権の侵害と捉え、賠償請求し、確実に回収していく。

ランセット誌がロシア製コロナ・ワクチンの有効性、安全性を確認 ロシアはアストラゼネカ社の開発手法の安全性に疑義を指摘

ロシア製ワクチンSputnik-Vの安全確認のため集めた被験者数は、アストラゼネカ社の被験者数の4倍。

アストラゼネカ社のワクチンでできる抗体の数は、コロナに感染して治った人が持つ抗体数と同じだが、ロシア製ワクチンを接種すると、その1.4~1.5倍の抗体ができる。(有効性が確認できた。)

ロシア製を接種すると100%で抗体ができる。重篤な副作用は1例も確認されなかった。そもそも過去に多くのワクチンで安全性が確認されている手法で開発したので、安全性には自信を持っている。

逆に私たちは世界に問いたい。アストラゼネカ社が今回採用しているチンパンジー・アデノウイルスまたはmRNAベースに着目したワクチン開発で、長期的な有効性、発がん性リスクがないこと、受胎能への影響がないことを証明する公式データを公開することを求める。また、アストラゼネカ社が、望ましくない副作用の法的免責事項を推進している理由も知りたい

The Lancet Publishes Results of Russian COVID-19 Vaccine Clinical Trials
11:00 GMT 04.09.2020
https://sputniknews.com/science/202009041080363522-the-lancet-publishes-results-of-russian-covid-19-vaccine-clinical-trials/

・・・ランセット誌のお墨付きを得ると箔がつくので、自慢話が一杯。

セルビアとコソボが在イスラエル大使館をエルサレムへ移転へ 米国が仲介

米国は、セルビアとコソボの相互承認を狙っていたようだが、最後の土壇場でセルビアが拒否した。
Vucic Says Section on Kosovo Recognition Scrapped From White House Talks Agenda
02:46 GMT 04.09.2020
https://sputniknews.com/europe/202009041080362128-vucic-says-section-on-kosovo-recognition-scrapped-from-white-house-talks-agenda/

米国とセルビアで二国間協定、米国とコソボで二国間協定。三角形の国際協定を結んだのではない。
内容は経済分野が主である。
セルビアとコソボを高速道路で結び、コソボ内のセルビア人地区との連絡を改善する。米国EXIM Bankが融資する。
セルビアとコソボで外交官、国家資格の相互承認。
信頼できる供給者からの5G網構築(Huawei排除、反中国
米国のビザなし基準に適合した空港システムの導入。
信教の自由と保護、特にコソボ内でのセルビア正教保護。
第三国によるコソボ承認、およびコソボ承認の取り消しを求めるセルビアの活動の1年間休止。
Vucic Discloses Content of Bilateral Agreement on Kosovo Signed at White House
22:50 GMT 04.09.2020
https://sputniknews.com/europe/202009041080370726-vucic-discloses-content-of-bilateral-agreement-on-kosovo-signed-at-white-house/

米国とイスラエルがほぼ同時に発表(注:コソボは発表していない)。
コソボはイスラエルと国交樹立し、大使館をエルサレムに置く。コソボはムスリム多数派の国。セルビアはまず領事館をエルサレムに移し、1年後に大使館をエルサレムに移転する。
PM: Kosovo to establish ties with Israel, open Jerusalem embassy along with Serbia
Kosovo to be first Muslim-majority nation to open embassy in capital; agreements part of normalization deal with U.S.; Netanyahu hails step in rare Shabbat statement, says 'circle of peace and recognition of Israel is expanding, more countries are expected to join'
News Agencies |
09.04.20
https://www.ynetnews.com/article/HJTT3leNv

・・・NATOが力尽くでコソボをセルビアから分離してみたものの、円満な協議離婚にならなかったため、コソボの国際貿易や金融決済に国際法上の問題が残された。世界と自由に経済交流できないコソボは困窮を強いられ、かといって米欧が経済支援するはずがないので米欧は俺たちをそそのかしておいて話が違うじゃねーかという状態になっていた。

セルビアに経済制裁や各種嫌がらせを長年加えて、現時点でこのような形に丸め込んだということだ。イスラエルとの関係について両国とも積極的に語っておらず、スルーしていると思うので、「丸め込まれた件」の一つと考えて良かろう。

セルビアとコソボの二国間関係については、まだ信頼醸成に至っていないという特にセルビア側の判断で、まずは高速道路を1本建設して様子を見ましょうということになったのだろう。

難しい交渉をまとめた米国の交渉担当者は大いに褒めてもらいたかったようだが、記者会見でマスコミが1つも質問せず華麗にスルーしてくれたので、癇癪を起こしていた。知らんがな(苦笑)。

WHOがポリオ撲滅宣言→1週間後、ビル・ゲイツの生ワクチンでアフリカにポリオ拡散 あなたはゲイツのコロナ・ワクチンを打つのか?

WHOが8月25日、アフリカ大陸からポリオが撲滅されたと高らかに宣言
https://apnews.com/bacb87a9e7112d0b22e0549d29f50949

WHOは9月1日、ビル・ゲイツが資金協力しWHOが接種を促しているポリオ生ワクチンのせいで、アフリカの複数国でポリオが拡散していると発表。死者も発生している。ビル・ゲイツがばら巻いたポリオ・ウィルスは、自然界で変異しながら大陸全体に広がりつつある。
https://www.who.int/csr/don/01-september-2020-polio-sudan/en/

ビル・ゲイツの財団が、ポリオ・ワクチン開発に資金拠出
https://www.gatesfoundation.org/what-we-do/global-development/polio

WHO、ビル・ゲイツ、大手製薬会社等が低所得国の子供たちにワクチンを無料接種する目的で設立した団体GAVIが、南アフリカの大学と共同で新型コロナ・ワクチンの臨床試験を8月最終週から開始。
https://www.gavi.org/vaccineswork/first-african-trial-covid-19-vaccine

記事
https://www.zerohedge.com/markets/un-forced-admit-gates-funded-vaccine-causing-polio-outbreak-africa

過去の関連記事
ポリオ・ワクチン被害でインドから追放されたビル・ゲイツ 今度はコロナ・ワクチンを狙う
ロックダウン政策推進派の顔ぶれ ビル・ゲイツ 製薬会社
新型コロナはMS Windowsと同じ 私たちは奴隷制社会に向かっている
EUワクチン・カード(パスポート)をコロナ直前に欧州委員会が企画立案済み 2020年から啓蒙活動開始
人間にマイクロチップを埋め込み管理する法律がミシガン州下院を通過 米国
日本政府が確保したイギリス製コロナ・ワクチン 副作用で死んでも補償なし

・・・あなたは、これでもゲイツの資金で開発されたコロナ・ワクチンを打ちますか?

黒人になりすました白いユダヤ人 嘘がバレないよう実母の葬式を欠席した 米国

問題のユダヤ人の母方の家族は、彼女が黒人になりすましていたことは、ニュースで初めて知った。

髪は生まれつきブロンドだった。事件発覚後、電話で話したが、演技しているのかどうかわからないが、声は別人の声だった。(注:声の高低を調整する手術がある。)

問題のユダヤ人の両親は離婚し、父はカリフォルニアで死んだ。母方の家族は、彼女が実父の葬式に参列したかどうかは把握していない。

White professor of African American studies who faked being black 'skipped her own mom's funeral to avoid being found out' - as relatives say they are worried for her safety and she can always come home

Jessica Krug, a professor at George Washington University, posted on Thursday
In her Medium blog she confessed that she had been pretending to be black
Family members told DailyMail.com they suspect she skipped her mom's funeral
They believe Krug did not show to avoid having her new look cause a scene

By Ben Ashford For Dailymail.com
Published: 02:01 BST, 5 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8699915/White-professor-faked-black-skipped-moms-funeral-avoid-out.html

(前略)
And they had absolutely no idea that Krug was passing herself off as black until they were contacted this week by news media.

'She was blonde the last time I saw her. And as for her voice, well that's interesting. I don't know if she's acting but the voice she has now is not one I've heard before,' he said.
(後略)



・・・ふふん、さすが職業スパイは覚悟が違いますね、としか思わない。前の記事

日本は本人確認が甘い社会だが、こんなのが世の中のあちこちに「戦略的に配置されている」。彼らの悪意からどうやって身を守るのかという視点が必要。戸籍確認は最初の第一歩に過ぎない。

記事の後半には、彼女の素性に疑問を持った研究者が探りを入れ始めたため、彼女は観念したという話が書かれている。

米国がWADAに組織改革を要求し予算拠出を拒否 スポーツ大会から米国を排除する動き

米国からの通告が、WADA内部では怒りを持って受け止められており、全ての委員会から米国委員を追放し、米国の反ドーピング機関に対するWADA認可を取り消し、全てのスポーツ大会から米国を排除しろという声が上がっている。

‘The consequences could be severe’: American athletes may be barred from Olympics after US threatens to withhold WADA cash
4 Sep, 2020 12:37
https://www.rt.com/sport/499861-us-threats-wada-funding/

・・・東京オリンピックから米国選手団が排除されたら、日本政府はどうするつもりでしょうか。

米国政府もカネがないという話なのだろうが、ちょうど各国がコロナ規制を強めているところなので、限られた資源を有効活用する観点から、思い切って全てのスポーツ・イベントを止めてしまうのも、一つの選択肢ですね。本業の人は困るだろうが、困らないという人も多いだろう。

ドイツ、フランス、イタリアがルカシェンコ容認 親米ポーランド、バルト3国の敵対姿勢を封じ込めに入る ベラルーシ

「ベラルーシとのパイプを維持しておく必要がある」。

EU won’t blacklist Lukashenko: Germany, France, & Italy slap down Poland & Baltic states’ hardline proposals on Belarus – Die Welt
4 Sep, 2020 09:27
https://www.rt.com/russia/499848-eu-rejects-blacklist-lukashenko/



EUの方針とは何の関係もないが、よく知られた国の内政干渉に反対する立場から、シリアもルカシェンコ支持を表明。

Syria announces solidarity with Lukashenko in Belarus
2020-09-04
https://www.almasdarnews.com/article/syria-announces-solidarity-with-lukashenko-in-belarus/

イスラエル兵が65歳パレスチナ人男性の首に体重をかけ絞める(動画)

1:00から膝を首に載せている。
https://youtu.be/dySBmKjYB3g
1:40で首に体重をかけている。
https://www.youtube.com/watch?v=eQ0h00V5zkA
0:37で首に体重をかけている。

その他の動画
https://youtu.be/OwUGqlwuxl8
https://youtu.be/gcSVybESEA8

トゥルカルム(Tulkarm)でパレスチナ人がデモ実施。イスラエル兵が子供たちに銃を向けていたので、銃口を向けないよう手を掛けたら、兵士に押さえられ、連行された。
‘I was almost paralyzed’: Palestinian pensioner invokes George Floyd as he recalls Israeli soldier KNEELING on his own neck
4 Sep, 2020 12:03
https://www.rt.com/news/499856-palestinian-elderly-israeli-arrest-floyd/

・・・米国の州警察にchoke hold(膝載せ)を教えたのはイスラエルだとする説も流れているくらいで、これが本場の技なのでしょうか。

マスク非着用の電車乗客に警官が注意→抵抗→ペッパー・スプレー→逮捕(動画) イギリスでは公共交通機関でマスク着用が義務

Shocking moment police officer PEPPER-SPRAYS rail passenger for resisting arrest after ordering him to wear a face-mask - despite him claiming he is exempt due to a 'medical condition'

Shocking video shows scuffle between passenger and officer on Wirral line service at Lime Street, Liverpool
British Transport Police officer tells man to wear a mask, which he refuses, before telling him to get off train
A scuffle breaks out between the man and the officer, who uses his pepper spray after the man resists arrest
Video shows officers rushing to help before the man he is seen being spoken to by police officers off the train
Did you see the incident at Lime Street or were involved? Email me at: james.robinson@mailonline.co.uk

By Dave Rudge and James Robinson for MailOnline
Published: 08:41 BST, 4 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8697125/Shocking-moment-bully-police-officer-PEPPER-SPRAYS-rail-passenger-resisting-arrest.html

白いユダヤ人が黒人と偽りアフリカ系米国人の歴史を教える准教授に 「人生でずっと嘘を付いてきた」 米国

article-8695559-32771964-622_636x382.jpg

'I am a culture leech': African American history professor at George Washington University admits she's been pretending to be black her entire career in online confession

Jessica Krug revealed on Thursday in a bombshell Medium post that she has lied about being black her entire career
Krug, an African American history associate professor at George Washington University, admitted to deceiving her friends and colleagues
She said in the blog post that she is white, Jewish and was raised in Kansas City
It is reminiscent of the scandal involving Rachel Dolezal - a former NAACP leader who was exposed in 2015 as a white woman pretending to be black
Following the revelations, Krug has since been slammed on Twitter by several black writers and scholars who she had contact with throughout her career

By Emily Crane and Lauren Fruen For Dailymail.com
Published: 20:31 BST, 3 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8695559/George-Washington-University-professor-says-lied-black.html

本人の告白文
The Truth, and the Anti-Black Violence of My Lies
Jessica A. Krug
Sep 3
https://medium.com/@jessakrug/the-truth-and-the-anti-black-violence-of-my-lies-9a9621401f85

彼女の著作
https://www.amazon.com/Fugitive-Modernities-Kisama-Politics-Freedom/dp/1478001542/ref=sr_1_1?dchild=1&keywords=Jessica+A.+Krug&qid=1599237885&sr=8-1

・・・ユダヤ人のことだから、黒人運動の内情についてスパイしてたのでしょ、どうせ。採用の時に公文書を沢山提出させ、出自を執拗に確認する以外、不正を防ぐ方法がない。

英語の読者コメントを読んでいたら、「もし白人であることの優越性があるのならば、白人が黒人に化けるメリットがない。White privilegeは嘘だ」というのがあった。

それはそうなのだが、わざわざ黒人になりすまして何をしていたか、そのメリットは何かというと、様々な会合に「主人公として参加」することで黒人運動内部の人間関係や議論の方向性を探ることができるメリットがあるわけで、それはユダヤ人が大好きで得意とする分野だと私は思うのですよ。

だって、生まれつきの白人が、ごみ捨てするだけの為に、念入りに目元をいじくり、全身を浅黒く塗りたくる行為だけだって、大変なことです。彼女はそれを「職業としてやっていた」と解釈するのが一番自然。

昨今の過激化したBLM運動の流れの中で、自分の素性が暴かれ、逃げ場がなくなり虐殺される危険が出てきたから、ひたすら「罪を認めます。弁解しません」と繰り返す告白文を公表した。

中国が半導体部門育成を核兵器開発と同等の重要性に格上げ 米国に対抗

China to Plan Sweeping Support for Chip Sector to Counter Trump
New five-year plan will include backing for next-gen chips
Beijing has already pledged $1.4 trillion of tech investments
Bloomberg News
September 3, 2020
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-09-03/china-is-said-to-plan-broad-chip-sector-support-to-counter-trump?cmpid=BBD090320_OUS&utm_medium=email&utm_source=newsletter&utm_term=200903&utm_campaign=openamericas&sref=dukn3Rgh

17年前のバラバラ殺人、南ア逃亡の容疑者逮捕 コロナ不況のせい?

【独自】17年前のバラバラ殺人、南ア逃亡の容疑者逮捕
9/4(金) 4:06配信
TBS系(JNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1e27df21c7ce8985734ad2e1670cfec4642887

 17年前、東京・奥多摩町などで高級クラブ元店長の男性の遺体がバラバラに切断された状態で見つかった事件で、事件を首謀したとして国際手配され、南アフリカに逃亡していた男が警視庁に逮捕されました。

 「国際手配されていた紙谷容疑者が今、17年ぶりに日本に到着しました」(記者)

 逮捕監禁の疑いで逮捕されたのは、国際手配されていた紙谷惣容疑者(46)です。この事件は2003年10月以降、東京・奥多摩町の山中などで高級クラブ元店長の古川信也さん(当時26)の遺体がバラバラの状態で見つかったもので、紙谷容疑者は古川さんを監禁し、その後、山梨県内のキャンプ場で殺害して、遺体をノコギリなどで切断して遺棄したとして国際手配されていました。

 紙谷容疑者は事件直後に、死刑廃止国の南アフリカに逃亡し、潜伏していましたが、先月下旬、南アフリカの日本大使館に出頭。3日、日本に帰国し、成田空港でPCR検査を受け、陰性と判明した後、逮捕されました。

 紙谷容疑者は出頭した際、「日本に帰りたい。金がなくなり逃げられなくなった。奥多摩の事件は自分がやった」などと話したということです。紙谷容疑者は、新宿区で別の男性も殺害し、連続殺人の疑いがあるとして国際手配されている知人の松井知行容疑者と一緒に南アフリカに逃亡していました。

 殺害された古川さんは、高級クラブを辞めた際に店側とトラブルとなり、その後、そのトラブルを収めた松井容疑者とその知人の紙谷容疑者らから金銭の支払いなどをめぐって因縁をつけられていたということです。

 これで、2つの事件で逮捕されたのは14人となりましたが、警視庁は今後、事件を首謀した紙谷容疑者を取り調べ、実態解明を進める方針です。



・・・所持金がなくなった理由は、コロナじゃないですか?彼はパスポート更新なしで、ビザなし不法滞在のはずだから、真っ当な仕事はできないはずだ。コロナで観光客がゼロになり、集客系の仕事が大打撃を受けている。収入源を断たれたのではないか。

そろばん世界大会(?)の暗算部門でシリアの子が世界記録を樹立(動画)

モロッコで開かれたそろばん世界大会(←知らんけど)の暗算で、シリアのアル・ハサカ県出身の子が世界記録を樹立(←知らんけど?)。

教えている先生が、自白を強要している取調官のように圧迫していて恐い。アラブの教育は早口でまくし立てるんですよねぇ(苦笑)。

生徒たちが空中で両手を動かしているのは、そろばんを実演させているつもりなのだろう。

子供たちはインタビューにアラビア語で答えているのに、暗算の質疑応答はなぜか英語。

謎の動画
https://youtu.be/hRn7IHiubl4

5×66=
5×88=

米軍の子分クルド民兵がシリア・デール地区から撤退(動画) 部族の圧力

https://youtu.be/K201GpgXYXA

アル・シュハイルは、アル・マヤーディーンの北10km。撤退日は9月3日(木)とされている。

・・・バアス党論調が先に流れ、記事があとから入った。

クルドはただでさえ人口が少ないし、大半はあとからやって来た難民だから、普通に選挙したらクルドのagendaは通らない。シリアでは、クルドに何をやらせても駄目なんだ。

地元民からしたら、俺たちの油田の警備をなんでクルドがやるんだという話にしかならない。米国の中東研究のレベルは世界一と思っている人が多いが、米国の研究成果はこの程度。



(追記)
US-backed SDF militants kidnap civilians, prevent food from entering al-Hawl refugee camp
Thursday, 03 September 2020 3:01 PM
https://www.presstv.com/Detail/2020/09/03/633245/US-backed-SDF-militants-kidnap-civilians-prevent-food-from-entering-al-Hawl-refugee-camp

(前略)
SDF militants’ positions attacked in Dayr al-Zawr, Raqqah

Also on Thursday, the positions of the US-sponsored militants were attacked by unidentified assailants in Syria’s eastern province of Dayr al-Zawr as well as the northwestern province of Raqqah.

SANA, citing civil sources in Dayr al-Zawr, reported that unknown people hurled a hand grenade at an SDF position in Abu Hamam town in Abu Kamal district, causing material damage. There were no reports of casualties.

Elsewhere in al-Hous village in Raqqah province, several SDF militants were injured when a car bomb explosion struck them.

Security conditions are reportedly deteriorating in SDF-controlled areas in Hasakah, Dayr al-Zawr and Raqqah amid ongoing raids and arrests of civilians by the militants.

Local Syrians complain that the SDF’s constant raids and arrest campaigns have generated a state of frustration and instability, severely affecting their businesses and livelihood.

Residents accuse the US-sponsored militants of stealing crude oil and refusing to spend money on service sectors.

Local councils affiliated with the SDF have also been accused of financial corruption.

米国が南キプロスへの武器禁輸を解除 トルコがキプロス沖でのロシア海軍演習を発表 なぜトルコが発表するの?

東地中海における石油、天然ガス利権の争奪戦で、トルコ対その他の対立が激化している。米国は、キプロス共和国(南)への武器禁輸を33年ぶりに解除し、暗にトルコの外交姿勢に対する不快感を示した。

すると、トルコが海底探査を行っているキプロス沖の海域にてロシア海軍が演習を実施すると、ロシアでなくトルコが発表した。

NATO: Turkey, Greece agree to talks about tensions at sea
By SUZAN FRASER and MENELAOS HADJICOSTIS Associated Press
September 3, 2020 — 12:20pm
https://www.startribune.com/turkey-says-russia-will-hold-live-fire-exercises-in-med/572303972/?refresh=true

大学で黒人に標準英語を強要するな 米国CCCCが決議 大学での英語教育に影響

標準英語は、白人主流英語であり、言語レイシズムだ。
先生は黒人英語を矯正させてはならない。大学で黒人英語を使わせろ。
非黒人が黒人英語を知識として学ぶことは構わないが、非黒人が黒人英語を使ってはならない。(←はぁ?)
・・・など長い要求(demand)。

CCCC(Conference on College Composition and Communication)要求書執行委員会で承認

・・・米国の黒人を親に持つ子が日本の学校に入学してきたら、先生はその子が使う英語が標準英語でないからといってテストで減点すると、活動家が押しかけてくるかもしれません。「けしからんことに、日本では先生が黒人英語を矯正している。テストのバッテンが差別の証拠だ。言語レイシズムを止めろ」とねじ込まれかねない。だんだん面倒臭くなってきました。

イギリスの不動産市況 8月は上昇

32713044-0-image-m-16_1599092534174.jpg

32710302-8691479-image-a-68_1599086291005.jpg

Should YOU stay or should you go? House prices are soaring and homes are selling in record time... but experts say they'll crash when the coronavirus hangover kicks in

House prices jumped to new high in August after biggest monthly rise in 16 years
Experts are referring to the current housing market as a ‘seller’s paradise’
But there are warning the recent boom will suffer a crash back down to earth

By Victoria Bischoff for the Daily Mail
Published: 22:04 BST, 2 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8691479/House-prices-soaring-homes-selling-record-time-experts-say-theyll-crash.html

イギリスの「がっかり観光地」 ストーンヘンジはただの石、ビッグベンはただの時計、古城はディズニー気取り

クチコミ(英語)が笑える。

Tourists slam 'boring' UK attractions in hilarious TripAdvisor reviews - from complaining Stone Henge is just a 'pile of rocks' to slamming Warwick Castle as a 'Disneyland wannabe'

Hilarious one-star reviews on TripAdvisor have slated British tourist attractions
One called Big Ben 'just a clock,' another branded Stonehenge 'a pile of rocks'
Elsewhere, a further person critiqued Ben Nevis for being 'too step and too high'

By Bridie Pearson-jones For Mailonline
Published: 07:56 BST, 3 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/femail/article-8691207/Tourists-slam-boring-UK-attractions-hilarious-TripAdvisor-reviews.html

イスラエルが手続き無視でUAEに無人監視装置を輸出→国防省が却下→モサド工作員を撮影→UAEに賠償金支払い

前記事の続き)米国とイスラエルの技術で開発した監視カメラを、イスラエル国防省が定める手順を踏まずにUAEに輸出する契約を結んだ。前払い金も受け取った(←賄賂じゃねーか・笑)。

結局、国防省が輸出禁止を決めたが、モサド工作員がハマース指導者をUAEで暗殺する事件が発生した。工作員の顔は、イスラエル製監視カメラにしっかり撮影されていた。

米国を巻き込んだ大変な騒ぎに発展し、2年間の交渉の末、イスラエルがUAEに前払い金の全額返還と賠償金を支払わされた。

UAE also wants good ties with US Jewish lobby
The Arab states have been interested in the F-35 jets for a very long time.
By ELIE PODEH
SEPTEMBER 2, 2020 21:44
https://www.jpost.com/opinion/uae-also-wants-good-ties-with-us-jewish-lobby-640881

(前略)
Aeronautics, an Israeli company specializing in manufacturing “unmanned solutions,” signed a contract with the UAE prior to receiving proper Defense Ministry authorization, and received an advance payment for the order. However, concerned of a misuse of Israeli and American technology, and possibly piqued at being kept out of the loop, the ministry rejected the deal.

Crown Prince Bin Zayed felt humiliated and betrayed. Then came the January 2010 assassination in a Dubai hotel of Mahmoud al-Mabhouh, who had been responsible for purchasing arms for Hamas. As a result, relations between Israel and the UAE further deteriorated. It took two long years of American-UAE-Israeli negotiations to reach an understanding under which Israel returned the advance payment and paid compensation for the deal that never was.
(後略)

・・・自業自得。頭隠して尻隠さず。
引用の前後にも面白いことが書いてある。

イラン・ハネメイ師が使う反ユダヤの言葉をイスラエルが分析 言語により異なる

Iran's Ali Khamenei slammed for antisemitic tweets against Jared Kushner
The Iranian leader tweeted about "Jews" in English and Arabic but not in other languages.
By SETH J. FRANTZMAN
SEPTEMBER 2, 2020 20:24
https://www.jpost.com/middle-east/irans-khamenei-slammed-for-antisemitic-tweets-640805

Iran’s Supreme Leader Ayatollah Ali Khamenei attacked the Israel-UAE agreement on Wednesday and called Jared Kushner, US President Donald Trump’s senior adviser as well as pro-Israel Americans – “filthy Zionist agents.”

Khamenei referred to Kushner as “the Jewish member of Trump’s family” ֿ– Kushner is Trump’s son-in-law – in a series of tweets that were condemned as reactionary and antisemitic.

Khamenei’s use of the word “filthy,” and also singling out “Jewish” members of the US government, as well as calling them “cruel,” were all words used in his English-language tweets to channel antisemitic tropes and dog whistles.

Blue and White MK Michal Cotler-Wunsh slammed the tweets, asking Twitter whether “singling out a Jew and referring to Jews as ‘filthy’ violate your hate-speech policy.”

US Assistant Special Envoy to Monitor and Combat Antisemitism Ellie Cohanim tweeted that it was time for the social media giant to permanently remove the “vile anti-Semite” from Twitter. Emily Schrader, founder of Social Creative, also slammed the tweet for being antisemitic.

The Iranian leader has long spread hatred for Israel using his official Twitter account, as well as during speeches and sermons. The official regime narrative presents Iran as not being antisemitic, pointing to the relatively large Jewish community in the country as evidence of the lack of antisemitism. It argues that in contrast to the Arab nationalist regimes of the 1950s, Tehran has had a more progressive policy.

However, the tweets in English using words like “filthy” and “cruel” appear to have been written by someone who has knowledge of traditional Western antisemitism.

Accusations that Jews are “cruel” or “filthy” are part of Western antisemitic tradition, appearing prominently throughout the Middle Ages. The Iranian leader did not tweet the same words in Farsi or on any of his other accounts, implying that a careful study was made by his media team to use the right words in order to push antisemitism through terms that have been used by Nazis and other regimes in the West.

In Spanish, he tweeted about “vile Zionist agents in the Trump family” but did not use the term “Jewish.”

In his Arabic tweet, he did refer to the “Jew” in the Trump family, illustrating that Iran seeks to push antisemitism in the Arabic language as well. In Hindi, he also used the term “Jews.” In French, he referred to “dirty Zionist American agents,” but not “Jews.”

Earlier this week, the Iranian leader portrayed the UAE agreement with Israel as a “betrayal” of the “world of Islam.” He also characterized the deal as going against the “interests of the world of Islam” and created a hashtag about how the UAE “stabs Muslims.”

The term “world of Islam” is taken from the concept of dar al-Islam – the states governed by Muslims – and dar al-harb, or states that are in war, the ones that war can be waged against or that are savage and beyond the borders of Islamic rule.

The Iranian regime is a reactionary, far-right theocratic regime and views the world in these binary terms. As such, the tweets are meant as a threat against the UAE. Iran says the “betrayal won’t last long” and that the “stigma” is on the Emirates, a veiled threat against them.

Last year, Iran used drones and cruise missiles to attack Saudi Arabia and mined ships off the coast of the UAE. It has also backed the Houthis in Yemen to threaten Riyadh and Abu Dhabi.

・・・イスラエルも敵に対し、cruel, brutal oppression, autocratic, dictator, blood in his handsを連呼しているじゃないですか。自分のことを棚に上げて。

トルコがシリア反政府ゲリラ500人をアゼルバイジャンに配置という未確認情報 対アルメニア戦

Nearly 500 Turkish-backed Syrian fighters deploy to Azerbaijan: media
2020-09-02
https://www.almasdarnews.com/article/nearly-500-turkish-backed-syrian-fighters-deploy-to-azerbaijan-media/

・・・リビアに続き、これまた最前線で死ぬ役割ですね。馬鹿は死ななきゃ治らない。いつになったら気付くのか?

エジプト大統領 言論弾圧してから「イスラエルUAE国交樹立合意は正しい方向。歓迎する」と発表

政府は、事前にマスコミ各社に否定的な記事論調を載せないよう圧力を掛けていた。

Egyptian news media warned not to criticize UAE-Israel deal
Cairo has reportedly instructed local media outlets not to publish content criticizing the recent UAE-Israel normalization deal in another blow to press freedom in the country.
Aug 27, 2020
https://www.al-monitor.com/pulse/originals/2020/08/egypt-ban-media-criticism-uae-israel-peace-deal.html

・・・普通にしていたら、ユダヤ人観光客が乗っているバスの情報が事前に漏れ、銃撃する事件がときどき起こるお国柄だから、過半数以上が歓迎なんてことは考えられない。無理してるね。

マスク反対派は日頃から反社の傾向がある ブラジルの研究

Refusal to wear a facemask linked to sociopathy
Rhys Blakely, Science Correspondent
Monday August 31 2020, 12.01am, The Times
https://www.thetimes.co.uk/edition/news/refusal-to-wear-a-facemask-linked-to-sociopathy-69zr7hcqh

・・・政府の政策に反対する人は、十把一絡げで「お前は反社だ」と断罪してしまえば、どうにでも言論統制できますね。

米国が国際刑事裁判所ICC高官2人に制裁 理由は「米国とイスラエルの戦争責任を追求しているから」

制裁内容は、米国内に2人が持っている資産の凍結。(たぶん持っていない。)

‘Unacceptable’ interference: International Criminal Court objects to US sanctions prompted by war crimes investigation
2 Sep, 2020 23:09
https://www.rt.com/news/499743-icc-sanctions-pompeo-crimes/

New U.S. sanctions on international tribunal prosecutor, aide
Pompeo says the measures are part of Trump administration’s pushback against the tribunal, which has been conducting inquiries into alleged war crimes committed by U.S. troops in Afghanistan
Associated Press |
Published: 09.02.20
https://www.ynetnews.com/article/H1n3RNamv

・・・普通の人が読んだから首をかしげるニュースを、日本では報じない。

スノーデン控訴審が判決「違法行為をしたのは米国政府」

Snowden did nothing wrong? Court rules NSA spying on Americans’ phones was illegal all along
2 Sep, 2020 21:58
https://www.rt.com/usa/499742-nsa-spying-illegal-snowden/

・・・拳を振り上げてみたが、スノーデンではなくNSAが糾弾されてしまいました(笑)。騒ぐだけ騒いだ張本人が、世界の人々の前で大恥を掻いた。これが米国政府が主張する正義の実態だった。

ノヴィチョク開発者「症状が異なる。ありえない」 毒殺説を否定 ロシア ドイツ

けいれんを起こし、危篤状態に陥る過程を経ることなく即死する。ノヴィチョクを浴びて死なないシナリオはない。彼(反体制活動家)だけでなく、彼のすぐ近くにいた救急隊員、飛行機の乗員・乗客も死んでいたはずだ。
Developers of ‘Novichok’ say Navalny's symptoms aren't consistent with poisoning by their deadly creation, reject German claims
2 Sep, 2020 19:25
https://www.rt.com/russia/499732-novichok-developers-navalny-symptoms/

・・・ほらね。関連記事

トランプ「無秩序を放置する市への財政支援を削減」 市長「町を歩くときは軍を連れてこい。お前はPersona Non Grataだ」 米国

トランプ大統領は、無政府無秩序状態を放置する市に対する連邦政府からの財政支援を減額し、浮いた財源は別の目的に流用する指示を出した。
具体的な地名は明記されていないが、ニューヨーク、ポートランド、シアトル、ワシントンDCあたりが想起される。

Trump pushes to defund ‘anarchist’ jurisdictions, including New York City, Portland & Seattle
3 Sep, 2020 00:08
https://www.rt.com/usa/499748-trump-defund-anarchist-jurisdictions/



ニューヨーク市長「トランプはニューヨークを歩くとき、ボディーガードは役に立たないから、軍隊を連れてこい。お前はPersona Non Grataだ」。
'Persona Non Grata in NYC': Trump Will Need an Army to Walk Down the Streets Of New York, Says Cuomo
05:10 GMT 03.09.2020
https://sputniknews.com/us/202009031080353373-persona-non-grata-in-nyc-trump-will-need-an-army-to-walk-down-the-streets-of-new-york-says-cuomo/

・・・大統領といえども、勝手に連邦軍を投入できないトランプの足下を見て、このように発言している。大統領がPersona Non Grataになる国www 地方分権の鏡www 動物化しているwww

シリアの部族が米国の野望を砕いた 部族の反米武装闘争について バアス党機関誌論調

العشائر السورية تُفشل الطموحات الأمريكية
صحيفة البعث 1-أيلول-2020
http://newspaper.albaathmedia.sy/2020/09/01/%d8%a7%d9%84%d8%b9%d8%b4%d8%a7%d8%a6%d8%b1-%d8%a7%d9%84%d8%b3%d9%88%d8%b1%d9%8a%d8%a9-%d8%aa%d9%81%d8%b4%d9%84-%d8%a7%d9%84%d8%b7%d9%85%d9%88%d8%ad%d8%a7%d8%aa-%d8%a7%d9%84%d8%a3%d9%85%d8%b1%d9%8a/

・・・9月1日付けでこのような論調を載せたということに意味がある。原文にたいしたことは書かれていない。関連記事

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏に旧ソ連神経剤 使用の「明白な証拠」 ドイツ政府 ノヴィチョク Novichok

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏に旧ソ連神経剤 使用の「明白な証拠」 独政府
9/2(水) 23:08配信
時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/35c87aefb671387227e9a3d95b5bca861a5be263

 【ウィーン、モスクワ時事】ドイツ政府は2日、意識不明となってベルリンの病院で治療を受けているロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏に対し、旧ソ連が軍事用に開発したとされる神経剤「ノビチョク」が使われた「明白な証拠」が確認されたと発表した。

 ドイツ連邦軍の研究所による解析で判明したという。

 ノビチョクは、2018年に英国で起きた元ロシア情報員とその娘の暗殺未遂事件でも使用されたとみられており、英政府は当時、ロシアのプーチン政権の関与は「ほぼ確かだ」としていた。同じ神経剤が確認されたことで、ナワリヌイ氏の事件についてもプーチン政権の関与を疑う声が高まるのは必至だ。
(後略)

・・・ナワリヌイについては、ロシアの病院は毒物検査ではひっかからず、「単なる低血糖だった」と発表している。

先にイギリスの事件で注目されたノビチョクは、ごくごく少量が皮膚に触れただけで即死する毒物であって、「失神したあと回復する毒物」ではないそうですよ。ロシアの説明によると、可能性として「ノビチョクに触れて回復はありえない」とか。

イギリスの事件では、ドアノブにノビチョクが塗られていたそうだが、ドアノブを触ったロシア人が失神したあと回復し、連れていた飼い犬が死んだ(事件で死んだのは犬だけ)だったので、ロシア側は奇妙なことだと指摘している。

ロシアが事件解明に協力を申し出たが、イギリスはそれには返答せず、フランスとの捜査協力を一方的に発表した。しかしフランスは「ロシア製ノビチョク」を鑑定する能力を有していない(イギリスもフランスもサンプルを持っていないから)。それで、英仏共同捜査班は、その後今日に至るまで何も発表していない。お前たち、ちゃんと仕事してんのか?って話。

で、事件発生場所は、イギリス軍の(だから一般に公開されていない秘密扱いの)化学兵器(=危険な毒物)研究所のある田舎町であるという、実に不思議な事件だったのでした。

しばらく間、ロシアガー、ノビチョクガーの連呼を聞かされるが、結論に至らないまま尻すぼみになる予想をしている。

北方領土引き渡しあり得ず 「割譲禁止」憲法で ロシア前首相

北方領土引き渡しあり得ず 「割譲禁止」憲法で ロシア前首相
9/2(水) 19:55配信
時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/862e738be9f2abd4088b6c50b29b46f47d11c760

 【モスクワ時事】ロシアのメドベージェフ安全保障会議副議長(前首相)は2日、ロシアの改正憲法に「領土割譲禁止」が明記されたことから、北方領土の日本への引き渡しはあり得ないとの見解を強調した。

 オンライン形式のフォーラムで明らかにした。

 安倍晋三首相の辞任表明に関連し、日ロ関係の今後について問われ回答した。メドベージェフ氏は「以前も不可能だったが、今や憲法の条文に領土割譲を目的とした行為は容認されないと記されている」と主張した。

・・・憲法で領土割譲を禁止している国はいくつもあり、割譲を口にしただけで死刑と規定している憲法すらある。

それに対し、日本では領土割譲を憲法でも法律でも禁止していないし、そのように発言したところで、憲法に明記されている「表現の自由」が保護対象なんですよ。

領土割譲してはいけない国と、領土割譲していい国が交渉したら、どちらが譲歩すべきかは自明ですね(笑)。普通に育った日本人で、ここまで考えて生きている人はほとんどいないと思う。

数年前に安倍さんの子分の萩生田だったか、「ロシアはカネに困っている。援助をすれば絶対に領土を返還する」と調子こいて口を滑らせてしまった。プーチンは「話が違うじゃねーか。安倍が裏切った」と不満を漏らし態度を硬化。この日を境に、日ロ交渉は止まった。そして今日の事態。

ボルチモア 黒人青年が白人中年をコンクリートブロックで殴る(動画) 米国

https://youtu.be/Pg3Hj3NWdBs
8月30日(日)の事件。直前に2人が口論していたという証言がある。

・・・腹が立ったら、相手をレンガで殴るのは、中国ではよくあることですね。米国政府は中国を毛嫌いしているのに、なぜ米国人がどんどん動物化していくのだろうか?(笑)

「国会議員はまず国籍を証明しろ」とマクロン大統領 さあ帰化人と蓮舫議員はどう答える? フランス レバノン

レバノンの政界再編成を目論むマクロン大統領が、国会のヒズボラ・ブロック頭領を見つけて、次のように畳みかけた。

「私はレバノンを変えるために君たちと仕事をしたい。しかしまず最初に、君たちがレバノン人であることを証明したまえ
君たちがイランの政治的意図を持っていることを、皆が知っている。我々は君たちの歴史をよく知っている。私は君の正体を知っている。
君はレバノン人なのか、YesかNoか?
君はレバノン人を助けたいのか、YesかNoか?
君はレバノン人について話しているのか、YesかNoか?

シリア、イエメンから離れて帰国し、ここで国家建設の仕事をしなさい。この新しい国が君たちの家族の幸せにつながるのだから。」
(注:ヒズボラはシリア政府からの要請を受けてシリアに入国している。シリアに駐屯しているフランス軍は、シリア政府の要請に基づいておらず、国際法違反の軍事侵略である。)
関連記事



Liban: le pas de deux d’Emmanuel Macron avec le Hezbollah
Le chef de l’État rencontrera, mardi, le chef du bloc parlementaire du mouvement chiite pro-iranien, convié à la résidence des Pins parmi d’autres responsables politiques.
Par Georges Malbrunot
https://www.lefigaro.fr/international/liban-le-pas-de-deux-d-emmanuel-macron-avec-le-hezbollah-20200831

Le Hezbollah a encore du mal avec la métaphore macronienne. «Il faut arrêter de discuter du sexe des anges», avait enjoint Emmanuel Macron aux chefs de parti, reçus à la résidence des Pins à l’issue de sa première visite le 6 août dans un Liban, meurtri par la tragique explosion qui avait tué près de 200 personnes, deux jours plus tôt au port de la capitale.

Sur un ton très ferme, le président de la République avait sommé ses interlocuteurs de s’engager sur la voie des réformes indispensables à la survie d’un pays au bord de la faillite. Parmi eux, Mohammed Raad, chef du bloc parlementaire du Hezbollah, demanda ensuite à des proches de lui décrypter cette image auquel un pieux musulman chiite n’est guère familier. Mais le représentant du Parti de Dieu pro-iranien, qui domine la scène politique grâce à son arsenal militaire, n’en voulut point à Macron. Et pour cause! Il eut droit, à l’issue de la rencontre, à un aparté de huit minutes avec le chef de l’État. Première fois depuis la naissance du Hezbollah, en 1982, qu’un président français échangeait en direct avec un de ses membres. «Cela équivaut à une reconnaissance internationale», se félicitait quelques jours après un proche de la mouvance, classée terroriste par les États-Unis, la Grande-Bretagne et l’Allemagne.

«Je veux travailler avec vous pour changer le Liban», lui avait dit Macron, selon une source française à Beyrouth. «Mais prouvez que vous êtes libanais, avait-il ajouté. Tout le monde sait que vous avez un agenda iranien. On connaît très bien votre histoire, on sait votre identité particulière, mais vous êtes libanais, oui ou non? Vous voulez aider les Libanais, oui ou non? Vous parlez du peuple libanais, oui ou non? Donc rentrez à la maison, avait recommandé Macron, quittez la Syrie et le Yémen, et faites le boulot ici pour construire un État parce que ce nouvel État va aussi bénéficier à vos familles».

Quelques instants après, lors de sa conférence de presse, Macron enfonçait le clou en réponse à une journaliste libanaise qui lui demandait s’il pouvait accepter des membres du «Hezbollah terroriste» dans un futur gouvernement. «Le Hezbollah a des députés élus par les Libanais, il fait partie de la scène politique», assurait Macron. Sous-entendu: je ne peux pas le rayer de la carte. Message bien reçu au fief du parti dans la banlieue Sud. Le lendemain, Hassan Nasrallah, chef du Hezbollah, saluait «la visite positive» de Macron. «Emmanuel Macron a réellement une approche différente de celle des États-Unis, se félicite l’analyste Walid Charara, proche du Hezbollah. Après l’explosion, il a dit publiquement aux Américains que leur politique de pressions allait échouer, qu’ils allaient étouffer le Liban, et que la seule force qui ne s’effondrerait pas, c’est le Hezbollah.»

Mais il en faut beaucoup plus pour briser la méfiance réciproque, comme le rappelle une note de cadrage du ministère des Affaires étrangères en date du 23 janvier 2019 adressée au chef de la diplomatie, Jean-Yves Le Drian, qui appelle à «exercer (…) des pressions (…) sur les acteurs qui entravent le bon fonctionnement des institutions et perturbent les équilibres traditionnels du pays: Gebran Bassil (alors ministre des Affaires étrangères) et le Hezbollah». En coulisses, des messages ont été passés ces dernières semaines entre Paris et la formation chiite. Selon la source française précitée, «Macron leur a dit en substance: on ne vous ennuie pas sur la question de vos armes et sur deux ou trois points qui vous importent ; mais en contrepartie, vous mettez de l’oxygène dans le système. Acceptez de jouer le jeu, car on ne peut plus continuer comme cela, et vos partisans couleront avec le système.»

Réparer les dégâts

Certes, le Hezbollah, dont les circuits financiers échappent au système bancaire, n’est pas visé par la menace d’Emmanuel Macron de sanctionner les responsables libanais, s’ils s’obstinaient à refuser «le nouveau contrat politique» qu’il appelle de ses vœux. Mais dans la bataille qui s’est engagée pour choisir un nouveau premier ministre à la place de Hassan Diab, démissionnaire, le Hezbollah est, dans un premier temps, resté sourd aux appels de Paris. «Fort de l’accord Chine-Russie-Iran, il se sent pousser des ailes», regrettait le 15 août un diplomate. «Pourtant, l’explosion du 4 août l’a affaibli», ajoutait-il.

De nombreux Libanais lui imputent une part de responsabilité. Pour la première fois, le 8 août, l’effigie de Hassan Nasrallah fut exhibée au bout d’une corde par des centaines de manifestants en colère. «Beaucoup lui en veulent, y compris pour son bilan politique car il cogérait le pays», constate le diplomate. Sous l’effet de la déflagration, le Parti de Dieu a commencé de perdre sa couverture chrétienne. Son allié, le Courant patriotique libre de Gebran Bassil, gendre du président de la République, Michel Aoun, se fissure. Quant au patriarche maronite, Mgr Bechara Boutros Rahi, qu’Emmanuel Macron rencontre ce mardi, il appelle, désormais, à se distancier de la milice pro-iranienne.

Fort de sa supériorité militaire, le Hezbollah a toujours été pour un État faible et des dirigeants sans grande volonté politique. Saad Hariri, l’ancien premier ministre, remplit cette case: jusqu’à ces derniers jours, le Hezbollah le soutenait, avant de se raviser et d’accorder sa bienveillance à Mustapha Adib, choisi lundi par les ténors sunnites.

Son futur gouvernement de mission souhaité par Paris n’est pas encore formé. Le Hezbollah n’y était, jusqu’ici, guère favorable. Il a adouci sa position. «Le Hezbollah veut un gouvernement qui réussisse tout d’abord à réparer les dégâts causés par la catastrophe du port, puis qu’il pose des jalons pour l’avenir», souligne Walid Charara. Mais il restera vigilant sur le contenu des réformes qui seraient proposées au Parlement, présidé par son allié le président de la chambre, Nabih Berri.

Mohammed Raad aura-t-il droit ce mardi soir à un nouvel aparté avec Emmanuel Macron à la résidence des Pins? La formation chiite est prête à un pas de deux avec lui, mais elle s’interroge. «Est-ce qu’il y a un mandat américain pour soutenir les efforts français?», se demande Walid Charara. En attendant, la veille de l’arrivée de Macron, Hassan Nasrallah a affirmé qu’il était prêt à discuter du «nouveau contrat politique» que le chef de l’État tente de mettre sur pied au cours de sa visite au Liban. «À condition qu’il s’agisse d’un dialogue libanais et que ce soit la volonté de toutes les parties libanaises», a ajouté Nasrallah. Un oui mais, en quelque sorte.



お馬鹿なマクロンだと思っていたら、一発ぶちかましてくれました。上記発言を在日に置き換えたら、次のようになります。

これから日本の政治について議論を開始するが、まず参加者は日本人であることを証明しなさい
君たちが韓国朝鮮の政治的意図を持っていることを、皆が知っている。我々は君たちの歴史をよく知っている。私は君の正体を知っている。
君は日本人なのか、YesかNoか?
君は日本人を助けたいのか、YesかNoか?
君は日本人について話しているのか、YesかNoか?

日本から離れて母国に帰り、祖国で国家建設の仕事をしなさい。新しい国が君たちの家族の幸せにつながるのだから。」

大学で、テレビで、雑誌で、国会で、日本人ではない人が日本について語っていませんか?国籍に疑義のある人物が、身の回りに多くありませんか?蓮舫議員の国籍が問題になったとき、民主党内では「国籍が問題になったとき戸籍で証明する前例ができるのはマズいから、これだけは断固拒否しなければならない」と最後まで抵抗した。

もしもし旧民主党の皆さん、国籍を証明する公文書は戸籍だけですよ。国籍が明らかになったら困る議員が、旧民主党には多数紛れているってことですね。

さあ、マクロンの問いかけに真正面から答えてみなさい。

(Webryに検閲削除されないよう、永久保存しとこっと。笑)



もう一つ。

マクロンは、レバノン政府から招待されていないのに、勝手に乗り込み、レバノン政治家にあれこれ指図しているアンタがレバノン人であることを証明しなさい(爆)。植民地主義者め。

イスラエルUAEの対イラン・スパイ活動 サウジへの対抗心

(1)ホメイニ革命で祖国を脱出し、ドバイとアブダビで暮らすイラン人移民が、故郷フゼスタン州に投資をしている。

表面上は、在外イラン人が故郷に送金しているように見えるが、その実態はイスラエルの不動産会社である。

イスラエル不動産会社の実態は、イランにスパイ・ネットワークを構築する目的の米国イスラエル共同事業であり、予算規模は(年度額なのか過去の投資累計額なのか不明、たぶん後者では?)は21.9億ドルである。

その62%は、サウジが拠出している。(不動産購入資金はイラン人が出しているから、ここでもイスラエルは自分ではほとんどお金を出していないのである。)

(2)昨今のサウジの原油価格政策で、UAEは大打撃を被ったので、大切な収入源についてサウジに左右されてはならないと考えるようになった。

親米路線をサウジより明確にすることで、自らの立場を強めようとしている。

記事の筆者は、サウジは現状ではイスラエルと国交樹立しないとみている。過去に幾多の国際会議で示されたサウジの投票行動に反し、イスラムの保護者としての立場が危うくなる。



What The UAE-Israel Deal Really Means For The Middle East
Simon Watkins - Aug 31, 2020
https://oilprice.com/Geopolitics/Middle-East/What-The-UAE-Israel-Deal-Really-Means-For-The-Middle-East.html



UAEはアラブ・シオニストになった。

PLO's Erekat: The UAE-Israel deal has created Arab Zionists
Erekat urged Arab leaders not to abandon the Palestinian cause.
By DONNA RACHEL EDMUNDS
SEPTEMBER 1, 2020 20:56
https://www.jpost.com/middle-east/plos-erekat-the-uae-israel-deal-has-created-arab-zionists-640748

フィリピンは中国企業との関係継続 「我々は属国ではない」と米国に言い放つ ドゥテルテ大統領

‘We are not a vassal state’: Philippines’s Duterte won’t stop infrastructure projects with US-sanctioned Chinese firms
1 Sep, 2020 23:25
https://www.rt.com/news/499651-duterte-us-blacklist-china/

・・・で日本はどうするの?中国のおかげで経済成長できているんだけど、中国との関係を切って景気悪化させる?知らんけど。

米国が発表するコロナ死のうち、本当のコロナ死は6%だけ CDC最新報告

コロナ死と報告されている数字のうち、死因がコロナ1つだけのケースは6%である。平均的には、コロナ以外に2.6の既往症・死因が併記されている。もっとも多いのは糖尿病。

Weekly Updates by Select Demographic and Geographic Characteristics
Provisional Death Counts for Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)
Updated: August 26, 2020
https://www.cdc.gov/nchs/nvss/vsrr/covid_weekly/index.htm?fbclid=IwAR3-wrg3tTKK5-9tOHPGAHWFVO3DfslkJ0KsDEPQpWmPbKtp6EsoVV2Qs1Q

Comorbidities
Table 3 shows the types of health conditions and contributing causes mentioned in conjunction with deaths involving coronavirus disease 2019 (COVID-19). For 6% of the deaths, COVID-19 was the only cause mentioned. For deaths with conditions or causes in addition to COVID-19, on average, there were 2.6 additional conditions or causes per death.

・・・本日時点で日本のコロナ死は1296人ですから、この6%という数字を当てはめると、日本全国で本当のコロナ死はたったの77.7人ですね。もう自粛は止めましょうよ。

「ルカシェンコは支持されている」ことをベラルーシ反体制派の選挙監視組織が確認

全5767ある投票所のうち、22%にあたる1310ヶ所について、反体制派の選挙監視組織が投票モニタリングを実施した。

ルカシェンコが61.7%、野党候補者は25.4%を獲得した。

選管の公式発表では、ルカシェンコが80.1%、野党候補者は10.12%だった。

集計に当たった反政府系団体は、ルカシェンコが全体で80.1%の票を得るには、調査対象ではない4457の投票所で88.85%の得票がなければならないと論評。

反政府系は選挙直後、ルカシェンコが3%、野党候補者が80%と発表していた。

Belarusian Opposition’s Own Election Monitoring Appears to Show Lukashenko Won 61% of the Vote
16:43 GMT 24.08.2020
https://sputniknews.com/europe/202008241080265411-belarusian-oppositions-own-election-monitoring-appears-to-show-lukashenko-won-61-of-the-vote/
反政府系の選挙モニタリング報告書
https://partizan-results.com/

・・・あれ?フェイク・ニュースを垂れ流しているのは、反体制派のほうじゃね?君たちは毎日何が不満で騒いでいるの?ってやつですね。どこも同じ構造ですね(笑)。

サウジ皇太子 国防省の王子2人、軍高官4人を腐敗で解任

Saudi king fires 2 royals, 4 military officers in corruption probe
The decree said the crown prince designated Lt.-Gen. Mutlaq bin Salem bin Mutlaq Al Azima to replace Prince Fahd.
By REUTERS
SEPTEMBER 1, 2020 02:28
https://www.jpost.com/breaking-news/saudi-king-fires-joint-forces-commander-refers-him-for-investigation-640659

・・・軍高官はイエメン戦の関係者だとか。

フランス レバノン政治の腐敗を口実にフランス企業をねじ込む企画 ベイルート港再建事業 マクロンが一番の腐敗

ベイルート港の再建事業に必要な企業グループをフランスで独占するつもり(具体的な企業名も出ている)。今の政治指導者(地元の名望家)は腐敗しているが、再建事業に参加させるレバノン人(もちろん彼らも地元の名望家)は腐敗していないという極めて恣意的な色分け。

一番腐敗しているのはマクロンという落ち。

レバノン中銀総裁は、金融危機を引き起こした張本人で嫌われている。今回の人事一掃で解任されることがほぼ決まりだが、当人は辞めた後にレバノン国内で訴追されることを恐れており、免責特権を求めている。

東地中海でトルコが勢力伸長を図っていることへの対抗の意味もある。

(よく読んでいないが、ごちゃごちゃ書いてある。)

هل تضمن المبادرة الفرنسية «خروجاً آمناً» لرياض سلامة؟ ماكرون يكتب «البيان الوزاري» لحكومـة أديب
الثلاثاء 1 أيلول 2020
https://www.al-akhbar.com/Politics/293288/%D9%87%D9%84-%D8%AA%D8%B6%D9%85%D9%86-%D8%A7%D9%84%D9%85%D8%A8%D8%A7%D8%AF%D8%B1%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D9%81%D8%B1%D9%86%D8%B3%D9%8A%D8%A9-%D8%AE%D8%B1%D9%88%D8%AC%D8%A7-%D8%A2%D9%85%D9%86%D8%A7-%D9%84%D8%B1%D9%8A%D8%A7%D8%B6-%D8%B3%D9%84%D8%A7%D9%85%D8%A9-%D9%85%D8%A7%D9%83%D8%B1%D9%88%D9%86-%D9%8A%D9%83%D8%AA%D8%A8-%D8%A7%D9%84%D8%A8%D9%8A%D8%A7%D9%86-%D8%A7%D9%84%D9%88%D8%B2%D8%A7%D8%B1%D9%8A-%D9%84%D8%AD%D9%83%D9%88%D9%85%D9%80%D8%A9-%D8%A3%D8%AF%D9%8A



レバノンの政治指導層を黙らせるため、マクロン大統領は、(トランプと同じ手法で)個人に対する金融制裁をちらつかせ恫喝している。ジュブラーン・バーシル、ナビーフ・バッリー、サアド・アル・ハリーリーの3人は既に通告済み。ただ、フランス一ヶ国で実施しても効果は薄いので、米国政府と調整しながら実施することになる。

アウン大統領本人は制裁すべきでないと考えているが、その周囲にいる血縁、姻戚、資金源である個人銀行は候補に挙がっている。

米国はフランスがすることに必ずしも全面同意しておらず、公式の支持表明は出してない。進行状況を観察しながら黙認している状態。

لوفيغارو: ماكرون هدّد بالعقوبات
الثلاثاء 1 أيلول 2020
https://www.al-akhbar.com/Politics/293285/%D9%84%D9%88%D9%81%D9%8A%D8%BA%D8%A7%D8%B1%D9%88-%D9%85%D8%A7%D9%83%D8%B1%D9%88%D9%86-%D9%87%D8%AF-%D8%AF-%D8%A8%D8%A7%D9%84%D8%B9%D9%82%D9%88%D8%A8%D8%A7



「レバノン人は政治改革にフランスの介入を切望している」と世論調査の根拠もなしに報道 植民地主義を側面から援護

Lebanese eager for French leadership in absence of their own
Many in Lebanon believe that French intervention is sorely needed.
By TARA KAVALER/THE MEDIA LINE SEPTEMBER 1, 2020
https://www.jpost.com/middle-east/lebanese-eager-for-french-leadership-in-absence-of-their-own-640660

・・・「政治空白を打開するにはフランスの指導力が欠かせない」と作文しているのだが、その政治空白を作ったのはフランスであるという事実には決して触れない。フェイク・ニュース。植民地主義の再来でしかない。(関連記事←リンク先の末尾)



ついでなので、シリア戦について基本事項を復習。シリア反政府ゲリラの旗は、国連委任統治時代のシリアの旗と同一である。シリアを再び支配しようとするフランスの野望の現れである。アサド政権に対する民衆蜂起ではない。

左から順に、シリア反体制ゲリラの旗(2011年~)、フランス委任統治時代の国旗、現在のシリア国旗
(前者2つが同一)
250px-Flag_of_Syria_2011,_observed.svg.png440px-Flag_of_Syria_(1932–1958,_1961–1963).svg.png300px-Flag_of_Syria.svg.png




レバノン国旗がいつの間にか改変されないよう、おさらいしておく。

左から、フランス委任統治時代のレバノン国旗、独立後の国旗。
120px-Flag_of_Lebanon_during_French_Mandate_(1920-1943)_3.svg.png120px-Flag_of_the_Lebanese_Republic.png

UAEに飛行したイスラエルEL AL機にミサイル回避システムを搭載

Israeli plane headed to UAE equipped with system to protect from missiles
The DIRCM by Elbit System has been placed on commercial and military jets across the world.
By ANNA AHRONHEIM
AUGUST 31, 2020
https://www.jpost.com/israel-news/israeli-plane-headed-to-uae-equipped-with-system-to-protect-from-missiles-640551

・・・受け入れるUAE側は文字通り全土を警備することなどできないので、イスラエル人観光客が歩き回る場所を限定し、その場所の警備には武装したイスラエル人を配置しているはず。

日本でも1990年代にエル・アル機が就航するようになったが、拳銃を持ったイスラエル人が、日本の銃刀法の治外法権扱いで日本に上陸して警備業務に従事しているはず。誰か調べてくれないかなー。

米国公共放送(NPR)が「略奪を擁護して」の著者を番組招待 「仕事がないときに必要な物資をタダで入手する手段」

One Author's Argument 'In Defense Of Looting'
August 27, 2020
Natalie Escobar
https://www.npr.org/sections/codeswitch/2020/08/27/906642178/one-authors-argument-in-defense-of-looting

本「略奪を擁護して」のアマゾン(米国)ページ
https://www.amazon.com/Defense-Looting-Riotous-History-Uncivil/dp/1645036693/ref=sr_1_1?dchild=1&keywords=in+defense+of+looting&qid=1598946449&sr=8-1

・・・わざわざ公共放送が招待してご意見拝聴する国(笑)。

コロナ危機終了の科学的証拠は永久に提示されない 黙っていては規制解除されない 自然免疫

「証明が足りない」「まだまだわからないことがある」「こんな危険な症状がある」という議論の堂々巡りが続くだけ。

We might have to wait forever for science to show the Covid threat is over, so let’s use our common sense & get back to normal
31 Aug, 2020 18:28
By Peter Andrews, Irish science journalist and writer based in London. He has a background in the life sciences, and graduated from the University of Glasgow with a degree in genetics
https://www.rt.com/op-ed/499544-covid-19-fetishising-science-normality/

The coronavirus immunity riddle
Our bodies’ defences work in ways we still don’t understand
From magazine issue: 29 August 2020
Dr John Lee
Dr John Lee is a former professor of pathology and NHS consultant pathologist.
https://www.spectator.co.uk/article/the-coronavirus-immunity-riddle