セルビアとコソボが在イスラエル大使館をエルサレムへ移転へ 米国が仲介

米国は、セルビアとコソボの相互承認を狙っていたようだが、最後の土壇場でセルビアが拒否した。
Vucic Says Section on Kosovo Recognition Scrapped From White House Talks Agenda
02:46 GMT 04.09.2020
https://sputniknews.com/europe/202009041080362128-vucic-says-section-on-kosovo-recognition-scrapped-from-white-house-talks-agenda/

米国とセルビアで二国間協定、米国とコソボで二国間協定。三角形の国際協定を結んだのではない。
内容は経済分野が主である。
セルビアとコソボを高速道路で結び、コソボ内のセルビア人地区との連絡を改善する。米国EXIM Bankが融資する。
セルビアとコソボで外交官、国家資格の相互承認。
信頼できる供給者からの5G網構築(Huawei排除、反中国
米国のビザなし基準に適合した空港システムの導入。
信教の自由と保護、特にコソボ内でのセルビア正教保護。
第三国によるコソボ承認、およびコソボ承認の取り消しを求めるセルビアの活動の1年間休止。
Vucic Discloses Content of Bilateral Agreement on Kosovo Signed at White House
22:50 GMT 04.09.2020
https://sputniknews.com/europe/202009041080370726-vucic-discloses-content-of-bilateral-agreement-on-kosovo-signed-at-white-house/

米国とイスラエルがほぼ同時に発表(注:コソボは発表していない)。
コソボはイスラエルと国交樹立し、大使館をエルサレムに置く。コソボはムスリム多数派の国。セルビアはまず領事館をエルサレムに移し、1年後に大使館をエルサレムに移転する。
PM: Kosovo to establish ties with Israel, open Jerusalem embassy along with Serbia
Kosovo to be first Muslim-majority nation to open embassy in capital; agreements part of normalization deal with U.S.; Netanyahu hails step in rare Shabbat statement, says 'circle of peace and recognition of Israel is expanding, more countries are expected to join'
News Agencies |
09.04.20
https://www.ynetnews.com/article/HJTT3leNv

・・・NATOが力尽くでコソボをセルビアから分離してみたものの、円満な協議離婚にならなかったため、コソボの国際貿易や金融決済に国際法上の問題が残された。世界と自由に経済交流できないコソボは困窮を強いられ、かといって米欧が経済支援するはずがないので米欧は俺たちをそそのかしておいて話が違うじゃねーかという状態になっていた。

セルビアに経済制裁や各種嫌がらせを長年加えて、現時点でこのような形に丸め込んだということだ。イスラエルとの関係について両国とも積極的に語っておらず、スルーしていると思うので、「丸め込まれた件」の一つと考えて良かろう。

セルビアとコソボの二国間関係については、まだ信頼醸成に至っていないという特にセルビア側の判断で、まずは高速道路を1本建設して様子を見ましょうということになったのだろう。

難しい交渉をまとめた米国の交渉担当者は大いに褒めてもらいたかったようだが、記者会見でマスコミが1つも質問せず華麗にスルーしてくれたので、癇癪を起こしていた。知らんがな(苦笑)。

WHOがポリオ撲滅宣言→1週間後、ビル・ゲイツの生ワクチンでアフリカにポリオ拡散 あなたはゲイツのコロナ・ワクチンを打つのか?

WHOが8月25日、アフリカ大陸からポリオが撲滅されたと高らかに宣言
https://apnews.com/bacb87a9e7112d0b22e0549d29f50949

WHOは9月1日、ビル・ゲイツが資金協力しWHOが接種を促しているポリオ生ワクチンのせいで、アフリカの複数国でポリオが拡散していると発表。死者も発生している。ビル・ゲイツがばら巻いたポリオ・ウィルスは、自然界で変異しながら大陸全体に広がりつつある。
https://www.who.int/csr/don/01-september-2020-polio-sudan/en/

ビル・ゲイツの財団が、ポリオ・ワクチン開発に資金拠出
https://www.gatesfoundation.org/what-we-do/global-development/polio

WHO、ビル・ゲイツ、大手製薬会社等が低所得国の子供たちにワクチンを無料接種する目的で設立した団体GAVIが、南アフリカの大学と共同で新型コロナ・ワクチンの臨床試験を8月最終週から開始。
https://www.gavi.org/vaccineswork/first-african-trial-covid-19-vaccine

記事
https://www.zerohedge.com/markets/un-forced-admit-gates-funded-vaccine-causing-polio-outbreak-africa

過去の関連記事
ポリオ・ワクチン被害でインドから追放されたビル・ゲイツ 今度はコロナ・ワクチンを狙う
ロックダウン政策推進派の顔ぶれ ビル・ゲイツ 製薬会社
新型コロナはMS Windowsと同じ 私たちは奴隷制社会に向かっている
EUワクチン・カード(パスポート)をコロナ直前に欧州委員会が企画立案済み 2020年から啓蒙活動開始
人間にマイクロチップを埋め込み管理する法律がミシガン州下院を通過 米国
日本政府が確保したイギリス製コロナ・ワクチン 副作用で死んでも補償なし

・・・あなたは、これでもゲイツの資金で開発されたコロナ・ワクチンを打ちますか?

黒人になりすました白いユダヤ人 嘘がバレないよう実母の葬式を欠席した 米国

問題のユダヤ人の母方の家族は、彼女が黒人になりすましていたことは、ニュースで初めて知った。

髪は生まれつきブロンドだった。事件発覚後、電話で話したが、演技しているのかどうかわからないが、声は別人の声だった。(注:声の高低を調整する手術がある。)

問題のユダヤ人の両親は離婚し、父はカリフォルニアで死んだ。母方の家族は、彼女が実父の葬式に参列したかどうかは把握していない。

White professor of African American studies who faked being black 'skipped her own mom's funeral to avoid being found out' - as relatives say they are worried for her safety and she can always come home

Jessica Krug, a professor at George Washington University, posted on Thursday
In her Medium blog she confessed that she had been pretending to be black
Family members told DailyMail.com they suspect she skipped her mom's funeral
They believe Krug did not show to avoid having her new look cause a scene

By Ben Ashford For Dailymail.com
Published: 02:01 BST, 5 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8699915/White-professor-faked-black-skipped-moms-funeral-avoid-out.html

(前略)
And they had absolutely no idea that Krug was passing herself off as black until they were contacted this week by news media.

'She was blonde the last time I saw her. And as for her voice, well that's interesting. I don't know if she's acting but the voice she has now is not one I've heard before,' he said.
(後略)



・・・ふふん、さすが職業スパイは覚悟が違いますね、としか思わない。前の記事

日本は本人確認が甘い社会だが、こんなのが世の中のあちこちに「戦略的に配置されている」。彼らの悪意からどうやって身を守るのかという視点が必要。戸籍確認は最初の第一歩に過ぎない。

記事の後半には、彼女の素性に疑問を持った研究者が探りを入れ始めたため、彼女は観念したという話が書かれている。

米国がWADAに組織改革を要求し予算拠出を拒否 スポーツ大会から米国を排除する動き

米国からの通告が、WADA内部では怒りを持って受け止められており、全ての委員会から米国委員を追放し、米国の反ドーピング機関に対するWADA認可を取り消し、全てのスポーツ大会から米国を排除しろという声が上がっている。

‘The consequences could be severe’: American athletes may be barred from Olympics after US threatens to withhold WADA cash
4 Sep, 2020 12:37
https://www.rt.com/sport/499861-us-threats-wada-funding/

・・・東京オリンピックから米国選手団が排除されたら、日本政府はどうするつもりでしょうか。

米国政府もカネがないという話なのだろうが、ちょうど各国がコロナ規制を強めているところなので、限られた資源を有効活用する観点から、思い切って全てのスポーツ・イベントを止めてしまうのも、一つの選択肢ですね。本業の人は困るだろうが、困らないという人も多いだろう。

ドイツ、フランス、イタリアがルカシェンコ容認 親米ポーランド、バルト3国の敵対姿勢を封じ込めに入る ベラルーシ

「ベラルーシとのパイプを維持しておく必要がある」。

EU won’t blacklist Lukashenko: Germany, France, & Italy slap down Poland & Baltic states’ hardline proposals on Belarus – Die Welt
4 Sep, 2020 09:27
https://www.rt.com/russia/499848-eu-rejects-blacklist-lukashenko/



EUの方針とは何の関係もないが、よく知られた国の内政干渉に反対する立場から、シリアもルカシェンコ支持を表明。

Syria announces solidarity with Lukashenko in Belarus
2020-09-04
https://www.almasdarnews.com/article/syria-announces-solidarity-with-lukashenko-in-belarus/

イスラエル兵が65歳パレスチナ人男性の首に体重をかけ絞める(動画)

1:00から膝を首に載せている。
https://youtu.be/dySBmKjYB3g
1:40で首に体重をかけている。
https://www.youtube.com/watch?v=eQ0h00V5zkA
0:37で首に体重をかけている。

その他の動画
https://youtu.be/OwUGqlwuxl8
https://youtu.be/gcSVybESEA8

トゥルカルム(Tulkarm)でパレスチナ人がデモ実施。イスラエル兵が子供たちに銃を向けていたので、銃口を向けないよう手を掛けたら、兵士に押さえられ、連行された。
‘I was almost paralyzed’: Palestinian pensioner invokes George Floyd as he recalls Israeli soldier KNEELING on his own neck
4 Sep, 2020 12:03
https://www.rt.com/news/499856-palestinian-elderly-israeli-arrest-floyd/

・・・米国の州警察にchoke hold(膝載せ)を教えたのはイスラエルだとする説も流れているくらいで、これが本場の技なのでしょうか。

マスク非着用の電車乗客に警官が注意→抵抗→ペッパー・スプレー→逮捕(動画) イギリスでは公共交通機関でマスク着用が義務

Shocking moment police officer PEPPER-SPRAYS rail passenger for resisting arrest after ordering him to wear a face-mask - despite him claiming he is exempt due to a 'medical condition'

Shocking video shows scuffle between passenger and officer on Wirral line service at Lime Street, Liverpool
British Transport Police officer tells man to wear a mask, which he refuses, before telling him to get off train
A scuffle breaks out between the man and the officer, who uses his pepper spray after the man resists arrest
Video shows officers rushing to help before the man he is seen being spoken to by police officers off the train
Did you see the incident at Lime Street or were involved? Email me at: james.robinson@mailonline.co.uk

By Dave Rudge and James Robinson for MailOnline
Published: 08:41 BST, 4 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8697125/Shocking-moment-bully-police-officer-PEPPER-SPRAYS-rail-passenger-resisting-arrest.html

白いユダヤ人が黒人と偽りアフリカ系米国人の歴史を教える准教授に 「人生でずっと嘘を付いてきた」 米国

article-8695559-32771964-622_636x382.jpg

'I am a culture leech': African American history professor at George Washington University admits she's been pretending to be black her entire career in online confession

Jessica Krug revealed on Thursday in a bombshell Medium post that she has lied about being black her entire career
Krug, an African American history associate professor at George Washington University, admitted to deceiving her friends and colleagues
She said in the blog post that she is white, Jewish and was raised in Kansas City
It is reminiscent of the scandal involving Rachel Dolezal - a former NAACP leader who was exposed in 2015 as a white woman pretending to be black
Following the revelations, Krug has since been slammed on Twitter by several black writers and scholars who she had contact with throughout her career

By Emily Crane and Lauren Fruen For Dailymail.com
Published: 20:31 BST, 3 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8695559/George-Washington-University-professor-says-lied-black.html

本人の告白文
The Truth, and the Anti-Black Violence of My Lies
Jessica A. Krug
Sep 3
https://medium.com/@jessakrug/the-truth-and-the-anti-black-violence-of-my-lies-9a9621401f85

彼女の著作
https://www.amazon.com/Fugitive-Modernities-Kisama-Politics-Freedom/dp/1478001542/ref=sr_1_1?dchild=1&keywords=Jessica+A.+Krug&qid=1599237885&sr=8-1

・・・ユダヤ人のことだから、黒人運動の内情についてスパイしてたのでしょ、どうせ。採用の時に公文書を沢山提出させ、出自を執拗に確認する以外、不正を防ぐ方法がない。

英語の読者コメントを読んでいたら、「もし白人であることの優越性があるのならば、白人が黒人に化けるメリットがない。White privilegeは嘘だ」というのがあった。

それはそうなのだが、わざわざ黒人になりすまして何をしていたか、そのメリットは何かというと、様々な会合に「主人公として参加」することで黒人運動内部の人間関係や議論の方向性を探ることができるメリットがあるわけで、それはユダヤ人が大好きで得意とする分野だと私は思うのですよ。

だって、生まれつきの白人が、ごみ捨てするだけの為に、念入りに目元をいじくり、全身を浅黒く塗りたくる行為だけだって、大変なことです。彼女はそれを「職業としてやっていた」と解釈するのが一番自然。

昨今の過激化したBLM運動の流れの中で、自分の素性が暴かれ、逃げ場がなくなり虐殺される危険が出てきたから、ひたすら「罪を認めます。弁解しません」と繰り返す告白文を公表した。

中国が半導体部門育成を核兵器開発と同等の重要性に格上げ 米国に対抗

China to Plan Sweeping Support for Chip Sector to Counter Trump
New five-year plan will include backing for next-gen chips
Beijing has already pledged $1.4 trillion of tech investments
Bloomberg News
September 3, 2020
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-09-03/china-is-said-to-plan-broad-chip-sector-support-to-counter-trump?cmpid=BBD090320_OUS&utm_medium=email&utm_source=newsletter&utm_term=200903&utm_campaign=openamericas&sref=dukn3Rgh

17年前のバラバラ殺人、南ア逃亡の容疑者逮捕 コロナ不況のせい?

【独自】17年前のバラバラ殺人、南ア逃亡の容疑者逮捕
9/4(金) 4:06配信
TBS系(JNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1e27df21c7ce8985734ad2e1670cfec4642887

 17年前、東京・奥多摩町などで高級クラブ元店長の男性の遺体がバラバラに切断された状態で見つかった事件で、事件を首謀したとして国際手配され、南アフリカに逃亡していた男が警視庁に逮捕されました。

 「国際手配されていた紙谷容疑者が今、17年ぶりに日本に到着しました」(記者)

 逮捕監禁の疑いで逮捕されたのは、国際手配されていた紙谷惣容疑者(46)です。この事件は2003年10月以降、東京・奥多摩町の山中などで高級クラブ元店長の古川信也さん(当時26)の遺体がバラバラの状態で見つかったもので、紙谷容疑者は古川さんを監禁し、その後、山梨県内のキャンプ場で殺害して、遺体をノコギリなどで切断して遺棄したとして国際手配されていました。

 紙谷容疑者は事件直後に、死刑廃止国の南アフリカに逃亡し、潜伏していましたが、先月下旬、南アフリカの日本大使館に出頭。3日、日本に帰国し、成田空港でPCR検査を受け、陰性と判明した後、逮捕されました。

 紙谷容疑者は出頭した際、「日本に帰りたい。金がなくなり逃げられなくなった。奥多摩の事件は自分がやった」などと話したということです。紙谷容疑者は、新宿区で別の男性も殺害し、連続殺人の疑いがあるとして国際手配されている知人の松井知行容疑者と一緒に南アフリカに逃亡していました。

 殺害された古川さんは、高級クラブを辞めた際に店側とトラブルとなり、その後、そのトラブルを収めた松井容疑者とその知人の紙谷容疑者らから金銭の支払いなどをめぐって因縁をつけられていたということです。

 これで、2つの事件で逮捕されたのは14人となりましたが、警視庁は今後、事件を首謀した紙谷容疑者を取り調べ、実態解明を進める方針です。



・・・所持金がなくなった理由は、コロナじゃないですか?彼はパスポート更新なしで、ビザなし不法滞在のはずだから、真っ当な仕事はできないはずだ。コロナで観光客がゼロになり、集客系の仕事が大打撃を受けている。収入源を断たれたのではないか。

そろばん世界大会(?)の暗算部門でシリアの子が世界記録を樹立(動画)

モロッコで開かれたそろばん世界大会(←知らんけど)の暗算で、シリアのアル・ハサカ県出身の子が世界記録を樹立(←知らんけど?)。

教えている先生が、自白を強要している取調官のように圧迫していて恐い。アラブの教育は早口でまくし立てるんですよねぇ(苦笑)。

生徒たちが空中で両手を動かしているのは、そろばんを実演させているつもりなのだろう。

子供たちはインタビューにアラビア語で答えているのに、暗算の質疑応答はなぜか英語。

謎の動画
https://youtu.be/hRn7IHiubl4

5×66=
5×88=

米軍の子分クルド民兵がシリア・デール地区から撤退(動画) 部族の圧力

https://youtu.be/K201GpgXYXA

アル・シュハイルは、アル・マヤーディーンの北10km。撤退日は9月3日(木)とされている。

・・・バアス党論調が先に流れ、記事があとから入った。

クルドはただでさえ人口が少ないし、大半はあとからやって来た難民だから、普通に選挙したらクルドのagendaは通らない。シリアでは、クルドに何をやらせても駄目なんだ。

地元民からしたら、俺たちの油田の警備をなんでクルドがやるんだという話にしかならない。米国の中東研究のレベルは世界一と思っている人が多いが、米国の研究成果はこの程度。



(追記)
US-backed SDF militants kidnap civilians, prevent food from entering al-Hawl refugee camp
Thursday, 03 September 2020 3:01 PM
https://www.presstv.com/Detail/2020/09/03/633245/US-backed-SDF-militants-kidnap-civilians-prevent-food-from-entering-al-Hawl-refugee-camp

(前略)
SDF militants’ positions attacked in Dayr al-Zawr, Raqqah

Also on Thursday, the positions of the US-sponsored militants were attacked by unidentified assailants in Syria’s eastern province of Dayr al-Zawr as well as the northwestern province of Raqqah.

SANA, citing civil sources in Dayr al-Zawr, reported that unknown people hurled a hand grenade at an SDF position in Abu Hamam town in Abu Kamal district, causing material damage. There were no reports of casualties.

Elsewhere in al-Hous village in Raqqah province, several SDF militants were injured when a car bomb explosion struck them.

Security conditions are reportedly deteriorating in SDF-controlled areas in Hasakah, Dayr al-Zawr and Raqqah amid ongoing raids and arrests of civilians by the militants.

Local Syrians complain that the SDF’s constant raids and arrest campaigns have generated a state of frustration and instability, severely affecting their businesses and livelihood.

Residents accuse the US-sponsored militants of stealing crude oil and refusing to spend money on service sectors.

Local councils affiliated with the SDF have also been accused of financial corruption.

米国が南キプロスへの武器禁輸を解除 トルコがキプロス沖でのロシア海軍演習を発表 なぜトルコが発表するの?

東地中海における石油、天然ガス利権の争奪戦で、トルコ対その他の対立が激化している。米国は、キプロス共和国(南)への武器禁輸を33年ぶりに解除し、暗にトルコの外交姿勢に対する不快感を示した。

すると、トルコが海底探査を行っているキプロス沖の海域にてロシア海軍が演習を実施すると、ロシアでなくトルコが発表した。

NATO: Turkey, Greece agree to talks about tensions at sea
By SUZAN FRASER and MENELAOS HADJICOSTIS Associated Press
September 3, 2020 — 12:20pm
https://www.startribune.com/turkey-says-russia-will-hold-live-fire-exercises-in-med/572303972/?refresh=true

大学で黒人に標準英語を強要するな 米国CCCCが決議 大学での英語教育に影響

標準英語は、白人主流英語であり、言語レイシズムだ。
先生は黒人英語を矯正させてはならない。大学で黒人英語を使わせろ。
非黒人が黒人英語を知識として学ぶことは構わないが、非黒人が黒人英語を使ってはならない。(←はぁ?)
・・・など長い要求(demand)。

CCCC(Conference on College Composition and Communication)要求書執行委員会で承認

・・・米国の黒人を親に持つ子が日本の学校に入学してきたら、先生はその子が使う英語が標準英語でないからといってテストで減点すると、活動家が押しかけてくるかもしれません。「けしからんことに、日本では先生が黒人英語を矯正している。テストのバッテンが差別の証拠だ。言語レイシズムを止めろ」とねじ込まれかねない。だんだん面倒臭くなってきました。

イギリスの不動産市況 8月は上昇

32713044-0-image-m-16_1599092534174.jpg

32710302-8691479-image-a-68_1599086291005.jpg

Should YOU stay or should you go? House prices are soaring and homes are selling in record time... but experts say they'll crash when the coronavirus hangover kicks in

House prices jumped to new high in August after biggest monthly rise in 16 years
Experts are referring to the current housing market as a ‘seller’s paradise’
But there are warning the recent boom will suffer a crash back down to earth

By Victoria Bischoff for the Daily Mail
Published: 22:04 BST, 2 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8691479/House-prices-soaring-homes-selling-record-time-experts-say-theyll-crash.html

イギリスの「がっかり観光地」 ストーンヘンジはただの石、ビッグベンはただの時計、古城はディズニー気取り

クチコミ(英語)が笑える。

Tourists slam 'boring' UK attractions in hilarious TripAdvisor reviews - from complaining Stone Henge is just a 'pile of rocks' to slamming Warwick Castle as a 'Disneyland wannabe'

Hilarious one-star reviews on TripAdvisor have slated British tourist attractions
One called Big Ben 'just a clock,' another branded Stonehenge 'a pile of rocks'
Elsewhere, a further person critiqued Ben Nevis for being 'too step and too high'

By Bridie Pearson-jones For Mailonline
Published: 07:56 BST, 3 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/femail/article-8691207/Tourists-slam-boring-UK-attractions-hilarious-TripAdvisor-reviews.html

イスラエルが手続き無視でUAEに無人監視装置を輸出→国防省が却下→モサド工作員を撮影→UAEに賠償金支払い

前記事の続き)米国とイスラエルの技術で開発した監視カメラを、イスラエル国防省が定める手順を踏まずにUAEに輸出する契約を結んだ。前払い金も受け取った(←賄賂じゃねーか・笑)。

結局、国防省が輸出禁止を決めたが、モサド工作員がハマース指導者をUAEで暗殺する事件が発生した。工作員の顔は、イスラエル製監視カメラにしっかり撮影されていた。

米国を巻き込んだ大変な騒ぎに発展し、2年間の交渉の末、イスラエルがUAEに前払い金の全額返還と賠償金を支払わされた。

UAE also wants good ties with US Jewish lobby
The Arab states have been interested in the F-35 jets for a very long time.
By ELIE PODEH
SEPTEMBER 2, 2020 21:44
https://www.jpost.com/opinion/uae-also-wants-good-ties-with-us-jewish-lobby-640881

(前略)
Aeronautics, an Israeli company specializing in manufacturing “unmanned solutions,” signed a contract with the UAE prior to receiving proper Defense Ministry authorization, and received an advance payment for the order. However, concerned of a misuse of Israeli and American technology, and possibly piqued at being kept out of the loop, the ministry rejected the deal.

Crown Prince Bin Zayed felt humiliated and betrayed. Then came the January 2010 assassination in a Dubai hotel of Mahmoud al-Mabhouh, who had been responsible for purchasing arms for Hamas. As a result, relations between Israel and the UAE further deteriorated. It took two long years of American-UAE-Israeli negotiations to reach an understanding under which Israel returned the advance payment and paid compensation for the deal that never was.
(後略)

・・・自業自得。頭隠して尻隠さず。
引用の前後にも面白いことが書いてある。

イラン・ハネメイ師が使う反ユダヤの言葉をイスラエルが分析 言語により異なる

Iran's Ali Khamenei slammed for antisemitic tweets against Jared Kushner
The Iranian leader tweeted about "Jews" in English and Arabic but not in other languages.
By SETH J. FRANTZMAN
SEPTEMBER 2, 2020 20:24
https://www.jpost.com/middle-east/irans-khamenei-slammed-for-antisemitic-tweets-640805

Iran’s Supreme Leader Ayatollah Ali Khamenei attacked the Israel-UAE agreement on Wednesday and called Jared Kushner, US President Donald Trump’s senior adviser as well as pro-Israel Americans – “filthy Zionist agents.”

Khamenei referred to Kushner as “the Jewish member of Trump’s family” ֿ– Kushner is Trump’s son-in-law – in a series of tweets that were condemned as reactionary and antisemitic.

Khamenei’s use of the word “filthy,” and also singling out “Jewish” members of the US government, as well as calling them “cruel,” were all words used in his English-language tweets to channel antisemitic tropes and dog whistles.

Blue and White MK Michal Cotler-Wunsh slammed the tweets, asking Twitter whether “singling out a Jew and referring to Jews as ‘filthy’ violate your hate-speech policy.”

US Assistant Special Envoy to Monitor and Combat Antisemitism Ellie Cohanim tweeted that it was time for the social media giant to permanently remove the “vile anti-Semite” from Twitter. Emily Schrader, founder of Social Creative, also slammed the tweet for being antisemitic.

The Iranian leader has long spread hatred for Israel using his official Twitter account, as well as during speeches and sermons. The official regime narrative presents Iran as not being antisemitic, pointing to the relatively large Jewish community in the country as evidence of the lack of antisemitism. It argues that in contrast to the Arab nationalist regimes of the 1950s, Tehran has had a more progressive policy.

However, the tweets in English using words like “filthy” and “cruel” appear to have been written by someone who has knowledge of traditional Western antisemitism.

Accusations that Jews are “cruel” or “filthy” are part of Western antisemitic tradition, appearing prominently throughout the Middle Ages. The Iranian leader did not tweet the same words in Farsi or on any of his other accounts, implying that a careful study was made by his media team to use the right words in order to push antisemitism through terms that have been used by Nazis and other regimes in the West.

In Spanish, he tweeted about “vile Zionist agents in the Trump family” but did not use the term “Jewish.”

In his Arabic tweet, he did refer to the “Jew” in the Trump family, illustrating that Iran seeks to push antisemitism in the Arabic language as well. In Hindi, he also used the term “Jews.” In French, he referred to “dirty Zionist American agents,” but not “Jews.”

Earlier this week, the Iranian leader portrayed the UAE agreement with Israel as a “betrayal” of the “world of Islam.” He also characterized the deal as going against the “interests of the world of Islam” and created a hashtag about how the UAE “stabs Muslims.”

The term “world of Islam” is taken from the concept of dar al-Islam – the states governed by Muslims – and dar al-harb, or states that are in war, the ones that war can be waged against or that are savage and beyond the borders of Islamic rule.

The Iranian regime is a reactionary, far-right theocratic regime and views the world in these binary terms. As such, the tweets are meant as a threat against the UAE. Iran says the “betrayal won’t last long” and that the “stigma” is on the Emirates, a veiled threat against them.

Last year, Iran used drones and cruise missiles to attack Saudi Arabia and mined ships off the coast of the UAE. It has also backed the Houthis in Yemen to threaten Riyadh and Abu Dhabi.

・・・イスラエルも敵に対し、cruel, brutal oppression, autocratic, dictator, blood in his handsを連呼しているじゃないですか。自分のことを棚に上げて。

トルコがシリア反政府ゲリラ500人をアゼルバイジャンに配置という未確認情報 対アルメニア戦

Nearly 500 Turkish-backed Syrian fighters deploy to Azerbaijan: media
2020-09-02
https://www.almasdarnews.com/article/nearly-500-turkish-backed-syrian-fighters-deploy-to-azerbaijan-media/

・・・リビアに続き、これまた最前線で死ぬ役割ですね。馬鹿は死ななきゃ治らない。いつになったら気付くのか?

エジプト大統領 言論弾圧してから「イスラエルUAE国交樹立合意は正しい方向。歓迎する」と発表

政府は、事前にマスコミ各社に否定的な記事論調を載せないよう圧力を掛けていた。

Egyptian news media warned not to criticize UAE-Israel deal
Cairo has reportedly instructed local media outlets not to publish content criticizing the recent UAE-Israel normalization deal in another blow to press freedom in the country.
Aug 27, 2020
https://www.al-monitor.com/pulse/originals/2020/08/egypt-ban-media-criticism-uae-israel-peace-deal.html

・・・普通にしていたら、ユダヤ人観光客が乗っているバスの情報が事前に漏れ、銃撃する事件がときどき起こるお国柄だから、過半数以上が歓迎なんてことは考えられない。無理してるね。

マスク反対派は日頃から反社の傾向がある ブラジルの研究

Refusal to wear a facemask linked to sociopathy
Rhys Blakely, Science Correspondent
Monday August 31 2020, 12.01am, The Times
https://www.thetimes.co.uk/edition/news/refusal-to-wear-a-facemask-linked-to-sociopathy-69zr7hcqh

・・・政府の政策に反対する人は、十把一絡げで「お前は反社だ」と断罪してしまえば、どうにでも言論統制できますね。

米国が国際刑事裁判所ICC高官2人に制裁 理由は「米国とイスラエルの戦争責任を追求しているから」

制裁内容は、米国内に2人が持っている資産の凍結。(たぶん持っていない。)

‘Unacceptable’ interference: International Criminal Court objects to US sanctions prompted by war crimes investigation
2 Sep, 2020 23:09
https://www.rt.com/news/499743-icc-sanctions-pompeo-crimes/

New U.S. sanctions on international tribunal prosecutor, aide
Pompeo says the measures are part of Trump administration’s pushback against the tribunal, which has been conducting inquiries into alleged war crimes committed by U.S. troops in Afghanistan
Associated Press |
Published: 09.02.20
https://www.ynetnews.com/article/H1n3RNamv

・・・普通の人が読んだから首をかしげるニュースを、日本では報じない。

スノーデン控訴審が判決「違法行為をしたのは米国政府」

Snowden did nothing wrong? Court rules NSA spying on Americans’ phones was illegal all along
2 Sep, 2020 21:58
https://www.rt.com/usa/499742-nsa-spying-illegal-snowden/

・・・拳を振り上げてみたが、スノーデンではなくNSAが糾弾されてしまいました(笑)。騒ぐだけ騒いだ張本人が、世界の人々の前で大恥を掻いた。これが米国政府が主張する正義の実態だった。

ノヴィチョク開発者「症状が異なる。ありえない」 毒殺説を否定 ロシア ドイツ

けいれんを起こし、危篤状態に陥る過程を経ることなく即死する。ノヴィチョクを浴びて死なないシナリオはない。彼(反体制活動家)だけでなく、彼のすぐ近くにいた救急隊員、飛行機の乗員・乗客も死んでいたはずだ。
Developers of ‘Novichok’ say Navalny's symptoms aren't consistent with poisoning by their deadly creation, reject German claims
2 Sep, 2020 19:25
https://www.rt.com/russia/499732-novichok-developers-navalny-symptoms/

・・・ほらね。関連記事

トランプ「無秩序を放置する市への財政支援を削減」 市長「町を歩くときは軍を連れてこい。お前はPersona Non Grataだ」 米国

トランプ大統領は、無政府無秩序状態を放置する市に対する連邦政府からの財政支援を減額し、浮いた財源は別の目的に流用する指示を出した。
具体的な地名は明記されていないが、ニューヨーク、ポートランド、シアトル、ワシントンDCあたりが想起される。

Trump pushes to defund ‘anarchist’ jurisdictions, including New York City, Portland & Seattle
3 Sep, 2020 00:08
https://www.rt.com/usa/499748-trump-defund-anarchist-jurisdictions/



ニューヨーク市長「トランプはニューヨークを歩くとき、ボディーガードは役に立たないから、軍隊を連れてこい。お前はPersona Non Grataだ」。
'Persona Non Grata in NYC': Trump Will Need an Army to Walk Down the Streets Of New York, Says Cuomo
05:10 GMT 03.09.2020
https://sputniknews.com/us/202009031080353373-persona-non-grata-in-nyc-trump-will-need-an-army-to-walk-down-the-streets-of-new-york-says-cuomo/

・・・大統領といえども、勝手に連邦軍を投入できないトランプの足下を見て、このように発言している。大統領がPersona Non Grataになる国www 地方分権の鏡www 動物化しているwww

シリアの部族が米国の野望を砕いた 部族の反米武装闘争について バアス党機関誌論調

العشائر السورية تُفشل الطموحات الأمريكية
صحيفة البعث 1-أيلول-2020
http://newspaper.albaathmedia.sy/2020/09/01/%d8%a7%d9%84%d8%b9%d8%b4%d8%a7%d8%a6%d8%b1-%d8%a7%d9%84%d8%b3%d9%88%d8%b1%d9%8a%d8%a9-%d8%aa%d9%81%d8%b4%d9%84-%d8%a7%d9%84%d8%b7%d9%85%d9%88%d8%ad%d8%a7%d8%aa-%d8%a7%d9%84%d8%a3%d9%85%d8%b1%d9%8a/

・・・9月1日付けでこのような論調を載せたということに意味がある。原文にたいしたことは書かれていない。関連記事

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏に旧ソ連神経剤 使用の「明白な証拠」 ドイツ政府 ノヴィチョク Novichok

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏に旧ソ連神経剤 使用の「明白な証拠」 独政府
9/2(水) 23:08配信
時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/35c87aefb671387227e9a3d95b5bca861a5be263

 【ウィーン、モスクワ時事】ドイツ政府は2日、意識不明となってベルリンの病院で治療を受けているロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏に対し、旧ソ連が軍事用に開発したとされる神経剤「ノビチョク」が使われた「明白な証拠」が確認されたと発表した。

 ドイツ連邦軍の研究所による解析で判明したという。

 ノビチョクは、2018年に英国で起きた元ロシア情報員とその娘の暗殺未遂事件でも使用されたとみられており、英政府は当時、ロシアのプーチン政権の関与は「ほぼ確かだ」としていた。同じ神経剤が確認されたことで、ナワリヌイ氏の事件についてもプーチン政権の関与を疑う声が高まるのは必至だ。
(後略)

・・・ナワリヌイについては、ロシアの病院は毒物検査ではひっかからず、「単なる低血糖だった」と発表している。

先にイギリスの事件で注目されたノビチョクは、ごくごく少量が皮膚に触れただけで即死する毒物であって、「失神したあと回復する毒物」ではないそうですよ。ロシアの説明によると、可能性として「ノビチョクに触れて回復はありえない」とか。

イギリスの事件では、ドアノブにノビチョクが塗られていたそうだが、ドアノブを触ったロシア人が失神したあと回復し、連れていた飼い犬が死んだ(事件で死んだのは犬だけ)だったので、ロシア側は奇妙なことだと指摘している。

ロシアが事件解明に協力を申し出たが、イギリスはそれには返答せず、フランスとの捜査協力を一方的に発表した。しかしフランスは「ロシア製ノビチョク」を鑑定する能力を有していない(イギリスもフランスもサンプルを持っていないから)。それで、英仏共同捜査班は、その後今日に至るまで何も発表していない。お前たち、ちゃんと仕事してんのか?って話。

で、事件発生場所は、イギリス軍の(だから一般に公開されていない秘密扱いの)化学兵器(=危険な毒物)研究所のある田舎町であるという、実に不思議な事件だったのでした。

しばらく間、ロシアガー、ノビチョクガーの連呼を聞かされるが、結論に至らないまま尻すぼみになる予想をしている。

北方領土引き渡しあり得ず 「割譲禁止」憲法で ロシア前首相

北方領土引き渡しあり得ず 「割譲禁止」憲法で ロシア前首相
9/2(水) 19:55配信
時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/862e738be9f2abd4088b6c50b29b46f47d11c760

 【モスクワ時事】ロシアのメドベージェフ安全保障会議副議長(前首相)は2日、ロシアの改正憲法に「領土割譲禁止」が明記されたことから、北方領土の日本への引き渡しはあり得ないとの見解を強調した。

 オンライン形式のフォーラムで明らかにした。

 安倍晋三首相の辞任表明に関連し、日ロ関係の今後について問われ回答した。メドベージェフ氏は「以前も不可能だったが、今や憲法の条文に領土割譲を目的とした行為は容認されないと記されている」と主張した。

・・・憲法で領土割譲を禁止している国はいくつもあり、割譲を口にしただけで死刑と規定している憲法すらある。

それに対し、日本では領土割譲を憲法でも法律でも禁止していないし、そのように発言したところで、憲法に明記されている「表現の自由」が保護対象なんですよ。

領土割譲してはいけない国と、領土割譲していい国が交渉したら、どちらが譲歩すべきかは自明ですね(笑)。普通に育った日本人で、ここまで考えて生きている人はほとんどいないと思う。

数年前に安倍さんの子分の萩生田だったか、「ロシアはカネに困っている。援助をすれば絶対に領土を返還する」と調子こいて口を滑らせてしまった。プーチンは「話が違うじゃねーか。安倍が裏切った」と不満を漏らし態度を硬化。この日を境に、日ロ交渉は止まった。そして今日の事態。