白いユダヤ人が黒人と偽りアフリカ系米国人の歴史を教える准教授に 「人生でずっと嘘を付いてきた」 米国

article-8695559-32771964-622_636x382.jpg

'I am a culture leech': African American history professor at George Washington University admits she's been pretending to be black her entire career in online confession

Jessica Krug revealed on Thursday in a bombshell Medium post that she has lied about being black her entire career
Krug, an African American history associate professor at George Washington University, admitted to deceiving her friends and colleagues
She said in the blog post that she is white, Jewish and was raised in Kansas City
It is reminiscent of the scandal involving Rachel Dolezal - a former NAACP leader who was exposed in 2015 as a white woman pretending to be black
Following the revelations, Krug has since been slammed on Twitter by several black writers and scholars who she had contact with throughout her career

By Emily Crane and Lauren Fruen For Dailymail.com
Published: 20:31 BST, 3 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8695559/George-Washington-University-professor-says-lied-black.html

本人の告白文
The Truth, and the Anti-Black Violence of My Lies
Jessica A. Krug
Sep 3
https://medium.com/@jessakrug/the-truth-and-the-anti-black-violence-of-my-lies-9a9621401f85

彼女の著作
https://www.amazon.com/Fugitive-Modernities-Kisama-Politics-Freedom/dp/1478001542/ref=sr_1_1?dchild=1&keywords=Jessica+A.+Krug&qid=1599237885&sr=8-1

・・・ユダヤ人のことだから、黒人運動の内情についてスパイしてたのでしょ、どうせ。採用の時に公文書を沢山提出させ、出自を執拗に確認する以外、不正を防ぐ方法がない。

英語の読者コメントを読んでいたら、「もし白人であることの優越性があるのならば、白人が黒人に化けるメリットがない。White privilegeは嘘だ」というのがあった。

それはそうなのだが、わざわざ黒人になりすまして何をしていたか、そのメリットは何かというと、様々な会合に「主人公として参加」することで黒人運動内部の人間関係や議論の方向性を探ることができるメリットがあるわけで、それはユダヤ人が大好きで得意とする分野だと私は思うのですよ。

だって、生まれつきの白人が、ごみ捨てするだけの為に、念入りに目元をいじくり、全身を浅黒く塗りたくる行為だけだって、大変なことです。彼女はそれを「職業としてやっていた」と解釈するのが一番自然。

昨今の過激化したBLM運動の流れの中で、自分の素性が暴かれ、逃げ場がなくなり虐殺される危険が出てきたから、ひたすら「罪を認めます。弁解しません」と繰り返す告白文を公表した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント